プリンセスの名前

テーマ:

<4th May Mon>

3連休も今日で終わり。今から着物に着替えてコンサートに行くんですが、やっとクラウス君の写真選びが終わって今日こそローエングリンをと思っていたのに、またロイヤル・ネタで後回し。

-------------------------------------------


ベル

予想通り、プリンス・ジョージ同様、出産2日後の今日、赤ちゃんの名前が発表されましたね。私の希望(エリザベス)に反してシャーロットでしたが。



Charlotte、出産直前にアリスに首位を奪われるまで候補のトップだった名前ですが、それにしても、命名ギャンブルの候補上位だったアリス、シャーロット、エリザベス、ヴィクトリア、ダイアナのうち3つまでが採用されたとは。もしかして候補の中から選んでるわけ(笑)? それならそれで国民の希望を汲んでるわけだけど。


王冠1

シャーロット、エリザベス、ダイアナと3つ命名されましたが、(おそらく)要するに爺ちゃん(チャールズ皇太子)、曾婆ちゃん(エリザベス女王)、婆ちゃん(ダイアナ妃)に因んだ名前となったわけで、中でも3つ目とは言えウィリアム王子の母親に対する気持ちが溢れているようで、あらためてダイアナ妃の若過ぎた事故死が悼まれますしょぼん




天使

生きていれば50代半ば、大人の女性の美しさで今尚注目を浴びていたであろうダイアナ妃がもし生きていればという私の妄想記事を久し振りに読み返してしまいました(→こちら )。 もしその通りになってたら、彼女はまだアメリカにいるんです。



それにしても、イギリス王室の話題を日本でもニュースにして頂いてありがとうございます。無視されたら役目を果たしてないってことで、納税者としては悲しいですもんね。





人気ブログランキングへ
AD

<2nd May Sat>

日本のゴールデンウィークと比べたらあまりにもささやかですが、イギリスでも今日から3連休。昨日の「ロジェ王」のレポートにする予定だったけど、急遽変更。

-------------------------------------------


              


やっと産まれましたね、ウィリアム王子とケイト妃のセカンド・ベイビー祝日


出産して10時間後には退院というのはイギリスでは珍しくないスピードですが、なにはともあれ、無事の出産、めでたいことで、ケイト妃、あっぱれクラッカー


今年秋にはエリザベス女王がヴィクトリア女王の在位最長記録を破って又一つおめでたい記録が樹立されて英国王室にとっては幸せなイベントが続きます王冠1



さて、今日生まれたプリンセスの名前が気になるところビックリマーク


日本のメディアではまるでダイアナが第一候補みたいに書いてあったりしますが、それはないでしょう。。 故ダイアナ妃の悲しい思い出はまだ鮮烈過ぎるし、王室からみたら所詮彼女は他所からお嫁に来たけど上手くいかなかった人ですから。 とは言っても、いまだに国民には人気のあるダイアナさん、今回の候補(他人が勝手にあーだこーだ言い合ってギャンブルしたりしてるだけですが)にはなってますが、ギャンブル倍率順としてはアリスシャーロットエリザベス、ヴィクトリアの後で、いくつか付ける名前の3番目くらいにはしてもらえるかもしれないけどファーストネームにはならないと私は思います。


私は当然エリザベスで決まり!だと思う&願うのですが、


アリスという名前は可愛いしヴィクトリア女王の娘にも孫にもいて王室には馴染みがあるのですが、現女王陛下にとってはお姑さんに当たるエジンバラ公フィリップ殿下のご母堂もプリンセス・アリスで(数奇な人生だった彼女のことは以前ブログで記事にしてます→こちら )、最後は同居して嫁姑問題もあったようですから、たとえウィリアムとケイトがこれにしたいと言っても、女王様が渋るのでは?


シャーロットというのは、チャールズの女性名で、「わしゃ、ちっとも孫(プリンス・ジョージ)に会わせてもらえんむっ」、と不満だと言う噂のチャールズ皇太子は喜ぶでしょうし、ジョージ3世の賢妻であった人もシャーロットだったので、可能性はあるかも。


でも、まあヴィクトリアでもいいけど、やっぱりエリザベス女王陛下に敬意を示すためにも赤ちゃんはエリザベスであるべきではないでしょうかDASH!  同じエリザベスでも、女王様の家庭内でのニックネームであるリリベットではなくリズとかエリー、べス、ベット、ベッティとかにすればいいんですもんね。



お兄ちゃんになったプリンス・ジョージが早速妹に会いに病院にやってきましたが、彼を見るのは久し振りのこと。 せめて写真だけでもいいから、もっと頻繁に姿を見せて欲しいですよね。特にこれからは可愛いプリンセスと一緒に1ケ月に一度くらいお願いしますよぉあせる





人気ブログランキングへ
AD

<24th July Tue>

中耳炎らしいので、ジムには行ったけど泳がずに休養しながら、水蒸気を鼻から吸えと医者に言われたので、スチームバスで吸いまくりました。めまいもこれに関連してるような気がするんですが、今日も又ふらーっとしてちょっと寝込んじゃいました。日本に行けるのかしら・・

-------------------------------------------

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
一昨日生まれたプリンスの名前が、案外あっさりと発表になりました。今日、エリザベス女王様がケンジントンパレスを訪問したなさった際に、「バーチャン、この名前でいいかな?」って相談したんでしょう、きっと。


George Alexander Louis


3つだけとは短いし、3つとも下馬評に出てた名前ばかりで新鮮味ゼロだけど、女王様はきっとお喜びに違いないです。彼女の父君はジョージ6世だったから(もっとも、父君のファースト・ネームはアルバート)。


最近の国王の名前で一番一般的なのもジョージだし、イギリスらしい伝統的な名前ですから、賭けでもこれが一番人気だったので、私もそうなるんじゃないかと思ってたわ。


ジェームスという名前の方が好きだけど。


なんて言っちゃいけない理由が実は私にはあり、


ジーチャン(トーチャンのトーチャン)の名前がジョージだったし、それに因んでトーチャンのミドルネームもジョージ。


その上、初孫だったムスメはバーチャンと同じ名前にしたので、もしもう一人生まれたら、男の子だったらジョージ、女の子だったらジョージーナになることは決まってたんです。男の子だったらジョージを漢字にすればそのまま日本名になるしね。

それに、そうだわ、私の誕生日はイングランドの守護聖人である聖ジョージじゃないの。

等々、我が家にとっても縁のあるジョージが選ばれて喜ばなくちゃいけないですね。



さて、


話題を生後二日のプリンス・ジョージに戻すと、アレクサンダーというのはケイトが好きな名前だそうで、中世のスコットランドにそういう名前の王様が何人かいたらしいとは言ってもそれはこじつけで、ケイト妃に一つ選ばせてあげたってことでしょうか。


フランス名前のようなルイは明らかに1979年にIRAに暗殺されたマウントバッテン卿でしょう(私は暗殺時にイギリスにいましたが、実にショッキングな出来事でした)。親戚のマウントバッテン卿は、ロイヤルファミリーの黒幕的存在で、甥のフィリップをエリザベス女王にあてがったのも彼だし、相談役としてチャールズ皇太子も頼りにしてたそうなので、この選択はフィリップ殿下とチャールズ皇太子に対する心使い。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
ところで、


親子3人が次にどこに滞在するのかあれこれ憶測されてましたが、改装までしたケンジントン宮殿には1泊しただけで、バークシャーのケイト妃の実家にさっさと行ってしまったようです。女王様に曾孫を見せたら義務は済んだと思ったんでしょうけど、いかがなものでしょうか? 


体調崩してノーフォークで静養してるフィリップ殿下にも見せてあげなきゃいけないでしょうし、そのためにも明後日から2ケ月スコットランドに滞在される女王ご夫妻の招きに応じて、バルモラル城に行くべきだと思うので、ウィリアム王子が2週間産休を取ってる間に是非行って下さいよね。


出産後にロイヤルファミリーを差し置いてまずケイトの両親が病院を訪れたし、出産ギリギリまで実家にいたりして、ケイトの実家べったりの態度は度が過ぎると思うのは私だけ? ウィリアム王子はその点ではケイトの言いなりになってるのか、それとも、自らも平民であるミドルトン家寄りになって庶民性を強調しようとしてるのか? しかし、ケイトの親も親だ、いくら娘が実家の方が気楽でいいわと言っても、嫁に出したんだから、けじめをつけなきゃ。骨休みはウィリアム王子の産休が終わってケイトだけになったからでもいいんじゃないの?



人気ブログランキングへ

AD

<23rd July Tue>

昨日は、ロイヤル・ベイビーを書けない言い訳として私の夏バテ(でしょう、きっと)について書いてしまい、ご心配を掛けましたが、昨夜たっぷり眠り、暑さもちょっと和いだ今日はすっかり元気になりました。我が家に1週間宿泊なさった大学生のお嬢さんを私の知り合いでもある次の滞在先にお送りしたついでに、そこでランチを頂いてから、近くのさくらんぼフルーツ狩りに連れて行って頂きましたが、広大な農園で果物と野菜を自分で収穫するのですが、自分ちの庭仕事すら一切しない私には新鮮な体験でした。たくさん種類がある中、今日はラズベリーとチェリーを家に持ち帰って美味しく頂きました。

-------------------------------------------


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

王冠1昨日生まれたイギリスのプリンスについて、遠い日本でも大きな関心を持って頂き、ありがとうございます。


妊娠初期に重いつわりで苦しんだケイト妃、これで立派に義務を果たしたわけで、今回の出産をきっかけに王位継承権の順位が男女平等になったので男の子を生まねば、というプレッシャーがなかったとは言え、これだけ注目を集めるだけで気苦労だったでしょうから、本当にご苦労様でした。よかったね~。退院した時の嬉しそうな顔のきれいだったこと!

因みに、ケイト妃の着てた水玉ワンピースはJenny Packhamのデザインだそうで、カジュアルで夏らしくて素敵でしたね。ウィリアム王子も自ら運転したりして、庶民的な面を強調(病院からケンジントンパレスまでは車で僅か3分だけど)、イギリスのイメージのためにも若い二人に頑張って頂きたいものです。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
さて、赤ちゃんは、7年ぶりの暑さの上にあちこちで激しい雷雨にみまわれたドラマチックな日に生まれたイギリスにとっては大事な大事なお世継ぎですが、特に優れた国王にはなれずとも、平穏無事な人生を歩めますようにと祈りたい気持ちです。

母親を事故で亡くしたウィリアム王子、離婚で苦しんだチャールズ皇太子、叔父の後始末で女王になってしまったエリザベス女王等々、結構色んなことが起こったわけですから。


昨日は午後ずっと誕生ニュースをテレビで待ってたのに肝心な時にめまいで不覚にも寝込んでしまった私ですが、今日は、夕方からずっと退院の瞬間を生中継で観ようとねばりましたよ。ケイト妃は赤ちゃんの顔がテレビではよく見えなかったので、近いうちにちゃんと見せて欲しいものです。ウィリアム王子の時は生後1ケ月も公式写真待ちましたが、今回はもっと早くお披露目してもらいたいものです。


さて、名前が決まるまではベイビー・ケンブリッジとか、プリンス・オブ・ケンブリッジと呼ぶようですが、ファースト・ネームが国王としての名前になるとは限らないし、エリザベス女王はウィリアムとケイトが好きなように決めてもいいと仰っているとのことなので、二人であれこれ楽しく迷っていることでしょう。


ウィリアム王子のフルネームはWilliam Arthur Philip Louis、チャールズ皇太子はCharles Philip Arthur Georgeという最近の例を踏まえて、おそらく親戚の名前を連ねて4つになるんでしょうが(アーサーって誰だろう?)、やっぱり普段呼ぶ名前になるであろうファースト・ネームは大事。好みも含めた私の下馬評は①ジェームス、②ジョージなんですが、あーだこーだ外野から口出すのも楽しいです。


チャールズ皇太子は一体誰と結婚するんだろう?という頃からウォッチしてる私には、ウィリアム王子が父親になったこと自体感慨深いわけですが、他人の赤ちゃん誕生のニュースを聞くと、どの親も自分の子供が生まれた時のことを思い出しますよね。26年近く前になりますが私もその時のことを思い出して、幸せな気分になりましたラブラブ 今度の週末、3週間ぶりに遊びに来てくれるので、親子3人で赤ちゃんの時のビデオでも観ようかしら。




人気ブログランキングへ

<22nd July Mon>


王冠1待ちに待ったロイヤル・ベビーがやっと誕生した歴史的な日だというのに、なんと珍しく体調不良の私。


自称王室ウォッチャー、書きたいことはたくさんあるのに、こんな日に寝込んでしまうなんて、情けないったらむっ  このブログにはWilliam & Kateというカテゴリーまであるのに。


ガーン実はこの1週間ほど、時折めまいがして、耳もふさがれたような感じがするので、今日医者に行ったところ、「めまいは暑さのせいだから、たくさんお水飲んでね。耳の中に液体が溜まってるからお薬あげる」、と言われました。まあ深刻な病気ではなさそうなのですが、今夜は今までで一番ひどいめまいに襲われ、しばらく起き上がれませんでした。


たしかに今日は34度にもなって、今年の最高気温だったけど、これくらいでバテてしまうなんて、2週間後に日本に行ったら、慣れない蒸し暑さの中で、果たして大丈夫なんだろうか? ぎっしり予定が詰まっているというのに・・。



人気ブログランキングへ