<16th Apr Sun>

イースター4連休の最初の二日間は外出せずに家でプチ断捨離に励み、ジーンズ洋服は「これ以上は痩せない」という前提にして感情が入る余地を失くしたら、モノが捨てられない私でも簡単に選べて気分すっきり。 捨てモードのスイッチ入ったら他のモノもついでに沢山始末できました。

このままもっと徹底的に片付けたいのですが、ずっと家にいるのナンですから、今日はトーチャンとバービカンに行きました。 バービカン・プラスという上のクラスのメンバーの私はここのアート・ギャラリーにはゲスト分も含めて無料で入り放題なので、まずThe Japanese House: Architecture and Life after 1945という評判上々の展示会(→こちら)にトーチャンを放り込み(私は既に見学済み)、自分はすぐ近くのジムで水泳。休日は空いてるかと思いきや、これがえらく混んでたけど。

その後、午後3時からバービカンのバウチャーを使うために「The Handmaiden」という韓国映画を二人で鑑賞。 1930年の日本統治時代の朝鮮が舞台の「お嬢さん」というチンケな邦題のこの映画(「小間使い」であるべきでしょうに)、日本人の目で見ると変なことも多いでしょうけど、ここでは軒並み5ツ星評価されてるのが納得できる面白さで、楽しめました。

---------------------------------------------

私が沢山切符を買ってるバービカン、不要な切符はバウチャーにしてくれるのは助かるのですが期限が半年しかなくいつも始末に困るのでなるべく避けたいところ。 それにはリターンという方法があるわけですが、例えずっと完売のパフォーマンスや映画でも当日にならないと再販売してくれないという売り手のも買い手にも不親切な対応なのが大いに不満ですプンプン。 なのでついリターンしても売れずに丸損するかもという不安を避けるためにバウチャーにする場合が多いのですが、これはどうしようかなあと思案に暮れてる切符が手元にあります。友人のために私のメンバー割引を使って買ったものの止むを得ない事情でその人が行けなくなった切符ですが、

 

なんと、あの、髪が薄くなってきたとは言え美貌が売り物の恋の矢(演技も上手らしい)、ジュード・ロー主演Obsessionという芝居で(→こちら、イタリア映画の鬼才監督ルキノ・ヴィスコンティの有名な初期の「郵便配達は二度ベルを鳴らす」です。

4月28日、前から3列目でジュード・ローを見たい方は切符買って下さ~い! エッチなシーンもあるそうですよにひひ  

メンバーでないと60ポンドですが、メンバー2割引で48ポンドとお得ですよ~。 私はお芝居には興味ないし、その翌日から旅行なので余裕がなさそうなんです。 当日にリターン切符を狙う人の列で直接「これ、どう?」と売りつければ確実なんでしょうが、そこにわざわざ行くのも面倒臭いし、そこまで行くのなら自分で観ちゃおうかなってことになり、それで芝居にもはまった日には大変なことになり・・・ショック!

 

という事情で、このお得な切符をご希望の方は以下の椿姫ロンドンにメール下さいませ。

         tsubakihimelondon  あっとまーく co どっと jp

(追記: 赤の他人に譲るくらいなら自分で行こうと思ってましたが、知り合いで行って下さる方が見つかりましたので、めでたしめでたし)

 

さて、困った切符ということでは、お目当ての人が出なくなった場合はビミョウなんですが、今日その対応について面食らったことがあり、何かのお役に立てるかもしれないので書いておきます。

5月16日のヘンデルの「アリオダンテ」(→こちら)のコンサート・オペラに出る予定だったジョイス・ディドナートがキャンセルしたのです(代役はアリス・クート)。 私はディドナートが目的ではないので迷わず行きますが、私が切符を買った友人たちはディドナートが出ないのなら行かないかもしれないわけで、今日バービカンに行ったついでにどういう対応をしてくれるのかボックス・オフィスで尋ねてみました。

これまで大物歌手がキャンセルした場合、お知らせメールに「これで行く気が失せた方には返金します」と書いてあったことも何度かあるのですが今回はそうではなかったので、2月に出たカウフマンだったらいざ知らず、ディドナートくらいのクラスではそういう対応はしてもらえないのかなと諦め半分。でも、最初に相手してくれたボックス・オフィスのお姐さんは「全額返すわよ」、とあっさり言ったので、その旨友人たちに連絡グッド!。 ジムに行ってる間に彼女たちから「ディドナートが出ないなら行かない」という返事があったので、映画が始まる前に又ボックス・オフィスに行き、お金返して頂戴と頼んだところ、違うお姐さんがいて「そんな対応するって聞いてないわ。 ほら、係員用のサイトにも’コンサートがキャンセルになったわけではないので返金はせず、バウチャーで対応。但し、手数料は免除’って書いてあるし。」、と素っ気無くアセアセ。 映画の時間が迫ってたのでそこはそれで切り上げ、映画が終わった後の3度目のボックス・オフィスで「どっちが本当じゃい?!ムキーッ」、と食って掛かったら、爽やかな係のお兄さんは「バウチャーを薦めるけど、それじゃあ嫌だと言う人にはマネージャーの裁量で返金します。マネージャーに今決めてもらいましょうか?」とその場で電話してくれて、承諾を得ました。

 

人によって言うことが違うという、この国ではよくあることですが、これまでも最初は駄目って言われたけど粘ってお金返してもらったこともあり、要するに言った者勝ちですから、皆様も駄目元で言ってみて、必要であれば違う相手で試してみましょう。

 

それにしても、ロンドンの劇場における不要切符の取り扱いはどこも一長一短で、例えば、ROHはリターンしたら割とすぐにオンラインで売ってくれるけどバウチャーにはしてくれないし、Wigmore Hallは期限無しのクレジットにしてくれるけど2週間前に切符戻さなくちゃいけないし・・。 切符については買う時も含め悩むことが多くて嫌になります。

 


クラシックランキング

AD

<28th Jun Tue>

飛行機ヒースロー空港で友人の到着を1時間ほど待っていたのですが、まあ色んな人が次から次へとイギリスに入国すること! 長距離フライトのターミナルなのでヨーロッパ人以外がほとんどなのは当然で、観光客も多いわけですが、移民が争点になってる今、移民である私自身の立場についてあれこれ考えてしまいました。いっそイギリス人になってしまおうかと思うこともありますが(65才になると試験免除なので)、こう先行きが不安になっては、やっぱり逃げ道として日本国籍をキープした方が良さそうだ(両方持つのは違法)。

-------------------------------------------




今ROHでやってるマスネのオペラ「ウェルテル」、グリゴーロかディドナートのキャンセルに備えて5回分買っておきましたが、すでに2回観たし、あと最低一回は行くので、7月6日は行くのをやめることにしました。

リターンすればすぐに売れる席ですが、折角ですから赤の他人に譲るよりはどなたかが代わりに行って下さると嬉しいです。


切符は2枚あり、ストールサークル立見席で各14ポンド。真正面から何も邪魔がなくて実によく、見え音も良く字幕も読みやすい人気席です。1枚だけでもOKです。


短いので立ってても辛くはないですが、でもやっぱり立つのはちょっと・・・と仰る方、すぐ前の高い席が今の所たくさん売れ残ってますので、座れるチャンスは大いにありですにひひ こちら


オーソドックスで分かり易いプロダクションでスター歌手二人の熱演、特にグリゴーロは素晴らしいですから、絶対お勧めです! 切符は当日ROHでお渡しします。


ご希望の方は「椿姫ロンドン」メルアドに連絡お願いします。


tsubakihimelondon あっとまーく yahoo どっと co どっと jp



写真は6月24日のですが、この日はROHでは珍しく多くの人がスタンディング・オベーションクラッカー


私が初日が観たときの様子は→こちら ですが、プレスレビューはこの通り、ほぼ軒並み4ツ星です。


Telegraph ★★★★
Times ★★★★
The Stage ★★★★
Independent ★★★★
WhatsOnStage ★★★★
Financial Times ★★★★
Express ★★★★
Music OMH ★★★★
Bachtrack ★★★



         

       

     







音楽(クラシック) ブログランキングへ
AD

<27th Apr Wed>


久々の切符オファーです。


諸事情で行けなくなったオペラ、バレエ、コンサートの切符が何枚かあります。


全て会員枠で気合を入れて手に入れた舞台に近い(最後の立見席以外)人気席ですので、ご興味あれば、下記「椿姫ロンドン」にメール下さい。 2枚あるうち1枚だけでもOKですので。


右矢印 tsubakihimelondon  あっとまーく yahoo どっと co どっと jp  


1 話題の新作バレエ フランケンシュタイン 5月4日(初日) ロイヤルオペラハウス、

   ストールサークルB17 49ポンド (リンクは→こちら  売れました


2 ワーグナーのオペラ タンホイザー、5月12日 ロイヤルオペラハウス、

   ストールサークルC92 & C93 各60ポンド  (リンクは→こちら )  売れました


3 新作バレエ フランケンシュタイン 5月27日 ロイヤルオペラハウス

   ストールサークルB97 49ポンド (リンクは→こちら 売れました


4 Leif Ove Andsnes and Friends 5月28日 ミルトン・コート A14 & A15 各25ポンド

   私の大好きなピアニストのアンスネスがヴァオリンのクリスティアン・テツラフと共演。

   楽しみにしてたのに、日本行きと重なってしまい・・ (リンクは→こちら  売れました


5 バレエ The Winter's Tale  6月7日午後2時 ロイヤルオペラハウス 

   ストールサークル D33 (正面立見) 8ポンド  (リンクは→ こちら  売れました


6 ルーマニア人作曲家エネスクのオペラ エディプス王  6月8日 ロイヤルオペラハウス

   ストールサークル B97 26ポンド (隣はうちのトーチャンです) 売れました


7 Leif Ove Andsnes のピアノリサイタル 6月10日 バービカン 

   ストール G33 24.65ポンド(29ポンドから割引) (リンクは→こちら

   これには、別の席ですが、私も行きます。これに間に合うように日本から帰って来るんです。

   売れました


8 お能の音楽ワークショップ 5月14日午後2時 King's Place 自由席で6.5ポンド

   私も行きます。 (リンク→こちら )  (売れました)



期待高まるフランケンシュタインですが、3チームあったのに、なぜか1チーム抹殺されちゃいました。愛しいムンタ君(ヴァディム・ムンタギロフ)が楽しみだったのに・・しょぼん




人気ブログランキングへ

AD

<29th Jan Tue>

今月はオペラをほとんど観に行かないのは、仕事が忙しいこともありますが、今やってる「ミノタウロス」を無視してるからです。前衛的な現代オペラで歌手陣も先回(→こちら )と同じ顔ぶれですから行く気がしなくて・・。で、その結果、仕事だけしてるとトップに新しい写真をアップできないのが申し訳ないのですが、幸い、ちょうど今出してるのは私が今首ったけのクラウス君キスマーク。ずっとこのままでもいいと思うくらい。・・・というのは冗談で、明日はバレエに行きますから、華やかなカーテンコール写真をモノにできるよう頑張ります。久し振りに着物もね。

-------------------------------------------

6月11日バービカンでチェロのヨーヨーマが出るコンサートの切符が2枚あるのですが、どなたか代わりに行って下さる方はいらっしゃいますでしょうか?


一年前にまとめて手配したバービカンですが、そんな前からに買えば他の用事が入ることもあるわけで、この辺りにトーチャンとスコットランド旅行を計画してるんです車


ヨーヨーは、世界一のチェロ奏者であることをたとえ考慮に入れなくても、実は東洋人の中でもっとも魅力的な男性だと私が密かに思ってて恋の矢、長身でハンサムな上に、手がとても美しくて、おまけにその長い指が細やかに複雑に動いて素晴らしい音楽を奏でてくれるんですもの、セクシーったらないわラブラブ!


ドクロ百面相も近くで見ると面白いですよ~。薄ら笑いを浮かべながら恍惚状態だったり、激しい曲の時は必死の形相になったりして、とにかく表情が豊かべーっだ!


(リンクは→こちら
London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
Copland Quiet City
Shostakovich Cello Concerto No 2
Britten arr Cooke & Mitchell Prince of the Pagodas - Suite

Michael Tilson Thomas conductor
Yo-Yo Ma cello
London Symphony Orchestra



LSOとの共演なので、コンチェルト一曲しか弾いてくれないのが物足りないかもしれませんが、枚数割引で21.6ポンドというお値打ち値段になっております。


D列のど真ん中で、値段からするときっと最前列の筈ですから、誰よりもヨーヨーに近くて、花束やプレゼントを簡単に手渡せちゃう席です(そういうことする人はまずいないので、印象に残りますよ)プレゼントブーケ1



合格

あら、でも、椿姫さん、そんな憧れの君にかぶりつくチャンスを棒に振って旅行になんか行っても気にしないわけ?


それは、ご心配には及びません。


違う演目で二日間出てくれるので、この翌日のコンサートには行きますから。それまでに旅行から帰ってこられるようにトーチャンに指令を与えてます。


ヨーヨーのコンサート、先回は上の写真の2008年12月でしたから(→こちら )、私はなんと4年半ぶり。その間にもしかしたら私は他に用があって行けなかったコンサートもあったのかもしれませんが、行ければ行ってますから、おそらくロンドンは久し振りのヨーヨー様。


切符は二枚ありますが、一枚だけご所望という方はそれでも結構ですので、私を直接ご存知ない方は、以下にメール下さい。


  ラブレター tsubakihimelondon あっとまーく yahoo.co.jp  (椿姫ロンドン@ヤフー)


メラメラ代わりに行って下さる方がすぐ見つかりました。フローレス王子と言い、さすが天下のヨーヨー!  また次回、よろしくお願いします。


人気ブログランキングへ

<22nd Jan Tue>


4月21日、ロンドンではホァン・ディエゴ・フローレスとヨナス・カウフマンという今をときめく人気テノールのコンサートが重なってしまうことは既に何度も書いてますよね。


私は両方ともかぶりつきの抜群の席をゲット済みで、「どっちもキャンセルしなかったら、一体どっちに行こうかしらん?」、という贅沢な悩みを引きずっているわけですが、


直前に決めた場合、不要な切符の始末に困るのは目に見えているので、この際、バービカンのフローレスを手放すことに決めました。


フローレスよりカウフマンの方が好きだからというわけではなく、単に余った切符を始末できる好機会があるからといのが理由で、もうすぐメンバー予約が始まる来シーズンのバービカンの切符に交換してしまおうという魂胆です。(バービカンの場合は、半年間有効のバウチャーにいつでも交換してくれるのですが、一年分を一気に売り出すので、年一回しかチャンスがないのが現実)


でも、折角、気合を入れて買った特等席だ、赤の他人の手に渡るよりは、どなたか縁のある方にお譲りしたいと思い、ここで緊急募集させて頂きます。


詳しくは、バービカンのサイト(→こちら )をご覧下さいですが、ざっと曲目などもご紹介すると、


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
Rossini
Sinfonia from Cenerentola
'Tutto è deserto' from Cenerentola
'Nacqui all’Affanno' from Cenerentola
Sinfonia from Guillaume Tell
Meyerbeer 'Popoli dell’Egitto' from Il crociato in Egitto
Donizetti
'Come Paride vezzoso' from Elisir d’amore
'Una furtiva lagrima' from Elisir d’amore
'Venti scudi' from Elisir d’amore
Delibes 'Prendre le dessin' from Lakme
Gounod 'Je veux vivre' from Romeo e Giulietta
Bellini 'Se Romeo' from Romeo & Juliette
Verdi
Sinfonia from Vespri Siciliani
'E’ il sol dell’anima' from Rigoletto
'Parmi veder' from Rigoletto
'Un di…. Bella figlia' from Rigoletto

Juan Diego Flórez tenor
Joyce DiDonato mezzo-soprano
Julia Novikova soprano
Marco Caria baritone
London Symphony Orchestra
Karel Mark Chichon
conductor


えーっ! 人気メゾ・ソプラノのジョイス・ディドナートも出るの! 


そうなんです、おマケというには凄すぎる共演者でしょ? だから余計惜しい気はするんですが、ここはすっぱり潔く諦めて・・・しょぼん (←って、泣いてるじゃん)


あ、あの可愛くて上手なユリア・ノヴィコワも出るじゃないの。皆さんで、きっと華やかに盛り上がるでしょうねえ。


しかし、お値段が問題ですよね、きっとがま口財布


昨シーズンからバービカンは補助が減ったらしく、シリーズによっては一気に2.5倍くらいになってしまったものもあり、特にそれまでは即売り切れてた人気アーチストが急上昇。このコンサートも85ポンドもするので、天下のフローレス王子なのに切符は結構余ってます(ロイヤル・フェスティバル・ホールのカウフマンも、値段はもうちょっと低いですが、同様)。


でも、私が持ってるストールD列のど真ん中であれば、例えばフローレスの白髪(もしあれば)の一本一本までしっかり見えるし、当然声もばっちり聴こえて凄い迫力、感動的なコンサートになるのは保証します。(D列がこの場合、最前列なのか3列目なのかは不明。舞台のせり出し具合によって調整するし、買ったのは一年前なので覚えてないわ)。


先着順で、2枚ありますが、1枚だけでもOKですので、ご興味ある方は、1月29日までに連絡下さい。私を直接ご存知ない方は、こちらにメール願います。


  ラブレター tsubakihimelondon あっとまーく yahoo.co.jp    (椿姫ロンドン@ヤフー)


<翌日追加>

さすが、スーパースターのフローレス王子だ、代わりに行って方が決まりました。又の機会によろしくお願いします。



London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
(写真は、2010年5月のバービカンでのリサイタルですが、切符代が21ポンドと、良い時代だった・・)


「え、椿姫さん、今回は来てくれないの? それは淋しいなあ、いつも僕の足元の席で着物姿で写真撮りまくって声援してくれたのに。

しかも、理由が、ライバルのカウフマンに行くからって・・・むかっ


「ごめん、ごめん。

でも、同じ日にやろうってのがそもそも間違いでしょうが。で、ほら、それみたことか、両方とも切符が余ってるじゃん。

クラシック音楽ファンの数はロンドンと言えども知れてんだから、協力しなきゃあ。でも、4月24日の貴方のピアノ伴奏のリサイタルには絶対行くから、キャンセルしないでよね」


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


宝石ブルーありがとう、椿姫さん、フローレスを蹴って、僕の方に来てくれるんだね。すりすりパーパー

また、前回みたいにツバかけちゃうだろうけど(→こちら )、ヨダレしながら頑張るから期待してくれよな。椿姫さんの好きなローエングリンもまた歌っちゃおうかな」。




音楽(クラシック) ブログランキングへ