<26 Mar Sun>晴れ

晴天の日曜日、夏時間が始って一気に日も長くなってすっかり夏気分。今日は母の日なので夕方からムスメのフラットにおよばれですが、その前にマルタ観光記を続けます。

----------------------------------------------

3月6日(月)、観光船でのゴゾ島とコミノ島に一日ツアーの後はハイライトの一つであるオペラ鑑賞で、マヌエル劇場Teatru Manoel (→こちら)に行きました。 隣がヴァレッタの象徴とも言える大きなドームの教会で、月曜の夜なのにミサやってました。本当に信仰深い国民です。

 

 

        

マルタ騎士団長がお金を出して1731年に建てられたヨーロッパで3番目の古い劇場で、1737年のナポリのサンカルロ歌劇場(2011年5月に行きました→こちら)と同時代。 雰囲気はクラシックでもちゃんとメンテされていて美しく、客席約500でこじんまりして理想的なサイズな素敵な劇場です。 当初からオペラだけではなくお芝居等もやってたそうですが、昔はオペラもたくさん上演しただろうに勿論今ではごく稀にしかやらず、この時期に行くことにしたのもそれに合わせたからです。 

因みに、マルタ島出身の有名オペラ歌手、ジョセフ・カレヤもちょっと前にここでリサイタルやったそうで大盛況だったに違いないですが、彼は典型的なマルタ顔クマだというのがよくわかりましたにひひ。あんな顔の男がうじょうじょ歩いてたので(はい、美男子は少ないですむっ)。 

 

中心広場に近い良いロケーションですが(宿泊施設もあるようですよ→こちら)、狭い通りに面してて、中に入るとロビーらしきスペースもなく、ほぼいきなりオーディトリアム。 ドリンクするバーもなく、ぎりぎりまで中に入れてもらえないし、オペラ鑑賞の合間に優雅な気分になれないのは残念。 見るべきものは他になさそうなので私たちは見学ツアーには行きませんでしたが、5ユーロで録音を自分で聞きながら回るらしいツアー、マルタにいらしたら是非どうぞ。

かなり隅っこですが最前列で45ユーロ。 開演前にオケのフルート奏者でイギリス人に違いない女性がオペラについて説明してくれました。字幕無しとHPには書いてありましたが、マルタ語と英語を並べた字幕もちゃんと出ました。 マルタ語はどこでもアルファベット表示ですが、ヨーロッパのどこの言語とも全く違い、アラブ語の変種らしいです。

 

 

 

       

観たのはモーツァルトの「フィガロの結婚」。 それはあらためて書きますが、まあ期待通りだったかな。でも、また一つ初めてのオペラハウスに行けて、渋いけど優雅で華やかで美しかったので、大満足チョキ

 


クラシックランキング

AD
3rd Feb Fri>

ようやく映画La La Landを観る時間が出来ました。 ライアン・ゴスリングが歌ったり踊ったりするのは違和感あったけど、オールド・ファッションで胸がキュンとなる良い映画でした。

日曜からの地下鉄ストライキは回避となり、やれやれ。昼過ぎにリターンした来週火曜日のROHアドリアナ・ルクヴルールを夕方に取り戻しました。 幸いまだオンライン再販売前だったので。プレミエのカウフマンで何度も観たので凄く行きたいわけじゃあないけど、美しいプロダクションだし、一応行ってみましょうかね。オンライン放出されたらすぐに売れる人気の正面立見席、当然うんと安いのと、すぐ前の高い席が空いてたら(たいていは空いてる)座れちゃうのが魅力。

----------------------------------------------

立見席と言えば、ウィーン歌劇場の当日売り立見席は素晴らしいです。 この方のブログが詳しいのでご覧下さい(→こちら)。 今回、私は結局諦めて楽友教会のコンサートに行ってしまったので値段は正確にわかりませんが、たしか5ユーロ(セクションによってはもっと安いかも)。それに比べるとROHの立見は高くて、20ポンドもする時もあり、前売りで買えるのは楽だけど、私はアホらしいとは思いつつROHでは正面立見を買うために年間4百ポンドも払っているようなものよ

 

 

これがウィーンの平土間の当日売り立見席で、傾斜があるので後方でも眺めは抜群。

↑ 平土間立見席からの眺め。↓3箇所ある中一番上のギャラリー立見席からの眺め。やっぱり平土間狙わなくちゃね。

 

月13日は超人気のフローレス王子の「夢遊病の女」だったので、寒いのに3時半ですでに待ってる人がいました。もうしばらくしたら中に入れてもらえるのでしょうが、フローレスは素晴らしいテノールで大好きだけどロンドンによく来るのでそこまでして並ぶ気にはなれないわ。実は彼がキャンセルしてライバルが減るのを祈ってたんだけど、バチが当たって、代わりにお目当てのクラウス君が病欠しちゃいましたもんね。因みに、クラウス君が出た20日に見に行ったら、もっと遅い時間でも待ってる人の姿はドアの中にも見えませんでした。待ちスペースはL字なので中に入れば少しはいるのでしょうが、それにしてもこのフローレスとフォークトの人気の差はどうだ。

 

カメラ以下の写真は小さくしときますので、クリックで拡大してご覧下さい。

英語の見学ツアーもある筈なので、オペラにご興味ない方も中に入って夢心地を味わって下さい。

     

アルベルティーナという美術館のバルコニーからだと歌劇場全体が見えます。外からだROH

より大きくてゴージャス。 隣の白い建物はザッハーホテル。

     

 

   

 

    

私は2回とも平土間だったけど(167ユーロと197ユーロ)、友人が座ったこの席(たしか124ユーロ)はよく見えていいわ。

   

ロビーが豪華絢爛な割には客席は意外とシンプルでROHよりも700席も少ないそうです。

その代わり、ドリンクする所は何箇所かあり、ゴテゴテ風からあっさりカジュアル風まで選り取りみどり。夏は外のバルコニーにも出られる筈。

   

 

    

そう言えば、2010年にここに着物で来たっけ(→こちら)。 いつか又着物で!

 


音楽(クラシック) ブログランキングへ
AD

今回のサンセバスチャン旅行は飲み食いだけのつもりだったのが、直前に素敵なオペラハウスがあることに気付き目、しかも、今では滅多にオペラ上演なんてないのに丁度ドニゼッティをやってる時に出っくわしたのは本当に嬉しいサプライズでチョキニコニコ到着した10月6日の夜に早速行ってみました。

 

ヴィクトリア・ユージニア劇場Teatro Victoria Eugenia( →こちら)は, 1912年にオープンし、客席900。6年の修復工事の後、2007年に再オープンしたそうで、通りでどこもクリーンで美しい筈。 

 

 

 

 

ロゼワインここでインターバルにドリンクしたら素敵だろうに、ほとんど誰もいませんでした。

 

バルコニーからはウルメア川と5ツ星ホテルのマリア・クリスティナ・ホテルが見え、ここはまさにサンセバスチャンの一等地。 

王冠1因みに、スペイン女王だったヴィクトリア・ユージニーはヴィクトリア英女王の孫で、マリア・クリスティナはその娘。 こんなゴージャスなホテルに泊れるわけはないですが、中はうろついたので、近いうちに写真アップしますね。

 

ドン・パスクァーレの切符は当日に劇場で買いました。75ユーロ、55ユーロ、45ユーロで、折角ですから75ポンドのストールを奮発したら、なぜか1割引にしてくれました。 滅多にオペラやらないのに、切符はたくさん余ってて、オペラに馴染みがないんでしょうが、こういう勿体無いオペラハウスがヨーロッパには多過ぎる・・ショボーン

 

さあ、では、オーディトリアムに入りましょう。 馬蹄形のエレガントで麗しい劇場ではやはりオペラが一番に相応しいですが、今は色んなことに使われてるようです。 

平土間も少し傾斜があるし、こじんまりとして理想的な贅沢サイズです。

字幕はスペイン語とバスク語(おそらく)だけで、英語は無し。

私たちが座ったストール席の椅子は硬いし動かし難いし、快適とは言いかねますが・・椅子

 

音譜ドン・パスクァーレのパフォーマンスについては別途あらためて書きますが、期待以上だったので、更にサン・セバスチャンの印象がぐーんと上がったのでしたグッド!

 

オペラが10時半に終ったらお腹空いたので、バル街に繰り出してピンチョスを頂き、ホテルに帰る道すがら夜の海岸沿いも散歩して、朝5時半に家を出て疲れてた筈なのに、興奮しっぱなしの実に充実した一日でした。 。

 


音楽(クラシック) ブログランキングへ

AD

 

8月18日、グラインドボーン・フェスティバルに行きました。 去年一昨年に続き三年連続。年中行事にしているわけではありませんが、幸いまた今年も行く機会がありました。

 

着物で何度も行ってるので、今回は洋服でエプロンハイヒール と思ったのですが、なんせ旅行から戻ったばかりで準備する余裕がなく、結局、安易に着物で妥協しょぼん。 だって、洋服は着られるかどうか実際に試してみないといけないのがネックで、その上アクセサリーやジャケット、靴、バッグ、とコーディネートを考えるのが大変ですもんね。 その点、着物は簡単。 ワンパターンだし、なによりもどんな体型でも問題ないのがありがたいです。アクセサリーも不要、ショールとか羽織るものが着物とマッチしてなくても誰にもわからないでしょ。更に海外だと着物のルールも無視できますしね。

     

最高気温20度ちょっとだったので袷でも暑くないし、薄物でもいいし、という日でしたが、一日中安心して着ていられる洗える絽にしました。

 

又かとお思いでしょうが、一応会場をご案内しましょう。

地階にはバーやショップがあり、上の階2層には雨天用のテーブルと椅子。女優のDameジュディ・デンチを見掛けました。

 

今日は雨の心配はほぼなかったので、外で楽しもうという人がほとんどで、芝生の上で正装してピクニックというミスマッチなグラインドボーン名物を見ることができました。

 

 

お前がこんな格好してたら、ますますミスマッチだろうって・・? はい、でも、来年は行けないかもしれないので、着物姿の写真を敢えて載せちゃいます。

 

 

ブーケ2まだバラも咲いてましたが、

 

↑↓ 爺婆の多い客の中でこの初々しいカップルがバラの花のように美しかったことピンク薔薇

 

ご一緒した日本からの友人と、食事はレストランではなくロンドンのお店で買ったサンドイッチで軽く済ませましたが、お茶タイムは予約しなくてもいいMildmayでスコーンと紅茶チーズコーヒー

 

お庭に仮設アートギャラリーがあるのですが、嬉しいことに今年のテーマはシェイクスピアの「真夏の夜の夢」。私たちはブリテンのこのオペラを観に来たんです。 妖精たちがグラインドボーンに来たという楽しい設定ですが、魔法でロバにされちゃうボトムという村人が着物着てるのも嬉しいじゃありませんかグッド!

 

ラキブ・ショーというインド系のアーチストの大きなアクリルの絵は細かいところが素晴らしくて、色彩も綺麗アート

オペラについては明日にでも。

 


人気ブログランキングへ

<23rd Aug Tue>

晴れ晴れメラメラ去った筈の夏が急に戻ってきて暑かった。30度越してたと思う。午前中だけ仕事してから友人とランチして、一番暑い時間に帰宅したんだけど、運動不足解消のためにちょっと遠い駅から歩こうなんて思った私が馬鹿だった笑い泣き。帽子も被らずジリジリ陽に照らされて(時々日陰で休みながら)30分歩いたんだけど、日射病になるかもと思ったくらい。よほどトーチャンに「車で迎えに来て~」、と電話しようと思ったけど、それも格好悪いから我慢。途中の八百屋さんでスイカ買わなくてよかった。すごく食べたかったんだけどねスイカ

----------------------------------------------

8月7日から14日までのヨーロッパあちこち旅行、まず音楽祭のことから片付けることにしますね。最初に行ったザルツブルグのことは既に書きましたが(→割引切符購入とオペラハウスドン・ジョヴァンニイエスティン君皆殺しの天使)、お次はいよいよワーグナー・オペラの聖地バイロイトルンルン ザルツブルグでイエスティン君のオペラを観た翌日の8月9日です。

 

最近はオンラインで買えるようになったとは言え、特にワーグナーのファンでもないし(ローエングリンとかマイスタージンガーで海外遠征するのはあくまでクラウス君の追っ掛け)、高嶺の花だと思ってたんですが、なんと日本在住のオペラ仲間の方が行けなくなった切符を2枚下さるということで、オランダ在住のレイネさんと二人、バイロイト見物に行くことにしました。 キャーッ!、バイロイトよ、バイロイト!と興奮した割には情報収集不足のまま行ってしまい後悔したこともありますが、初のバイロイト詣はとても楽しかったです。

 

 

 各インターバルが終わる頃になぜここに人が集まるかと言うと、

 バルコニーで開演を知らせる生のファンファーレ演奏があるからですクラッカー

 

エプロンさて、何を着るのかも大事ですが、折角持って来た着物は時間的に無理だったのと冷房ないので暑過ぎるに違いないという理由で諦めました。 それなら普段は着られないドレスにする良い機会なのですが、悲しいかな荷物に余裕がなく旅行中に着回しできる洋服を小物でアレンジするしかないってことで、銀色の透けるショールにしたんですが、肌寒い日だったのでこれだけでは不足。 

 

白いジャケットでなんだか普通過ぎてつまらない格好になった私の分までレイネさんがロングスカートにビスチェ、ボレロと私の分までお洒落して下さったので良いことにしましょう。

 

ドレス少数派ながらロングドレスの女性もいて、やっぱり素敵。

 

 

シャンパン食べる所は、ちゃんとしたレストランからセルフサービスのカフェテリア、外で立ち食いできるスタンド等色々あって、2回のインターバル(各1時間)で充分夕食できるのに、知らなかったので終演後にホテルのレストランを予約しておいたのは失敗。ドイツ風ピザとか食べたかったのにさピザ

 

 

さて、ではいよいよ中に入りましょう。 全体に古めかしい雰囲気でしたが、どこもシックで素敵。

 

私たちの席は一番上の階の最前列の真ん中という全体が見渡せる良い席でしたが、50ユーロなので木製の硬い椅子椅子。 でも、この値段でこの席は最高だ。 涼しい日だったので全く暑いと感じなかったのもラッキー。

 

 

ホテルHotel Rheingoldに泊ったのですが、ホテルから無料のシャトルバスで行きました。

 

リキュールトリスタンとイゾルデ を観たのですが、それについては又あらためて。

 


人気ブログランキングへ