<28th Jan Sun>

昨夜のロイヤルフェスティバルホールのセミステージ版「ラインの黄金」(→こちら)はうんと遠い席だったせいかもしれないけど、死ぬほど退屈で、三分の一は寝てたけど2時間半ノンストップは辛かったガーン。途中で去る人が結構いたけど、私たちは列の真ん中だったので立てず。 楽しめないワーグナーほど辛いものはないわよね。途中からスピーカー使ってインチキだったけど、それまで歌なんてほとんど聞えなかっからまだ救われたかな。

----------------------------------------------

パリのふたつの歌劇場には何度も行ってるし、去年10月にも行ったばかりなのですが、一応どこに座ったとかの記録として残しておきます。小さい写真はクリックで拡大。

 

ガルニエには1月20日に行きましたが、二日後にギャラリー・ラファイエットの屋上テラスから後ろ姿も見学。ここからはパリのほとんどが見渡せるので、お買い物のついでにお勧めです。

 

   

 

今回発見した開演前に夕食したロペラ・レストランからオペラハウスへの通路。表玄関はごった返してる時でもここはひっそり静かで、まるで「オペラ座の怪人」がマントなびかせながら今にも横切っていきそうな素敵な雰囲気なの。正面玄関からだと右下の方です。(パリ在住の方からコメント頂き、ここはかつてVIP用出入り口だったそうです。素敵な筈だわね)。

    

ギリギリまでご飯食べてたし、インターバルはトイレに時間掛かったので(数が少な過ぎむかっ)、キンキンゴテゴテキラキラのロビーには行けませんでしたが(代わりに先回記事でご覧下さい→こちら)、玄関先の広い階段はやっぱりゴージャス。オペラに興味ない方はガイドツアーだけでも参加する価値ありです。

   

 

 

    

席からの眺め(4E Loge de Cote 10 place1)。10月は同じレベルで反対側の舞台から遠い席で55ユーロだったのですが、今回の舞台を上から見下ろす席で25ユーロと随分お得。 素人では不可能な席を、レイネさんのお知り合いのパリ在住の席取り達人の方に実際に窓口で買って頂いた貴重な席です。ヘンデルのイエフタJeptha、元々ガルニエは席が少ないので切符入手困難な上に新プロダクションだったので、9月の一般販売前にお手頃な席は売り切れだったので助かりました。  

 

     

こういう全体が見渡せる席は「ああ、はるばる憧れの歌劇場に来られて幸せ」、と遠征気分が更に高まりますが、特に売り物のシャガール天井画とシャンデリアが目の前って最高ドキドキ

しかし、暑かったのなんのってメラメラ。レイネさんと「着物で来なくて良かったね」、と言い合ったことでしたが、たしか去年も反対側の同じ高さで凄く暑かったので、上の方はいつもこうなのかも。

    

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

    

1月22日(月)は一人でバスチーユへ。

 

革命二百年を記念して建てられたこの巨大な新歌劇場、地上で目にに見えるのはほんの一部で、地下が凄いスケールなので、ここもガイドツアーで是非行ってみて下さい。私は2007年にプライベートツアで見学させて頂ましたが、びっくり仰天でした(→こちら叫び

 

    

こんなに広くてゆったりできそうなのに、開演前結構ギリギリにならないと入れてもらえないのが残念だし、トイレも少な過ぎパンチ!

 

    

 

   

Parkette Pote8 AlleeD Rang3 Place28 という前から2列目の席は144ポンド。愛する丸ちゃん(丸セロ・豚バレス/マルセロ・アルバレス)の「仮面舞踏会」ために奮発したのにキャンセルされて無駄使いになっちゃいましたけどねえーん  しかも、隣の中年カップルがいちゃついたり喋ったりしてますます腹が立ったムキーッ

 

オペラについては又あらためて。

AD

<29th Oct Sun>

夏時間終了。 黒猫旅行中のムスメのための2週間のトーチャンの猫シッターももうすぐ終わり。私一人で家で過ごせる機会だったのに、ほとんど外出してたのは残念。

----------------------------------------------

ペール・ラシェーズ墓地の見学を終え(→こちら)、バスチーユに向います。 カメラ写真はクリックで拡大します。

 

    

ナイフとフォークまずは腹ごしらえ。 オペラハウスの隣のLes Grandes Marchesというカフェ・レストランが近いし素敵だし、こんな良いお天気ですから、外のテラス席に座りましょう。

 

    

イルトロバトーレさん(→こちら)はハンバーガーハンバーガーを注文なさったのに、間違えてミラノ風カツレツが来てしまい、やり直し。 私はベジタブル・リゾットを頼んだらイメージと違うものが運ばれましたが、「ふーん、フランスではこういうのをリゾットと言うのか・・うーん」、と首をかしげながらも、そのまま頂きました。 そしたら、勘定書きが来て間違いだったことが判明(そりゃ、そうだろ)。 ヘルシーだし良いのですが、そうか、あのウエイターのニイチャンはテーブルを間違えてたんだ。ごめんね、食べちゃって。

 

  

ミレニアム・プロジェクトとして建てられた超巨大な歌劇場は大き過ぎて写真に納まりません。内部見学したことありますが、外見から想像できないくらい中がとてつもなくでっかくて、地下に数階もあるので核シェルターにも使えそうです。

 

   

パリまで来てオペラ界の注目の的であるドン・カルロスを観ないのは私くらいでしょうが(だって、カウフマンが出てたら切符買えないもん・・ぐすん)、クラシックなガルニエとは対照的なこのモダンな歌劇場の明るい雰囲気が好きです。 着物で来たことも2、3回あるかな。

 

    

今回は荷物軽減のために着物ではなく着たきり雀で、スカーフだけ千鳥格子のランバンに替えてみました。

     

ここには何度か来たことありますが、いつも後ろの方の席だったので、いつかオーケストラ・ストールに座ってみたいものだという望みが叶いました。 しかも、奮発して180ユーロの最前列よDASH!。 海外遠征だと金銭感覚が狂って財布の紐がゆるんじゃうのよね。

    

 

     

2時半開演で5時過ぎに終わったメリー・ウィドウの後、またランチと同じお店に来て、ニューヨークからいらしたヨナス・カウフマン大ファンで小学館出版「ヨナス・カウフマン/テナー」(→こちらをドイツ語から翻訳なさった方もご一緒に3人で乾杯。 ランチで間違って運ばれて美味しそうだったミラノ風カツレツやイカとサラダで。 超インテリなお二人がカウフマンにメロメロでミーハーになっちゃうのは微笑ましい限り。 

 

新幹線前

8時43分のユーロスターに乗り、時差があるのでロンドンには10時に到着。オペラ観てから帰るよりはずっと早く帰宅できました。 もう一本遅い最終便でもよかったかな。

 

こうして一泊二日のパリ大急ぎ週末旅行は良いお天気に恵まれて順調に楽しく終了。来年1月に又行きます。

 

残るはオペレッタ「メリー・ウィドゥ」のみですが、やはり最前列の迫力は凄かったですチョキ

AD

<23rd Oct Mon>

先週末の一泊二日のパリ旅行で二つのオペラハウスに行きましたが、まず土曜日の夜はガルニエ宮のオペラ座。 カメラ小さい写真はクリックで拡大します。

 

      

 

    

 

スカーフだけフェラガモのアニマル柄に変えました。こんなに暑くなるとは思わなかったので、スカーフで変化を付けようとしたのが裏目に出て、暑かった・・。

  

キラキラネオ・バロックのキンキンゴテゴテ、声で長くいると息が詰まりそうですがショック!、たまに来るにはゴージャスで素敵チュー

 

      

一番上の階まで来たのは初めてかも。

 

image       image

 

     

今回の席は4e loge de cite 21-Place 255ユーロ。2列あるうち1列目だったので舞台はよく見えました。後ろの椅子だったら半分見えないでしょうけどね。

 

    

 

    image

   

目の前のシャガールの天井画と豪華なシャンデリアに感激でしたドキドキ オペラに退屈した時はこれらをうっとり眺めてました。

モーツァルトのコジ・ファン・トゥッテでしたが、ご覧の通り、セットがなにもないモダンな設定の風変わりなプロダクションで、退屈して天井を見る時間が長かったです。それについては又あらためて。

 

    

ステーキオペラが終わったら11時過ぎてましたが、それからやっと夕食! 遅くまで開いてるのがありがたいこのレストランは、オペラ座の中にある(入り口は外)にあるL'Opera Restaurant(→こちら)。ご覧の通り、モダンなインテリアで気分がガラッと変えられるところが救いです。

 

    

暑いので、オペラの途中でとっくりは脱ぎました。

    

山崎ちひろさんという男性がシェフなので、味噌とか和風味が多かった中で、私たちはおうし座牛のタタキを頂きました。ポテトにもしっかり味がついてて美味しかったです。デザートはラズベリーのオペラ・ケーキ。

ホテルに歩いてすぐなのがありがたかったですが、こうして長い充実の一日が終わりました。短期集中ホリディ、明日も頑張るべーロボット

AD

<26 Mar Sun>晴れ

晴天の日曜日、夏時間が始って一気に日も長くなってすっかり夏気分。今日は母の日なので夕方からムスメのフラットにおよばれですが、その前にマルタ観光記を続けます。

----------------------------------------------

3月6日(月)、観光船でのゴゾ島とコミノ島に一日ツアーの後はハイライトの一つであるオペラ鑑賞で、マヌエル劇場Teatru Manoel (→こちら)に行きました。 隣がヴァレッタの象徴とも言える大きなドームの教会で、月曜の夜なのにミサやってました。本当に信仰深い国民です。

 

 

        

マルタ騎士団長がお金を出して1731年に建てられたヨーロッパで3番目の古い劇場で、1737年のナポリのサンカルロ歌劇場(2011年5月に行きました→こちら)と同時代。 雰囲気はクラシックでもちゃんとメンテされていて美しく、客席約500でこじんまりして理想的なサイズな素敵な劇場です。 当初からオペラだけではなくお芝居等もやってたそうですが、昔はオペラもたくさん上演しただろうに勿論今ではごく稀にしかやらず、この時期に行くことにしたのもそれに合わせたからです。 

因みに、マルタ島出身の有名オペラ歌手、ジョセフ・カレヤもちょっと前にここでリサイタルやったそうで大盛況だったに違いないですが、彼は典型的なマルタ顔クマだというのがよくわかりましたにひひ。あんな顔の男がうじょうじょ歩いてたので(はい、美男子は少ないですむっ)。 

 

中心広場に近い良いロケーションですが(宿泊施設もあるようですよ→こちら)、狭い通りに面してて、中に入るとロビーらしきスペースもなく、ほぼいきなりオーディトリアム。 ドリンクするバーもなく、ぎりぎりまで中に入れてもらえないし、オペラ鑑賞の合間に優雅な気分になれないのは残念。 見るべきものは他になさそうなので私たちは見学ツアーには行きませんでしたが、5ユーロで録音を自分で聞きながら回るらしいツアー、マルタにいらしたら是非どうぞ。

かなり隅っこですが最前列で45ユーロ。 開演前にオケのフルート奏者でイギリス人に違いない女性がオペラについて説明してくれました。字幕無しとHPには書いてありましたが、マルタ語と英語を並べた字幕もちゃんと出ました。 マルタ語はどこでもアルファベット表示ですが、ヨーロッパのどこの言語とも全く違い、アラブ語の変種らしいです。

 

 

 

       

観たのはモーツァルトの「フィガロの結婚」。 それはあらためて書きますが、まあ期待通りだったかな。でも、また一つ初めてのオペラハウスに行けて、渋いけど優雅で華やかで美しかったので、大満足チョキ

 


クラシックランキング

3rd Feb Fri>

ようやく映画La La Landを観る時間が出来ました。 ライアン・ゴスリングが歌ったり踊ったりするのは違和感あったけど、オールド・ファッションで胸がキュンとなる良い映画でした。

日曜からの地下鉄ストライキは回避となり、やれやれ。昼過ぎにリターンした来週火曜日のROHアドリアナ・ルクヴルールを夕方に取り戻しました。 幸いまだオンライン再販売前だったので。プレミエのカウフマンで何度も観たので凄く行きたいわけじゃあないけど、美しいプロダクションだし、一応行ってみましょうかね。オンライン放出されたらすぐに売れる人気の正面立見席、当然うんと安いのと、すぐ前の高い席が空いてたら(たいていは空いてる)座れちゃうのが魅力。

----------------------------------------------

立見席と言えば、ウィーン歌劇場の当日売り立見席は素晴らしいです。 この方のブログが詳しいのでご覧下さい(→こちら)。 今回、私は結局諦めて楽友教会のコンサートに行ってしまったので値段は正確にわかりませんが、たしか5ユーロ(セクションによってはもっと安いかも)。それに比べるとROHの立見は高くて、20ポンドもする時もあり、前売りで買えるのは楽だけど、私はアホらしいとは思いつつROHでは正面立見を買うために年間4百ポンドも払っているようなものよ

 

 

これがウィーンの平土間の当日売り立見席で、傾斜があるので後方でも眺めは抜群。

↑ 平土間立見席からの眺め。↓3箇所ある中一番上のギャラリー立見席からの眺め。やっぱり平土間狙わなくちゃね。

 

月13日は超人気のフローレス王子の「夢遊病の女」だったので、寒いのに3時半ですでに待ってる人がいました。もうしばらくしたら中に入れてもらえるのでしょうが、フローレスは素晴らしいテノールで大好きだけどロンドンによく来るのでそこまでして並ぶ気にはなれないわ。実は彼がキャンセルしてライバルが減るのを祈ってたんだけど、バチが当たって、代わりにお目当てのクラウス君が病欠しちゃいましたもんね。因みに、クラウス君が出た20日に見に行ったら、もっと遅い時間でも待ってる人の姿はドアの中にも見えませんでした。待ちスペースはL字なので中に入れば少しはいるのでしょうが、それにしてもこのフローレスとフォークトの人気の差はどうだ。

 

カメラ以下の写真は小さくしときますので、クリックで拡大してご覧下さい。

英語の見学ツアーもある筈なので、オペラにご興味ない方も中に入って夢心地を味わって下さい。

     

アルベルティーナという美術館のバルコニーからだと歌劇場全体が見えます。外からだROH

より大きくてゴージャス。 隣の白い建物はザッハーホテル。

     

 

   

 

    

私は2回とも平土間だったけど(167ユーロと197ユーロ)、友人が座ったこの席(たしか124ユーロ)はよく見えていいわ。

   

ロビーが豪華絢爛な割には客席は意外とシンプルでROHよりも700席も少ないそうです。

その代わり、ドリンクする所は何箇所かあり、ゴテゴテ風からあっさりカジュアル風まで選り取りみどり。夏は外のバルコニーにも出られる筈。

   

 

    

そう言えば、2010年にここに着物で来たっけ(→こちら)。 いつか又着物で!

 


音楽(クラシック) ブログランキングへ