2リットルのCBR

2011年にCBR1100XXからGSX1300Rに乗り換えました。


テーマ:

月曜日まで休みを取った私は、郡山にもう一泊しました。


二日間のツーリングの余韻に耽って


昨晩は一人、ホテルで部屋呑みを決め込みました。




午前7時10分


本日も晴天です。


持ってるなぁ、俺。






私のツーリングのモットーは


「最終日は帰るだけ」


これに尽きます。


最終日に欲張って、あれこれ入れると帰りが夕方になります。


すると、渋滞にはまります。


結局、帰宅後には疲労しか残りません。


従って、最終日は”帰るだけ”


これが贅沢な旅の極み、だと私は思っています。



帰るだけと言っても、片道300キロ弱はあるのですから。




午前10時


チェックアウト時間丁度に部屋を出ました。


気温は20℃あります。


指だしグローブで丁度いい感じ。






バイクはこのように、屋根の下に置かせてもらえました。





郡山ICから磐越道を経由し、常磐道であっという間に柏ICへ。


2時間も掛かりませんでした。



道は順調だったのですが、スロットルグリップに異変が。


どうやら、グリップヒーターの接着がまた甘くなってきたようです。


フルスロットルにしようとすると、グリップがヌルっと空回り・・・。


平日のお昼ということで、蘇我のバイクセブンへ。




午後1時15分


まさかのピットがお休み。


店はやっているのですが、ピットだけがお休みとのこと。


取りあえず、後日に予約を入れて帰りました。



その足で、バロンにオイル交換へ。


午後2時


想定通り、バロンのピットもガラガラ。


即、オイル交換作業へ。


ベテランの方が担当してくれて、エレメント交換も無しだったので


12分で終了。




10月23日に一回目の車検があるので、その予約も入れておきました。


代車が楽しみ~。





午後3時50分 無事帰宅。


家の目の前の保育園の園児の恐竜のような声を聴きながら、


三日間よく走ってくれた隼をピカピカにしました。




三日目の走行距離 305km




■備忘録■


総額 47,601円



高速代 9,310円


9月27日

稲敷→船引三春         3,030円
会津若松→猪苗代磐梯高原  410円
猪苗代→磐梯高原        560円

9月28日
郡山→福島飯坂          830円

9月29日
郡山→柏              4,480円


食事 11,864円

牛乳屋食堂            1,200円

太郎庵                864円

炒飯                  800円

ショットバー             5000円

龍上海               2,500円

幸華                 1,500円


ホテル 11,800円


ガソリン 9,591円



・その他 5036円


野口記念館             500円

タクシー               2,250円

コンビニ               2,286円


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

午前6時50分 


ホテルの部屋からの郡山市内の眺め


今日も快晴です♪







本日のルート。


山形県まで足をのばしました。







午前9時


まずは、福島市の摺上川ダムへ。


ここは私が今まで立ち寄ったダムの管理所の中で一番、綺麗でした。


また、ダムの歴史フィルムや資料の展示にもとても力を入れていました。






風が全くないので、このように水面に映った「逆さ○○」も撮れます。







ダムの形式は「ロックフィルダム」


字の如く、岩を敷き詰めた形になっていますが


コンクリートとは違った、自然の趣がありました。







本日のメイン、山形県で行列が出来るラーメンを食べに行きます。








午前11時


開店前に行かないとエライ目に遭う、とのアイスマンのアドバイスで


開店の30分前に到着、しかし・・・



ここが最後尾ですが、我々の前には既に30人以上が並んでいました。


正直、私は並ぶのが苦手です。


並ぶくらいなら、空いている不人気店でもいい、というタイプの人間です。


しかし、せっかくのアイスマンのリクエストということもあり


人生で初めて、並んでみることにしました。






午前11時15分


開店時間まで15分といった所で、店員が先頭の客から順番に注文を取り出しました。


さすが、人気店、手際も良いです。


また、メニューが少ないので注文もテンポよく流れていきます。







午後零時3分


並び始めてから1時間が経過したところで


ようやく列の先頭にたどり着きました。






午後零時10分


ついに、店舗内に進入。


4人掛けのテーブルが3つ、7~8人のテーブルが2つ


そして、画像の右手に5人掛けのカウンターがありました。


つまり、30人強が座れる計算ですね。


もちろん、相席を余儀なくされます。






私が注文したのは、「辛みそチャーシュー麺(大盛り)」


ハッキリ言って、美味い!!!


青空レストランの宮川さんのようにエコー付きでウマイっ!!!


ちぢれ麺に、しっかりチャーシュー、辛みそは最初にガツンと来て、以降は慣れてきます。


1時間以上並んで有り付いたラーメンですが、本当に美味しいです。


昨日の牛乳屋の担々麺を軽く凌駕しています。


並んでよかった、そう思いました。





汗だくになり表に出ると、列はさらに増えていました。






午後1時30分 


長井ダムに到着。


気温がグングン上がってきましたが、ダムは涼しいです。


見学者が誰も居なく、静かで涼しい、何だかお得ですね。







午後2時45分


横川ダムに到着。


慣れで、ついインターホンを押してしまいましたが


ダムカードは隣りの建物に置いてあると書かれていました。


つまり、ピンポンダッシュをしてしまった形に 笑 (すみません)



基本、”手渡し”がダムカードのモットーだと思っていた私には


何だか、無機質というか、低温というか、横川ダムの職員との温度差に


若干、テンションが下がりました。






放流が見られたのはラッキーでした。






事務所の隣の建物を見て、ふと気付きました。


縦の柵は、エアコンの室外機を隠すためのものだということが。


これから始まる我が家の工事も、


エアコンの室外機をどう隠すかがポイントだと匠が言っていました。


何となく、ヒントを貰った感じです。


ピンポンダッシュしてしまいごめんなさい(笑)




午後3時30分


最終地「白川ダム」に到着。


ここは駐車場から事務所が少し離れています。


堤体の形状は、摺上川ダムと同じ、ロックフィルなんですが


見た目は断然、摺上川ダムの方が美しいです。




ここで、アイスマンのタイヤ「パイロットロード」をネタに暫くおしゃべり。


タイヤが2万キロ持った?持たない? で、ちょっと盛り上がりましたね。


時刻は午後4時になっていました。



残す場所は「上杉神社」ですが、これは次回に回すことになりました。


多分、着いても中には入れないだろう、ということで。



今回は、アイスマンの好意により、予定を大きく変更し


二日目はダムばかりを巡りましたが


お蔭で二日間でなんと6枚もゲット!!!


とても思い出深いツーリングとなりました。







午後5時30分


甘いものが食べたくなり、休憩。


蕎麦ソフトを頂きました。


蕎麦の実が入っていて、甘すぎず中々の美味です。







午後7時20分


シメはデカ盛りの店、「幸華」


どうですか?この盛り。


かつ丼と並んでiPhoneが小さく見えますね(笑)


広島県産のカキフライをトッピング。


揚げ物尽くしに大満足。






結局、アイスマンが残したソースかつ丼も私が平らげました。




本日の走行距離 319km


下道が多かった割にはよく走りました。


適度にクネクネもあり、楽しいルートでした。



この二日間、アイスマンにはルートのチョイスおよび御飯


そして、先導をすべてお願いしましたが


とにかく楽ちんでした。


人に付いて走るということがこれほど楽だと、改めて感じました。


カーナビを見なくていい、お店を考えなくていい


ただ付いていくだけ。


まるで普段、私がビギナーと走っている状態の逆をやったわけです。


もっと感謝されていいのに・・・なんて恨み節も出てきます(笑)



アイスマンとは二日に渡り、インカムを通じ色んな話をしました。


普段はのぶさんと走る時も、インカムで色んな話をしますが


やっぱりインカムっていいなぁ、と再認識したツーリングでした。



お店の駐車場で握手して、アイスマンとは別れました。


今度は春だね、なんて言葉を交わしながら。



福島のライダーは、基本12月から春まで冬眠に入るそうです。


房総ライダーは恵まれているな、と改めて思いました。



充実した二日間をありがとうございました。


春には是非、暴走、おっと違った、房総に来てください。


同い年のノブさんを紹介します。


ひょっとしたらウチの相棒も参戦するかもしれません?!





AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

待ちに待った「アイスマンツーリング in Fukushima」


まずは、全走行ルート。






午前4時30分 出発。






集合場所は福島県の「三春ダム」に午前9時。


常磐道を目指します。



行き方には3パターンあります。


①都心経由、②R16から柏IC、そして、③R51から稲敷ICに入るルート


都心は遠回りな上、高速料金が馬鹿らしいのでパス。


結局、何となく牛久大仏が見たくなり(笑) 稲敷ICをチョイス。




午前5時30分 稲敷IC入り口に到着。


ここから船引三春ICまでは、およそ220キロです。


とてもよく晴れていますね♪





午前7時45分 「船引三春IC」に到着です。


ここからは一般道で「三春ダム」を目指します。







集合時間の30分前に到着!


アイスマンはまだ居ない。


よし!


と、思いきやLINEを見ると、


7時42分に三春ダム到着


との、メッセージ。


すげ、1時間も前に・・・負けた・・・(笑)



アイスマンと合流。


4年ぶりの再会を三春ダム管理事務所のガラスが目撃していました。






4年ぶりということもあり、ダムそっちのけで互いの近況を報告(笑)


気付くと、ダムの管理事務所が開いていました。


この橋は、「春田大橋」といって、主塔の形状は「三春」の「春」をイメージしているそうです。


三春の滝桜をイメージできますね。



福島で初めてのダムカードをゲットしました。






午前10時40分 羽鳥湖にて小休憩。


レース鳩の練習に来ていた老人と世間話をしました。


鳩は、一日で800キロ程度は移動が可能だそうです(驚)


ウチの隼は、一日1000キロ程度までなら大丈夫(”飼い主”の問題か)


飛ばす瞬間を撮らせて頂きました。









午前11時20分


キャンプ道具で有名なコールマンが運営する「レジーナの森」に立ち寄りました。


この大きな池も人工で造ったんだそうです。


穏やかな天候の下、池のベンチに座り、互いの家族の話など(笑)


気付けば1時間近くも経っていましたね。






次に向かったのは、私のリクエスト「塔のへつり」へ。


そう言えば、「へつり」って何だ???







午後零時40分 「塔のへつり」に到着。


「へつり」の解説もちゃんと撮りましたよ。



少し揺れて楽しかった。


でも、徳島の「かずら橋」の方が趣がありました。





午後1時 「大内宿」に到着。


こちらはアイスマンのリクエストです。


岐阜の白川郷みたいな茅葺屋根の家が沢山あります。


しっかし、いい天気です。






そろそろ、昼食。


集落の中にある、アイスマンお勧めの「三澤屋」へ。


なんと、1時間待ち・・・。


待ち札を渡されて・・・一人興奮(笑)


だって、46なんですよ~ ※46=バレンティーノ・ロッシの番号です。






1時間待ちと言っても、実際は半分くらいだろう? と、楽観視した二人は、


集落を俯瞰で見渡せる場所へ移動。


光学ズームによる望遠撮影を試みました。


今のコンデジってすごいよね。




再び、三澤屋に戻るも1時間待ちは変わっていませんでした。


そこで、アイスマンの”次の手”のお店へ。


っと、その前に大内宿の近くにある「大川ダム」へ寄ります。


そうそう、何とアイスマンも「三春ダム」に端を発し


「ダムカード集め」に参戦することになりました♪




午後2時 「大川ダム」に到着。


まさかのアイスマン参戦により、2枚目をゲットです。






朝から何も食べず、三澤屋でも蕎麦を食いそびれたので、空腹も限界(笑)


午後3時 アイスマンお勧めの「牛乳屋食堂」に到着。


創業80余年、ってすごいね。


食事時間を外したにも関わらず、外には4人の女性が並んでいました。


場所もルートもすべてお任せなので今回、私は付いていくだけ(笑)


あ~楽ちん。



ソースかつ丼とゴマ辛担々麺を頂きましたが、これ癖になります。


多分、近所に有ったら毎日通う系(笑)




ただ、残念だったのは、店の主人が”変人”だったこと。



到着後、アイスマンがわざわざお店のオバちゃんにバイクの停め場所の指示を仰ぎ


その指示された場所に停めていたにも関わらず、突然、オヤジが出てきて


「そこはダメだよ、ルールは守らなきゃ」的な事を延々とのたまいやがった。


最初、近所の変人か?と思い、取りあえず黙って話を聞いていると


我々が何も聞いていないのに、


「私はこの店の主人だ、イヤなら食べてくれなくていい」


と、まで一方的に言われました(ホント、耳を疑った)


私はこういう場合、すぐに抗議しますが、ここはアイスマンのテリトリー。


すると、アイスマンがついに


「お店の人にここに停めて下さい、と指示されたんですよ」


と、切り返す。


が、主人は


「ここはダメ!ちゃんと二輪用の場所を設けてあるんだから、そこに停めて」


「この前もヘルメットがどーのこーの・・・」



意味不明なことを延々リピート。


それでも、アイスマンは大人でした。


担々麺が美味しかっただけにとても残念。




午後4時38分 「野口英世記念館」


これは、私のリクエスト。


猪苗代湖付近にあり、以前から行ってみたかった場所です。


ほぼ毎日、1000円札でお会いしてますからね(笑)


午後5時閉館ということで、駆け足で見学です。




割とリアルな人形がお出迎え。しゃべります(怖)


記念館を出て、30メートル隣に「生家」




茅葺は修繕を繰り返しているそうですが、基本、家の中のモノは当時のままだそうです。


茅葺を守るために、現代風の屋根が上に設置されていました。





野口英世邸内の照明を眺めながら、太古のロマンに浸るわけでもなく


私は、これから建てる我が家の照明に思いを馳せていました。


やっぱり、家の中は電球色だよな、なんて(笑)


こんなところに来ても、家のことが気になる。。。






こちら、あの有名な英世さんが赤ちゃんの頃に火傷を負った「囲炉裏」です。






母がこの小川で洗い物をしていた最中だったそうです。


熱湯を手に浴び、泣き叫ぶ我が子の声で気付いたと言われています。







英世さんは小柄な方だったようです。


身長は153センチ、AKBの大島優子ちゃんと同じ(笑)







午後5時30分


猪苗代湖近くにある「太郎庵」というスイーツのお店で


「ラーメンプリン」をゲット。


会津ならではの「ラーメン」に模した、有名なプリンです。


予約しないと買えない場合が多いとのことで、前日に電話で予約をしました。


が、バイクに積むには無理があったようです。


ホテルに戻って中を見ると・・・グッチャグチャ(爆)


甘すぎずとても美味しいプリンでした。


よく見ると、右端にナルトもあります。







太郎庵の駐車場にて、アイスマンのRT1200をチェック。


やっぱり、デカい・・・


隼が子供に見える。


ボクサーエンジンの張り出しがド迫力です。







本日のツーリングはここまで。


続いては夜の部へ。


アイスマンとは一旦、別れて


私は、いつものルートインにチェックインを果たし、シャワーを浴びました。


1時間半後にホテルに迎えに来てくれる、とのこと。








郡山市内に飲みに行くので、この間、買ったばかりの「折り畳みシューズ」を履きます。




19時30分


アイスマンがやってきました。


おぉ!


クルマもBMWです(写真忘れました(笑)


まずは、アイスマン行きつけの定食屋で


にら肉定食と炒飯を頂きました。


炒飯は「大人の隠し味」と書かれていましたが、私にはよく分からず(汗)


でも、美味しくて完食。


小食のアイスマンは半分以上も残していたので、こちらも私が完食。






その後は、アイスマン行きつけのスナックのママの旦那さん(ややこしい(笑))が


最近始めたというショットバーへ。


っと、その前に、酒を飲むので、アイスマンの家にBMWを戻しに行きます。


「SR500※絶版プレミア」 も見せて頂きました。


ツインプラグにモデファイされていて、カッコよかったです。



家の前の川沿いを歩きながら、郡山駅の繁華街を目指します。


途中、有名俳優(バイク乗り)が部屋を持っているという


郡山市内随一の高層マンションを教えて頂きながら、すぐにお店に到着。





こちらも写真は有りませんが、


ショットバーは、狭いカウンターとテーブルの小部屋が一つというシンプルな形態。


壁一面にウォッカやジンが綺麗に陳列されていて、


間接照明も中々のものでした(また照明かよ)




極め付きはマスターがなんと、バイク乗り!


加えて、そのマスターの奥様(スナックのママ)もバイク乗り。


実は、このショットバーに寄る前に、ママさんにお土産を届けていたので


私もママさんとはお会いしたのですが、これが、なかなかの美人さん。


アイスマンが通い詰める?ワケが分かりました(笑)


女優の堀内敬子さんをスッキリさせた感じ。



カウンターに案内され、ビールとバーボンソーダと、ゴードンのジンを頂きました。


ここで、日付が変わる手前まで翌日のツーリングの計画を練りました。



とても感じの良いお店でしたよ。


アイスマンは来た道を歩きで、私は途中タクシーを拾いホテルに戻りました。


知らない土地で一人で乗る夜のタクシーは何だかワクワクしたな。


ホントにホテルに着くのか?って(笑)


どこをどー走ったか、よく覚えていませんが、


住宅地の中をひたすら走ったことだけ覚えています。





一日目のルートです。


水色のは猪苗代湖。



一日目の走行距離 491km

二日目は明日、書きます。



AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:


高速料金  8,750円


ガソリン 6,057円


宿泊料金 18,600円


食事代   8,367円


お土産   2,255円


宅配便   1,060円


記念館    900円 


合計    45,989円


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

※クリックで大きくなります
2リットルのCBR


朝、目が覚めると


既に外はシトシトと、雨が降っていた。


想定内ではあったが、


やはりこの降雨の中、バイクで帰るのは億劫である。



さて、


朝食のため部屋を出ようとすると、


突然、部屋の照明が落ちる。


同時に


充電中のスマートフォンから「ピピッ」という、


充電ケーブルを外した時になる確認音がした。



停電だ・・・・



部屋の外に出てみる。


エレベーターの表示が消灯している。


やはり・・・。




私の部屋は8階。


降りるのも面倒だが、降りたら上がって来なくてはいけない。


それまでに停電が復旧すればいいのだが。



時間が勿体ないので


お土産などを入れた段ボールを抱え、


階段を使って8階から1階まで移動する。


フロントはチェックアウトの人と


停電のために押し寄せた人で


ちょっとしたパニックになっていた。


フロントも照明が消えていて、かなり違和感があった。



「この地区一帯が停電とのことです、


   東電から復旧の目途は知らされていません」



福島原発から、近い場所に居るだけに


「停電」 とか 「東電」とか、聞くと、なんだかドキッとする。


私としては、食後に8階まで運動するのだけは避けたい(笑)



レストランも非常用の照明だけで、料理が見づらい。


頼みの朝日もこの天気では役に立たない。


レストランの混雑に加え、空調も止まっているため


とても蒸している。


食欲が一気に減退して行くのが分かった。


せっかくのバイキングなのに、


お代わりをすることなく、〆のコーヒーを頂いていると


パッパパッ♪っと、一気に照明が復活。


空調も戻り、


私の隣りの席の家族は


足早に、電気仕掛けのオレンジジュースのマシンに向かった。



復旧したエレベーターに乗りながら


あらためて、


当たり前に電気が使える有り難さを噛みしめる。




3連泊したホテルに別れを告げる。


最後の停電以外は快適でした。


2リットルのCBR





軒下に置いていたにも関わらず


横殴りの雨が、隼のフェアリングを濡らしていた。


ここから、300km、気合いを入れて行く。


2リットルのCBR






郡山IC付近は、雨脚が弱まっていた。


2リットルのCBR




その後、福島~栃木の県境で激しい雨にやられる。


合羽を着ていても、襟元から入る水で


あっという間に、全身、水浸しに。


私が浴びるであろう一年分の雨を


この数分で消化してしまったくらいに。


ブーツの中も大洪水。


歩くたびに、「スイッチョン♪」という音がする(笑)




往路は3時間足らずでしたが


復路は3時間半掛かりました(休憩なしです)


それでも、豪雨の中


すれ違う、東北道”下り線”の大渋滞を横目に


「”上り”で良かった・・・」と、心から安堵し帰宅しました。



磐梯3ルート、また走りたいと思います。




総合計距離820km

2リットルのCBR




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

きょうは生憎のお天気。


朝からどんよりと雲が立ち込め、時折パラパラ・・・。


テンションが上がらず、一日、部屋で本を読んで過ごしました。


まぁ、それはそれで有意義な休みとなりました。


明日は、帰宅ですが、お天気はどうなるのでしょう???


きっと、昨日が二日分、いや、三日分だったのでしょう。


そう思うことにして、今夜も部屋呑み後に爆睡の予定です^^



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

磐梯3ルートを走破しました。


※クリックで大きくなります
2リットルのCBR





下道は面倒なので福島西ICまで、高速でビューン!

2リットルのCBR






一つ目のスカイラインが目前です!


2リットルのCBR






このとき、下界は夏日でした。

2リットルのCBR





スカイラインを登って10分ほど行くと・・・


いきなり雪の洗礼(汗)


2リットルのCBR





気温は一気に10℃もダウン。


2リットルのCBR








それでも日の当たるところでは、青空と雪のコントラストが綺麗。


クネクネも超楽しい。


でも、ところどころ、バンピーが。


地震の影響かな、以前来た時はもっとフラットだったような。


2リットルのCBR







浄土平に到着。


2年前  にアイスマンに連れてきてもらった以来です。


懐かしいなぁ。。。。


2リットルのCBR




今回は、吾妻小富士のプチ登山はパス(笑)


2リットルのCBR






浄土平名物の「揚げ饅頭(餅入り)」


腹が減っていたのもあって超ウマイ^^ 100円です。


2リットルのCBR




売店でお土産を買って、バイクに戻ると・・・


あまりに寒くて、ウィンドブレーカーを着込みました。


五月だと言うのに。。。


2リットルのCBR




さぁ、お次は二つ目、「レークライン」


秋元湖、小野川湖、桧原湖の3つを眺めながら走れます。


また、適度にクネクネがあって楽しいのですが


センター割ってくるクルマや、


コーナー途中でクルマを停めて写真を撮っている


馬鹿ップルが多く、ストレス抱えながら走りました(残念)

2リットルのCBR







レークラインの終点の先にある


「磐梯山噴火記念館」


1888年の磐梯山大噴火の様子が動画で見られるとあって


楽しみにやってきました。


2リットルのCBR

感想は・・・


う~ん、といったところ。


活気がないというか・・・。


まぁ、記念館に活気を求めても・・・ですが。


世界初の地震計が一番、萌えました。


龍の口が咥えた玉が揺れを感知すると


下に居る蛙がクチで受け止める。


発想というか、よくできてました。





3つ目は「ゴールドライン」


これで3名道、制覇です。


これだけ走って無料はお得です。


しかも、平日なので割と空いてました。

2リットルのCBR




会津若松まで、目と鼻の距離なので


白虎隊に触れていきます。


相棒と一緒に行った、中3の修学旅行を思い出します。


記念館と史学館をハシゴして、福島でお金を遣います^^


2リットルのCBR






この洞窟は、あの白虎隊20士が


お城の安否を確かめようと、飯盛山に帰ってきたときに


通過したものだと書いてあります。


長さ150メートルのこの洞窟を通って・・・


悠久の歴史に思いを馳せます。

2リットルのCBR






さざえ堂です。


内部には、二重のらせん斜路が続き、


右回りに上る斜路と、左回りに下りる斜路が別々に存在します。


入口から、他者とすれ違うことなく、出ることができる不思議な建物。




2リットルのCBR





白虎隊、十九士のお墓です。


2リットルのCBR





そしてここが、白虎隊士自刃の地です。


像が眺めている方向が鶴ヶ城(若松城)です。


2リットルのCBR







士の目線の先に鶴ヶ城が・・・見える?


2リットルのCBR





士が望んでいた、鶴ヶ城へ。


飯盛山から5キロくらいです。


2リットルのCBR








一通り、見て回ったので


本場・喜多方ラーメンを食べて帰ります。


美味しい~!


2リットルのCBR


モチモチで相当うまかったので


相棒にも食べさせて上げたいと思い、


お土産を買いました。(お楽しみに)


2リットルのCBR






本日は、225km


クネクネだらけの道だったので、おなか一杯です♪


2リットルのCBR




ひとつ懸案が・・・


明日の福島の天気が。


どーしましょう(汗)

2リットルのCBR


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

10数年ぶりにGW休みが取れたので


一人旅に出ました。


行き先は世界で一番の 認知県(だと思う)。


※クリックで大きくなります
2リットルのCBR




目的は、今、無料の


磐梯3ルート(スカイライン・ゴールドライン・レークライン)走破。


そして、最近、読んだ東野圭吾の


「天空の蜂」に感化され


原発の近くの市町村でお金を遣いたいと思いました。




深夜割引を使って行こうと思ったら、今日も旗日だと気付く。


従って、のんびり 13時過ぎに家を出ました。


2リットルのCBR








東関道→首都高 まったく渋滞なし。


スカイツリーも綺麗に見えました(小せぇ(笑))


2リットルのCBR


結局、東北道も流れていて


3時間足らずで、郡山市内へ。


千葉から300km無いんだな。


2リットルのCBR

道中、観光バスをたくさん見かけた。


思わず、追い抜きざまに


運転手がちゃんと運転してるか、見てしまいました。


いま、ホテルの部屋でニュースを見ていますが


亡くなった方のご冥福をお祈り申し上げます。









ホテルのPに無事駐車完了。


2リットルのCBR







部屋からはたくさんの鯉のぼりが見えます。

2リットルのCBR



3泊お世話になる部屋です。


2リットルのCBR


ツーリングの際の連泊の利点は


ずばり、荷物を置いて行ける、


これに限ります。


部屋にTOPボックスなどを置いて


タンクバッグひとつで、身軽に走り回れます^^


そして、最終日になったら


お土産などはフロントから宅配便で送ってしまう。


もちろん、シャツや靴下も入れて(笑)


これが旅に出たライダーの基本です。



これからホテル内のレストランでご飯です。


夜はお風呂に入ってから、これをゆっくり読みます。


ここでは、近所の犬の鳴き声に邪魔されず


静かに本が読めます。


2リットルのCBR





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。