2リットルのCBR

2011年にCBR1100XXからGSX1300Rに乗り換えました。


テーマ:

東北ツーリング最終日の朝。


まずは 「おめざ」 から。



「ホイップクリーム オニ盛りプリン」


           ~ファミマ限定 230円

2リットルのCBR


コンビニスイーツ数あれど


これほど ”画期的” なものを俺は知らない。


是非、「オニ盛りティラミス」 の登場を


熱望する。





さて、今日は


最近、ブログに遊びに来て頂いている


アイスマンさんと初めて会うお約束。


時間は午前10時だ。


しかし、文章のやり取りからも


大人な雰囲気の方なので


きっと、時間前にいらっしゃるだろう


と推測し


俺も早めに荷物をまとめ


チェックアウトの準備をしていたところ・・・




キタ! 午前9時37分


彼は ”3倍”のスピード シャアザク


やってきた(笑)





ブラバを発見するアイスマンさん


を部屋から発見!


2リットルのCBR





俺:「どうも、はじめまして!」


ア:「はじめまして!これ飲みます?」


俺:「はい、頂きます!」


2リットルのCBR

何だろう・・・


”スタミナ付けておけヨ”ってこと?


もしや、このあと過酷な試練へ


誘(いざな)おうとしているのか?!(笑)






7泊すべてをルートインで過ごした俺。


ここまでくると


”東北ルートインめぐり”と銘打っても


おかしくないツーリング日記だ(笑)


2リットルのCBR







では、アイスマンさんの先導で


福島を満喫するプチツーに出発します。


2リットルのCBR





正面に見えるのは安達太良山です。


2リットルのCBR





いや~いい道です。


そして、この7日間


ずっと一人で走っていたので


誰かの後を付いて走るのが


こんなに楽だったとは・・・。


感謝です。






道の駅「つちゆ」で軽く休憩。


ライダーが沢山出ています。


2リットルのCBR




そうそう、最近


県外ナンバーのバイクが多いという情報。


やっぱり、この雑誌でも


「磐梯スカイライン」が特集されていました。


2リットルのCBR




道の駅「つちゆ」では


美味しそうな桃が籠に盛られていました。


2リットルのCBR





人だかりが出来ています。


オバちゃんが試食用の桃を剥いてくれました。


2リットルのCBR


桃というと素人な俺は山梨を思い浮かべますが


福島の桃は献上桃だそうで


盆地が糖度を一層高めるとか。







甘くてとても美味しかった。


アイスマンさんにお土産を頂きました。


相棒と美味しく頂きますね。

2リットルのCBR





さぁ、本日のメインエベントでしょう!


日本の道100選にもなった


「磐梯吾妻スカイライン」のはじまりです。


2リットルのCBR





料金は高い・・・


二輪車は軽自動車と同じなので


1150円払います。


なぜ1トン近くあって、最大5人乗りの軽自動車と


二輪が同じ料金を取られるのか・・・


意味がわかりません。


2リットルのCBR





アイスマンさんが料金所のオジさんに抗議?!


いえいえ、世間話かな。


2リットルのCBR



早速の展望コーナーでアイスマンさんが停車。


「写真どうぞ!」って。


俺のブログ用の写真への有難いお心遣いだ。


しかし、


「ぶっちゃけ、どこ撮っても同じですから・・・」


と言う、俺の (心ない(汗)) 発言に


二人で爆笑しながら


次の場所へ向かいました。


2リットルのCBR





ひたすら青空と


気持ちの良いコーナーが迫ります。


2リットルのCBR





続いて、休憩ポイント。


いや、実は休憩ではなく修行に(笑)


「浄土平・吾妻小富士」


2リットルのCBR






吾妻小富士のお釜を見るには


この階段を上らねばなりません。


まぁ、せっかく来たので軽い気持ちで・・・


2リットルのCBR





結構、シンドかった(汗)


お年寄りにはキツイだろうな・・・。


GSとかムルティとかなら


バイクで上がれるとか思ってしまった(爆)


お釜です。


2リットルのCBR




上から駐車場を見下ろすの図。


2リットルのCBR





スカイラインも一望です。


2リットルのCBR





吾妻小富士の向かいの山からは


煙が立ち込めていました。


2リットルのCBR





アイスマンさんの雄姿を望遠撮影。


2リットルのCBR




雲が近いよ♪


2リットルのCBR





と、ここまでは順調


しかし・・・


先頭を走る黄色い軽自動車が


時速20キロくらいで低速走行を開始。


気付けば大名行列が完成。


あきらめて撮影に精を出します(笑)


2リットルのCBR



アイスマンさんの前を行くプリウスは


コーナーのたびにセンターラインを割ります。


2リットルのCBR


俺も ”大名行列” で暇だったので


プリウスの ”極端アウトインアウト走法”を


じっくり観察(笑)


どうやら、サーキット特有の


”道幅を広く使って”


”コーナーでも直線で走るイメージ”


を、一般道でやっちゃってるタイプの


ドライバーのようです(爆)


お願いだから、センター割らずに


あなたに与えられた車線内でやって下さい、


と、言いたいです。





さて、そんなセンター割オヤジを観察していると


スカイラインの美味しいヘアピンは


終了していました(^_^メ)


しかし、下界は暑い、熱い・・・。


体感では35℃以上の猛暑日です。


2リットルのCBR



愛機ブラバの水温もグングン上昇。


ファンも回りっぱなしです。


2リットルのCBR




空きっ腹の限界点が見えてきました。


足早にアイスマンさんの


御用達のラーメン屋へいざ。


2リットルのCBR






須賀川方面を目指します。


2リットルのCBR





幾多の渋滞と猛暑を乗り越え、無事に到着!


と、思ったら・・・まさかの・・・


2リットルのCBR






ガビーン(笑)


2リットルのCBR

笑うしかないアイスマンさん


「吉野家でもいいですよ」 と言いだす俺(笑)


でも、お店のご主人が


わざわざ顔を出してくれたのが救いでしたね。


必ずリベンジしましょうね! >アイスマンさん





では、気持ちを入れ替えて


アイスマンさんが日ごろからちょっと気になっていた?


お店に入る。


支那そば「幸雲」



特製チャーシューワンタン麺をチョイス。


リピートしたいと思うくらい


海老がプリプリで美味しかった。


スープも好みです。


2リットルのCBR




アイスマンさんとのプチツーはここでおしまい。


175km、下道主体のツーにしては、良い距離です。


2リットルのCBR

と、思ったら、俺たちは


これから帰宅しなければならないのだった(笑)


アイスマンさんは約200キロ


俺は約270キロ先の自宅へ。








岩槻ICでアイスマンさんの背中を見送る。


また必ず一緒に走りましょうね。


2リットルのCBR




と、ここでアイスマンさんとは


何故こんなにウマがあったのかの話し。


互いに持っているキャンプ道具に


類似点が多かったのも好印象だったが


なんと、この日、


お会いした瞬間にバイクのタンクに釘付け。


同じだ!


そうなんです、タンクバッグもお揃いなのです!


これには共に笑うしかありませんでした。


合縁奇縁とは言いますが、何かの縁なのでしょうね・・・


おまけに、干支まで一緒(笑) 酉仲間ですね。


2リットルのCBR





午後7時、無事に ”酉の巣” へ帰還。


何のトラブルもなく


よく走ってくれました  @超黒鳥

2リットルのCBR




本日の走行・・・449km


全走行距離・・・2460.4km


2リットルのCBR



思えば、昨夏の四国ツー と距離は同じくらいだ^^




愛機ブラバにお礼を言って風呂に入ると


旨そうなビールがジャンボボダムに入っていた。

2リットルのCBR





8日ぶりに食べる相棒のご飯。


俺の好物、お蕎麦と天ぷらとオクラです。


2リットルのCBR






ビールで一杯やっていると


仙台から送ったクール宅急便が届きました。


なんか、俺の方が先に着いてて変な感じ(笑)


2リットルのCBR

今回の東北ツーは


新婚にもかかわらず7泊8日という


自由きままな一人旅に出してくれた


相棒に何よりも感謝したいと思います。




初日の蔵王エコーラインに始まり


最終日の磐梯スカイラインで終わる。


なんとも、走りっぱなしのツーリングではあったが


俺らしくて良かったかな?と一人顧みる。



来夏は是非、


相棒が一緒に行ける場所を模索しようかな。


そんな次回への展望をしたためて


最終日の幕を閉じることにする。




お疲れ様でした、俺。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回、ルートインを使ってひとつ気付いたこと。


それは、駅前ほど古く、郊外ほど新しい、


ということだ。


もちろん、部屋の内装およびシステムの話です。



たとえば、駅前のホテルほど


テレビはアナログでブラウン管。


また、ユニットバスのサイズも小さい。


一方で、郊外のホテルは


完全地デジ化、テレビも液晶薄型、


そして、ユニットバスも広い。



あと、最大は駐車場の問題。


駅前のホテルは100%が立体パーキング。


つまり、バイクはホテルの敷地内の


”裏手”に追いやられてしまう。


当然、治安も良いとはいえない。


一方で、郊外のホテルでは


十分な数の平置きスペースが用意されているので


気にせずに好きな場所へ停めることが出来る。



以上、駅前と郊外の差異を改めて認識し


次回からの予約の参考にすることにする。




さて、今朝チェックアウトしたのは


もちろん、「郊外」です。


田園風景に癒されました。


2リットルのCBR






一関インター店、文字通り、インターチェンジを下りてすぐ。


立地条件、内装、システム、文句なしでした。


2リットルのCBR




「盛岡(青森)」と書いてある方向に


行きたい衝動を抑え(笑)


「仙台」へ向かいます。


2リットルのCBR





本日は、「日本三景・松島」を目指します。


2リットルのCBR




本日も晴天なり、です。


東北の道はどこもまっすぐで走りやすい。


2リットルのCBR






銘菓 「萩の月」 の看板が至るところにあります。


2リットルのCBR





こういう、”絵入り”の標識って癒されます。


ふらっと寄りたくなるから不思議。


2リットルのCBR







さぁ、やってきました。


日本三景・松島です。


2リットルのCBR






海の目の前まで行ってみます。


2リットルのCBR




松島だけに松ばっかりあります。


2リットルのCBR



残り ”二景” は、宮島(広島)、天橋立(京都)


いつか、バイクで制覇してやります。






お次は、伊達政宗と牛タンを目指します。


2リットルのCBR




今日の仙台は信じられない暑さ・・・


この東北ツーリングの中で一番暑かったかも?!


と、思ったら、ホテルで見たニュースで


仙台は 「36℃の猛暑日」 この夏一番、だそうです。


とんでもない時に上陸したんですね(汗)




まぁ、これも人生ってことで


早速、仙台城(青葉城)の本丸跡に創建された


「宮城縣護國神社」をお参り。


2リットルのCBR


俺と相棒、そして、相棒の家族、自分の家族の健康


そして、二人の仕事がうまくいくこと


最後にロト6が当たること、


を祈願しました(多過ぎ?(笑))





何やら人だかりが・・・


2リットルのCBR





あ! この騎馬像は・・・


2リットルのCBR





ここまで寄って撮影した奴は居ないだろう(笑)


そうです、戦国武将の伊達政宗さまです。


ウィンクしているように見える?!



2リットルのCBR







伊達氏の騎馬像のそばには


仙台城跡の記念碑もあります。


2リットルのCBR







荒城の月の作曲者は滝廉太郎(それは俺も知っている)


しかし、作詞は???


そうです、この仙台生まれの


土井晩翠先生が作詞を担当。


2リットルのCBR


毎正時に荒城の月が横のスピーカーから流れます。


ちょうど15時にココを訪れた俺は


突然鳴り出した荒城の月に


ビビりながらも有り難く拝聴しました。





さぁ、お次は牛タン。


アイスマンさんから色々とご教示頂きましたが


今から移動しては時間がない。。。


と、宮城縣護國神社そばの売店を見ると・・・


ん? 伊達の牛タン???


何やら、美味しそうなニオイまで・・・


2リットルのCBR


辛抱タマらなくなって入店(笑)





俺:「おすすめは?」


店:「極厚芯たん定食でございます」


俺:「じゃ、それ!」


店:「・・・」


俺:「ん???」


店:「すみません、”数量限定” でして本日は・・・」


俺:「(無いなら言うなよ) では、牛タン定食で!」



なんだか、無駄な時間を過ごした気が・・・


しないでもないが


まぁ、極厚芯たん定食は


”数量限定” だということが分かったので


よしとしよう(笑)





今日は何と言っても36℃。


とにかく汗が止まらない。。。


相棒からは


「妻を忘れても、水分、塩分忘れずに」


と言ったかどうかは定かではないが


水分補給は、口を酸っぱくして言われているので


席に着くなり、水を2杯、ガブらちゃん状態(笑)


横の席では、俺よりも”大発汗オヤジ”が


うまそうに生ビールをグビグビビール


悔しいけど、俺は優良ライダー


だから、瑛太のFREEで我慢する。


2リットルのCBR




そうこうしていると、やってきました。


牛タン定食 1470円


テールスープも美味しそうです。


2リットルのCBR




どぉや!


2リットルのCBR




更にアップで(笑)


2リットルのCBR

麦飯は、お代わり自由でしたが


バイクの俺は苦しくなると


”操縦したくなくなる病”が発病するので


2杯に留めておきました。


クルマなら4杯は軽く食べてますね。


あ、肉が足らなくなるから、


「1.5人前定食」 というのを頼みますね。






食べられなかった相棒の分はクール宅急便で。


明日、届くので日曜日に一緒に食べようね。


ちなみに、クールで送ったのは


極厚芯たん肉 であることは言うまでもない(ニヤリ)


2リットルのCBR



店を出ると、クソ暑い中、ご苦労様な


有る意味、”着ぐるみ” の戦国絵巻隊が


観光客の撮影に笑顔で応じていました。


熱中症にならないでね!


シャッターの合図は


ずんだ餅!と予め、決まっているようで(笑)


2リットルのCBR





本日ラストは仙台のとある高層マンション。


今回の東北ツーを計画した時に


是非、手を合わせに行こう、と


一番、最初に予定に組み入れた場所でした。


2リットルのCBR

32階のマンションからなんて痛かっただろうな・・・。


バイク乗りでもあった真純ちゃん。


心からご冥福をお祈り致します。





空が凄いことになってます・・・。


2リットルのCBR




今日はこんなに明るい時間にチェックイン。


郊外なので広々駐車場です。


2リットルのCBR




昨日が1744kmだから引き算して


と、思ったら何だこれ!?!?!?


2リットルのCBR


11.6km???


ん???


トリップメーターぶっ壊れた???


今回のツーで積み上げた距離がぁぁぁぁ・・・




と、実は、これ


知らない人も多いと思いますが


なんと、トリップメーターって(全部がそうかは知らない)


”2000kmでリセット” されるんだって!


知ってた?


俺は知らなかった。


だから、てっきり、ぶっ壊れたかと思って焦りました(汗)




な、ワケで、仕切り直して


昨日が1744kmだから引き算して


2000km+11km=2011km


2011km - 1744km= 267km

2リットルのCBR





部屋からは長閑な風景が臨めます。


つまり、”快適な部屋” ってことです。


2リットルのCBR



今夜は、相棒の父上が好きな


スーパードライです。


思えば、毎晩、飲んでる俺(笑)


2リットルのCBR



ビールで少し腹を膨らませて


ホテル内のレストランへ。


昨晩はカレーつけ麺で、今日はカツカレー(笑)

2リットルのCBR


ついに、丸々1週間のツーリングも


いよいよ、最後の晩となりました。


しかし、眠い目を擦りながら


毎晩のように、生存安否報告書(笑)を付けてきたので


不思議と寂しくありません。


これは、心の中の時間軸というか、カウントダウンというか


それをブログを書くことによって


自分の中に潜在的に刻まれていたんですね。


つまり、常に ”あと○日”みたいなものを意識しながら


走っていた、ということ。


それでも、振り返るとあっという間でしたね。


とはいえ、家に帰るまでがツーリングなので


気を抜くことなく、出かけたまんまの状態で


帰宅することを、最後の目的としたいと思います。



では、これから風呂に入って寝ます。


おやすみなさい。






AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

まず初めに。


相棒からリクエストがあった?


「大型掘立柱建物」の大きさ比較の件。


よい宣材を見つけたのでアップします。


どう?大きさよくわかるでしょう!


2リットルのCBR





では、けさは三沢基地(の近く)からの


リポートです(笑)




画像をご覧ください。


さすが、三沢基地です。


飛び立つ戦闘機が作る


「飛行機雲」が四方に広がっています。


マーべリック? アイスマン?(笑)


2リットルのCBR






お世話になりました。


ルートイン三沢。


2リットルのCBR





基地はホントに近いので


入口までそろっと行ってみよう。


この先からはIDカードがないと入れません。


2リットルのCBR



さて、本日のツーリング計画は


「平泉が世界遺産に


   登録される前に見ておこうツアー」


長いな(笑)


でも、ホント、奥州藤原氏が蓄えた財産は


時の源頼朝ですら嫉妬した(かもしれない)もの。


そんな、中尊寺金色堂や毛越寺、


そして厳美渓、と


コテコテなツアーですが、


この機会にちゃんと勉強しちゃいます。






まず、青森・三沢から


「第二みちのく道路」という高速に乗ります。


そして、八戸自動車道に連結し


無料区間の恩恵に与(あずか)りながら


東北自動車道にアクセス。


そして、平泉前沢ICで下ります。


ここまで約230km。


2リットルのCBR




高速道では


流れを少しだけリードする速度で走りましたが


この炎天下ではタイヤ温度も凄いことに。


リア59℃は過去”最熱”かと思われます。


2リットルのCBR




ICを下りると中尊寺まではあっという間です。


アクセス条件は抜群ですね。


バイク野郎の先客が居ました。


なんだか”斜め止め”のルールが勝手に出来ていたので


俺も倣って奥に行儀よく停めました(笑)


2リットルのCBR





岩手県内は32℃。


2リットルのCBR




まずは、拝観料を支払います。


バイク(クルマも)は手前に停めて少しだけ歩きます。


2リットルのCBR





では、「讃衡蔵(さんこうぞう)」から見て行きましょう!


2リットルのCBR


ここには、国宝・重要文化財3000点以上が


収蔵されています。


奥州・藤原一族の関係などを


年表を参考にしながら頭に入れておくと、


その後の金色堂や毛越寺などでも


役に立ちます。 ※撮影禁止区域ですので注意


そうそう、この 「讃衡蔵(さんこうぞう)」


出口付近で蒔絵や修復方法などを


ビデオで上映しているのですが


個人的にはこれが「ツボ」でした。


思わず、椅子に座って気付けば20分も見てました(笑)






では、メインの金色堂へ入ります。


こちらも、もちろん撮影禁止区域です。


2リットルのCBR

見事な金箔具合でした。


※金色堂は撮影禁止なので画像はありません


しかし、屋根の部分だけは修復の際に


元の部分から金箔の成分を検出できなかった


ということで、そこだけ金箔ではないのがかえって


ポイントとなっているように思います。






おみくじ、なんてやってみました 200円です。


2リットルのCBR






小吉・・・平凡ですな(笑)


”身を守る” なんだ?これは??


仕事か? それとも、バイクの装備か?!


2リットルのCBR



裏には具体的にこんなことが。


2リットルのCBR


旅行・・・確かに出費は多かったが実り多いぞ


方向・・・ビンゴです


争事・・・”勝てないから” (爆)





結局、中尊寺だけで2時間くらい見て回ってました。


写真は100枚くらい撮りました(笑)


さぁ、時間がなくなるので毛越寺へ急ぎます。


厳美渓と方向が一緒(ラッキー♪)


2リットルのCBR






到着~!


バイクってこういうカットが簡単に撮れちゃうから便利。


クルマでこれやると、


流れ停めちゃうから顰蹙(ひんしゅく)です。



2リットルのCBR






拝観料を払って、と。


2リットルのCBR





この「宝物館」で歴史を再度、勉強します。


2リットルのCBR





そして、ちょっと端折って


いきなり、「毛越寺・本堂」です。


2リットルのCBR





そして、毛越寺の自慢といえば


「浄土庭園」


800年前の変わらぬ美しさを今も伝え


”日本最古”の庭園として知られています。


2リットルのCBR





岩手めんこいテレビのクルーがロケ中でした。


千葉絢子さんという地元ではエースの


女子アナが鐘を突くシーンを撮影中。


※オール背後からの写真なので許してね

2リットルのCBR




毛越寺に来たら


この「遣水」は見ないといかん!


2リットルのCBR





ボチボチ、夕日が見えてきたので急ぎますか!


ラストは、厳美渓。


ここは、全長約2キロの渓谷で


国の名勝、天然記念物に指定されています。


2リットルのCBR





厳美渓、到着です!


2リットルのCBR








この橋、クルマ2台が行き交えない狭さ、


ですが


前後からクルマが来る気配がないので


「それ!ブラバ込みの撮影だぁ!」


ってなワケで


橋の欄干によじ登って撮ってます(怖)


※良い子は真似しないように
2リットルのCBR






しかし、幻想的な風景ですなぁ・・・。


時の伊達政宗もこの地を賛美していた、とか。


2リットルのCBR







そして、


厳美渓と言えば、有名な「かっこうだんご」


かっこうの意味は


創業者が鳥の郭公のモノマネが得意とか


諸説あるようですが


一番シンプルなのは、


「団子が滑降する」 でしょうね。


2リットルのCBR





この画像は、お店と渓谷を挟んだ


反対側にある東屋から撮ったものです。


2リットルのCBR

なにやらワイヤーが伸びていますね。


そうなんです、このワイヤの先にあのお店があり


注文した団子やお茶が


この東屋めがけて


スルスルと下りてくるという仕組みなのです。





尚、注文は


この板を備えのハンマーで叩いて知らせます。


2リットルのCBR






せっかくなので俺もやってみようと思うと


こんな札が!


ん?


団子が売り切れた時は


あの店に「黄色い」サインが出るのか?


2リットルのCBR




あ!黄色いフラッグが出ている・・・


残念無念・・・・。


2リットルのCBR




きょうは明るいうちに宿に入ろう!


さすが、駅前とかじゃないので駐車場が広い広い・・・。


2リットルのCBR






昨日が1476kmだから引き算して


1744km - 1476km = 268km


2リットルのCBR






辺りは一面田んぼです。


長閑でいいなぁ。。。


2リットルのCBR





今夜は初めてビジホのレストランを使ってみます。


「カレーつけ麺」なんてものを注文。


なかなか、美味しそう。


2リットルのCBR





と、ここで自分の手を見て異変?に気付く。


何だかアザのようなものが・・・。


2リットルのCBR


実は、これ、グローブの手首部分を


ベルクロで留める隙間なのです。


昨年、四国に行った時も


この「アザ」が消えなくて


ビックリしたのを思い出しました。


相棒曰く


「加齢になると、皮膚の再生にも時間が掛かる」


と(笑)


ウチの相棒はこういうことをズバっとモノ言うので


聞かされた方は落ち込むよりも


頭の中にこのロジックが刷り込まれます(爆)


だから、この現象を体感するたびに


「あぁ、加齢だぁ」って心底思うのです。



あ、今夜の御飯は


”加齢つけ麺”だった(汗)


2リットルのCBR

美味しかったよ~!


でも、麺は温かいままで出して欲しいな @ルートインさん



東北ツー六日目も無事に終了です。


おやすみなさい。







>アイスマンさん


9/3(金)は福島で一泊します。


まだ、ご予定合いますか?


イチオシのラーメン屋・・・(欲)



返信は、画面右側の青いブラバの下に


「メッセージを送る」というアイコンがあるので


詳細なやり取りはそちらで。






AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


昨日の豪雨がうそのよう^^


青森駅前はサラリーマンが忙しそうに歩いていました。


少しだけ優越感を感じながら


ホテルのバイキング朝食を食べました。


2リットルのCBR





駅前のビジホはどこも駐車スペースがありません。


というかココは立体式パーキングなので


なおさらバイクは入れられず、


結局、こんなとこに置かされます(笑)


2リットルのCBR






フロントの人がちょっと訛っていて可愛かった。


それでもゆっくりと標準語を使おうとしているのが伝わって


好感もてました。


さらば、ルートイン青森。


2リットルのCBR





きょうは昨日の雨で行けなかった


今回の東北ツーの目玉でもある


「三内丸山遺跡」を見学します。


2リットルのCBR






青森駅から近いのですぐ到着!


2リットルのCBR




ちゃんと二輪用のパーキングもあります。


お隣は未来の兄貴のバイク?


BMのGSさんです。 カッコイイ!


2リットルのCBR






ついにやってきた。


ちょっと興奮(汗)


今までテレビでは何度も見ていたけど


あのデカイ6本の木のタワーがナマで見られる♪


やっぱ、昨日行かないで正解!


これを傘差して見ても仕方ないから。


2リットルのCBR





花と同色の蝶が


気持ちよさそうにヒラヒラ飛んでました。


2リットルのCBR





順路的にいきなり目に飛び込んできた


復元作業???


2リットルのCBR




なんだか、建物の中にダクトを突っ込んでいる。


そして、辺りはプーンと


サクラチップの燻製のにおい。


2リットルのCBR

思い切って、作業をしている人に聞いた。


すると、この機械で炭を燃やして、


ダクトを通じて建物の中を


燻(いぶ)すんだそうだ。


2リットルのCBR


なぜ、そんなことを?!


縄文人は家の中の炉で火を使ってました。


しかし、それが偶然にも家の中を燻される結果となり


建物のもち(寿命)をよくする作用があるそうな。


縄文人がそれを知ってやっていたかは不明。




ちなみに、このトラックに積んである


巨大な燻製マシーンは栃木の会社の特許だそうで


仕事の手を止めて親切に解説してくれた方も


栃木から来てここで作業をされているそうです。


※許可をもらって撮影しました

2リットルのCBR





燻された建物内は


美味しそうに色が変わります。


2リットルのCBR




小学生らしき一団。


きっと楽しいだろうね・・・


こんな立派な集落を見られて。


2リットルのCBR




お次は、巨大な竪穴住居跡です。


なんと長さ32メートル。


集会所や冬期の共同家屋などの説があるそうです。


2リットルのCBR





そして、”三内丸山遺跡の顔”


と、言えばこちら!


大型掘立柱建物(おおがたほったてばしらたてもの)


2リットルのCBR





高さは約15メートル


2リットルのCBR


そもそもこれは、専門家の中でも


「建物説」と「非建物説」に見解が分かれているそうです。


物見やぐら、灯台、魚の見張り台などなど・・・


目的や用途も解明できておらず


三内丸山遺跡の大きな謎となっているそうな。。。






この広い集落で、おまけに気温31℃の中


皮パンにライダーブーツで歩きまわる俺は


きっと変態なオジちゃんだと思われているんだろうな(爆)


2リットルのCBR




順路的には、外はこの辺がラストになるかな。


2リットルのCBR





この展示室はエアコンが利いてて涼しかった。


2リットルのCBR


が、


関西弁のオバちゃん軍団が


展示物の前で(エアコンの吹き出し口)涼んでいて


とても見づらかった。


皆、足を止めたいのは山々なのに・・・。






リアルタイムで調査中の現場が見られます。


2リットルのCBR



こんな感じでせっせと作業を進めています。


この辺りも冬は大雪が降るので、雪が降る前に


出来るところまで進めたい、と語っていました。


2リットルのCBR




そして、本館に戻り


「さんまるミュージアム」へ。


2リットルのCBR




ここ、綺麗だったなぁ。


高級ジュエリー店の照明みたいで


近未来的な感じ?! 縄文なのに(笑)


2リットルのCBR







縄文ポシェット、というらしい。


この夏の目玉?


2リットルのCBR




縄文服も試着体験できるらしい。


が、俺は汗だくなので申し訳ないので試着しなかった(汗)


2リットルのCBR





ハイキングウォーキングの


Q太郎くんがたくさんいる(笑)


2リットルのCBR





こんな感じで家族で暮らしていたんだね。


2リットルのCBR

三内丸山遺跡、とてもいいです。


是非、一度行ってみて下さい。


そうそう、駐車場、入館料、その他・・・


すべて、無料 です。


ありがとうございます、@青森県





とても興味深く、時間が経つのも忘れましたが


今日のオレには”ケツ”がある。


14時のフェリーに乗らなければ


夕方までに大間崎に着けない。


急げ急げ。


と、言いながら景色が良いとつい撮影タイム(笑)


2リットルのCBR





蟹田港から乗船します。


2リットルのCBR





間に合いました。


13時40分に二輪車から積むので


四輪の前に並んで下さい、と言われました。


2リットルのCBR





ぼちぼち、行くか!


と、思ったところに、埼玉ナンバーのバイク2台。


ん?カップル???


いや、メットを取ると、40歳くらいと思しき夫婦???


2リットルのCBR


奥方が、


「もう遠いよ・・・」 

「やっと着いた・・・」

「フェリーの中で寝るね」


など、文句?タラタラでした(笑)


旦那さんと俺は意思の疎通が出来たのか


”アイコンタクト”で挨拶を交わす。


奥方は売店の前のベンチに倒れこむように


マジで”ガン寝” こいてました(笑)




これが俺とブラバを


津軽半島から下北半島まで乗せてくれる


「かもしか号」です。

2リットルのCBR





いよいよ、乗船です。


予告通り? 一番先頭をキープ!


2リットルのCBR






さっきの ”文句タラ子” の旦那と隣になりました。


2リットルのCBR




離岸します。


2リットルのCBR





二等客室内の様子。


プラス500円で特別室に移れます。


2リットルのCBR





14時きっかりに出港♪


2リットルのCBR





ここからは普通に海の上なので


どこを撮っても同じ(笑)


2リットルのCBR





なので、携帯のGPSで遊んでみます。


すごい、ちゃんと海上の場所を表示しています。

2リットルのCBR






GPS遊びにも飽きたので


甲板に出てみます。


2リットルのCBR





奇跡のショット~~~~!!!


2リットルのCBR
※うそです。船内に貼ってあった写真です(笑)






後ろを振り返っても、すでに蟹田港は見えず。


2リットルのCBR





到着も15時きっかりでした。


2リットルのCBR





脇野沢へ上陸です。


ここから陸を走って


本州最北の地、大間崎を目指します。


2リットルのCBR





あと、71km。 近いじゃん!


2リットルのCBR





と、思ったらオール峠越えです(笑)


2リットルのCBR





ところがこの峠、タマラン・・・


過去に走った峠の3本の指に入るかもしれません。


広さ、曲がり度、最高です!


雲のそばを走ります。


2リットルのCBR





と、思いきや、あまり調子に乗ると


ビショビショのコーナーが突然現れ


水だけにヒヤっとします(爆)


2リットルのCBR




悪さをしていたのは、湧水。


昨日は大雨だったので


いつもより水量が多いのかもしれません。


2リットルのCBR





そんなこんなで大間町に入りました。


2リットルのCBR





そして、ついに到着~!


しかもまだ明るいじゃん!


マグロと腕のオブジェだぁ!!


2リットルのCBR





「ここ本州最北端の地」


この碑が見たくて来ているようなものだ(笑)


2リットルのCBR




例によって、三脚で自画撮りです。


ここは人気が高いので、当然、家族やらカップルやらが


この ”オブジェ待ち” をしています。


2リットルのCBR






皆の刺さるような視線を無視して


セルフ撮影、二枚目です(爆)


2リットルのCBR







98年に出来た、らしい。


2リットルのCBR



石川啄木先生の歌碑です。


2リットルのCBR




撮影に夢中になり、ここで、大切なことを思い出す。


そうだ、


「俺は大間のマグロを喰いに来たんだ!」


時刻は既に17時を回っている・・・。


オブジェの目の前のお土産屋のオバちゃんに聞く。


「う~ん、民宿は泊り客の分しか出さないしね・・・」


「そうだ、オオマンゾクに行ってみれば?高いけど



時間がないので、そこに行く。


幸い、お土産屋の列から歩いて2分くらい。


あった!


なるほど、「大間んぞく」ね!


2リットルのCBR




なになに?


あ、このニュース知ってる!


え?この店の主人が釣ったの???


へぇ~!


途端に親近感倍増(笑)


2リットルのCBR


ここで、さっきのお土産屋のおばちゃんの


言葉を思い出す。


「オオマンゾクに行ってみれば?高いけど」




恐る恐るメニューを見る(笑)


2リットルのCBR


た、たしかに・・・ 安くはない(汗)


でも、旅に出ると金銭感覚なんてあってないようなもの^^






もちろん、「まぐろ丼 3,000円 」 を注文。


ミックス丼も揺れたが、


”ウニとマグロの両立は出来ん”


という俺の強い判断で(爆)






では、食べてみヨーカ堂!


2リットルのCBR


アップで!


2リットルのCBR


更にアップで!


2リットルのCBR


味?


美味いに決まってます。


トロ~っとクチの中で溶けるかと思いきや


以外にしっかりした食感。


でも、よくある筋ばった感触は全くなく


全て ”舌で切れる” と言えば伝わりますか?


柔らかいのに張りがある。


まさに、一番いい時の女性の おぱーい と同じ?!





お水を5杯もお代わりしてエアコンで涼み


ゆっくりと休ませてもらいました。





そうこうしていると


マグロのオブジェに夕日が当たる。


2リットルのCBR


やべぇ!


これから三沢基地そばのホテルまで行くんだ・・・





と、ここでさっき船で一緒だった


”文句タラ子” 夫婦が到着。


こんどは旦那が疲れてた(笑)





そうそう、この最北端のお土産屋さんのおばあちゃん。


とても可愛いおばあちゃんで


俺が千葉から来たと知ると


「ウチの孫も習志野に居るんだよ~」 って。


おばあちゃんからは「カニみその缶詰」を買いましたが


帰る間際、俺のバイクのとこに来て


「これ上げる!」と。


”大間崎の到着証明書”


こういうの好きなんだよなぁ・・・


自分の中にしかない達成感みたいなものを


他人から認められる、ってあまり無いから


こういうの弱いよ、俺は・・・(泣)


嬉しい気遣いでした。


2リットルのCBR





さぁ、140km、オール下道の始まり。


しかも、既に暗いからおっかない・・・。


2リットルのCBR






あと、41km!


2リットルのCBR




20時半に宿へ到着。


今夜は軽自動車用の場所に駐車。


2リットルのCBR





昨日が1219kmだから引き算して


1476km - 1219km = 257km



2リットルのCBR


あすは、岩手を旅します。


おやすみなさい。


いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

午前8時に起床。


チェックアウトまで時間があるので


風呂にでも入って来ます。


2リットルのCBR






風呂から戻ると信じられない光景が。

2リットルのCBR






待っても待っても事態は好転しないので


やむなく出発を決意。


駐車場には俺のバイク一台しか停まってない。


四輪ドライバーにとっての雨は


「あ~あ、雨だぁ・・・」くらいなのでしょうね。



2リットルのCBR





止む気配まったくなし。


っつか、むしろ強まってる。


2リットルのCBR




ホテルの屋根の下にバイクを回し


バッグにもカバーをかける。


2リットルのCBR






本日のメインエベント「岩木スカイライン」は


泣く泣く、見送ることにしました。


憂いても仕方ないのでテキパキと行きます。


まずは弘前城を見学するべく弘前市内へ。


雨足はさらに強まる(笑)


もうどうにでもなれ、といった感じ。


こちらは、弘前藩の初代藩主


津軽為信さん


勉強不足であまり存じ上げません・・・。


観光バスの中からオバちゃん一行が俺をガン見。


雨の中、何してんだろう、ってとこかな。


2リットルのCBR




弘前城の本丸を探して、城のエリアをグルグル回る。


雨で視界も悪く、


”引き” で城とバイクを一緒に撮れるポイントが


どうしても見つからず。


2リットルのCBR

時間が勿体ないので本丸は無視します(笑)





次ぎに向かうは、田舎館村の「田んぼアート」


ニュースなんかで見た人も多いと思う。


ことしのテーマは 「弁慶と牛若丸」


舞台はもちろん、二人が出会った五条大橋です。

2リットルのCBR





この天守閣から田んぼを見下ろします。



2リットルのCBR




まずは、天守閣ではなく


”通りの目線”から田んぼを見てみます。


何やら下に文字が書いてありますが


画はまったくわかりません・・・。


2リットルのCBR





さぁ、天守閣への入り口を抜けると


優しそうなオバちゃんがパンフレットをくれます。


手前には募金箱がありますが


特に何も言わず、笑顔でパンフをくれました。


2リットルのCBR

実は、この田んぼアートを存続させるためには


結構なお金が必要で


以前もこの田んぼアートの下の部分に


JALの広告文字を入れる入れないで大モメし


その様子がニュースになったりもしました。


俺はこういう風情あるネタは大好きなので


いつまでも続いて欲しいと思います。






さぁ、待望の天守閣から見た眺めは・・・


2リットルのCBR

すげ~!


広角レンズが付いている俺のデジカメでも


ヒキきれません。


これは動画で見せるしかないな!




青いタオルのオジさんが


田んぼアートの大きさの比較に一役買ってます(笑)




縦 143メートル

横 104メートル



■微妙な色の違いは?

つがるロマン、紫稲、黄稲、鑑賞用白葉稲、鑑賞用赤葉稲

この5色で色を再現しているそうです。




最後にもう一度。


募金をお願いします。


2リットルのCBR




京都から来たハーレー乗りのオッチャンと


少し話していると


なんだか空が明るくなってきた。


自作の”完全防水型カーナビ”の(笑)


フードを外せるときが来たか?!


2リットルのCBR





それから僅か数分で空はこんなになっちゃいました。


2リットルのCBR






これは行くっきゃねーだろ!


いざ、「岩木スカイライン」へ


って、方角が真反対なんだけど・・・(笑)


ええい、ままよ!


見えた!岩木山


2リットルのCBR






再び、弘前城方面に踵を返す。


弘前城から更に30キロ走ります。


2リットルのCBR





岩木山は目の前です。


迫力あるなぁ~


2リットルのCBR






入口の到着。


では、行ってきます。


2リットルのCBR






ところでこの岩木スカイラインってどんな道?


簡単にいえば、ヘアピンの連打です。


数にして69個のヘアピンが続きます。


それも20~30メートルおきに(爆)


カーナビで見るとこんな感じ。


2リットルのCBR


ドライヤーのカールコードみたいだ(笑)


なんて、笑っている場合じゃなかった。


実はこの道、思ったよりきつい・・・


カーブが三度の飯よりも好きな人なら良いかもしれないが


俺はカーブがデザートよりも好きな程度の人間。


そんなわけで


俺には、”ヘアピン69連打” は


正直もてあまし気味でした。



もし、岩木スカイラインを挑戦したい人は


リアルな体験談を書いておくので


ちゃんと読むように(笑)




まず今日はお天気が悪い。


雨上がりなので3個のうち1個は


コーナーの途中で路面がビシャビシャだったり


8合目の工事のためにダンプカーが多く


その土砂や小石がコーナー途中に撒かれていたり


また、そのダンプが平気でセンターを割って来るから


全然、集中してコーナーを楽しめない。


正しく舗装された道を走りたいならサーキットへ行け!


という理論が頭をよぎりますが


俺はそこまで求めてません。


ただ普通に寒風山みたいに走りたいだけ。


更に、8合目からリフトの営業が中止しているのに


通行料を1000円も取られたのも腑に落ちない。


2リットルのCBR


まぁ、天気がよくて、リフトが動いていることが前提で


ダンプのセンター割り攻撃が無くて、


コーナー途中に小石や砂が無ければ


もう一度走ってもよいかな?


と思える、ヘアピン69連発でした。





69連発を終えて8合目の休憩所にて


2リットルのCBR





リフト休業中。

2リットルのCBR





確かにすぐ上が既に見えない。


2リットルのCBR




帰りは思ったより早かった。


上から数えて20連発目くらいで


青空が広がっていました。


天界と下界ではここまで違うんですね。


2リットルのCBR





次に向かうは、「ねぶたの里」


今年のねぶた祭りは8月上旬に終わりましたが


過去に実際に使った「ねぶた」を


そのまま展示してあるというのです。


なんか、また空が怪しい・・・


2リットルのCBR




やっぱり降ってきた・・・


せっかく、カッパ脱いだのに・・・


2リットルのCBR






雨で思うように速度が出せず


今日のツアーはこれで終わりかな。


「ねぶたの里」という施設にやってきました。


2リットルのCBR





「ねぶた」の語源は


津軽弁で「眠たい」 ことを 「ネプたい」と言うそうで


東北の冬は長く、眠り癖の付いた農民の目を覚まさせ


睡魔を追っ払い、邪霊を流してあげるという行事に発展し


「ねむた流し」と唱え、


それが「ねぷた」や「ねぶた」となったと


言われているそうです。



ちなみに、青森ねた と 弘前ねた の


ぷ の違いですが


長くなるのでこの辺でやめます(笑)






入場料が発生しない無料エリアに居た招き猫ねぶた


これ、可愛いです(笑)


2リットルのCBR







では、おとな630円を払って中に入ります。


2リットルのCBR



ねぶた会館まで、30秒ほど外を歩きます。


が、もう土砂降りのゲリラ豪雨。


傘を差しても全然ダメ(笑)


2リットルのCBR




会館に入ると圧倒されます。


大量のねぶたがライトオンされて


一堂に会しています。


それはもう見事、としか言いようがない。


とりあえず、全作品をマルチ画面にしたので


クリックして大きくして見てくれ!


2リットルのCBR





このねぶた様


なんかナニワ金融道に出てくる


”女性の顔”だよな(笑)


2リットルのCBR




会館の中にはお土産屋もあります。


おもわず、


ねぶたの黒いTシャツを買いそうになった。


2リットルのCBR




ドラえもんねぶたもありました。


中身はこんな風になってるんだね。


2リットルのCBR



そして、ねぶた師が来季の出品を狙っている


予定作品の作りかけ状態。


2リットルのCBR




完成図はこんなイメージらしい。


2リットルのCBR





木枠を作って、針金で細部の動きをまとめて


配線工が無数の電飾の配線をして


紙を張って画を書くとねぶたが完成します。


2リットルのCBR





園内の自販機はすべて「津軽弁」でした。


結構、癒されますよ。


2リットルのCBR




そして、ライダーには有り難い


お土産配送便。



横手の焼きそばに、りんごのシュークリームに


あと、会社用には「ねぶた煎餅」


お茶が好きな相棒には「りんご茶」です。



2リットルのCBR


雨も上がり、青森県庁の前では夕日が見えました。


2リットルのCBR





今日は土砂降りのハプニングに遭い


思うように距離が稼げず、効率の悪いツーでしたが


カッパを着ても走る、


ブーツの中がグチャグチャになっても走る


やっぱり、ライダーは変態のマゾなのだと実感(笑)


あと、スーパーロマンチストで


ハイパーナルシストかな(爆)


そんな自分自身を見直すツーでした。


しかし、岩木山、あれは修行以外の何物でもない。。。



昨日が1058kmだから引き算して


1219km - 1058km = 161km


2リットルのCBR





今夜は 「あおもり駅」 が見える部屋です。


2リットルのCBR




青森名物の「味噌カレー牛乳ラーメン」を食べようと


ネットで調べた店に行くと、なんと閉店・・・。


がっくりしながら、ホテル内のレストランで


食べようとも思ったけど


すぐに部屋で寝転がりたいから


ピザハットを取りました。


ホテルの人に部屋まで持って来させていい?


と聞くと、「全然OKです!」と快諾。


30分後、行儀のよさそうな高校生くん?が


部屋をノック。


本日は朝から雨にやられて水分以外は


何もクチにしていなかったので


カロリー的にはこんなもんでしょ?


と、自己防衛に走る俺であった。


2リットルのCBR


さぁ、明日は


本州最北端の「大間」を目指します。



おやすみなさい。


いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:


ホテルの部屋から見た


抜けるような日本海の空。


東北ツーリング、三日目のスタートです。


2リットルのCBR






秋田・由利本庄でお世話になりました。


2リットルのCBR






”秋田と言えば男鹿半島だ”


と、誰かが言っていた


(ような気がする) 


そして、


今回の旅を後押ししてくれた


「大人のバイク旅」という雑誌でも


男鹿半島の評価はかなり高い。


2リットルのCBR



さえぎるもののない 「空中散歩の道」


なんてネーミングだよ・・・ ヨダレが(笑)


2リットルのCBR




国道7号線を北上中。


数メートル左の崖下は日本海です。


2リットルのCBR



日本海を眺めながら


ずっと走っていてもいいのですが


今日は時間がない・・・。


そんなワケで、


今日も高速無料区間を使って


グングン北上していきます。




昭和 男鹿半島 ICに到着。


2リットルのCBR




男鹿半島に入ると


いきなり 巨大な 「なまはげ」 がお出迎え。


2リットルのCBR




ちょっと引くと大きさわかる?


2リットルのCBR






すげー迫力です。


2リットルのCBR





では、


”さえぎるもののない”


「空中散歩の道」 を目指します。


2リットルのCBR





ちょっと上っただけでこの景色。


2リットルのCBR




天気の良さもマッチして


まさに天空に向かって上がる上がる。


2リットルのCBR





寒風山の展望台の一つ手前に


「妻恋峠」という看板がありました。


今回、一人旅に出してくれた妻に感謝。


2リットルのCBR




さぁ、頂上に到着。


2リットルのCBR




ここにバイクを止めて


上に見える展望台まで歩きます。


2リットルのCBR





展望台から下を見下ろした画です。


いい運動になりました(笑)


2リットルのCBR






昨日、食べられなかった


「稲庭うどん」 にチャレンジします。


2リットルのCBR







寒風山展望レストランはガラガラ^^


客は俺一人(笑)


まぁ、平日だからね。


2リットルのCBR






稲庭うどん、美味しかったです。


でも、新橋のよく行く稲庭うどん屋の方が


コシがあって、俺は好みです。


とまぁ、うどんは普通だったのですが


ダークホースはエビの天ぷら。


これは美味しかったなぁ。。。


なんか、下味がしっかり付いている感じで。


2リットルのCBR





お店の外に居た 「ナマハゲ君」


なんか、可愛かったので。


2リットルのCBR




腹が一杯になると、昼寝がしたくなる。


駐車場の脇は原っぱになっていて


子供時代を思い出し横になってみた。


睡魔に襲われ20分だけプチ寝。


すると上空には、パラグライダーが。


結構、近いのでビックリ。


2リットルのCBR





なんと、俺の近くに下りてきた。


2リットルのCBR





気持ち良さそうだなぁ・・・。


まさに空中散歩とはこのこと。


2リットルのCBR






奥には八郎潟が見える。


八郎潟は、琵琶湖に次いで


日本第二位の湖 (だった)


その後、干拓が進み、日本第二位の湖は


「茨城・霞ヶ浦」になったとさ。


2リットルのCBR





もう、どこで撮っても誰が撮っても


ちゃんと画になるから止められん(笑)


フィルムだったら大変だ・・・デジカメの恩恵だね。


2リットルのCBR





さぁ、お次は、こちらも有名な「ゴジラ岩」


ホントは夕日の時間に行くのが”通”らしいけど


あいにく、時間が無いので見学だけ。


2リットルのCBR






解説付きの看板は有り難い。


2リットルのCBR





見つけました!


上の看板と比べるとわかりやすいよ。


2リットルのCBR






男鹿半島内はどこに行っても、


巨大ナマハゲが楽しませてくれる。


お礼に足元の賽銭箱にお金を入れました。


2リットルのCBR






海水の透明度は割と高い。


2リットルのCBR





お次は 「入道崎」 です。


シマシマの灯台があるんだって。


2リットルのCBR




県道59号は最高の海岸線です。


アップダウンありのクネクネ道ですが


あんま調子に乗って飛ばすと


(マジで) 海に落ちそうなスリルがあり


一度で二度美味しい道です。


2リットルのCBR


寒風山に寄ったあとは、


是非、こちらの県道59号の海岸線をお勧めします。


距離的には北側の県道55号を走った方が近いけど


絶対、県道59号の方がよいです。


帰りに、県道55号を使いましたがツマランかった。






着きました。ありました。シマシマ灯台。


2リットルのCBR





観光バスも入ってきて、定番ルートみたいだね。


こちらも原っぱで昼寝がしたくなった(笑)


2リットルのCBR





ナマハゲの男鹿半島は暑いです。


2リットルのCBR



こちらがツマラン県道55号が終わって


やっと ”それらしい” 道が開けた。


2リットルのCBR





お次は、


「日本一低い山」を登山します(笑)


なんと、3776(ミリ)メートル。


つまり、約3.7メートルってことですな。


ライダーが立ち寄る定番となっている(らしい)


2リットルのCBR





一応、3.7メートルの頂上からの画(笑)


2リットルのCBR






元日本2位の湖 「八郎潟」を埋め立てて


出来た村が 「大潟村」 です。



2リットルのCBR




しっかし、今日は忙しい (汗)


早くしないと暗くなっちゃうぜ・・・。


2リットルのCBR




スラムダンクの「ヤマオー」こと


山王高校のモデルとなったのは


言うまでもない古豪・能代工業高校。


今から25年前、俺がまだバスケット少年だった頃から


有名なバスケット高校である。


2リットルのCBR




日本人初のNBAプレーヤー


田臥勇太もこの高校の出身。


体育館に選手の姿はなかった(残念)


2リットルのCBR





さぁ、本日のツーリングも大詰め。


残す箇所は3か所 (まだそんなあるのか(笑))


まず、「十二湖」の「青池」を見る。


2リットルのCBR







時間がないというのに寄り道。


こちら、五能線のとある無人駅(みんな無人?)


誰もいないので勝手に線路に降りちゃいました。


2リットルのCBR


バイクに乗れない人はこの五能線に乗って


日本海を堪能する? (らしい)


「リゾートしらかみ」 とか、俺でも聞いたことある。





さぁ、やってきました


「十二湖」です。


と、言っても目指すのは皆 「青池」


駐車場にバイクを止めて、


俺の足で5分歩きます。


女性だと8~10分掛かるかな?


2リットルのCBR




時間が遅かったので太陽光が足りません。


きっと、晴れた昼間に見るともっと綺麗だと思います。


それでも、


青色のインクを流しこんだような湖は神秘的でした。


水中の枯れたブナの木が横たわっているのも


自然ならではですね。


天気が良い日に行った人は、是非、水中もよく見て下さい。


2リットルのCBR






さぁ、日没直前・・・


「千畳敷」 に間に合わない~


と、思ったら前を行くクルマが急にウィンカーを出して左折。


”なんかある” と直感した俺は付いていく(笑)


まぁ、この「行き当たりバッタリ感」が


一人旅の良いとこなのですが。


いや、俺の嗅覚は間違っていなかった。


じゃじゃ~ん、不老不死温泉。


黄金崎の不老不死温泉って言えば


俺でも知ってます。


2リットルのCBR




これが日本海を見ながらの露天風呂。


2リットルのCBR






開放感抜群だねぇ。


いつか相棒とのんびりクルマで行くか(笑)



2リットルのCBR






ふぅ~間に合った。 @千畳敷


背後には、千畳敷駅を発つ五能線の列車が。


2リットルのCBR


と、ここでハプニングが。


津軽弁のオバちゃんにナンパされ(笑)


立ち話をすること数分・・・


あれ、辺りが暗いぞ・・・(爆)


2リットルのCBR






黄金色に輝く千畳敷とブラバを撮影するつもりが


かろうじて沈みかける夕陽を撮るだけで精一杯。


2リットルのCBR

でも、不思議なオバちゃんだった。


だって、やたらブラバのことばかり聞いてくるから(笑)


「このバイク、何キロ出るの?」


「このバイク、いくらするの?」


「このバイク、かっこいいね!」


すべての枕詞が 「このバイク」から始まるのが


小気味いい、変なオバちゃんであった。






ほとんど暮れかかっているのに


「夕日モード」で撮影するとまだ結構いける。


2リットルのCBR


こんな様子をまさに


”暮れなずむ” というのだろう・・・。



暮れ~なずぅむ街の~♪光と影の中


暮れそうでなかなか暮れない様子を


暮れなずむ、というそうです。








さぁ、本日のメインエベント?


いや、「わさお君」は月曜日は定休日、だと


HPに書かれているので、


居ないことは分かっている。


でも、千畳敷から鰺ヶ沢までは近いので


一応、寄ってみることに。


イカ焼きの菊谷商店。


2リットルのCBR




ストレートな看板だ(笑)


2リットルのCBR





柵までは自由に近づいてイイらしいので


留守のわさお小屋を激写(笑)


2リットルのCBR






はぁ、今日は忙しかったなぁ・・・。


寒風山では結構歩いたし、


ゴジラ岩では足元が悪い岩場を


ライダーブーツでテクテク。


お昼に食べた稲庭うどん以来、


ローソンのシュークリームしか食べてない。


今夜はすき屋で食べよう♪


2リットルのCBR

炭焼き地鶏丼に味噌汁単品を注文したら、


「おしんこセットでも同じ値段ですよ」


と、弘前の女子高生バイト?が教えてくれた。


黙ってて、味噌汁の単品を喰わせたって


俺にはバレないのに・・・なんてイイ娘だ(笑)


もちろん、その娘の器量もよかったことは言うまでもない。


”美人は生きているだけで儲けモノ”


相棒がよくツィートする「座右の銘」です(爆)




今夜もクルマのPに停められました。


2リットルのCBR





昨日が681kmだから引き算して


1058km - 681km = 377km



2リットルのCBR






今夜の隠れ家を公開(笑)


LAN完備、温泉完備


いつもお世話になります。


2リットルのCBR





割と都会?な青森の夜。


2リットルのCBR



明日は、”晴れ男伝説”が


崩壊するかもしれません。


すでに青森県内のお天気ニュースでは


「にわか雨」だの「ところにより」だの


聞きたくない気象用語が飛び交っています。


困ったなぁ・・・


実は明日もメインなプログラムを組んでたのに。。。


まぁ、天気と勝負は時の運って言いますから


雨が降ったら部屋でテレビ見てグータラします。






いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:



きょうも晴天 太陽


2リットルのCBR




朝食付きのパックだったのですが


見事、寝坊して(笑) 朝食はコレだけ


2リットルのCBR






大浴場の向かい側の部屋は快適でした♪


おかげで2回も風呂に入りました。


お世話になりました。 @ルートイン山形


2リットルのCBR




山形駅から歩いて3分の公園では


2リットルのCBR






24時間テレビのスタッフたちが


準備に追われていました。


2リットルのCBR




最近、城に興味が出てきた。


ので、せっかくなので山形城を見学。


2リットルのCBR




現在の山形城は、このお方の代で


ほぼ完成したと言われているそうです。


2リットルのCBR





お!


修ちゃんラーメンだ(笑)


きっとオーナーの名前は・・・


2リットルのCBR






月山の夏スキー行ってみたいなぁ。


寒河江ちゃんを思い出す。。。


さて、向かうは 「白鳥十郎そば」


2リットルのCBR





アイスマンさんご推薦の蕎麦を食べねば・・・


2リットルのCBR






店内は他の方のブログ通り、やや薄暗い?


でも、外が暑いので薄暗い方が俺は涼しくて好き。


24時間テレビに食い入っているのは多分オーナー。


とても感じのいいオジ(い)さんでした。


2リットルのCBR



注文したのは「辛味おろし肉そば(冷)」


2リットルのCBR

とにかく、夏には最高ですね。


つゆは薄く見えてしっかり出汁が出てるし


蕎麦は俺が好きなゴリゴリ田舎蕎麦。


鶏肉も食べやすいし、


何より、頭をぶん殴られたような(大げさ?)


辛味の大根おろしが俺は好きですねぇ~!






お店の雰囲気に賛否両論あるようですが


俺は好きです。


きっと、文句を書いている人は


お上品な方なのでしょう。


そういう人は


「料亭」のような御蕎麦屋さんで食べて下さい。


山形に来る時はまた来ます。


「アイスコーヒーも無料だから自由に飲んでね」


と、奇抜な格好のオーナーから声を掛けて頂き


俺はすっかりこの店のファンです(笑)


2リットルのCBR




腹を満たしたら、お次は 「モックン」


ひたすら直線です。


北海道みたい(行ったことないけど(笑))


2リットルのCBR





山形自動車道は、民主党の掲げる


高速道路無料化実験区間なので


これを利用しない手はない。


無料な上に快適な道路。 有り難い。


2リットルのCBR




きょうは暑いです。


山形でもこの温度。


2リットルのCBR





さぁ、ピッチを上げて行こう♪


最上川を並走します。


2リットルのCBR




秋田では風車をたくさん見ました。


2リットルのCBR



山形・庄内地区と言えばやっぱこれだね。


相棒と映画を 見たとき から


いつか訪れてみたいと思っていた。


2リットルのCBR





一応、定番カットをば。


三脚でタイマーセットして・・・


バックは鳥海山です。

2リットルのCBR




一応、アップも(*^_^*)


チェロなんて弾いたことないので


気付けば、ただのギター弾き?(爆)


2リットルのCBR



これ実は・・・


橋のそばには数人の家族が居て


”椅子待ち”をしているんです。


だから、タイマーを使って


しかも、2回も撮り直している俺は


相当、痛い(爆)


ナル? いや、変なオヤジ?


まぁ、旅の恥は掻き捨て!


とも言うので許してくれ(笑)





んで、


椅子の下はちゃんと固定されていました。


2リットルのCBR


誰も居ないからと


持って帰るDQNが居るかもしれないからね。


あ、カリモクのステッカーが貼ってあった(笑)


ホントにカリモクの椅子なのか???


最近、相棒に教えてもらったメーカーなので


ちょっとタイムリーでした。 






そうそう、月光川の橋は


こんな馬鹿デカい石が入口にありますが


2リットルのCBR


ライダーはスリスリ出来るから


そばまで行けます^^


クルマは近くの駐車場に止めてね。




では、最後にモックンの目線で。


2リットルのCBR





と、パシャパシャ撮ってたら


観光バスが来た・・・


あぁ、俺って何て間がイイ男なのだろう。。。


写真も存分に撮ったので


観光客を尻目に鳥海山を目指すことにしよう。


2リットルのCBR




遊佐の町はすっかり運動会のシーズン。


通過した3つの中学校は


いずれも運動会 真っ盛りでした。


組体操、懐かしい・・・。


2リットルのCBR







くぁ~


鳥海山が見えてきた。



2リットルのCBR






思えば今回のツーリングの原点はこれ。


2リットルのCBR

そう、


”鳥海ブルーラインを走りたい”


ここから東北一周ツーリングの企画は生まれた。






その鳥海ブルーラインがすぐそこまで。


ワクワク度はフルブーストだ♪



2リットルのCBR




こんな美味しそうなコーナーが


各所でパックリと口をあけている。


自制心が無ければ走るのはやめた方がよい(笑)


2リットルのCBR





鉾立からの景色。


2リットルのCBR






ひたすら美味しそうなコーナーの連打。


タイヤの端っこが楽しみだ。


2リットルのCBR




我を忘れていると、秋田県に入っていた(笑)


2リットルのCBR




鳥海ブルーラインを降りると


象潟の道の駅を目指す。


ちょっと早いけど晩飯だ。


もちろん、「稲庭うどん」を食べます♪






と、ここでハプニングが。


なんと、象潟(きさかた、と読みます)の


道の駅・ 「ねむの丘」 では


稲庭うどんは茹でるのに時間が掛かるため


最近、メニューから外したとのコメントが。。。


んな、殺生な・・・。


でも、そんな経緯を申し訳なさそうに


一生懸命説明してくれた


レストランの支配人に心打たれ


道の駅内の 「眺海」 というレストランで


晩飯を食べることになりました。


海鮮丼+ふのり蕎麦、という楽しみ二倍なメニューに喰いつく。


2リットルのCBR


蕎麦はちゃんとコシがあって


海鮮丼も新鮮な刺身だらけで


それなりに美味しかったです。





ホテルまであと5キロのところで


酒を買うためにコンビニ休憩を。


ついでに、タイヤチェック。


う~ん、端っこ5ミリは”大人の余裕”と言うけれど


ホントは全部使い切っていると思って操縦していたので


ちょっと凹み気味な俺(笑)


2リットルのCBR





の~ぞ の~ぞ のぞみぃ~♪


は、この秋田米であんな美人に育ったのか?!


2リットルのCBR





昨日の距離は、459kmだから


引き算して、681km- 459km = 222km


2リットルのCBR





今日は4輪用のパーキングに停められました。


早いチェックインだったので端っこキープです♪


2リットルのCBR





今夜の部屋は6階です。


画像の左端の先はもう日本海です。


2リットルのCBR






”ケンジ” がゴールしました。


2リットルのCBR


もちろん、


このツーリングに


行かせてくれた


相棒です^^




”ありがとう”


って


”すみません”


に、置き換えてはいけない言葉ですね。




さて、明日は


ちょっと忙しいです。


なまはげで有名な男鹿半島を走って


バスケで有名な能代工業バスケを見て


ブサかわで一躍アイドルになった「わさお」に


会ってこようと思います。



では、おやすみなさい。



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:



爆睡に次ぐ爆睡・・・


出発は午前10時(笑)


この緩さが独り旅の良さか?!


でも、暑い・・・


                   撮影:相棒
2リットルのCBR






埼玉を通過したのは午前11時過ぎ。


気温は36℃・・・


2リットルのCBR






タイヤ温度もグングン・・・


2リットルのCBR





12時41分 上河内SA


ハーレー乗りのアンちゃんと少ししゃべった。


2リットルのCBR


「猪苗代で友人と合流するんすけど


         よかったら一緒にどーすか?」



丁重に有り難く断って先に進みます。





那須から先はガーラガラ。。。


こういう状況になると


リッターバイクに乗ってて良かったと


心から思います。


常軌をちょっとだけ逸脱した速度で


足早に猪苗代、安達太良山とパスします。


そして、14時20分


家を出て4時間ちょっとで宮城県白石市に入る。


2リットルのCBR





蔵王エコーラインを目指す


と、目の前には俺が欲しい 「Z4」 が!!!


2リットルのCBR





蔵王の「お釜」は歩くのでパ~ス(笑)


2リットルのCBR




エコーラインのクネクネをひたすら堪能♪


2リットルのCBR




蔵王の気温は29℃


数字以上に体感温度が涼しく快適。


相棒なら 「少し寒い・・・」 とか言うかも(笑)



2リットルのCBR





美味しそうな、蔵王の雲。


2リットルのCBR




16時20分 蔵王ペンション村に到着


今夜の宿はここではありません


が・・・

 

2リットルのCBR






ここは相棒との思い出のペンションなのです。


2002年?あれ、2003年?あれ??


とにかく相棒のモビちゃんが納車した時に


二人でスノボーに行って止まったペンションが


この「木もれ陽」なのです。


ペンションがちゃんと存るってことは


オーナー夫婦が真面目に積み上げた


時間の歴史ってことですね。


安心した。またいつか来よう。


2リットルのCBR






蔵王はすっかり秋の様相です。


36℃の都心から・・・27℃は


さすがに俺でも肌寒い。


2リットルのCBR




山形の墨で描いたような?空。


2リットルのCBR




ここも思い出の大鳥居。


まだあったよ!


2リットルのCBR





山形市内のホテルにチェックイン。


駐車場が狭い場合は


ホテルの裏側のこんなスペースに


停めさせられることが多いです(笑)


でも、ほとんど貸し切り状態なのでいいかも。


2リットルのCBR






本日の走行 : 459.3 km


2リットルのCBR





部屋は数カ月前に予約しておいたので


最上階の大浴場そば(ラッキー♪)


2リットルのCBR



「よぐ、ござったなっす」


山形県の形は


「男の人の横顔」と言われているそうです。


2リットルのCBR


イタリアの”長靴”


千葉の”チーバ君”


探せば色々あるんだね。


そういや、チーバ君って
2リットルのCBR


耳は銚子、

黒い鼻は野田市

舌は浦安市、

足のつま先は館山市

なんだって(笑)


あくまでも”横顔”で見た場合ね。


ちなみに、


JR東日本のSuicaをデザインした人と同じなんだって。





さぁ、「秋味」のビールを1.5リットル買いこみました。


最上階の大浴場で風呂に入ったら


一人グビグビ飲りたいと思います♪


2リットルのCBR





24時間テレビが始まりました。


ケンジぃ、ガンバレ~!


2リットルのCBR


明日は、鳥海山ブルーラインを走って


秋田市内に泊まります。




では、おやすみなさい。




いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。