2リットルのCBR

2011年にCBR1100XXからGSX1300Rに乗り換えました。


テーマ:

■走行距離■


1日目/540キロ


2日目/179キロ


3日目/185キロ


4日目/519キロ


合計/1423 キロ






■ガソリン量・・・85.58 リットル


■平均燃費・・・16.55 リットル/km




▼ガソリン代・・・12,822


▼ホテル代・・・18,900


▼飲食代・・・6,695


▼お土産・・・6,752


▼おみくじ・・・200


▼見学料・・・3,690


▼駐車場 100  


▼高速代/12,610 円  



総支出/61,769



AD
いいね!(0)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

※クリックで大きくなります
2リットルのCBR




なんだかんだで3連泊もした、ルートイン彦根。


3泊もすると、少し情が移ったりするから不思議です。


宅配便などもろもろ、面倒をみて頂きありがとうございました。


2リットルのCBR






最終日ってことで軽く行きます。


秀吉が築城したこの城を見ずには帰れない。


彦根から高速に乗りサク~っと行きます。


2リットルのCBR





天気は今日もすこぶるよろしい。


これで ”雨男”の汚名は返上します(笑)


2リットルのCBR






石垣っていつ見ても凄い。


色んな形のモノをよくきっちりと組んでいけるものだ。


2リットルのCBR



ここでも、浅井三姉妹の博覧会を企画中。


俺も、3姉妹を語れるくらいに詳しくなってきた(笑)


2リットルのCBR




5階の天守からの眺め。


下の公園はサクラが満開になるそうです。


2リットルのCBR




城下を少し散歩します。


この辺りが天守閣の跡。


ちなみに、今、建っている城は


模擬復元されたものです。


2リットルのCBR





初めて城持ちになった秀吉。


なんか、顔が違う。。。


2リットルのCBR


とはいえ、俺たちは教科書や歴史本などで


「これが秀吉の顔」と刷り込まれただけで


本当の顔は知らないのだから諸説あっても仕方ないか。




琵琶湖の湖畔まで出てみる。


水は綺麗だが、結構ゴミが多い。


ここは海じゃないから、


異国から流れてきた、という言い訳はできまい。


2リットルのペットボトルとかもあった。


あんなデカイものを平気で捨てる感覚が分からない。


2リットルのCBR




一方で


長浜城近くのコンビニにはこんな表記が(笑)


一か月分のゴミ回収料金っていくらだろう・・・。


確かに、家庭ごみ(特に車内のごみ)を捨ててる人は多いよね。


2リットルのCBR





夕方の混む前に都内を通過したいので


そろそろ琵琶湖を後にします。


自宅まで486km。


8450円。


でも、ETC割引で約半額で行けます。


2リットルのCBR




途中、富士川SAで給油のみを行い、


まさにノンストップで帰ってきました。


琵琶湖を出たのが午後1時だから、約5時間。


ホントに走りっぱなしでした(汗)


2リットルのCBR




家でのんびり、本日最初のご飯です。


ココ壱カレーに、カキフライ+ソーセージ+ナスをトッピング。


これにサラダをチョイスして、約2000円。


相棒からは、「カレーの値段じゃないね(笑)」とツッコミ。


でも、いいんです。無事に帰ってきたのだから。


2リットルのCBR


以上、3泊4日でしたが


戦国を生き抜いた 「浅井3姉妹」 を


たっぷり感じることができるツーリングでした。


来夏はやっぱ「平清盛」かなぁ。


お!


ってことは「三十三間堂」は平清盛が建てたから先取りか?




AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨晩は、ビールを飲みすぎて昼まで”爆酔”。。。


やってしまった(汗)



一瞬、悪魔の俺が


「京都は明日にすれば?」 と囁くが


明日は、土曜日、しかも3連休の初っ端。



きっと、秋の京都はすごい事(古都だけに)になることが


容易に想像できる。


え~いままよ!


と、13時にホテルを出発。


彦根から京都までは約80km。


時速80km出せば、1時間で着くってことは。。。


時速160kmなら30分(おいおい)


とりあえず出発。


昼下がりの名神高速は流れていていい気持ち。


と、いきなりの渋滞。


ひたすらすり抜ける。


距離にして8kmくらいはすり抜けたところで


渋滞の原因がわかった。


1車線規制。


そりゃ、混むよな。。。


2リットルのCBR






気を取り直して、スロットルを全開!


あっという間に 「京都東IC」に到着。


ロンツーに出ると距離の感覚が麻痺してきて


200kmとかがとても短い距離に感じるから不思議。




さぁ、京都っぽい「通り名」が増えてきました。


2リットルのCBR






高速を走っている間、いろんなことを考えました。


14時に京都に着くとして、どこへ行くか?


時間は限られている。


しかも、勝手知らぬ、京都初心者の俺。

          (修学旅行は東北だったもので)


そうだ、いつか相棒と新幹線で京都へ行こう!


という約束をしていたので


今回は、あえて駅から遠い場所、


つまりバイクのメリットを活かせるところだ!


といえば、


思い浮かぶのは「金閣寺」(端っこのイメージ)


しかも、見た目に一番派手(笑)


何より、金閣寺はその昔、大学生の放火によって


全焼した、というニュース(事実)にも興味があった。


決まりだ!




でも、いきなり金閣寺に行ったのでは勿体無い。


金閣寺を最終地として、


その前にひとつ位は回れるだろう。


清水寺?銀閣寺?八坂神社?仁和寺?二条城?


いろんな景勝地が頭をよぎる。


いや、「三十三間堂」の千手観音と風神・雷神が見たい。


直感でそう思った。



カーナビをチェックすると、やはりある。


「三十三間堂」は、通称で、正式名称は「蓮華王院」 と言います。


2リットルのCBR





早速、やってきました。


駐車場は入り口のすぐそばに二輪コーナーがあります。


係りのおっちゃんが親切に教えてくれます。


尚、ビッグバイクで来る人は少ないようで


チャリとスクーターにまぎれて停めることになる。


一応、蓮華王院見学が条件で40分まで無料と書かれている。


ココはバイクで安心して参拝できる場所のひとつであろう。


2リットルのCBR





参拝券を買うために、小学生の後ろに並ぶ(笑)


2リットルのCBR




大人は600円です。

2リットルのCBR





中尊寺金色堂のように、館内はすべて撮影禁止。


とはいえ、1001体の ”仏像の森” は実に圧巻。


自分の目と脳みそにしっかり焼き付ける。


順路も決まっていて、途中の読み物も分かりやすいので


俺としてはよく理解できた。




こちらが本堂の外観。


パンフレットに写っている角度から撮影してみた。

2リットルのCBR




そうそう、おみくじひいたら「大吉」が出た。


”これより上がない” という意味で


大吉よりは、小吉、中吉が一番よい、


とされる説があるが、ここは素直に喜んでおこう^^

2リットルのCBR






喧騒とした市内から、ちょっと郊外?の金閣寺へ向かう。


鴨川だ。


川好きの相棒のために、信号待ちで撮影。


水が映ってない(笑)


2リットルのCBR





途中、八坂神社の前を通過。


平日なのに凄い人だった。


これが明日だと思うと・・・(今日来てよかった)


2リットルのCBR





京都は道が広いです。


2リットルのCBR


あと、運転が荒いです。


そして、譲ってもハザードが来ません(笑)


3回も道を譲る機会がありましたが


ただの一台もハザードやお礼をしません。


そういう文化・慣習なのでしょうか。




そうそう、初心者ライダーは


バイクで京都はやめたほうが良いかもしれません。


一方通行だらけだし、坂も多いし、とにかく混んでるし。


坂道発進、Uターン、すり抜けなどが


人並みにできるようになってからがよいでしょう。






金閣寺に向かう道すがら、すげーオッチャンに遭遇。


なんと、、、スクーターの足元にラブラドールを乗せてます(笑)


走行中なので手ブレた・・・

2リットルのCBR


このラブちゃん、超かわいくて、


オッチャンの右ももに顎を乗せてるんです。


ただ、尻尾がはみ出て道路に擦ってるのが気になった。


昔の車に付いてたアースみたいに(笑)


オッチャンを信用しているのか、暴れたら落ちることを知っているのか


とにかく、賢いワンコであることは間違いない。


危ない!と思う反面、どこ行くにもオッチャンと一緒。


「星守る犬」を思い出しジーンとなりました。





さぁ、お次は金閣寺です。


正式名称は、鹿苑寺(ろくおんじ)と言います。


尚、よく見るあの金ぴかの建物は


「金閣寺」ではなく「金閣」と言うそうです。


金閣寺は寺院全体を指す通称だということです。


もちろん、ナビにも載ってます。


2リットルのCBR




着いた!


2リットルのCBR





ここも、二輪用駐車場が完備されています。


二輪は100円です。


バイクは、やっぱり俺だけ(笑)


2リットルのCBR





そうそう、ここの二輪用駐車場は若干、奥下がりになってます。


だから、頭から停めちゃうと、出るときに悲惨です。


※水平で撮影してます

2リットルのCBR



とある方のブログに、


「金閣寺のPはご注意!」と書かれていたのを思い出し


俺はちゃんとお尻から停めました。


何気ないことだけど、こういう情報って有難いと思います。




400円の参拝料を払うと、これが参拝券となります。


2リットルのCBR




カップルやら、ジジババがこの石碑の前で記念写真を撮り


”空画”の状態になるまでに随分待ちました(汗)


しかも、俺が空画になるのを待っているのに


撮った写真を石碑の前で延々とチェックする馬鹿ップル。


「次の人、待ってるから横で見ようよ」


この発想が出ない人間はきっと仕事もできないと思う(笑)


2リットルのCBR



そんな馬鹿ップルがふっ飛ぶほどの迫力。


金閣です!


よく、ニュースなどで見る角度で撮ってみました。


2リットルのCBR





水面に、”逆さ金閣”がバッチリ映りこむほど金ぴかでしたよ。


2リットルのCBR



もちろん、屋根の裏側も金ぴか♪


2リットルのCBR






こちらは、順路の途中にあるお土産屋。


金ぴか?と思いきや、ただのライトアップでした(笑)


2リットルのCBR




中学生の集団が、ちょっと飽きた様子で?


中に入るタイミングを図ってました。


2リットルのCBR





出口付近にある売店で 「お抹茶ソフト」を頂く。


なぜか、行楽地に行くと必ず食べてしまう(笑)


ちょっと苦くて、いい感じ♪ (ローラ風に)


2リットルのCBR




相棒には、


「京のきなこだんご」 と


金閣寺限定の 「梅のお茶」を買いました。


お茶漬けにしても美味しいと、


オバちゃんのセールストークに乗って買わされました(爆)


2リットルのCBR






本日ラストは、


京都に行ったら絶対行きたかった


ラグビー名門の 「伏見工業高校」


スクールウォーズを見てラグビーを始めた俺にとっては


まさにバイブル、教科書、取扱説明書です(笑)


ここで、山口監督に平尾や大八木が育てられたんだなぁ・・・と


感慨深く、しばらく門の前に佇む。


そういや、現ジャパンのスクラムハーフの田中もここ出身か。


2リットルのCBR






入り口の警備のオッチャンに会釈して中に入る。


しばらく歩くと、ゴールポストが見えてきた・・・あぁ、感動。


2リットルのCBR


”トンボ”をかけた跡がなかったので


縦100メートルのフィールドを歩かせてもらう。


ここで血反吐を吐くような練習が展開されているんだろうな。


ランパスは何往復やるんだろう(笑)



そして、反対側のゴールポストまで歩くと


信じられない文字が俺の目に飛び込んできた。


2リットルのCBR


スクールウォーズの名文句


「ワンフォーオール・オールフォーワン」


「一人はみんなのために、みんなは一人のために」


思わず泣きそうになった。





15歳の夏のバスケ総体後に来た高校のバスケ推薦入学。


おかげで、受験勉強とは無縁の中3夏休みを過ごし


真っ黒に日に焼けて始まった2学期。


てっきり高校でもバスケをやると思っていた。


しかし、忘れもしない10月の第一週目 


土曜日夜9時、TBS。


スクールウォーズの放送が始まったのだ。


みるみる内にのめりこみ


そういや、ウチの兄貴ってラグビー部だっけ?




当時、自分がやっているバスケットというスポーツに


絶対の自信と、100%の依存を持っていた俺は


兄がやっているラグビーにはまったく興味がなかった。


「泥だらけ」 「痛そう」


そんな印象しかなかった。


洗濯をする母も、


兄と皆のは別々に洗わないといけないから大変だよ。


とよくこぼしていた。


しかし、花園に出場するほどの実力校で


ラグビーをやっていた兄が


なんと千葉県予選の準々決勝で敗退。


まさか、である。





その試合の朝、エナメル製のスポーツバッグに


「背番号 3 」のラグジャーを詰める兄に


「今日は何回戦?」と聞くと


「決勝だけ見に来いよ!あと2つ勝つから」


とだけ言い残し、家を出た。


何となく、気になったのと、特にやることがなかったので


俺は愛車の黄色い自転車で(笑)


天台スポーツセンターを目指す。






朝、兄がバッグに詰めていた


赤と黒の縞々のジャージーがグランドを走っている。


「奥のグランドか・・・」


テクテクと歩いていくと、


突然、3番を着けた赤と黒のジャージーが


インゴールに飛び込んだ。


「兄貴だ!」


この試合、7 対 6で兄の高校は負けてしまう。


当時、ワントライ4点、ワンゴール2点だったものだから


この6点のうちの4点は兄貴が挙げたものだ。


ノーサイドの瞬間、兄のベンチは茫然自失。


それはそうだ、負けるはずのない超格下に1点差で負けたのだ。






俺は、それから食い入るように毎週「スクールウォーズ」を見た。


そして、テレビ東京で放送されていた「ラグビー中継」も


欠かさず見た。


なんと、1万2千人の中から1名に当たる


セプターというメーカーのラグビーボールも当たった。


当選品のボールが届くと、兄からパスを教えてもらった。


俺の頭の中にはバスケットはとっくに置き去りにされていた。


11月も終わるころ、俺は顧問と一緒に


推薦入学の高校へ謝罪に行く。


「ラグビーやるんです!」





12月に入ると、必死に受験勉強を開始した。


親からは、こんな時期に推薦を蹴ったので


公立以外は認めん、と言われていたからだ。


それでも、母は3歳違いの兄がやっと高校を卒業し


あの泥まみれの洗濯から解放されると思ったら


また3年、この洗濯が続くのか・・・と笑いながら


嫌味を言われた。





そして、俺はめでたく春から高校ラガーメンになったのだ。




う~ん、筆が進む(笑)




あの頃から、


ひとつのことに没頭(依存ともいう)する姿勢は


変わってないんだな。


そして、ふたつのことは同時にできない。




旅先で一番のサプライズでした。




本日は、高速ばっかりの184kmです。

2リットルのCBR


明日は、残りの景勝地を回って、夜に帰還します。


やっぱ、旅はいいよね。


人を大胆に、そして繊細にもさせます。



AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ホテルに着くと


「○○さま、お帰りなさいませ」


連泊なので、すっかり馴染みの客になってる(笑)


カードキーをもらうと


「お客様宛てに郵便が届いております」


お!!来たか!!!


※開封して一部、ビリボロに(笑) 郵便屋のせいじゃないよ。

2リットルのCBR




実は、この俺、ヘルニア持ちの癖に


薬を持たずにロンツーに出てしまい


一抹、二抹の不安を抱え。。。




そこで、相棒が出勤で家を出るであろう10分前を狙って


速攻電話。


「どうしたの?」


と、朝のクソ忙しい時間に重ねて、


事故にでも遭ったのか? といった様子。


「実はヘルニアの薬を忘れて・・・」


「あぁ、座薬?!」



なんか、「座薬」 って文字だといいけど


”音”だと激しい響きだよね(爆)




というわけで、相棒の愛情便には


これが入ってました。 ※アルマゲドンじゃないよ(笑)

2リットルのCBR

今日は、プチ山登りもしたし


腰に不安が残るので助かりました。



というわけで、お尻だけに


ちょっと  


締まらない話


でした。

いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

まずは、昨日忘れたGPSデータを貼ってと。


う~ん、滋賀県って結構、近いな。


※クリックで大きくなります
2リットルのCBR





でもって、本日のデータです。


※クリックで大きくなります
2リットルのCBR






目覚めると、雨は上がって遠くの方から晴れてきました。


出かける直前には(2段目写真)半分が青空に!


2リットルのCBR






本日の目的は「賤ヶ岳」


お市が二度目に嫁いだ柴田勝家氏と、秀吉が戦った舞台です。

2リットルのCBR




平日なので道は空いていますが


高速で行っちゃいます!


名神・彦根ICから乗って、北陸道に乗り移り、木之本ICで下ります。


気温は21℃、長袖で丁度いいくらい。


2リットルのCBR




さぁ、それらしい幟旗(のぼりばた)が見えてきました。


2リットルのCBR





さすが、平日です。


誰も居ません(笑) また貸切か♪


2リットルのCBR




ここで、リフト券を買います。


クーポンを持参したので、10%引きです(しっかり者)


2リットルのCBR




さぁ、乗車です。


俺が行くと、リフトが動き出しました(やっぱり、貸切です)


2リットルのCBR


地面の草に何度か足が触れました。


かなり、低空飛行をするので


俺のように足が長い人は(笑) ご注意を。





木立の間から見える太陽が素敵です。


ちょっとひんやりで、スキーのリフトとは違う感覚に満足です。


2リットルのCBR



自画撮りはあまりしない俺ですが、


今日は気分がいいので、ちょっとだけ(爆)


2リットルのCBR




頂上が見えてきました。


ちなみに、最後の柱番号は「19」なので


撮影に精を出したい人は、終点の参考にしてください。


2リットルのCBR




降りるとすぐに右へ行くと、更に二股が。


もちろん、←へ行きます。


っていうか、7.2kmも歩けるか(汗)


2リットルのCBR




ちょっと歩くといきなり 「琵琶湖」が目の前に。


これには感動です。


2リットルのCBR




道中の木に青いテープが。


養生というかメンテの印なのでしょうか。


2リットルのCBR




ここに 「賤ヶ岳の戦い」の戦没者が祀られています。


元々は、各所に点在されていたようですが


有志の働きかけにより、合祀されたとのこと。


2リットルのCBR




40過ぎのオッサンは疲れました(笑)


ライダーブーツだし・・・(ブツブツ)


山頂まであと100メートル!


2リットルのCBR




ババーンと頂上です。


視線をPANすると、町並みと奥琵琶湖が見えます。


2リットルのCBR






7本槍とは、この戦で秀吉方の功名を上げた7人を指します。


槍のみで戦い、素晴らしい働きをしたとか。


2リットルのCBR





反対側には 「余呉湖」が望めます。


琵琶湖に比べると、こじんまり感がありますが


日本最古の羽衣の伝説としても知られています。


2リットルのCBR



と、ここでハプニングが!


平日だから、リフトはガラガラ~♪なんて


浮かれていましたが、


どうやら反対側からも来られるようで(苦笑)


頂上付近は、ジジババに占領されていました。


しかも、ウルサイ。。。


400余年も前の戦国に思いを馳せて・・・


なんていられませんでした。


若い奴らのギャーギャー言う声もイヤだけど


ジジババの、ウワ~、スゴ~イ!という声も耳障りでした。


貸切じゃないんだから、他の観光客の事も考えろ、と言いたい。


2リットルのCBR





せっかくの悠久の歴史に水を差されつつ、下山です(笑)


上りは、木立を眺め、


下りは、見下ろす町並みと空を頂けます。


2リットルのCBR





リフトを下りると、お土産屋があります。


「わさびと抹茶の塩」 という珍しい調味料が売っていたので即買い。


2リットルのCBR



お次は、バイク乗りなら一度はおいで!


という、ちょっとした中速コーナーを味わえる


「奥琵琶湖パークウェイ」を目指します。


2リットルのCBR






そうそう、珍しい信号機を発見。


よく、感応式という信号機がありますが


アレって、ホントに”感知”したの?って思うときありませんか?


この信号機はなんと、感知すると、


「感知中」という文字が出るんです。


特に先頭が自分みたいにバイクだと感知したか怪しくて。


2リットルのCBR





奥琵琶湖パークウェイ、気に入りました。


アスファルトの具合は最高!とは言えませんが


空いているし、何よりいい感じで走れます。


景色はひたすら琵琶湖です(笑)


さすが、滋賀県の 1/6 の面積を占めるだけあります。


ちなみに、滋賀の人は


「琵琶湖」を「うみ」と呼びます。


では、我々が知る「うみ」のことは何という?


正解は 「しおうみ(塩海)」です。(なるほど)


後述する上野樹里ちゃんがインタビューで話してました。


2リットルのCBR



続いて、やってきたのは 「江のドラマ館」


ここもジジババばっかり・・・


2リットルのCBR





観光バスがひっきりなしに入ってきます。


もちろん、ジジババを乗せて。


2リットルのCBR




生憎、館内は写真撮影禁止だったので、画像はありません。


と言いながら、数人のババ共は


デジカメでパシャパシャ撮りまくり(苦笑)


しかも、フラッシュ炊いて(爆)


もう笑うしかなかった。


「フィルムだとこうは何枚も撮れないよね!」って大声で。




中は鬼混みで、狭い場所などは


なんとなく皆で流れで進んで行くのですが


俺の後ろのジジィ(60代とおぼしき)が最悪。


どうやら、水道関係の仕事をしているらしく


「それはさぁ、パッキンを○○して~」とか


「水漏れ止まらない?今さぁ、江の記念館に居るんだよね~」


とか、大声で。


狭い場所の流れを進む道中、ずっとこのジジィは


携帯で水漏れのアドバイスをしていた。


(お前には「水漏れコースケ」という名前を付けてあげよう)



そして、一番見どころの


上野樹里ちゃんが撮影で着ていた着物の辺りに


差し掛かると・・・


横に居た、奥方が 「あんた外でやんなよ!(怒)」と一喝。


すると、


「電話じゃ何だから明日行きますよ」


と、言ってジジィは電話を切った。


最初からそうしろ!


と突っ込みたかったが、ナイス奥方に免じて許す。




江のドラマ館、オオラスは、


12分30秒の特別映像の部屋が迎えてくれる。


上野樹里ちゃんの


「滋賀県(長浜)を訪れた皆様へ」というコメントから始まり


撮影の秘話、メイキング映像などなど


ふんだんに盛り込んであった。


「江」を最初からガッツリ見ている俺には


メイキング映像などは、職業柄、とても参考になった。



でも、「滋賀県を訪れる皆様」って、


これ滋賀県内いろんなとこで使いまわしているな、


と思うのも職業柄か(笑)






館を出てすぐにある像。


2リットルのCBR


指を差しているのが「お市」


お市の前の子供が左から「茶々」 「初」


そして、座っているおチビちゃんが「江」です。


真ん中でどっしり構えているのは、父 「浅井長政」で


その横に立っているのが、


万福丸と言って、浅井家の長男。


でも、お市が嫁ぐ前から居たようなので


お市は継母ということになるが


万福丸の詳細はあまり知られていないらしい。


ちなみに、今回の大河では万福丸の存在を


わざと描かなかったようで、あるサイトでは


史実を捻じ曲げた、など物議を醸しているとか。






昨日、食べ損ねた 「近江牛」をお手軽に頂く。


500円なり。


味付けは、軽く塩を振るだけで肉の味が活きていた。


でも、ツインリンクの「牛串」の方が俺は好き(笑)


あ、こないだ食べ忘れた・・・。

2リットルのCBR





すっかり、「浅井家」モードになったので


本日ラストは、「姉川の戦い」の地を訪れる。


ここで、


織田信長+徳川家康


VS


浅井長政+朝倉義景


が、戦った。


勝者は、織田+徳川。


そして、これが浅井・朝倉両氏の滅亡のきっかけとなる。


戦のあと、この川は


戦死した武士の地で染まったとか。


「血原」 「血川」 など、この付近に今も残る地名の由来は


ここから来ている。


2リットルのCBR




こんな綺麗な川を挟んで、わずか400年前には


血で血を洗う戦いが行われたとは・・・。
2リットルのCBR





余談ですが、今回のツーリングのために新調したナビには、


ちゃんと「姉川古戦場」が出ていました、詳しい説明付きで。


このナビ、すごいよ!


「るるぶ」 の全国版が入っているし


3年間の地図更新が無料だし。


豪雨で壊れたナビには悪いけど、良い買い物しました(前向き)


2リットルのCBR






さて、陽も沈みかけてきたので


高速に乗って、とっとと彦根に戻ります。


ホテルの近くには「彦根城」があります。


こんな時間に「ひこにゃん」は居ないだろうけど(笑)


ちょっと寄ってみた。



2リットルのCBR


どこもかしこも 「江」 でもちきりですな^^





本日は、たったの 178km


でも、プチ山登りをしたのでヘルニアがウズウズしてきた(汗)


2リットルのCBR




本日の戦利品 (完全に戦国かぶれてます(笑))


水まで 「江バージョン」 の物が至る所で売られています。


「江の雫」 って。。。


なんかちょっとエロい、と思うのは俺だけか。


しかも、画が・・・萌えてます(笑)


2リットルのCBR




こちらは、自宅用に買ったお土産たち。


もうバッグには入りきりません(笑)


相棒に食べさせようと奮発して買いました @近江牛缶詰


2リットルのCBR





ホテルのフロントでダンボールを貰ってきました。


そうです!


まとめて宅配便で家に送ってしまいます。


着替えをクッション代わりに詰めて送るのがポイントです。


これで、出かけた時よりも身軽で帰れます^^


昨夏、青森ツーリングで送ったお土産便からヒントを得ました♪


まだまだ入るな(笑)


2リットルのCBR






そうそう、フロントでもらったクロネコの伝票までが


「江バージョン」に(驚)


大河ドラマってすんげー経済効果っつーか


半端ない町興しなんだな、と実感しました。


2リットルのCBR





天気は明日も良いらしい。


あすは古都・京都を訪ねてみようと思います。


2リットルのCBR




いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ETC割引を利かせるために、


午前4時までに用賀を通過する必要があります。


深夜割引は、なんと50%OFFなのです。


時刻は午前3時を回ったところ。


2リットルのCBR


楽勝だろ!


と楽観していたところ、


なんと”3分前”に用賀を通過(汗)


でも、おかげで関ヶ原ICまで、3,350円で行けました^^


土日祝日1000円割引が終わってしまいましたが


まだまだメリットあります、ETC。




足柄PAで休憩です♪

2リットルのCBR








道中、激しい雷雨に襲われながらも無事に関が原へ。


こちらは、石田三成の最後の決戦地、笹尾山。


2リットルのCBR

2リットルのCBR






天下分目の関が原です。


至る所に、1600年の匂いが残ります。


2リットルのCBR


2リットルのCBR





雨が止みそうにないので


リフトに乗っての「江めぐり」は明日に回します。


というわけで、


以前から行ってみたかった 「関が原ウォーランド」へ。


2リットルのCBR


10時開園とのことですが、生憎、9時45分に着いてしまい、


入場券売り場に貼られている


関が原の合戦の資料を読んでいると


オバちゃんが、


「ちょっと早いけど、入る~?」と、関西弁で俺を誘う。


700円を支払って入ると・・・


いきなり、馬がお出迎え。


しかも、眼前には灰皿。


この馬、かなりのヘビースモーカーと見た(笑)


2リットルのCBR



馬の横には、「ねがいごと」を書く木のお札が。


家内と、家内(カミサン)を掛けて 「家内安全」とした(笑)


2リットルのCBR






さて、順路(左回り)を行くと、まずは資料館。


この武具は実際に関が原の合戦で使われたものです。


悠久の歴史に思いを馳せる。


2リットルのCBR





資料館を出ると、突然、非日常な風景が。


2リットルのCBR



敵の首をぶら下げて歩く武士たち。

2リットルのCBR


3万平米の敷地の至る所に、合戦の再現場があります。


これは、徳川陣。


奥に居るのが家康です。

2リットルのCBR





敵の大将の首を前に満足げな家康公。


2リットルのCBR


家康の目にはこんな風に映っています。怖い。。。






こちらは、一対一の勝負。馬乗りです。


2リットルのCBR




三成の懐刀の左近がエライ格好になってます。


2リットルのCBR





奥に歩いていくと、三成が構える笹尾山の陣地があります。


どうしても、萩原聖人とカブってしまう。


2リットルのCBR





関が原で東軍に勝利をもたらした、裏切りの武将。


2リットルのCBR





切腹って、時代劇ではよく見るけど


実際は、なかなか絶命しなかったらしいです。


だから、通常の切腹には介錯人が付く、ということらしい。


ガラシャ様のときも、介錯人が「ご免!」と言って斬ってたっけ。


2リットルのCBR




この角度、決まってますなぁ。


2リットルのCBR





なぜか、とっくに亡くなっている信玄が関が原に乱入(笑)

2リットルのCBR






実際にこんな風景が400年前にあったのか・・・。


2リットルのCBR





順路の最後に、もうひとつの資料館があります。


講演とかやるのかな?


ちなみに、今日の客は俺一人。


じっくり、ゆっくり、のんびり、歩いて見て回ることができました。


2リットルのCBR








子供用?の忍者屋敷もあります。


2リットルのCBR

賛否あるかもしれませんが、


俺は楽しめました @関が原ウォーランド

また、数年経ったら来てみたいと思います。




ウォーランドの目の前にはお土産を買える建物があります。


「なんちゃって浅井3姉妹」だそうです。


コメントは・・・


やっぱ、宮沢りえ、水川あさみ、上野樹里がいいね(笑)


2リットルのCBR






雨はまったく止む気配なし。


カッパ着て結構な距離を歩いたので蒸れ蒸れです。


それでも、”雨の観光地は空いている”


という法則に基づき


本日、もうひとつ回ります。


「天寧寺 五百羅漢」です。


2リットルのCBR








桜田門外の変で有名な井伊直弼の父の過失から


生まれた五百の羅漢像。


2リットルのCBR








同じ顔はひとつとしてありません。


シーンとしたお堂の中は神秘の香りがした。


2リットルのCBR

2リットルのCBR






天気がよければ、向かいの山に彦根城がよく見えるとのこと。


今日はちょっとガスってますが。


赤い字で 「K’s」 が目立ってます(笑)


2リットルのCBR



近江牛とか食べようと思ってたけど


全身ずぶぬれなので、高級店は敷居が高い。


というわけで、京都発祥の 天下一品へ (またかよ(笑))


彦根店はちょっと独特な店構えでした(豪雨で写真撮れず)


2リットルのCBR





くじ引きで、これが当たった(笑)


携帯コップと、ピルケース。


う~ん、微妙。


2リットルのCBR


ホテルへは、ちょっと無理なお願いをして


1時間早く、チェックインさせてもらいました。


嫌な顔ひとつせず、アーリー料金も取らず。


ホント、いいホテルです @ルートイン



さぁ、明日は晴れるかな?!


勝家と秀吉の合戦 「賤ヶ岳の戦い」 を


リフトに乗って見てこようと思います。


あとは、「江のドラマ館」


信長と浅井が戦った 「姉川の古戦場」


「長浜城歴史博物館」


「ひこにゃん」


う~ん、全部回れるのか(笑)


なんにせよ、晴れなきゃ始まらない。


いいね!(0)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。