昨夜のイチロー引退記者会見、1つ1つの質問に対して真剣にその意味を考え、真剣に言葉を選びながら丁寧に答えている姿が印象的でした。
「(ボクの話を)聞いている?」
 4,5回は言ってましたね。何でそんなこを……、と思ったけど、たぶん、記者が必死にメモを取っていたんでしょうね。「俺が真剣に話しているだから、ちゃんと聞けよ」と。
 あんな記者会、見たことがありません。
 記者一人ひとりとその向こうにいる読者と向き合っていた。
 あれの受け答えは中学入試の国語に通じるものがあります。出題者が受験生に何を求め、なんと書いてほしいかを問題から読み取る。そして、書き上げた問題を出題者がどう採点するかを再考する。
「ボク、何かおかしいこと言っている?」
 イチローも、会見中、何度も繰り返していたでしょう。
 さて、そこで、今回はイチローの記者会見に敬意を表して、記述問題をつくりました。出題は、これまで読んだ週刊誌記事の中で5本の指に入る名文。イチローについて書かれた記事の中で一番すばらしい文章です。中学入試に関係ない方も、この名文だけは読んでくださいね。
 
文章をよみ、以下の問に答えてください。
 
第一回WBCで、イチローは侍ジャパンを優勝に導き、日本中を歓喜の渦の中に巻き込んだ。この記事はその直後に書かれたものだ。キャッチボールを通して、イチローがわだかまりを拭い去ろうしているしている姿が見事に描かれている。
ここに登場する倉野さんは、イチローが高校時代、野球部のコーチだった。合宿所で野菜を食べないイチローを叱り、殴りつけたことがった。イチローはそのことをずっと恨み続け、卒業後、この日まで野球部のグランドに寄りつくことがなかった、という。
 
「倉野さん、キャッチボールをやりましょうか」
弓子夫人らが見守る中、二人はベンチの前でキャッチボールを始めた。誰もいない正月の晴れたグランドに、バーンという乾いた音が響いた。
「痛い!手を抜けよ!」
倉野監督が声をあげた。イチローが真顔で速球を投げたのだ。「痛いがや!」。倉野が叫んでも、イチローは手を緩めない。十球、二十球と、真剣な表情で投げ続ける。塁上のランナーを刺す、レーザービームのような速球をイチローは投げ続けた。
顔に当たったら大変だ。
周囲は冷や冷やすると同時に、震えるような思いでいた。イチローが倉野監督との心のしこりを、一球一球ボールに託して投げているかのように見えたからだ。彼はわだかまりを投げている。言葉の代わりにボールを投げている。Aそう見えた。
「週刊文春」(2006年5月11日号) 169  藤吉雅治著<イチロー・ファミリーの秘密「父・母・兄・妻との愛憎23年」>
 
[問題]
文中の「そう見えた」とは、著者にとってそれがどのよう見えたのでしょうか? 文中の言葉を使いながら、35以内でまとめてください。
 
[解答]
倉野監督との心のしこりを一球一球ボールを託して投げているように見えた(34字)
 
 

にほんブログ村 受験ブログ 受験教材へ
にほんブログ村

 

 3月9日土曜、17日日曜日14時から18時(出入り自由)まで、熊野町の神田塾で小学生の体験学習会をやります。中学受験塾通塾者は大歓迎。1年生から参加可能です。すでに始まっているオンライン学習に、月1、2度のスクーリングを組み合わせていきますが、それがどんな内容なるか、体験していただきます。

 スクーリングは、月1、2度、土日のいずれかにやります。広島市、東広島市、呉市など遠隔地からの参加者は大歓迎です。

 新小4の場合だと、5年になるまでに家庭学習集研究社の6年夏レベルの算数を修得することができるようにカリキュラムを組みました。社会と理科はフリータブレットで学習できまし、すでに使っているお子さんはマナビーテストが200番台でも、2週間で成績優良者(修道、女学院合格レベル)に入っています。国語は生徒さんごとに対策を考えます。

 

 低学年は、空間認識の強化を重点的に。3年以上は空間認識に加え、計算と文章問題を加えて行きます。

 遠すぎて、月1のスクーリングも無理という方も歓迎ます。タブレットの使い方、中学受験の情報や学習法についてお話できると思います。ご連絡は、タングラムか、ツイッターやフェイスブックのDM、HP、LINEからお願いします。

 

◎パズルについてはここ

◎たぶおのプリント、タングラムはここ

◎ホームページはここ

◎ツイッターはここ

 

LINE ID  Freetablettabuo

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 受験教材へ
にほんブログ村

 タングラムとは、正方形を三角、正方形、平行四辺形に切り分けたパズルです。本来は7ピースですが、私たちはこのうち2つの大きな三角形(赤と水色)をそれぞれ2つに分割し、9ピースにしたものを使って勉強します。

 このパズルは空間認識能力のトレーニングに最適です。理由のひとつは左右対称であること。大人にとっては何でもないことですが、小学校低学年の子供たちは左右対称を見分けることが苦手です。最初の一歩として左右対称を見分けられるようにする。神田塾の教材には、図形を鏡写しにするプリントもありますが、タングラムはその延長線上にあります。

 タングラムを使って、まず、左右対称を学ぶ。後は、「ひっくり返す」と「同じ長さの辺をひっつける」を繰り返していけば組み立て方がわかる。何度も何度もやって、目を閉じたままでも組み立てられるようなりましょう。

 パズルは一度できたら、それで終わりではありませんよ。百割りと同じように繰り返し、見た瞬間、正解が閃くまでやるんです。(続く)

 

 

◎ツイッターで毎日、発信

 

◎ホームページで詳細