皆さま、おはようございます!

 

都会の駅よりも、大自然の中にある無人駅の方が好きっていう人、

結構多いのではないでしょうか。

自分も好きですが、こんな駅に立っていつも思うのは

「何でこんな場所に駅を造ったんだろう?」ってこと。

こんなことを考えるのも駅巡りの楽しみなんですけどね。

 

大分県日田市の天ケ瀬温泉にも近いこちらもそんな駅でしたよ。

久大本線・杉河内駅

久大本線・杉河内(すぎかわち)駅です!

 

天ケ瀬温泉から球磨川沿いの筑後街道(国道210号線)を抜けて

豊後森方面に向かうと、久大本線の鉄橋が見えてきます。

久大本線・杉河内駅

 

鉄橋のちょっと手前に細くて長いスロープがありまして、

そこを登りきった先に杉河内駅がありました。

久大本線・杉河内駅

久大本線・杉河内駅

 

杉河内駅から国道を俯瞰する。

この位置から見ると、駅が結構高い位置にあるのがわかりますよね。

久大本線・杉河内駅

 

杉河内駅は昭和32年に開業した駅。

こんな山の中にある駅なのに

昭和46年までは駅員が配置されていたって言うんですから驚きですよ。

久大本線・杉河内駅

パッと見、駅員さんがいたスペースは見当たりませんでしたけど…

この駅舎、無人駅化後に改装されたんでしょうかね?

 

ジャンパーが掛けられているこの場所が事務スペースだったのかしら?

ってか、ジャンパーをここに掛けたの、どなたか忘れてません?

久大本線・杉河内駅

 

駅舎の中には「杉河内小学校美術館」の文字が掲げられ

にぎやかな樹木のイラストが描かれてましたけど、

当の杉河内小学校は平成25年度を最後に休校になってしまったようです。

132年の歴史を持つ学校で、輩出された卒業生は1,016名とか。

卒業生にとって杉河内駅は、きっと思い出の地なんでしょうね。

久大本線・杉河内駅

杉河内駅は1日の乗車客数が10人に満たない駅ですけど、

いつまでもこの姿のままで営業を続けてほしいです。

 

駅舎を抜けてホームにイン。

久大本線・杉河内駅

 

杉河内駅は単式ホームが1本あるだけの棒線駅で、

のり面の狭い場所にあるために、ホーム幅はとても細い印象でした。

久大本線・杉河内駅

久大本線・杉河内駅

 

ホームから辺りを見渡しました。

杉河内駅、まさに大自然の中の駅って感じですよね。

久大本線・杉河内駅

 

駅の周辺にあるものと言えば、1軒のホテルと民家が少々だけ。

久大本線・杉河内駅

鉄橋を越えたところには慈恩の滝」があります。

滝の裏側にも入れるために「裏見の滝」とも呼ばれている観光地だそうですが、

これのために出来た駅とも思えませんし…

先ほどの小学校の話ではありませんが、

以前はここに、それなりの規模の集落があったのでしょう。

 

こちらは杉河内駅開業から8年後の、昭和40年に撮影された航空写真。

国道の拡張工事は既に完了しておりますが、

開業直前の昭和32年に撮られた写真にはこれが写っておりませんでしたので、

開業当時の久大本線は、この地の重要なアクセスだったのかもしれませんね。

久大本線・杉河内駅

 

こちらは駅前に立つ建設記念碑です。

記念碑の裏側には地元の議員さんの名が彫られてました。

久大本線・杉河内駅

 

ところでところで…

自分が小学生だった頃は1クラスの人数は40名前後でしたけど、

自分が仕事で関わっている小学校のクラス人数は27名前後ですの。

日本の少子化って、結構深刻なのではと思ったりしてました。

駅巡りをしていると廃校跡もよく見かけますし。

現在休校中の杉河内小学校、復活する日が来ればいいのですが。

 

 

訪問駅リスト(JR線)

久大本線 

↑(久留米駅方面)

久留米高校前駅(平成27年7月28日)

南久留米駅(平成27年7月28日)

久留米大学前駅

御井駅

善導寺駅

筑後草野駅

田主丸駅

筑後吉井駅

うきは駅

筑後大石駅

夜明駅

光岡駅

日田駅

豊後三芳駅

豊後中川駅

天ヶ瀬駅

杉河内駅(平成27年7月28日)

北山田駅(平成27年7月28日)

豊後森駅(平成27年7月29日)

恵良駅(平成27年7月29日)

引治駅

豊後中村駅

野矢駅

由布院駅

南由布駅

湯平駅

庄内駅

天神山駅

小野屋駅

鬼瀬駅

向之原駅

豊後国分駅

賀来駅

南大分駅

古国府駅

↓(大分駅方面)


読者登録してね