化学肥料と農薬に頼らず自然でやさしい美味しさに育つ『炭素循環農法』で野菜を栽培している農家のブログ

2013年7月から近所の耕作放棄地を再生して、農薬や化学肥料は使わない『炭素循環農法』で野菜をつくりはじめました。畑の様子や、無人販売の様子、野菜の作り方などを情報発信して行きます。


テーマ:


べじまにあです、

「私の畑は土というよりも砂なんです」

といわれる方、わりと多いです。

海に近かったり、あと、川に近い人も
います。

今日の話しはそんな、砂の土の改良方法です。

====================
1)赤玉小粒を混ぜる
====================

すぐに乾燥してしまう水もちの
悪い土には、赤玉土の小粒、または
バーミキュライトを1平方メートル
あたり5リットルていど混ぜましょう。

赤玉土やバーミキュライトは
土の内側に水を蓄える性質があるので
水を蓄えられない砂に混ぜることで
畑に水が保たれます。

====================
2)牛ふん堆肥や腐葉土を混ぜる
====================

さらにですが、牛ふん堆肥や腐葉土
などの有機物を混ぜます。

1平方メートルあたり3キロ~4キロ。

====================
3)畝は低め。5~10センチ
====================

水もちが悪い畑は低い畝でいいです。

そしててっぺんがたいらな平畝が
いいでしょう。



以上です。

次回からはこの時期の野菜の
手入れ方法などをお話していきます。

大根とか、ニンジンとか、エンドウとか、
そらまめとか、、ですね。

では今日も最後までおつき合い下さり
ありがとうございました。

べじまにあ。

バーミキュライト 100L 無地袋入

バーミキュライト 100L 無地袋入
価格:2,887円(税込、送料別)

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


べじまにあです。

粘土質の土は雨が降るとグチャグチャ。

乾燥するとガチガチ。

「とてもいい野菜なんてできない!」
と思う方も多いですね。

私も粘土質の畑で家庭菜園を始めたので
粘土質の人の苦労は良くわかります。

クワで土を耕してもゴロゴロした
土になるし、そのゴロゴロを潰すと
べっとっとなる。

こんなじょうたいからいい土になるのか?
と不安になりますよね。

でも大丈夫です。

いい土にする方法があります。

今から話す方法は、

かんたん、
手っ取り早い、
誰にでもできる、

3拍子揃った方法です。

でははじめます。

=====================
1)川砂を混ぜましょう!
=====================

川砂はホームセンターで売っています。

もしなければパーライトでも構いません。

1メートル四方あたり約5リットル
でいいです。

=====================
2)完熟堆肥と腐葉土を混ぜましょう!
=====================

1メートル四方あたり3キロくらい
混ぜます。

「完熟」の堆肥と腐葉土でないと土のなかで
強く発酵して野菜つくりに失敗する
場合があるので、そこだけは注意して下さい。

粒が大きい川砂やパーライトを粘土質の土に
混ぜることで土にすき間ができます。

堆肥や腐葉土の有機質もクッション材
のような役割をしてくれます。

これで粘土質の土が改良されて
野菜が元気に育つ土ができます。

そして最後の締めです、

==================
3)高めの畝をつくります
==================

畝の高さは20cmから30cmで
いいです。

これで根腐れなどの病気を防ぎます。



以上です。

次は水はけがちょうど良いときの
土つくりについて話しでもしますね。

今日も最後までおつき合い下さり、
ありがとうございました。

では、また!

べじまにあ。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:


べじまにあの中村です、

もうすぐ春ですね!

といっても先週は大大大雪で
どこもかしこもまっ白けっけ。

春なんていってもピンとこないかも
しれませんが…でももうすぐ春なんです。

4月になればトマトとかきゅうりとか
うえはじめると思います。

そのまえに、土の準備をしちゃいましょう!

では、今日のテーマ。

=================

野菜がよく育つ土とは?

=================


野菜がよく育つ土とは、ふっかふかで
水も空気もよく通り、

なおかつ、

水もちがよくて、肥料もちがよい土、

ですね。

団粒構造(だんりゅうこうぞう)の土
と呼ばれています。

小さな土が集まって団子状になった
土です。

わかりやすく例えると、
天ぷらをつくるときに小麦粉を水で
溶くじゃないですか?

そのときに水がたりないとダマになる。

団粒構造というのはダマの集合体
のような状態なんですね。

ダマとダマのあいだに隙間ができると思います。

そこには空気が通ります。

水は・・・あ、小麦粉だから溶けますね。笑

まあここでは水に溶けないとして、、
隙間には水もとおるようになります。

隙間を通って野菜が根っこをうねうねと
伸ばしていきます。

野菜って不思議なのですが、根が伸びないと
土のうえの野菜自体も大きくなりません。
どうも成長をじぶんから制限してしまうようです。

団粒構造なら根っこがぐんぐんと伸びていくので
野菜が大きくなります。

大きくて立派で、誰がみても「お!すげー」、
といわれる野菜に育ちます。

肥料や水もちがよくなる理由は、
隙間に水がたまるからです。

毛細管現象(もうさいかんげんしょう)って
聞いた事ありませんか?

「もうさいかんげんしょう?」

「なんかむかし、理科のじっけんで
聞いたような・・・」

はい、それです。正解!
ピンポンピンポーン!

水が何かにひっつこうとするのが
毛細管現象でしたね。

こんな感じ↓

『土水土水土水土水土』
『水土水土水土水土水』

水が土の団子にひっつこうとするので
水もちが良くなります。

もし団粒構造の土ができていないと
こうなります・・・

『水水水水水水水水水水』
『土土土土土土土土土土』

水が土に浸透しません・・・

こんな土では野菜が根っこを伸ばす事も
できませんね。

===================

まずは土の状態をチェック!

===================

土の状態をチェックする3つの方法が
あります。

野菜づくりをはじめるまえには
土の状態を知っておく事がたいせつです。

1)目で見る

すんごく単純ですが、この作業、実は
けっこう大切です。

たとえば雨がふったあとの土の状態を
見てください。

水がたまっていたら水はけが悪いです。

水はけが悪いということは団粒構造じゃない
野菜が育ちにくい土だということです。

土の改良が必要です。

2)にぎってみる

土を手でつかんでぎゅっとにぎってください。

そしてその手をそっとひらいてください。

土が固まっていると思いますが、指で
つんとつついたときにボロっと崩れる土なら
団粒構造の土になっています。

ドロドロだったり、逆に固すぎても
土の改良が必要です。

3)水が引く様子を観察する

雨がふったあとの2~3日あけて、
土が乾いてから次の作業を行なってください。

土に穴をほります。

穴に水を注ぎます。

水がどのようにひいていくのかを
観察してみてください。

10秒程度で水がなくなれば
いいかんじの団粒構造の土です。

早すぎても、遅すぎても
土の改良が必要です。

では、土の改良方法に入りたいのですが、
もうお昼ごはんの時間でした!

今から家族のために発酵玄米ごはんを
作らなければいけません。

なのでまたこんどにします。

では、また!

べじまにあ
中村真也

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。