化学肥料と農薬に頼らず自然でやさしい美味しさに育つ『炭素循環農法』で野菜を栽培している農家のブログ

2013年7月から近所の耕作放棄地を再生して、農薬や化学肥料は使わない『炭素循環農法』で野菜をつくりはじめました。畑の様子や、無人販売の様子、野菜の作り方などを情報発信して行きます。


テーマ:
$家族で楽しく野菜をつくる方法

べじまにあの中村です、

これ生姜です。

赤芽金時という品種で、柔らかくて
美味しいです。

今日はこいつを家にもって帰って
味噌をつけて食べようと思います。

ビール大好き人間には、つまみとして
最高の一品です。

が、私は今、断酒中なのでお酒は飲みません。

味噌つけて食べるのに飽きたら、
野菜ジュースにぶち込みます。

以上!

べじまにあ
中村真也

★ブログランキングに参加しています!
このページがあなたのお役に立てたら
下の2つのボタンを「ぽち、ぽち」と
クリックしてください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
$家族で楽しく野菜をつくる方法

べじまにあの中村です、

写真は生姜(しょうが)の畝です。

酢漬けにしたり、
子生姜に味噌をつけてかじったり、
すりおろしてそうめんの薬味にしたり、

他にも色々な使い方ができます。

野菜ジュースに混ぜて飲んで
夏の暑さにバテバテの体にがつんと
闘魂注入するのもいいですね。

生姜は成長するうえで水を欲しがります。

今年の夏は去年にくらべ雨が少ないので
水管理にとても気をつかっており
写真のように雑草を畝の周りに敷き詰めて
います。

この雑草のおかげで土の表面が陰になり
土の水分の蒸発を抑えることができます。

で、水分蒸発だけでなくさらに効果効能
として、雑草の栄養分を生姜が吸収する
ことで生姜の栄養価がアップすると同時に
美味しい生姜になります。

このことは学研ムック本の

「雑草を活かす!手間なし
ぐうたら農法」

にも詳しく書いてあるので、お時間が
ありましたらご覧になって下さい。

・・・

★ブログランキングに参加しています!
このページがあなたのお役に立てたら
下の2つのボタンを「ぽち、ぽち」と
クリックしてください。



ブログランキング・にほんブログ村へ

では、今日はこんなところで・・

べじまにあ
中村真也



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
べじまにあです、

前回の『トマトの死亡事故』について
多くの励ましのメッセージを頂きました。

本当に本当に有難うございます!

嬉しすぎて本気で泣きそうになりました。

「ブログをやっていて良かったー」
と心の底から感じました。

ここ最近仕事で凹む事が多く、
今回のトマトは、その気持ちの表れだと思っていました。

でも、皆さまから頂いたパワーで気分が上昇志向に
切り替わることができました。

気を取りなおして、仕事も菜園もプライベートも
全力疾走で取り組んでいこうと思います。



さてさて、

夏の魅惑スペースが
誘惑のスペースに変わろうとしています。

「早く私を食べて、、」
「もぉ、、じらさないで、、」
「うんっ、もう、、ばかぁ、、、」



生姜と枝豆が、わんさかわんさか
お祭り騒ぎになってきました。

生姜は土寄せして、表面には
もみ殻を播いています。

ささやかですが乾燥防止を
狙っていると思います。

“思います”と言った理由は
私の母がこの作業をしてくれたからです。

私は相変わらず出張続きで
今日も静岡県内を東(裾野市)に走ってきました。

生姜は乾燥を嫌います。


本当は敷き藁が良いのですが、
藁が無くなってしまったので致しかたありません。

「あ~、早く収穫して味噌つけて喰いて~」
「枝豆と一緒に喰いて~」
「生ビールのみて~」

帰りたくなったので今日はこれで終わります。^^

べじまにあ


追伸:

ブログランキングに参加しています。

下の2つのバナーをそれぞれ「ポチっ」とクリック
してもらえると今後のブログを書く励みになるので
応援よろしくお願いします!


家庭菜園 ブログランキングへ


にほんブログ村

今日も最後の最後まで、お付き合いいただき
ありがとうございました。  

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
べじまにあです。

今日は、

『究極の生姜の栽培方法』

をお話します。

この方法を覚えれば、

楽してプロ級の生姜を作る事ができるように
なります。

え~生姜はとっくに植えちゃってるよ~

と思われた人も
今からの話を聞き逃すと来年『損』する事になるので
真剣に聞いて下さい。

では始めます。

・・・

今日は朝から次男(1歳)が大熱を出したので
仕事をほっぽり出し、まずは病院に連れて行き
ました。

店には10時頃に到着し
「今日は何から仕事を始めようかな~」
と考えていた時、

ふと生姜を植えてあった畑に目が行きました。

「あ、芽が結構出てる♪」


今日の朝一番の仕事は

『生姜の肥料まき』

に決めました。

これも私の中では立派な仕事です。

一応、小さくて歴史は浅い(1年9か月)ながらも
園芸店をやってますから・・・笑

この畑の様子を楽しみに見に来てくれるお客さんが
結構いるんですよ。

・・・

話を生姜に戻します、

私の生姜の栽培方法は
あなたとちょっと違うかもしれません。

最初に肥料や堆肥は一切土に混ぜて
ありません。

植えた後はこんな状態・・・

とりあえず、忘れてしまうほど前の時に
土に深さ10センチ程度の溝を掘って
種を30cm間隔で植えてあります。

それで地上に芽が出るまでほったらかし。

後日、芽が地上に出たのを見計らって
堆肥と肥料を土の上にバサッと被せます。

こんな感じ・・・

堆肥を散らして、その上から鶏糞をばらまいて
います。

今回使った「たい肥」は40リットル袋2つ分です。

こんなやつ・・・



堆肥は1年間で少なくとも『1坪』あたり『7キロ』は
使いたいので

今回はその半分くらいの量をバッサリかけました。


そしてばらまいた鶏糞はこれ・・・




この鶏糞を1坪あたり1キロほどばらまきました。

この鶏糞をじっくり見て下さい。

粒になっているだけでなく
表面が白く粉吹いているのがわかりますか?

これ、「放線菌」です。

難しい事は覚えなくていいですが
堆肥作りに欠かせない菌です。

ここまで放線菌が表面に浮き出た鶏糞は
なかなか見られません。

私はこれを愛用しています。

この鶏糞の素晴らしさは、これだけではない
のですがそれについてはまた改めて説明させて
いただく事にして、

とりあえずこれで今日の工程はすべて終了です。

もし堆肥や肥料が水で流れるのが嫌なら
薄く土をかけてください。

このやり方のほうが、
『生姜が土の中で腐ってなくなる・・・』って事が
ほとんど無いので安心です。


ぜひ来年は試してください。

また分からない事はコメントやメッセージで
お気軽に聞いて下さい。


最後に、
いつも訪問ありがとうございます♪
ブログランキングに参加しはじめました。

下の2つのバナーをそれぞれ「ポチっ」とクリック
してもらえると今後のブログを書く励みになるので
応援よろしくお願いします!


家庭菜園 ブログランキングへ


にほんブログ村

では、また次回・・・

べじまにあ。

追伸:
あなたの畑で起きているトラブルや家庭菜園の
素朴な疑問や相談などがあったら、お気軽に
下のコメント機能を使ってメッセージを下さい。

『堆肥と肥料ってどう違うの?』
『私にも野菜つくりできるかな?』
『こんな話やあんな話が聞きたい!』


こんな感じのコメントあったらお願いします。
それを元にブログの内容を考えようと思います。   

『コメントで公開されるのはちょっと・・・』と思った人は
私のプロフィールから直接メッセ
をくださいね。   
 
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:
べじまにあです。

私のお店にも生姜が入荷しました。

なので私も今日このあと生姜を植えようと思って
います。

さて、

昨日は生姜はデリケートだから土つくりに
気をつける必要があるとお話しました。

昨日、お店の方で教室を開いたのですが
『トマトが出来ない家庭菜園の理由』というテーマで
話をしたのに話の途中からやはり『生姜』の話題
になりました。

やっぱ多いんです。
失敗する人が。

生姜で失敗する原因は大体が『発酵』です。

特にこれからの時期、気温が上昇するので
発酵する要素のあるものが土の中にあると
急激に発酵して根あたりします。

なので、植え付け前に土には何も混ぜないで
ください。

================
※生姜を成功させる植え付けステップ
================

ステップ①土に石灰以外は何も混ぜない

※生姜の前に石灰をまいていたら今回は石灰を
まく必要はないです。

ステップ②石灰をまいた7日後に生姜を植え付ける

ステップ③芽が出たら堆肥と肥料を土の上にのせる

ステップ④葉の成長具合を見ながら6月中旬くらい
までに追肥をする

ステップ④7月下旬くらいから順次収穫する

・・・

これだけです。

それでは、私は今から植え付けに入ります。
あなたもやってみて下さい。

では今日もありがとうございました。

べじまにあ

追伸:
あなたの畑で起きているトラブルや家庭菜園の
素朴な疑問や相談などがあったら、お気軽に
下のコメント機能を使ってメッセージを下さい。

『堆肥と肥料ってどう違うの?』
『私にも野菜つくりできるかな?』
『こんな話やあんな話が聞きたい!』


こんな感じのコメントあったらお願いします。
それを元にブログの内容を考えようと思います。   

『コメントで公開されるのはちょっと・・・』と思った人は
私のプロフィールから直接メッセージくださいね。


いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。