みさきのゑHAPPYになるブログ

人生熱く楽しく幸せに!
一般社団法人タロットリーダー協会 代表理事 
東京 渋谷 タロット占い講座 四柱推命講座開催
満月お財布フリフリーゼ主宰 開運財布監修


テーマ:
日本発酵文化協会@みさき のゑです。

キッザニア東京
第2回「ジュニア チャレンジ ジャパン(JCJ)」
中学生を対象にした特別プログラム 「龍馬くんになる日」
参加してきました。





オープニングではスタッフのみんなが音楽に合わせて歌って踊ります。


初めてのキッザニアに大人たちはワクワクラブラブ


私たちのブースはこちら




今回参加した日本発酵文化協会の講師陣&プロフェッショナルのみなさま


キッザニアのご挨拶「KAI」のポーズ


中学生のみなさん微生物のことや発酵のしくみをよく知っていてビックリ目


セミナーもあり、楽しそうでした。


なんと休憩室にはスタッフ用にお食事を用意してくださいました!


スポンサーであるピザーラのビザもいただきましたよピザ


RF1のお惣菜も美味しかったです



こんなにいただいてしまいました笑


最後のグランドフィナーレはルネッサンスのインストラクターによる
Queenの『We Will Rock You』の音楽に合わせてダンシングタイムファンキー


私の時代にもキッザニアがあったらなぁ
リアルな体験を通じて実際の仕事現場を知ることができたら
私は30職種も仕事をしないで済んだかも(笑)

他にも、座禅体験、
社長になろう!起業セミナー、
デジタル地球儀を使った地球環境セミナー、
iPhoneアプリ制作のプログラミング体験、
ドローン操作体験コーナーもありました。
できれば今度は占いのブースも作っていただきたいなと。

キッザニアのスタッフの方におばさんでもアルバイトできるか?
本気で聞いてしまいました。
できるそうです(笑)
やりたいなぁ。
子どもに夢を与える仕事。
スタッフの方々もとっても楽しそうでした。

今後もまたこの中学生限定のジュニアチャレンジのイベントはあるそうなので、
日本発酵文化協会は参加して行く予定です。
もっともっと発酵について、日本文化について、
子どもたちにも知っていただきたいですね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
日本発酵文化協会 認定講師のみさき のゑです。

なぜ占いの先生が発酵の先生をやっているのか?
なぜ発酵の先生が占いの先生をやっているのか?
よく聞かれるのですが、私が好きなことを仕事にした。ということで、
仕事というよりライフワーク。

私の軸は
人と人との繋がり
熱く楽しく幸せに生きている人たちに逢いたいというモチベーション。

そしてみさきのゑの信条のひとつ
一食たりともムダにしない
というモチベーション。
発酵はそこでたどり着きました。
そもそもの発祥は能登の穴水町で牡蠣を食べたところから始まるのですが、、、
この経緯を話すと大変なことになるので割愛。

さて話は本題に。
今年の11月12、13日に全国発酵食品サミットinやまなしが甲府で開催されます。
それに向けて『ヤマナシ良品』&『日本発酵文化協会』が組んで
レシピコンテストを開催します。
『ワインに合う発酵食レシピ』を11月に販売するためのレシピコンテスト。
どんなレシピがでてくるか?!楽しみです。

そこで先駆けて、
3月6日10:30-12:30
全国ご当地発酵教室 山梨県編開催します。

昨日、山梨に行ってきたのですが、
山梨って正直あまり馴染みがなかったのですが、
やっぱり面白いですね。
郷にいては郷に従え。
地元の方に案内いただくと、マニアックな情報がたくさん集まってきます。
今回のゲストは山梨の良品を集めて商品化し全国展開している、
甲府市のヤマナシ良品合同会社 小澤珠美社長をお招きして、
山梨県の発酵について熱く語っていただきます。

※この方は小澤社長ではありません(笑)


なんと!講座に参加いただいた方へおみやげ付き
今大注目の日本のワイン
ヤマナシ良品合同会社が扱っている小さなワイナリーさんたちの
山梨のハーフボトルワインをプレゼント




当日もいろんなワインをご試飲いただきます。

そして知る人ぞ知るワインパミス

ワインを絞った後の葡萄の果皮を集め、新たな食品の原材料として
山梨で「地域産業資源」に認定されたワインパミスという新しい原材料。
赤ワインにはこのポリフェノールがたくさん含まれており 、
がんの予防や、抗酸化作用、動脈硬化を予防
血糖値や血圧値を正常化、糖尿病・高血圧の予防などに効果があると言われています。
※講座に参加される方でワインパミスが欲しいと言う方は事前に私までお知らせください。


ヤマナシ良品合同会社ではこのワインパミスを使った事業で
ふるさとプロデューサー育成支援事業に参加しており、私の講座に来てくださって、小澤社長にご紹介したところ、お仕事につながった創作プロデューサーの池田英子さん
なんと『ふるプロ』コンテストで100人中の研修生の中の9人に選ばれました!

英子さんには「パミスで人生が変わった!」ととても感謝されています。
地方活性にはたくさんの活躍のチャンスがあります。

講座では英子さんの創作したワインパミス&糀糖でつくったノンシュガーの
ワイン糀糖パンも
召し上がっていただきます。



そして山梨といえば

鳥もつ煮
2010年B級ご当地グルメグランプリでゴールドグランプリを受賞。
山梨のお蕎麦やさんには必ずあるメニューなんですって!
お蕎麦を食べる前に鳥もつ煮を食べる習慣があるのだそうです。
もつ好きな私にはたまりません!
ワインにももちろん合います。

そして王道のほうとう

五味醤油さんのヤマゴ味噌を使った吉野製麺のほうとうというこだわりの逸品で
ワインに合うほうとうをお出しします。

甲州味噌とワインの発酵ペアの組み合わせお楽しみに


発酵も人生も学べる美味しい講座
みなさまのお越しをお待ちしております!
お申し込みはこちら
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
日本発酵文化協会@認定講師みさき のゑです。

日本発酵文化協会で特別講座を開催しましょう!ということで、
最初に白羽の矢が立ったのが能登
ということで私が開催することになりました!

日本発酵文化協会特別講座
【全国ご当地発酵教室】第1弾『能登』


今朝のNHK連続テレビ小説「まれ」で
能登から送られてきた食材について
文さん役の田中裕子さんがこう言ってました。

旬に採れるもんばーっかし食うて育ってるさけな。干し柿やら道端に干してあるわかめやらかき餅やら、子どもらちはおやつがわりに食うて育ってるげん



そのあとのオーナーパディシエのセリフは『それでか』
まれの舌が確かなことを確信したという意味なのでしょう。

そうなんです!旬のものをいただける。
地方の方々には当たり前かもしれませんが、
私たち東京に住んでいるとすでに収穫してから5日ぐらい
経ったものしか口にすることはできません。

今回、この能登の講座を開催するにあたり、
能登の食材を仕入れに明日から「能登」へ行ってきます。

畑をやっている人から食材をわけてもらう予定です。
だからなにが手に入るかはわかりません。
旬の能登の食材を美味しく戴きましょう。
なにもかにもが美味しいので、
能登にハマってしまったと言っても過言ではありません。

今回この講座のために1ヶ月前からいろんな
変わり種『麹』仕込中!

家にある身近なものから、珍しい調味料を使ったものまで。
どうなるかわからない微生物の世界へようこそ(笑)
参加いただいたみなさんと評議いただければと思っております。
お楽しみに

そもそも発酵を勉強しようと思ったきっかけは
『美味しいものが食べたいから』

甘酒が体にいいとは聞くけどなんで体にいいのか?
塩麹がブームになったけどどうやって使ったらいいのか?
まったくわからないところから
発酵を勉強したら美味しいどころか凄い大変なことでした。
発酵の歴史から日本の歴史・文化や食品群にいたるまで、
この歳で猛勉強することになるとは、、、
でも勉強しただけあって、色んなことがわかり奥深い発酵の世界に
どっぷりハマってしまいましたオリゼ

5年前に妹が乳がんを患ったというのも大きな原因のひとつ。
今は味噌も一緒に手作りで作ったり、糠漬けや甘酒を作らせたり。
そのおかげもあって今は寛解しております。
体のためにも麹を使った発酵食品を上手に生活に取り入れる方法を知りたかったのです。
そんなこともお話させていただければと思っております。

日本発酵文化協会『特別講座』お申し込みはこちらから

そもそも能登に興味を持ったのは、、、
大学に入って初めて出来た親友が能登出身だったから。

私の父の実家は埼玉県、母の実家は千葉県なので、
行こうと思えばすぐに電車に乗っていける距離。

夏休みに飛行機で能登の実家に帰るという友達が羨ましくて、羨ましくて。
私も一緒に里帰りしたい!と18歳の夏に行ったのが初めての能登。


それから能登が大好きになり、第2の故郷と豪語して何度も能登に行きました。
能登地区最大の祭礼七尾の青柏祭に1989年に行った時の写真

ラルフのシャツにラコステのベストが昭和だわ、、、(苦笑)

友達のお兄ちゃんが加賀屋で結婚式をするというので、
一緒に参列させてもらったり、
友達が出産で里帰りするときも一緒に能登へ(笑)

それから35歳の時働いていた会社の同僚が穴水町の出身で、
彼女のピンチヒッターで穴水町へ行くことになったことが、
新たな能登とのつながりができた第2フェーズの始まり。
この牡蠣との出会いが地方活性のお仕事につながります


日本発酵文化協会に携わることになったのも
能登穴水町ブロガーPRツアーがきっかけに。
かけがえのないメンバーとなりました

まさか18歳の時に訪れた見附島にまた20数年後に頻繁に来ることになるとは、、、

しかも、能登出身の親友は結婚して千葉に住んでいたのですが、
4年前に家族5人で能登へUターン。
どこまでも能登に縁のある私です。

日本にはまだまだたくさんいいところがあるのに、
その土地に行きたい!というよりは、
●●さんに会いたいというモチベーションの方が高い。
そこで住む人たちの生活=すなわち文化に興味がある。

家庭の味だったり、方言だったり、人との交流だったり。
10~20代でいろんな国にも行って、
エッフェル塔に登ったり、ルーブルで素晴らしい美術品をみたり、
MGMスタジオにいったり、ワイキキで泳いだり、コナでゴルフしたり、
グアムやサイパンやインドネシア、韓国、タイなどなど色々行ったけど、
その国に住んでいる人たちと過ごした時間がいちばん印象深い。

だからこの歳になると、知り合いのところへ旅するスタイル以外、
旅行に行けなくなってしまいました。
オーストラリアにはたくさん友達がいて、
大陸が大きすぎて、行きたいところが多すぎて
1ヶ月ぐらい滞在しないとまわりきれない、、、
となるとなかなか行けないのが悩みsss
ホストファミリーはゴルフ場の中に家を建てて
毎日18番ホールを眺めて暮らしているというのに、、、
ゴルフ三昧の毎日を過ごしてみたい!!!
毎年、毎年、今年こそと思っていますが、どうなることか!

ということで話がそれましたが、
能登については発酵についても話したいし、
能登の美味しいものについても話したいし、
能登の素敵な人たちについても話したいし。
日本の地方活性についても話したいし、
ただいま最大限にどう能登を楽しんでもらえる講座を考案中。

講座を聞きながら
能登の蔵で作られたお酒&能登直送の美味しいもので
おもてなしさせていただきます。


全国ご当地発酵教室『能登』のレポートは日本発酵文化協会のHPにてごらんください。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。