みさきのゑHAPPYになるブログ

人生熱く楽しく幸せに!
一般社団法人タロットリーダー協会 代表理事 
東京 渋谷 タロット占い講座 四柱推命講座開催
満月お財布フリフリーゼ主宰 開運財布監修


テーマ:
美味しいもの大好き@みさき のゑです。
完全プライベート旅行。
50分で能登へひとっ飛び飛行機

やっぱり能登へは冬。

まずは能登町の鶴野酒造さんへ


仕込みの最中でお忙しい時に快くお迎えいただきました。


お酒はゆっくりじっくりと発酵中


暖気樽(だきだる)

お湯を入れて酒母タンクに入れて米麹の糖化をうながします。
結構これが重いんですよね。

お酒が美味しくなるようにと神棚の前でお酒を作っています。

どうりで美味しいわけです。

タンクのまわりにマットを巻いて温度を調節します。


昨年からお嬢さんがお酒造りを手伝っています。

お母さんの背中がカッコよかったから。
素敵すぎる親子亜友未


昔ながらの槽しぼりでゆっくりお酒を搾っています。

丁寧に、丁寧に作られたお酒はなかなか関東では味わうことができません。

槽しぼりの動画はこちら
冬の寒い時期に大変な作業です。

しぼりたて、生原酒は地元&ネットですぐ売り切れてしまうので、
なかなか手に入りません(涙)
ぜひいちど能登の小さな蔵で丁寧に作れらた日本酒を味わっていただきたいです。
谷泉ホームページはこちら

私たちが訪れている間もひっきりなしに一升瓶を買いに来るお客様が続々と。
今年は大当たりだそうです。
汲みたてのにごりを3本購入して帰る方も。
近所にこんな魅力的な酒蔵があったらたいへん笑


お昼を食べに行こうということになったのですが、
近所のお店がやっていないとのことでガックリ

なんとみどりさんと薫子さんがちゃちゃっと用意してくださいました。


囲炉裏で鯵を焼いていますアジの開き
鯵
こちらは開きではなくまるごと干すそうです。
炭火でじっくり焼いた鯵はホクホクでおいしゅうございました。

旬の鱈と白子ですよ!

なんて幸せなんでしょう。

今年は鱈が不漁だったけどようやく入ったとのこと。
それにしてもビニールに入った新鮮な大量の白子
白子
こんな光景見たことありません。

まずは鱈の粕汁
鱈汁

粕はなんと泡と呼ばれる発酵の時にでてくるアワアワだそうで。
これこそここでしか味わうことのできない泡泡粕汁。
鱈粕汁
美味しすぎて倒れそうです
来てよかった照れる


そして鱈鍋
鱈鍋
自家製ゆずポン酢でいただきました。

突然の訪問にもかかわらず、こんなにも手厚いおもてなしをいただき感謝・感激。
こんな素敵な親子が造るお酒が美味しくないわけがありません。
能登にお越しの際はぜひお寄りいただきたい酒蔵です。
みんなで
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おいしいもの大好き@みさき のゑです。

ちゃんこ力で一杯やった後は、、、
穴水町中心部から車で30分車
2年半ぶりに四村の高家にお泊まりさせていただきました。
高家に泊まったときのレポートはこちら
お嬢ちゃまがちいさいドキドキ

高家はお米を作っていて、私は能登に訪れてこのお米を食べてから、
ずっとお取り寄せしています。

村の人しか通らない、自然環境で育ったお米は艶々で冷めても美味しいんです米
この時期だけ夜にが見られるんです。
もうギリギリで光も弱いし、数も少なかったのですが見られました。
蛍が生息できるのは
チェック人工照明がないところ
チェック農薬・家庭排水が混入していない水があるところ
チェック幼虫の餌であるカワニナがいるところなどなど
要するに蛍が生息するところ=キレイなところだという証明です。

高さんのお米の注文はこちらからできます
穴水のお寿司屋さんでもこのお米が使われているんですよ。

この方が高さんドキドキ

優しそうでしょラブラブ

三世帯が同居しているので7人で夕飯をいただきました。

大家族の食卓は大きい音譜
みんなで食べるとさらに美味しいですね。

かますと赤イカのお刺身

かますのお刺身!珍しいですよね。

たこときゅうりの酢の物にレーズンが入っているのは初めて!

酸っぱさと甘さがマッチしておいしかったです。
おうちご飯ってこういう新たな発見が面白いですよね。

こちらは冬瓜のいしる煮

いしるがいいお味なんですよね。
こちらではいしるとかいしりと呼ばれる魚醤を使ったお料理をよくいただきます。


茄子のいしる煮

いしるは塩分が高く、旨味があるのでご飯のいいおかずになるんです!

小学生のお嬢ちゃまたちはおみやげに大喜びドキドキ

夜遅くまでおつきあいいただきました。
家族全員働いているのでお子さまたちはとってもしっかりしています。
ご飯の支度も当たり前のようにしていて、
「偉いね」と褒めたら『いつものこと』と返されました。
こんなところで育ったら、まれちゃんみたいになるよね。
都会に憧れて一子みたいになって欲しくないなぁというのは
大人の勝手な期待ですが、、、

限界集落と呼ばれる村に住む人たち。
小学校に行くにはバスで往復1時間。
お店に行くにも車で30分。
私たちには考えられない生活ですが
本人たちは当たり前の生活をしているわけで、、、


この素晴らしい日本の原風景を残したいと言うは易し。
よそから来た人たちが簡単に言えること、、、
本人たちは現風景とか自然とか当たり前のことすぎて、
今すぐどうこうするということも、難しいことで、、、
でも限界集落という現象は今後減っていくどころか増えていくわけで。
実体験をさせていただくことで、私たちができることも見えてきます。
発酵を勉強し始めたのも、能登がきっかけでした。
なんでも行動するとわかることがある。
ひとりでは大きなことはできないけど、
そこから動くことでできることはいくらでもある。
だから私たちは歩を止めず、歩いていく。
高家の若い夫婦にお会いした時からシンパシーは感じていましたが、
袖触れ合うも多少の縁。
2人とも夜勤もある過酷な労働環境のなか貴重な時間を割いていただき
家族のように受け入れていただけることに心から感謝。
高家のみなさまありがとうございました。

おこちゃまたちが学校へ登校していきました。

いってらっしゃいパー
素敵な1日をドキドキ

そして私は朝8:00に若夫婦の出勤に合わせて輪島行きのバス停まで送っていただきました。
東京だと起床の時間なのですが笑
さてとこれから1時間バスを待ちましょうかね。
田舎時間時計
嫌いじゃないです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おいしいもの大好き@みさき のゑです。

のと里山里海号で七尾駅から穴水駅に到着


今年2015年3月 駅舎の隣に穴水町に待望のお土産がOPEN!
穴水町物産館 四季彩々

穴水町出身の遠藤関のパネルがお出迎え

能登のお土産が穴水で買える亜友未
いままでお土産やさんというお土産屋がなかったので
観光客にはうれしい限りですが、、、
穴水はスルーされがちなので、ぜひぜひ穴水にも寄ってくださいね!


そして穴水に来たら、ここに寄らないとね。
一品料理
ちゃんこ力

新鮮なお魚がお店で泳いていて、それを捌いてくれるのでおいしいのは当たり前!

お通しがサザエ(笑)


1時間ばかりの滞在でしたが、衝撃的な話を聞いたり、
世間話をしたりして、濃い時間でした。
永尾ファミリーお世話になりました。


これまでの能登旅行記

【能登 穴水町 四村ワンダーランドツアー】
穴水町 四村ワンダーランドツアースタート!
能登農村ランチ
能登農作業体験 のとキリシマツヅジ雪囲い
能登四村ワンダーランドツアー 民泊
能登四村ワンダーランドツアー 最後のイベント お講さま


【能登 穴水町 四村PRブロガーツアー 夏の陣レポート】

第4回能登穴水四村PRツアー夏の陣
能登 穴水町 和食 風傍
能登 穴水町 四村 農家でのまんで楽しいひととき
能登 穴水町 蛍のいる美しい村
能登 穴水町 四村 白坂家での朝食
能登 穴水町四村の人々


【能登 穴水町四村PRブロガーツアー 春の陣レポート】

能登 穴水町四村PRブロガーツアー 春の陣
能登 穴水町四村PRブロガーツアー 四村 桂谷 白坂家
能登 穴水町 高尾商店 かぶと味噌
能登半島の魚屋 渚水産
能登 穴水町 80歳の山菜アドバイザーに会うの巻
能登 穴水町四村PRブロガーツアー 山菜ディナー
能登 穴水町 四村邸宅へ
能登 穴水町四村PRブロガーツアー キリシマツツジ植樹
能登 穴水町四村PRブロガーツアー終演

【能登 穴水町 四村PRブロガーツアー冬の陣】

四村フリフリーゼ懇親会
穴水町 四村 そば打ち体験
能登 穴水町 桂谷 葛城邸にて民泊
能登 穴水町 桂谷 本教寺にて民泊
穴水四村元気プロジェクトブロガーPRツアー 能登空港にて


【能登 穴水町 四村PRブロガーツアー秋の陣レポート】

ブロガーPRツアー マスコミ掲載
能登 穴水町 四村ブロガーPRツアー
能登 穴水町 四村ブロガーPRツアー 取材編
穴水町 穴水大宮
能登 穴水町 四村ガールズコレクション
能登 穴水町 四村 農業体験で取材を受けまくる私たち
能登 穴水町 四村 能登グルメバーベキュー
能登 穴水町 グルメ ちゃんこ力
能登 穴水町 スナック幸
能登の朝ご飯
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。