テーマ:

どうもこんにちは!


あなたの暮らし応援アドバイザー。

北海道の標茶(しべちゃ)にある平田家具店、

主任の平田敬(たかし)です。




さて。


本日は窓まわりに使うインテリアの一つ。

「ロールスクリーン」などのスクリーン系ってどういう種類があるの?というお話しです。


今回は、どういう種類があるのか?というのをメインにしますので、例えばメリットデメリットのような話はあまり詳しくしません。あくまで紹介の回ということで♪




かなり前ですが「ブラインド」のお話しもしましたね。


『窓まわりに使う『ブラインド』ってどんな種類があるの?』

↑これがその時の記事。クリックするとジャンプします♪




カーテンでもなく、ブラインドでもない窓まわりのインテリア。

よく「スクリーン」と呼びますが、そのスクリーンには大きく3種類あるんですね。



まずは早速、代表的なタイプを紹介しましょう。




ロールスクリーン
これは「ロールスクリーン」と呼ばれるタイプ。



スクリーン系で一番有名なのが、この『ロールスクリーン』になりますね。

よく主任たちは、「ロール」と略して読んでますが写真のように細い窓や、小さめの窓につける場合が多いものになります。


上から下に引っ張るだけで開けたり閉めたり出来ます。

簡単に視線を遮ることができるので、手軽ですね。しかし、完全な遮光は苦手な商品です。




次にはこちら。



プリーツスクリーン
これは「プリーツスクリーン」というタイプ。




先程のロールスクリーンは生地が平らな一枚の布でしたが、このプリーツスクリーンはその名の通り『プリーツ』になっています。

生地がジャバラに折りたたまれるようになっているんですね。生地は「和紙」のようにシワが入ってる場合が多いです。


ロールスクリーンから比べると『和』の雰囲気があるので和室にも合います。




最後がこちら。




ターンアップスクリーン
これは「ターンアップスクリーン」という名前。




この「ターンアップスクリーン」はこの写真じゃちょっとわかりづらいかもしれませんね。

生地が前後に2枚ある構造で、写真の左と右のように光を取り入れたり遮ったりすることが出来ます。ロールスクリーンの進化版、という感じのスクリーンです。


写真でいうと、生地に黒い横の縞模様がありますよね?

これが前後で重なりあったり交差することで、開閉します。なので、写真の右も左も同じ商品ということです。


このターンアップスクリーンは、ブラインドのような使い方の出来るスクリーンになりますね。




以上がスクリーン系の3種類です。



1,ロールスクリーン

2,プリーツスクリーン

3,ターンアップスクリーン



それぞれの説明がわかりづらいかもしれませんが、 おいおい詳しく説明する記事を書きますので今回はこんな感じで勘弁して下さい(笑)



というわけで、今日は『スクリーン』って3種類あるんだ、ってことだけ伝わればと思います。




それでは今回はこの辺で失礼しますね~。


主任でした♪





なんとなくわかったよ~、という方はぜひポチッとお願いします!↓

↓このランキングは店長と主任のファイト一発的な感じになってます♪↓

ひらたバナー


◯主任からお知らせ◯

主任のツイッターをフォローしませんか?

ブログの更新情報をメインにつぶやいていますよ~。
時々全然関係ないこともつぶやいてます(笑)

平田主任

https://twitter.com/BassTks

↑クリックすると主任のツイッターページにジャンプします。

あなたのフォローお待ちしてま~す♪

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。