テーマ:
どうもこんにちは!

あなたの暮らし応援アドバイザー。
北海道の標茶(しべちゃ)にある平田家具店、

主任の平田敬(たかし)です。



さぁさぁ。

今日はメジャー(巻き尺)についてのお話しです。


ひらた主任のメジャー
ひらた主任がカーテンのサイズを測る時などに使う愛用メジャー。
今日はこのメジャーの先端部分のお話し



さて。
早速、タイトルのお話しです。

この写真のようなメジャーの先端部分(以下、「ツメ」と言いますね)がカタカタと動くのはご存知でしょうか?



メジャーの先端・ツメ
主任がつまんでいるのがメジャーのツメ。
ここがカタカタと動くんですね。
(動かないヤツもいます)



これはなんのためにカタカタと動くんでしょうか?

ちょっと気になったので、主任、調べてみました。


メジャーのツメのアップ1
メジャーのツメの裏側。この状態から…


メジャーのツメのアップ2
微妙にツメが上に上がっているのがわかりますか?
…ピンぼけして見づらくて申し訳ないです(笑)



メジャーを使って物の長さや幅なんかを測るわけなんですが、
その測り方には2通りあります。



メジャーの先端を押し付けてる
ツメをどこかに押し付けて測る方法と…


メジャーの先端を引っ掛けてる
ツメを引っ掛けて測る方法の2通りです。



この2つの方法があるんですが、もしこの時にツメが動かないと
2つの方法の間で、「ツメの厚さ分の誤差」が出ることになります。

ツメの厚さを1ミリとすると、
押し付けて測った時と、ツメを引っ掛けて測った時では
引っ掛けて測った時に1ミリ短くなってしまう、ということです。


なので、ツメはツメの厚み分、
上下にカタカタと動くわけです。

(これを専門用語で「ゼロ起点補正」というそうです)



メジャーのツメの厚み
メジャーのツメを定規にあてている写真。
このメジャーの場合はツメの厚みが1ミリあります。

メジャーのツメの可動幅
ツメを上に上げた状態で定規をあてた写真。
ちょうどツメの厚み分(1ミリ分)ツメが動くようになっている。



メジャーのツメがカタカタするのは壊れているからではなく、
どんな風に測っても誤差を出さないためなんですね。


逆に、カタカタしていたものが錆びたりして動かなくなる方が故障、ということです。
(ツメの厚みがあまりなくて、最初から動かないメジャーもあります)


ってなわけで、

カタカタしてるからって捨てないでね(笑)




それでは今日はこの辺で。

主任でした~♪



へぇ~そうなんだ~という方はぜひポチッとお願いします!
↓このランキングは店長と主任の毎日の楽しみです♪↓

ひらた家具バナー



◯主任からお知らせ◯
主任のツイッターをフォローしませんか?

ブログの更新情報をメインにつぶやいていますよ~。
時々全然関係ないこともつぶやいてます(笑)

平田主任

https://twitter.com/BassTks

↑クリックすると主任のツイッターページにジャンプします。

あなたのフォローお待ちしてま~す♪

AD
いいね!(13)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。