高田博厚先生と友と神に ・ 形而上的アンティミスム序説    

高田博厚先生と友と神に ・ 形而上的アンティミスム序説    

   ――― 「僕の愛と美と信仰」 ――― 




集合容喙(遠隔人心操作)と強制薬害の重篤な被害者です。
自分の本来の魂的生を貫くため、そして
集合容喙と強制薬害の事実を証言し国に問題を解明解決させるため、
この電子欄を書いています。(パリ大学博士)


彫刻家・高田博厚先生の思想と共に生きる電子欄(ブログ)です〔2014年3月25日開始〕。
自著『形而上的アンティミスム序説 ‐高田博厚による自己愛の存在論‐』(2009)の初志を、集合的容喙(遠隔人心操作)と強制薬害の重篤な被害状態にも拘らず、継続実践します。

拡大・内容

本書は、著者の intimisme métaphysique 〔形而上的アンティミスム〕とよぶ哲学理念の許、彫刻家にして思索家である高田博厚(1900‐1987)の根本思想を初めて本格的に明らかならしめようとする貴重な試みである。その意義は普遍的かつ根源的であり、人間の創造的生の条件が稀な真摯さで反省されている。学問・芸術の魂的原点の確認の為に、また、人生の意味の正面からの示唆を得る為に、

「人間」であろうとする総ての人々に開かれた永続的価値をもつ書である。


 revue  「かけがえのないもの」  船より  

信仰  「祈り」  魂感   一行詩  きみの翳  

信仰:人間の愛  思想は人間自覚である  

思想の憲法前文   高田博厚と高橋元吉  

マルセル 形而上学日記   ヤスパース ノオト 

魂の実証 ―記憶と意志― 序説(高田博厚論)   

わたしはかんがえる、ゆえに神を信ず  

高田の作品の形而上性  高田先生の言葉  

高田先生とマイヨール美術館のこと マイヨールの言葉 

「純粋」の直接性と意識性 自分の信にしか神はいない  

自己愛と他者愛、そしてイデアとしての神      

きみのために  品格 信仰と文化  いのちの二行詩  魂の愛の明晰な力 

je suis tout près de Toi  Que ce sourire reste en Toi 

album 1er  album 6e  installation d'essai   裕美さん

album cinquième  ひとの本質  納得  夜明け  Suite 

「空」   祈りの世界   誕生日   愛と神 シャルトル聖堂    

信仰の緊張   「美」の次元  「知性」   平和の行為   

彼女のバッハの精神性

きみのショパン、ドビュッシー、ラヴェルを

地中海彫刻の音楽  信仰   一元化   本質  

「神」の感得的探求  自己委託・信仰  違う力  人間の力  

感覚倫理  自分の魂からの招き  

自節紹介     II   III   IV   VI( V)





*七生報国の鬼魂となる  

必読節:集合容喙関連  

かけがえのない身体と神経組織を壊されたうらみは恐ろしいぞ

___________________________


〔グーグルでは「高田博厚先生と友と神に ・ 形而上的アンティミスムの思想」から

でも検索できます(「古川正樹」を加えて検索してください)。〕              

NEW !
テーマ:

無限な時間空間、自分の魂を、弾く 

こころが鎮まるほどに   10月19日 23:52  

”テオリア(観想) 歴史の意味” 愛の感覚論・過去を大事に 10月09日

ぼくの思いを救ってほしい   10月05日

個   08月22日

 

主よ、ただ信仰と確信だけをあたえてください。 

そうすれば、自分のことも愛する者のことも不安でなくなります。 

ノヴァーリス

尊敬  08月08日 01:31    美しく弾く  愛の修道院の路で 08月12日

奥の深い魂   07月29日 01:46 

”dialogue sans titre ** それほどの愛を発するほどにも” 7月23日

小休止 7.14  7月14日 05:02 

銀河の距離   6月20日

驚嘆 そして愛より尊いものはない 6月14日  

記録  6月12日    

きみの「偉大さ」  6月7日 23:25 

象徴 奇蹟   5月24日 15:08 

夫婦 '17. 9. 22      petit dialogue   5. 22  

”「魂霊」の世界への参入 ” 愛の修道院の本路  5月19日 1:52

きみを想うことが ぼくにはいちばん創造的なのだ   5月9日 15:03 

銘記(個) 愛の修道院の路で  05月03日 23:32

愛は、一緒だという想い  4月20日 15:55  

雨の夕の想い  生そのものへ  生は愛  4月17日 18:42 

フランスの聖堂建築のような演奏  04月13日 20:22 

vie (個)  04月13日 10:33 

空の十字架  03月31日 01:56

神への呼びかけである祈り  03月29日 00:05 

裕美ちゃんの十字架の飾り  03月07日  (私)  3月8日 17:05 

日記   02月21日     

 

聖・裕美さん  02月19日 02:17 

愛の修道院の祈り  02月17日 23:59

信仰のインスピレーション(個)  02月16日 22:05

交心(コミュニオン)としての愛の世界  02月16日 02:52

信仰は自力と他力が音叉の両極となったハーモニーである   02月16日 02:02

魂の耽美  02月02日 22:30

ぼくのクレド(信仰条文)   01月20日 01:23

 

 2007年ライヴでの裕美さんの演奏の、熟練も気魄も桁違いな素晴らしさは、観なければわからない。技にも表情にも、予想できない感動を覚えます。彼女はほんとうに多様な面があって面食らわせる、内容をぎっしり感じさせるひとだ。演出的表面とはまるでちがう。ぼくの言いたいのは、彼女の弾く全曲の完璧で優美な音色は、すべて、異常な緊張と努力によって創造されていることが、ここから納得される、ということなのだ。 1. 16  

「堅信」と「覚醒」と「慎み」

きみの気持に応えるために   01月17日 23:08

きみの気持の声   01月17日 00:17

秘記(覚知)  01月01日 19:12  

きみへの愛  IN MY ARMS TONIGHT   12月22日 20:38

故郷性のある演奏 1月5日  

この世にきみのピアノのようにきよらかで美しいものをぼくは見いださない。ほんとうに   

わたしと一緒に生きましょう     

溢れ出るきみへの愛 それはぼくの生そのもの

全世界を視ても ぼくはきみしか観ていない 

きみの「思想」 きみの世界を崇拝する '17. 6. 20 

私記*   12月21日 02:21

熱烈に   11月28日 16:44  

神に至る愛   愛の修道院のなかで 11月04日 03:56

告白   10月06日 22:47

きみと共にいることは、ぼくがぼくとして在ること   10月06日 03:52

 (個人覚書)   10月01日 02:20  事実と信仰 (覚書)   09月28日 19:03

ぼくには   07月27日 23:57

愛は発するものであると同時に求めるものである  7月26日 00:16

記録 愛の修道院のなかで 06月25日 17:05 

記録 愛の修道院のなかで 07月19日 14:11

 

ぼくは、ぼくのなかのきみいがい、もう信じたくない。

信じることの前ではすべては無力であり、信じることに合わせるしかない。(7.17)

 

愛は現前である   07月07日 14:22

 

*日々の誓い 信仰(個人)   非公開 

あなたは私だけを信じてちょうだい。私はいつもあなたと一緒よ。 

ぼくを知ったいまのきみの表情をみたい。ぼくのなかでしかみられない

きみを愛して愛して愛しぬく。ぼくの救いより大事なこと。そこにのみ

ぼくはいる。

 

       ―これがぼくの信仰の生の核心であり自由である。信仰は天のご機嫌とりではない。天に逆らっても自分の本心を敢行することを自分で肯定することを、信仰という。―

〔神がどう思うかをぼくは知り得ない。神の意思に基づいて生きるということは、よって、欺瞞である。信仰は、自分の決断と決意に基づいて生きることを敢行しつつ、神に面する態度において絶えず自分を問うことである。信仰内容は、個としての人間の歴史性の集積の深みから生成する。17.6.10〕

 

 

きみの演奏を聴き きみの魂を愛することは 他のいかなることにも優る

私録 Kakegae No Nai Mono 素材にこころを籠める

 

 

内部の世界に集中せよ

 

内部の世界に集中する、これはまことに「神の召命」なのであり、修道精神の本質である。このゆえに美意識は生の路を宗教的たらしめ、そのかぎりで倫理的たらしめる。倫理とは、生を「愛の修道院の路」たらしめる魂の希求である美意識の、美意識そのものからの自己統制であるほかの意味をもたない。「内部の世界に集中せよ」、この意味するところがぼくはきょう(17.6.9)身に染みて痛切に解った。ぼくの今後のすべての生を支配するだろう。 

 「神」に導かないのなら芸術にはいかなる真面目な意味も無い。そして芸術の意味を知ったのなら修道士の生を生きざるをえない。このことがいまぼくに真剣な実践として自覚された。 

 夢想であったものが真剣なものとなった。

 

            愛の定義  3月23日

 

 愛の修道院の路  3月25日   書き始めて三年の日      

 

 

 

 

 

 

言葉を離れて  05月06日

ミューズ 満ちた思念  01月11日

人間がなぜ「神」を思念するようになったかを了解する気持だ。「別の世界」である「美」の経験によって。 

 

愛とは、生活すべてが神聖な儀式となることである。おのずから生活が修道院となる。

ほんとうの愛 ほんとうの仕事 音楽への感謝    3月31日 21:52

きみの 魂の意識を籠める音楽づくりには 聴くたびに尊敬する

 

 

4月2日(日) 00:08:19

 

自分の過去の思索を担わなければならない。

「愛の修道院」のなかに生きながら思索をする。それは「問いの集中」である。この集中がぼくには「祈り」であり「作品の路」である。

ぼくはいま 問うものの外部からではなく 問うものの内部から問う境位にある。すべて裕美さんのおかげである。 

 

 

 

永遠というものがあるとしたらそれは「記憶の王国」であり、そこではすべての愛と美の記憶が生命をもって生きており、生の本質と現実そのものであり、そのすべての記憶はその意味と内実をますます深く無限に開示しつづけるような世界である。

 

 

無限を知るとは、いのちに共振することである。

 

無限でない いのち はない。

 

 

支える言葉 

 

ぼくは人間の本性は愛であると思っている。自分に反さず生きていれば、愛の方向にゆくしかないと思っている。愛のほかに、自分のほかに、なにを得ようとするのであろうか。自分を得ることは世界を得ることではない。愛を得れば世界を捨ててよい。自分は自分にしかない。愛は自分にしかない。生きていれば、「愛の方向にゆくようにできている」。これが運命であり自由である。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

           愛がなければ愛さないがいゝ

           愛さねばならぬといふ愛はない

           愛さずにはゐられないといふのが愛だ

 

                     ―「愛」 『耽視』より―

 

 

愛とは いまここで一緒に居ること  02月26日 23:39

 

 

ぼくの愛と美と信仰 

 

NEW !
テーマ:

最近接続が目立っていて、この一か月でも6位になっている。きょうも2接続。 

 

フランスへ飛び込んでから不思議な関連を経験していたが、けっきょく故郷に戻ってきて、ぼくは愛のなかにのみ生きている。ぼくは愛しか もとめていなかったから、そのとおりになったのだ。



テーマ:
 

テーマ:
 
 
 
 
 
 
 

 

NEW !
テーマ:

 

最近、内的精神的に第三者的他者の作用を拒否できるようになって、気づいたことは、直接的な寛容というものは どうもありえないのであって、自分への他者の作用を拒否できる分だけ、その他者に寛容にもなれるようだ、ということである。徹底的で或る意味冷酷な拒否を媒介してはじめて、寛容にもなりうる。寛容は、強者のものである。真の強者すなわち人間の本物になれないうちは、寛容は偽物なのである。これは気づいてみれば明晰判明な真理なのであるが、はたしてこの世に何人そういう域にほんとうに達している者がいるか、と、率直に言って思う。 

 

忠実であるべき自分自身が見いだされていないのに、自我の可能性の放棄から寛容であるなどというのは、およそ意味のないものである。そうぼくは思う。

 

 

第三者的他者に関しては、相手を否定できる分だけ、その心持ちが察せられるゆとりが生まれる、ということである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NEW !
テーマ:

 

裕美ちゃん、あの池袋西武百貨店のオーディオ店のクラシック コーナーで、きみの作品と出会って きみとめぐり逢ったことは、ぼくにとっても きみにとっても、定まった運命だったのだろうか。ぼくはとてもそう信じたい気持ちでいっぱいだ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても今年は よく金木犀らしい金木犀を咲かせてくれたものだ。

見本のように立派だ。

 

 

 

人間には、魂の伴侶が必要。実際に目の前に居る者が そういう魂の伴侶であれば、その人間は世界で最高の幸せを得ているけれど、実際はそうでないことのほうが多い。最も近い者にこそ、滲透できない距離を感じている。魂に目覚めた者は、それに気づいて孤独なのだ。幸福は努力してつくるもの、とは、魂に目覚めていない者の言葉だ。魂の愛は、努力ではどうしようもない。自分の魂と一致した相手と出逢う、それがあらゆる愛の努力の基礎なのだ。

 

あなたがたの愛はどういう次元の愛なのか、とぼくはいつも問いたい 

 

 

 

 

 

 

午後5時20分の雲。白くかがやいているところがある。

 

 

 

 

 

NEW !
テーマ:

 

人間は、生きているだけで平等だなどということがあるものか。

 

こういう美しい尊いものは損なってはいかん、というのがほんとうだ。 

 

人間尊重を云うなら、人間自身が尊重に価するものになるのが先だ。

 

 

日本は、日本人は、一般に、そういうふうになっているかな。

 

日頃 自他を貶め合っていて、観念上で どう尊重するというのだ。

 

すべてが子供で、大人になっていない。 

 

 

いいかげんに、ばかなことや くだらないことはやめて真面目に生きよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

 

マルセル的実存感覚の問題が全部出ている。 この感覚が抱けるのはぼくにはきみだけだ。 これはほんとうのこと。  



テーマ:
 
 

 

 



きみがすすめてくれるように いまのぼくには休息が必要だ。ほんとうに疲れている。この二年間の習慣をあらためなければ、あらたな創造のための吸収もできない、と、ぼくの意識のほうではおもう。それも一理。しかし創造というものはぼくの意識の技だけではない。ぼくが力なく放心しているときも、ぼくの意識に依らない存在の層は、かえってぼくの意識力から解放されて、それ自身の真実と力によって、「ぼく自身」をぼくに顕在化させる作用をするようだ。大先生の、戦後収容所での経験を思いだす。  ぼくがなにを言いたいかというとね、ぼくはますますきみがありのまま素直に好きになっている自分を見いだすのだ。これは、ぼくの生命力とは関係ない。ぼくの意識力とも。ぼくのそのままの存在がきみと調和し きみを愛している。それがぼく自身にとっても啓示されてくる。いま そのことを経験している。それがぼくにとってこの世のすべてのように嬉しい。きみが、あらゆる意識の幕がとりはらわれて、直接にぼくに感じられる。きみのまったき存在がぼくのまったき存在において感覚されている。これがどんなにうれしいことか 文字に書きたくないくらいだ 

きみとぼくのために書いてゆくよ








人間はなぜ死の間際でも愛するのだろう。むしろそれだけが高まって。愛と身体生命力とは別だからだ。愛は魂のもの。魂は身体に宿っても身体とは別である。