あなたの心&体、魂ごと輝かせる地産地消ライフを推奨する
Tama's Kitchen NYC主宰のたまです。
 
 

朝晩がちょっと涼しくなりましたね〜・・・でも、まだ夏だもん。

 

そんな頃がトマトソースの仕込みの季節です⭐︎ 笑

 

是非みんなに作ってもらいたいなと

去年書いた記事を2016年バージョンでアップし直す事にしました。

 

 

NYのファーマーズマーケットにはソース用トマトで有名な

サンマルツァーノ種も出回ります。(水分が少なく比較的崩れにくい品種) 

 

 

よく見るとケース買いしているおばちゃんとか夫婦が結構居るんですよ。

トマトソースを仕込むんだなーなんて目じりが下がります。

 

 

南イタリアでも夏の間に冬に使うトマトソースを仕込むのは毎年恒例のこと。

 

 

もう熟れ熟れのソース用のエアルームトマト(ハイブリッドでは無い古来原種トマト)を購入し、持ち帰ってそのまま調理開始〜

 

 

さてトマトソースを仕込みます!

 

 

用意するもの:

 

熟れたトマト約10個位

ニンニク1−2片

オリーブオイルはニンニクが泳ぐくらい

お好みでバジル

 

皆さんレシピの分量に結構こだわりますが、好みです❤︎

 

ニンニクが効いているのが好きならたっぷり入れてあげてください。

 

オイルの役割はこの場合、最終的には深みを与えることになると思います。

 

少なめに入れるとあっさりした印象になると思います。

 

でも入れすぎると油っこくなる。

 

でも、トマトソースは濃度があるし、混ぜると乳化するので 相当量を入れすぎない限り

油が凄い事になる様な事はないので大丈夫でしょう。常識内で調整してください。 

 

 

■作り方:


1. みじん切りのにんにくをオリーブオイルと共にお鍋に入れて

じっくり弱火にかけます。(鍋は口の広めの鍋を使うと蒸発が早いのでトマトが煮上がるのも早くなります。)

 

2. トマトを洗って小さいナイフでヘタをくりぬく様に切り取ります。

私は気にならないし、もったいないので皮をつけたまま角切りに。 

 

3. にんにくがゆっくり狐色になったら火を強火にして、切ったトマトを一気に鍋へ投入。塩を少々&お好みでバジルも枝ごと入れます。

 

4. ぽこぽこ沸くまで弱火から中火位かな。

その過程でゆっくりトマトが水分を出し始める。

 

5. 煮詰める時の火加減は、ジュースが飛び散るし、焦げ付くといけないのでふつふつと火に掛けます。時々混ぜてあげないと焦げます。

 

優しく、やさしく煮詰めます。

 

6. 水っぽさがなく、ヘラでかき混ぜた時に重く感じたら火から下ろします。

(瓶詰めはトマトソースが熱いうちに行います。)

 

 

出来上がり頃には料理し始めのトマトの量から約半分位になる感じです。
 

ちょっぴり買うよりは手間暇が掛かかる。 でも作業は単純でしょ?

 

1つのものにこれ位の労力が掛かることを知る、体験する・・・
 

そうすると自然に大切に食べようって思う。

 

日々もっと幸せを感じられる。

 

トマトを買うのも、連れて帰るのも、洗うのも、切るのも、

調理するのも本当にワクワク楽しいんです!

 

さて、次に仕上げの瓶詰めです。
(仕込んだトマトソースは瓶詰めなしの冷蔵庫保存で一週間位持ちます)

 

 

 

トマトソースの瓶詰め方法:

1. まず、大きめの鍋に必要分の瓶を用意して蓋と共に5分位 煮沸します。

 

2. 瓶を綺麗なタオルの上に口を下にして冷まし、残っている水滴を綺麗なペーパータオルで拭き、水気が無い事を確認しておきます。

 

3. まだ熱々のトマトソースを瓶に詰め、蓋はきっちり閉めない様に軽く蓋をして瓶を揺らしてトマトソース中の空気を抜いてあげます。出来たら蓋を閉めます。
瓶の口は綺麗に拭いて蓋をします。 

 

4. 中にキッチンタオルを敷いた大きめの鍋に、瓶の3/2がかぶる位の水を注いで沸かします。
5. 沸いたらトマトソースの瓶を丸ごと入れて沈め30分ほど優しく煮ます。

 

6. 火を止め、瓶をタオルの上の逆さにして冷まします。

 

7. 日付のラベル等お好みで貼って冷暗所にて保存します。

 

*食べるのに蓋を開けたら冷蔵庫で保存しながら使い切ります。

 

 

そしていつかこの子達を食べる時、蓋を開けると・・・

 

この今の夏が、この味が蘇るんですね。

 

本当に、夏のタイムカプセルですよ。

 

是非試してみてくださいね⭐︎ 

 

 

 

9月のファーマーズマーケットツアー詳細   

 

 

*写真は盛り付け例で具材等は含まれません。

 

今回は2年ぶりにスープの販売を予定しています。

 

(以前はツアー開催時に毎回2〜3種類のスープを販売していましたが、

出産に伴い販売を停止していました。)


スープは2種類、

プレミアムコーンスープとスイカとエアルームトマトのカスパチョです。

仕入れから下準備、調理、お届けまで愛たーっぷりこもったスープ達で、

毎回ご購入下さった方から驚きの声を頂いております。

 

スープについての詳細はこちら

 

 

 

 

 

開催日:9月16日金曜、9月17日土曜、9月28日水曜  

 

曜日により、大半の出店ファームが異なります。  

  

場所:ユニオンスクエア ファーマーズマーケット  

  

時間:9時から10時30分ごろまで  

   

 参加費:お一人様 $35  

  

持ち物:各自必要なもの、メモ、筆記用具、エコバッグなど  

 

  

  *写真はスープの盛り付け例で、具材は含まれません。

   

■お申し込み方法:    
   
*2種類のフォームがあります。お間違えないようお願い致します。    
   
ーツアー参加希望者様用の(スープ)お申し込み:    
■ツアー(とスープ)の申し込みはこちらから■(予約フォーム)    
   
ースープのみのお申し込み:    
■スープのみのお申し込みはこちらから■(予約フォーム)    
   
マーケット内は込み合います。お子様と参加の場合は乳幼児のみとさせて頂いており、抱っこ紐でのご参加に限らせて頂いております。団体行動となる為、スタンド内は混雑も予想されるのでストローラーでのご参加はご遠慮頂いております。  

 

お会い出来るのを楽しみにしております!  
 

 

*ジャピオン7月号に掲載して頂きました。

 

■Tamaのプロフィールはこちら。  

  
AD

 

 

 

 


あなたの心&体、魂ごと輝かせる地産地消ライフを推奨するTama's Kitchen NYC主宰のたまです。(マジで輝きます!笑)

 

 

 

夏も終盤、色々な夏野菜が出回っているニューヨークのファーマーズマーケット。

やもう7月ごろから見かける見逃せないアイテムが花ズッキーニ。

 

花の中に詰め物をしてサクッと揚げるだけで、前菜、メイン料理にもなるし、ほーんと美味しいの!

今日は花ズッキーニの食べ方をご紹介しちゃいます。

 

 

「ええ〜ズッキーニの花って食べられるの?」驚かれる人が多数。

「まだ私にはハードルが高すぎるかなあ〜」なんて方も。


「食べてみたい!!」って思ったら試してみるタイミングは  今!!


 大丈夫、あなたには出来る!

 

こう言う考え方、自分の背中を押す時に良いです。
 

お金の心配?自信がない?時間がない?

 

そんなものは幻や〜

  

人生は、経験するためにあるから!🤗✨


 では、花ズッキーニのフリットです❤️


花ズッキーニは現在ファーマーズマーケットで購入出来ますよ〜。

 

もうそろそろ無くなっていくのでご注意を。(現在8月26日時点)
*このレシピは7月にニュースレターで皆様にお届けしたものです。

 


【花ズッキーニのフリット6個分】

*花ズッキーニ 6個

*中身(花の大きさにより具材の量は変わります)

  • リコッタチーズ 大スプーン3−4杯
  • とき卵         半個分
  • 刻みパセリ(バジルやコリアンダーなどお好みのハーブ)適量
  • おろしたパルミジャーノレッジャーノ 適量
  • 塩コショウ 適量
     
  • 入れたかったらナスを小さく切って炒めたものなど  適量       

*衣

  • 小麦粉   
  • ビールまた炭酸水
  • 塩   少々


ー 準備の仕方ー
粉にひとつまみ程塩を加え、水をゆっくり加えてフォークなどで軽く合わせます。
とろりとした濃度の衣を作る。(水っぽくなったら粉を加えれば大丈夫です。)
※練らないように優しく混ぜるのがポイント。
※出来上がりの濃度が濃いと衣が厚くなり、薄すぎると衣が薄くなります。

 *揚げ油
 



ー作り方ー

1、ズッキーニの花の汚れを拭き取り(またはさっと洗う)雄しべを取り除く。

2、花の中に詰める中身を合わせ調味する。味見してね。

3、花を優しく開いた状態、または花を一部を優しく裂いてから中身を詰め、花を軽く閉じてつぼみのようにしてあげる。詰める具の量は花の大きさによりますが、花の大きさの半分くらいでしょうか?そうすることで口を閉じることが出来ますね。

4、揚げ油を用意し、適温になったら、詰め物をした花ズッキーニを衣液(上記済み)にくぐらせてこんがりと揚げる。

5、皿に盛って塩と胡椒を軽くかけ、美味しいオリーブオイルをまわしかけて頂く。

是非試してみてください⭐︎

 


ニュースレター
ブログやFacebookにはUPしないコラム、その他の情報も盛り込んでお送りしています☆
☆こちらから配信登録をして頂きます☆ 
(メールアドレスとお名前を入力のみで完了です。)

 

 

今月最終のツアーは明日の8月27日土曜日に開催されます。
 *詳細は以下にあります。

 


ツアーにご参加くださった方の感想

(了承を得て投稿しております。)

 

この度は一言御礼を申し上げたくてメール致しました。

ツアーに参加してから、あっという間に1か月が過ぎてしまいました。
とてもとても充実した1か月でした。

この1か月の家族の食生活が劇的に変わりました。

同時に、生活の仕方、考え方、育児への向き合い方も劇変しました。


また、2歳半の偏食の息子がお野菜をモリモリ食べてくれるようになりました。
これにはだいぶ長い間悩んでいたので、主人も私も驚き、とても喜んでいます。

ツアーに参加させて頂いた時は、ニューヨークに赴任してから約2カ月目の時で、慣れない生活や食生活に悩んでおりましたが、たまさんから色々な言葉や教えを頂くことで、その悩みは一瞬に払拭されました。
そして、同時にたまさんや、マーケットの人たち、マーケットのお野菜や自然の物たちから、たくさんのエネルギーやパワーを頂いたと感じております。

本当に参加させて頂き、勉強になり、元気をも頂きました!
本当にありがとうございます。

また元気を頂きたくなったら、たまさんにお会いしに参ります!
どうぞ引き続きよろしくお願い致します。

 



知り合いに面白かったからと言われて参加しましたが
ごく一般的な野菜についての知識のみかと思っていたのですが
(それだけでも十分に価値があると思って参加をしたので)

ほんとに食をいたすということは、本当に自分を大切に扱うという
所からの出発になるのだと、改めて思いました。

思考だけでなく、現実に表してこそのもの。

改めて、自分を大切に、ということが胸にきた時間でした。
頭、心、感情、精神このバランス、、そんなことを考えつつ
野菜を眺めておりましたよ。

生き生きとした人々や食物のパワーにふわふわしてしまいました。

ありがとうございました。

 


 

沢山の方に喜んで頂き、

こうやって感想を頂くたびにツアー開催してて良かったと心から思います。
ありがとうございます!!!

 

たま

 

 

【8月のファーマーズマーケットツアー詳細】
8月も夏休み特別☆子供割引有り!

 


開催日:8月27日土曜
(曜日により、大半の出店ファームが異なっています。)

場所:ユニオンスクエア ファーマーズマーケット

時間:9時から10時30分ごろまで
(混雑等により時間通りに進められない場合もあります。一応終了時間を15分ほど余裕を見てご参加下さいませ。)

参加費:お一人様 $35
(夏休み食育月間にて今月と来月のみお子様1人$25)

*お子様は13歳以下を割引対象とさせて頂きます。
*料金は当日、ツアー開始前にお支払い下さい。

持ち物:各自必要なもの、メモ、筆記用具、エコバッグなど




【お申し込み方法】:

(予約フォーム)↓
http://www.123contactform.com/form-1907614/Farmars-Market-Tour-Reservation-Form 

*万が一フォームでのお申し込みが出来なかった方はtamaskitchen.nyc☆gmail.com
(☆を@へ変えてください。) へと、①ご希望の日程②電話番号をお書き添えの上送信をお願い致します。③お子様との参加であればのそちらの提示、無ければ①と②だけで結構です。

*土砂降りで無い限り、軽い雨であれば決行致します。

*コンファームメイルは一斉送信メイルとなり、2~3日掛かる場合があります。また、4日経ってもコンファームメイルが来ない場合、お手数ですが ご一報頂ければ幸いです。

 


 

 


Tama's Kitchen NYC主宰
たま バッチャー

 

地産地消を楽しんで心と身体を輝かせる「ファーマーズマーケットツアー」

食材との対話を学ぶ、唯一のクラス「大地の恵 料理教室」

あなたを本来の自分へと導く「レイキクラス」を開催。

 

 

18歳より料理の道へ入り、辻学園 調理・製菓学校を卒業。大阪の4店舗のイタリアレストラン、卸売市場に勤務し、2002年に渡米。当時3ツ星のBOULEYにて製菓部門、調理部門の全ステーションを終了。2007年NYタイムズ4ッ星のDEL POSTOにてスーシェフ・ソーシエを勤める。自らファーマーズマーケットで野菜の買い付けを行い、ローカルの食材の持つ魅力に引き込まれる。2010年に同レストランを退職。その後、ホリスティックカウンセラー養成学校にてプライベートシェフとして勤務。同時期にTama’s Kitchenとしての活動も始め、現在に至る。

 

活動は日系のテレビでも放映、料理教室、ファーマーズマーケットツアーは、

ガイドブック、雑誌、新聞等でも掲載されている。
 

Facebook: www.facebook.com/TamasKitchen/

Instagram: www.instagram.com/tamaskitchen/

 

 

 

多くのレストランも買い出しに訪れるファーマーズマーケット。


ローカルの食材を使ったランチプレート
プライベートツアーについてはこちら。

 


 

AD