*6月のニュースレターにコラムを載せているのですが今回多くの反響を頂いたので
ブログにもUPしてみる事にしました。
ウインク
 

大好きなもの、美しいものに囲まれて生きると、
人生が加速し始めます☆
本当です。

【お金の使い方は人生を変える。】

先日ファーマーズマーケットで季節真っ只中のライラック購入しました。

薄紫や紫、濃いピンクの花たちは可憐で美しく、電車で隣に座っていた女性が電車の中での「気分が格別に変わったわ~~」なんてウットリしていたくらい。

飾った部屋に広がった芳香は最高で、心に良い影響を与えてくれているのを感じます。
心が喜んでる。そして、おうちの雰囲気も変わって、うっとり☆
自分の気持ちが上がれば運気も上がる。
 


何かを買う時、”欲しいな” ”素敵な物があるな~”と思ったら、迷わず買うのをお勧めします。今日食べるもの、レストランでのメニューでもそうです。

値段で選んでいませんか?
私も以前はそうでした。無意識に値段とにらめっこ。

自分には欲しいものを手にする、所有する価値があるんです。
お金は自分が欲しいものを買う為にあります。
本当に心が喜ぶものを選ぼう、食べよう。


もし、お金がもったいない、意味無く溜めて置かないと~なんて無意識に思ってしまっていたら、是非世の中に良い事、自分の心が喜ぶ事に使ってみてください。

気持ちよく出たお金はくるりとまた戻って来り、また、代わりに素晴らしい経験が舞い込んでくるんです。
だって私も最近それを実感する出来事がいっぱいなんですもん。

今日はその一つをシェア☆

今までは、子供と公園に行くくらいだし、あまり物を持たず、質素な方が格好良いなんて何となく無意識に思っていた気もします。

でも、春になって意識に大きな変化が訪れ、好きなものに囲まれる&身につける事を楽しんでいます。自分が好きな服を着て、好きなものを所有する。
もう心が急速に加速し始めるワクワク感。
これに従うのだ~~~(バシャール先生の言葉)

湧き上がるその想いを叶えるべく、計画してお友達とショッピングで出掛け、想わぬ流れであるものを買う事にしたのです。

さてなんでしょうか、きっとみんなビックリするはず?笑


それは、ハイヒールです。

いままでハイヒールって買った事が無かったんですね。
産まれて初めてのハイヒールっすよ!おねがい

これまでのハイヒールと言われての私の印象は・・・

1、ハイヒール=足を痛めるもの
2、足の幅の広い私とは無縁のものだと無意識に思い込んでいた。

1、は母親の足が酷い外反母趾なのです。
(母は写真を見ても若い頃からオシャレで、「昔よくピンヒールを履いていたから」だと外反母趾の原因だと言っていました。)なので条件反射、言われたまま無意識に足を痛めるものだと思っていました。(もちろん履きすぎはどうかなと思う)

2、は自身のコンプレックス。
ハイヒールは女性らしい人が履くもの(私はそうではないと言う自己否定)、足の幅が広い私には似合わない。そう思っていました。

買うつもりなどないけれど、お店にはハイヒールが沢山並んでいて、友達が靴を選んでいたので自分のサイズのコーナーに行き、興味本位でハイヒールに足をそっと入れてみんです。

ただ単に履いてみるだけだし・・・っと。

そしたら、とても良いハイヒールで履き心地がとっても良かったのです。サイズもぴったりだし。無理して背伸びしている感覚も無し!笑 (ハイヒールはちゃんと選んで心地良く履くのが良さそうです☆)

そして 鏡を見て・・・驚き!
”ええー私も履けるんだ。”
似合ってるじゃないか~~
(ここポイント。笑 そうじゃないと買わないからねw)

必然の出会いだ!!
高級なハイヒールを5分で即決!
購入~~~!


似合わないもの、入らない、我慢して履くものだと思っていたんだもの。
一生無縁のもの、そう思ってた。

でも、履いてみたら女性らしくて嬉しかった。
似合ってた。(また言うw)

何よりも、また新しい自分を発見出来たんです。

もっと自分が好きになれるきっかけが、
「私の一番無縁だと決め付けていた物」から得られたのです。


きっと、人間関係でも一緒だね。
「一番関係ないと思っている人、嫌いだと思っている人」は自分の持ってないものを持っている。どこかで読んだ本の一節が頭をよぎりました。

そして、更に”お金というエネルギーの循環”もその直後に起こりました。

大喜びで自己投資したら、お誘い頂き、星付きの有名レストランへ夫婦で行く事になったのです。お誕生日でもないけど、記念日でもないけどレストラン!爆 笑
ハイヒールを買ったほんの2-3日後よ?
ハイヒール履く機会がもうやって来た~~~☆

(その様子はFBやInstagramには投稿済みドキドキ

更に数週間で新しい出会い(豊かさ)&またどんどんケータリングなど仕事が舞い込んでおります。照れ

自分を否定せず、色々試してみよう。
楽しみましょう。経験しましょう。感動しましょう。

それが人生の豊かさ。
お金は天国には持っていけない。
持っていけるのは日々の喜びと経験。


私ってこうだしなぁ。
無理だしなぁ~なんて無意識に流れる思考を見直す。お勧めでーす。

追記:ハイヒールを履くのはいいけど、歩き方が面白い感じなのはご愛嬌~♪笑
(おうちでキャットウォークの練習も楽しいのです☆)
 

 あなたが本当に欲しいと思うものを選んでみて下さい。
そして妥当な値段を気持ちよく払ってみてください。
人生が驚くほど幸せへと加速し始めます~!
 
ファーマーズマーケットツアー ★ 自分の心が喜ぶお買い物を体験しよう ★
 
開催日:6月8日、10日、11日の(土、水、金)
今回も3日間の開催、ご希望の日程に参加可能です。
(全てではありませんが、曜日により出店ファームが異なっています。)

場所:ユニオンスクエア ファーマーズマーケット

時間:9時から10時半ごろまで
(混雑等により時間通りに進められない場合もあります。
一応終了時間を15分ほど余裕を見てご参加下さいませ。)

参加費:お一人様 $35
(当日、ツアー開始前にお支払い下さい。)

持ち物:各自必要なもの、メモ、筆記用具、エコバッグなど
 

【お申し込み方法】:
こちらの予約フォームからどうぞ。


万が一フォームでのお申し込みが出来なかった方は
tamaskitchen.nyc☆gmail.com (☆を@へ変えてください。) へ
①ご希望の日程②電話番号をお書き添えの上送信をお願い致します。

 

土砂降りで無い限り、軽い雨であれば決行致します。

マーケット内は込み合います。お子様と参加の場合は乳幼児のみとさせて頂いており、抱っこ紐でのご参加に限らせて頂いております。団体行動となる為、またスタンド内は混雑も予想されるのでストローラーでのご参加はご遠慮頂いております。

コンファームメイルは一斉送信メイルとなり、2~3日掛かる場合があります。また、4日経ってもコンファームメイルが来ない場合、お手数ですが ご一報頂ければ幸いです。宜しくお願い致します。
 
■過去のツアーの様子等はこちらからどうぞ☆

↑過去の掲載紙(ジャピオン)、ガイドブックなど


↑こちら新しくガイドブックにファーマーズマーケットアーを掲載頂きました☆
2016年2月出版「ダイアモンド社 ニューヨークランキング&テクニック!」
 

【5月のツアーに参加して下さった方の感想】
*了承を得て掲載させて頂いております

今日の戦利品、Whole WheatのSourdough bread、活きのいい鱒の燻製。日本のカブは見つけたら買うようにしています。焼いても、煮ても、ぬか漬けにしても何でも美味しいですよね~。
Broccoli Rabeは、最近NJで手に入らないので嬉しい~。

今回のお目玉は菊芋とこごみ)。最近、菊芋が癌にも糖尿病にも大変良い食材と聞いて気になっていました。まさか、USで食べれるなんて!Tamaさんに教わった、ガーリックと一緒に煮て...というシンプルな調理法が食感が良くって新鮮。サクサクというか、お芋じゃないみたい。こごみもこちらでは、初!新鮮でOyster Mushroomと一緒にポン酢で頂きました。

普段、ついでに寄るので2、3時頃に行くマーケットですが、今日は朝9時に集合だったのでいろんな種類のお野菜がいっぱい。18年間住んでいて、やっと皆さんが絶賛する理由が分かりました~。(NJ在住 マクロビオティックシェフ Mさん)



Tama Boettcher /Tama's Kitchen主宰

1995 年大阪にて辻学園 調理・製菓学校を卒業、その後大阪の4店舗のイタリアレストラン、その後市場に勤務し、2002年に渡米。当時3ツ星のBOULEYにてPastry、 キッチン全ステーション終了、トータル3年半勤務。2007年NYタイムズ4ッ星のDEL POSTOにてスーシェフ・ソーシエを勤める。2010年レストランを退職、その後プライベートシェフとして、ホリスティックカウンセラー養成学校勤務。 同校のプログラムを終了、米国認定ホリスティックヘルスカウンセラー資格取得。現在は大地の恵 料理教室主宰、ファーマーズマーケットツアー、レイキクラスなどそのほかイベントを行っている。

■ Tama's Kitchen News Letter ■
配信登録を頂ければニュースレーターが届きます。
ブログやFacebookにはUPしないコラム、その他の情報も盛り込んでお送りしています☆

☆こちらから配信登録をして頂きます☆


 

AD
大好きなもの、美しいものに囲まれて生きると、
人生が加速し始めます☆
本当です。

【お金の使い方は人生を変える。】

先日ファーマーズマーケットで季節真っ只中のライラック購入しました。

薄紫や紫、濃いピンクの花たちは可憐で美しく、電車で隣に座っていた女性が電車の中での「気分が格別に変わったわ~~」なんてウットリしていらっしゃいました。

飾った部屋に広がった芳香は最高で、心に良い影響を与えてくれているのを感じます。
心が喜んでる。そして、おうちの雰囲気も変わって、うっとり☆
自分の気持ちが上がれば運気も上がる。

何かを買う時、”欲しいな” ”素敵な物があるな~”と思ったら、迷わず買うのをお勧めします。今日食べるもの、レストランでのメニューでもそうです。

値段で選んでいませんか?
私も以前はそうでした。無意識に値段とにらめっこ。

自分には欲しいものを手にする、所有する価値があるんです。
お金は自分が欲しいものを買う為にあります。
本当に心が喜ぶものを選ぼう、食べよう。


もし、お金がもったいない、意味無く溜めて置かないと~なんて無意識に思ってしまっていたら、是非世の中に良い事、自分の心が喜ぶ事に使ってみてください。

気持ちよく出たお金はくるりとまた戻って来り、また、代わりに素晴らしい経験が舞い込んでくるんです。
だって私も最近それを実感する出来事がいっぱいなんですもん。

今日はその一つをシェア☆

今までは、子供と公園に行くくらいだし、あまり物を持たず、質素な方が格好良いなんて何となく無意識に思っていた気もします。

でも、春になって意識に大きな変化が訪れ、好きなものに囲まれる&身につける事を楽しんでいます。自分が好きな服を着て、好きなものを所有する。
もう心が急速に加速し始めるワクワク感。
これに従うのだ~~~(バシャール先生の言葉)

湧き上がるその想いを叶えるべく、計画してお友達とショッピングで出掛け、想わぬ流れであるものを買う事にしたのです。

さてなんでしょうか、きっとみんなビックリするはず?笑


それは、ハイヒールです。

いままでハイヒールって買った事が無かったんですね。
産まれて初めてのハイヒールっすよ!おねがい

これまでのハイヒールと言われての私の印象は・・・

1、ハイヒール=足を痛めるもの
2、足の幅の広い私とは無縁のものだと無意識に思い込んでいた。

1、は母親の足が酷い外反母趾なのです。
(母は写真を見ても若い頃からオシャレで、「昔よくピンヒールを履いていたから」だと外反母趾の原因だと言っていました。)なので条件反射、言われたまま無意識に足を痛めるものだと思っていました。(もちろん履きすぎはどうかなと思う)

2、は自身のコンプレックス。
ハイヒールは女性らしい人が履くもの(私はそうではないと言う自己否定)、足の幅が広い私には似合わない。そう思っていました。

買うつもりなどないけれど、お店にはハイヒールが沢山並んでいて、友達が靴を選んでいたので自分のサイズのコーナーに行き、興味本位でハイヒールに足をそっと入れてみんです。

ただ単に履いてみるだけだし・・・っと。

そしたら、とても良いハイヒールで履き心地がとっても良かったのです。サイズもぴったりだし。無理して背伸びしている感覚も無し!笑 (ハイヒールはちゃんと選んで心地良く履くのが良さそうです☆)

そして 鏡を見て・・・驚き!
”ええー私も履けるんだ。”
似合ってるじゃないか~~
(ここポイント。笑 そうじゃないと買わないからねw)

似合わないもの、入らない、我慢して履くものだと思っていたんだもの。
一生無縁のもの、そう思ってた。

でも、履いてみたら女性らしくて嬉しかった。
似合ってた。(また言うw)

何よりも、また新しい自分を発見出来たんです。

もっと自分が好きになれるきっかけが、
「私の一番無縁だと決め付けていた物」から得られたのです。


きっと、人間関係でも一緒だね。
「一番関係ないと思っている人、嫌いだと思っている人」は自分の持ってないものを持っている。どこかで読んだ本の一節が頭をよぎりました。

そして、更に”お金というエネルギーの循環”もその直後に起こりました。

大喜びで自己投資したら、お誘い頂き、星付きの有名レストランへ夫婦で行く事になったのです。お誕生日でもないけど、記念日でもないけどレストラン!爆 笑
ハイヒールを買ったほんの2-3日後よ?
ハイヒール履く機会がもうやって来た~~~☆

(その様子はFBやInstagramには投稿済みドキドキ

自分を否定せず、色々試してみよう。
楽しみましょう。経験しましょう。感動しましょう。


私ってこうだしなぁ。
無理だしなぁ~なんて無意識に流れる思考を見直す。お勧めでーす。

追記:ハイヒールを履くのはいいけど、歩き方が面白い感じなのはご愛嬌~♪笑
(おうちでキャットウォークの練習も楽しいのです☆)

ー 自分の”本当の気持ち”を大事にしてあげて下さいね。ー

ファーマーズマーケットツアー ★ 自分の心が喜ぶお買い物を体験しよう ★
 
開催日:6月8日、10日、11日の(土、水、金)
今回も3日間の開催、ご希望の日程に参加可能です。
(全てではありませんが、曜日により出店ファームが異なっています。)

場所:ユニオンスクエア ファーマーズマーケット

時間:9時から10時半ごろまで
(混雑等により時間通りに進められない場合もあります。
一応終了時間を15分ほど余裕を見てご参加下さいませ。)

参加費:お一人様 $35
(当日、ツアー開始前にお支払い下さい。)

持ち物:各自必要なもの、メモ、筆記用具、エコバッグなど
 

【お申し込み方法】:
こちらの予約フォームからどうぞ。


万が一フォームでのお申し込みが出来なかった方は
tamaskitchen.nyc☆gmail.com (☆を@へ変えてください。) へ
①ご希望の日程②電話番号をお書き添えの上送信をお願い致します。

 

土砂降りで無い限り、軽い雨であれば決行致します。

マーケット内は込み合います。お子様と参加の場合は乳幼児のみとさせて頂いており、抱っこ紐でのご参加に限らせて頂いております。団体行動となる為、またスタンド内は混雑も予想されるのでストローラーでのご参加はご遠慮頂いております。

コンファームメイルは一斉送信メイルとなり、2~3日掛かる場合があります。また、4日経ってもコンファームメイルが来ない場合、お手数ですが ご一報頂ければ幸いです。宜しくお願い致します。
 
■過去のツアーの様子等はこちらからどうぞ☆

↑過去の掲載紙(ジャピオン)、ガイドブックなど


↑こちら新しくガイドブックにファーマーズマーケットアーを掲載頂きました☆
2016年2月出版「ダイアモンド社 ニューヨークランキング&テクニック!」
 

【5月のツアーに参加して下さった方の感想】
*了承を得て掲載させて頂いております

今日の戦利品、Whole WheatのSourdough bread、活きのいい鱒の燻製。日本のカブは見つけたら買うようにしています。焼いても、煮ても、ぬか漬けにしても何でも美味しいですよね~。
Broccoli Rabeは、最近NJで手に入らないので嬉しい~。

今回のお目玉は菊芋とこごみ)。最近、菊芋が癌にも糖尿病にも大変良い食材と聞いて気になっていました。まさか、USで食べれるなんて!Tamaさんに教わった、ガーリックと一緒に煮て...というシンプルな調理法が食感が良くって新鮮。サクサクというか、お芋じゃないみたい。こごみもこちらでは、初!新鮮でOyster Mushroomと一緒にポン酢で頂きました。

普段、ついでに寄るので2、3時頃に行くマーケットですが、今日は朝9時に集合だったのでいろんな種類のお野菜がいっぱい。18年間住んでいて、やっと皆さんが絶賛する理由が分かりました~。(NJ在住 マクロビオティックシェフ Mさん)



Tama Boettcher /Tama's Kitchen主宰

1995 年大阪にて辻学園 調理・製菓学校を卒業、その後大阪の4店舗のイタリアレストラン、その後市場に勤務し、2002年に渡米。当時3ツ星のBOULEYにてPastry、 キッチン全ステーション終了、トータル3年半勤務。2007年NYタイムズ4ッ星のDEL POSTOにてスーシェフ・ソーシエを勤める。2010年レストランを退職、その後プライベートシェフとして、ホリスティックカウンセラー養成学校勤務。 同校のプログラムを終了、米国認定ホリスティックヘルスカウンセラー資格取得。現在は大地の恵 料理教室主宰、ファーマーズマーケットツアー、レイキクラスなどそのほかイベントを行っている。

■ Tama's Kitchen News Letter ■
配信登録を頂ければニュースレーターが届きます。
ブログやFacebookにはUPしないコラム、その他の情報も盛り込んでお送りしています☆

☆こちらから配信登録をして頂きます☆

AD

 

Tamas' Kitchenのページで時々アップするファーマーズマーケットの食材を使ったお料理達。

お魚の写真をアップすると、「お魚はどこで買われているんですか?」
って聞かれる事が多いです。
 

↑アンキモや鯖など生で食べられる位の新鮮なお魚が色々買えるのです。

「ええー生で食べられるお魚が有るなんて!」っとビックリされるんです。


私がお魚を買うのはもちろんファーマーズマーケットです。

鯛やヒラメ、カレイに鯖、ホタテに甘鯛、(日本の甘鯛とは違う種類)マグロに
カジキマグロ、アンコウ、イカやエイヒレ、ワカサギ、ハマグリにムール、牡蠣などなど・・・
日によって異なりますが、いろんな種類のお魚が購入出来ます。

アメリカのお魚業者は扱いが粗いのが残念です。
日本だと日本人は魚を寿司や刺身など生で食べる事が多いし、
魚文化の国ですので、活け〆など最新の技術で魚の鮮度を保つ事もプロの間では常識。

それに比べるとアメリカのスーパーマーケットの魚は残念ながら何日前の魚?
って言う事が非常に多いのです。その他、色々気をつけた方が良いものも有ったり。

そう言うのをいちいち避けるのなら、ローカルの新鮮なお魚を楽しみましょう~って言いたいのです。
ネガティブな事を言い出したらキリが無いし、食べる事が楽しくなくなっちゃうので。

あ、買う時は丸1匹のお魚を買って捌いて使います。
(もちろん切り身も売っています。)
 

↑平目のカルパッチョや春野菜を使った前菜

後は季節のお野菜のおいしい事・・・
季節を楽しむ事は人生をもっともっと豊かにしてくれます。
美味しい野菜は心と身体を満たしてくれます。

↑ファーマーズマーケットで買えるアイテムを使ったランチプレート

是非ローカルの食材を楽しんでみてください。

次回はお金の使い方、考え方についてお話したいと思います~☆

 

「人生が変わるお買い物の仕方を学ぶ]
6月のファーマーズマーケットツアー


6月!初夏の野菜が出回り始めている頃ですね。
この季節も見逃せません~~~


「料理は苦手だけど美味しいものを食べるのが大好き!」


「いつも安売りの品物を選んで買ってしまっている」


「家族に安全な物を選んで食べさせたい」


「NYのレストランが買っている美味しい食材を知りたい」


「人生をもっと楽しくハッピーに生きたい!」


「ニューヨークをもっと好きになりたい!」


「地産池消、ローカルに興味がある。環境に良い事をしたい!」


「ビーガン、ベジタリアンなど色々を実施しているけどしっくり来ない。」


「自炊をもっと楽しくしてみたい。」


「美味しい物が大好き~~!!!」


「心から健やかになりたい」


そんなあなたに・・・・


今年で開催6年目!
NYの台所、美味しいものだらけのファーマーズマーケットツアー☆


NYのレストランに勤務しながらそのお店の野菜担当を任され、

ファーマーズマーケットでの仕入れをしていたプロの料理人Tamaが

マーケットの美味しい秘密のアイテムをご紹介!

そして、その他、心と体に大切なお話を織り交ぜてお送りします。

もう多くのレストランが仕入れに訪れ、地元の食材の美味しさ、

地消地産の大切さを実感している時代です。

現地の野菜を使っているとメニューに載せているレストランも多く、マーケットでも実際に多くのシェフを見掛けます。そのNYの台所、ファーマーズマーケットを紹介するツアー!

 

6月のファーマーズマーケットツアー:詳細
 
開催日:6月8日、10日、11日の(土、水、金)
今回も3日間の開催、ご希望の日程に参加可能です。
(全てではありませんが、曜日により出店ファームが異なっています。)

場所:ユニオンスクエア ファーマーズマーケット

時間:9時から10時半ごろまで
(混雑等により時間通りに進められない場合もあります。
一応終了時間を15分ほど余裕を見てご参加下さいませ。)

参加費:お一人様 $35
(当日、ツアー開始前にお支払い下さい。)

持ち物:各自必要なもの、メモ、筆記用具、エコバッグなど
 

【お申し込み方法】:
こちらの予約フォームからどうぞ。


万が一フォームでのお申し込みが出来なかった方は
tamaskitchen.nyc☆gmail.com (☆を@へ変えてください。) へ
①ご希望の日程②電話番号をお書き添えの上送信をお願い致します。

 

土砂降りで無い限り、軽い雨であれば決行致します。

マーケット内は込み合います。お子様と参加の場合は乳幼児のみとさせて頂いており、抱っこ紐でのご参加に限らせて頂いております。団体行動となる為、またスタンド内は混雑も予想されるのでストローラーでのご参加はご遠慮頂いております。

コンファームメイルは一斉送信メイルとなり、2~3日掛かる場合があります。また、4日経ってもコンファームメイルが来ない場合、お手数ですが ご一報頂ければ幸いです。宜しくお願い致します。
 
■過去のツアーの様子等はこちらからどうぞ☆
↑過去の掲載紙(ジャピオン)、ガイドブックなど


↑こちら新しくガイドブックにファーマーズマーケットアーを掲載頂きました☆
2016年2月出版「ダイアモンド社 ニューヨークランキング&テクニック!」
 

【5月のツアーに参加して下さった方の感想です】
*了承を得て掲載させて頂いております

今日の戦利品、Whole WheatのSourdough bread、活きのいい鱒の燻製。日本のカブは見つけたら買うようにしています。焼いても、煮ても、ぬか漬けにしても何でも美味しいですよね~。
Broccoli Rabeは、最近NJで手に入らないので嬉しい~。

今回のお目玉は菊芋とこごみ)。最近、菊芋が癌にも糖尿病にも大変良い食材と聞いて気になっていました。まさか、USで食べれるなんて!Tamaさんに教わった、ガーリックと一緒に煮て...というシンプルな調理法が食感が良くって新鮮。サクサクというか、お芋じゃないみたい。こごみもこちらでは、初!新鮮でOyster Mushroomと一緒にポン酢で頂きました。

普段、ついでに寄るので2、3時頃に行くマーケットですが、今日は朝9時に集合だったのでいろんな種類のお野菜がいっぱい。18年間住んでいて、やっと皆さんが絶賛する理由が分かりました~。(NJ在住 マクロビオティックシェフ Mさん)

 

たまさんのアツい魂がこもったひと時、堪能しました~。
「段取り上手の強み」と「今を生きる」ことのジレンマについての、
この間のたまさんのブログ、私はたまさんの10分1も段取りできないけど、お気持ちはすごく共感できると思っていました。

ツアー終盤の「マーケットで、今まさに旬の食材を選んで、それを心を込めて調理して、美味しく頂く。」と言うたまさんのコトバ。これも「今を生きる」ことの立派なひとつのカタチなんだ、それを伝えてくださってたんだ~、と思った私でした。 行者にんにくは味噌和えにして、おいしく家族のお腹に納まっています。 たまさん、いつもありがとう!

(NY在住 ライフコーチ Sさん)

 
沢山エネルギーを頂きました!教えて頂いた野菜やはちみつなどなど調達し、今週色々楽しみです。カブ、軽く蒸したところカブ苦手な娘もペロリと頂けるほど甘く美味しかったです。
(NJ在住 Sさん)



○たま○
Tama's Kitchen主宰

1995 年大阪にて辻学園 調理・製菓学校を卒業、その後大阪の4店舗のイタリアレストラン、その後市場に勤務し、2002年に渡米。当時3ツ星のBOULEYにてPastry、 キッチン全ステーション終了、トータル3年半勤務。2007年NYタイムズ4ッ星のDEL POSTOにてスーシェフ・ソーシエを勤める。2010年レストランを退職、その後プライベートシェフとして、ホリスティックカウンセラー養成学校勤務。 同校のプログラムを終了、米国認定ホリスティックヘルスカウンセラー資格取得。現在は大地の恵 料理教室主宰、ファーマーズマーケットツアー、レイキクラスなどそのほかイベントを行っている。

 

 

■ Tama's Kitchen News Letter ■
配信登録を頂ければニュースレーターが届きます。
ブログやFacebookにはUPしないコラム、その他の情報も盛り込んでお送りしています☆

☆こちらから配信登録をして頂きます☆
(メールアドレスとお名前を入力のみで完了です。)


*写真はファーマーズマーケットで購入したお野菜達です。

お読みくださり有難うございました☆

AD

大分出身の友人が熊本、大分をはじめとする九州震災の復興イベントのオーガナイズを行っています。5月15日の日曜日開催です。
是非足を運んで下さいね。拡散も宜しくお願い致します。
日本人以外の方にも九州の郷土料理を食べて頂けるので喜ばれ、自動的に支援になります。たくさんの方が集まって賑わいますように・・・!!!
詳細は下にあります!

■この会のお手伝い募集です!!

以下2件、連絡先が違いますので間違えないようにお願い致します。

*協力出来る時間、何時間でもOKです☆

その1:5月13日昼過ぎ、5月14日、この会の当日5月15日

沢山の食事の準備があるので、お料理が得意な方、レストラン勤務されている人など、その他、雑用などお手伝いします!と言う方は

minakondo☆gmail.com(☆を@へ変えてください。)までどうぞ。

私も5月13日の夕方に食事の準備をお手伝いさせて頂く事にしました。
その2:【5月13日の夕方から夜に切り出しの手伝いをしまーす!!】と言う方は

tamaskitchen.nycgmail.comへどうぞ。(☆を@へ変えてください。)

名づけてTeam Tama's Kitchen!
キッチンの広さもありますので10名の募集です。

一緒に楽しくお手伝いしましょう~ウインク
簡単な切り方の指導も出来ますので包丁をお持ちの上、お越し下さい☆

*それぞれ返信は一斉メールとなる事をお許し下さい。

 

熊本・大分・九州地震復興支援イベント

私の故郷は、温泉豊かな大分です。今日も震度5が大分で起き、この2週間の熊本、大分での地震発生数は950回!何かしたい、故郷のために、なんか したい…、だからやります!九州が一つになって、NYの日本人がひとつになって、復興支援イベントやります!皆さん、参加してください。世界中から参加し ていただけるように、クラウドファンディングもやります!

 

□熊本・大分・九州地震復興支援イベント□

九州の地震被害地のための復興支援イベントをJAA 日系人会が開催する。
共催は九州の県人会が復興支援のために立ち上げた「九州の会」。
各県人会が提供するトリ天、カラアゲ、だんご汁などの九州の伝統的な郷土料理や九州の酒、焼酎を味わい、参加費がそのまま義援金となる。

時間は2部に分けて行われ、1部は昼12時より、2部は午後4時より。1部2部とも、食事と著名アーティストによるコンサートや豪華な品が並ぶサイレントオークションやラッフルが準備されている。集まった義援金は、JAAが熊本県や大分県に送る。

九州の郷土料理、酒、焼酎の会+コンサート、うまかもんを味わって、熊本、大分そして九州を応援しよう!

主催:JAA ニューヨーク日系人会
共催:九州の会、代表 足達洋六 キャノンUSA会長(CEO)

(ばってん会、大分、沖縄、熊本、福岡、鹿児島、宮崎、佐賀県、九州各県人会が一つに合体)

日程:5月15日 日曜日
場所:JAA ニューヨーク日系人会会館― 49w 45TH St, 11Floor

時間:
1部: 12pm-2:30pm
2部: 4pm-6:30pm


参加費:1人$60

【九州郷土料理】
だんご汁、トリ天、カラアゲ、トリ飯、筑前煮、辛子れんこん、いきなり団子など

集まった義援金は、被害の大きい熊本県、大分県の団体に贈られる予定

□参加申し込み
JAA 宛てにチェックを送ってください。
電話やメールで申し込み、問い合わせ: JAA: 212-840-6942, 6899
:info@jaany.org

 

 


ボストン鯖のしめ鯖ドキドキ


脂ののった真冬の鯖がこれまたすんごい美味しいの!
でも、春物のこの子達も美味しいのよ。しっかり〆てるけど、半生なつるりとした食感。
しめ鯖大好き~~!

実は、このお皿にのったもの全てファーマーズマーケットで購入した物で作られています。
と言うか、我が家で食べてる食材ほとんどそうです。
自分が「食べたいもの」を食べるのが私の大好きな食生活の形。
大地とまだ繫がった太陽と土の香りのするお野菜達。



先日、我が家を訪れた友人がサラダを食べて、

「サラダが生きてる~~~!」ラブって唸っていました。

本当にビックリしていましたよ。
「全然違うね~~~!!」びっくり

だって、アップステートの美しい小川の横に自然に生えているクレソンだったんだよ。
魂込めて育てられたピチピチのルッコラやケール、水菜。
ほろ苦く甘いブロッコリーラーブや、甘くて仕方ない春の蕪など色々盛り込んでビネガーと塩とオイルで和えただけ。

 

でもね。

素材が本当に生き生きしてるから、

食材をそのまま まーっすぐ感じて洗ったり、切ったり、

和えたりして盛り付けたら、それはそれは美しいの。

ニコニコ、最高の気分でサクッと和えてあげるだけでで良い。
すると本当美味しい一品が出来るんですよ。
きっと一緒に食べる人も何かが違うのを感じてくれるはず。

他にマーケットで他に買えるものは・・・
そこらへんを自由に走り回る元気な鶏さん&その卵。
低音殺菌のあまーいミルク。
生乳の激うまチーズ。
ほかにもまだまだ有るけど、食べるものだけじゃなくてローヤルゼリー入りのフェイスクリームや、使い心地最高の手作りの石鹸などなど、すごいアイテムが目白押し。
(曜日によって違うのでどの日に行っても買えるわけじゃないのでご注意を。)

毎年新しいファームが参加したり、新しいアイテムが増えたり・・・本当目が離せなーい!
朝早く行くと有名店の買い付け係りのシェフがわんさか。

お、話を戻し・・・上の写真のしめ鯖の付け合せは春ならでは!
刻んだ行者にんにくとローカルのきゅうりのピクルスなどを入れたレモンなの香りのグリーンソ―スを下に敷いて、ニュージャージー産のサラダを添えました。

和の香りと柑橘系やお醤油少々、ゆず胡椒の香りもアクセントな1品です。食べてくれた皆様とっても喜んでくださっていて嬉しかったでーす!

マーケットの隠れアイテム、

美味しいアイテムをご紹介しているファーマーズマーケットツアー

【ファーマーズマーケット参加者様の感想】

今日は朝からファーマーズマーケットでたまちゃんツアーに参加。
元シェフ目線での口から入るエネルギーについての話とってもお勉強になりました。
選び方、効果から食べ方まで。体と精神を考え、環境を考え、いただく感謝と社会に出来る還元。少し…いえ、かなり先行く今のニューヨークを体感出来た。今回かなりなスペシャルニューヨークを体験してるんですが、たまちゃんツアーが私にとって一番スペシャルだったかも♡
(日本在住 ウェディングサロン代表 Mさん


今日も楽しい役に立つツアーに参加させて頂いて、ありがとうございました。
想像通り、ひと月でマーケットの景色はかなり変わりますね。そして、曜日での違いもあるんですね、ホントに興味深いです。終了後さっそく、桃やかぼちゃをゲットしました!
美味しくてエネルギーがたっぷりあるうちに、どんどん料理して食べていくようにします。
(ニューヨーク在住 ライフコーチ Sさん)

 

 

昨日はサワラを購入しました。鮮度にびっくり!ですよ。臭くない!
あたしはいつもチャイナタウンで買っていたのですが、独特の臭さがなくて驚きました。今度は他の海鮮類も購入してみようと思います~。ニューヨークでは日本のようになかなか美味しい魚が購入できなかったので、嬉しかったです。
前回同様に、今回も大変勉強になりました。(ニューヨーク在住 ホリスティックカウンセラー Aさん)
 
小さいおなすや桃、それとお勧めのパン屋さんのスコーンもとってもとっても味わい深く、こんなに違うものかと驚きました。残念ながらツアー後に教えて頂いたコーンは売り切れていて、生のお豆も買って帰るつもりが急ぎですっかり忘れてしまって。寒くなる前にトライしてみようと思います。7月に参加したときは、人生で初めて葉っぱ付きの人参を買いそして初めて調理し食べました。苦いと思い込んでいた人参の葉が、あんなに美味しく栄養のあるものとは。恥ずかしながら習わなくては知らない事が沢山ありすぎて必死にとったノートの乱れた字がそれを物語っています。(クイーンズ在住 主婦 Aさん)

 

ファーマーズマーケットツアーは、いよいよ来週の水曜日、金曜日、土曜日の開催☆各日、数名様づつ参加可能ですのでご予約はお早めに~!



■今年初、ファーマーズマーケットツアー!■
「料理は苦手だけど美味しいものを食べるのが大好き!」
「人生をもっと楽しくハッピーに生きたい!」
「ニューヨークをもっと好きになりたい!」
「地産池消、ローカルに興味がある。環境に良い事をしたい!」
「ビーガン、ベジタリアンなど色々を実施しているけどしっくり来ない。」
「自炊をもっと楽しくしてみたい。」
「美味しい物が大好き~~!!!」
「心から健やかになりたい!」
そんなあなたに・・・・

今年で開催6年目のファーマーズマーケットツアーがまた春になり帰ってきました☆
NYのレストランに勤務しながらそのお店の野菜担当を任され、ファーマーズマーケットでの仕入れをしていたプロの料理人Tamaがマーケットの美味しい秘密のアイテムをご紹介!そして、その他、心と体に大切なお話を織り交ぜてお送りします。

もう多くのレストランが地元の食材の美味しさ、地消地産の大切さを実感している時代です。そのNYの台所、ファーマーズマーケットを紹介するツアー!

開催日:5月4日、6日、7日の(水、金、土)
の3日間の開催、好きな日程に参加可能です。
詳細はこちらから。

↓また新しくガイドブックにファーマーズマーケットアーを掲載頂きました☆
2016年2月出版「ダイアモンド社 ニューヨークランキング&テクニック!」



○たま○
Tama's Kitchen主宰

1995 年大阪にて辻学園 調理・製菓学校を卒業、その後大阪の4店舗のイタリアレストラン、その後市場に勤務し、2002年に渡米。当時3ツ星のBOULEYにてPastry、 キッチン全ステーション終了、トータル3年半勤務。2007年NYタイムズ4ッ星のDEL POSTOにてスーシェフ・ソーシエを勤める。2010年レストランを退職、その後プライベートシェフとして、ホリスティックカウンセラー養成学校勤務。 同校のプログラムを終了、米国認定ホリスティックヘルスカウンセラー資格取得。現在は大地の恵 料理教室主宰、ファーマーズマーケットツアー、レイキクラスなどそのほかイベントを行っている。

 

 

 

今朝、長男の涙からまた気付きが舞い降りた話。


私自身18歳位からレストランで働き始めて、日々の大半を仕事に捧げてたので、”今を生きる”という事から掛け離れた所に居たんだとはっきりと実感したのはここ半年の事でした。
料理する時ってこれを切って次はこれ、(時間節約の為に)これをやってる間にこれをして・・・なんて考えるわけなんですね。今日の夕食としてじゃなくて1日に何十人、店によっては何百人の食事を出す料理人、仕事としてやってたので自慢じゃなくって脳みその中もフィジカルにも千手観音状態。汗
先の事考えないと、待っているお客さんの料理が出てこないんだから。ガーン
それがうまく出来る人が賞賛される世界に居たので、出産してお家に居ても掃除だの、洗濯だの食事、買い物など段取り考えて生きるのが癖でね。(それも無意識で、気付いたのは数年前)思考がとまらな~い~。あんまり昔の記憶が鮮明に無いのはそのせいなんでしょう。
意識がそこに無い。汗
その段取り出来る力は3人の子を持つ主婦&大好きな事やりたい私としては、宝だけどね!でもオンオフ機能が壊れてる?(笑 )のでずっとオンでね。本当苦しみました。リラックスの仕方を知らなかったのだから。(ま、その話はまたいつか。)
でも、最近、出来る様になって来たんです・・・(オン、オフ機能が始動w・・・爆 笑

 

今朝の一コマ。
旦那がバタバタと出掛ける瞬間、私はヨーガを楽しんでいたのでした。
ドアが閉まった瞬間、次男がうるうるしながら私の元にやって来て
顔を見ると悲しそう。ショボーン

ヨーガに入り込んでいたので気付かなかったのですが、どうやら何かあったらしい。


顔を覗き込んで、「どうしたの?」って聞いたら

表情が一変・・・・
顔をゆがませて大きな涙をこぼしながら大泣きし始めました。えーん
抱きしめて背中を撫でていたら、(どこからとも無く長女も撫で始め・・・笑 &長男は不在。)
その瞬間に気付いたんです・・・
ほとんどの人が持つインナーチャイルド(=子供の頃の心の傷)のルーツを想像した中でじゃなくて、今生身で抱しめているんだって。

今を精一杯生きたら、長男の煮え切らなかった想いを叶えてあげられた。
そう思えたのです。(私の為の気付きなので次男の本心は関係ない。)
今に100%意識を注いで大切に生きる事が全てなんだと。

言い換えると、心配したり、イライラしたり、明日の事考えたりしてないで、たった今にフォーカスしてみる。目の前に並んでるご飯精一杯美味しく食べて、一緒に居る友達と大笑いしたり、腹割って話し込んだり、流れる雲に見とれたり、咲き誇る花にうっとりしたり、今に意識を全力で注いで生きるのが、結局一番自分がしたい事を見つけられたり、探してた答えが見つかる道なのだろうなって。

次男の泣き声は落ち着き、泣いている理由を聞いたら
「レゴの車が壊れたの。直せないの」
そうかそうか、パパは時間が無くって修復してあげられなかったんだよね。
うんうん。直そう~って3人で手を繋いで隣の部屋の現場へ移動。

ありました。レゴの塊。

注文どおりに直したら、笑顔で満足そう。
私も息子と100%向かい合えてすごく嬉しかったし。

暫くしたらパパも帰ってきて、泣いてた事ももう忘れてケロッとしてたよ。

息子達よ、また今日もおかあちゃんはまた成長したでよ。
ありがとね。
勉強になります。ウインク


ファーマーズマーケットツアー、いよいよ来週の水曜日、金曜日、土曜日の開催です☆各日、数名様づつ参加可能ですのでご予約はお早めに~!

 




■今年初、ファーマーズマーケットツアー!■
「心から健やかになりたい!」
「料理は苦手だけど美味しいものを食べるのが大好き!」
「人生をもっと楽しくハッピーに生きたい!」
「ニューヨークをもっと好きになりたい!」
「地産池消、ローカルに興味がある。環境に良い事をしたい!」
「ビーガン、ベジタリアンなど色々を実施しているけどしっくり来ない。」
「自炊をもっと楽しくしてみたい。」
「美味しい物が大好き~~!!!」
そんなあなた・・・

今年で開催6年目のファーマーズマーケットツアーがまた春になり帰ってきました☆
NYのレストランに勤務しながらそのお店の野菜担当を任され、ファーマーズマーケットでの仕入れをしていたプロの料理人Tamaがマーケットの美味しい秘密のアイテムをご紹介!そして、その他、心と体に大切なお話を織り交ぜてお送りします。

もう多くのレストランが地元の食材の美味しさ、地消地産の大切さを実感している時代です。そのNYの台所、ファーマーズマーケットを紹介するツアー!

開催日:5月4日、6日、7日の(水、金、土)
の3日間の開催、好きな日程に参加可能です。
詳細はこちらから。

↓また新しくガイドブックにファーマーズマーケットアーを掲載頂きました☆
2016年2月出版「ダイアモンド社 ニューヨークランキング&テクニック!」



○たま○
Tama's Kitchen主宰

1995 年大阪にて辻学園 調理・製菓学校を卒業、その後大阪の4店舗のイタリアレストラン、その後市場に勤務し、2002年に渡米。当時3ツ星のBOULEYにてPastry、 キッチン全ステーション終了、トータル3年半勤務。2007年NYタイムズ4ッ星のDEL POSTOにてスーシェフ・ソーシエを勤める。2010年レストランを退職、その後プライベートシェフとして、ホリスティックカウンセラー養成学校勤務。 同校のプログラムを終了、米国認定ホリスティックヘルスカウンセラー資格取得。現在は大地の恵 料理教室主宰、ファーマーズマーケットツアー、レイキクラスなどそのほかイベントを行っている。

 

 

2日前のファームのお話を読んで、

「今日の最終日に仕事のお昼休みに抜け出して買い物に行きました!」とか、

「私もあのファームのファンでブログをシェアさせて頂きました!」なんてメッセージを頂きました。改めて彼女のスピリットが反映された美味しい野菜のパワーって凄い!って思ったんですね。彼女に会いたい、彼女の野菜を食べたい!って思わされるんだもん。
(もちろん彼女だけでは無く、ユニオンスクエアに来ている沢山の農家さんが同じ様に情熱を持って作物を育ててくれています。スタンドに通って、言葉を交わして見えてくる想い。それがとってもとっても熱いのです。照れ

そしてついにやって来たファーマーズマーケッとでの出店最後の日。
4月22日金曜日、暖かな朝でした。

 

ファーマーズマーケッとの下見もあって早くに到着。
入り口に並ぶ植物のスタンドの彩りに心が躍ります。
とりあえず真っ先に向かうのはネヴィアのスタンド。

 

 

朝の陽射しはどこと無くく白っぽくて幻想っぽい。
それでか朝の野菜は透明感があって一日のうちで一番美しい。
手にとっても水分が滴って採れて間もない感じが手から伝わってきます。
生きている命が溢れてる感じ!

 

今日が最後か~っ・・・と全種類買いたい衝動に駆られながら(笑)、とりあえず真っ先にほしい野菜を抱えてネヴィアの元へ。そして、忙しくなる前に・・・っとセルフィーをせがむ。笑

爆 笑
(白いジャケットの人達がシェフ軍団。)

 

着いた頃はレストランの買い付けの人でごった返していたのですが、ツアーの最中も、今日お勧めアイテムを手に持って紹介して振り返ったら山盛りあったその野菜が3分の1になっていたなんて瞬間もありました。

 

美しいピカピカの野菜達。
もうすぐイチゴの季節だったのにな・・・
ズッキーニやトマトやきゅうりなど夏野菜の時期、瓜かぼちゃやサツマイモの並ぶ秋から冬の時期・・・もう居ないのか。

 

 

やっぱりこれも買う~なんて、3回位レジに並んだのですが、その時私の前に居たお姐さんは今日がマーケット最後のネヴィアに”Congratulations!”って言ってたっけ。
その言葉に、この間のブログの記事のタイトル”「寂しさ」と「おめでとう(Congretulations!)」”やっぱりそうなんだな~ってハッとしました。

「メッセージをありがとう。」


いつも、一瞬一瞬がお祝い(セレブレーション)だもんね。
そう思えない瞬間も沢山有るけれど、きっと物事の本質をまっすぐ見れたのなら、そう思える気がする。

 

ツアーを終えてまたスタンドへ戻り、作業をしている彼女のスタンドの横から、「泣いていた人とか居たんじゃないの?」って聞いたら、微笑んで深く頷いた。
そして、目を丸くして大きく笑って「このティッシュの箱をくれてのよ。」と手に持って見せてくれた。ニューヨーカーって可愛いよね。大好きだ。


さて、もう家に戻らなきゃ。
彼女に改めて傍に寄って感謝を伝えたら、


ハートがぎゅっとなって
涙が溢れた。

ポロポロとこぼれて
目をぎゅっと閉じた瞬間、

「あなた、わたしより涙もろいのねえ!」と、くっきり優しく言うネヴィアの声。
とても力強い信念のある声。いつもこんな感じだったよね。

そして、「いつでも遊びにおいで。」
そう優しく言ってくれた。


彼女のスタンドが無くなる事でまた新しい流れが出来ていくんだろう。
そう言うおめでたい日だった。

出会えて良かった。

感謝。

 

 


■今年初、ファーマーズマーケットツアー!■
「心から健やかになりたい!」
「料理は苦手だけど美味しいものを食べるのが大好き!」
「人生をもっと楽しくハッピーに生きたい!」
「ニューヨークをもっと好きになりたい!」
「地産池消、ローカルに興味がある。環境に良い事をしたい!」
「ビーガン、ベジタリアンなど色々を実施しているけどしっくり来ない。」
「自炊をもっと楽しくしてみたい。」
「美味しい物が大好き~~!!!」
そんなあなた・・・

今年で開催6年目のファーマーズマーケットツアーがまた春になり帰ってきました☆
ファーマーズマーケットと言えば。。。っとマスコットガールになりそうな勢いです。笑
NYのレストランに勤務しながらそのお店の野菜担当を任され、ファーマーズマーケットでの仕入れをしていたプロの料理人Tamaがマーケットの美味しい秘密のアイテムをご紹介!そして、その他、心と体に大切なお話を織り交ぜてお送りします。

もう多くのレストランが地元の食材の美味しさ、地消地産の大切さを実感している時代です。そのNYの台所、ファーマーズマーケットを紹介するツアー!

開催日:5月4日、6日、7日の(水、金、土)
の3日間の開催、好きな日程に参加可能です。
詳細はこちらから。

↓また新しくガイドブックにファーマーズマーケットアーを掲載頂きました☆
2016年2月出版「ダイアモンド社 ニューヨークランキング&テクニック!」



○たま○
Tama's Kitchen主宰

1995 年大阪にて辻学園 調理・製菓学校を卒業、その後大阪の4店舗のイタリアレストラン、その後市場に勤務し、2002年に渡米。当時3ツ星のBOULEYにてPastry、 キッチン全ステーション終了、トータル3年半勤務。2007年NYタイムズ4ッ星のDEL POSTOにてスーシェフ・ソーシエを勤める。2010年レストランを退職、その後プライベートシェフとして、ホリスティックカウンセラー養成学校勤務。 同校のプログラムを終了、米国認定ホリスティックヘルスカウンセラー資格取得。現在は大地の恵 料理教室主宰、ファーマーズマーケットツアー、レイキクラスなどそのほかイベントを行っている。

 

人が天国へ行った時、周りで誰かが引越しで住む場所が変わるとか、そう言うは変化は昔に比べるとスピリチュアリティーを学んで感じ方が変わって来た。(まだぜーんぜん完全では無いんだけど。ウインク

 

死んで肉体からは離れるけれど、魂として、光として存在する事は変わらない。亡くなったおばあちゃんもおじいちゃんもいつもそばに居るもん。そう知ってる。

引越ししたって繫がっているから大丈夫だし、実質、同じNYに住んでいても会わない人には会わないし、遠く離れてもきっとお互いの関係は繫がったまま何も変わらない。感謝を持って願えば会えるチャンスなんていくらでも有る!そう分かってるし信じてる。

けれど、時々聞いた瞬間は寂しく思ってる自分が居た。
でも、それを選択した本人にはもっと新しい素晴らしい事が待っているのだと嬉しい自分も居る。そんなお話。



今日もいつもの様にお買い物。
毎回訪れる度、今日だけの何かが目に飛び込んでくるのを楽しみに回っていた。

人気のスタンドを先に行かないと売り切れちゃうんです。
いつもの流れで買い物スタート。


今日も美しい野菜が並ぶな~ラブ
いつもより並ぶアイテムが増えている気がする☆
ホクホクして野菜を抱えてレジに並んで、私の番になる。

するとその農家のオーナーが私の目を見ずにこう言った。
「Tama,Friday is Last day.」(金曜日が最終日よ。)


「は?」
固まって一体どういう意味なのか頭を捻る。
「どういう意味?」

すると、

「もうリタイアするのよ。もう今週で閉めてしまうの。
このファームはもう終わりなの。」
ちょっとうつむいた彼女は、寂しさも無くないが、清清しい顔をしていた気がした。

「信じられない!」「本当に?」「えええ~~~!」
なんてそんな言葉しか出てこない。
そんなの聞いてない~~。えええ~・・・・

実は、その最後の金曜日(4月22日)はファーマーズマーケットツアーがあるんです。
この日に開催したいと何となく思ったんですよね。でも開催1週間前に告知って・・・
まあ良いか~!って。照れ そんな感じ。
でも、何でそんな急に決めたのか分かったの。
”彼女らのファーマーズマーケット最後の日に彼女らのスタンドをみんなに紹介出来るんだ”って。そう言ったら彼女は喜んでくれました。
いつも人気だから込み合う店内、邪魔にならないようにみんなに素晴らしい野菜や果物を見せたっけ。このファームの居る場所は曜日で違うんだけど、その位置でつあーの集合場所を決めてたのは早く行かないと品物がなくなっていっちゃうから。

買ったものを受け取り、
「でも、良く働いたもんね。ゆっくり休むべきなんだよね。」
そう言って彼女の背中を撫でた。
「じゃあ金曜日にね!」って言い残して。


スタンドを出た後もみぞおちの辺りが何となく重い。
なんか嘘みたいだな・・・・
ちょっとそわそわする私。

こういう大好きな農家のみんなのリタイアの瞬間を見るのは2回目だろうか。

でも、まだ金曜日に来るもんね・・・
チラッと振り返る。

さっきネットで検索したら、彼女のファームのビデオがあったのでシェアします。
見ていたら涙が出てきた。
今まで雨の日も、雪の日も、台風の日も、災害があっても良く頑張ったよね。
あと金曜日、楽しんでね。

金曜日に皆さんをお連れ出来るのが楽しみです。
泣いちゃうかもだけど、許してね。爆 笑
リタイアおめでとう!ってそうお祝いする”うれし涙”と言う事で。ウインク

https://vimeo.com/111030513


 

今日作った自家製コーントルティーヤ。伸ばして、香ばしく焼いて。
新聞の巻頭特集で掲載させて頂いたレシピのラジマカレー、自家製ザウアークラウトと目玉焼き、バイオダイナミック農法の農家のラクレット(カレーの上の摩り下ろし)、リコッタ、行者にんにく、アボカド(ファーマーズマーケットでは無い)、レモンのピクルス、鴨の燻製☆

色んなもの好みでトルティーヤに巻いて食べます~照れ


(↑ユニオンスクエアにも春が沢山溢れて来ました。変わった花びらの水仙。
ここの花屋のおっちゃんのお花、凄いんですよね。エレガントで美しい。)

 

【有名レストランの買う食材を食卓に】
朝は有名レストランのシェフが他の店のシェフと情報交換、近況報告する姿が良く見られます。NY近郊の食材ばかりを使うことで有名なABCキッチンなんて、店からマーケットまで8往復する日があるんだーなんて教えてくれました。(仕入れする子と友達なのです。)
ローカルの野菜や果物を好んで使うBlue HillGramacy TavarnBouley,Per Se, Jean Jorgeなど400以上のレストランがここで仕入れをします。

レストランで働く人たちって見たら分かるんですね。なんと言って良いのか目線が違うし、もち買う量も違う。おいしそうな食材を見つけたら、一瞬のうちに想像を膨らませ、見極めて、バッグに野菜を入れながら何にしようか考えている。

早朝は普段着のシェフがいっぱい☆

それくらい美味さ際立つ、質が高く滋味(土の香りや太陽の味とかね!甘みやふくよかさ、うまみ、渋み、苦味など)に溢れている野菜や食材は沢山なのです。
そして一つ一つの食材が農家さんのパッションが溢れているのです。
と言う事は、ファーマーズマーケットでお買い物をすると・・・

ー手を掛けなくても野菜自体が美味しい。-調理に手間いらず

ー実は一流レストランが使う美味しい野菜を家庭で楽しむ事が出来る。
と言ってもやはりそこからプロの手に掛かると違うのよ~~。まあ違うでしょう。でも調理しなくても食べられるラディッシュやサラダ野菜をおうちで楽しめたり、こんな素敵なお野菜、どうやって調理したら美味しくなるかな?なんて探究心も出てくる。
ファーマーズマーケットツアーに参加して下さった方で、「お料理が本当に楽しくなった。」
「家族が外食をした際に、おうちでのご飯の方が美味しい」なんていう旦那さまやお子さんが出てきているんです☆自信も付いちゃうよね!

上に紹介したランチプレート、調理はいたってシンプルなんです。でも食材が美味しい。
まず食材選び、そこからまずはシンプルに調理を楽しむ!またはサラダなどシンプルに調理。その次に調理のコツ&その組み合わせ。
あとは盛り付けのテクニック。ステップバイステップ!
お料理が苦手なら、お料理が得意なお友達やパートナーと作ればOK!

後は、一つ一つのファームが大切に野菜を作っているんですね。

食材自体の波動が高いので、見る、触れる、食べるの工程でとっても癒されます。
そして、「わー美味しい~!」ってもぐもぐ良く噛んで味わうので沢山食べずに満腹に・・・
環境にも優しく、それは未来の子供が住む世の中に繫がっていく。

そして、マーケット内での人と人との関わりは一昔前の人懐っこく温かいのです。

【人懐っこい農家の人たち】
ある日スタンドにいると、コスモスの花束を買おうとする男性がお金を持っていないことに気付きます。するとスタンドの農家のおばちゃんは「お金はまた今度で良いわ!」とにっこり。
すると彼は、「ありがとう!!彼女がすごく落ち込んでいて、元気になって欲しくてこの花をプレゼントしたかったんだ・・・」と、ひどく感謝して次におばちゃんがマーケットに来る日を確認し、嬉しそうに帰っていきました。

横で眺めながらちょっとうるうるしちゃう私・・・・。
一気に2人救ったんだもんね・・・素晴らしいわ。

それだけじゃない、もう7年も通って見て来た色々な景色やお客さん同士の他愛無い会話・・・本当に心温まる瞬間で溢れています。

 

是非足を運んでみて下さい。
今日もジャン ジョルジュ氏や
沢山の美味しい葉もちろん、喜びや美しい、楽しい、感動がいっぱいです!
そして、ファーマーズマーケットツアーは明後日開始です。
お見逃し無く☆



■今年初、ファーマーズマーケットツアー!■
「心から健やかになりたい!」
「料理は苦手だけど美味しいものを食べるのが大好き!」
「人生をもっと楽しくハッピーに生きたい!」
「ニューヨークをもっと好きになりたい!」
「地産池消、ローカルに興味がある。環境に良い事をしたい!」
「ビーガン、ベジタリアンなど色々を実施しているけどしっくり来ない。」
「自炊をもっと楽しくしてみたい。」
「美味しい物が大好き~~!!!」
そんなあなた・・・

今年で開催6年目のファーマーズマーケットツアーがまた春になり帰ってきました☆
ファーマーズマーケットと言えば。。。っとマスコットガールになりそうな勢いです。笑
NYのレストランに勤務しながらそのお店の野菜担当を任され、ファーマーズマーケットでの仕入れをしていたプロの料理人Tamaがマーケットの美味しい秘密のアイテムをご紹介!そして、その他、心と体に大切なお話を織り交ぜてお送りします。

もう多くのレストランが地元の食材の美味しさ、地消地産の大切さを実感している時代です。そのNYの台所、ファーマーズマーケットを紹介するツアー!

開催日:4月22日(金)&5月4日、6日、7日の(水、金、土)
の4日間の開催、好きな日程に参加可能です。
詳細はこちらから。

↓また新しくガイドブックにファーマーズマーケットアーを掲載頂きました☆
2016年2月出版「ダイアモンド社 ニューヨークランキング&テクニック!」



○たま○
Tama's Kitchen主宰

1995年大阪にて辻学園 調理・製菓学校を卒業、その後大阪の4店舗のイタリアレストラン、その後市場に勤務し、2002年に渡米。当時3ツ星のBOULEYにてPastry、 キッチン全ステーション終了、トータル3年半勤務。2007年NYタイムズ4ッ星のDEL POSTOにてスーシェフ・ソーシエを勤める。2010年レストランを退職、その後プライベートシェフとして、ホリスティックカウンセラー養成学校勤務。 同校のプログラムを終了、米国認定ホリスティックヘルスカウンセラー資格取得。現在は大地の恵 料理教室主宰、ファーマーズマーケットツアー、レイキクラスなどそのほかイベントを行っている。


お待ちしております☆

ある日のTama's Kitchenでのランチプレート。
これにビーツのスープとアンキモと行者にんにくの突き出し付き☆

プンパーニッケルブレッドのオープンサンド、レモンマヨとカレイ&からすみ、ブロッコリーラブ、ゆで卵。赤水菜のサラダとお焼き&生ピーナッツ味噌。
パン以外はユニオンスクエアで買ってきたもので作りました。

【可能性は無限大☆】
私は料理をして新しい物がうまれてもは残さない事がほとんどです。
書き残して思い出、次作る時のアイデアとして残すのも良いんですが、その時の食材と向き合う(ダンスするみたいな?ウインク)のが好き!(あと書き残すのが面倒だったりして。笑)

私達一人一人がその日の気分に合った服を着る様に、食材達みんなにその瞬間キラキラ輝く洋服を着せる。そんな感じ。

冒険して生まれる新しいコーディネートにワクワクして・・・料理する。
私達も、食材もみんなそれぞれの可能性は無限大だもんね!


少しだけど大阪で八百屋勤務の経験もあり、NYではDEL POSTO時代に買い付けで培った農家とのコネクションと経験を生かし、おいしそうでキラキラした食材を連れて帰ってきて、食材と対話して出来上がるお料理達です。


買って来て、まず味見をしてその味わいから受けるインスピレーションで紡ぐ料理。

とってもとっても楽しく、また新しい物が生まれる瞬間。快感なんですね。

そして大地の恵と農家さんへの感謝の気持ち、料理が大好きで胸がいっぱいになって涙が出ることもあります。笑い泣き

農家のお野菜、大好きで大好きで仕方がないんです~!



あんきもちゃんと行者にんにく。
全部NY近郊の食材使用。

春の食材を生で齧ったり、大切に焼いたり、蒸したり・・・
”人生の主役であるあなた”と、自分の大切な人と是非季節を楽しんで下さい☆



■今年初、ファーマーズマーケットツアー!■
「心から健やかになりたい!」
「料理は苦手だけど美味しいものを食べるのが大好き!」
「人生をもっと楽しくハッピーに生きたい!」
「ニューヨークをもっと好きになりたい!」
「地産池消、ローカルに興味がある。環境に良い事をしたい!」
「ビーガン、ベジタリアンなど色々を実施しているけどしっくり来ない。」
「自炊をもっと楽しくしてみたい。」
「美味しい物が大好き~~!!!」
そんなあなた・・・

今年で開催6年目のファーマーズマーケットツアーがまた春になり帰ってきました☆
ファーマーズマーケットと言えば。。。っとマスコットガールになりそうな勢いです。笑
NYのレストランに勤務しながらそのお店の野菜担当を任され、ファーマーズマーケットでの仕入れをしていたプロの料理人Tamaがマーケットの美味しい秘密のアイテムをご紹介!そして、その他、心と体に大切なお話を織り交ぜてお送りします。

もう多くのレストランが地元の食材の美味しさ、地消地産の大切さを実感している時代です。そのNYの台所、ファーマーズマーケットを紹介するツアー!

開催日:4月22日(金)&5月4日、6日、7日の(水、金、土)
の4日間の開催、好きな日程に参加可能です。
詳細はこちらから。

↓また新しくガイドブックにファーマーズマーケットアーを掲載頂きました☆
2016年2月出版「ダイアモンド社 ニューヨークランキング&テクニック!」



○たま○
Tama's Kitchen主宰

1995年大阪にて辻学園 調理・製菓学校を卒業、その後大阪の4店舗のイタリアレストラン、その後市場に勤務し、2002年に渡米。当時3ツ星のBOULEYにてPastry、 キッチン全ステーション終了、トータル3年半勤務。2007年NYタイムズ4ッ星のDEL POSTOにてスーシェフ・ソーシエを勤める。2010年レストランを退職、その後プライベートシェフとして、ホリスティックカウンセラー養成学校勤務。 同校のプログラムを終了、米国認定ホリスティックヘルスカウンセラー資格取得。現在は大地の恵 料理教室主宰、ファーマーズマーケットツアー、レイキクラスなどそのほかイベントを行っている。


お待ちしております☆