年365冊17年超継続中 合氣道場主 兼 投資会社・コンサル会社オーナー社長 兼 グロービス経営大学院准教授による読書日記
★受講生募集中★
クラス運営方針、講師紹介、申込は下記リンクからどうぞ

グロービス経営大学院(MBA)経営戦略・マーケティングクラス

 ・2022年10月期オンラインクラス受付中

 ・2022年7月期満員御礼開講中


グロービスマネジメントスクール 経営戦略・マーケティングクラス
 ・2022年10月期名古屋校リアルクラス(満席間近!)受付中

 ・2022年10月期オンラインクラス(満席間近!)受付中

 ・2022年7月期オンライン2クラス開講中

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

商売心得帖/松下幸之助 22273

 

★★★★★

6回目。何度読んでも味わい深い。

今回はここ。

 

 業界の安定は共同の責任

 どんな商売でもそうでしょうが、
 お互いのお店が力強く発展、
 繁栄していくためには、
 そのお店の属している業界全体が常に健全で、
 世間の人々から信用されているということが大事だと思います。
 「あの業界は信頼できる業界だ。どこの店に行っても、
  よい品を適正な値段で売っているし、
  お客に対するサービスもいい。
  だから安心して買い物できる」
 といわれるような業界であってこそ、
 お客様にも喜ばれつつ個々のお店の商売も
 ほんとうに繁盛するのだといえましょう。

 そのためには、その業界に属する店がそれぞれに健全で、
 お客様に信用されるものでなければなりません。
 もしそうではなく、業界の中に不健全な店が多ければ、
 「あの業界はダメだ。信用できない」ということになって、
 業界全体としても共同の大きな損害を
 受けることになってしまうと思うのです。

 そういうことを考えてみますと、
 お互いに商売を進めていく上で、
 自分の店を健全なものにしていくことが
 まず第一に大切なのはいうまでもありませんが、
 それと同時に、他のお店ともうまく協調して、
 業界全体の共通の信用を高めるということも
 配慮していかなければならないと思います。
 もちろんそうはいっても、他のお店と仲よくすることのみにとらわれて、
 互いに競争するという姿が生まれてこないということではいけません。
 そういう競争のない状態からは、業界の進歩、
 発展というものはやはり生まれてこないでしょう。

 ですから、お互い、正しい意味での競争、
 秩序ある対立というものは大いに行わなければなりませんが、
 その対立、競争の中に調和を見出していく。
 つまり対立しつつ調和することによって、自他ともの健全化を考え、
 同時に業界全体の信用を高めることを考えていくことが肝要だと思います。

 そのように業界全体が世の人々から頼りにされることが、
 新しい時代における業界のあるべき姿である。
 またそういう姿をお互いが協力して実現していくところに、
 商売人としての一つの尊い務めもあると思うのです。

 

収益不動産業界、投資不動産業界は海千山千ばかり。

弊社は発電事業による売電収入や自社一棟マンションの賃料収入、

最近ではグロービスさんからの講師料や各顧問先からの顧問料などもあり、

不動産売買仲介は手数料が大きいし決まれば嬉しい、

くらいで細々と続けている。

収益不動産売買仲介だけで喰っていこうとして

かなり無理している同業をよく見かけるが

「ああ、真面目な弊社の引き立て役だな」と

感謝するだけじゃこれはダメだな。

 

商売心得帖/松下幸之助 20305

商売心得帖/松下幸之助 17145
商売心得帖/松下幸之助 16112
商売心得帖/松下幸之助 15260

商売心得帖/松下幸之助 15174

致知 2022年10月号 生き方の法則 22272

致知 2022年10月号 生き方の法則

★★★★★

 

何度も読んでいるハズだがこの言葉がささる。

 

 「休息は睡眠以外には不要、という人間になること。

  すべてはそこから始まるのです」 森信三

 

目が覚めている限りは何かしているし、

武道に山登りに水泳に、そして仕事に

毎晩疲れ切ってバタンキュー(笑)。

氣が付いたら森信三先生の仰るスタート地点には

いつの間にか到着していたらしい。

 

生きるための哲学/白取春彦 22271

 

★★★☆☆

道元とかニーチェとかウィトゲンシュタインとか、

登場する方々は素晴らしいのだが、なんだかピンとこない。

どうやらこの著者の方と私は効くツボが違うらしい。。

週刊ダイヤモンド 8/27 軍事ビジネス&自衛隊 22270

 

★★★★☆

身近に自衛隊現役&OBが多いので遠い話ではない。

でも結構驚く話が多かった。

 

 防衛事業からの撤退ラッシュ「コマツ」の次は?

 

にまずびっくり。対自衛隊ビジネスは

儲かるのではなかったのか?

最近薄々感じていたけれどここまでとは。。

 

 台湾軍事に役立つ「最強兵器」ランキング

 

を読んでいると防衛予算を対GDP比1%を2%に、

との話になりつつあるがそれでも足りるのかな??という印象。

その印象を与えるための記事だったのかもしれないけれど。

 

「運命論は修正可能である」という安易な言説への違和感/甲野善紀 22269

 

★★★★★

あれ、昨日の稲盛和夫さんの本への反論なのか?

と思えるもの。このAUDIBLE二巻を連続して聞くのは

たまたまなのか運命なのか。

 

個人的には甲野善紀先生のご説に一定の理解共感はしつつも、

でもやはり運命は本人の努力次第で修正可能、と思いたい。

 
事実はどうなのか分からないけれど、

に出てくる

 

 人間の運命がはじめから定まっているなら、
 なんで釈迦や孔子が苦労したのか?
 偉大な人が修行したのは、
 修行によって、人間をつくることができるからだ。
 人間ができれば環境もつくられる

 

を心情的には信じたい。

 

「筋肉」よりも「骨」を使え!/甲野善紀 松村卓 22231

 

どこまでを自力とし、どこまでを他力とするか/甲野善紀 22229

 

剣術は甘くない/甲野善紀 22225

 

古の武術から学ぶ 老境との向き合い方/甲野善紀 22074

 

武術の創造力―技と術理から道具まで/甲野善紀 多田容子 21070

 

武術の創造力/甲野善紀 多田容子 20181

 

剣の精神誌―無住心剣術の系譜と思想/甲野善紀 21065

剣の精神誌―無住心剣術の系譜と思想/甲野善紀 20233

 

上達論/甲野善紀 方条遼雨 21023

 

「古の武術」に学ぶ 身体は工夫次第で生まれ変わる/甲野善紀 20229

「古の武術」に学ぶ 身体は工夫次第で生まれ変わる/甲野善紀 20081

 

神技の系譜 武術稀人列伝/甲野善紀 20210

神技の系譜 武術稀人列伝/甲野善紀 17077

 

表の体育 裏の体育 日本の近代化と古の伝承の間に生まれた身体観・鍛錬法/甲野善紀 20202

 

古武術の発見/甲野善紀 養老孟司 20178

 

武学探究―その真を求めて/甲野善紀 光岡英稔 20160

 

武/甲野善紀 井上雄彦 20120

 
 
 
ヒモトレ革命 繫がるカラダ 動けるカラダ/甲野善紀 小関勲 17090

できない理由は、その頑張りと努力にあった/甲野善紀 17059

今までにない職業をつくる/甲野善紀 16054

武術の新・人間学―温故知新の身体論/甲野善紀 16021
武術の新・人間学―温故知新の身体論/甲野善紀 15101

響きあう脳と身体 (木星叢書)/甲野善紀 茂木健一郎 12268響きあう脳と身体 (木星叢書)/甲野善紀 09303

甲野善紀先生 講演会 11月18日 「身体から起こす革命」に参加して

甲野善紀先生 講演会 11月18日 「身体から起こす革命」

甲野善紀先生と船川淳志さんとの稽古

薄氷の踏み方/甲野 善紀 名越 康文 09171

甲野善紀先生 武術講習会に参加 甲野善紀先生 武術講習会へ申込
 
稽古の日々から―術理発見秘録/甲野 善紀 07192

甲野善紀古武術の技を生かす/甲野善紀 07100

身体を通して時代を読む/甲野 善紀, 内田 樹 07052

古武術で毎日がラクラク/荻野 アンナ, 甲野 善紀 07040

稽古納め

NHK教育TVで木刀を振り回す怪しい男。。。

武術の新・人間学―温故知新の身体論/甲野 善紀 06175

NHK教育TV 「まる得」の収録に参加

甲野善紀先生の稽古を終えて  

甲野善紀先生の講習会情報

甲野善紀先生の「武術の実演と解説」に参加  

甲野善紀先生の「武術の実演と解説」開催 

甲野善紀先生の松聲館にて  

ウェッジ 8月号 05222

どう生きるか なぜ生きるか/稲盛和夫 22268

 

どう生きるか なぜ生きるか 稲盛和夫

★★★★★

 

AUDIBLEにて

「どう生きるか」

「なぜ生きるか」

というストライクど真ん中に剛速球を投げ込んでくるが如く。

 

稲盛和夫さんの本も良いが、

ご本人の語り掛ける様な音声もまたぐっとくる。

繰り返し繰り返し聞きたい。

心に響く小さな5つの物語/藤尾秀昭 22267

 

★★★★★

10回目。まだ十回しか読んでなかったか。

素直に読むと、やっぱり5つ目の話がドンとくる。


 縁を生かす

 その先生が五年生の担任になった時、
 一人、服装が不潔でだらしなく、
 どうしても好きになれない少年がいた。

 中間記録に先生は
 少年の悪いところばかりを記入するようになってた。

 ある時、少年の一年生からの記録が目に止まった。
 「朗らかで、友達が好きで、人にも親切。
  勉強もよくでき、将来が楽しみ」
 とある。

 間違いだ。他の子の記録に違いない。

 先生はそう思った。

 ニ年生になると、
 「母親が病氣で世話をしなければならず、
  時々遅刻する」
 と書かれていた。

 三年生では
 「母親の病氣が悪くなり、疲れていて、
  教室で居眠りする」。

 三年生の後半の記録には
 「母親が死亡。希望を失い、悲しんでいる」
 とあり、
 四年生になると
 「父は生きる意欲を失い、アルコ―ル依存症となり、
  子供に暴力をふるう」。

 先生の胸に激しい痛みが走った。
 
 ダメと決めつけていた子が突然、
 深い悲しみを生き抜いている生身の人間として
 自分の前に立ち現れてきたのだ。
 先生にとって目を開かれた瞬間であった。

 放課後、先生は少年に声をかけた。

 「先生は夕方まで教室で仕事をするから、
  あなたも勉強していかない?
  分からないところは教えてあげるから」
 少年は初めて笑顔を見せた。

 それから毎日、
 少年は教室の自分の机で予習復習を熱心に続けた。

 授業で少年が初めて手をあげたとき、
 先生に大きな喜びがわき起こった。
 少年は自信を持ち始めていた。

 クリスマスの午後だった。
 少年が小さな包みを先生の胸に押し付けてきた。
 あとで開けてみると、香水の瓶だった。
 亡くなったお母さんが使っていたものに違いない。

 先生はその一滴をつけ、
 夕暮れに少年の家を訪ねた。
 雑然とした部屋で独りで本を読んでいた少年は、
 氣がつくと飛んできて、
 先生の胸に顔を埋めて叫んだ。

 「ああ、お母さんの匂い!
  今日はすてきなクリスマスだ」

 六年生では先生は少年の担任ではなくなった。
 卒業の時、
 少年から一枚のカ―ドが届いた。

 「先生は僕のお母さんのようです。そして、
  今まで出逢った中で一番すばらしい先生でした。」

 それから六年。またカ―ドが届いた。

 「明日は高校の卒業式です。
  僕は五年生で先生に担当してもらって、
  とても幸せでした。おかげで奨学金をもらって
  医学部に進学することができます」

 十年を経て、またカ―ドがきた。

 そこには先生と出逢えたことへの感謝と、
 父親に叩かれた体験があるから、
 患者の痛みがわかる医者になれると記され、
 こう締めくくられていた。
 
 「僕はよく五年生の時の先生を思い出します。
  あのまま駄目になってしまう僕を
  救って下さった先生を、神様のように感じます。
  大人になり、医者になった僕にとって
  最高の先生は、
  五年生の時に担任してくださった先生です」

 そして一年。
 届いたカ―ドは結婚式の招待状だった。

 「母の席に座って下さい」
 と一行、書き添えられていた。

 本誌連載にご登場の鈴木秀子先生に教わった話である。

 たった一年間の担任の先生との縁。
 その縁に少年は無限の光を見出し、
 それを拠り所として、それからの人生を生きた。
 ここにこの少年の素晴らしさがある。
 
 人は誰でも無数の縁の中に生きている。
 無数の縁に育まれ、
 人はその人生を開花させていく。

 大事なのは、与えられた縁をどう生かすかである。


グロービス経営大学院やグロービスマネジメントスクールで

月間数百人の皆様とご縁を頂く。

一人一人の受講生の皆様と正面から向き合っていこう。

 

心に響く小さな5つの物語/藤尾秀昭 21195

心に響く小さな5つの物語/藤尾秀昭 20347

心に響く小さな5つの物語/藤尾秀昭 20021

私本太平記 06: 八荒帖/吉川英治 22266

 

★★★★★

やはりクライマックスは後醍醐天皇の

絶海の孤島隠岐の島脱出。

現在のフェリーでも本土から島前まで2時間もかかるのに、

当時のエンジン無の船では如何に遠かったろうか。

 

以前本を読んだ際には氣が付かなかったが、

先に鎌倉に通じて寝返った小宰相が

事故を装って海へ突き飛ばされていたことには驚いた。

船上山の戦いの前の暗闘。

女性の嫉妬恐るべし。。

 

 

マグマ/真山仁 22265

 

★★★★★

12年ぶり2回目。

太陽光発電以外の再生可能エネルギーで

もしかしたら最近一番可能性が出てきたのでは?

と思い始めているのが地熱発電。

ならばそのバイブルを読まないと。

 

地熱発電への追い風、は本書では外圧だったが

現在では各原子力発電所の中長期不稼働やそれに伴う電力不足、

円安や資源インフレに伴う火力発電のコスト高。

いろいろ調べてみると国も地熱発電へ相当期待している。

2008年に書かれたこの本にやっと現実が追い付いてきたようだ。

 

マグマ/真山 仁 10347

自分であり続けるために 流されず、いまを生き切る50のメッセージ/田坂広志 22264

 

★★★★★

12回目。もうどのメッセージも覚えているけれど、

読むたびに心洗われる氣がする本。

 

 たしかな基準

 1987年、映画「アンタッチャブル」で
 アカデミー賞・助演男優賞を受賞した俳優、
 ショーン・コネリーが、
 かつて、その人生の転機において、
 次の言葉を語っています。

  決められた道を歩むことは、美しくない。

 これは、大ヒットしたアクション映画
 「007シリーズ」のヒーロー、
 ジェームズ・ボンド役を降り、
 一人の演技派俳優として
 道を歩むことを決めたときの言葉です。

 将来の成功が約束された地位を捨て、
 未知の自分への挑戦をした彼が語った
 この「美しくない」という言葉。

 それは、
 彼の「人生の美学」を語った言葉でもありますが、
 我々、プロフェッショナルの道を歩む人間に、
 大切なことを教えてくれる言葉でもあります。

  「美しい」と感じるか、否か。

 それは、
 プロフェッショナルが道を選ぶとき、
 ひそかに、心に抱く、
 たしかな基準なのです。

 

何を基準にして判断するのか。とても大事なこと。

マーケティングのセグメンテーションの判断軸で

「儲かりそうか?勝てそうか?実現可能か?」

との話を口酸っぱく申し上げているが、

実はこれは余所行きのもの。

 

本音は

「美しいか?大変か?楽しいか?」だね。

儲かったって美しくないことはしない。

勝てそうでも簡単なことはしたくない。

実現可能でも楽しくなくっちゃ。

自分の判断軸で自分の人生の選択肢を選べる幸せを

改めて感じる。

 

自分であり続けるために/田坂広志 21078

自分であり続けるために/田坂広志 19011

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>