分譲マンション屋の読書日記
本書の執筆に参加しています。
「はじめに」「管理」「コラム」「おわりに」などが私のパートです。
正しく儲ける不動産投資 失敗しないために/
グロービス経営大学院 MBA不動産ビジネス研究会 【本】
¥1,836
楽天
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-06-21 04:36:17

52歳からのお金のリアル/泉正人 18172

テーマ:資産形成

長生きはリスクである。
親たちの世代の様には人生逃げ切れない。

「不都合な真実」だが、前前職で大企業の人事部にて
「継続雇用制度」などシニア担当をしていて痛感した。
世間一般的に言えば年収はとても良い会社。
この会社で定年まで勤めあげれば死ぬまで安泰。
自分も含めて誰も疑ってなかった。

ただ、50歳、55歳、58歳などの「節目」で
「不都合な真実」の現実を知り愕然とする
先輩たちを多く目の当たりにした。
退職金や年金の支給額が意外なほど少ないこと。
それを補填するために自分の意志を問わず、
定年以降も働かざるを得ないこと。
自分の思うような年齢まで、
自分の思うような収入で働き続けることが出来ないこと。
「不都合な真実」はエリート社員たちにとっても
決して他人事では無かった。

そんな「お金のリアル」を早めに教えてくれる本。
改めて読むと「自分の親の世代が老後悠々自適しているけど、
自分らの世代は明らかに『ゲームチェンジ』しているよな」としみじみ思う。
個人的にはこの「不都合な真実」を52歳で知っても
かなり手遅れ感はあると思うが(笑)
とにかく「自分の親の世代は参考にならない」
ということに早く氣が付くことが肝要だろう。
本書のシミュレーションにもあるが
多くの方の資産コンサルティングをした経験も踏まえると
定年退職時に5000万円の貯金が溜まって、
やっとなんとか安心(贅沢しなければ)、というところだろうか。
そんなに貯めこんでいるサラリーマンのクライアントは
ほとんど見たことないけど(苦笑)。

グロービス経営大学院生時代、共に学んだTさんが転職した。
それまでは「食」系のキャリアだった彼女が選んだのは
ファイナンシャルアカデミーと言う
お金との正しい付き合い方を伝授してくれるスクール。
その彼女から本書は頂戴した。
改めて感謝したい。
2018-06-20 04:54:24

マンガでわかる 必ず伝わる! ロジカル会話術/船川淳志 18171

テーマ:MBA/グローバルリーダー

グロービス経営大学院生時代からの恩師の一人、
船川淳志さんによる本日発売の新刊。

  コンサルのコンサルが教える
  ビジネスの基礎教養(リベラルアーツ)

が副題で、今回は何とマンガで
ロジカル会話術を学べる、というもの。

さつきさんというファミレスチェーンの新米社員が
最初は勢いだけで仕事にぶつかりつつも、
謎に包まれた父親や周囲の大人たちに教えられ助けられる。
「ロジカルシンキングを超えたロジカル会話術」で
ダメダメ店舗を見事立て直す、というのが大筋。

マンガが効果的に織り交ぜられ
「演繹法」「帰納法」や「MECE」などの
基本からスムーズに学べる。
だが解説部分など隅々まで読みこむと
相当レベルの高いことまで触れられており、
現役グロービス講師としても十分学ばせて頂ける深さ。
「アブダクション(仮説形成法、仮説的推論)」、
など知らなかったなぁ、知らずに使ってたなぁ(笑)。
さすがコンサルのコンサル、講師の講師、船川淳志さん。

新幹線の中で突然刃物を振り回す危険な男が
不幸にも隣に座っているかもしれないこの昨今、
自分の身を護れるのは自分のみ。
武道や格闘技は最低限レベルでも身に着けておきたい。
同様にロジカルシンキングやロジカル会話術も
詭弁強弁を振り回す危険な相手から
自らの身を護るためには必須であろう
(これこそ詭弁強弁?)。
「ビジネスパーソンの為の護身術」と勝手に名付けたい。

・・・まずは家庭内で詭弁強弁を弄しつつ、
ロジカルシンキングやロジカル会話術など
微塵も存在すら感じていない我が家の女性たちに
これを是非読んで頂きたい(汗)。
本書が我が家の教科書になれば
少しは私のアウェー感も癒されるであろうか(苦笑)。

最後のメッセージがステキ。
「無知を恐れず、未知を楽しもう!」
まさに船川淳志さんご本人が体現されていることですね。
ありがとうございました。
第二弾、第三弾、楽しみです!!!


[図解]思考力が高まるプロの口ぐせ/船川淳志 17349

[図解]思考力が高まるプロの口ぐせ/船川 淳志 11266

[図解]思考力が高まるプロの口ぐせ/船川 淳志 09113

[図解]思考力が高まるプロの口ぐせ/船川 淳志 09088

[図解]思考力が高まるプロの口ぐせ/船川 淳志 09046

[図解]思考力が高まるプロの口ぐせ/船川 淳志 09016


負けないビジネス英語 17の鉄則/船川 淳志 17327

[図解]思考力が高まるプロの口ぐせ/船川淳志 12362

図解 ビジネスの現場で活きる 思考力と対人力/船川淳志 12360


人氣MBA講師が教えるグローバルマネジャー読本/船川 淳志 11309
人気MBA講師が教えるグローバルマネジャー読本/船川 淳志 09034
人気MBA講師が教えるグローバルマネジャー読本/船川 淳志 09022

世界で戦う知的腕力を手に入れる/今北 純一 船川淳志 11308

世界で戦う知的腕力を手に入れる/今北 純一 船川淳志 09043


英語が社内公用語になっても怖くない グローバルイングリッシュ宣言!/船川淳志 11077 


ロジカル・リスニング/船川 淳志 10311

ロジカル・リスニング/船川 淳志 09028

ロジカル・リスニング/船川 淳志 09019


グローバルリーダーの条件/大前 研一 船川 淳志 10302

グローバルリーダーの条件/大前 研一 船川 淳志 09112


図解 ビジネスの現場で活きる 思考力と対人力/船川 淳志 10031
図解 ビジネスの現場で活きる 思考力と対人力/船川 淳志 09045


甲野善紀先生と船川淳志さんとの稽古


学院生のためのアタマの使い方/船川 淳志 09051
大学院生のためのアタマの使い方/船川 淳志 08040

ビジネススクールで身につける思考力と対人力/船川 淳志 09049
ビジネススクールで身につける変革力とリーダーシップ/船川 淳志 09041

船川淳志さんの「グローバルリーダーのマインドとスキル」合宿を終えて


変革リーダーの技術/船川淳志 09039

変革リーダーの技術/船川淳志 09027


英語で仕事をする人の思考力と対人力/船川淳志 09030

2018-06-19 04:53:46

新装版 坂の上の雲 (5)/司馬遼太郎 18170

テーマ:歴史小説
新装版 坂の上の雲 (5)/司馬遼太郎
¥756
Amazon.co.jp
★★★★★

最近諸々脱線をしているがそれでもなお、
「坂の上の雲」は最高傑作だ!
乃木希典大将や伊地知幸介参謀長に多少同情しつつ、
やはり敵味方がはっきりしている方がストーリーとしては
断然に引き込まれてしまう。

数多もの日本人の生き血を吸って
203高地は終に堕ちる。
今回はGoogleMapやGoogleMapの航空写真で
203高地 の現地を確認しつつ。
この周辺ストリートビューは無いのだが
3Dで山の高さや位置関係などが見て取れる。

「坂の上の雲」を読んでいると203高地や他の高地が
かなり高い山の様に感じるのだが、

203高地航空写真

とのように山、というよりも丘。
この丘に登らないと旅順港が外からは見えないとは
日本でいう鎌倉の様な地形なのだろうか。
旅順は一度ゆっくり自分の足で歩いて確かめてみたい場所になった。

あと経営者の端くれとしてはロジェストヴェンスキー 中将に
密かに同情を寄せてしまう。
大艦隊を喜望峰を巡らせて大航海をさせて、
イギリスにいじめられドイツに冷たくされ
しかも本国からの支援や具体的な指示が遅い。
司馬遼太郎さんに「乃木大将に並び立つ愚将」に仕立てられてしまっている
ロジェストヴェンスキー司令官だが、この評価も鵜呑みに出来ないのではないか。


2018-06-18 04:26:10

人生の五計―困難な時代を生き抜く「しるべ」/安岡正篤 18169

テーマ:安岡正篤先生に学ぶ
人生の五計―困難な時代を生き抜く「しるべ」/安岡正篤
¥価格不明
Amazon.co.jp
★★★★★

8年ぶり。そんなにも読んでいなかったかな?
自分の中の五計を改めて省みる為の
実に良い本で、反省もさせられる。

前から痛み入ってばかりであるが、
「家計」の「父母憲章」がことさら痛い。

 一 父母はその子供のおのずからなる
   敬愛の的であることを本義とする。

 二 家庭は教育の素地である。
   子供の正しい徳性とよい習慣を養うことが、
   学校に入れる前の大切な問題である。

 三 父母はその子供の為に、学校に限らず、
   良き師・良き友を択んで、
   これに就けることを心掛けねばならならぬ。

 四 父母は随時祖宗の祭を行い、子供に永遠の生命に
   参
ずることを知らせえる心掛けが大切である。

 五 父母は物質的・功利的な欲望や成功の話に
   
過度の関心を示さず、親戚交友の陰口を慎み、

   淡々として、専ら平和と勤勉の家風を作らねばならぬ。

 六 父母は子供の持つ諸種の能力に注意し、
   
特にその隠れた特質を発見し、

   啓発することに務めねばならぬ。

 七 人生万事、喜怒哀楽の中に存する。
   
父母は常に家庭に在って

   最も感情の陶冶を重んぜねばならぬ。


うーむ。まぁまぁかなと思えるものもあれば
全く出来ていないものも多く。
子供よりも父母がより学ばねば。



2018-06-17 04:42:54

バッハの秘密/淡野弓子 18168

テーマ:音楽
バッハの秘密/淡野弓子
¥3,387
Amazon.co.jp
★★★☆☆



に続き、私にとっての暗黒大陸
「クラシック音楽」の世界の戸を叩いてみる。

よく理解できたのは最初の方のバッハの人生くらいで
中盤からの音楽論は???の連続。

バッハ名前をアルファベットに換算して足すと「十四」になって。。。
とかまでは理解できるのだがその後、
この十四が音楽や楽譜に織り交ぜられていて、
となるとチンプンカンプンだ。。

そもそも、基本的な音楽用語が全く分かっていない
私にはそもそも無理だったか。。
小中(高校にも音楽ってあった??)と、
とにかく音楽の授業が嫌い、音楽の先生が嫌いだったので
仕方ないな。。。

もう少し「音楽初心者」の本は無いかな?
とAMAZON MUSICの「勉強がはかどるバッハ」を聴きながら、思う。
聴くのは楽しんだけどナ。

2018-06-16 04:18:59

司馬遼太郎と東京裁判/福井雄三 18167

テーマ:歴史

今読み進めている

坂の上の雲/司馬遼太郎
¥価格不明
Amazon.co.jp
を楽しみつつ熱くなりつつも
「ちょっと偏り過ぎているんじゃないか?」
という違和感を今回は覚えたので
「司馬史観」に異を唱えるような本を読んでみたくなった。
本書はまさにそれ。

東京裁判史観が司馬史観に大きく影響している、
というのが大筋。
明治は善、昭和初期は悪だが
その悪の端緒が旅順攻防戦や陸軍、
そして乃木希典大将にあるというもの。

司馬遼太郎さんの「偏り」は何度かこの
「坂の上の雲」を読んでいて感じていたが
ちょっとショックだったのが


にて日本軍は惨敗したと思っていた
ノモンハン事件が、実はソビエト軍の方が圧倒的な戦力を誇りながらも
戦死者や戦傷者数、戦車などの損害においても日本軍を上回っている、
といこと(Wikipedia「ノモンハン事件」 にも出ていた)。

「こうであるはず。こうだったに違いない」
という思い込みがあると歴史は後世にこう見えるのか。

「坂の上の雲」は読み物として楽しみにつつも
司馬遼太郎さんの諸々の評価に関しては
鵜呑みにしないようにしたい。
2018-06-15 04:04:25

知ってはいけない 隠された日本支配の構造/矢部宏冶 18166

テーマ:政治

事実であればあるほど、人を怒らせることがある。
その様な「不都合な真実」に溢れた、本書。
私には本書がどこまでが真実かを知る術はないが、
いろいろ不可解な出来事がこの「真実」により
ある程度解くことが出来るようになるのかもしれない。




2018-06-14 04:39:46

週刊ダイヤモンド 6/9 号 最凶官庁 財務省の末路 18165

テーマ:政治

タイトルを見た瞬間
「あちゃ~ここまでダイヤモンドさん、
 「最強」官庁に言っちゃうか?」
と思わず心配になる。

だがさすがダイヤモンドさん、
実に良く財務省の内情を調べていて、
「確かにこれは酷いよな」
とうなずくばかり。

主因の一つに内閣人事局による
財務省幹部掌握、統制があったが、
「政高党低」や官邸主導がこのような結果をもたらすとは。
政官のバランスはどこにどうあるべきなのだろうか。


2018-06-13 04:24:12

致知 2018年6月号 「父と子」 18164

テーマ:致知/人間学を学ぶ月刊誌

致知 2018年6月号 「父と子」

★★★★★

「父と子」という、今回も重いテーマ。

自分の父親と自分、
そして自分と娘たち、
の「父と子」をそれぞれ思いつつ読む。

 父が照らした光
 森 迪彦(森 信三氏 ご子息)
 平澤 裕 (平澤 興氏 ご子息)
 西澤真美子(坂村真民氏 ご息女)

 父・渡部昇一が遺したもの
 早藤眞子(ピアニスト)
 渡部玄一(チェリスト)
 渡部基一(ヴァイオリニスト)

などなど、様々な「父と子」が登場。
最近「親は無くとも子は育つ」ではないが、
親の子への影響はとても限定的だな、
と思うことが多かったが、そうでもないのかな、
と激しい「揺り戻し」を感じる。

 偉人の父に学ぶもの
 木原武一(評論家)

に出てくる、ルソーの言葉。

 「本当の教師は父親である。
  世界で一番有能な先生によってよりも、
  分別のある平凡な父親によってこそ
  子供は立派に教育される。
  才能が熱意に代わる以上に
  熱意は才能に代わることができるはずだ」

そうなんだぁ。。
2018-06-12 04:58:56

週刊ダイヤモンド 6/2 号 個人情報規制 GDPRの脅威 18163

テーマ:法律・コンプライアンス
週刊ダイヤモンド 2018年 6/2 号 個人情報規制 GDPRの脅威/ダイヤモンド社
¥710
Amazon.co.jp
★★★★★

新聞を読んでいてもなんだかよく分からなかった
一般データ保護規制GDPR。
このダイヤモンドの記事のお蔭で
やっとキャッチアップ出来た。

結論としては現状のところ当社としては関係無し、
だがほとんどの日本企業には少なからず影響があるはず。
ターゲットはGoogleやフェイスブックなど
米国のプラットフォーマーなのだろうけど、
本当に余計なルールを作りやがって。

「なんとなく氣持ちが悪い」ような感はあるけれど
そもそも「個人情報」が漏れると何が具合が悪いのか?
以前はごみ捨てなどでもこちらに届いた手紙の宛名など
一生懸命シュレッダーしてたりしてたけど
そもそも我が家の所在地などは
仕事などの都合上全世界に公開されているし(笑)。

ネット上の行動は決して匿名ではなく
万一公開されて困るようなことはしない、
ということだけ氣をつけていれば
いいんじゃないかな。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。