年間365冊×今年20年目 合氣道場主 兼 投資会社・コンサル会社 オーナー社長 兼 グロービス経営大学院准教授による読書日記
★受講生募集中★
クラス運営方針、講師紹介、申込は下記リンクからどうぞ

グロービス経営大学院(MBA)
 経営戦略・マーケティング基礎クラス講師

 ・2024年4月期オンラインクラス【満員御礼開講中】
 ・2024年7月期東京校リアルクラス【申込受付中】


 グロービスマネジメントスクール
 経営戦略・マーケティング基礎クラス講師

 ・2024年4月期オンラインクラス【満員御礼開講中】
 ・2024年7月期東京校リアルクラス【申込受付中】

グロービスマネジメントスクール
 経営戦略クラス講師

 ・2024年7月期東京校リアルクラス【申込受付中】

最近オンライン&リアルの企業研修多数
・・そちらでもお目に掛かりましょう。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

「こころ」に書き写す言葉/安岡正篤 24147

 

★★★★★

5年ぶり2回目。

安岡正篤先生の名言、至言が

ぎゅっと絞られて一冊の本になっている。

 

 思考の三原則
 第一原則 目先にとらわれず、できるだけ長い目で見る
 第二原則 一面だけ見ないで、なるべく多面的、
        出来れば全面的に観察する
 第三原則 枝葉末節に走らないで根本的を見る

 

安岡正篤一日一言/安岡正篤

に登場する思考の三原則が更にシンプルになっている。

 

グロービスの講義などでも度々ご紹介している

安岡正篤先生の思考の三原則だが

これを改めて読み返して

「目的意識」に直接触れていないことに氣付く。

「何のために思考するのか」は第三に含まれてるのだろうか。。

 

などと考えながら読んでいたら、最後がこれだった。

 

 何のために学ぶ
 ――――つねに心すべきこと

 我々は、何のために学ぶのか。

 何のためでもない。学ばなければならないから学ぶのだ。

 学ばずにはいられないから学ぶのだ。

 学問の第一義は、道心の長養でなければならぬ、

 道徳の発揮でなければならぬ。

 

全く安岡正篤先生の仰る通りだ。

 

安岡正篤「こころ」に書き写す言葉/安岡正篤 19339

間違える勇氣/ジャン-クロード・ビバー 24146

 

★★★★★

グロービスマネジメントスクール「経営戦略」D1クラス

「タグ・ホイヤー・カレラ・コネクテッドウォッチ(タイトル長いッ!)」

の予習として。

 

主人公であるLVMHグループ時計部門プレジデント

ジャンークロード・ビバーの名前をググってたら出てきたので

購入して読んでみた。

 

ルクセンブルグ生まれでスイスに帰化したようだが、

スイスにもこんな人がいるのか!という感じの

モーレツ経営者。

 

ケースを読み解くいろいろなヒントがあった。

 

 今日、質の高いスイスの腕時計は、

 つけている人の趣味や美意識、社会的階層、

 人となりなどを伝えることができる。

 そうした腕時計はコミュニケーションツールなので、

 正確な時刻を知らせる以上に、

 あなたがどんな人物であるかを表現するのだ。 

 

 したがって、単なる高精度な腕時計として

 存在するよりもはるかに大きな価値がある。

 腕時計には時間を示す機能以外にも役割がある。

 それはステータスシンボルや感情、夢を表現する、

 いわば合理的ではない機能だ。

 そして今日、そうした機能は時を告げるよりも

 はるかに重要になった。

 時を知らせる機能は結局のところ平凡で、

 至るところに〝タダ〟で存在するからだ。

 

スイスの高級時計に対する

ジャン-クロード・ビバーの理解が感じられる。

 

 インテルやグーグルとの提携は必然だった。

 自社だけでは「コネクテッド」を製造するために

 必要なすべての技術(ハードウェアとソフトウェア)を用意できない。 

 

 提携して思いきって「コネクテッド」を送りだし、

 タグ・ホイヤーの時計 1本を 1500ドルで提示することで、

 競合他社のスマートウォッチに対して、

 我々の最低価格も提示できた。

 「コネクテッド」がなかったら顧客にはならなかっただろう

 新しい買い手を魅了することもできた。

 したがって、「コネクテッド」は将来、

 機械式時計を買うためのステップとなりうる。

 

 高級時計ブランドにとって、機械式時計と「コネクテッド」は、

 競合するというよりも補完的なものなのだ。

 

コネクテッドウォッチを世の中に

送り出した意味、目的はこのあたり。

次はコネクテッドウォッチの特徴と再びその狙い。

 

 まず、「アップルウォッチ」とはまったく類似していない。

 私たちの目的は、ここでもまた、最初で、他と違っていて、

 唯一の存在であることだから、

 アップルウォッチをまねようとはしなかった。 

 

 タグ・ホイヤーの「コネクテッド」は、

 私たちのブランドの定番コレクションである「カレラ」がベースだ。

 ケース素材はチタンで、形状は 1963年に作られた

 オリジナルモデルとほとんど同じである。

 私が手首につけている腕時計が、

 スマートウォッチであるということに

 氣づける人はほとんどいないだろう。

 タグ・ホイヤー「コネクテッド」は、

 あくまでタグ・ホイヤーの腕時計であり、

 コンピュータには類似していないはずだ。

 私たちはブランドの DNAを保ちつつ、

 新境地を開いているのだ。

 

 この腕時計の特徴に戻るが、メッセージやスポーツの試合結果、

 歩いた距離、ルートなどを表示できる。

 グーグルが開発したシステムであるアンドロイドウェアによって、

 数千のアプリケーションがダウンロード可能だ。 

 

 最後に、私たちはこの「コネクテッド」を

 「永遠」のものにする独創的な方法を見いだした。 

 2年使用したら、所有者はそれをブティックに持ちこみ、

 元々の価格に相当する金額との差額を支払い、

 機械式の「カレラ」を持ち帰ることができるのだ。 

 

なるほど。面白いね。

20年以上前にスキー場で愛用していた

G-Shockを無くして以来、

腕時計をしなくなってしまったが、

ちょっとだけ欲しくなった。

 

イスラム教再考 18億人が信仰する世界宗教の実相/飯山陽 24145

 

★★★★☆

イスラム教やイスラームのこと、

いろいろと本読んでだいぶ分かってきたかな?

と少し自惚れていたところに

どんでん返しを喰らった感じの本。

 

日本人は「話せばわかる」などとよく言うが

本書の通りであるとするならば

イスラム教徒と「分かり合う」ことは

絶対に無さそうだな。。

 

そういえばそんなことを思った本があったな、

と思い当ブログを検索すると

 

イスラムの読み方/山本七平 加瀬英明 15238

 
さすが山本七平さん。
元のその一にぐるっと戻ってきたらしい。

[7巻] 7つの習慣プライベートコーチ レッスン7 自分を磨こう 24144

 

★★★★★

名著「7つの習慣」のそれぞれの習慣を一つずつ、

Audibleでプライベートコーチをしてくれるという

この素晴らしいシリーズも最終巻。

原著では「刃を研ぐ」が、

「自分を磨こう」と簡単な表現になっているのだね。

 

グロービス受講生によくあるため息で

「仕事が忙し過ぎてこれ以上勉強できません、

 これ以上本を読めません・・・」というものがあるが

そんな彼ら彼女らに是非聞かせて読ませてあげたい。

 

マーケティング・経営戦略基礎のD6の最後に

 

 「学ぶ時間が無い」のではない。
 「学ばないから時間が無い」のである

 

と自戒もこめつつ厳しい言葉を申し上げているが、

やはりその通りだと改めて思う。

 
受講生の皆様にも負けることなく、
私自身も学び続けよう。 

 

[6巻] 7つの習慣プライベートコーチ レッスン6 シナジーを発揮しよう 24075

 

[5巻] 7つの習慣プライベートコーチ レッスン5 相手を理解しよう 24021

 

[4巻] 7つの習慣プライベートコーチ レッスン4 Win-Winでいこう 23345

 

[3巻] 7つの習慣プライベートコーチ レッスン3重要なことを実行しよう 23341

 

[2巻] 7つの習慣プライベートコーチ レッスン2ビジョンを描こう 23331

 

[1巻] 7つの習慣プライベートコーチ レッスン1主体的にいこう 23319

 

7つの習慣-成功には原則があった!/スティーブン・R・コヴィー 20098

7つの習慣-成功には原則があった!/スティーブン・R・コヴィー 15205

7つの習慣―成功には原則があった!/スティーブン・R・コヴィー 13324
7つの習慣―成功には原則があった!/スティーブン・コビィー 13004
7つの習慣―成功には原則があった!/スティーブン・R. コヴィー 11289
7つの習慣―成功には原則があった!/スティーブン・R. コヴィー 11047

日本の戦闘者 - 現代のサムライは決してグローバリズムに屈せず/荒谷卓 24143

 

★★★★★

熱い。熱すぎる我が武道の師、

荒谷卓先生の新著。

本書は「ストライクアンドタクティカル」という

世界の最新軍事事情と特殊部隊をグラフィックで紹介する

本格軍事専門誌に5年間コラム記事としていたものを

一冊にまとめたもの。

ターゲットが絞られ過ぎ、コア過ぎるだろ。

 

「一般人」をガン無視した感じで

「日本の戦闘者」だけを前にして

最初から最後まで荒谷卓先生が

叫び続けて読み手を挑発し鼓舞し続ける。

 

こんな風に。

 

 グジャグジャ考えている時間はないってことだな。

 このような世界的圧力に個人で立ち向かうことは難しい。

 だからといって、一人でどっかの山奥に逃げようとしても無駄だぜ。

 命乞いして奴らに従っても奴らの都合で

 いつでも殺処分にあっちまうよ。
 

 自分一人助かろうというようなチンケな考えな ど持たず、

 自分が頑張ることで日本を守ろうと思う者は、

 日本人として身近な人と協力し、

 日本の伝統的正義を高らかに掲げること。

 それが唯一の対策だ。

 だから先ずは自分が日本になれ。

 そして日本人 として生きる場所をつくれ。

 家族や仲間と団結し、 生き抜くための基盤をつくるんだ。

 あとはあいつらが自滅するまで

 耐えて耐えて耐えまくって日本 を貫くだけだ。

 日本の歴史は俺たちにかかっている。

 日本の歴史に俺たちの魂を刻もうぜ。

 

 最後まで読んでくれてありがとな。

おおおお、無性に武道稽古がしたくなるが、

この秋までお預け。。

我が家の小さな庭の畑は

既に野菜で埋め尽くされているし(笑)。

この熱く煮えたぎるものを何にぶつけよう。。。

 
 

特殊部隊vs.精鋭部隊/荒谷卓 二見龍 21037

 

サムライ精神を復活せよ!/荒谷卓 20227

サムライ精神を復活せよ!/荒谷卓 20189

サムライ精神を復活せよ!/荒谷卓 20132

サムライ精神を復活せよ!/荒谷卓 19342

 

自分を強くする動じない力/荒谷卓 20354

戦う者たちへ 日本の大義と武士道/荒谷 卓 20118

 

立命の書『陰騭録』を読む/安岡正篤 24142

 

★★★★★

四回目。

この陰隲録の最も好きなところ、

安岡正篤先生の他の本では

 

 人間の運命がはじめから定まっているなら、
 なんで釈迦や孔子が苦労したのか?
 偉大な人が修行したのは、
 修行によって、人間をつくることができるからだ。
 人間ができれば環境もつくられる
 
であるが、
 
 
の際に氣が付いたのは
「孔子や釈迦の話はどこから出てきたのだろう?」
ということ。
今回、雲谷禅師と袁学海の出会いと問答を熟読したところ、
ちょっと遠回しだが、ここだろうというところはあった。
 
 袁黄も今まで信じてきたことを根柢から覆されて驚いた。
 そこで「それならば一体運命というものは
 逃れることができるものか」と
 質問した。
 すると禅師は、「天命は自分から作り、
 福は自分から求めて得るとは、
 詩経や書経のいうところであるが、
 まことに立派な教訓である。
 わが仏教の教典の中にも、
 『富貴になろうと求むれば富貴を得、 
  男女の子を欲しいと求むれば男女の子を得、
  長寿を得たいと願い求むれば長寿を得』
 と説かれてある。
 そもそも虚言は仏者の大きな戒めとするところであるから、
 諸仏諸菩薩はどうして虚言をついて人を欺くようなことをされようか、
 そんな筈はないのである」と言う。
 
のここがお釈迦様、だな。
孔子はこの問答の中で見つけることが出来ず、
他に孟子と第六祖慧能の言葉はあった。
安岡正篤先生の意訳というよりも
解釈し昇華させた言葉、
なのであろう。
あ、「論語」ばかりを探していて氣が付かなかったが
「詩経や書経」とあるからここから
孔子が出てきたのかもしれない。

 

立命の書『陰騭録』を読む/安岡正篤 21034

週刊ダイヤモンド 4/27・5/4 保険 VS 新NISA 24141

 

★★★★☆

保険と新NISAを比較する、という特集。

面白いのが20年以上前に受講した

ファイナンシャルプランナーの講義で学んだこと、

「保険と運用は別にしろ」という学びが

まだ生きているらしい、ということ。

保険と運用は「目的」が違うのだから

それぞれ別のアプローチをすべし、

というのはまだ続いている基本原則なのだ。

 

なお、今回は個人、企業ともに

良く存じ上げている方々が

かなり手厳しく週刊ダイヤモンドさんに叩かれている。

「容赦ない記事」を普段は支持するものの、

フクザツな心境だ。。

小さな人生論・4/藤尾秀昭 24140

 

★★★★★

十三回目。

この「小さな人生論」含めて

何度も読んでいるこの言葉が刺さった。

 

百歳で三十年分の仕事の材料を買い込んだという。

 

 実践実践また実践
 挑戦挑戦また挑戦
 修練修練また修練
 やってやれないことはない
 やらずにできるわけがない
 今やらずしていつできる
 わしがやらねばだれがやる
 平櫛田中(彫刻家)


いいなぁ。

こんな人生を俺も歩むぞ。

 

小さな人生論・4/藤尾秀昭 22086

小さな人生論4/藤尾秀昭 21128

小さな人生論4/藤尾秀昭 20224

小さな人生論・4/藤尾秀昭 19273

外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術/山口周 24139

 

★★★☆☆

二回目。今回はAudible。

1日1冊読んでブログに大事なことをUPして

いつでも検索できるようしておけば、

山口周さんが目指すところはかなり出来るようになるのでは。

 

たぶん山口周さんも本音ではそうだと思うけど、

私にとっての読書は「目的化」しているので

あんまり効率とか氣にしないなぁ。

 

外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術/山口周 22353

 

思考のコンパス ノーマルなき世界を生きるヒント/山口周 24119

 

武器になる哲学/山口周 24116

武器になる哲学/山口周 24027

武器になる哲学/山口周 21093

 

世界観をつくる 「感性×知性」の仕事術 水野学 山口周 23279

 

仕事選びのアートとサイエンス/山口周 23243

 

ビジネスの未来――エコノミーにヒューマニティを取り戻す/山口周 23215

 

人生を守るための最後の時間術/山口周 23210

 

外資系コンサルが教えるプロジェクトマネジメント/山口周 23199

 

仮想空間シフト/尾原和啓 山口周 22280

 

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?/山口周 22217

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?/山口周 21098

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?/山口周 18255

 

外資系コンサルの知的生産術~プロだけが知る「99の心得」~/山口周 21250

 

きみのお金は誰のため: ボスが教えてくれた「お金の謎」と「社会のしくみ」/田口学 24138

 

★★★★★

 

 読者が選ぶビジネス書グランプリ2024

 総合グランプリ「第1位」受賞作

 

とのこと。

お金儲けは卑しい、汚いと思い込んでいる

若い方々に読んで欲しいなぁ、とつくづく思う。

「社会科」でこの本を読ませたらよい。

でも学校の先生には抵抗ある

「綺麗ごと」に感じるかもなぁ。

 

お金も、地位・立場も、

戦略も、フレームワークも、

所詮は便利な「道具」でしかない。

その道具を使っていかに

自分が成し遂げたい理想を実現するのか?

が大事なハズ。

 

道具に振り回されたらダメだよねぇ。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>