分譲マンション屋の読書日記 -5ページ目
2018-07-10 04:38:52

99%の社長が知らない銀行とお金の話/小山昇 18191

テーマ:MBA/ファイナンス

当社メインバンクの支店長と担当が同時に異動になった。
いつもはご挨拶にお越し頂いているが、
本書の教えの通り今回はこちらから出向くことにした。
で、その予習として。

本書の教えに従い、中期経営計画を作成し、
当日のアジェンダも作成。準備は万端。
銀行員との面談がこれほど楽しみなのは初めてだろうか(笑)。

2018-07-09 04:21:14

週刊ダイヤモンド 6/23号 最優秀社長 18190

テーマ:経営


上場企業で時価総額上位300社を
企業価値向上率やEVAなど5つの指標でランキングし
上位から並べるというもの。
1位は伊藤忠商事の岡藤正弘社長で、以下。。。

上位にも下位にも「へぇ、この社長がこんなところに」
というのがいくつもあり、意外な結果を見るのが興味深い。

ただ、本号でもっと興味深いと感じたのは

 アパレル業界に激震台頭するファッションテック

 日本は諜報活動に目覚めよ 麻生幾

の二つの記事だった。
ファッションテックなどZOZOTOWNくらいしか
思いつかなかったがとんでもない。
ZOZOスーツは随分前に注文しいつ届くのやらとんと分からないが
こんなに強そうな競合がいるのにことじゃダメだろ?と。

諜報活動は古くは落合信彦さん、最近は佐藤優さんの影響で
「日本の最近の諜報活動はダメダメ」と信じ込んでいたが、
これも意外とそんなことないのだ、と。

自分の疎い分野に目を開かせてくれる
ダイヤモンドさんありがとう。





2018-07-08 04:34:50

RPA革命の衝撃/大角暢之 佐々木俊尚 18189

テーマ:インターネット/パソコン/IOT/AI
RPA革命の衝撃/大角暢之 佐々木俊尚
¥価格不明
Amazon.co.jp

★★★★☆
RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)
研究第三弾。
イメージと言うか、妄想というか。
RPAについては頭の中にモワモワと湧いてきていて、
これはまさに私の様なピンのスペシャリストの為の
福音なのではないかと。

取り敢えず、著者が代表を務める
に資料請求をしてみた。

マイクロソフトオフィスや弥生会計の様に
電氣屋さんで買ってくる、AMAZONでダウンロードすれば
まずは試せるような代物ではないらしい。
いろいろと試してみたい。

週刊ダイヤモンド2/10 号 企業も個人も生死を分ける AI格差 18054
図解入門 最新 RPAがよ~くわかる本/西村泰洋 18162



2018-07-07 04:16:06

マンガでわかる 必ず伝わる! ロジカル会話術/船川淳志 18188

テーマ:MBA/グローバルリーダー

7月5日、6日と本書、
『マンガでわかる 必ず伝わる!ロジカル会話術』
の刊行記念特別講演会があり、出席させて頂いた。
その予習として、再読。

著者船川淳志さんによる講演会は、
フェイスブックによる集客だけの様だが、ほぼ満席。
講演者も受け止める側も実に熱い、熱すぎる。
グロービス講師をしているとついつい講演者視点で講演を見てしまうのだが、
自分の講義も更にエネルギーを注ぎ込んでも良いかな、
と反省させられた。
最前列に座ってた為かいきなり
合氣道の技を皆さんの前で見せるという無茶ぶりもあり、
慌てた為か船川さんの手首をちょっと強く極めてしまったかも。
ごめんなさい。

前回読んでから今回まで、
本書は家内に読んでほしくて渡してあったのだが、
熱心に読んでいたのは小5の次女。
恐らく「マンガ」に惹かれただけだが(笑)
主人公さつきさんの様に
「未知を楽しむ」ことのきっかけの一つになってくれれば。

「マンガでわかる」シリーズ第二弾、第三弾、
我が家族(少なくとも私と次女)は
首を長ーくしてお待ちしております☆

2018-07-06 04:28:36

日本刀の科学/臺丸谷政志 18187

テーマ:武道・武術・健康法

甲野善紀先生や荒谷卓先生のお話を伺っていると
日本刀に関する知識と経験があまりに足りないことに
残念な思いを抱いていた。
まず各部名称などが分からないものだらけ。
一度ちゃんと勉強してみたいと思ってた。

図書館でこの本を発見し読んでみる。
タイトルの通り、日本刀を科学的に検証するもので
日本刀初学者の自分にとってはちょっと難しいところもあったが
楽しく読むことが出来た。

ちょっと残念だったのは

 峰打ちは本当にあったのか?

というコラムで峰打ちは日本刀の構造上あり得ない、
とされていたところ。

Wikipediaを見ても峰打ち は現実的ではないという評価。
武道家のロマン、なのだけどな
緋村剣心の逆刃刀とか。
ただ、「鋼の棒」と考えれば当て所を考えれば
徒手の当身同様相手を氣絶させることくらいは
そんなに無理なく出来そうだが。




2018-07-05 04:38:32

週刊ダイヤモンド  7/7 号 ニッポンの中国人 全解明 18186

テーマ:中国ビジネス

中国ビジネス関係者との会食があったため、
いくつかの号を飛ばして本号を先に読む。

日本に在住する中国人が
100万人を突破するのが目前になった、とか。
自分の実感からすると、中国人の友人も結構身近にいるし、
娘のクラスにも3人(もっと、かな?)も中国人がいるし、
すっかり身近に思えてたけど、まだそんなものなのか。

面白いのは在日中国人は中国語で喋っていれば
日本人には絶対聞かれていない、と思っているらしいこと。
カタコトではあるけれどこちらが
急に中国語をしゃべり出すととても驚かれる。
何度も言わないと通じないのは
私の発音が悪いだけじゃないハズ(笑)。

10年以上前になるが中国でべったり仕事をしてたためか
いつかこんな日がくるのでは、と心の中で思ってた氣がする。
2018-07-04 04:45:32

長友佑都のヨガ友/長友佑都 18185

テーマ:武道・武術・健康法

ワールドカップ2018ロシア大会で大活躍中の
長友佑都選手によるオリジナルヨガ本。
今回で四回目。

前十字靭帯断裂による手術後、リハビリに励んでいるが、
理学療法士の先生に指導を受けたトレーニングを
所定の3倍以上こなした後、このヨガ友を夫婦でしている。
40種類あるが、1週間で1週。
4月末からだからほぼ10週はしただろうか。

どこまでがスクワットなどのトレーニングによるものなのか、
どこからがヨガ友によるものなのか、
判別は付き難いものの、体調はすこぶる良い。

ただ、合氣道の稽古に身体が慣れてしまっているのか
筋トレ的トレーニングやヨガだけでが痩せず。
人生MAX体重をキープしつつある(汗)。

で、最近ウォーキングも増やしなるべく1日1万歩以上歩いている。
道場に復帰した時には怪我の前よりも
強靭でしなやかな身体で戻るつもり。

本書を読んで改めて思うのは
「瞑想」もちゃんとやった方が良いかな、と。
そういえば週に1度もしていない。
長友佑都選手は試合前と寝る前に
欠かさず10分座っているらしい。
2018-07-03 04:57:19

40代にしておきたい17のこと/本田健 18184

テーマ:自己啓発

読んだばかりな氣もしたけど、


でホンワカした、いい氣持ちになれたので
また本田健さんの本が読みたくなった。

最近、仕事のことで教えて頂きたくて
20代の頃の上司に久しぶりに電話をすることがあったが
とても嬉しかったし、元上司にもなんだか喜んで頂けた様だ。

 60代、70代のメンターに教えを請う

をもっと意識してやってみようと思う。







大好きなことをやって生きよう! 【ポケット版】/本田健 17095

子どもに教えたい「お金の知恵」/本田健 17083

図解 大好きなことが人生にお金をつれてくる!/本田健 17079


普通の人がこうして億万長者になった/本田健 16281  ★★★★★

普通の人がこうして億万長者になった/本田健 15073 ★★★★☆

普通の人がこうして億万長者になった/本田 健 05104 ★★★★★


人生の目的~自分の探し方、見つけ方/本田健 15343 ★★★☆☆

人生を変えるメンターと出会う法~自分の磨き方、高め方/本田健 15331 

読むだけで心がラクになる22の言葉/本田健 15138 ★★★★☆

ピンチをチャンスに変える51の質問/本田 健 15131 ★★★☆☆

ピンチをチャンスに変える51の質問/本田 健 10051 ★★★☆☆


ユダヤ人大富豪の教え/本田健 15115 ★★★★☆


大好きなことをしてお金持ちになる/本田 健 15105 ★★★★☆


夢をかなえるお金の教え 豊かさの知恵 /本田健 15070 ★★★★★

お金の教え豊かさの知恵/本田健 ★★★★☆


2018-07-02 04:39:36

小さな修養論/藤尾秀昭 18183

テーマ:致知/人間学を学ぶ月刊誌
小さな修養論/藤尾秀昭
¥1,296
Amazon.co.jp
★★★★★

うーむ。。。自分の至らなさを
突き付けられるような、厳しい一冊。
生涯修行。修養、修養あるのみ。

氣が付かないうちに本書も
2巻目、3巻目が発売されていた。
即購入。



2018-07-01 04:19:27

新装版 坂の上の雲 (7)/司馬遼太郎 18182

テーマ:歴史小説
新装版 坂の上の雲 (7)/司馬遼太郎
¥702
Amazon.co.jp
★★★★★

奉天海戦から日本海海戦前夜まで。

「小説」として楽しみつつも
「ダメ」と司馬遼太郎さんに烙印を押された
クロパトキン、乃木希典、ロジェストヴェンスキーに心痛める。

冷静に客観的に考えれば、この皆さんだって
結構凄いことを成し遂げていると思うのだけどナ。

主人公の「天才」秋山真之も、
バルチック艦隊が対馬海峡を抜けるのか、
太平洋を経由するのかが分からず焦燥の中。
後講釈ならば何とでも言えるのだけど、
「日本の将来を背負った当事者」ならば仕方ないよな。



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス