TURIYA[トゥリヤ]/ボディートーク/インド占星術/アカシックヴォイス/シンガー

TURIYA(トゥリヤ)はミュージック、ヒーリング、インド占星術を通して、体、心、スピリットの調和をサポートいたします。


テーマ:
3回目のセドナ。

こんなに行くことになるとは思いませんでした(^_^)

観光がメインで行ったことはないのですが。

今回はリトリートの前に観光しました。

セドナ在住の写真家、ナナさんにガイドしてもらいました。


少人数だったので、普通はなかなか行けないところを案内してもらいました。

これは、子宮の洞窟。

普通に入れるところですが、入る前に儀式が必要でやってもらいました。

セドナは、こういう儀式が必要なところがあるんですよね。

許可をいただいて中に入ります。


急な坂になっていて、手伝ってもらいながら登りました。

この洞窟に座ってみるとけっこう高さがあり、初めは怖さを感じました。

その後でなんだか懐かしいような地球に包まれているような不思議な感覚がありました。

{27ECFA0A-5936-47DB-ACF2-DEDBCE57110C:01}

少し瞑想して、即興で少し歌ってみました。

なかなか味わえない貴重な時間でした。



そして、日は暮れて。

レッドロッククロッシング

なんとも言えぬ色合いですね~

{25E6C55D-0730-41B8-9ABB-2F3D35DB7518:01}


{A964097D-B79B-4905-8D93-E5F9A941E7B8:01}



{92C1E704-812B-45BB-A07C-1ED98CCC0265:01}

セドナは星も綺麗なんですよね。

ここに載せたすべての写真はナナさんが撮ってくれたものです。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
マックスのリトリートが始まる前の日は、去年行ってよかったボイントンキャニオンへ行きました。

ゆっくり時間をかけて、少し山道を登って行くと、セドナが見渡せます。


ガッチーナウーマン
女性性の象徴。
ネイティヴインディアンの女性の女神とも言われています。

{BCFF3169-1174-4FCB-BD2D-1C8944CDD355:01}


去年は、ここでメッセージを受け取りました。


{2B5415C8-F080-4F30-974D-52C7F14D9F06:01}


フェニックスもいます。


{8AE91650-9D11-4CCA-8093-48B2537BBE02:01}


ドラゴン~


{FB8B7ACE-6C72-4E27-B624-41C86AF79545:01}



{726E1A0E-EB23-41A8-A270-C92268660322:01}




{DB678E1B-001F-433D-B623-31D50D6B2828:01}


今回は、前回よりのんびりできました。

でも、まだまだいたいところでした。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
セドナの写真。
この空のいろも好きだな~

ちょっと違うでしょ~

これは、セドナのハートチャクラから撮りました。

{658140B3-9DFE-4832-9744-F2144DBB178D:01}


これは、カセドナルロック。

ここは、やっぱり特別な場所なんですね。

太陽からの光線が降り注いています。

なにか次元が違う感じ。


{60E4B6B3-027C-44A8-A313-A8C0D68BDA33:01}



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ハートチャクラでセドナを思い出す時、一番浮かぶのは、グランドキャニオンです。
本当に広大で圧倒されるような景色でした。

自分を映し出す鏡として、グランドキャニオンを見るようにとプラサードから言われていました。

自分のハートってこんなに広いんだ。

でも、もっと広いんだなと。

{B141B2BC-EDA4-4650-904C-858EA4DCD648:01}

ここにワシのような鳥が飛んでいて、その姿がとても懐かしくて、見惚れました。

自分にも翼があった時代のことを思い出していました。

{8933F902-83D9-462B-BCA1-3AFA531CD6D0:01}


{B5389028-D627-4EA4-9866-15C62E7F5AB0:01}


{5E717BA2-A1EF-458C-9B9D-5B09C249F287:01}


{BDACC73E-70D0-4FF6-B3C8-98A33F3CA67D:01}



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
さて、「なぜ争うのか?」というネイティブインディアンの問いの答えが返って来ます。

セドナにいる時、いつ何があったのかの時間感覚が曖昧なのですけれど。

ボイントンキャニオンに行く前日にサプライズがありました。

明後日の夜、Deva Premal&Mitenのコンサートがあるのですが、参加する人は?
と主催者から聞かれます。

なんとDeva Premal&Mitenですよ!

Deva Premalのことをはじめて知ったのは、ゲリースクールの時でした。

ゲリーがこの人はエゴが少なく、覚醒に近い人、と言って彼女の歌を聴かせてくれたのでした。

それから、奥さんがファンになり、CDを買ってお店でもかけたりしていたのでした。

まさか、生で聴けるなんて!


彼女は、10代にOshoからこの名前をもらい、歌って来ました。

インドのマントラを西洋風のスタイルの歌にしていることで、西洋ではかなりのファンがいます。

You tobeでのアクセス数を見るとよくわかります。



会場に行くとほぼ満員で、一番上の方しか空いていません。

慌てて席を確保します。

たぶん350人くらいいたでしょうか。

{A6473981-11E3-4288-B982-E85672B86917:01}

そして、彼らの演奏が始まります。

マントラの歌からスタート。

Deva Premalがマントラを歌い、その後オーディエンスが同じフレーズを歌います。

インドでは、伝統的なスタイルですが、ここでこんな体験ができるとは。

思わす涙がこぼれます。

感動!

なんだろうな~

これだけたくさんの人がマントラを知っていて、歌うんです。

ものすごく平和なバイブレーションが生み出されます。

それが問いに対するひとつの答えでした。

自分の中で、平和なバイブレーションを生み出していく、そして、それを広げていく。

それは、Deva Premal&miten、オーディエンスが見せてくれたことでした。

この問いは、kan.さんが最近話したこととリンクしますね。

戦いの土俵に乗らない。


今はたくさんのことが起きていますから、○○反対の運動が多く見られます。

でも、何かに反対することは、その土俵に乗ることになります。


私としては、自分の中に平和を広げる、そして、できればそれが他の人に伝わっていくといいな。

他の人が平和になれば、それが他の人や自然、動物、植物に伝わっていくから。

歌やサトルボディ、ボディートークなどを通して、平和、調和を生み出していきたいなと改めて思いました。

ちなみにDeva Premal&Mitenがセドナでコンサートをするのは、10年ぶりのことだったそうです。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。