高田博厚先生と友と神に ・ 形而上的アンティミスム序説    

   ――― 「僕の愛と美と信仰」 ――― 




―― 集合容喙(遠隔人心操作)と強制薬害の重篤な被害者です。――
自分の本来の魂的生を貫くため、そして
集合容喙と強制薬害の事実を証言し国に問題を解明解決させるため、
この電子欄を書いています。


彫刻家・高田博厚先生の思想と共に生きる電子欄(ブログ)です〔2014年3月25日開始〕。
自著『形而上的アンティミスム序説 ‐高田博厚による自己愛の存在論‐』(2009)の初志を、集合的容喙(遠隔人心操作)と強制薬害の重篤な被害状態にも拘らず、継続実践します。

拡大・内容

本書は、著者の intimisme métaphysique 〔形而上的アンティミスム〕とよぶ哲学理念の許、彫刻家にして思索家である高田博厚(1900‐1987)の根本思想を初めて本格的に明らかならしめようとする貴重な試みである。その意義は普遍的かつ根源的であり、人間の創造的生の条件が稀な真摯さで反省されている。学問・芸術の魂的原点の確認の為に、また、人生の意味の正面からの示唆を得る為に、

「人間」であろうとする総ての人々に開かれた永続的価値をもつ書である。


 revue  「かけがえのないもの」  船より  

信仰  「祈り」  魂感   一行詩  きみの翳  

信仰:人間の愛  思想は人間自覚である  

思想の憲法前文   高田博厚と高橋元吉  

マルセル 形而上学日記   ヤスパース ノオト 

魂の実証 ―記憶と意志― 序説(高田博厚論)   

わたしはかんがえる、ゆえに神を信ず  

高田の作品の形而上性  高田先生の言葉  

高田先生とマイヨール美術館のこと マイヨールの言葉 

「純粋」の直接性と意識性 自分の信にしか神はいない  

自己愛と他者愛、そしてイデアとしての神      

きみのために  品格 信仰と文化  いのちの二行詩  魂の愛の明晰な力 

je suis tout près de Toi  Que ce sourire reste en Toi 

album 1er  album 6e  installation d'essai   裕美さん

album cinquième  ひとの本質  納得  夜明け  Suite 

「空」   祈りの世界   誕生日   愛と神 シャルトル聖堂    

信仰の緊張   「美」の次元  「知性」   平和の行為   

彼女のバッハの精神性

きみのショパン、ドビュッシー、ラヴェルを


地中海彫刻の音楽  信仰   一元化   本質  

「神」の感得的探求  自己委託・信仰  違う力  人間の力  

感覚倫理  自分の魂からの招き  

自節紹介     II   III   IV   VI( V)





*七生報国の鬼魂となる  

必読節:集合容喙関連  

かけがえのない身体と神経組織を壊されたうらみは恐ろしいぞ

___________________________


〔グーグルでは「高田博厚先生と友と神に ・ 形而上的アンティミスムの思想」から

でも検索できます(「古川正樹」を加えて検索してください)。〕              

NEW !
テーマ:

 

イワン雷帝がロシアの初代皇帝に即位した頃、国内の貴族たちはヨーロッパ諸外国と共謀し、自国を売り渡していた。大陸諸国は、ロシアに、イギリスと貿易させまいとして戦略布陣していたのを、皇帝は突破した。ナポレオンの対露戦争や、現在まで続く露欧対立の基本構図であると思う。諸外国と対峙しうるためのイワンの国内統一は、明治維新のそれを思わせる。歴史は連続し重なっている。 

モスクワ郊外のコローメンスコエの昇天教会堂が、この皇帝ゆかりの歴史的建造物であることにきょう偶然気づいた。知らずにずっと惹かれ愛着していたのだ。 

 

いま、『イワン雷帝』を観ていて気づいた。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:


 '17. 7. 14  

 

 

『コローメンスコエ〔Коломенское〕で現存する建築で最も古いものが、コローメンスコエの主の昇天教会(ヴォズネセーニエ教会)である。1532年ヴァシリー3世が後のイワン雷帝の誕生を祝して建設した教会で、材料に石材と煉瓦の基礎を用い、屋根は木造である。ロシア正教会聖堂の最初期の例の一つである。ロシア正教会の聖堂建築は、玉ねぎの形をした屋根(クーポラ)を特徴的とするが、コローメンスコエの主の昇天教会は、八角形の屋根(八角尖塔)を特徴とする。』(Wiki.) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

 

「他人に作用を及ぼすのは、言葉によってではない。その存在によってである。目つきや身振りや晴朗な魂の無言の接触によって、自分の周囲になごやかな雰囲気を放射する人々がいる。・・・ 魂が魂に及ぼす力! しかも、受ける魂も及ぼす魂も共に知らない。けれども人生は、この神秘な引力に支配されている満潮と干潮によって成っている。」 

 

     『ジャン・クリストフ』第七巻   

 

 

 

 

 

 

当然のことではあるが、ロマン・ロランは「沈黙の力」を、沈黙の意味とともに知っている。 この力をもっている者を、ぼくは日本人知識人のなかに(実際に会ったかぎりでは)経験したことがない! (ぼくは生前の高田博厚には会わなかった。) 

 

読みながらぼくはじぶんの思想を確認する。山路の風景をここに記す。時間がゆるされるとおもうかぎりで   

 

言葉を変えて(文豪の言葉で)ぼくの思想を語るのである   

 

ぼくは「自分の思想」しか要らないのだ。なぜならそれのみが真理であるのを知っているから   

 

 

 

 

「われわれをわれわれの死者に近寄らせるいちばん確かな道は、死ぬことではなくて、生きることである」   同   

 

 

 

 

 

*別事   

 

棄てる神あれば拾う神あり、ということは、あたらしい神に拾われるためには、ぼく自身が 古い神を捨てなければならない      

 

 

 

 

 

 

「上の六階の屋根裏部屋に、強力な人間性の炉が燃えており、その光は徐々に家の中に浸透して行った。 

 けれどもクリストフは、まるでそれに気づかなかった。彼にとってはそれはあまりに緩慢だった。」   同   

 

 

 

これが存在による作用、言葉でない作用である      

 

 

 

 

 

 |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

 

腹を決めてクリストフ山を今度こそは登りきろう。高田先生の訳だから、これは知っておかなければ。 

 

でもいままでよく全部お読みになっていなかったわね。 

 

有名なものだからということでぼくの読む動機にはならないよ。先生の訳でも。内容が詰まり過ぎていて、筋を追って文学的雰囲気で入ってゆける小説でもない。読みきった者でも、全部消化できているはずはないような、高い内容だ。片手間に読めるものではない。やることがほかにあるうちは読みきれなかった。いまでも、これに全部ついてゆくのはどうしようもない苦労だな、と思うよ。読めるのは、内容を理解しなくて読んでゆける者たちだ。中学生が、純粋理性批判を読みきれるのと同じでね、内容に入ってゆけもしない読み方をするから読めるのだよ。本人も理解できていないことが解らない。理解できなければ読めないぼくにはできないことだ。「クリストフ」も、欧州を経験していないと解らない内容で、人道的理想主義に感動したなんていう幼稚な読み方は、いまさら不可能で用のないことだ。しかもこの理想主義の厳しさは、日本人にはいまだになかなか了解できないだろう。昔の日本人で、若年時にこういうものを多量に読んでいたというのは、きわめて特殊な人々だったろう。ぼくの場合は精神経路が特殊で、事情はぼく自身しか了解できない。比べるのは無理だよ。普通の経路ではないからね。だから哲学に集中していたんだ。文学はほとんど出る幕ではなかった。強制薬害という怪我で、仕事が空いてしまったから、しかも落ち着くまで膨大な時間がかかって、ようやく読む閑暇を、じぶんで決断してつくれるように、いまなっている。 

 

登山中も、きみへの祈りである演奏鑑賞と、きみを瞑想することは、欠かさない。このことの前では、ロマン・ロランもどうでもいいことなのだ。現実性の違いをはっきり言っておく。自分の現実の前では、物語は無も同然なんだ。 

 

わかっています。いまのあなたには大変であることも。でもやりきってください。この世への心残りの一つが解消されるでしょう。 

 

きみとの愛のなかに、ぼくのすべての現実も思想もある。 この登山は、知っておいてよかったことを、いま理解できるからするのだ。 それでも、いまの日本人で、この山をほんとうに登れるのは、現在のぼくのほかにいるとは信じていない。そのいみでは やり甲斐はある。 

 

 

  

 

 

〔トルストイの長編を読んでいても、どうしようもない下等動物もいる。〕

 

 

 

 

 

 |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

 

ここでいう文学は小説であると思ってもらう。 

 

人間が魂に飛び込むとき、文学(文字の世界)は棄てている。 

 

ぼくはそうである。 

 

詩は魂そのものと呼応しており、文学を棄てた魂の純粋のなかから生まれてくるものである。 

 

この意味で詩は哲学と通底している。哲学の言葉と詩の言葉は同じ源泉から生じる。 

 

ただ、文学的な哲学と、文学的な詩はあるだろう。どちらも純粋状態になっていない、表象に粘着している次元のものである。 

 

純粋芸術も、やはり文学性を脱している。表象を、魂的根源から透明化し、象徴化している。 そういうものとして純粋音楽も彫刻もある。 

 

ぼくは文学に不感症であるどころではないが、はじめから文学を脱しているところがある。(文字の醸す)表象のなかに囚われていることを嫌う。持続的にそのなかに生きていることができない。文学に囚われているかぎり本物ではないという殆ど生理的な感覚と感情がある。そのかぎりにおけるぼくはけっして幸福ではない。文学は人を幸せにせず、自分自身の魂に齎しもしない。表象に囚われた情念に粘着させてしまい、そこで支配的なのは、愛よりもむしろ殺意じみた憎しみの情念である。この居心地のわるさは昔からのものである。小説のもっともよい読み方は、そのところどころに不意に出会った詩のような箇所を拾い読みし、勝手に詩のように味わうことである。けっして全体を読む必要は、魂のためにはないのである。学者として読むなら別であるが、自分の魂と愛のみを求めるぼくの任ではない。人生の早い段階で、ぼくは文学から卒業してしまったらしい。それ以来、ぼくは哲学とともにあり、そして哲学をも越えて純粋芸術とともにあろうとしている。魂とのより深き(直接的な)照応次元を求めてのことである。 

 

 文学をする者と芸術をする者はあきらかにちがう。文学者と詩人がちがうように。思慮を欠いた芸術する者をぼくはもちろん人間として嫌うけれども(これはおそらく詩人にも言えることだろう)。 

 

 哲学はぼくにとって学問ではない。詩が学問でないように。それは魂のもつ思想であり、それによってぼくが生きるところのものである。その証である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

 

ぼくのクレド(信仰条文)   01月20日 01:23

 

 2007年ライヴでの裕美さんの演奏の、熟練も気魄も桁違いな素晴らしさは、観なければわからない。技にも表情にも、予想できない感動を覚えます。彼女はほんとうに多様な面があって面食らわせる、内容をぎっしり感じさせるひとだ。演出的表面とはまるでちがう。ぼくの言いたいのは、彼女の弾く全曲の完璧で優美な音色は、すべて、異常な緊張と努力によって創造されていることが、ここから納得される、ということなのだ。 1. 16  

「堅信」と「覚醒」と「慎み」

きみの気持に応えるために   01月17日 23:08

きみの気持の声   01月17日 00:17

秘記(覚知)  01月01日 19:12  

きみへの愛  IN MY ARMS TONIGHT   12月22日 20:38

私記*   12月21日 02:21

熱烈に   11月28日 16:44

アルバム1~5 愛の修道院のなかで 11月10日 13:23

神に至る愛   愛の修道院のなかで 11月04日 03:56

告白   10月06日 22:47

きみと共にいることは、ぼくがぼくとして在ること   10月06日 03:52

 (個人覚書)   10月01日 02:20  事実と信仰 (覚書)   09月28日 19:03

ぼくには   07月27日 23:57

愛は発するものであると同時に求めるものである  7月26日 00:16

記録 愛の修道院のなかで 06月25日 17:05 

記録 愛の修道院のなかで 07月19日 14:11

 

ぼくは、ぼくのなかのきみいがい、もう信じたくない。

信じることの前ではすべては無力であり、信じることに合わせるしかない。(7.17)

 

愛は現前である   07月07日 14:22

 

*日々の誓い 信仰(個人)   非公開 

あなたは私だけを信じてちょうだい。私はいつもあなたと一緒よ。 

ぼくを知ったいまのきみの表情をみたい。ぼくのなかでしかみられない

きみを愛して愛して愛しぬく。ぼくの救いより大事なこと。そこにのみ

ぼくはいる。

 

       ―これがぼくの信仰の生の核心であり自由である。信仰は天のご機嫌とりではない。天に逆らっても自分の本心を敢行することを自分で肯定することを、信仰という。―

〔神がどう思うかをぼくは知り得ない。神の意思に基づいて生きるということは、よって、欺瞞である。信仰は、自分の決断と決意に基づいて生きることを敢行しつつ、神に面する態度において絶えず自分を問うことである。信仰内容は、個としての人間の歴史性の集積の深みから生成する。17.6.10〕

 

 

きみの演奏を聴き きみの魂を愛することは 他のいかなることにも優る

私録 Kakegae No Nai Mono 素材にこころを籠める

 

 

内部の世界に集中せよ

 

内部の世界に集中する、これはまことに「神の召命」なのであり、修道精神の本質である。このゆえに美意識は生の路を宗教的たらしめ、そのかぎりで倫理的たらしめる。倫理とは、生を「愛の修道院の路」たらしめる魂の希求である美意識の、美意識そのものからの自己統制であるほかの意味をもたない。「内部の世界に集中せよ」、この意味するところがぼくはきょう(17.6.9)身に染みて痛切に解った。ぼくの今後のすべての生を支配するだろう。 

 「神」に導かないのなら芸術にはいかなる真面目な意味も無い。そして芸術の意味を知ったのなら修道士の生を生きざるをえない。このことがいまぼくに真剣な実践として自覚された。 

 夢想であったものが真剣なものとなった。

 

            愛の定義  3月23日

 

 愛の修道院の路  3月25日   書き始めて三年の日      

 

 

 

 

 

 

 

愛とは、生活すべてが神聖な儀式となることである。おのずから生活が修道院となる。

ほんとうの愛 ほんとうの仕事 音楽への感謝    3月31日 21:52

 

裕美さんの 魂の意識を籠める音楽づくりには 聴くたびに尊敬します。

 

 

4月2日(日) 00:08:19

 

自分の過去の思索を担わなければならない。

「愛の修道院」のなかに生きながら思索をする。それは「問いの集中」である。この集中がぼくには「祈り」であり「作品の路」である。

ぼくはいま 問うものの外部からではなく 問うものの内部から問う境位にある。すべて裕美さんのおかげである。 

 

 

 

永遠というものがあるとしたらそれは「記憶の王国」であり、そこではすべての愛と美の記憶が生命をもって生きており、生の本質と現実そのものであり、そのすべての記憶はその意味と内実をますます深く無限に開示しつづけるような世界である。

 

 

無限を知るとは、いのちに共振することである。

 

無限でない いのち はない。

 

 

支える言葉 

 

ぼくは人間の本性は愛であると思っている。自分に反さず生きていれば、愛の方向にゆくしかないと思っている。愛のほかに、自分のほかに、なにを得ようとするのであろうか。自分を得ることは世界を得ることではない。愛を得れば世界を捨ててよい。自分は自分にしかない。愛は自分にしかない。生きていれば、「愛の方向にゆくようにできている」。これが運命であり自由である。 

 

 

読書とは、自分の創造の合間にするべきものである。高田先生が勁く深い理由は これである。

 

 

 

 

 

 

 

# 愛 信仰 美意識 修道院 路 神 召命 慎み 美感覚 


テーマ:

 

人間というものは、人の事情を知らずに人を判断する者ばかり。意識的に自立的であるほど、外見からは人の事情はとても推し測れない。しかもこの外見たるや、自分を基準にしての想像でつくったものである。想像を信じて押しつける。これが念である。念には念をもって応酬する。そうでなければ他人の勝手な念に自分の真実と事実さえ潰されてしまう。人間の生はあまりに、万人の万人にたいする闘争に消費される。もっとも好意的な他人とさえ、「念の闘争」をしなければならぬ。人間の自己暗示的な「信じ易さ」は途方もない。なまじ学をかじる者ほど、無責任な想像でものを言い、押しつける。 デカルトの懐疑の精神を自分のものとしていない者は黙るべきである。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電子欄は広告が邪魔だ。神経を消耗しているぼくの場合、広告が訪問を難しくしている。強制広告をつぶせ。    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 |  リブログ(0)

テーマ:

 

これも、言葉をして言葉たらしめるべく置いておくために記す: 

 

 

「 不安定な人々の最中を、眠っている樹木を揺ぶるように、クリストフは通って行った。彼は自分の考え方を彼らに真似させようとはしなかった。自分で考える力を彼らに吹き込んだ。彼は言った。 

 「君たちは謙遜すぎる。大敵は神経衰弱的な疑惑だ。ぼくたちは寛大で人間的であり得る。あらねばならない。けれども、ぼくたちが善と信じ真と信じていることを疑うことは禁物だ。信じているものは、守らなければならない。ぼくたちの力がいかにあろうとも、ぼくたちは棄ててはいけないのだ。この世界では、最小の者も最大の者と同様な義務を持っている。そして――(自分にはわからないが)――力も持っているのだ。君たちが独りで反抗していることを、無駄だと思うな! 強力な意識、みずからを肯定する意識は一つの力なのだ。君たち自身、この数年間に一度ならず見たではないか? 国家と世論は、一人の勇敢な人間の判断を、嫌でも聞かざるを得なかったではないか? この人間は精神力のほかなんの武器も持っていなかった。けれどもそれを公然と頑強に確立したのだ。 

 ・・・ われわれの文化、われわれの人間性によって幾千年の苦しみを支払って築きあげられたすばらしい作品が、もしわれわれが闘わなかったならば、沈没してしまうのだ。・・・ 起て! 生きろ! でなかったら、死ななければならんのなら、立ったままで死ね」 」     

 

     『ジャン・クリストフ』第七巻     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 |  リブログ(0)

テーマ:

 

ぼくが本心から、どんなに人為的警句でやめようとしても していることがあるなら、それがぼくを形成している、ぼくの集中すべきことなのである。やめないで事実的にしていることが、ぼくの仕事なのである。 もうこの世の秩序とそれは合っていない。別の秩序でなされている。それでも、それがぼくのこの世の秩序(それなりに健康で建設的な生活)を壊すことをぼくは望んでいない。 神よ、御心のままに。 

 

 

世渡りのうまい者が生き延びている。 これは霊界次元でもそうなのであり、むしろこの世はその反映である。 霊界にもずいぶん手数をかけて、申し訳なかったという気持がぼくにはある(これは集合容喙と別である)が、霊界をも超越しよう。 そうしなければ神に出会わない。 霊界を相手にせず神を相手にせよ。 ぼくを捨てる神があれば、ぼくを拾う神もある。 これがイエスの経験したことである。  

 

 

 

 

 

この世で、馬鹿どもに寛容にしすぎた。ぼくが直撃すれば怪我で済まず、絶命することを知っているから、ぼくのほうは寛容にせざるをえなかった。 だから、ここでくらい言う権利がぼくにはある。

 馬鹿は けがらわしい と。     

 

馬鹿も、馬鹿の主張と弁明を言わなければ浮かばれないのだろう (それを感じるから寛容に言わせてやった)が、それだからこそ、馬鹿は存在それ自体が罪悪である。     

 

 

この世においては、馬鹿を耐え忍ばなければならないことを知っているほど聡明であることも、受難である。   強い者ほど忍ばなければならない。                   

 

 

 

出世向きにできていない天才というものがある。 なにほどか歴史に残っている天才というものは、まだ世俗の要素を残している者たちだろうと斟酌してみることができるのも、聡明さの基準となると ぼくはおもう。  

 

 

 

 

 |  リブログ(0)