フーテンひぐらし

永遠の放課後。「お前そろそろ大人になれよ」な毎日。人生のテーマ曲は「ダイナマイトが百五十屯」@小林旭


テーマ:


年齢のせいか交友関係のせいか、
もうずっと周囲の恋愛感が薄かった(結婚してるか、
独身謳歌してるか、恋愛はしていても落ち着いた関係が
続いてるか)んですが

最近久々に恋愛の悩みなど聞いたりしました

それは大半が
「私のこと好きだからここまでしてくれるのよね?」
「好きじゃなかったらどうしてああいう態度とったのさ?」
からの「彼の真意が分からない!!」
 (ゆえに諦めきれない、納得できない)
というため息でありました


そのモヤモヤは、実は
オトコの大原則を知っていれば
なんら悩むところではありません


なので、過去読んで頂いた方には
繰り返しになってしまうと思いますが
もう一度、その大原則を言いますね

それは


オトコはどんな女にも好かれていたい
(嫌われたくない)


であります


それが「5歳の女児でも80歳のおばあちゃんでも」だ、
と著書で明言していたのはどなただったか…。


それは、ひいては
「まったくその気がない女でも」同様、なのであります


それが「うわマジ勘弁」「死んでも誤解されたくない」
ていう論外タイプではない限り、
まして向こうから好意を示されたら余計、


とっても色いい返事、態度、リアクションをします

または突然気まぐれでラブな態度をとったりします


女は比較的
「この人に誤解されたらちょっとウザいかも」とか
「私の真意を誤解されたら困るわ」とか先のこと考えたりしますが
男はあまりそこを考えません


「据え膳は、(よほどじゃない限りは)食う」主義です


そしてそのラブ光線を発している女子が
面倒くさいこと言いだしたり
白黒はっきりつけようとしたりしない限りは

最高に平穏なので
そのまま何の疑問も感じずに
(女にとっては)意味不明な関係を続けます

よほど都合が悪くない限りは
断ったり正したりしません


でももちろん、二人の未来など
微塵も考えてないし
この先も考えるつもりがありません


「だって今のままでいいじゃん!」

「何か決めたり変えたりエイヤと動いたりするの面倒くさいし苦手だよ」

なのです

波風を立てたり、嫌われるようなことはあまりしたくないのです


男がエイヤと現状を変えたり
必死でアクションを取ってくる場合
それは


・とにかく一発ヤッておきたい!

・心底惚れてしまったので恋人に(嫁に)したい!

・何とかしないとこの女を失ってしまう!それは困る!

これのどれかだけなので、



「どういうつもりなのもう!」とヤキモキする期間が長い場合はもう

・はっきりと要望を伝える。その際デッドラインをきっちり決める

しかありません。


それで、あなたに対する彼の真意は分かります。
遂行してくれないのならば


とっとと見切りをつけて次、次


が最良だと思います


人生は、短いのだから。


下記、それに近い内容を書いたかつての
「チームいばら」記事でっす。ご参考に。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


ああ、今なら思い返してしみじみ分かる。
恋愛しなくてよくなった今なら(笑)


片思いだとか、チームいばらだとかで
「こちらは惚れてるが向こうはいまいち」な時。


「どうしたらこちらに振り向かせることができるか」
と考えてしまい、そしてそう考え始めたが最後、

彼====私

この二者間でしか物事を考えられなくなる。


こちらからこうアプローチしてみたらどうかな…。
彼は私のあの行動に対してどう思っているのか…。
反応を探る手はないものか…。


こうなったらもう、下手な鉄砲を打つ猟師。
放った銃弾が数あろうとなかろうと、すべては空砲。

空砲ならまだいい。
相手のハートを撃ち抜くどころか
太ももとか肩にびゅんびゅんかする流れ弾になって
相手に「うぜっ…」と避けられるのが常。

彼には、この二者間以外の生活と人間関係と仕事が山のようにある。
それをすぐ忘れちゃうんだけど、思い出さなきゃいけない。

惚れてる人間のすべては、
惚れてない人間のほんの一部だ。

銃も青写真も占いも、まずしまえ!


「軸は自分に置くべし」とは昔もよく戒めとして書いてたけどね。
それは決して「イニシアチブを取れ」ということじゃないし
「女子力あげろ、自分をキレイに磨け」ということでもない。


どうにも一方通行だ。のれんに腕押しだ。
…そんな彼には駆け引きやツンデレ作戦など無駄。
しょせんは素人芸、相手にはお見通しである。

駆け引きどころか、こちらからの連絡など絶つべきだ。

「連絡を絶って相手に気にならせる作戦」じゃないよ決して。



彼がこれまでにこちらに対して
色いい感じですり寄ってきてくれたことがあったのなら

それはきっと、まだあなたが
ちゃんと「あなた」だったからだ。


自分の生活か仕事か、それらの
「彼と関係ないこと」に対してちゃんと向き合ってて
彼には背中を見せていたからだ。

その背中が、キラキラしてたかもしれないじゃん。

だから、ちょっといいなって、手を伸ばしたのかもしれないじゃん。


なのに全身でこっち振り向いちゃってさ、
それまで向き合ってたもの放り出しちゃってさ、
「なになに?私いつでもあなたが気になるのっ♪」
そんなふうになっちゃったら、

…素敵じゃねえ(笑)


大切なのは、とっとと「魅力的な私」に戻ることだ。

それは化粧でも女磨きでもないし
男受けする対応やしぐさでもないと思う。


彼のことは完全に置いておく。
だって、根本的なところで
その人は「私」には関係がない。

その人にとって「私」がどうなのか、なんて
本来の自分を無視してるも同然だ。


彼   私======私の仕事と生活


↑こんなかんじで、自分ひとりがやるべきことを
もう1度ていねいにやることだ。

一生懸命はたらく。
暮らす。自分をいたわる。
家族や友達を大切にする。
ひとりで1日を楽しめるようにする。

そうすると意外とやることは多くて、
そこに注力してると日々は過ぎて行く。


そのとき、その件の彼がこちらに歩み寄るなら
そのとき初めてちらりと振り向けばいいし、
それでもやって来ないなら、たぶんそれだけのことだ。


男の場合と違って、
女が必死で狙って獲りに行って
「はいはい」と苦笑の男からもらったものは、
勲章にはならないし、その先もそれが輝くことはない。
ましてや相手にとってそれが大切なものになどなり得ない。


彼のことはいったん完全に忘れるべし。
七夕くらいの遠さに置いとくべし。
たぶん、思ってるほど大切で唯一無二の人じゃない(笑)



自分の背中が、誰にも寄りかかってなくて
自分が動かすその筋肉で、きちんと輝いてるか。

それに集中するいい機会だと思うんだよね。


気になる誰かさんなんかよりね、「わたし自身」て生き物は、
他ならぬ「わたし」がほっておくと、すぐに腐っちゃうからね。


AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

自分と色々あった男子が自分に向かってぼやく



 「前の恋愛でつらい思いをしたからなかなか次に飛び込めなくて」


 「仕事も忙しいし、今は特定の彼女をつくるつもりがない」


 「俺ってなかなか惚れにくく恋愛下手でどうもいけない」


 「次に行きたいけど彼女(or嫁)が色々と面倒で別れられない」


これらのワード




もう知ってると思うけど
これらはすべて彼の普遍ではなく、彼の現在の事情でもなく
まして彼のトラウマや特殊性でもなく


単に「お前とは恋愛する気にならないよ」の言い換えで


人によっては
「セックスならいいけど彼女には考えられないそれでもいいなら遊ぶよ」
を限りなく婉曲に真綿にくるんで言ってみた結果がそれだったりするので



彼の「いつか」など待っても来ない、
すくなくとも自分には来ないと思わないといけない


彼の「転機」なんて
本当に好きな女子が現れれば秒速で訪れる
でもそれは自分とは関係ないんだぞと



でもそこを夢見るちゃうんだよね…女子ってどうしても



色んなひとの話を聞いて、
こういう「希望」という名のいばらのツルに縛り付けられてる女子って
やっぱり多いんだなあと思った次第です


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:


ネット上でたまたま拾って、Twitterですでに書いたのだが
あまりに噴飯ものだったのでここでも紹介してやれ



「カラダの関係からスタートしても大丈夫!相手をベタ惚れにさせるコツ」



読んでみて文字通りメシを噴きそうになった


これは…


ギ ャ グ だ よ な ?



しかしどうやら本気らしい



このサイトのターゲットは定かではないが、
おそらく20~30の若い女子かと



この「コツ」を実践すると、もれなく
ベタ惚れされるなど夢のまた夢


都合のいいオンナの座に晴れてつけるのはもちろんのこと
下手すりゃ…いやかなり確実に


「一度寝たくらいで彼女気取りのウザいオンナ」


になれることだろう




いったいぜんたい、どんな人が書いたか知らないが



イマジン 想像してごらん?



女と寝てしまった翌朝、男が目覚めると


自分の部屋が勝手に片付けられており
女が勝手に作ったコーヒーを手に

「飲む?」


勝手につくるなよなと思いつつ飲んでいると
おもむろに「マッサージしてあげようか?」と微笑まれる


もう出かけるからと断ると、こちらの身支度の間中
ソファに座って雑誌を読んで帰らない


何してんのと問うと「よくわかんなぁい」と舌を出され




ザ ・ ホ ラ ー



私が男なら、怖いので二度と会わない



これを立派なハウツーだとしているのだからどうかしているね


第一、読書したりしてカレを放っておくのが「自立アピール」、
バカのふりをすることが「可愛さアピール」というのがもう何とも…。
(自分から連絡しない、というのだけはいいと思うが)



まあこれはギャグの部類に入れて流すとしても、
実際、こうやって「女の気遣いをフル活用して
かいがいしくしてあげれば、彼は好感を持ってくれる」
と勘違いしてチームいばらの一員となる女子は後を絶たない


だからそれはまったくの逆効果で、男はそういう女を
「好きじゃないけど便利使いしよっと♪」と思うだけだし
一度そうカテゴライズされた女は永遠に本命の座になど座れないんだってば



カラダから始まる関係はやめておけと常々わたしが言うのは、
女はどうしても「寝ると惚れる、寝ると執着する」タイプが多いからだ


カラダから始まる恋があってももちろんいい
それで幸せになってる人もたくさんいる


でもそれは

「寝たことに寄りかからない自分」というのをしっかり持ってて、

自分の舵を相手に預けない女に限って有効なのである



そういう女は男のほうが必死に追っかけるが
気遣い作戦女はずっと男を追っかけるしかないのだよ



そういやこれを読んだ男性がたったひとりだけ
「確かにこうされたら好感度あがるかも」と言ってたけど
確実に「自分が惚れてた女と寝た翌朝」という前提の想像しかしてなかった




ちなみに私がこの「コツ」を書きかえるとすればただひとこと



終わったら秒速で帰れ




いやホント



ピットインが早かったのなら

ピットアウトもソッコーで

一目散にコースに戻り音速で飛ばせ



それにしてもこのハウツーを集約したサイト、
どれをみてもヌルくて、若い子向けだと100歩譲っても
一体誰がこれを好んで利用してるのか謎



「内々定者が暴露する!OB訪問で電通マンに可愛がられる方法」

とかもひっくり返った



就職につなげたいんじゃなくて
電通マンに「女として気に入られたい!」ってことだよねこれ


「デキる女」のアピールがこれまたまちがってる



こんな阿呆は受かりませんが
電通オトコとヤレるとは思います


(あ、そういうオンナノコ♪になるためのサイトかこれ)


いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつも気になってた、ゴマブッ子さんの
「女のしくじり」って本をやっと買ってみたの。

ブログは読んでいて、すでに相当ハマッていたから。



とても面白かったんだけど、きのうのこの記事
さらに身もふたもなくツッコんだような以下の内容が出てきて、
思わず目からウロコだった!!



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


(前略)


「あたしってアナタの何なの?」とか絶対に問い詰めちゃいけないのよ。
セフレ部署だから。


この場合も、


ただのセフレ。

食事してもいいセフレ。

ちょっとメールや電話をしてもいいセフレ。

誕生日に旅行くらい付き合ってやってもいいかな?ってセフレ。


に昇格してたのよ!


でも、自分からリストラに導いた!


ま、どっちにしたって「セフレ社員」から「セフレ課長」への昇格であって、
セフレから本命への昇進異動や、セフレから嫁へのヘッドハンティングなんて
ありえないのが現実よね。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚



「サブは永遠にサブで、本命ポストには常にメインの魅力がある女がおさまる」
とは蝶々さんのご本にあった名言 だけど、これはもっとすごいよ!



そーーーかーーーー!
私の知ってる事象すべてがキモチよーーく腑に落ちた!


セフレはあくまでも部署だから、ヒラから部長までランクがあるんだ!

で、永遠にそのままか、その中ですこし昇格したりもするんだ。
だから女は「次はいよいよ…」と勘違いするのね!


でもその部署から異動することは死んでもありえないのね。
なっとく。



この「女のしくじり」、女たちのはかないけど強固な希望を
「す べ て 勘 違 い よ ?」とぶった斬って蹂躙、
後には70年、草木も生えない!みたいなかんじなので、
いばら女子たちがオノレの目を覚ますにはとてもいい本 笑


だけど「じゃあイタくならないには、モテるにはどうしたらいい?」
ということに関しては、これらを守るのかと思うと殺伐としてくるから、
ていうかかなりムリだから厳しいかも!そこんとこは緻密に考えないように。


それにしても彼女(彼か…)の文章を読んで初めて、
「~~だわ?」とか「ヒャダ!」とかをみんながブログで
連発していた意味が分かったわ?





女のしくじり
女のしくじり
posted with amazlet at 10.11.29
ゴマブッ子
ヴィレッジブックス
売り上げランキング: 172

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。