フーテンひぐらし

永遠の放課後。「お前そろそろ大人になれよ」な毎日。人生のテーマ曲は「ダイナマイトが百五十屯」@小林旭


テーマ:

 

 

Grappsさんに連載中のコラム、更新しました。

 

【女子のばんそうこう】「賢い女は」で始まる話はろくでもない。〜他人軸から自分軸へ〜

 

 

世間からは「誰かのために」を推奨・称賛されがちで、何なら「そういう本能があるんだからそういう役割なんでしょ?」みたいな暴言も吐かれる女性にとって、「まず自分軸」は、とても大切だなと思うのです。

 

 

これまでの記事一覧は、 こちらから見れます!

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

Grappsで連載開始したコラム「女子のばんそうこう」第2回めがアップされました!

 

【女子のばんそうこう】「男はみんなこれが好き」は右から左へ聞き流せ。

 

このブログの読者さまならおなじみのわたしの論調ですが、このGrappsというアラサー女子恋愛サイトでは基本的に「いかにモテるか」「いかに男子に好かれるか」の記事が多いので、そんな中で真逆の方向に行っていいのか…と毎回ビビッています。


でも担当のY子さんが力強く「そういうのが読みたいんです!」と言ってくれているので、がんばって続けます。

 

そして今回のこの記事がスマートニュースにピックアップされました!わーい。アプリを利用してる方はそちらでも読んでみて下さい。

 

※キャプチャ画像です

 

 

それにしても並んでる記事の「いかに男性に嫌われないようにするか」的方向性から浮いてるなぁ…私の。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

やっとあたたかくなってきましたな…よかったよかった。

今日は、告知です!

 

「大人の恋愛と女性ホルモン」というすごいショルダーコピーの女性サイト・Grappsさんで「女子のばんそうこう」というコラムの連載をさせて頂くことになりました。

 

 

平均年齢32.5歳のサイトで40代が色恋について書く暴挙。

初回は自己紹介的ゆえ内容は薄いのですが…次回から頑張ります。

 

長年わたしのブログの読者さまであった担当さんからお声がけ頂き、連載と相成りました。ありがたいことです。なので、このブログでかつて書かれたさまざまなことが再び登場してくる可能性がありますが、大昔から読んで頂いている読者さま以外は新鮮なきもちで読んで頂ければと思います!

 

第一回はこちらです↓

 

【女子のばんそうこう】連載開始!「カルテット」最終回の心意気。

 

(それにしてもアメブロさんはいつ、サムネイルつきリンクにしてくれるのだろうか)

 

 

毎回、こんな感じのイラストも描きますのでお楽しみに〜。

 

 

 

 

目黒川の桜は、いまを盛りと咲いてます。雨が降らないうちに見においで!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

そういえば、ブログを書いてない間に、

大きなリリースがありました。

「えほんであそぼ!じゃじゃじゃじゃん」という知育アプリの
童謡の振付をやっていることはずっとお伝えしていますが、
そこの童話の方のリライトもこれまで地味にやっていたのです。


その中から特別プロジェクト的に飛び出したのが
タレント・千秋さんプロデュースの童話
「ミルノのぼうけん」です。


わたくし、千秋さんの思いと原案アイデアをたくさんうかがって
それを童話というかたちにするお仕事をしました。


夏に行われた制作発表会です。

発表会

トーク

2ショット


ここで千秋さんと一緒に映っているのは、
じゃじゃじゃじゃんを制作している
FORii(フォーリー)株式会社の代表・白田氏。

彼とわたしは、ネットプライス創業時に
一緒に席を並べて働いていた戦友です。

デザイナーの彼とライターの私、
どちらもナイフみたいにとがっては触るもの皆傷つけたり(笑)
全然おうちに帰れないで机の下をねぐらにしている白田氏に
見るに見かねてパンツを買ってきてあげたこともありました。

彼はその後サイバーエージェントなどで
ピグなどの開発、展開に関わっていたのですが、
数年前、ベーチェット病という難病にかかりました。
EXILEのMATSUさんも、この病とたたかっていますね。

いまはとても元気にしているのですが、
原因が不明なので、本当に皆で心配し、
彼自身、とても苦しんでいたと思います。


その時、思ったそうです。

「人のいのちに直接かかわる仕事をしよう」と。

東日本大震災があったのも、大きかったそうです。

人のいのちや、未来に直接関わる仕事。
ネット業界で長く経験を積んだ彼にとって
それは「こどもに関するあたらしい仕事」でした。

未来に歩いていくこどもたちが元気に楽しく育つためにと
知育アプリ「えほんであそぼ!じゃじゃじゃじゃん」を
世に出して、今に至ります。


そして一方の千秋さん。
記者会見で言ってました。
「私の家は学歴一家なので、そこに載らない私は
 いかにそれ以外で成長するかを考えた」と。

千秋さんがお話のアイデアを語ってくれる時、
とにかくおっしゃっていたのが

「主人公はお姫さまなんだけど、そのちからを使わないで
 自分のちからで何かを解決していく女の子にしたい」ということでした。

「蝶よ花よじゃない、誰かに幸せにしてもらうのじゃないお姫さま。
 親の知らないところで、自分で何かを見つけて成長していく物語がいい」と。

これが、千秋さん自身のコアを成す部分であり、
お子さんにもその思いをたくさん持ってらっしゃるのだろうなと思います。

そしてわたしもそういう女の子が、だいすきです。

というわけで、その思いをふんだんに盛り込んでできたのが
「ミルノのぼうけん ~たいせつないちごのゆびわ~」です。

わたしにとっても、だいじな作品です。


もちろん、ちいさいお子さん向けなので
お話は楽しく易しくシンプルだし、
途中に歌もあるので、親子で楽しめますよ。

こちらが特設ページ。ここからダウンロードできます。
★ミルノのぼうけん(紹介動画もあり)

そして「じゃじゃじゃじゃん」のほうも、
童謡の新曲がどんどんリリースされてますから
ぜひダウンロードしてみてくださいね。
★Youtubeのお試し動画集はこちら


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


先月に引き続き、
「月刊ネット販売」という専門誌の12月号に書かせていただきました。
「人気ライターが教える!顧客との心の距離の縮め方」後篇です。
(何度も言いますが編集の方につけて頂いたタイトルです…)

ネット販売

ネット販売2


この2回で完結ですが、まだまだ導入部分に過ぎないので、
機会があればまた続きを書きたいなと思っています。
もしあなたのオフィスにこの専門誌があったら…読んでみてください!


引き続き、毎週水曜日、こちらもしゅくしゅくと更新しています。

★広野ゆうなのアラフォーもの語り

先日結婚を発表して世の女性をあやうく出家さすとこだった
西島氏やその界隈の人気俳優さん、そして高倉健さんについて
思うところなど書いています。



あ、そうそう。
あらためて今さらですが、
わたくし、完全フリーでお仕事を始めました。

わたしの同期同世代はみんな凄い人たちになっていますが、
そうではない私は「とてもちいさいけどチカリと光ったり
ひっかかったりすること」をつくっていきたいなと思っています。


具体的には
・コピーやネーミングや商品やサービスに
 ストーリーや価値をつけるなどの
「クリエイティブ&ディレクション」ジャンル

・コラムやイラストや体験レポや物語や振付などの
 「読み物やコンテンツ提供」ジャンル

をどんどんやっていきます。

たいへん僭越ながら、女性がぶんぶんとうなずくもの、
難しいことを分かりやすくすること、すこしだけ疲れた
女性たちのこころに優しく水を沁み込ませる、などが
ちょっぴりわりと得意かもしれません(笑)


「なんかいいネーミングやキャッチコピーほしいな」
「サイトに読み物がほしいんだけど」
「難しいので分かりやすくつくりかえてほしい」
「広告会社や制作会社に頼むと高いのでもっと簡単にリーズナブルに♪」
そんな案件がありましたらお気軽にご用命ください。

わたくしの営業資料もって駆けつけます(笑)

(上記タイトル下の個人メールフォーム、またはアメブロメッセージなどでご連絡くださいませ)



わたしはいまの私にできることを。地道にやっとります。
そして、絵本を描くことも、どんどん挑戦していきます。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。