フーテンひぐらし

永遠の放課後。「お前そろそろ大人になれよ」な毎日。人生のテーマ曲は「ダイナマイトが百五十屯」@小林旭

ロックな年の生まれ。氣志團と仁義なき戦いをこよなく愛する「人生いつでも文化祭」主義の女。

☆ネットプライスで連載していたまんが「いぬくま」はこちら→
★大人気シリーズ。はっきりしないオトコに振り回されて右往左往の女子のかた→「チームいばら」
★「ザ・シークレット」=宇宙の居酒屋店員説(笑)についてはこちら→
★子宮頸がん・異形成に関する体験記→「子宮頸がん」
★美容おすすめ商品、ダイエットなどの感想が見たいかた→「キレイのために」
★宣伝目的・出会い系・いやなコメントなどは私の意思で削除させて頂きます。
あゆみへの個人的メールフォームはこちらから。アメブロガーでない方はこちらからどうぞ

アメンバーは、記事を更新されていて、顔なじみの「読者登録済みブロガーさま」限定です。
拡販目的の読者登録はご遠慮願います。ご了承下さいませしょぼん

テーマ:

 

もはや脊髄反射らしい

 

 

 

「シン・ゴジラ」と「民王」、両方観てる人じゃないと分からないネタすいません

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「あゆコマ」 の記事

テーマ:

 

普段はまったく異なるクラスタの人々が一斉に「面白かった」「すごかった」「観るべし」と言い始める映画。これは気になる。

昨年の「マッドマックス 怒りのデスロード」がまさにそれで、結果わたしはこの1年で12回、あの映画を映画館で観てしまうほどハマッてしまった。

 

それと同じうねりを感じたので「早く観たい!」と焦りつつ、やっと昨日観に行けた。

 

 

もちろんゴジラは幼少期からよく知ってたけどこれまで特に興味もなかったし、ネットでの皆の絶賛がなければ、特撮怪獣映画なんてぜっっっったいに観に行かなかっただろう。

 

いや、観てよかった。

ほんとにすごかった。

 

「日本国ならでは」をいい面も悪い面も見事に描き切った作品だったと思う。

さらに邦画にありがちなヒューマンドラマや恋愛要素、いらん主題歌などの「泣かせよう」戦略が全くなくて、ただ「プロたちが予想外の事態にどう立ち向かったか」を徹底してみせてくれたのもよかった。

 

あとゴジラ本人(?)の凄さね。

ゴジラって今までわりとキャラクター的に可愛いものとしてしか捉えてなかったから、びっくりした。

 

こええよ!!!

 

初登場の時の「えと……ゴジ…ラ??」て首かしげるレベルの「思ってたんと違う」感。そして最後まで、恐怖だけじゃなく生理的嫌悪までもよおすくらいの造形。


「すぐまた観たい」「観た人と色々話し込みたい」「ネットでネタバレ感想を貪るように読んでそのマニアックさにますますアガる」点がマッドマックスと完全一致でヤバいぞ私。

 

 

↑ドラを捕獲するガッズィーラ@六本木 (マー撮影)

 

 

わたしはいま(観たみんながやってると思うけど)事あるごとに石原さとみの真似して英単語混じりで喋ってる。はたからはルー大柴の真似にしか見えないと思うが。

 

 

というわけで皆さんぜひとも観に行った方がいいですよ。ネタバレしたくないので何ひとつ話せないけど、行った方がいいですよ。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


昨日は久しぶりの落語へ。
メンバーはハズレのないこの人気のお三方。

 


実はこの日はこれまで一度も落語を聴きに行ったことがなく「笑点くらいしか知らない」という友人の落語デビューの日だった。

 

「落語聴きに行ってみたい!ぜひ連れて行ってくれ」と言われることはよくあるのだが、「何でデビューしてもらうか」はなかなかに考えどころである。未経験者の方々はよく「寄席に行ってみたい!」と言う。その気持ちもすごく分かるのだけど、落語デビューがいきなり寄席というのは実はハードルが高いと思っている。
寄席は一日中、芸人さんたちが入れ替わり立ち替わりネタを披露しているので気が向いた時にフラリと行けてよさそうなのだが、それだと「演者を選べない」というデメリットが生じる。

 

その時たまたま聴けた噺家さんが好みに合えばいいんだけど、そうでなかった場合、「なんだ落語ってあんまり面白くないな…」という印象を持ってしまうかもしれない。落語好きとしてはそれはあまりに残念だ。噺家さんの好みは人によって本当に千差万別だし、その時かけたネタによっても印象は全然変わってしまう。だからそのバクチを打つよりまずは「ハズレの少ない、いま人気の噺家さん」を初体験の相手に選んであげたい、と思うんだ。
通好みのマニアックな人でもなく、ラディカルな若手でもなく、大御所でもなく、中堅くらいの、初心者にも分かりやすく渋すぎない、幅広い人気を博している実力者をね。

 

そうすると、演者を選んで行けるし会場の雰囲気も客層も濃すぎない「ホール落語」がデビューにはいちばんおすすめなのであります。
(まあ私はこんなこといっちょまえに書いてるけどホール落語行き過ぎてて実は寄席まだ未体験ですスイマセン…!)

 

 

というわけで、三遊亭兼好、桃月庵白酒、柳家三三とそれぞれタイプの違う人気者が集う渋谷のこの会に、友人を連れて行った。

 

予想外で結果ラッキーだったのは、開口一番がカチコチでまだまだこれからの前座さんではなく、二ツ目になったばかりの三遊亭わん丈さんだったこと。ジャパネットの高田社長の物まねなど現代ネタを豊富に入れ込んだオリジナルな「ガマの油」は大爆笑で、初心者の友人ものっけから思い切り楽しめた。

 

三三さんはちょっと珍しい傾向のネタだなと個人的に。いつもの方が面白いかな。
白酒さんの「青菜」はまさかの「嫁の方がノリノリでやるバージョン」。大爆笑。
兼好さんは「しょうもない妄想をして浮かれるバカ男子」をやらせると最高に可愛い。そして圧倒的に「アクションがキレイな人」なのでほんと好き。彼の手さばきや身ごなしは流れるように美しくて、そしてとてつもなく色っぽいのであるよ!今回は都々逸で粋な歌声も披露してくれて嬉しい。

 

終演後、無事デビューを果たした友人は「すんごく、すんごく面白かった!!」ととても喜んでくれたのでホッとした。もともと綾小路(翔)さんの熱烈なファンなので「頭の回転が早く話術に長けている人」が好きだから、落語とは親和性が高いような気がしていたんだけどその通りだった。「前に出た人のネタを次の人がとっさに取り入れてイジるとか、すごい!」と感激していた。いやほんとそうだよね。

 

 

一軒目の飲み屋で落語や氣志團の話で盛り上がっていったんお開きになり、もう1人の友人と二軒目に行った。そしたら後から隣の席にもうかなり出来上がってる感じの男性2人が座り、そのうちの1人がこちらに話しかけてきたのである。

 

飲み屋において、隣席から延々話しかけてくる酔っ払いはとてもわずらわしい。
「俺は格闘技をやってる。誰それを倒せるんだ」なんていう自慢と実演までつけばなおさらである。
しかし彼はスカパラ谷中さんというかショーンKというか、あの系統の濃くて外人ぽい、激烈な二枚目であった。するとあら不思議、わたくしはがっつり話し込んでしまうのであった。

 

「顔面差別してる…」
我ながらそう反省した。

 

 

それにしてもその自称猛者の兄さんが私を見ての第一声が「なんか…強そうだね!」っていうのはどういうことか。

 

 

(後々で「キレイだよね」とかも言ってくれたのだが、もうずいぶん御酒を聞こし召してからの発言だから目も頭も鮮明でない可能性)

 


ソルジャーとしての自信をさらにつけた夜だった。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

どうにも納得がいかないのである。

 

せっかく買ったプリーツのロングスカートが、似合わない。

 

 

私がこれを買ってしまったのはひとえにローラのせいであり、脳内ではこれに限りなく近い己の姿が再生されてたのだけど

 

 

実際、これと同じように白のノースリーブのトップスと合わせて着てみるとなんだか妙にババくさいのである。

 

「ねえ…これどう思うよ」と夫に聞く。

「んーー。それ、親と会う時用でしょ?」

「違うよ。なんでそう思うの?」

「…落ち着き過ぎてるから」

「…はっきり言うと?」

「…老けてみえる」

 

正解。ぐおおお。

 

「なぜだ教えてくれ。

 なぜ私はローラのようにならない?」

「そりゃ…」

「いや、ローラと違うのは分かる。

 でもちまたには普通に似合ってる人が

 たくさんいるではないか」

「そりゃお前はさあ。なんていうか顔が…」

「顔がなんだ!!」

 

 

「ソルジャーだから」

 

 

なにそれどういうこと

 

 

その刹那、私の脳裏に浮かんだのは

 

 

サラ・コナー姐さん

@ターミネーター2

 

 

こういうソルジャーならまあいいか

(いいんか)

 

 

ふんわりスカートなんか

もうはかないよーだヽ(`Д´)ノ

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

私が自分で本や雑誌を買うようになった時、Popeye(ポパイ)はすでに存在していた。その頃からファッション誌だった。

 

 

同じような体裁で「いかに女の子にモテるか」を安直な感じで追求し、若い男子の恋愛マニュアルになっていた「ホットドックプレス」の方が目立っていたので(「ソープへ行け」でおなじみ、北方謙三の「試みの地平線」も連載されてたしね!)、メンズファッションに特化した感のあるPopeyeの方はあまり印象に残っていない。ホットドックとおんなじような雑誌だと思ってた。というかほとんど混同してたな〜といま気づいた。

 

数年前にPopeyeがガラリとリニューアルしたなーとは思っていた。「シティボーイ」という言葉を前面に打ち出していて、なぜ今さらこういうことばなのかなと思っていたら、これは創刊当時のコンセプトに立ち返ったんだね。

 

で、相変わらずファッション系の特集には興味がないのだけど、時折…いやわりと頻繁にやる食べ物系の特集のときは、たまらずに買ってしまうのだ。

 

リニューアルして、大きさと紙の質感、中身のトーンも含めちょっと往年の「リラックス」みたいなになったんだけど、とても面白くなったと思う。

(そういえば当の「リラックス」、復刊したものを買ったけどどうにも受け付けなかった…シャレのめし過ぎてて)

 

 

 

 

 

女性誌のグルメ特集の小ジャレ感、グルメ雑誌の情報優先感、そういうのがないのがいい。それぞれのコーナーごとに面白い切り口と凝ったレイアウトとイラスト、書き手の主観がたくさん入っている私的レポートぽさ。そして何より文字が細かくて多くて読みでがあるのが最高。

 

ページ1

 

最初はざっと眺めて、後で細かく読んでいくのが楽しい。

 

ページ2

 

あーハラが減るよ!

 

 

Popeyeの中に存在している「シティホーイ」はその言葉通り「男性」ではなく「男の子」なんだなとよく分かる。

キャップをかぶってハーフパンツにスニーカー、リュックを背負った永遠の男の子が、探検するように街を歩いて面白いものを探す。特集される食べ物も、決して「女の子をデートに誘えるイイ店」じゃなくて「フラッとひとりで入ってワシワシ食べられる男の子メシ」が中心。その感じが好き。

 

 

かつての「グラマラス」を始めとする「ちょっと気の強そうな女のオラオラなファッション誌」がどんどんなくなって、いま私が読みたい女性誌は無い。年齢的にどんぴしゃターゲットの雑誌はあるけど、美容院でめくるくらいでいい。買って読むほど惹かれる世界観がどうもなくて。
たぶん女性誌には「私たちの層はこういうものを狙っていかなくちゃ!」「男性に対してはこうするとトク」という押しつけがふんだんに入ってるような気がして、疲れちゃうんだと思う。

 

だから、あまり「女が横にいる生活」「年齢に添う暮らし方」を前に出さず、いくつであろうが男子だけで勝手に街を探検してマニアックなネタを収集しているようなPopeyeのトーンにワクワクしてるのかもしれない。
(まあ食べ物特集しか買ってないから、それ意外の号ではどうなのか知らないのだけど)

 


女性誌にも、そういうの、あればいいのになあ。
(もしかしたらリニュ以前の「クウネル」がそうだったのかもしれないなあ)

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。