フーテンひぐらし

永遠の放課後。「お前そろそろ大人になれよ」な毎日。人生のテーマ曲は「ダイナマイトが百五十屯」@小林旭


テーマ:

 

みなさんGW、楽しんでますかッ!
(我らがEXILE THE SECONDボーカリスト将吉の口調で)

私はボクササイズと仕事しかしてません。

というわけで、最近の「買ってよかったもの」を折りに触れて書き留めておこうと思います(笑)

まずは財布です。
といっても、普段使いのきちんとした財布のことじゃありません。

たまたま友人の誕生日プレゼントを物色して伊東屋にいた時に見つけて「お、アクティブなあいつにピッタリじゃないか」と買ったんですが、「ちょっと待ってこれ自分用にも欲しくね…?」と思って追加で入手したものです。



コントレイル「ペーパーカッツ」シリーズのお財布です。





ペラッペラの薄い二つ折り財布なのですが、手触りが明らかに「紙」なんです。
でもね、紙じゃないそうです。


伊東屋のページから紹介文を引用しますね。

ドイツPaprcutsのタイベック(R)製バッグ。ベルリンとその周辺都市で製造されています。コントレイルデザインのダブルネーム商品です。
タイベックとRはポリエチレンを原料とした高機能素材。紙のように薄く軽く、破れにくく、通気性がありながらも水に強い素材です。

つまりこれは「紙のように軽く、破れにくく、水に強い財布」なのです。

この時点で「え、それいいじゃん!」とピンときた人はわりと野外活動が好きな方とお見受けします。
…そう、これは普段使いではなく、どちらかというとアウトドアやスポーツ、ライブ用に最適なんですね。

例えば旅先のビーチにて。水着だったり軽装だったりするけど、財布は必要。でもそういう時の財布は邪魔だしかさばるよね。特に男性なんかだと。
キャンプやBBQもそうだし、スタンディングのライブや野外フェスで飛び跳ねるもそう。ランニングなんかしてる人ならより痛感するのでは。

「荷物は極力削ぎ落としたい。その中でも財布は必要。でも単に小さい財布では使い勝手が悪すぎる」
…はい。私の場合、スタンディングライブや野外フェス用の小さなお財布を持ってるのですが、お札は四つ折りにしないと入らない。カードも1枚が限度。そしてお金を取り出す時はたたんだお札と小銭が一緒くたのため、ものすごく取り出しづらいのです。

というわけでこのペーパーカッツのお財布ですよ。

 



お札はちゃんと2つ折りの状態で入るし(海外製品なので日本のお札にはちょいと縦幅が短く、頭が少しだけ出ちゃいますが)、



この通り小銭入れは別。わりとしっかりしたマジックテープで、小銭は飛び出ません。





この説明書の通り、カードも何枚か入ります。

そしてとにかく薄くて紙のように軽く、ストレスがない。手ぶらでいたい男性が胸ポケや尻ポケに入れてても邪魔じゃない。
そして水に強いので、ビーチだとか突然の雨とかで濡れてもビビる必要なし(前述の通りお札の頭が少しだけ出ちゃうので中身が完全に濡れない保証はありませんが…笑)。

デザインが正直いまいちなのですが、野外用と思えばまあ許せます。

多分こういうの欲しかった人多いんじゃないかなあ…。とてもおすすめですよ。
伊東屋やアマゾンで販売してるので、興味ある方はぜひ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「お買い物」 の記事

テーマ:


わたしは、ソイツと運命の出会いを果たしてしまったのです。


それは、昨年12月、沖縄旅行の最終日でした。
お土産を物色がてら、公設市場に通じる市場本通りから入り、
むつみ橋通りを経て平和通り(いちばん好きな通り)をぶらぶら
するいつものコースを歩いていました。


すると見上げたお店の看板に、私のツボに入るキャラクターが。



看板

(これは後で撮影した別の場所の看板ですが、キャラはコイツ)


「か…かわいい」

どこが自分が描いている「よるつぶ」の人間に似た雰囲気の
ひとだまみたいなコイツにひかれ、その洋服屋さんにふらりと入店。

どちらかといえばメンズ寄りのカジュアル、
Tシャツ、パーカー、帽子…などなどが売られています。

ここらの通りは観光客が多いので、
いかにも沖縄らしい(逆にどの店でも見かける)
パロディTシャツなどの店も多いのですが、
ここはどうやらオリジナル製品ばかりなのが気に入りました。

そして私の気になっていたひとだまみたいなキャラは
どうやらメインキャラで、横に「mabui」と書かれている。

これでさらにグッときちゃいました。



mabuiって何のことだか知ってますか。
「マブイ」、それは魂のこと。
沖縄では「マブヤー」ともいわれます。

本土ではわりと比喩的につかわれることの多い魂という言葉だけど
沖縄ではもっと暮らしに密接してるのです。

例えばひどくびっくりしたりショックなことが起きたり、
どこかから落っこちたなどの事故にあったり…。
そういう時、ひとは「マブイを落としてしまう」ことがある。
マブイを落としたひとはぼんやりしたり体調不良になったりしてしまう。

なので、落ちたマブイを身体に戻す
「マブイグミ」という儀式をしなくちゃいけないのです。
(映画「ホテルハイビスカス」にもその儀式が描かれてましたね)

これは沖縄では当たり前に信じられ行われていることで、
「ははは、迷信だね」なんて思ってたら怒られます。


私はとても理にかなっている(?)と思うのです。
心ここにあらずの人、ぼーーーっとしちゃってそれこそ
「魂抜けたみたいな」人、特に理由がないのに何か心と身体が
しっくりしていない人は、「マブイを落としたのだから、
再び
拾っていれなければならない」という考えは、
シンプルかつ
すごく腑に落ちる解決法だなと。

あ、そういや沖縄のローカルヒーローの名も
「琉神マブヤー」でしたね。


というわけで長くなりましたが、
沖縄で大切にされている「マブイ」、
それがかわいくキャラ化されてる!という事実に
ぐっときちゃったわけです。

ほ…ほしい。コイツのついたグッズがほしい。
しかし家にははだしのゲンだの氣志團だのザ・レイドだのの
Tシャツ(モテの対極)が山ほどあり、しかもさほど登場の機会がない。
だからTシャツは買わないぞ!

と迷ったあげくに、これ買いました。


トート


真っ赤なトートバッグ!Lサイズ!
優しそうなお店のお兄さんの「おすすめはMです」という
アドバイスを完全無視!


バッジ


そしたら缶バッジをくれました♪これもかわゆい。


で、店を出たんだけど…。

いまのお店の名が気になってすぐスマホで検索。
「SOUKO」というお店だと分かりました。
そしてそこにかわいいバーカーの画像が…!

マーと合流したにも関わらず、
「ごめんちょっとまた店に戻るわ」と引き返しました。


で、試着を繰り返したあげく…。


パーカー


買っちゃったよ!パーカー!


まぶいくん

こちらのまぶい君は手のない、火の玉小僧ぽいかんじ。
これはこれでとてもかわいい。



で、さらに何を血迷ったか


ジャージ


ジャージの上まで買ってもうた

どこで着るんだ!?
ジムやダンスレッスンくらいしか…?


まぶいくん2


だってここにもコイツがいて可愛かったんだもん


若めのお兄ちゃんたちが着てそうなテイストのお店で
買いまくる40オーバーの女。

お店のお兄さんもサービスして、ポストカードをたくさんくれました!
(そのお兄さんがまさにこのキャラの生みの親のデザイナーさんだそうで
 とりあえずまぶい君は素晴らしいと絶賛しておきました


ポストカード


お店の袋は、茶色の紙袋にスタンプ押しただけのやつなんだけど
これがまた可愛くて捨てられない

紙袋

紙袋2
コイツ自身がマブイなのに、それこそマブイ落としたみたいな
覇気のない無表情が可愛すぎる



マー「なに沖縄来て服そんなに買ってんの(笑)」

「だってまぶいだもん!まぶいは買わなきゃ!」(意味不明)


というわけで、もっか世の中にあふれるキャラクターで
いちばん大好きなまぶい君、これからも訪沖のたびに
少しずつ買い足す所存です。


ちなみにこの「SOUKO」というお店は、平和通りと
むつみ橋通りに1軒ずつあります。
お店のHPはないですが、Twitterをやられています。

他にもニットなど色々なアイテムがありました。
メールのやりとりで、通販もしてくれるようですよ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

12月を前にして早くも
「忘年会シーズンの前にいったんヤセとかないとやべえ」
てレベルに成長してる広野です、ごぶサタデー。 (もうサンデーだよ?)

さて、あっという間に
来年の手帳について考慮するシーズンがやってきました。

この10年以上、何も迷うことなくほぼ日手帳を
使ってきた私ですが、今年はすこし考えました。

ほぼ日手帳は1日1ページなところも、
その世界観も、変わらず大好きなのですが

持ち歩くのにいかんせん重量がある

というのが欠点なのです。

あれ一冊じゃ大したこたないですが、
バッグの中に他にも仕事用メモノートとか色々入れてると
あの手帳の重量が「ズシッ」と響く。

しかも私はあれを実質「今日何をしたか」という日記代わりに使ってるので、
出先で確認・書き込みをするのは月間スケジュールの部分のみ。
…これってあの手帳の大部分を占める
1日1ページ部分は持ち歩く必要ないじゃん。

だけど現状では持ち歩かねば月のスケジュールが分からん。

というわけで

今年はものすごく久しぶりに手帳をイチから見直してみようと。


ポイントは二つ。
 ・仕事用のスケジュールは薄くてかさばらない手帳にしてみる?

 ・ほぼ日手帳登場後、手帳業界に新たな成長株はいないのか?

ほとんどの買い物をネットで済ませている私ですが、
手帳ばかりは手に取ってめくって触ってみないと分からない。
ネットで「これ興味あるな」という候補をいくつかピックアップし、
回りましたよ、ロフト、無印、伊東屋、ハンズ
…渋谷を回るというだけで、HP(ヒットポイント)ががんがん減る。
ほんまに疲れる街ですねあすこは。


それにしても何が驚きって、スマホ全盛のこの時代にも関わらず、
手帳コーナーは相変わらず派手に展開しているし、
老いも若きも、ひとがたくさんいるということ。
スマホが身体に一体化してんじゃねえかと(苦々しく)思うくらいの
うちのマーでさえも、「スケジュールはスマホじゃなく手帳」
言っているので、やはりここは滅びないのですね。


今回は平たく片っぱしから見てみましたよ。
普段無視するファンシーな若者向けの月間スケジュール帳までも。

いやあ、手帳界ってすごい宇宙なんですね。楽しいや。

ほぼ日で人気を博した1日1ページものもたくさんあるし、
これさえあればビジネス大成功さ!な機能満載手帳、
主婦向けの、こまごまとした用事が整理できる手帳、
夢をかなえたり女子力があがったり幸せを呼んだりする手帳、などなど。


ビジネス用はひとまずおいといて、
ポストほぼ日手帳候補として
私がネットで見て気になっていたのはこれ↓

★「余白」には、理由があります。MDノートダイアリー2015

MDノート



このMDノートがもともと大好きで、無地のものをいくつか
アイデアノートなどに使っているので、このシンプルな世界観で
つくられた手帳ならほぼ日から乗り換えられるかも?と。
(リンク先の特設ページも素敵ですよね)

いやしかしやはり実際に手にとってみるもんですね。
1日1ページのものは分厚すぎるのと、
罫線なんかもシンプルでオシャレにレイアウトされすぎてて、
私とって、実際には使いにくいなあ…と。


それとこれ。

クロッキーダイアリー



マルマンのクロッキーダイアリー。

マルマンのクロッキー帳は、小さな横長サイズを使ってます。
ストックがあるくらい、絵を描くときに好きなクロッキー帳です。
(もうひとつのブログ「よるつぶ」の絵もこれで描いてる)


それにダイアリー機能がついたって、ソソるじゃないですか!

…しかしこれが、店に置いてない。
ロフトにもハンズにもなくて「取り寄せ」だそうで。
手に取らずに注文するわけにいかず、断念。


こうして、ビジネス手帳もポストほぼ日も
両方眺めつつさんざっぱら見て分かったことがあります。

手帳って、(少なくとも私は)微細にして確固たる
「好き嫌い」があるんだなということです。


例えば私にはこんな好みがあるんだと再度&初認識した次第。


・何がなんでも日曜始まり!
 わたしはきっと生涯、月曜始まりには慣れないでしょう。
 以前月曜始まりのカレンダーで予定を間違えまくったしな。

・罫線はあまり主張してほしくない。
 それと同時に、機能面もあまり主張してほしくない。
 最近多発している「ビジネスを効率よく」タイプの手帳は
 ほとんどが、まだ何も書いていない時点ですでに
 「ひらくとびっしり何かが印刷してある」んです。
 手帳は、ユーザーの書くものが主役であるはず。
 それより前面に出てくる「濃さ」はいらないんです私。
 印刷の濃さも、哲学の濃さも。

・横罫(普通のノートのような)は好きじゃない。
 たぶん「文字しか書けない」雰囲気が出るからだと思う。
 (無地か薄めの方眼が好きです)

・黒一色は、さみしずきる。休日の認識が分からないし。
 かといってフルカラーは、自己主張しすぎ。

・週間スケジュール部分は、7日間が横並びになり
 よってその日のスケジュールが上→下に流れるのが「バーチカル」、
 左ページに7日間が縦に並び(その日のスケジュールは左→右)、
 右ページは自由欄になるのが
 「レフト」と呼ぶのだと初めて知りましたが
 私は「バーチカル」が視覚的に無理で「レフト」が好き。
 
・自己主張しないでくれ、とは願いながらも
 そのシリーズに何のコンセプトも世界観もないのはイヤで(笑)
 それはほぼ日を使い続けたせいでしょうね。
 それでいくとMDノートダイアリーとかは最高です。
 ビジネス色より、クリエイティブ色が強いコンセプトね。

・「日付や曜日の記載がないからお好きな時から書き始めて!」
 というタイプ(クロッキーダイアリーとかそうですね)は、
 あまり好まないのだと今回気づきました。
 自由すぎて、たぶんサボる(笑)
 日付を書く手間も面倒です。
 「ほら、決まってるから書かないと無駄になるよ」と
 ある程度の拘束力が必要なんですな。


こう考えるとうるさいね、俺は。


で、さんざっぱら見てまわった結果ですね


「ほぼ日手帳って、やっぱよくできてるんだな」


というのが結論で(笑)


なんだったんだ7DAYS!
(注※7日間も回ってません)


長すぎるつきあいの彼氏に飽きて
浮気しようといろんな男を見てみたが
結局いまの彼がベストだと気づくための旅かよ!


で、「もう離さないよ」という心持ちで
いつもの「オリジナル」を予約いたしました。

(どのカバーにしたかは、届いてから書きますね)


そして肝心の「外出時に持ち歩く」についての解決策ですが、
「ほぼ日手帳はライフログ。家で書き、基本持ち歩かない。
 仕事用に薄い手帳を持ち、そちらは仕事の予定のみ書く」
と決めました。

仕事手帳は、仕事の「やること」を書く。
ほぼ日オリジナルは、「やったこと」を書く。ね。
果てしてうまく使い分けられるのか、危ういとこではあるが。

で、「薄く軽い」「でも自由書き込み欄もある」「レフト式」
「コンセプトはしっかりある」「おっさんくさくない」
基準に探したところ…これまた難しい。

で結局

weeks



ほぼ日手帳WEEKS
(ホワイトライン/アイボリー)




なんだよ結局
糸井重里の軍門に下りまくりかよ



だってこれがいちばん条件満たしてたんだもん…。

でもひとつだけ本当はどうしても許せない欠点がありまして、
それは「月間部分が月曜始まり」であること。
NOoooooooo!

仕事用で予定を1日間違えるリスクありって、致命的!


でもね…ありとあらゆるこの形(縦長薄型で週間スケジュール)
見てまわった結果、すべて!100%といっていいくらい、
月間部分が月曜はじまりなの!なぜ??
(おそらくビジネス使用が主だから…なのでしょうね)

というわけで「この形に日曜はじまりは無い」
という諦めで、ほぼ日WEEKSで手を打ちましたわ。
あとは私が予定を間違えないようにするばかりです…。


それにしても手帳って、ほんと楽しい。


今回、ネットでいろいろ検索していたら、
こんな方のブログを見つけまして、これまた
興味深くものすごく面白いんですが、この方のように
「手帳が好きで、つい何冊も買ってしまう」というの、
すごく分かるなあ。(しかし見事に使い分けていてすごい)


来年の手帳は、まだ見ぬ自分の365日。
手帳を買うときにネガな発想をする人はいないと思うから、
具体的な未来を買ってるってことなんですよね。

「たくさんいいことが書き込めるといいなあ」
「これを使い切る頃には私はどうなってるかなあ」って。

だから、無性にわくわくする。

というわけで私は来年もほぼ日ラバーとして
できるだけフル活用したいと思います。


【おまけ】

手帳を決めたあと、本屋さんで発見したんですが
この「yPad」はコンセプトと世界観がものすごくグッときました。
iphoneとかMacを彷彿とさせるネーミングもニクい。
さすが寄藤文平さんであることよ。

ypad



いくつものプロジェクトの進行を一瞬で把握することができる
見開きに力を入れてるかたちなんですが、ライフログとか
営業系ビジネスではなく、クリエイター寄りのスケジュール管理に
いいんではないでしょうか。(分厚くてでかいからw)
紙の色も、罫線の主張も、絶妙です。
★ここの紹介が分かりやすく楽しいです。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんちこれまた!


わたしが最近ハマッているのがこの
鹿島製菓の「究極の手揚げもち いぶし銀」でございやす。


醤油


まじでウマいです。


表参道駅ナカの「OMOキノクニヤ」でめっけて以来
そこを通るたびに買ってる。

がっつりなんだけどザクッと軽く食べやすいから
一個食べると止まらないという危険ドラッグ。


ずっと「ドラ付醤油」を買ってたんだけど
(醤油がしみしみでうまいのだーー)
今日、中目黒のプレッセというちょい高級スーパーでも
売ってるのを発見したので、初めて「ぶっかけ塩」の方を
買ってみた。

結果、これまた美味い。

しお


というか、塩のほうが好きかもしれない。
結構しょっぱめなのがまたいい。


ちょっとしたこだわりスーパーだと
売ってる確率が高いので、見つけたらぜひ、お試しあれ。
手土産にも、おすすめです。


※楽天にもあったわ↓



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

こないだ
福山雅治含む4人で何かのお仕事をして、
私は福山雅治をひそかに狙っていたのに(※ちなみに全くファンではない)
仕事が終わったとたん、福山氏は永作博美とともに
「じゃ俺らこういうことなんで」的に手に手をとって駅の向こうに消えてゆき
「ああ…してやられた」って呆然とした夢を見ました。
何なんだ。

そしたらその後、氣志團と飲めるイベントがあって
私は緊張して絶対むり!と拒否ったのに
氣志團ちゃんは「おいでよおいでよ」と招き入れてくれ、
特に光ちゃんは私が青組だと言ったら感激して
そこからもうつきっきり、他のメンバーも仲良くしてくれて
「ああ大スター福山と違ってやっぱり氣志團って何ていい人たちなんだ」
と感動した、という夢を続けざまに見た。
大丈夫か。
(というか氣志團の場合は実際もそれに近いというのが凄いと思う)


さて、来年のほぼ日手帳ですよ。


ここ数年、気に入ったカバーがないために
今は亡き渋谷のマルナンに行って派手な布を買い、
カバーにしていたのですが。

ことば


ふたをあけた時のこの言葉が毎年楽しみです


わくわく


ほぼ日は、グッズが届いた時のわくわく感が異常。


今回は、大好きな荒井良二さんの
「いつでも話を聞きますよとロバがいいます。」
というカバーを買ったのですが、これが届いてみたら
サイト上で見るよりずっと鮮やかでインパクト強くて、可愛かった。

あらいりょうじ


というわけで本当に久しぶりにこのままで使います。

中

中は鮮やかなピンク

今回のペンは黒で可愛くなかったので、
歴代ほぼ日ペンの中から、ブルーかグリーンを
採用したいと思います。

装着


いつも1月はびっしりで、12月はほとんど何も
書いてなかったりすんだけど(笑)結構見返すことが
多いのでもはやこれでなくてはいけないのです。


…ちなみにこのカバーを見た夫がひとこと、
「お前の描くいぬくまの方がいい」

数々の賞を受賞している天下の荒井良二も
夫にかかっては形無しです。


昔ともだちのS君が平山郁夫のシルクロード画を見て
「あんなん俺にも描ける」と言ったのを思い出しました。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。