フーテンひぐらし

永遠の放課後。「お前そろそろ大人になれよ」な毎日。人生のテーマ曲は「ダイナマイトが百五十屯」@小林旭


テーマ:

昨日14時46分には追悼記念式典を横目にみながら、

ツイッターで見付けたニューヨークタイムズの震災のさまざまな写真 をずうっとみていました。


日本の報道では決して出てこないすさまじい写真も、

どうしようもなくかなしすぎる写真も、力づけられるような写真も、いろいろありました。

それと比べるととても切実さのない私の去年のこの日でしたが、

当日と翌日に書き留めておいた記録をアップする機会がないまま1年経ってしまったので、

ここに載せておこうと思います。


個人的備忘録なのでとくに何のメッセージも主張もないですがあしからず。



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


2011.3.11


とてもいいロングmtgを終えて、
モチベーションがとてもあがりつつ
「あーお腹すいた、何か買いに行こう」と思っていた時に揺れ。


最初はごく弱い揺れで、オフィスの皆で「揺れてるねー」と言いつつも
いつものようにじきにおさまるだろうと思っていた。


しかし揺れはおさまらず、それどころかどんどん強くなる。
窓のブラインドがガシャガシャ揺れ、
私のデスクにずらっと並べてある本や書類がダダッと倒れ、
隣席の子の飲みものが倒れてこぼれた。
このあたりで皆が「これはやばいよ」と言いながら次々と机の下に隠れた。


ビル内の機械アナウンス。
エレベーターがとまりました。
窓の近くに近づかないでください。など。


壁掛け時計が落ちそうに揺れている。


長い長い間に感じたが、揺れがおさまった。
そのときライターのKくんが上着を着て荷物を持ち、
「はやく外に出ましょう!」と言ったが、
その時は皆「おさまったし」という感じで外に出ず、仕事を続けた。


ところが間をおかず、おなじくらいの揺れが来たので、
その時はもう皆が「これは外に出たほうがいい」と言いながら
次々としたくをして非常階段を降りた。


オフィスビルとホテルが隣接しているので、
下にはたくさんの人が出ている。


ホテルでは謝恩会が行われてたようで、
晴れ着姿の女子大生たちが大量にいた。



広野ゆうなのフーテンひぐらし-避難中2


外に出てからふたたび強い揺れ。
私たちのオフィスビルが、全体的にぐわんぐわん揺れているのが
よくわかり、見あげているだけでおそろしい。


外に出たといっても、こんなにビルの真下にいては危ないなと思う。


外は寒く、ホテルの人たちが非常用毛布を
アウターも着ていない女子大生たちを中心に渡していく。
ホテルの人のこの処置はとても早かったなと思う。



社長が声かけして、ネットプライスのメンバーで集まり、
部署の仲間が皆いるかどうかの確認。


このままいつまで待てばいいのか分からないまま外で待っていると
とにかく寒さが身にしみてくる。特に今日はスカートだし…。



広野ゆうなのフーテンひぐらし-避難中2


ここにいる間に、同僚バイヤーオガが気を利かせて

ロス出張中のマーに「あなたの嫁はここにいて無事だよ」と

SNSで知らせてくれた。


1時間くらい待っていただろうか?
ビルの人が「安全確認ができたので、ビル内にお戻りください」とアナウンス。


非常階段をのぼってオフィスに戻る。
6階の一部がひび割れているらしいが、
このビルの耐久性って大丈夫なのかはなはだ不安。


オフィスの窓からみると、お台場方面から黒煙があがっていたり、
どこかは分からないが海沿いで大きな火柱があがっていて、
皆が窓にかけよって様子をみている。


広野ゆうなのフーテンひぐらし-窓の外



窓際に置いていた植木が倒れてた。
その植木と掛け時計と、社長のおおきなMacは床に置いておく。


社内の災害用備蓄品がテーブルに積まれる。


携帯はぜんぜん通じないので、ひたすらPC画面でTwitterをみて

情報や知り合いの動向をチェックしていた。



帰れる人は帰ることになり、
私は18時くらいに近所のしのびっとと徒歩帰宅開始。


通りは徒歩帰宅の人たちであふれんばかり。
山手通りもものすごくたくさんの人たちがおなじ方向に歩いていく。
駅は完全に機能停止、タクシーは皆無、道はものすごい渋滞。
たぶん、車よりも歩いたほうが早いかんじ。


バスが通っていれば…と思ったが、バス停には長蛇の列、
ときおり通るバスは、ものすごい混みようだったのであきらめる。


ヒールで歩いているので足が痛いのと、
花粉で目と鼻がつらいのと、
強風で寒さが身にしみている。


途中の自転車屋さんは長蛇の列。
自転車で帰ろうとする人たちがこぞって自転車を買ってるのだ。



途中のコンビニで靴下とカイロを買い、
タイツの上に靴下を履いて足の痛み軽減。
カイロを腰に貼るがあまりあったかくない。


1時間半くらいで中目黒に到着。
中目黒は普通で、お店も通常営業しているので
「お腹がすいた」というしのびっとともに
いきつけのお店に入って食事をした。


その間も、渋谷方面目指して徒歩で帰る人たちが店の外をぞろぞろと。


ドンキホーテは陳列もちゃんと戻っており、
たくさんの人がインスタント食品などをたくさん買ってた。



家に帰ってみたら、
心配していたワインラック、食器、本棚はちゃんと無事。
ドアが揺れでしまっていた。
世界時計が手前に倒れていて、
マーの棚の上の人形が落っこちていた。


洗面所の棚をちゃんと閉めてなかったのでそこがあいて、
マーのひげそりなどが落ちていた。



電気ガス水道はぜんぶ平気。



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚



記録はここまで。


後で知ったが、この避難中の写真を撮っているちょうど15時半前後、

東北沿岸ではおそろしい津波が次々と襲いかかってきていたのだ。

単に冬の寒さに震えていた自分は何と平和だったのだろうとおもう。


私は幸い、徒歩帰宅できた上にフツーに晩御飯とお酒を楽しめていたが

この頃オフィスでは帰宅困難者になった社員がたくさん会社に泊まり込み、

社長や役員が車で往復して毛布やお米を入れた炊飯器などを会社にどんどん差し入れてた。


この日の対応やその後の自宅待機指令など、

会社の対応は常に誠実かつ具体的かつ迅速で、とてもありがたかったのを覚えている。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


例え話だが



もし、いま自分がいる会社や部署のやり方が
どうにもこうにも納得できない、
ここでそのまま過ごすのがイヤでもう耐えられない!とか思う場合


その事態から脱するために取るべき方法はいくつかある



ひとつは「自分自身が場所を変えてみる」


すっぱり転職する
または配置転換を申し出る



もうひとつは「その場所自体を変えようとする」


直属の上司や信頼できる先輩、
もしくはオフィシャルな会議などに
いまの問題点、納得のいかないことを提議して
改革を提案してみる




「ああああもう本当にイヤだー!」と思っているならば
現状を変える、もしくは前に進むためには
このどちらかを選択するべきである


前者は確実に現状を変えられるし


後者はそれでも簡単には変わらない可能性も大だが
でも、自ら行動を起こしてみることで
何らかの流れが少し変わるのだからとても重要だ




こういう時
私が心底意味わかんねーと思うのが


「納得できない」「イヤだ」「許せない」ということを
横のつながりだけで共有することだ


愚痴や思ってることが言いやすい同僚や友人と共に
仕事帰りの飲み屋だとかソーシャルなメディアだとかで
「だよねーー」「本当そう思う!」「どうにかして欲しいっ」と言い合って終わる


同じ感想を持つ人の人数を増やしてチームをつくって気炎を上げる


ただそれだけに終始することだ




それに何の意味が?
事態は何ひとつ変わらんのに


「私たちがこんなに許せないと思っていることを
 いつか上の人たちが気づいてくれるべき!」


そう思って表向きは変わらない日々を暮らしている。
鈍な上の人たちに毎日業を煮やしながら。



こういうことを言うとよく
「そりゃアナタは社長にだって好きなこと言える立場だからいいけどさ」
的な反応がかえってくるけど


絶対君主制の世の中でもあるまいしアホかと


「言える人」と「言えない人」を決めているのはおのれだろう




そんな「自ら動かない理由」を色々とあげつらって
誰かの気づきを待ったり、誰かのせいにして暮らしたり
そんな1分1秒こそが無駄だと思わないのであろうか。


「私はこんなに日々納得いかない思いでいるのに
 何も文句言わず働いてる人たちは何も感じないわけ?
 あの人たちは優遇されているの?鈍感なの?」


そんなふうに思っているのは大間違いで


その人たちはもしかしたら
その状況を打破するために人知れず黙々と動いていたり
その状況下でも前向きにはたらく理由を見つけていたりするかもしれないのである



「何も言わないこと」が
「何も考えていないこと」ではないと知れよ
と思うのだ




その例え話で何が言いたいかと言うと



今回の震災のもろもろにおいて
それに近いことをたまに見聞きするのである


(※被災者の方々だったり、高齢だったり病のある人だったり、

 守るべき小さな者がいる人たちは例外だが)



本当にこの状況が一刻を争う命の危険だと思うならば
自分の人生を真剣に整理して転地すべきであるし


どうにかしてこの危機感を、納得いかない思いを上に届けたいぜ!と思うならば
先日おこなわれた反原発デモに参加してみたり
政府や東電の、意見を聞くと書かれているサイトに投稿してみたり
選挙で自分なりの一票を投じたりすべきである



特にそれらをしないで
ただ「ここはもうダメ」「この先ヤバイ」「怖いつらいもう無理」「可哀相」みたいなことを、

自分の周囲にやたらめったら吹聴し共有を迫ることに何の意味がある



もちろん
喋ることで自分と聞き手の不安が解消されるから
それこそが大事な目的なのだと言うならとても有効だし
自分たちの心のためにやったらいいと思うが


そうでないのならば少しだけ深呼吸して息をととのえるべきである




首都圏よりも遥かに原発に至近の被災地で
平静な気持ちと暮らしを立て直すために
他の土地に移動せず暮らしているひとたちだって


自分たちで物資を集めて自ら東北に車を走らせ
物資を配ったりボランティアをしているひとたちだって


そして
日常を普通に楽しんだり
経済活動だー!と言って

外食や花見にいそしんだりしているひとたちだって




内心不安なことはたくさんあるに違いないのだ



だけど
あえてそれを口には出さない暮らし方というのもあるのだ



口に出さずに


目の前の暮らしのために一生懸命だったり
誰かのために行動していたり
多くの人の心をほぐすためにあえてアホな言動をしてみたり
自分が今やれることを淡々とやっていたりするのだ



もしかしたら
自分でさまざまな危険について調べて対策を取っているかもだし
黙って支援活動やデモに参加しているかもだし
そのどれもできないから、せめて元気にアホに暮らそうと思っているかもしれない



ただそのことを
声を大にして表現していないだけなのだ



だからそういう静かな、
または能天気に見えるひとたちを
「何それ?無関心なの?それとも平気なわけ??」
勝手に決めるなよ と思うのである




自分だけが考えて憂いている、と思っているあなたの大声は
あなたの感情アピールにしか過ぎず
前に進むためには特に役に立っていないかもしれない
それどころか周囲にストレスと無用な不安を与えている可能性もある



なのに 大きく泣いたり怒ったりすることだけが
それだけが情であり義であるのだと 勘違いするなと思うのである




憂うなら誰かのために必死で祈れ、明かりをともせ
祈らないなら「俺こう動く」と静かに決めれ




今日で震災から1ヶ月。


被災地以外のわたしたちは

受け止め方も過ごし方も防御の仕方も
支援の仕方も人それぞれでいい



だけど
上っつらに見えるものだけで
右へ左へと気持ちをざわつかせないでいこう



さまざまな感情のあとには
「じゃあ私はそのために何する?」と問うていこう



そして
自分のため
または誰かのために
できることを自分なりにやっていこう



可能なひとは
なるべく元気に暮らそう




そして
のほほんと見える他人も
その人なりに思うことややっていることがあるのだ、と
ほんわり信じていこう

AD
いいね!した人  |  コメント(19)  |  リブログ(0)

テーマ:

震災後すぐに、ここでネットプライスの募金の告知をしました。
たくさんの読者さまがそのリンクから募金をしていただきました。
ほんとうにありがとうございますアップ



ご報告すると、


(株)ネットプライスは3月29日に第1弾として、
日本赤十字社に5,722,896円を寄付いたしました。


これは3月22日までに「募金ギャザリング」「Buy&Send」に
ご参加頂いた皆さまから集まった金額です。


大企業でもなく著名サイトでもないのに、この状況の中、
震災直後からわずか一週間たらずでこれだけの金額になったということは、
いかにたくさんの方々にご協力いただいたか、ということだと思います。



皆さま、ご協力、ほんとうにほんとうにありがとうございましたビックリマーク




募金ギャザもBuy&Sendもまだまだやっていますので、
引き続きよろしくお願い致します!

(募金は、銀行振込もできるようになりました)


募金に関してはこのブログの右サイドに貼ったバナーからも飛べますし、

こちらのページでもやっています。



★これからの支援のために、続けていく4つのこと★



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


生きてゆくためのそれぞれの価値観だし
その人個人がどう考え動くかはまったく自由


不安なのも当たり前だし
それを押し殺せとも思わない

無理に平気平気と強がれとも思わない



ただ
心配な情報を
2倍3倍声をでかくして
エモーショナルに広めるのはやめたほうがいい




被災した人や子を持つ親ならまだしも、
若く健康な女子なんぞもう少し冷静に、
表面だけでもしゃんとして暮らせよなと思う



酒も飲める、家も会社もある、風呂もトイレもちゃんとできる


そんな人たちが真っ先にブルブルガタガタしてどうするんだ




健康や生死にかかわる情報なんかは

冷静に見極めてちゃんと調べて
他人がそれを聞いたり読んだりするいうことを頭に入れて


しかもその他人は自分よりずっとデリケートな状況である可能性も考えた上で
言い方に気をつけて表現すべきだよ



情報や親切心は扱いに気をつけないと毒になるのだから




それが上手にできないなら、
日々の楽しくくだらない出来事を喋り合ったり綴ったり
してたほうがナンボもマシだぜ

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。