フーテンひぐらし

永遠の放課後。「お前そろそろ大人になれよ」な毎日。人生のテーマ曲は「ダイナマイトが百五十屯」@小林旭


テーマ:

それにしても

私、おっさんが若い女子とつきあいたいって欲は分かるよ。
たとえおっさんが結婚していたとしても。
別にその欲は否定しねえ。
私も既婚だし若くないから、若い男子が来たら嬉しいもん(笑)

だからその気持ちは分かるのだけど、
多分それを「意義があることだ」とか
「モテる女の子はそれを嫌がらない」とか
もっともらしく意味と権威をつけようとする
おっさんが嫌いなんだと思う。


理屈つけんな。

それならいっそ
「若いねえちゃん大好き!俺とヒャッハーしようぜ!」
って言ってるおっさんの方が5000倍いいよ。


…高田純次の顔が真っ先に浮かびましたが(笑)
彼が「年を取ったら、説教、自慢話、思い出話を
抑えていかないといけない」と言った意味がいま、
とてもよく分かる。


セクハラとか、おっさんと若い女の話が出るたび、
私が思い出すのは新卒で入った広告会社の上司や先輩たちのことだ。


あの頃、20代女子の私は飲み会があれば
上司の横に座らされてお酌していたし
カラオケでは肩に手を回され、デュエットしたりした。

エレベーターでだいぶ年上の男の先輩が
後から乗ってきて、ふざけてうおーっと
抱きついてきたりもした。

性の話、彼氏とどうなのみたいな話、
そういうの、たくさん聞かれたし
向こうからもリアルな体験を話してきた。



でも不思議なのだ。
「セクハラという言葉がなかったから」ということではなく、
私はそれらを嫌悪していなかった。
気持ち悪いとも、特に思わなかったのだ。

ずっと、それは何でだろうと考えてた。
今までは「ギラギラしてないクリエイティブ職の男性で
かつ本人たちも実際のところは私に下心などなかったし、
つまりはキャラクターなのだな」と思っていた。

だから「セクハラは何をするかじゃなく
誰がするかだな」と思っていた。

だけど、ちょっと違うのかもなといまは思う。


彼らはみんないい年だったし、
それなりにすごい実績のある人たちだったけど
それをもって、若く無知な私たちに
「お前ら若造に教えてやる」「俺は経験が違う」
みたいなところが、皆無だったんだ。

彼らは、酒飲んでの説教や栄光自慢もしなかった。

特に女性に対峙する時は、
「女や色恋に関してはシャンとできない俺」
みたいなものを、素直に出してた。
だから可愛げがあったんだ。
えばったり、しなかったんだ。

だから
しょうもないなー男はいくつになっても!みたいな気持ちでいられたし、
こちらがマジで嫌なら全然なんでも言える空気だったわけだ。


私が、前篇に出てきた男性の物言いが嫌だったのは、
「自分はとても経験豊富で理知的で色々分かっているよ」、
という雰囲気を出すと同時に、なぜかいつもそこはかとなく
女性全体を見くびってる感じがしたからだと思う。

若い女はつたない。
色恋が人生の中心だ。
それは、見くびりだ。

件の男性とセクハラとは関係がないのだけど
誰かを見くびることは、差別やハラスメントにも
最後のところではつながっていく。


セクハラってのは多くの場合、
権威や地位をかさに着て行われたり、
(非常に欲してるくせに)女性をひどく見くびって
行われたりすると思う。
実際にやられたり言われたりした中身より
その卑劣さのほうが嫌だったりもする。


私が以前の会社の男性たちを
少しも嫌でなかったのは、
地位で人を押さえつけなかったということと、
女性をバカにしたり見くびったりしなかったということと、
自分たちの「女に関するしょうもなさ」を
全然隠していなかったからだ、と思う。

高田純次の高みとまではいかないけど、
「僕が君に教えてあげよう」派じゃなく
「ヒャッハー☆」派だったんだな(笑)



色恋や性愛は、理性ではできない。
だめだと思っても、やってしまうものだ。
そして、基本的に格好わるいものだ。
そこにたくさんの「べき」と「べきでない」はある。
不利と有利もある。うまい作戦もあるし、
下手を打つパターンもある。

だけどそれを他人に押し付けてもいけないし、
「君はきっとこれ」と決めつけてもいけない。

特に、年をとった我々なら、
アドバイスも実行もひそやかに行え、だね(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私がツイッターでフォローしている方の中で
クリエイティブ畑の男性というのは
あほなこと言おうが下ネタ言おうがダジャレ連発しようが
ことばと人間に対する思いやりや知性がにじんでいて
「そこはあえて話さない」という沈黙も含めて大人だなあ、
いいなあ…と思う方が多いので、好きだ。

もちろん時に自分とは意見が全く違うことがあっても、
そこがその人への好悪につながることがない。


だけど「基本的に言うことはなるほどと思うのだけど
女性に関してのツイートはどうにも腑に落ちない」
という方がごく少数いらっしゃって(相互フォローではない人)
ついにこのたび、その中の1人のフォローをやめた。

その方が、こんなことをおっしゃっていたのだ。

若い女性が「不倫したくない」「既婚者とつきあいたくない」
と思うのは当たり前だし悪いことではない。
ただ、聞かれてもいないのに「不倫はNG」「既婚者キモい」と
ギャーギャー主張する女性は気の毒だしスマートではない。
おそらく、過去につらい恋をしたから次は結婚できる恋しか
したくないのだろう、だからそう主張するのだろう、と想像している。
だけどその重さは必ず男に伝わる。そうすると男は逃げ腰になる。
それは不利ではないか。賢い女性はそう思っても黙っているものだ。



ハァ?(゚д゚;)
ばかじゃねえの


すいません、思わずそう心でつぶやいてしまった。


とくに男女関係なく、他人を中傷するのでなければ、
別に誰からも聞かれなくても「嫌なものは嫌だ!」と主張していいだろ。
不倫いや!言い寄る既婚者きもい!
それがその人の恋愛における主張なら、言えばいいだろ。

そして、若い女性がそう言ったというだけで、
その論拠を「恋愛に失敗していま必死なのだろう」とし、
「それならね、黙ってた方がモテるよ」と諭すの


きもちわるいです


私、他人を「気持ち悪い」と評するのは
とてもよくないことだと思ってるのだけど、
これは同じ女性から見て(私なぞ範疇外の40女ですがw)
素直にきもちわるい、と思う。

この方がとても頭のいい方で、優しげに
とてもきちんと日本語を使うから、余計だ。
そういう人からそう言われたら、中には
「そうか…嫌だと思ってても言わないで受け流そう」と
思う人が出てくるかもしれないし、それは多分、
のちのち彼女のストレスになると思うから。


「そういう時にムキ―ッとすると、恋を逃すよ」
「声高に主張するより、黙っていたほうが賢いよ」

男性が言うそれは時に、女性を抑圧する。

そしてそんな抑圧は、無視しろ!と私は思う。
だってそれ、当の男性の利益に他ならないから。


この場合は、既婚かつ若い女子とつきあいたい男性を
傷つけたり排除したりしないための詭弁にしか(私には)聞こえないから。


いいですか。
若い女子などただでさえ悩みが色々あるんだ。
だから「賢くスマートに」なんてしなくていい。
自分のすごく好ましい男が熱望する「賢さ」ならまだしも、
知らん人の望む期待になど、応えなくていい。
「それが人生の正解なんだよ♪」と例え言われようともな。


いや確かに賢くしてたほうが
(世間から見たら)イイことを享受できるし可愛がられるよ。
この方の言う「重たさをにじませたら男は逃げていくから、
それは不利になってしまう」というのも正しいとは思うよ。

でもそれと、「嫌なものを主張しない方がいい」のは違うと思うの。


自分の中の「これイヤ」「本当はこれ好き」を抑えすぎて
誰かに好かれるため、または嫌われないために無理しすぎて
心身追い詰めてる女性をたくさん見てきたよ。
だから、頼むから変なバイアスをかけるな。


これは絶対嫌だ!
これが大好きだ!
そうはっきり主張する女は、
確かにニコニコ黙ってる女よりも間口は狭くなる。

だけど、間口なんて狭くていいんだ。
こずるく利用しようとする奴や、
そもそもろくでもない目的で来る奴、
マウントを取ろうとしてる奴がはじかれる。

間口広げて婚期を早めたって、
「こんなはずじゃ」が発生したら意味がない。
後で「お前変わったね、もっと聞き分けいいと思ってた」
って言われてげんなりされるより、
最初のうちに「すごくイヤ」と「すごく好き」は
相手と共有しとくのが大事なんだ。


だから、
他人のために賢く振る舞うな。
好きに生きれ、女子よ。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


昨夜ぐうぜんつけたテレビで、
元大事MANブラザースバンドの立川さんが
J-POP界とおのれの曲について話すことが
身もフタもなくてむちゃくちゃ面白かったんです

(部分部分としてはここにあがっています)


面白すぎて、ノブコブ吉村が
「俺、超ツボ!惚れた!」って叫んでた

その中で、
現在も音楽活動をしている立川さんが
最近の悩みとしてあげたのが



「歌で伝えたいことがない」


ミュージシャンよ…(笑)


「大人になるほど何故CDを買わなくなるのか」ということについては
解説した立川先生いわく「歌詞に共感することが少なくなる」から


「人生経験がね、歌の歌詞を超えてくる日が来るんですよ」

「だから、何聴いても“…そうはいってもねえ”って思っちゃう」


色々「なるほど、分かるなあ」と思いました


そこから自身の曲に触れて
「だから“投げ出さないこと 逃げ出さないこと”
とか言われても、うるせえ!と」
とか言ってたけど(笑)



いま、恋愛について何か書こうかなと思ったときに、
「あんま伝えたいことがない」って同じようなこと思ったんです


個々の相談とかにはすごく色々返答があるんですよ
だけど「こうすれば、こうなる!」「こうなる法則!」
みたいなのは、ない

まあよく考えたら、
そんな体系立ったこと昔からないんだけど(笑)


結婚しちゃったら
恋愛についてほんと考えなくなった

かわりに
「目の前のこの人と、
どううまく楽しく賢くやっていくか」を考える日々


結婚ってほんと現実的だなと思います
いい意味でも、そう思う

目の前のこの人
自分の親兄弟と義理の親兄弟

これで完結です

ここにフォーカスするので
恋愛してた時期よりも
ずっと個別対策になってくる

(子供がいたら、もっとさらにフォーカスするでしょうね)



それで思いました

恋愛は私にとって、
読み終わった本(ちょー面白かったけど)なのかもしれないと

いや「もう恋なんてナシやろ」って意味じゃなく
私にとって、恋愛は「分析し考察する」のに
いちばん楽しくて難しい課題だったから

その課題が、ひと段落したって感じがするのだろう


あと「人生経験が歌の歌詞を超えてくる日」を過ぎたのかもしれない


 恋愛ってこういうことがあるよ。
 こういう法則があるよ。
 これは損だよ。得したきゃこうしたほうがいいよ。


…そうはいってもね、止められないよね
 一度はその「頭で考えたこと」の先へ、行っちまうよね誰でも
 
ってこともわかりすぎるほど分かるから
「まあ、気のすむようにやったらいいよ」って結論になっちゃう



ゆえに、声を大にしてまで
色恋について説きたいことが
今はないのかもしれないです


とかいって、また書くとは思うんだけど(笑)



キュレーションサイトとか
若い女子の雑誌とかの

「○○な女になるための8つの法則」とか
「男たちが幻滅する女の行動ベスト5」とか
「ボクたちこういう服を着てほしい!座談会」とか

そういうのを眺めてたら


んなもん役に立たねえよ全部…


と思ってしまったので


大川先生同様(彼は別にそんなこと言ってないけど)
「思えば遠くへ来たもんだ」と思ってしまった次第でした


AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
こないだのメルマガに書いたこと、
こちらにも載せておきますねん。
なんか、女子からの色々な相談は
このケースが多かったりするので。


★はじめのひとこと★

春だから、たまには恋愛について書きましょうか。

恋について悩む若い女の子の話を聞くとよく出てくるフレーズが
「この先こんなにひとを好きになれないと思う」
「このひと以上に素敵なひとはいないから」
…だからその恋が幸せでなくてもそこにすがってしまう、他に踏み切れないと。

このケースはすごく多くて、聞いてる側としてはそう決めてしまうほど
1人のひとを愛せるというのは素晴らしいことだと思うのだけど、
それで思考停止になって現在のつらい状況から抜け出すのを
あきらめるというのは悲しすぎるなと思うのです。

酸いも甘いも噛み分けた読者の皆さんならご存知でしょう。
「ああ、好き!」という熱病のような思いは、
一時の幻であり快楽であるということを。
心に固く誓う「唯一無二」も「永遠」も、
意外と簡単に次に明け渡せるものであるということを。

私もありましたな。失った恋の苦しみで
「もうこんなひとは私の人生に登場しないだろう」と悶絶したけど、
結局ぜんぜん違うタイプのニューフェイスが登場して
「あの時の苦しみって何だったんだアハハ~」みたいなこと(笑)

神さまというのはそう簡単に択一を迫らない。

恋愛に限らず、何にだって「次」があるんですよ。
だからもっと楽観すればいい。

そして、目に入っていなかった「周りのすべて」を見渡せばいい。
「次の相手」という意味でも、「恋愛以外の充実がある」という意味でも、
あなたの周囲には思うよりずっと多くの希望の光が満ちている。
それを知らなきゃもったいない。

猛烈に「好きだ!」と思う瞬間や
「この人しかいない!」という確信は、
確かにその時の真実。

だけどそれは決してたったひとつの「結論」でも
「ゴール」でもないんだよ。


/広野ゆうな

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:


話が終わって「じゃあね」と言ったら
コンマ一秒でも早く「切」ボタンを押す


このクセが今でもしみついていることに
最近気づいて自分でも驚いた



これってよく考えたら
すごく失礼じゃないか






理由は分かっている




昔すきだった男の人が
じゃあねと同時に電話を切る人だったのだ



こちらの「うん、ばいばい」の
「ば」の字が口から出る前に電話は切れる



これは切ない



男女問わずみんなにそういう人なので
意図はないのだが
それが憎たらしくもあり
変な余韻を残すので
彼らしいなと思ったりもした





そして私が身につけたのは
彼より素早く電話を切ることであった




ガチャ、というあの音が

自分の心臓をギュッと絞るのを

感じるよりも早く こちらが切る




あなたの電話のジ・エンドを
わたしは待ったりしませんよ





そんな意地でやっていたのが
いつしか彼に対してだけでなく
わたしの普通になってしまった






もう何十年かが経ってしまい
彼のこともただの思い出になってるのに
電話の切り方のクセだけが直らない





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。