フーテンひぐらし

永遠の放課後。「お前そろそろ大人になれよ」な毎日。人生のテーマ曲は「ダイナマイトが百五十屯」@小林旭


テーマ:

AVには抵抗がない人間だが、
「キレイな女の人がいやらしいことをするからいい」
というまだまだ底の浅い鑑賞眼しかないので
いわゆる「素人企画モノ」に興味がない。


だからタイトルを見ても何の食指も動かなかったんだけど、
私がTwitterでフォローしている大好きな人たちが男女問わず
なぜかこぞってこの映画を劇場で観たあと、
「すんごい面白い」「絶対行くべき」と絶賛していた。


それでとても気になった。



さらにカルチャー方面で気が合う女友達が観てきたらしく、
飲み会のときにチラシを持参して「とにかく面白いし、
観る前と観た後とでは何かがガラリと変わるからぜひ行け」
と。



色々調べてみると、渋谷のアート系の映画館での単館上映なこと、
本来ならば1週間だけの上映のはずがあまりの口コミ評判で
満員御礼・札止めが連続し、追加上映が決まったこと、
内容はAVでありながらドキュメンタリーでありロードムービーの
色あいが濃いことなどが分かった。



そしたらみんみんちゃんが「私も行こうと思ってた」と言うので
レディースデーの昨日、行ってみたのである。




キャノンボール


★劇場版 テレクラキャノンボール2013 @渋谷オーディトリウム



座席数136のちいさなハコ。
整理券が事前配布されたのだが、それを
みんみんちゃんが早めに取っておいてくれなかったら
座れなかったかもしれないほどの満員ぶり。
レディースデーだからか、観客の3~4割が女性だ。



この映画のあらすじ、登場人物、予告ムービーなどは
下記、オーディトリウムのサイトに詳しく載っている。


★劇場版 テレクラキャノンボール2013詳細




まあここで概要を知っても予告ムービーを観ても、
大抵の人は「くだらね…」ぐらいにしか思わないだろう。特に女性は(笑)
私も観た人の絶賛がこんなに相次がなければ、
ぜったい行ってないと思う。


じゃあそのくだらなそうな、野郎が考え出したしょうもない
企画モノをなぜ皆がそんなに「よかった」というのか。
それが知りたくて、観た。



満員の場内は、クスクスから始まって次第にザワザワ、
ひええー、ゲラゲラ、そして最終的には手を叩いてみんな大爆笑。
映画館でこの一体感、すごい。



観終わって思った。


凄いもん観た。
エラいもん観ちゃった。
これはヤバい。観てよかった。


友達いうところの
「観る人生と観ない人生なら、観る人生を選んでよかった」、
まさにそんな感じであった。


ええと、感動するとか、ぐっとくるとか、
キュンとするとか、元気出たとか
そういう分かりやすいアレじゃない。
男たちと女たちの生きざま(だが良識ある社会的にはほぼ無意味な)
ものすごく心揺さぶられた。



私からのストーリー紹介とか、
見どころとか少し書こうと思ったのだけど、
こればっかりは書けば書くほどただの下ネタになり、
かえって観てないひとの興を削ぐ恐れがあり(笑)


しかも少しでも深く書くとすごいところを
ネタバレするから、ほぼ何も書けない。



というわけで、感じたことだけを書く。



ああもう少しダイエットしないと私ヤバいわとか
俺ももっとモテたい、いい女を手に入れたいとか
どうしたら結婚できるのかなとか恋がしたいなとか
女子力を磨かないと愛されないんじゃないかなとか
男子たるものこうでなくちゃやべえよなとか
何で自分はぶさいくなのかなとか

仕事がつまんないとか上司嫌いとか部下があほとか
好きなひとに嫌われたんじゃないかなとか
妻として母としてもっと頑張らなくちゃとか



そういうあらゆることを考えて疲弊したり
こじれちゃったりしてるひとは、とにかく観とけ。



それらすべてが北国の夏空の下、
豪快にドブに投げ捨てられていく爽快感。


「くだらないことを全力で」なんてレベルじゃない、
「人生棒に振るならフルスイングで」 (と、twitterでどなたかが呟いてた)。


人間なんだってできるんだ。
超えられないラインなんて
実は予想以上に低いのかもしれない。



そして、この映画に出てくる彼らにあって、
もっと身ぎれいに生きている(のに悩んでいる)我々に無いものは、
ナイスバディでも女子力でもモテやセックステクニックでも何でもなく、


「生き物」としての底力だ。


男とか女とかじゃなく、ただの生き物。
そこでの最終的な生命力の強さ。


捨て身のなり方というか、捨て方というか。


それを、見習いたいような
間違っても見習いたくないような、
でもそれが自分のなかにも
ちゃんとあるんだと思って生きていたいような
そんな気持ち。



不思議なことにセックスなんてみんなやってるのに、
みんなもっとサラリと素敵にやってるかまたはそんなこと
一切やってませんよ的に振る舞う不自然な日常で、
「でもこんくらい不格好なもんでしょホントはさ」って
当たり前を見せてくれたような照れくささもあり。



えげつないほどの本能。
そしてしょうもなくも愛おしい男気。



とてもいいドキュメンタリーだったと思う。


カンパニー松尾監督というのは、

ものすごい人なのであるな。



渋谷での上映は25日までなので、興味のある人はお早めに。
(5月には大阪で上映するそうですよ)




そうそう
とはいえ「爽やかなイイ話」とかじゃないから
そもそもAVとか野郎的カルチャーに免疫ない女性は、気を付けてね


それと
「どんくらいエロいかな、観終わったらムラムラしたりするかな♪」
よこしまなドキドキを期待してる(?)人がいるとしたら


それ無いから



逆に
帰り道、目の前に広がるホテル街を
妙齢のカップルでそぞろ歩いたとしても
「……」て無言になるほどお腹いっぱいだから


でも
そのあと飛び込んだ居酒屋で
映画についての話を連れとするだけで
ぐいぐい酒がすすみ、どんどん時が経って
ものすごく楽しいことだけは保証するよ



ちなみに私とみんみんちゃんは店のセレクトに困った。
話す内容に必然的にヤバい単語が混じるので、
カップルや女性たちが語らうおしゃれ店のカウンター席とか
絶対アカンから…。


できればおっさんがうるさく喋ってるような店か、
他のお客さんと少し距離感のあるテーブル席などがおすすめです(笑)




かき


生牡蠣の土佐酢ジュレがけ

うまい



★NAVERまとめ↓
「劇場版テレクラキャノンボール2013」がすごいことになっている。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「エロ万歳」 の記事

テーマ:


今日、kimimatsuさん からの小包が机の上に届いていた。


宅配便伝票の内容のところには応援グッズ+菓子♪」と。


はて、応援グッズとは何だ…?



そう思ってあけてみてニンマリ



広野ゆうなのフーテンひぐらし-きみまつさんから


ひとつは、「まんまるちんすこう」。
先日kimimatsuさんが沖縄に行った時、おすすめのお土産を聞かれて
「ちんすこう嫌いの私が唯一、美味しいと思うちんすこうがある」
コイツをおすすめしたら、わざわざ送ってくださったのだ!


しかも偶然にも、私がいちばん好きな粟国の塩味。


このまんまるちんすこうは、とにかく水分がありしっとりしていて美味しいのよ。




そしてもういっこは…




広野ゆうなのフーテンひぐらし-応援グッズ


今年もキタコレ


先日kimimatsuさんが訪れていた (※毎年恒例)
「かなまら祭り」で売っているアメちゃん


もちろんチ○コ様のかたち



去年も頂きました が、今年はよく見ると…。


鮮やかなピンクのオ○コ様(※関西ふう呼称で)まで降臨



その入り口にまさに小さな御チ○コ様が突撃しようとしているレイアウト



すごいΣ(~∀~||;)



でも下品~とか思うなかれ


これ、れっきとした「さずかり飴」なのだひかえおろう



…そうか、それで「応援グッズ」なのだな!!!
今年の私はさずかり希望。とてもうれしい!



kimimatsuさんありがとうございます♪♪
神棚にまつります! (神棚ないけど)


かなまら様ワッショイヽ(゜▽、゜)ノ


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:


わたくし「いただきもの運」がとっても強運な女でして、
さまざまな親切な方からいただきものをすることが多いのです。
とっても幸せなことでやんす。


で、ブログ上でしかおつきあいのない方々からも、
(最近では森山まなみさん目黒のサムライさんなおみみさん やetc…)

それぞれ本当に素敵な贈り物を頂いているのです!
ほんとうにありがとうございます。




でも




今までこんなにネタ満載な贈り物頂いたのははじめてですYO、




kimimatsuさん。





※この方です




社員総会のあった日にそれは届いていたらしいのですが
わが社の荷物届き場所は基本的に
「取引先さんから届いたサンプル等をMDが取りに行く」場所になっているため、
誰かが席まで「これ個人宛のお荷物ですよ」と届けてくれないのです。
(だから、なおみみさんの荷物もしばらくそこで暮らしてたよね…ごめんなさい)


というわけでずいぶん後になってから、
「荷物届いた?」というkimimatsuさんのツイートで
「!?」と気づいて取りに行った次第。




広野ゆうなのフーテンひぐらし-はこ


アマゾンからのお荷物ですね(笑)


何だろう…?と開けてみたら




いきなり笑った



広野ゆうなのフーテンひぐらし-あけたら


黒い箱に菊の御紋て!!
そして袋に入った盛りだくさんの「おまけ」て!



菊の御紋は本来とてもとても畏れ多いものですが、
ねえさんから来るとどうしても何ていうか族というか街宣車というか…。



その黒い箱を開けて
思いきし吹いた




広野ゆうなのフーテンひぐらし-あめ


カラフル
3本ち○こ



私のこの記事にあるサイバラ先生の「3本ち○こ」説 か!? (違います)


まるでキノコのように、象牙色の竿部分とブラウンの亀○を持つ大ち○こ


鮮やかなピンクと紫の小ち○こ


(アメーバの検閲に引っかかりそうなこの単語の羅列)



「福子宝飴」と書いてあります。



そう!
これはkimimatsuさんが先日…いや、毎年行っている
川崎大師での「かなまら祭り」でゲットした飴っスよ!


「かなまら祭り」は文字とおり摩羅だらけのお祭りで、 
商売繁盛・子孫繁栄(子授け)・安産・縁結び・夫婦和合のご利益があるんだとか。


詳しくは、kimimatsuさんのブログのこちらのレポート をご覧下さい。



さっそくち○こをライターチームのみんなに見せびらかす私

「それ…ナメてる姿、絶対ヤバいっすよ」と男子社員。

だろうね…!


では下品な洋モノAVみたくナメまわしつつ、
五反田あたりに出かけてみるか  (出かけるのはやめなさい)


しかもピンクと紫、私の好きな色でうれしいなー

(後で聞いたらイメージカラーを入れてくれたとか♪)



そしておまけ



広野ゆうなのフーテンひぐらし-おまけ


ここにどっさり入っていたのは

大好きなマンガ「ママはテンパリスト」のごっちゃんグッズ


そしてこれまた愛する氣志團の、海ほたる限定グッズ「Hello 氣帝團(キティ團)」!
(注*れっきとしたサンリオとのコラボ商品です)


ヤバすぎる
マニアックすぎる
そしてうれしすぎる




会社でこれらをいちいち見せびらかした結果、
チームの男女が「kimimatsuさんってどんなひとですか?
ブログが読みたいです!」
と興味しんしんになってましたよ。



今までの皆さんからいただいた贈り物もうれしかったけど、
完全に私の好みとキャラを把握して狙い撃ちするこの贈り物、
脱帽であります。



kimimatsuさん、本当にありがとうございました!


この飴で、色々れんしゅうします!



※追記

この記事をえんえん書いていたせいで、

私の席の後ろでたからばこチームが「アロエベラ」について話していたのを

フツーに「アロエ○ェラ」と聞きまつがったんですけど



AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:


広野ゆうなのフーテンひぐらし-ちんこすこう


読めるでしょうか



すべての日本人が「ちんすこう」という名前に対して

感じていたもやもやを身もふたもなく表現してしまった商品



子宝て


たしかによくみりゃ

形状自体もズバリさきっちょが



昨晩、大騒ぎした松ちゃんとマーの誕生日飲み会にて

目黒なんちち食堂 の店長が帰り際にくれました。



URLがあったのでたたいてみたら

底抜けなサイトが出てきました。

http://chinkosukou.com/


メインキャラである「ちんすこ坊や」

迷わず「ちんこす坊や」と読んでしまった自分が

本当にどうかと思います




※そして今、サイバラの言葉を思い出して

「これがあたしの3本ち○こ…?」と思ってしまったのも

本当にどうかと思います


いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:


すごくしょうもない話




うちの近所にあるビルの壁面にあるこの絵




広野ゆうなのフーテンひぐらし-どうしても…


上部の

へんな

くびれのせいで




どうしても



どうしても




ナニに見えてしまうので




浅草にある
アサヒビールのビルが
スタルクデザインにも関わらず
東京ではフツーに「う○こビル」と呼ばれているように





このビルを心の中で
「ち○こビル」と呼んでしまうのは


この界隈で私だけでしょうか


いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。