フーテンひぐらし

永遠の放課後。「お前そろそろ大人になれよ」な毎日。人生のテーマ曲は「ダイナマイトが百五十屯」@小林旭


テーマ:


久しぶりに元町に降り立つ。
終点なのに間違えてみなとみらい駅で降りるほどには、久しぶりのあの界隈だ。

 

ドイツ生まれのフットケアのお店で、施術してもらう。
私は足の裏には普段から並々ならぬ関心があって、イオンセル安足日は365日寝る前に装着しているし、足裏を木の棒でゴリゴリやったり、踏むと死ぬほど痛いボードに乗ったりしている。

 

だから自分の足についてはよく分かってると思っていたし、意識も高いはずだと思っていた。

 

そのお店は別にマッサージのお店ではなく(メニューには、ある)、店長さんは私の足の固くなった角質を、丁寧に丁寧にやすりで削りながら整えていく。
足の角質なんて、確かに見た目が美しくないけど、逆に見た目とか匂いの面だけの問題だよねと思っていた。


ところが片方だけ整えた足を見てみると、やっていない方より明らかにむくみが取れている。
両足やってもらった後は、立った時のバランスすら、変わったように思った。

 

「削る角質はラップ2枚分くらい薄いのですが、整える形が大事なんです。それをやるだけで立ち方が変わったり全身のバランスに影響したりするんです」

 

自分の足のこと、分かっているようで全然分かっていないのであった。


それでいったら、身体の他の部分も、かなり分かっていなくてかなり間違っているような気がする。年をとってきたらこういうのをひとつひとつ、勢いで走り抜けずに把握していくことが、元気でいるための大事なポイントなのかもしれないと思った。

 

そのお店はもう少し通ったら、ご報告しますね。

 


ちなみにネットプライスのメルマガを読んで頂いてる方はご存じと思いますが、先週で900号に達しまして。その記念で私がしつこく推している「イオンセル」をかなりの限定特価で販売しているんです。


それがまだすこし残っているので、ここでも紹介しておきます。こちらからどうぞ。
何しろ3ケタ価格なんで、お試し買いとかまとめ買いにはもってこいです。

 

★よむネットプライス 900号記念!イオンセルスペシャルパック

 

ちなみに、安足日も再販してますよん。

★【待望の再入荷】足裏からドクッ!イオンセル安足日エクストラ

 

 

ガサガサ角質取ってもらって、ちょっときれいになった。
足の指と指の間が開きすぎて原始人みたいな足なのである。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

マーことうちの夫は仕事が忙しいです。
帰りも遅いし、昼夜問わない海外とのやりとり、
数値や人の管理など、精神的にとても疲弊しているようで、
「たくさん寝ても全然疲れがとれない」とぼやいております。

夫だけじゃなく、こういう人、多いでしょうね。
本当にお疲れさまです…と思うし
そばにいる人間としてできるフォローはしていますが、
ひとつ、すごい謎なことがあるのです。

それは

本人が、疲れをとるための
身体のメンテナンスを全くしない

ということであります。


寝ても疲れが取れないレベルだと、
もうどんなに休日に寝だめしようと、
一日中ゴロゴロしようと、
たぶんスッキリはしないでしょう。


肩から首がバッキバキなので、
私も時々マッサージしてあげるのですが、
それよりもプロの手で長時間やってもらうほうがいいに決まってます。
だから「まずマッサージに行きなよ」と私は言います。
近所で夫婦ともに長くおつきあいしてる整体院のチケットを
彼はずいぶん前に購入しています。

新たにお金がかかることもないし、
どんなに疲れてても行って身体を投げ出せばいいのですから。
1回ですべては解消されませんが、固まったものをほぐして
もらうと、ずいぶん身体はラクになります。

でも夫は「そうだよな~」って言ったきり、一向に行きません。
たぶん、自分で空いてる日を見つけて電話して予約するのが
面倒くさいのです。休日に「行かねばならない」アポを
取り付けるのが、嫌なのでしょう。

でも行って寝転べば確実に楽になるのに…すごい不思議です。


次に私は言います。
「そういう心身共に固まったような疲れは絶対、
 運動したほうが疲れ取れるよ」

俺、してるじゃん。ゴルフ」

私はしばし考えて返します。

「ゴルフってさ…疲れ取れるたぐいの運動?」

「いや取れないんだよなーこれが!」

ゴルフは、私から見ると「発散のスポーツ」ではなく
「求道のスポーツ」のように見えます。
(素人意見ですので、違っていたらすみません。)

立ち方も握り方も振り上げ方も振りおろし方も何もかも、
やればやるほど「もっとこうしなければ」という課題を抱えます。
そしてスコアで厳然たる結果が出ます。それに一喜一憂します。

細かな部分を自分でチェックしつつ、
さまざまな状況を読みつつ、
メンタルもぶれないよう注意しながら。

もちろん大自然のコースに出た時や思い通りにかっとばせた時の
爽快感はあるのでしょうが、とにかく気分の赴くままに
ヒャッハー!と暴れたり走り抜けたりして、大汗かいて
息を切らして倒れ込んで…というものではないように思います。

楽しいけど、神経使うし、課題多い。
それを攻略してゆくのが醍醐味だと思いますか゛、
ゴルフは「運動」というより「ゲーム」ですよね…。


夫は、ゴルフは好きですが、ジムに行ったり走ったりは嫌いです。
サッカーもバスケもできますが、自ら仲間を集めてフットサル
やったりというマメさもありません。

というわけで結局、
「いやー疲れた」と振り出しに戻るのであります。



「疲れた疲れたと連呼する人ほど、
 おのれの身体のメンテナンスをしない」

これ、ほんと謎です。


多分ですが、自分の身体がまだ、若い頃のように
放っておいたら回復するものだと期待してるふしがあります。

あとはもともと「自分の身体の手入れをする」という概念がない。



でも35過ぎたらもう、若い頃の貯金など尽きてるんですよ。
腰をあげてメンテナンスを始めないと、ほんとうにやばい。

「すごい寝る」「ゴロゴロする」「酒飲んで盛り上がる」
これ、ほんとに疲れてる人には効かないどころか
余計疲れを醸造するものだと私は思ってます。


いちばんの方法は「運動して汗をかく」ことです。

あー正論だつまんねーと思いますよね。私も思います。
でもしょうがない。これがいちばん効果ばつぐんなんだもん(笑)


疲れた身体(とくにPC仕事や会議や人間関係などでの疲労)
そこかしこの関節がサビたり油がにじんだりして
変なふうにがっちりロックされちゃった機械と同じです。

それをそっと横たえても、アルコールを与えても、
サビは取れないし固まった関節は動かないのです。


まずはストレッチやプロによるマッサージで
バリバリの身体を少しほぐしてもらう。
すると一時的に、関節は動くようになる。可動域が広がる。

そのタイミングで、中のエンジンを動かしてあげるです。

やらねばならない運動じゃなくて、
どうせやるならやってて楽しいやつを。
最初は適度でいいのですが、できれば運動の終わりには
大汗かいて息切らしているくらいのものがいいです。

難しい決まりや準備がなく、自分の感情のおもむくままに
やってもあまり問題がなく、一瞬でも「全力出した」感じが得られるもの。

そうして汗だらだらしながら
「ゼーハー…はあ終了―!」てなった後は、
シャワー浴びた後や、ビールをあおる時や、
ごはんを食べる時、くたくたでお布団に入る時
ものすごい気持ちよかったり美味しかったりします。

頭がカンカンになって内面に溜まる「疲れた…」ではなく
純粋に肉体を使った後の疲労での「疲れた―!」は、

不思議なことにいろんな疲れを吹き飛ばします(笑)


自分の関節だの筋肉だのエンジンだのがサビて
一切の動きなく固まって、倒産寸前の工場みたいになってたとこから
すべての工程がガッシャンガッシャン動き始めて
「フル稼働だぜーー!増産増産!」て景気いい工場みたくになる。

動かしたほうが、余計な重たみとサビは抜けるんです。


そして、頭だけが始終働いて考えすぎていたあれこれが
「んー…まあ、大したことじゃないな!」みたいな、
いい意味での雑で楽観的なモードにチェンジしやすくなります。
頭でっかちの頭を、元気な身体のほうが支配するようになるのです。


35過ぎからの運動にはもうひとつ重要な役割があって、
最低限の筋肉を鍛えて柔らかくするので、
年を取ったときの貯えになるのです。

シニアと言われる年齢になると、
本当に基本的な筋肉のあるなしが大事になります。
それがないと、腰も膝も曲がり、歩くのも大儀になる。
ケガもしやすくなる。ついでに気力も、筋力がないと
支えがなくてしぼみやすいです。


ほんとにほんとに、身体が心を支えてるのですよ。


「自分」てものが存在してる場所は「頭」や「心」だと
思うひとも多いかもしれませんが、わたしは意外に
「身体」ではないかと思っています。


だから、自分の身体が「疲れた」サインを出したなら、
その身体自体を触ってあげたり、ほぐしてあげたり、
動かしてあげたりしなくちゃダメです。

しかも、自分自身の判断でね。


嵐が過ぎるのを待つように、
またはつらさをごまかすように過ごすのは
もう、若くない我々のすることではないのです(笑)

さて、私は夫と一緒に「Rising Sun」でも踊りますか…。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
梅雨すごすぎ!
これが名にしおう「つゆだく」てやつか。


5月下旬から今日に至るまで、体調が最悪でした。

いつもは「外科9割、遠足熱1割」と分かりやすいのですが
今回は「風邪の症状が全くなく元気なのにとにかく咳が止まらない」。

日に何度か発作みたいに出るので、
しかも衆人環境で「いま出たらやだな…」と
思った途端に出るので、もう肩身が狭いのなんのって。

夜寝る前と明け方、朝起きた時も激しくて、
もうゲロッてなりそうなくらいつらかったです。

病院で検査しても細菌性じゃない。
そして咳止め薬がほとんど効果ない。
アレルギー検査したけど「クラス1」って、
こんな程度だれでも出るだろう。


どーすんだこれ、って感じでした。


その時にやっと取り寄せたのが
若林理砂せんせいの本「ペットボトル温灸」。

このブログでもたびたび言及してますけど
わたしはこの理砂せんせいの本が好きで
Twitterでもフォローしているし
夜間飛行でメルマガも購読してます。


予約の取れない鍼灸師さんなのですが、
身体づくりに関するその考え方がすごく好きなのです。
専門性は高いんだけど難しくなく、
医学ー!とか美容ー!とか自然派ー!とかみたいに声高じゃなくて、
なんていうかこう、原始的というか大地的というか。

脅すことなく、偏ることなく、大上段じゃなく。

いろんな情報や流行りに振り回されることなく
日々のできる範囲で、あるものを使って、
自分自身の身体や気候をよ~く見て感じて
やっていこうよっていう姿勢。

でも提案してくれる東洋医学に基づいたあれこれが
とても興味深くてあたらしいんです。


で、そんな理砂せんせいの提案するPBOQ(ペットボトル温灸)。

文字通り、ホット飲料用ペットボトルにお湯を入れて
お灸代わりにして使うやり方です。

わたし「せんねん灸」が大好きだったんだけど、
あっという間になくなっちゃう上にいいお値段するから
「これならお金かからないし身体も好きに動かせていいな」と思って。


で、さっそく、目下ものすごく困ってる
「せきがとまらない」場合のツボ刺激をやってみたんです。
でもまあ、こんなひどい状態で薬も効かないから
さすがにこれじゃあ気休め程度かもな…なんて思いつつ(すいません)。

そしたら
びっくりしたことに
一気にしずまったのですよ。



もちろんなくなったとまではいかないけど、
100あったものが、40以下になったというか。
これスゴイことですよ。

「ふおおお!?Σ(゚д゚;)」てなりました。

翌日いちおう病院行って
「咳ぜんそくの可能性もあるから」って
吸入型のステロイド薬をもらってそれも使ってるんだけど
体感値的にはペットボトル温灸やった後のほうがてきめんでしたね。

だいぶ鎮火した後の薬でとどめ刺した、って感じ。

PBOQ
吸引器より、温灸


ツボって、お灸ってすごいんだな…と思いました。

マーもびっくりして、それからは
「今日もPBOQしなくちゃだめだよ!」とか言ってくれる(笑)

現在はおかげでほぼ咳はなくなりました。


そしたら梅雨入りして雨が猛烈に降り出した途端、
ろっ骨がすごく痛みだしてさ(笑)
あれだけ咳してた時には持ちこたえてたのに!

病院行ったら「少し曲がってヒビが入りかけてるかも」と(笑)


湿気が強いと呼吸器や神経痛にくるかも、
って理砂せんせいが言ってたのを聞いてて、
これまで気圧だの湿気だのに一切左右されてないから
平気だもんと右から左だったのに、これは今回とても
関係あるなと思いました。

確かに身体中に水分というか「湿」がぶよぶよ
溜まってる感じがハンパなかったです。
365日滝汗かくほど湯船に浸かってるんだけど、
運動不足や強い湿気や飲み食い不摂生で、
いろいろ溜めすぎたんだろうな。


体調がすぐれないとメンタル的にも順調に暗くなるもんだから
いろんなことを勝手に大きくして無駄に落ち込んだりして、
「わたしは何の価値もないのか」とかウツウツとして、
マーにかなりフォローしてもらってたよここ数日(笑)


でもようやっと脱せそうです。


薬とか、外科とか、最新美容アイテムとか、
運動とか筋肉とか、くっきりはっきりしてるものは分かるけど
気圧だとか気候だとかツボだとか食養生だとか精神だとか
当たり前にあって長期的かつふんわりしてるもの
なんて
自分の好不調にそこまでは関係ないだろとか思ってたけど

それこそが、大きく関係してるんだなとしみじみ。


理砂せんせいのPBOQと、養生メルマガ&ツイートと、
夫のはげましと、そして今日もらったばかりの、
大好きなやつからの「I need you」と。
(残念ながら色恋方面じゃないよ)

そして東京にいまやっと見えてる晴れ間と。


いろんなものに助けられた、ありがとう。

まだろっ骨は痛いので、咳やくしゃみのたびに
銃撃された人みたいなリアクション取ってますけど(笑)
もう少し、自分の身体の声をしっかり聞いて、
いまここにある自然とリンクさせて、暮らしていきましょうっと。


(理砂せんせいの情報は→ ここにあります)


安心のペットボトル温灸
若林理砂
夜間飛行
売り上げランキング: 4,704


23時帰宅でつくる健康ごはん
若林 理砂
サンマーク出版
売り上げランキング: 114,637


はりめし―鍼より効くからだすっきりレシピ50
若林 理砂
しょういん
売り上げランキング: 117,686


冷え取りごはん うるおいごはん
若林 理砂
池田書店
売り上げランキング: 65,023


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:


私が本&メルマガともに愛読している
臨床家の若林理砂さんのメルマガからの抜粋記事。

「女の体を、脅すな《生理用ナプキンの真実》」


健やかになろうとする動きはもちろん悪いことじゃなくて、
何も考えないで過ごすより全然いいんだけど、
「化学は悪、自然であらねば害悪があなたに及ぶ」
という脅しまがいの健康法がちまたに溢れているのも事実。

それらはみんな、一見とても親切な顔をしているからこわい。


もちろんその自然な健康法が間違ってるというわけじゃなく、
布ナプキンのようにメリットもちゃんとあるのだけど、

「これをしてない人はこういうふうになる」
「昔の女の人はみんなこうできたのに今は…」
みたいな決めつけは、あんまり鵜呑みにしちゃいけないよなと確かに思うのだ。

(落語だの時代劇だのにハマッてつくづく分かるけど、
 昔の女の人の方がいまよりグッと薄着で冷える環境だよなー)


冷えとりとか子宮あたためとか足もみとか、
わたしもいろんな健康法の本を流行り的に読んでるけど
「これ、言いすぎちゃうんか(笑)」という部分は完全スルーして
自分にしっくりくる部分だけを拝借することにしてる。

いまちまたで評判の某おばあちゃんの食事の本には
「こんな乱れた食生活をしてるから、
 女が男まさりに外に働きに出たくなるんだ」
って堂々と書いてあってびっくりした(笑)


取捨選択のポイントは、
これじゃ明らかに暮らしにくいな、と思うものはスルーし、
何かをひどく攻撃している部分は疑ってかかる、という感じ。

読み終わったあと何となく「おっしゃ!」って元気になるか、
「うーむ大変…」と気が重くなるか、そこだと思う。


出産とか子育てについてもそういうのがたくさんありそうだな。

おのれが信じる道がはっきりあるひとは別にしても、
女性のみなさん、「自然」と「健康」は無理せず楽しみつつやるようにして、
あまり変に呪縛にはかからないようにしよう。ね。


いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

ハイサイ真冬雪の結晶


寒さが身にしみる今日この頃、
今までサボッていた分をすべて取り戻す勢いで運動している私ですが
外からだけでなく、中から「体温の高い女」になりたいと思っています。


だって体温が1℃下がると免疫力は40%下がるし、
35℃台はガン細胞がいちばん活発になる温度だというし!(((゜д゜;)))ギャー


というわけで
最近ヒットな「冬のからだあっためモノ」たちをご披露。



まずは私の数年来の定番「黒陽茶」。
黒米の玄米を一度発芽玄米にして特殊焙煎して微粉末化したもの。
長年の読者さんならブログに何度も出てきているのでご存知ですね。


広野ゆうなのフーテンひぐらし-こくようちゃ


これはずーっと変わりません。真夏以外は飲んでいます。
これで「悪そなヤツは大体退治」できると信じ込んでいるので
もはやおばあちゃんの言い伝え級に神扱いです。



広野ゆうなのフーテンひぐらし-金時しょうが

この黒陽茶にこれまた定番の「金時しょうが」の粉末を溶かして飲みます。
金時しょうがは辛味がキツいので「小指の先くらい」入れればいいと
書いてあるところを「ひとさし指の第一関節」くらいどっさり入れてる(笑)


朝晩、もしくは朝か晩飲んでいるので
またしてもこんな季節に鼻風邪ひとつひきやしません。

どちらも検索すればいろんなお店で売っているのでぜひ。




そして今年に入ってから毎日たくさん飲んでいるのが「ごぼう茶」です。


これ、実は「からだあたため」以外の動機で始めました。


皆さん覚えているでしょうか。数年前、テレビで
南雲クリニックの南雲医師が話題になったことを。
そして世の中にごぼう茶があふれ、飛ぶように売れたことを。


見た目30代にしか見えない南雲医師、実は56歳で、
その若返りの秘密は「ごぼう茶を毎日飲んでいる」からだと。


私も当時それに飛びついて、謎のサイトから謎のごぼう茶を
入手したのですが、なにせ出自が分からないのであまり飲みませんでした。


そして最近になって南雲さんの本が出ているのを発見して
ふたたびごぼう茶熱があがったという単なるミーハー根性です(笑)



広野ゆうなのフーテンひぐらし-なぐも本


本をよく読めば、南雲さんがお茶だけではなく食事の方法と内容を
かなりストイックにしているから、あれだけの激変をしたのだと分かります。


なのでごぼう茶は別に万能のくすりでも何でもないのですが、
香ばしい味が美味しいし、からだをあたためる作用も強いので
それでさらにアンチエイジングにもいいなら、と飲み始めました。


自分でごぼうを削って天日干しにし乾煎りする気力がないので
南雲さんがおすすめしているごぼう茶をポチリとしたわけです。


こちらのショップ で、国産ごぼう茶と、
つくば山崎農園のごぼう茶をゲット。

(サイトの方に問い合わせて、全て放射能検査をしているとの回答を頂きました)


広野ゆうなのフーテンひぐらし-ごぼう茶


カップで飲んだり、煮出してポットに入れたりして飲んでいますが、
香りもよくて大変美味しいです。我が家の冬の基本のお茶になりました。

茶がらもサラダに入れてぜんぶ食ってます!




そして数日前に届いたばかりでもうすっかり気に入ったのが「黒にんにく」。


広野ゆうなのフーテンひぐらし-黒にんにく


こちらもミーハーなもので、チョン・ダヨン女史が
にんにくの美容効果を幾度となくおすすめしていて、その中で
「黒にんにくがいいよ」とも言っていたので、ためしにと買ってみた次第。
サプリじゃつまんないので、そのままの黒にんにくが食べたいなーと。


青森産の「福地ホワイト六片」を使っているこちらのサイト で買いました。

爪を入れてみたら予想以上にふにゃっと柔らかくてビビりました。
熟成した真っ黒のにんにくの味はプルーンなどの干しフルーツに近い甘み。
最後にちょっとにんにくの香りがします。



広野ゆうなのフーテンひぐらし-中はこんな


これがウマーーーいのだ音譜
何個もばくばく食いそうになりましたが1個で我慢したよ。


「匂いの心配はありません」とありますが、

ゼロではないので接客業の方や着になる方は朝食べないほうが。




…それとこれに加えて私は「マカ」を毎日飲んでいます。
このマカについてはまた後日ブログにアップしますね。



ごぼう茶も黒にんにくもごく最近なのでそれのおかげではないですが、
以前は35℃台後半だった私の体温も、いまは36℃前半に落ち着いています。
冷え性が激しい方は、どれか試してみるといいですよーーー




それにしてもあたためというより
精がつくもんを多く摂取してる気がする私の明日はどっちだ


いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。