フーテンひぐらし

永遠の放課後。「お前そろそろ大人になれよ」な毎日。人生のテーマ曲は「ダイナマイトが百五十屯」@小林旭


テーマ:

 

1月あたりからずっと気になっていた暗闇ボクササイズ「b-monster」
先に流行っていた暗闇サイクリングはただ「どエラいつらそう…」とスルーしてたけど、筋トレもあってリアルなサンドバッグを叩けるのはつら楽しそうだな…と思ってた。

 

気になってる最大原因は、己のいまの身体。
フリーになってから歩くことが極端に減り、現在の体重が過去最高数値を叩き出しているのだ。ひいぃぃ!ジムは週2で通い続けてるし、行けばむちゃくちゃ動いてはいるんだけど、「もっとつらいものをやらねばこの数値は落とせないのでは…?」という危機感があり。

 

そしたら前職の同僚であるNちゃんが「わたしb-monsterの会員ですよ!」と言って無料でトライアルクーポンをくれることになり、背中を押されて「ならすぐ行こっと」と予約した。

 

場所は表参道。

 


 

入り口横には美しい天使の羽根のグラフィティ。これはね、真ん中に立ってお写真撮るとインスタ映えの一枚が完成なんだよ☆私はインスタやってないし自撮りする勇気なかったけど。

 

 

入り口は鉄の扉。入るハードルたけー。

 

 

中に入るとジャングルのようなお洒落インテリア…うーんリア充感すごい。受付の方は丁寧で優しい。トライアルだとウエア上下、お水、バンテージ、タオル、シューズ…何もかも無料で貸してくれる。自分で持ってゆくのは靴下と下着の替えとレッスン中のスポーツブラくらい。

 

会員さんは9割が女性。見た目20〜30代が多いかな。40代ぽい方もいます。しかしキレイめで美意識高そうな女子多し…!スポーツ用のレギンス一枚、上はブラトップ一枚でサマになってるスレンダーな女性もいて、ビビると同時に「通い続ければこうなるのかな」という期待もわく。

 

 

私は年齢のわりには体力があると自負しており、ジムのレッスンでも誰よりもたくさん動いてる自信があったのでデブッたとはいえ「つらいけど何とかいけるだろ」と内心思ってた。

 

レッスン前にトライアルの人向けにバンテージの巻き方やボクシングにおける数種の打ち方、防御の仕方などインストラクターが教えてくれる。(私が受けたインストラクターさんはso coolなイケメンでしたよ!)

 

 

レッスンスタート。
大音響のクラブ的ミュージックにのせて、最初はボクシングには関係なく、数種のジャンプやスクワットなどを繰り返す。あれ…?なんか私、開始5分でつらいんだけど…?
ボクササイズだから上半身メインかと思ったら、最初のトレーニングは下半身をがんがん動かす。自分の下半身の重さと鈍さを痛感する。息があっという間にあがる。
サンドバッグが40個以上並び、人もそれと同じだけいる。あっという間に人と自分の熱で暑くなる。密度が高く、あたりは暗い。そして自分が何をやらされるか全く未知。
多分慣れればもう少しだけ楽になるのかもしれないが(ジムでも何でも初めて体験する時や新曲をやる時、「不慣れ」というだけで格段に疲れる)、とにかく「鬼のようにつらい…!」と思った。

 

その後ミットをつけてサンドバッグを叩く。初体験なので、これはとても面白い。だけど面白がる肉体的精神的余裕はなく「うおらーー」と必死に叩く。言われた通りの型に気をつけていると、ウエストや肩まわり、脚もかなりつかっている実感がある。打ってない時はフットワーク(というかジャンプ)させられるし、かなりの全身運動だよな。そしてその合間にも腹筋やら足上げやらが入ってくるサーキットトレーニング仕様。ひたすら…つらみ!

 

(画像は借り物です)


軽々とこなす美人を「あのひとCIA構成員か何かかな…?」と思い、インストラクターには「この人わたしのこと殺す気なのかな…?」と恐怖を覚えてくる。だけど周囲をチラ見すると、みんな適度に休んでいたり回数やペースを落としていたりしてるので安心する(笑)だよね?同じようにはいきなり無理だよね?死ぬよね?

 

最後は「かたちを気にせずサンドバッグをひたすら自分の好きなように叩きまくれー!」って言われるので、脳内にロッキーのトレーニングシーンとBGMを思い浮かべ、ひたすらサンドバッグだけを見つめてパンチを打ち込む。そして45分が終了。

 

 

死んだ。魂抜けた。真っ白な灰になった。

試合もしてないのに。

 

何これ予想以上にハードじゃん!!!「45分で1000kcal消費」って謳い文句に「んなことあるかいなw」と笑っていたのに、もう笑えない。ある…ありうる…!
更衣室にはシャワーブースもずらりと並んでいるし、シャンプートリートメント完備。ドライヤーも最新イオンドライヤー、スキンケア用品もばっちり。しかしシャワー浴びて髪を洗い、乾かした後でも汗がひかない。全身まだまだ燃焼してる感ハンパない。これが「アフターバーン」てやつか…?

 

フラフラで帰り、家で体重計に乗ったら、朝よりも1kg減ってたwwww マジかwwww
(朝は空腹時に計り、昼ごはんがっつり食べているのに)

 

そしてマーと焼き鳥屋に行ったが、いつもなら「こんだけ動いたら絶対ビールがうまい!Yeah!」となるところ、燃え尽きすぎてビールが無理でレモンサワーしか飲めない体たらく。私としては異常事態。そしてこの時初めて私は体感で悟ったのである。ハードなトレーニングとパフォーマンスをしているEXILEの公式飲料がレモンサワーである理由を…。

 

 

レッスン中は「もぅマヂむり…」て思ってたのに気づいたらマンスリーメンバーに申し込んでた。いやーつらいけどさ、これを週に何度かやれば1ヶ月で身体が相当変わるでしょう。がんばるよ。がんばって5kg落とすよ。そして腹に縦線いれるよ!泪橋を逆に渡るよおっちゃん!

 

 

しかし気づいたことひとつ。
「暗闇」という設定は「クラブのようなカッコよさ」と「周りの人の目を気にせずできる」という理由でやってると思うのだけど、私は「人目など気にならないからインストラクターのお手本をはっきり見るため明るくして欲しい」と強く思った。そして「ああ鏡が欲しい…!」とも。
ダンスをやり続けてる性(さが)なのか、自分の姿(できている、できていない両方含め)をきちんと見たい。他の上手な人のことも見たい。インストラクターにもこちらを目視して欲しい。その3つがないとなかなかモチベーション上がらない人間なのだな私は。

 

とりあえず2ヶ月は続けるつもりですので、今後どう身体が変わるか(または挫折するかw)乞うご期待。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


ビフォアアフターを披露した私ですが、
食制限はもうしていないものの
その後もジム通いを続けています。

おかげで、さほどのリバウンドはなく、
まあまあいい感じで体型をキープ。
自分の中のエンジンが、コンスタントに回っている感じです。

いまは週3回、ダンス系のプログラムに通ってます。


週3回運動する習慣が定着するとですね、
比較的好きに飲み食いして「ああ…腹ぽっこり」
となっても、1、2日以内にすぐリカバーできるんです。
なので太ったりむくんだりしにくい、と実感しております。


ただし1回の運動量は1時間程度で、
死ぬほど汗かいてぜえぜえ息あがって
「マジつらい…」てなるくらいが必要ですが(笑)


EXILEの皆さま方をバラエティなどで拝見していると、
どうやらみんなすごい酒飲みらしいのだけど、
日ごろのトレーニングがものすごいキツそうなのと
1回やると2kgは落ちるというライブの苛酷さで
誰も腹など出ていないわけです。

集中的にやるダイエットは修行僧のようでも
本来、飲み食いが大好きな私としては日常は
「たくさん食ってたくさん動く」EXILE方式が向いています。

だから、ジムではいつも
「プロダンサー出身でスキルが非常に高いインストラクターさんと
同じくらい動く」そして「クラスで誰よりも大きく動く」を目標にしていますが
そうすると息が止まりそうになって信じられないくらいキツいのです。

激しすぎる運動は活性酸素を増やすというから、
もしかしたら美容的にはあまりよくないのかもしれない(笑)
でも、やりたいからしょうがない。


(もしあまり疲れないレベルの短時間の運動で身体を絞りたい
という人がいれば、15分を毎日やるなど、回数を増やすようにするか、
長期戦の構えでやるか、だと思います)



そしてジムやレッスンなど「どこかに通う」場合。
挫折せずに継続するでっかいポイントがあります。

①自宅または職場からものすごく近いこと。
 交通機関を使わずに行ける。徒歩10分以内だと最高。

②その都度お金を払うのではなく、月会費などで
 予めまとまったお金を払っていること。
 (できれば回数制限があること)


「通う」って、本当に面倒くさいんですよね。
「ああ…ギリギリ間に合わないかも…」とか
「急に雨降ってきちゃったな…」とか
「その後の予定に間に合うかな」とか
「なんとなーく今日だるい」とか
いろーんな億劫な理由がでてきます。

その時大事なのは「とにかく身体をそこへ運んでしまうこと」なので、
その行程が短ければ短いほど「とにかく行っちゃう」が安易になります。
面倒くささは、確実に距離に比例しますから。



そしてその時にエイヤと腰をあげる理由のもうひとつが
「だってもうお金払っちゃってるから、
今日行かねばムダになってしまう」(笑)


実はいま通ってるジムは、会社員時代は法人会員という
素晴らしいシステムがあったので、行くたびにその都度、
格安な1回の利用料を払えばよかったのです。

そうすると、行かなくても一銭もソンしませんから、
「飲み会が入ってしまった」「仕事が終わらん」「なんかだるい」
という理由で簡単に「今日やーめた」になり、それが習慣化して
数か月行かなくなるというのがしょっちゅうでした。

だけどフリーランスになって法人会員の恩恵がなくなり、
普通に高い月会費(通い放題ではなく、月◎回通えるコース)
払わなきゃいけなくなったら「この1回を逃すと、ソンする」わけです。

そしたら、その日に飲み会は入れないようにするし、
仕事終わってなくても行くし、なんかだるくても
うおらぁぁぁと無理やり行くようになりました(笑)


最初に多額の金を払ってヒリヒリしておく、というのは
継続のために必要なバインドかもしれません。



今後の目標は、ジムの他にもダンススタジオに通って、
週4~5回はコンスタントに運動することですが
何せスタジオは電車で通わねばならないからなあ。
面倒くさい(笑)




というわけで今からジム行ってきます。フリーズ


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

確定申告の用紙記入がやっと終わった広野ですこんにちは。

気づけばもう3月だよ。目鼻はかゆいんだけど、
今のとこ薬を飲まずに過ごせてるから、今度こそ俺、
「花粉症からの卒業」を歌ってもいいんじゃないか…?


さて、解放感があるのは確定申告のせいだけじゃありません。


わたくし年明けからずっとダイエットしてましてですね。

覚えているでしょうか。1/14のブログのラストにこう書きました。

「すでにライ○ップ風のビフォア写真は撮ったので、
 あとは腹筋割れたアフター写真を撮るだけだよ!」

毎年この時期のダイエットは恒例なのですが、
例年1~1ヶ月半で目標数値を達成していたはずが、
今回、歴代最高の重さからのスタートだったせいか
落ちない。笑けるほど落ちない。

食制限で落ちない。
週に4回も5回もジムに行き、
ゼイハアいうまで運動し倒しても落ちない。

え?何なんこれ?
45さいになるとこうなわけ?
あきらめろってこと?

私の場合、手持ちのパンツの上に
肉が乗るともうアウト、という基準なのですが、
肉が乗るどころかパンツもタイトスカートも、
腹が出過ぎて履けない。
ゴムで伸びるスウェット的なパンツか
ロングスカートしか履けなくなりまして。
結構、のっぴきならない感じに追い込まれました。


こうなるともう、人に会いたくないんですよね。鬱々としてきて。
「そんなになるまで飲み食いすんなよ」ってことなんだけど、
まあなぜか毎年そうなりますね(行事か)。

(※ちなみにこの基準と是非は、わたし個人が自分自身に対してのみ思うことです。

ヤセ至上主義でもないし、わたしとしてはふくよかな女性が大好きです、本当に)



でもあきらめるわけにはいかないんですよ。


年明けから愛する氣志團の全国ツアーが始まりまして。
それだけならまだしも、新曲にあわせたプロモーション企画が
GIG会場で開催され始めたんですね。

詳しくはまたブログでレポしようと思うんですけど、簡単に言うと
「メンバーとお好きなポーズで2ショット撮影ができるよ♪」
という企画なんです。



…ええ、あなたが氣志團に興味がないのは知ってます。
だったら想像してみてください。
斉藤工でもジャニーズの誰かでも西島秀俊でもいいです。

あなたの大好きな芸能人と、こちらがポーズ指定して
(つまり肩を組んでもらうのもくっつくもの自由)
一緒に写真が撮れる。


これやりたくないですか?


そしてこれやるなら、絶対に
「今はこんな自分が嫌い」って状態では撮りたくないよな??


というわけでデッドラインを
「初めて撮影会に参加する2/20厚木」に定め、
すでに断り続けていた酒席のお誘いをもう完全に
シャットアウトしました(友人の皆さん本当にごめんなさいでした)


で、ジムには通いつつ食制限しつつ、マッサージに通いました。
そしたら言われましたよ、

「セルライトが固まって冷えて、ガッチガチでほぐれません!」


そう。言わば溶けたロウが冷えてくっついて固まったようなもん。
そりゃ、多少動いたくらいじゃ落ちませんよな。

それで、もう担当のおねえさん完全に指骨折したよねってくらい、
ゴリゴリとほぐしてもらったら、翌日スコンと体重落ちるんです。
それを何度かやりました。

そしたら、グラフが下降線をたどり始めた!

で、2/20には無事「これなら白パンツ履けるぜ!」ってくらいになって
参加したんですけどね、ここからが不思議です。


「恋するとヤセる」って本当ですね…。

撮影会があまりにもキュンキュンしすぎて、
結局その後新宿、広島と合計3回も参加したんですけど、
氣志團GIGがあるたびに順調に落ちてくんですよ体重が。

「もう12年同じ奴らを好きだろ、何度恋に落ちてんだ落ち着けよ」

と自分に言い聞かせても無駄でした。
グラフ下降とまらない!


というわけで
今日現在、4.7kg落ちまして、
目標まであと0.3kgとなりました。

2ヶ月ちょいかかった。
長かった…。

腹まわり



しかし私の御本尊はEXILEのHIROさんなので、

この画像を見れば分かる通りまだまだ
くびれと腹筋の縦線が足りないですが、
ここらでライ○ップ風のビフォアアフターを
公開したいと思います。




あれ、アフター画像はヒールの靴履いて
身体斜めにねじっててとてもズルいんですが、
それを思い切りやってみました!すいません。


あの特徴的なBGMを脳内に流して、ご覧ください。




【ビフォア】腹と太もも、そして脇肉もやばい

ビフォア2

私の場合、ひじ下ひざ下にはあまり肉がつかなくて
腹と太ももにすべてが集約されるのですが
これ、腹回り80センチを軽くオーバーしています


【ビフォア】脇腹のふくらみがとんでもない


ビフォア1









【アフター】ヒールでズルしたぞ

アフター



「赤井英和55歳」に負けるわけにはいきません、45歳。


ていうかもう今度こそ、あんなに太らないようにするよ…。


(※ちなみに通ってたジムとはもちろん、ライザップのことじゃありません 笑)
AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:

もう完全に冬まっしぐら…コートの季節だなや。

わたしはe-クローゼットに冬アウターを(クリーニングののち)
預けっぱなしているので、11月下旬にそれら5、6着がどっと返却されてきます。

しかし振り返ればパンパンのクローゼット。
洋服はほとんど買わないタチのはずなのに、
どうも毎年スペースは埋まります。
しかも引き出しの中とかもカオスになっている。

というわけでこの時期は毎年、クローゼットの整理、
もとい断捨離を敢行するわけです。
今月の頭に積みあがった本タワーを整理し
ブックオフで2000円ほど儲けた(?)ので
先週末はクローゼットに取りかかりました。


何度も見直しをしてる上に服はあまり買わないので、
「あ、これいらないな」と即断できるものは正直もうないのです。
しかしここに入るだけしか持たない、と決めてるのでどれかを出さねばならぬ。
やましたひでこさんの「断捨離」の精神にのっとり心を鬼にします。

未来でも過去でもなく「いま」。
その視点で見ていくとあれですね。

洋服って「たまに」「いつか」がほとんどなんですね。

「これは…いつかヤセたらまた着れる」

「これは見た目がすごく気に入ってるんだけど、
 着ると肩幅がやたら目立つので毎回迷った末に着ない」

「この服ぜんぜん好きじゃないんだけど、こういう時に
 仕方なく着るものとして毎年使ってるな…」

そういうものを、どんどん排出していきます。心は鬼!
そして傷んで修復不可能なバッグも、ブランドものであろうと排出!

そしたら「これ以上捨てるものないだろう」と
思ってたはずなのに、70リットルのゴミ袋2つがパンパンに。
(※売れるものがある時は「トレファクスタイル」に売ります)



あとは、引き出しの中を徹底整理。

わたしは近藤麻恵さんの「人生がときめく片づけの魔法」
片付け方・たたみ方のルールを基本にしています。
これをもとにして「洋服は積むのではなく立てて収納」型
してからは、ごちゃごちゃ度合が本当に激減しました。

たたみかたたたみかた2



前にもここで紹介していますが、
「断捨離」と「片づけの魔法」は、本当に役に立ったハウツー本だなあと思います。


さあ、さっぱりした!


クローゼット



これでアウターが来ても、入れる余裕があります!

それにしても服は少なくすればするほど
「最終的にはこの半分以下で生活できるんじゃないか」と思います。
そのほうが、着回しとか小物づかいとかで工夫して大切に着そう。


部屋は心の中をあらわすといいますが、
特にクローゼットは女性の「女性的魅力」を司ってる
ところなんではないかとわたしは思います。
スタイルとか、健康とか、恋愛とか。

特に、クローゼットがごちゃごちゃだったり
パンパンだったりしてる時って確実に太ってるからね!自分が!

あまり着ない、もしくは全然好きじゃない服が詰まってると、
新しい服がやってくる機会も、新しい出会いが訪れる機会もなくなる。
そんなふうに思うのです。


さて、あとは身体のほうをスリムにするだけだぜ。
ああ、脂肪をちぎってゴミ袋に入れるか、胸にペタッと
貼りつけられたらどんなにいいだろう…。


新・片づけ術「断捨離」
やました ひでこ
マガジンハウス
売り上げランキング: 11,912




人生がときめく片づけの魔法
近藤 麻理恵
サンマーク出版
売り上げランキング: 333



フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質
ジェニファー・L・スコット
大和書房
売り上げランキング: 14


↑これはまだ読んだことないのですが、タイトルにそそられてます(笑)
 10着のみだったら、シンプルでいいだろうなー。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週は発熱&ウイルス性腸炎で数日間ろくにものが食えなかったがために、
正月からこっちまったくはかどっていなかったダイエットが、
目標体重まであと1kgという進捗を見せた。

いいんだか悪いんだかである。

ただ、せっかく減ったので、この際だからと
ダイエットモードの食生活をこのまま続けようかと思う。
(玄米、野菜中心、夜は炭水化物とらない、運動する)

それで分かることは、ひとはある程度まで身体が軽くならないと、
健康的な生活へのやる気は出ない、ということだ。


健康的にヤセたわけじゃないから無駄肉は残ってるしラインも美しくないから
あとは食生活と運動で整えるしかないのだが、数日間食べなかったことで
「何かお菓子とか油ものとかどんどん食べ続けてしまう」から
「そんなに食べなくてもいいんだった」のスイッチの切り替わりが行われた模様。

身体が重いとそこが麻痺したま、とにかく食の快楽を求め続ける。

常々、ジムにはなぜそ「本当にヤセたほうがいい体型」の人は
いないのだろうと不思議に思ってたけど、そういうことなんだ。

身体がずんと重くなると、先が遠すぎて、もうどうでもよくなるんだ。
目の前の食い物以外のことは。

どんなに周囲がマラソンに燃えようと、自然食に走ろうと、
それは全然自分に投影されてこない。それよりまず、
目の前の食べ物を楽しむことに逃げ込んで、日々が続く。


だからヤセなきゃいけないくらい重たいのに全くその気が起こらない人は、
最初は二泊三日で断食とかして、ある程度の成功体験を得るのがいいのかもしれない。

1度身体の中をからっぽにして、数キロ一気に減らして、
すこし軽くなった身体になったら「さあ~もっと健康になるぞ!」
というその後のやる気が起こるのかもしれないなと思った。

身体が軽いということは、心の軽さに直結する、ってことなんだ。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。