コンビニの総売上が百貨店売り上げを抜いたのは2010年頃。昨年には通販三社(Yahoo!、楽天、Amazon)にも抜かれました。

image

 さて、個人が自己破産するとき、特にこれと言ったデメリットはありません。

 

 唯一、クレジットカードが作れなくなる程度。

 

 でもクレジットカードがないとネット通販もできないしいろいろ困る…というところで対処方法がちゃんとあります。

 

1.デビットカードの活用

 口座にある残高の範囲でクレジットカードのようにつかえるカードです。預金残の範囲でカードを切れるわけですから与信は関係ありません。要するに審査はありません。

 

 楽天銀行のデビットカードなら楽天ポイントが付きますし、ジャパンネット銀行のVISAデビットカードはTカード一体型のものがあり、当然Tポイントがたまります。

 

 買い物の楽しみをすぐ取り戻せるわけです。

 

 銀行ごとに組み合わせが効くカード会社が決まっており、

 

 楽天JCB、道銀VISA、などさまざまなタイプのものが出ています。ただし、ポイント還元率や年会費の有無はバラバラです。比べてお使いになってください。

 

 これでネット通販も大丈夫です。

 

2.電子マネーの活用

 これも残高の範囲内で、ということになります。

 

 WAONならイオン各店の業態に応じ割引が受けられたり、ポイントが多くついたり。

 

 セブンイレブンのnanacoも侮れません。

 

3.LINEペイ

 LINEをやっている人ならパスワードを設定するだけですぐ使えるサービスです。

 

 これもプリペイド式であらかじめおカネをチャージしておきます。セブン銀行や北海道ならアインズアンドトルぺの店頭でチャージができます。

 

 飲み会の割り勘も一発。LINEアプリに入っているウォレットボタンから割り勘の対象となる相手を選んで金額を登録、おカネを集めることができます。

 

 相手がLINEをやっていれば、借りたおカネをちょっと返す、など自由自在です。

 

 LINEペイはチャージ、送金の手数料は無料、となります。

 

4.ETCカード

 これがちょっと曲者です。デビットカードでは対応できないから、です。

 

 デビットカードは先に書いたように、残高の範囲で支払う仕組みです。高速道路の出口でデビットカードを通したとき、もし「残高不足」になったら?そこで決済を中止して現金支払のブースに並びなおす?…もしも後続車がなければ、ですが。ということでデビットカードは使えずETCカードは基本クレジットカード機能を備えたもの、というシバリがあります。

 

  審査がないものとしては、ETCパーソナルカードがあります。これは高速6会社が設立しているカード会社でデポジット(保証金)を入れることで与信審査をしない、というものです。ただし、保証金の金額は1か月の使用額×4か月分。月5千円使う方で2万円を入れることになります。

 

 もう一つ、高速情報協同組合の法人ETCカードも審査がありません。保証金は1万円で比較的使いやすいカードです。名称は法人ETCカードですが個人事業主でも使えます。

 

5.そして…クラウド会計との連動も

 ここでご紹介したETCカード以外の各サービスはMFクラウド会計にデータ連動します。

 

 利便性の確保だけではなく、会計も楽になるんです。

 

 

 

 

 

【平成30年北海道胆振東部地震対策】

 

 

公庫の積極的な融資姿勢・トライするチャンス

 

セーフティネット保証4号の発動・北海道全域の中小企業が対象です/留意点は
 

緊急短期資金保証制度(胆振東部地震対策)

 

 震災対策のご相談、無料でお受けしています。

 

 メール parador.1988@gmail.com

 お電話 090-3394-8931

 

 にてコンタクトをお願いします。

 

 

☆兄弟ブログ「中小零細企業の事業再生・経営改善は自分でやる」 企業の立て直し、「自分で」やるには?ハンドブック形式でまとめています!

 

☆Youtube ビジネス経営雑学トークお悩み相談channel「事業再生出版」  ※おかげさまで総再生回数4万5千回を超えました!

 

 このブログは「事業再生ハンドブック」の体裁をとっています。平成28年9月25日から別に書きためたブログ記事を整理する形でまとめ始めました。

 

 サイドバーのテーマ一覧かこの目次ページをご覧になり、ご自分の興味のある記事からお読みください。

 

 随時このテーマ順にかかわらず記事をアップしていきますので日付順やカレンダーをもとにお読みになるとわかりづらいかもしれません。

 

 ご質問は、①それぞれのページにコメントしていただくか、②お問合せ用メール info@s-tp.jp、parador.1988@gmail.com、③ワイズコンサルティング直通電話 011-219-0591 090-3394-8931、④FAX 011-351-5763にてお願いします。(平成30年10月3日、連絡先を変更しています)

 

0.目次・このブログの使い方

  1. このブログの使い方と目次 (このページ)
  2. このブログの対象は (中小零細企業の経営者向けですが中小企業再生の基本的な考え方は規模の大きい会社にもあてはまります)
  3. なぜ零細企業にコンサルが必要か
  4. お問い合わせは (メールinfo@s-tp.jp、ファックス011-219-0592、ほか)

 

 1.メンタル維持・つらくなったら見て

  1. 再生には「愛と勇気、家計の維持」が必要 (アンパンマンのうたに学べ)
  2. 社長はつらいよ(社長のツライ気持ち、お察しします)
  3. 経営改善・事業再生のための「ひとこと」
  4. 経営に必勝法があるのか考えてみる
  5. なぜ経営でカンが当るのか・右脳と腸とカン
  6. おカネの苦労を考える (おカネは道具、おカネの奴隷になっていませんか)
  7. おカネの苦労、これで脱却しましょう。(まずは資料整理、現実の直視)
  8. 「どうしていいかわからない」ときは (パニックにならない、時間を無駄にしない、問題の解きほぐしを)
  9. おカネの苦労のゴールとは(リスケ合意はゴールではなく、スタート)

 

 2.なぜ「自分でやる」のか

  1.  あらゆるノウハウが急速に普及している (専門職はなくなっていく)
  2.  クラウド会計で業績をつかめ・再生も加速
  3.  HPも自力で作ってみる・SEO対策は 
  4.  クラウドサービスを使い倒せ 文房具系クラウド
  5.   トラブル発生は本人訴訟で
  6.  内容証明郵便、家から簡単に出せる
  7.  社長は孤独でひとりぼっち。でも独りで悩むメリットもある。
  8. 「訴えてやる!」…自分で訴えるその前に

 3.自己診断編

  1. 苦しいにもいろいろある・日繰り表で見える化する
  2. カネはどこで食われているのか・収支表であぶりだせ
  3. 銀行の思考回路を読む・決算数値を並べてみる
  4. 12か月移動合計が威力を発揮する
  5. 12か月移動合計の応用編・ここまでトレンドがわか
  6. 分けろ・砕け・はぐれ
  7. 改善計画の三角と四角
  8. 会計の立て直し、修正申告、12か月移動合計によるチェック

 

 4.借りられる?資金調達について

  1. 売掛金担保融資にはおおまかに2種類ある・少額多数の売掛先があるとき、優良な売掛先が少しあるとき
  2. ファクタリング・売掛金を先に現金化
  3. クラウドファンディング加速・夢を形に
  4. 少人数私募債
  5. 法人クレジットカードを侮るな・資金繰りにじんわり効いてくる
  6. 銀行から借りられるか?過去のピークを確認せよ
  7. 事業再生ファンドとは
  8. 変わる銀行の融資姿勢・リスケするなら貸しますよ

 5.リスケジュールについて

  1. リスケジュールの歴史と本質
  2. リスケジュールの方が破たんされるよりずっといい
  3. リスケジュールに必要な条件、必要なもの
  4. 粉飾決算があるときのリスケジュール・金融機関の見方は 
  5. 金融機関がリスケに応じないとき
  6. リスケを維持できなかったとき何が起きるか

 

 6.税金と社会保険料は?

 

  1. .税金がたまり始めたら再生を考えよう
  2. .税金、社会保険料がコワイ理由
  3. .税金などの徴収側とどう接するか
  4. 税金などの分納の方法と「換価猶予処分」

 

 

 7.本当に銀行に返せなくなったとき

  1. 本当に返せなくなったときにはどうなるか(リスケ後利息も払えないとき)
  2. 期限の利益喪失とは・この用語だけは押さえて!
  3. 期限の利益喪失とは・もうちょっと詳しく
  4. 代位弁済とは・保証協会に債権が移ること
  5. 期限の利益喪失しても代位弁済になっても経営続行可能なときがある
  6. そのとき銀行の抵当権があるとどうなるのか
  7. そのとき連帯保証はどう取り扱われるのか
  8. 金融機関によって回収姿勢は違う・いきはよいよい帰りは…

 8.倒産とは/倒産を経験するとは?

  1. 「倒産」とは何か?実ははっきりしない「倒産の定義」
  2. 経営者にとって倒産とは、「倒産後」のことである
  3. あなたには倒産する権利がある

 9.法的整理と私的整理

 

  1. 法定期整理と私的整理の違い

 

 10.債務免除までの遠い道のり

  1. 借金をチャラに…できれば
  2. 債務カットといえば民事再生法、そのツボは

 11.連帯保証をどうするか

  1. そもそも連帯保証とは何か
  2. 税金などと経営者の連帯保証債務の関係は
  3. 破産したらクレジットカードが持てない!これをどうするか

 

 12.経営者保証ガイドライン!

  1. .経営者保証ガイドラインとは
  2. 経営者保証ガイドラインによる連帯保証はずし
  3. 経営者保証ガイドライン「単独型」とは

 

 13. 金融庁が求める金融機関経営

  1. 衝撃の一書「捨てられる銀行」 (金融庁が考える「あるべき地方金融機関の姿)
  2. 「金融エリートの没落」の衝撃 (FinTechで金融機関の大半の職種がなくなる。そのとき銀行は?融資審査は?)

 

 14.やってみようコストカット

  1. たちあがり創業資金の考え方
  2. コストカットの考え方・削ればいいというものではない
  3. 起業の際、重装備をしなくて済むようになってきた・複合機編
  4. 通信費(ソフトバンク編)・余分なオプション対策
  5. 車両費
 15. 中小企業の抱えるリスク
 
  1. コワいパワハラ
 

 16. 事業承継問題

  1. 事業承継、問題はここに
  2. 事業承継税制、大幅緩和へ

 

 17. 家族信託で事業承継を

 

  18.M&Aの使い方

  1. M&Aと事業再生・事業承継

 

  19.社長の家計を見直せ・家計の安定があってこそ

  1. 生計費分析・これもインターネットバンキングとクラウドで
  2. ライフプランを書いてみる・将来の支出の様子は?
  3. 事業再生と社長の生計
  4. 大きな問題・教育費
 20.事業再生のパラドクス
  1. 社長は働いてはいけない 社長は体より頭を動かせ
  2. 倒産が再生の基本 常に「破産したらどうなる」「破産よりよい着地は」を考えよ
  3. 社長は必ず失敗する? 社長に扱えるおカネの単位には上限がある
 

  21.コラム

  1. 野球と事業再生(日本ハム平成28年の大逆転優勝と中小企業経営に共通するんもの)
  2. 将棋と事業再生
  3. シン・ゴジラと事業再生(経営は理不尽なことに満ちている)
  4. 「一周回って」というお話2題(差押、純資産)
  5. 業績を落とす社長の共通点と解決…!

付録.用語集

 

「がんばれ経営者!ひとりでもできる事業再生ノウハウ」

「できる、できるよ。必ずできる」

 

>目次へ

>用語集へ

 

 

 

 

 

 事業再生に向かう同機は「おカネがしんどくなってきたから」。

 

 毎月資金不足が続く恐怖は経営者しかわからないものです。

 

 このブログの対象は、中小企業経営者、個人事業主、を想定しています。

 

 事業再生の基本は同じですのでこのブログに書いてあるものは中規模以上の会社にも応用できると思いますが、なぜ「中小企業経営者」「個人事業主」としているか、というとこれらの人たちはなかなかコンサルティングを受ける機会がないからです。

 

 私は札幌で中小企業再生を10年以上やってきました。

 

 その間、中小企業再生は大きく変わりました。新手法の紹介などはその時々に書いてきた、「帽子かぶったコンサルタント - 札幌で中小企業再生に取り組む、認定事業再生士のブログ」をご参照ください。

 

 このブログでは項目別にそれらを並べ替え、最新情報に入替え、どこからでも、ご自分の必要な項目を読めるようにしました。

 

 ブログを10年書いてきて、アメブロも進歩しました。タグ付け機能も増えましたので読みやすい、検索しやすいブログにしたいと思います。

 

 事業再生は基本、ひとりで黙々と取り組む仕事です。しかし、たいていの方は初めて経験すること。その経営者の不安にすこしでも手がかりを提供できれば、と思います。