カインの冒険日記

カインの冒険日記

ページをめくれば、そこには物語がある。

      読むドラゴンクエストの世界へようこそ。


ようこそ、カインの冒険日記へ!



ただいまドラクエ8(3DS)の冒険中


登場人物
カイン……主人公。口数の少ない優男。元王宮兵士
ヤンガス……元山賊。カインをアニキと呼ぶ
ゼシカ……元アルバート家令嬢。猪突猛進
ククール……元マイエラ聖堂騎士団。キザ男
トロデ王……亡国の国王。呪いで魔物の姿にされている
ミーティア姫……トロデ王の娘。呪いで馬の姿にさせられている
トーポ……ネズミ


ハワード……リブルアーチの呪術師
チェルス……ハワードの使用人
レオパルド……ハワードの愛犬
ライドン……クランバートル家の彫刻家
リーザス……クランバートル家からアルバート家に嫁いだ賢者。故人
サーベルト……ゼシカの兄。故人
アローザ……ゼシカの母
クーパス……古の七賢者のひとり。故人
ドルマゲス……悪の魔法使い。トロデ王に呪いをかけた道化師。故人



目次
1話:トラペッタ
2話:ルイネロの水晶
3話:リーザス
4話:リーザス像の塔
5話:港町ポルトリンク
6話:海を越えて
7話:宿場町ドニ
8話:マイエラ修道院
9話:オディロ院長襲撃容疑
10話:院長殺害事件
11話:アスカンタ
12話:イシュマウリ
13話:パルミド
14話:女盗賊ゲルダ
15話:陸の古代船
16話:トロデ―ン
17話:月影のハープ
18話:ベルガラック
19話:ラパンハウス
20話:サザンビーク
21話:アルゴンハート
22話:太陽の鏡
23話:ドルマゲス
24話:リブルアーチ
25話:ライドンの塔





過去作品
ドラクエ6冒険日記(DS版)
ドラクエ4冒険日記(DS版)
ドラクエ5冒険日記(DS版)
ドラクエ3冒険日記(WiiFC版)
ドラクエ1冒険日記(WiiFC版)
小説ドラクエ10
ドラクエ2冒険日記(WiiFC版)





どうぞ、

ページをめくって、読む冒険へとお進みください。




※コメントにはなるべくお返事しようと思っていますが、
感想のないコメントにはお返事できないかもしれないのでご了承くださいねm(_ _)m



テーマ:

登場人物
カイン……主人公。口数の少ない優男。元王宮兵士
ヤンガス……元山賊。カインをアニキと呼ぶ
ゼシカ……元アルバート家令嬢。猪突猛進
ククール……元マイエラ聖堂騎士団。キザ男
トロデ王……亡国の国王。呪いで魔物の姿にされている
ミーティア姫……トロデ王の娘。呪いで馬の姿にさせられている
トーポ……ネズミ


ハワード……リブルアーチの呪術師
チェルス……ハワードの使用人
レオパルド……ハワードの愛犬
ライドン……クランバートル家の彫刻家
リーザス……クランバートル家からアルバート家に嫁いだ賢者。故人
サーベルト……ゼシカの兄。故人
アローザ……ゼシカの母
クーパス……古の七賢者のひとり。故人
ドルマゲス……悪の魔法使い。トロデ王に呪いをかけた道化師。故人

 

 

 

ライドンの塔、というのは、
クランバートル家に彫刻の才を持って生まれてきた男、ライドンが、
生涯をかけて建設している塔である。
なぜ塔を作るのか。
その目的は、
登山家と似ているようでもあり、真逆でもある。
「そこに山があるから」
山に登る理由を問われた登山家は、
そう答えると言うが、
逆に、山の作り手がいたとしたら、
その山作りの理由は、
「そこに登山家がいるから」
と答えるのだろうか。
ライドンという男が塔を作る理由は、
まさにこれであった。
「塔に登る者がいるから」
塔に登る者と、塔を作る者は、
つまり最強の矛と盾のような関係であり、
どんな塔でも登る者がいれば、
誰にも登れない塔があってもよいはずだ、とライドンは考え、
それを今、実現しようとしている最中である。
あるいは、
そろそろ実現できたと感じていた頃だったかもしれない。
しかし、それが実現できていなかったことを教えてくれたのは、
カインであった。

ここまで数十年かけて塔を作ってきたライドンは、
その最上階にカインが現れたとき、
ただただ笑うしかなかった。
「お前みたいな青二才に制覇されるってことは、この塔もまだまだ低すぎるってこったな!」
しかし、これは、
ライドンにとって喜ばしいことでもあった。
誰にも登れない塔を作ったとしても、
本当に誰も登ろうとしなければ、
作った甲斐がないのだ。
前人未踏である理由は、
挑戦者がいなかったという理由ではなく、
数多の挑戦者を退けたという理由でなければならない。
だからライドンは、
「やい小僧!気に入ったぞ!」
と挑戦者であるカインを歓迎した。

カインは、
クラン・スピネルという宝石を譲り受けるために、
この塔を登ってライドンに会いに来たのだと言った。
ライドンは、カインのことを気に入っていたし、
譲り渡すことを拒否する気はなかった。
しかし、実際のところ、
ライドン自身、クラン・スピネルを見たことがない。
何代も前の先祖が、
自分の作った生涯最高の出来の石像に、
クラン・スピネルを埋め込んだという話が、
クランバートル家に伝わっているだけである。
カインによると、
リブルアーチのハワードに頼まれて家宝を譲り受けに来たという。
ライドンは、以前ハワードから、
直接そのような話をされたこともあったが、
「ちょっと何言ってるかわからない」
と思い、相手にせずに断ったりもした。
自分も見たことがないほどの古い時代から家にはないのに、
ハワードがなぜその存在を知っているのか、
そして知っているわりに、
いまだにクランバートル家にあると、なぜ思っているのか、
ライドンは不思議にも思ったものだが、
ともかくカインに、自分の知り得る限りの情報を伝えた。
ライドンが知っていることと言えば、
その生涯最高の出来の石像を作った者が、
リーザス・クランバートルという名の女であったことぐらいである。
ライドンが、もう少し世界の歴史と地理に興味を持っていたら、
自分の先祖の名と同じ名前の村が存在することに、
気付くこともあったかもしれないが、
彼は彫刻以外のことには、とても疎かったし、
彫刻のことには命を懸けていた。
であったので、
その情報に満足してカインたちが去った後、
すぐに塔作りを再開することになる。
「青二才に塔を制覇されたとあっては、まだ帰るわけにはいかん。この塔をもっと高くするのだ」
そうしてライドンは、
天空を目指して塔を伸ばしていく。



彫刻家ライドンに情報を得たカインたちの行き先は、
言うまでもなくリーザス像の塔だった。
そして、そこにあるリーザス像は、
はじめてカインが見たときのまま、
両目に美しい宝石がはめ込まれている。
その両目をはじめて見たときから、
神秘なる輝きをカインは感じていたが、
これがクラン・スピネルだったとわかった今となっては、
ただただ納得するばかりである。
思えばこの像には、
ずいぶんと因縁があるようにカインは思う。
はじめてゼシカと会ったのもここだった。
あのときゼシカは、
カインのことをサーベルトの仇のだと言い、
炎の呪文を乱発してきたものである。
しかし、その呪文はカインには命中せず、
このリーザス像に直撃した。
リーザス像の中からサーベルトの声がしたときには、
像がしゃべったのかとカインは思ったものだが、
今思えば、サーベルトの魂が像に滞在できたのも、
クラン・スピネルの魔力があってのことだっただろう。
そしてもうひとつ、重要な要素が、
リーザス像にはあった。
リーザス・クランバートルは、
サーベルト・アルバートの、
血の繋がった先祖だったのである。

クラン・スピネルを譲り受けに来たカインたちに、
リーザス像は語りかけた。
「私はリーザス。遥か遠き昔に生き、この像を生み出した者です」
リーザス像は、カインに、
歴史のはざまに忘れられた賢者の血の話をした。
伝説の七賢者のひとり、クランバートルという賢者の血筋の話を。
かつてクランバートル家は賢者の血を引く家系であったが、
今はすでに賢者の血を持たず、
ただ彫刻の才能を持つのみとなっている。
時の賢者の血の継承者であるリーザス・クランバートルが、
クランバートル家から出て、嫁いでしまったからである。
そして、その嫁ぎ先が、アルバート家。
すなわち、ゼシカの生家だった。
こうして賢者の血筋は、
クランバートル家からアルバート家へと移ったが、
その血も結局は途絶えてしまった。
継承者であるサーベルト・アルバートが、
すでにドルマゲスによって殺害されてしまっているからだ。
クランバートル家からアルバート家に受け継がれた賢者の血は、
カインの与り知らぬところで失われていたのである。
リーザス像はそれを嘆く素振りも見せたが、
それでも最後の希望はまだ失っていなかった。
「賢者の血は途絶えてしまいましたが、アルバート家の血筋はまだ絶えてはいません」
アルバートの血筋を持つ最後のひとり、
それはつまりゼシカのことである。
ゼシカの母アローザは、
アルバート家に嫁いできた身であり、
アルバートの血筋ではないのである。
父が逝って兄が斃れ、
今やゼシカ・アルバートただひとりが、
リーザス・クランバートルの血を引きし者なのだ。
そのゼシカにかつて、
呪文を乱発されたことに一言も文句を言うことなく、
リーザス像は、
「ゼシカのことをよろしく頼みましたよ」
とだけ言い、
自分の両目から、赤く輝く2つ宝石を取り出し、
カインに譲り渡したのだった。



このようにしてクラン・スピネルを手に入れたカインが、
リブルアーチに戻った時、
ハワードが、使用人のチェルスを怒鳴り散らす場面に出くわした。
「このクズめが!どこの馬の骨とも知れんお前を雇い入れた恩を、きさまは仇で返すのか!」
そう罵られ、
「めっそうもございません!」
と頭を下げるチェルスがそこにいた。
チェルスが、ハワードの愛犬レオパルドに、
餌をやる時間が遅れただとか、
レオパルドを呼び捨てにしただとか、
ハワードは難癖をつけ、
何を怒られているかもわからずにチェルスは、
犬に対して「レオパルド様」と頭を下げた。
その一部始終を見ていた兵士は、
「レオパルドに自分が吠えられたハワード様の八つ当たりだ」
と目を伏せた。

「あのチェルスの顔を見ていると、なぜだかわからんが、腹が立って仕方がないんじゃ」
ハワードは、自分でも理解のできない感情を抱き、
その上で、
「なのに、不思議とクビにしようと思えん」
と、自分でも理解のできない行動をとっていた。
チェルスが死ぬまでいびり倒したいのだろう、と、
ハワードは自分の深層心理を推察していたが、
遥か昔の、ある祖先のまじないのせいだとは、
ハワード本人も気付いていなかった。
そんなハワードの依頼どおりに、
カインがクラン・スピネルを手渡すと、
「これさえあれば、強力な結界を容易に作れる。杖使い女なぞ、もはや恐れるものではないわい!」
とハワードは高らかに笑い、
「お前さんも大呪術師の役に立てて嬉しいじゃろう。よし、ついでに、杖使い女が来るまで、屋敷の衛兵として雇ってやろう」
と、相変わらずの態度でふんぞり返る。
その新しい仕事に対し、
カインも一度は丁重に断ってみたのだが、
「奥ゆかしい男じゃ。遠慮などせんでもいいぞ。お前さんは今からハワード邸の衛兵じゃ」
と、断っているにもかかわらず、
結局は衛兵にされてしまったようである。
「さっそく仕事を与えてやろう。資料室から『世界結界全集』という本を探してくるのじゃ」
ハワードは続けざまにカインにそう言い渡し、
断る隙も与えられない優男は、
引き受けたつもりもない仕事をすることになった。

しかし、
あるいは、それで良かったのかもしれなかった。
というのも、
その資料室に、
七賢者のひとり、大呪術師クーパスに関する資料が、
収められていたからである。
その本を見つけたカインは、
『世界結界全集』を探すという仕事を放り出し、
無心に読み進めた。
大呪術師クーパスは、いずれ世界に魔のチカラが蘇ることを察し、
そのときのために、自分の賢者の血筋を隠すことを考えたという。
大呪術師としてのチカラが、
自分こそが賢者の血筋であると示してしまうことを恐れて、
呪術のチカラを、ハワード一族に渡したのだという。
彫刻家の賢者クランバートルが、
彫刻の才能と賢者の血筋を
クランバートル家とアルバート家に分けたように、
呪術師クーパスは、
呪術のチカラと賢者の血筋を
ハワード一族とクーパス一族に、
意図して分割したのである。
そのときのハワード家の当主は、
クーパスから呪術のチカラを託されると同時に、
自分の一族に因縁のまじないをかけたという。
時が流れて、人の記憶が薄れゆくとも、
魔のチカラが迫るときには、
クーパスの末裔とハワード一族が導かれ出会うという、
それが因縁のまじないであった。
ハワード一族は、
命を賭してクーパスの末裔を守ることを、
そのときの当主は願っていたのである。

この本を読み、
カインには何かがわかったような気がした。
嫌な予感もしていた。
なぜかこの町で行き倒れてしまったチェルスと、
なぜかそのチェルスを雇い入れてしまったハワード。
チェルスのことを明らかに嫌悪しているのにもかかわらず、
屋敷から追い出すことをハワードはしようとしない。
これがつまり、
因縁のまじないなのではないのだろうか。
そして、
ハワードの先祖は、
命を賭してクーパスの末裔を守ることを願っているのに、
一方の当代のハワードは、
クーパスの末裔かもしれないチェルスをないがしろにし、
逆にチェルスのほうがハワードを命懸けで守ろうとしている。
カインは胸騒ぎがしてならなかった。

カインは急いで本を閉じ、
すぐ隣にあった『世界結界全集』を手に取り、
ハワードのもとへと急ぐ。
そしてそんなタイミングで、
ゼシカが2度目の襲撃をしてくることになる。
急いで全集から結界のレシピを読み解いたハワードが、
「この結界が完成するまで時間を稼ぐのじゃ!」
とカインに言うが、
そもそもハワードを護衛するのが正しいのかどうか、
カインは考えずにはいられない。
屋敷の外では、ゼシカにチェルスが立ちはだかり、
屋敷の中では、ハワードが結界作成を急ぐ。
この状況、
屋敷の外でこそ、歴史が動こうとしているように、
カインには思われた。
カインは屋敷を飛び出て、
チェルスのもとに急いだ。


ゼシカを迎え撃たねばならない。
が、そんな状況であっても、
信心深いカインは、教会でお祈りすることを忘れない。



カイン:レベル31、リブルアーチ
プレイ時間:48時間24分

 

 

続く

 

前に戻る】 

 

はじめから読む

 

 

ドラクエブログランキング


【ドラクエブログ相互読者希望】
読者登録してね