カインの冒険日記

ページをめくれば、そこには物語がある。

      読むドラゴンクエストの世界へようこそ。


ようこそ、カインの冒険日記へ!



ただいまドラクエ8(3DS)の冒険中


登場人物
カイン……主人公。口数の少ない優男。元王宮兵士
ヤンガス……元山賊。カインをアニキと呼ぶ
ゼシカ……元アルバート家令嬢。猪突猛進
ククール……元マイエラ聖堂騎士団。キザ男
トロデ王……亡国の国王。呪いで魔物の姿にされている
ミーティア姫……トロデ王の娘。呪いで馬の姿にさせられている
トーポ……ネズミ


酔いどれキント……犯人
ゲルダ……女盗賊
ドルマゲス……悪の魔法使い。トロデ王に呪いをかけた道化師



目次
1話:トラペッタ
2話:ルイネロの水晶
3話:リーザス
4話:リーザス像の塔
5話:港町ポルトリンク
6話:海を越えて
7話:宿場町ドニ
8話:マイエラ修道院
9話:オディロ院長襲撃容疑
10話:院長殺害事件
11話:アスカンタ
12話:イシュマウリ
13話:パルミド
14話:女盗賊ゲルダ





過去作品
ドラクエ6冒険日記(DS版)
ドラクエ4冒険日記(DS版)
ドラクエ5冒険日記(DS版)
ドラクエ3冒険日記(WiiFC版)
ドラクエ1冒険日記(WiiFC版)
小説ドラクエ10
ドラクエ2冒険日記(WiiFC版)





どうぞ、

ページをめくって、読む冒険へとお進みください。




※コメントにはなるべくお返事しようと思っていますが、
感想のないコメントにはお返事できないかもしれないのでご了承くださいねm(_ _)m



テーマ:

登場人物
カイン……主人公。口数の少ない優男。元王宮兵士
ヤンガス……元山賊。カインをアニキと呼ぶ
ゼシカ……元アルバート家令嬢。猪突猛進
ククール……元マイエラ聖堂騎士団。キザ男
トロデ王……亡国の国王。呪いで魔物の姿にされている
ミーティア姫……トロデ王の娘。呪いで馬の姿にさせられている
トーポ……ネズミ


酔いどれキント……犯人
ゲルダ……女盗賊
ドルマゲス……悪の魔法使い。トロデ王に呪いをかけた道化師

 

 

 

カインは、
ミーティア姫を助けるために、
闇商人から馬車を買ったという、
ゲルダという女盗賊を訪ねることになった。


カインたちがゲルダの館に着いたとき、
館の女主人は、揺り椅子を漕ぎながら、
頬杖をついて来訪者を冷たい目で眺めていた。
カインは緊張の面持ちで彼女に目を向けた。
堅気のカインでも、
こういう場所に来れば、
手の内を拝ませねばならない。
カインはさっそく、
部屋にあったツボを女主人の目の前で割り、
出てきた小さなメダルを自分の道具袋に入れた。
盗みの手口を示して見せたのである。
盗賊流の挨拶だ。

しかしゲルダは、
何の興味もなさそうな顔をしている。
どうやら、
手口を見せるのが足りないということなのだろう。
引き続き、
カインは隣にあるゲルダの寝室へと入り、
タンスからヘアバンドを盗み取り、
またゲルダの前に戻った。
ゲルダの表情が、
多少は興味深げになったように見えた。
合格だ、
ということなのだろう。

そこでヤンガスが交渉に入った。
馬車を譲ってくれ、好きな金額を出す、
とヤンガスは太っ腹な取引を持ち掛けた。
カインが盗んだ小さなメダルとヘアバンド代も、
好きなように吹っかけてくれ、
という意味である。
しかし、そんな有利な取引にも、
ゲルダは乗っては来なかった。
「本当にいいモノは手元に置いときたくなる性分なのさ。いくら金を積まれても譲れないね」
よほど気に入ったのか、
ゲルダは馬を手放そうとはしなかったが、
しかし、その目利きは、
カインには好ましいものだった。
たったの1000ゴールドで売ってしまったキントと違い、
この女盗賊はモノの価値がわかる人物だ、
とカインは好意を抱いた。

とはいえ、
カインのほうでも、
いくら金を積まれても譲れないのは同じであるし、
そもそも、
金を積まれて譲るか譲らないか、
という選択肢を与えられる立場にもカインはいない。
カインは、
トロデ王とミーティア姫に仕える、
単なる一従者に過ぎない立場なのである。

しかし、
単なる一従者であっても、
その主君の身内であるミーティア姫を
何が何でも取り戻さねばならないのは、
言うまでもないことである。
ましてヤンガスは、
そのカインの従者ということであるのだから、
いくらゲルダが素っ気なかろうと、
簡単に引き下がるわけにもいかない。
ヤンガスの粘り強い交渉に、
やがてゲルダは、
「北の洞窟の『ビーナスの涙』を取ってくれば、馬のことも考えてやる」
と一歩を譲るに至った。


『ビーナスの涙』というのは、
世界に名だたる宝石のひとつで、
それを巡って、
ヤンガスとゲルダには、
若かりし思い出があった。
若いヤンガス少年は、
ゲルダに憧れを持ち、
その心を射止めようと、
ビーナスの涙をプレゼントする、と約束し、
かつて北の洞窟に忍び入ったことがあった。
しかし想いを実らせるには至らなかった。
洞窟のトラップに阻まれ、
ビーナスの涙に辿り着くことができず、
怪我をして逃げ帰ったのだった。
ヤンガスからすれば、
少年時代のほろ苦い思い出でもあったのだが、
しかしゲルダは再び、
ヤンガスにそれを命じているのだ。
「蛇のようにしつこい女でがす」
というヤンガスの言葉が本心なのか照れ隠しなのか、
カインはそこまで踏み込もうとは思わなかった。


ビーナスの涙を手に入れることは、
今のカインたちにとって、
それほど困難なことではなかった。
幼かったヤンガス少年には不可能であったことも、
成長した彼自身とカインに加え、
魔法使いの卵だと自称するゼシカと、
修道院を追い出された生臭坊主のククールがいるのだから、
少々足手まといの魔物ふうの主君が同行しているとはいえ、
かつての轍を踏むこともなかった。


宝石を持ち帰ると、
ヤンガスはそれをゲルダに渡した。
「約束どおり、馬を返してくれ」
ヤンガスが言うと、
ゲルダは白々しく、
「そんな約束したかねぇ」
と、とぼけてみせた。
「確かビーナスの涙を取ってくれば、馬のことも考えてやる、と約束したね。約束どおり、今考えたよ。やっぱり馬は返せないね」
とゲルダは、
ビーナスの涙のほうをヤンガスに戻した。
「そんな屁理屈を!約束を守らないでがすか!」
とヤンガスは声を荒げた。
「約束?……約束と言えば」
ゲルダも黙ってはいない。
「昔、この宝石をくれると約束したような気がするねぇ。自分だって約束破っといてよく言うよ」
女主人はそう言って、
ヤンガスたちを追い払おうとした。
しかし、
ヤンガスは引き下がらなかった。
「確かに、あの時のことは悪かった」
と頭を下げ、
「頼む。返してくれ」
と膝をついて床に頭を付けた。

ヤンガスが、
そこまでやるとは思わなかったのだろう、
ゲルダは戸惑いを隠せない様子だった。


ゲルダは実のところ、
カインたちに馬車を返してやる気積もりでいた。
彼女は彼女なりに、
幼いヤンガス少年に思うところがあり、
かつてのビーナスの涙の約束にも、
心を弾ませたものだった。
しかし、
その約束を守らぬばかりか、
いつの間にか姿を消したヤンガスに対して、
ゲルダはあの頃のように、
無邪気に接することはできなくなっていたのである。
ヤンガスの頼みであれば助けたいが、
都合の良い女と思われたくはない。
そんな気持ちも湧き出して、
少し困らせてやろう、
という心情になっていたのだった。

そんな中で、
仲間のために土下座をするヤンガスを目の当たりにし、
ゲルダは自分の行いを恥ずかしく思ったのである。
「大の男が簡単に頭なんか下げるもんじゃないよ」
ゲルダがそう言ったのは、
「ごめんなさい」
と言えない女心ゆえであっただろう。
ヤンガスが、
「昔のことなんて知らねえでがす」
とでも言おうものなら、
「アンタの恥ずかしい過去でもしゃべっちまおうかね!」
と逆に集中論撃を食わせて撃沈させてやるつもりだったが、
殊勝なヤンガスの姿を見せられては、
過去にこだわっていたのは自分のほうだと気付かされ、
器の小ささを自覚させられてしまったのだ。

最近では、
盗賊として名が上がってきているだけに、
ゲルダも懐の深さを見せなければならなかった。
「あの馬のことは、好きにすればいいさ」
闇商人に支払った代金のことは、
この際言わないでおくことにした。
「その代わり、ビーナスの涙はやっぱりもらっておくよ。それが約束だったんだからね」
もちろん、
闇商人に払った代金よりも、
ビーナスの涙のほうが高価ではあったが、
今やこの宝石には、値段を付けられない価値がある。
少年少女の夢が、
大人になってから叶った証拠品なのである。
もっとも、
そのことをわざわざ口に出して言うゲルダでもなかった。


かくしてミーティア姫はカインたちの元へと戻ってきた。
「もうお前を残して飲みに行ったりしない」
とトロデ王は涙を流していたが、
そんなことより、
ちゃんと餌を与えることのほうが、
よほど重要だとカインは思っている。
ミーティアが連れ去られたのは、
トロデが目を離したこととは無関係で、
実際はニンジン欲しさであったのだ、
というのがカインの考えである。


カインたちがパルミドにやってきたのは、
ヤンガスの知る優秀な情報屋を訪ねるためであったが、
その間にひと騒動あったので、
本来の目的を完遂できたのは、
ずいぶんと日が経った後であった。
長らく家を留守にしていた情報屋は、
オディロ院長殺害犯の道化師の情報も知っていた。
ドルマゲスは、
また海の上を歩いて、
西の大陸へと向かったという。

また別の大陸に行ったというドルマゲスを追うには、
海の上を歩ける術か、船か、
いずれかが必要であるが、
情報屋は古代の魔法船の情報をも持っていた。
ポルトリンクの西に、
陸に打ち捨てられた古い船があるという。
ゼシカの実家、アルバート家の領土なのかもしれない。


カインは、
さっそくその船を探すという気積もりだったが、
最後に、
馬車の一件の片がついたことを闇商人に報告に行ったときに、
ある依頼をされることになった。
錬金釜で特薬草を作ってくれれば高く買い取る、
と言うのである。
特薬草の材料は、薬草4枚である。
薬草+薬草=上薬草
上薬草+上薬草=特薬草
こうして錬金した特薬草を
闇商人は500ゴールドで買い取ってくれた。
8ゴールドの薬草4枚が500ゴールドになるとは、
と、カインの目がゴールド色になった。

あぶく銭を手に入れた気分になったカインは、
今まで足を踏み入れなかったカジノに踏み込んだ。
治安の悪いパルミドの、
治安の悪そうな賭博場なのだから、
二の足を踏んでいた部分もあったが、
とうとうカインはコインを買ってしまったのだ。
特薬草を売った500ゴールドで買ったコインは25枚。

まずはビンゴだ。
カインはビンゴ台に立ち、
コインを賭けようとする。
1枚賭けるつもりだったが、
5枚単位でしか賭けられないことを知り、
いきなりのレートの高さに腰が引けた。
5枚はあっさりとなくなった。

くっ!
ダメだ。
これじゃすぐに飲まれる!
カイシはスロット台へと移動した。
しかし、
1コインスロットだからだと油断したら、
1ラインにつき1枚なので、
結局5枚賭けるしかないことに気付く。
そして、
5枚はまた消えた。
なにくそ!まだ15枚ある!
カイシはまた5枚を賭けた。
そして飲まれた。

くそったれめ!
もはや優男の姿はなかった。
ギャンブルをすると人間は変わるものだ。
カイシはスロット台を蹴りつけ、
またビンゴ台へと戻った。
コインはあと10枚だ。

ざわ……ざわ……
音なのか声なのかわからないが、
場がざわついていた。
ここは……勝負するしかない。
5枚賭けでビンゴだ!

そして……来た!
幸運が舞い降りてきた。
50倍リーチからの1発ビンゴだった。
ビンゴ台のコイン出口から250枚のコインが、
流れ出してきた。
コインの残り枚数は、
一気に255枚と増えた。

まだ!
まだだ!
倍プッシュだ!
流れを掴んだとばかりに、
カイシは一気に最大まで張った。
100枚賭けだ!

その1度目で、
また50倍ビンゴが来た。
カイシは咆哮した。
圧倒的!
圧倒的幸運!
圧倒的博才!
とどのつまり運否天賦なんてのは、
博打の才能に引き寄せられるんだ!
コインの出口からは5000枚が流れ出て、
手持ちは5155枚となった。
さて、どうする。


明らかに流れが来ていたが、
結局、ここでギャンブルは終わりになった。
というのも、
何かに憑りつかれた様子だったカインが、
目を覚ましたからだ。
気が付けば優男に戻っていた。

私は何をやっていたのだろう?
カインは、
自分がカインではなくなっていたような錯覚に捕らわれた。
カインの「ン」に「`」が増えていくような錯覚だ。
増え続ければ、
賭博師になってしまいそうだった。
いつまでも、
こんな所にいるわけにはいかない。
ドルマゲスを
追わなければならないのだ。




カイン:レベル22
プレイ時間:24時間59分、パルミド




続く

前に戻る】 

 

はじめから読む
 

 

 

ドラクエブログランキング


【ドラクエブログ相互読者希望】
読者登録してね

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。