みんなといっしょに日本一周

応援してくれるみんなといっしょに、
自転車で日本一周する緑の人の物語。


テーマ:
沖縄・離島のおすすめスポットを、写真と記事内容つきでご紹介していきます!!!
1年住んで発見した、本土の人にはあまり知られていないものもあります(*´v`*)

みなさまの旅行や観光のご参考になさってください。

食事や観光、各種アクティビティの料金は各記事に記載するようにしています。
近隣の道の駅などでクーポンがある場合もありますので、
事前に調べてから行くことをおすすめします。

東日本(北海道含む)、西日本のおすすめスポットもどうぞ。
【番外編】西日本おすすめスポット
【番外編】東日本おすすめスポット


【観光】
本部町:美ら海水族館
【元日振り返り】念願の美ら海水族館 メイン編【沖縄】
1

2
世界最大級の水族館の大型水槽は、子どもも大人も感動して息をのむ。
水槽に集まるお客さんでさえ、壮大な光景の一部になって美しい。
死ぬまでに一度は行くべき数少ない場所。
1800円の入館料は、16時から割引で1260円になる。他にも各種クーポンあり。


那覇:国際通り・平和通り・市場本通り
【270日目】国際通りで食べ歩き【沖縄】
【469日目】真の食べ歩きストリート、市場本通り【沖縄】 他多数
3

4
沖縄といえば国際通りということで、このブログでも一番人気の記事。
おみやげやさんが立ち並ぶ国際通り、商店街風の平和通り、
食べ歩きや沖縄料理の定食屋さんが楽しい市場本通りは南国ムードたっぷり。


沖縄市知花(周辺):白河ベトナム通りフリーマーケット
【273日目後編】無法地帯!!!白川の路上フリマ【沖縄】
【280日目前半】つい行きたくなる白川ベトナム通りフリマ【沖縄】 他多数
5

6
沖縄のフリマといえば米軍キャンプやハンビーナイトマーケットが有名だが、
東南植物楽園にほど近い白川のフリマはびっくりするほどのアジア感!!!
隠れた名所でありながら、買うようなものはひとつもないぞ(*´v`*)


南城市:玉泉洞(おきなわワールド内)
【280日目後半】沖縄にも鍾乳洞!!!玉泉洞で洞窟探検【沖縄】
7
ハブとマングースの戦いやエイサー(沖縄の踊り)ショーなど
たくさんのアトラクションがあるおきなわワールド。
玉泉洞はおまけ?と思いきや、形や展示の仕方が美しく記憶に残る。


南城市:奥武島
【604日目】にゃんこと天ぷらの島、奥武島!!!【沖縄】
8
沖縄本島南部は人口が比較的少ないため水が澄んでいる。
橋1本でつながる離島の奥武島は遠目に見ても岩が透けて見える絶景(*´v`*)
安い天ぷらを食べ歩きながら、あちこちに転がるねこちゃんと遊んでみては。


読谷村:残波岬
【275日目】ビーチいっぱいの大みそか【沖縄】
【582日目】穏やかな残波岬と巨大な虹【沖縄】
9

10
穏やかな岬に癒されるが、荒天時は波が荒れ20mもの高さのしぶきがあがる。
ちょっと足を踏み外したらと思うと足が震えズボンが濡れる。


沖縄:古宇利大橋
【276日目】新春観光しまくりツアー【沖縄】
11
本島近くのいくつかの離れ小島をつなぐ大橋・小橋。
特に古宇利大橋は2kmほどの橋の両サイドが真っ青な海で視界が大きく開ける。
橋のたもとには駐車場もあるので、ぜひ歩いて感じてほしい(*´v`*)


読谷村:青の洞窟(真栄田岬)
【616日目後半】洞窟ハンターも息を呑む青の洞窟!!!【沖縄】
12


ヒーリングスポットとして超おすすめ。シュノーケリングがなんと3000円以内!!!
風が強くなければ雨でも変わらない景色を楽しめる。
夏場は混むし動き回れないから、冬場や閑散期が狙い目。
個人的には沖縄観光で1,2を争うほど好きな場所(*´v`*)


県内主要都市:ゲストハウス
【563日目】沖縄長期滞在のゲストハウス比較【沖縄】
13
沖縄には多数のゲストハウス(安宿)があり、週・月単位の長期滞在も多い。
相部屋のドミトリーは1泊800円~1200円、個室で1500円~2500円。
月契約した場合は個室も月40000円~と激安。
敷金・礼金や保証人は不要、光熱水費はかからないし
マンスリーの賃貸よりよっぽど使いやすい。

ただし、場所によってはテレビや冷蔵庫、扇風機、窓、テーブルなど
設備の差が大きいので、なるべく長期滞在する前に見学か1泊しておくこと。
夜中騒がしいところや、盗難が頻発するところもあり女子にはおすすめしない。



【食べ物】
県内全域:弁当文化
バイト期間(2月~11月)に関連記事・画像多数

14

15
沖縄では弁当文化が盛んで、朝昼問わず弁当屋さんが大盛況。
250円~400円で弁当+小そばがついており量も多い。
『旅行で弁当なんて...』と思うかもしれないが、
ちゃんぷるー料理やタコライスなど沖縄料理だらけ。

個人的なおすすめは『ゴンちゃん弁当』で、安くておいしく種類も豊富。
お店の方も気さくに話しかけてくださるのですぐに馴染みの店になった(*´v`*)



県内全域(特に基地周辺):ルートビア
【271日目】イケメン、ラジオの取材を受ける【沖縄】
16
サロンパスの味がする不思議な飲み物、ルートビア。
本土にはない沖縄のハンバーガーショップ『A&W』では飲み放題。
クセはあるけど慣れれば中毒になり、箱買いしてしまったほど。


県内全域:ソーキそば
【281日目後半】ゲストハウス暮らしスタート【沖縄】
17
沖縄そばはラーメンでもなくそばでもない独特の風味。
とろとろに煮込んだ軟骨ソーキ(あばら肉)が乗ったソーキそばは絶品。
市場本通り奥の『田舎』では350円で食べられて激ハマりした。
お店によっては600円~800円とボッタクリ価格なので注意を。


県内全域(特に中部):タコス、タコライス
【562日目】コザでタコス食べ歩き!!!【沖縄】
18
パリパリの生地にたっぷりのキャベツとミートを挟んだタコス。
あつあつのごはんに山盛り乗ったタコライス。
どちらも沖縄のソウルフードで、弁当屋さんや軽食屋さんで必ず見かける。


那覇:波布食堂
【297日目】港のフードファイター【沖縄】
19
このえげつない量で700円。食べても食べても肉野菜炒めが減らない(*´v`*)



【ビーチ】
豊見城市:豊崎海浜公園
【458日目】お気に入り決定!豊崎海浜公園!!!【沖縄】
20
那覇からほど近い場所にある、地元の人中心のビーチ。
ビーチ自体のきれいさもさることながら、設備やマリンアクティビティも充実。


南城市:あざまサンサンビーチ
【605日目】超穴場、あざまサンサンビーチ!!!【沖縄】
21
沖縄のビーチといえば北部の恩納村が有名だが、観光客が多く騒々しい。
一方、豊崎海浜公園やこちらのあざまサンサンビーチは観光客が少なく、
のんびりと楽しめるのが嬉しい。周辺には玉泉洞やひめゆりの塔も。


北谷町:サンセットビーチ
【449日目】夏本番!サンセットビーチ!!!【沖縄】
22
北谷町美浜にあり、若者でにぎわっているのが特徴。
昼からビーチで泳いで夕日を見、夜はすぐ裏にあるアメリカンヴィレッジで
買い物をするのが黄金パターン。ビーチもそこそこきれい。


宜野湾市:トロピカルビーチ
【481日目】急な休みにトロピカルビーチ【沖縄】
23
本土の人に知名度が低く見過ごされがちなビーチだが地元の人には人気。
ビーチの隣に遊歩道があり散歩やランニングにも最適。近くにドンキあり。


糸満市:美々ビーチいとまん
【615日目】橋が絶景!!!美々ビーチいとまん!!!【沖縄】
24
数あるビーチの中でいちばんのおすすめがここ(*´v`*)
絵画のような美しさで、防波堤もあり波も穏やか、遊歩道にもベンチがあり
泳ぐ人も泳がない人も楽しめる。しかも観光客も少ない。



【基地関係イベント】
浦添市:キャンプキンザー・ハーフマラソン
【596日目】基地内を疾走!!!キャンプキンザーハーフマラソン!!!【沖縄】
25
毎年冬にキャンプキンザーで行われるハーフマラソン大会では、
なんと基地の中を外国人と一緒に走ることができる!!!
給水も十分で、終了後のブランチバイキングが最高に楽しい。


県内各地:米軍基地フリマ
【476日目】キャンプキンザーフリマで探しもの【沖縄】
【540日目】米軍フリマと隠れビーチ【沖縄】 他多数
26
米軍基地(キャンプフォスター、キンザー、コートニー)で行われるフリマ。
アメリカ人相手だが全部英語じゃなくてもある程度通じるし、日本円も使える。
英語の練習や、国内では売られていないもの探しにどうぞ。
開催場所は毎週変わるため事前にネットにて確認すること。


県内各地:米軍基地フェスティバル
【505日目】気分は米兵?ハンセンフェスティバル!!!【沖縄】
【567日目】米軍とお友達?キンザーフェスティバル!!!【沖縄】
【618日目】キャンプコートニー・クリスマスフェスティバル!!!【沖縄】
27

28
年に数回開催される米軍基地で行われるおまつりで、日本人も入場可能。
フリマと違ってこの日は基地内のフードコートも利用できることもあり、
ピザやドーナツ、サブウェイをこれでもかと買う人が続出する。

フリマにせよフェスティバルにせよ、アメリカ人は気兼ねなく話してくれるし、
マラソンでもおやつをくれたり応援してくれたりと優しい。
こういった基地イベントへの参加をしてみると
憎むべきは米兵個人ではなく、米軍というシステムだと実感できる。


【離島】
慶良間(ケラマ)諸島
【463日目前半】ケラマ諸島ダイビング!!!【沖縄】
【463日目中編】ケラマ諸島シュノーケリング&沖縄弁講座 Part.1【沖縄】
【463日目後半】ケラマ諸島シュノーケリング&沖縄弁講座 Part.2【沖縄】
29
那覇から片道2時間程度小型船に乗って向かう慶良間諸島。
ダイビングやシュノーケリングの聖地と呼ばれており、
真っ青な海で色鮮やかなサンゴや魚を楽しむことができる。
石垣や宮古まで行く余裕がない場合におすすめ。


久米島:ヤジャーガマ
【399日目前半】激混みのフェリー、戦慄の鍾乳洞【沖縄:久米島】
30
観光用の洞窟ではなく、風化した遺跡であり人もいなければライトもない。
真っ暗で静まった洞窟内で発狂しそうになり、すごすご退散した(´;ω;`)
運がよければ『久米島仙人』に案内してもらえるらしい。


久米島:奥武島
【400日目後半】久米島の青い海【沖縄:久米島】
31
沖縄本島南部の奥武島と名前が同じだが別物。
久米島と橋でつながった離島で、リゾート施設などがある。
海に刺さった電信柱が沖縄っぽい雰囲気抜群。


久米島:比屋定バンタ
【399日目後半】てっぺんを目指せ!!!【沖縄:久米島】
32
久米島の北端、高台にある展望台でちょっとした売店がある。
坂が多い久米島をちゃりでのぼるのはけっこう大変。レンタカーの人が多い。



石垣島:石垣市街
【548日目後半】ねこだらけ!!!石垣中心市街地【沖縄:石垣島】
33
那覇の市場本通りの規模を小さくしたような『ユーグレナモール』や、
リゾートビーチが点在する石垣島は離島観光の拠点。
市街にはそこらじゅうにかわいいねこちゃんがいる(*´v`*)


石垣島:米原キャンプ場
【544日目】北の宗谷、南の米原【沖縄:石垣島】
34

35
『北の宗谷、南の米原』と呼ばれるキャンパーの聖地。
自然のままのビーチは開放感でいっぱい!!!
そこらへんに潜るだけで色とりどりの魚があちこちに見つかる。
石垣に限らず、離島観光にはゴーグルは必ず持って行こう(*´v`*)


石垣島:マンタシュノーケリング
【548日目前半】圧巻のマンタシュノーケリング【沖縄:石垣島】
36
石垣島にはマンタ出没スポットがあり、ダイバーが各地から集まる。
運が良く2匹3匹と海を舞うマンタを見ることができた。
ダイビングでもあまり近くには寄れないため、安価なシュノーケリングで十分。


竹富島:水牛車
【545日目前半】水牛トレイン【沖縄:竹富島】
【545日目後半】牛もいいけど猫もかわいい竹富島【沖縄:竹富島】
37
竹富島と聞いて思い浮かべるのは水牛車。想像通りの風景に出会える。
乗るよりも外から見た方がおもしろい。
観光用の水牛車が後から後から列車のように続くのは圧巻。


小浜島:トゥマールビーチ
【547日目】まるで動物の島、小浜島!!!【沖縄:小浜島】
38

39
『ちゅらさん』の舞台になったという小浜島は動物だらけ。
道路をヤギが横断するのは当たり前、民家の庭ににわとりがいたり、
あちこちに牛が放牧されていたりとまるで動物園状態。
離島の中では知名度も高くないためきれいなビーチを独り占めできる。


西表島:マングローブ林
【546日目】大満足!!!西表島ジャングルツアー!!!【沖縄:西表島】
40

41
ジャングルの中を探検するようなワクワク感に大人も大喜び。
潜れば形も色も様々なサンゴに出会え、離島観光の中ではいちばん印象深い。


+-+-+-+-+

ざっくりまとめてみましたが、
紹介しきれていない場所や、好きで何度も行った場所などもありますので
『沖縄(観光)』テーマをぜひじっくりご覧ください(*´v`*)

みなさまの旅が良いものになりますように(*´v`*)
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

けんちさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。