■サルでもわかる「伊勢神宮とは?」のポイント


伊勢神宮への旅行を考えている人が、最初にパニックになるのが、

伊勢神宮は二つあるという点です。

伊勢神宮には、伊勢内宮伊勢外宮があり、二つをもって伊勢神宮と言います。 


どちらも伊勢市内にありますが、駅も異なるくらい離れています。

外宮へお参りした後、内宮へ参拝するコースが一般的で、

外宮も内宮も、それぞれ30分もあれば参拝できますので、両方に行きましょう。

外宮の最寄駅の宇治山田駅から、内宮まではバスが出ていて、15分くらいです。

 
ただし、祈りに最適な時間帯が一日に2回あるので(※記事下の過去記事18参照)

①午前中に外宮を巡り、バスに乗って移動し、

内宮の近くにある②おかげ横丁でグルメを楽み午後の祈りの時間を待ち、

③午後に内宮を巡れば、無理なく一日で両方を参拝する事が出来ます。



■伊勢神宮へのアクセス方法

県外から伊勢神宮へアクセスする際、

中部国際空港から伊勢神宮までは、高速フェリーがオススメです(重要!)。

インターネットで、空港から伊勢神宮までの経路を検索すると、

「電車で3時間かかります」という検索結果が表示され、ゲンナリしますが、

経路検索には表示されない裏ルート(?)が高速フェリーの利用です。



(高速フェリー乗り場は空港に直結しています)

高速フェリーなら、津市まで40分でアクセス出来ますので、

そこから電車に乗り換えるか、レンタカーを借りればスムーズに伊勢に行けます。



■伊勢神宮参拝に最適な宿泊ホテル

伊勢市周辺には、沢山のホテルや旅館がありますが、

一番のオススメは、宿場町として皇族も利用する、二見浦での宿泊です。

中でも、作者一押しのホテルが、二見浦のリゾートイン二見です。

このホテルは、周辺に比べても格安の料金で宿泊できるうえに、

なんと貸切露天風呂が7つも用意されていて、とてもくつろげるホテルです。


電車でアクセスされる方は、内宮の近くにある、神宮会館への宿泊もオススメ。

宿泊者限定で、早朝に伊勢内宮をホテルの方が案内してくれます。


■伊勢神宮の駐車場の裏ワザ

パワースポットとして人気がある伊勢神宮は、

平日の早朝に訪れても、公営の駐車場は満車で2時間待ちという状態も。

そんな場合は、神宮会館の有料駐車場を利用すると便利です。

待ち時間なしで、内宮へ歩いてすぐの距離に、車を駐車出来ます。



■伊勢神宮周辺にはパワースポットが沢山

パワースポットのブームなどで、若い人にも人気の伊勢神宮ですが、

神宮周辺にはまだまだ知られていないパワースポットも沢山あります。

例えば、伊勢神宮の近くにある、朝熊山(あさまやま)や、二見浦の夫婦岩

また、伊勢神宮の境内の中にも、色々な神さまが存在しており、

日本最強と言われる恋愛の神さまも内宮の中に居たりします。


(内宮にある恋愛の神さまコノハナサクヤヒメを熱心に拝む女性)


伊勢神宮(内宮&外宮)だけを参拝するのなら、日帰りも可能ですが、

せっかくなら、周辺のパワースポットへも足をのばしたいものです

本ページの一番下に、3泊4日の伊勢ツアーモデルコースを紹介してますので、ご参考に。



■伊勢神宮と三種の神器について

あなたは、どうして伊勢神宮が重要なのか知っていますか?

なんで、日本一のパワースポットと呼ばれているのか、わかりますか?

実は、伊勢神宮には歴史上、さまざまなミステリーが隠されています。

「神社の鏡は割るためにある」「神武天皇はムー大陸の出身」「真の伊勢神宮はこれから出来上がる」「ある神事が成功すると平成の元号が終わる」

これだけのキーワードを聞いただけで、興味を惹かれませんか?

そんな、伊勢の隠された秘密に興味がある方は、

後で、下の過去記事をザッと読んでみて下さい。興奮しますよ。


①平成おかげ参りとは?
②全ての日常からの脱出を神さまがサポート
③えぇじゃないかとおかげ参りの違いとは?
④神さまが語る驚異のマジックナンバー「3」とは
⑤この世の始まり高天原と葦原国と黄泉国
⑥神話として伝わる天の岩戸開き
⑦真相!神さまが語る天の岩戸開きの裏話
⑧三種の神器とヤマタノオロチ
⑨神さまが教える三種の神器の本当の意味
⑩あなたの知らない出雲の国譲り神話
⑪天孫降臨とムー大陸と神武天皇
⑫伊勢神宮にやたの鏡がやって来た
⑬三種の神器がいよいよ三重県に集合するトキ
⑭神社の鏡は割るために用意された
⑮おかげ参りが成功すれば平成の元号が終わる
⑯全ての武器が溶けて楽器に
⑰実は伊勢神宮はこれから出来あがる神社だった
⑱これから起こる奇跡の世界と三種の神器の果たす役割
⑲平成おかげ参りのまとめ記事


■伊勢神宮参拝のモデルコース

さて、伊勢神宮に興味を持たれた方が、実際に旅行に行けるように伊勢旅行のモデルコースを紹介します。


-1日目-

中部国際空港セントレアから、高速フェリーで津なぎさまちへ行きます。

(フェリーの予約は℡059-213-6582 大人片道2,400円。)

フェリーは三重県の津市に着くのですが、ここで津市観光を兼ねて1泊。

津市には日本三大観音のお寺など、観光名所も沢山あります。

ホテルは津市の都ホテルを利用しました。

そのホテルのすぐ裏に、地元でも評判のうなぎ屋、うなぎのはし家があります。

これまで日本各地でうなぎを食べて来た作者の中で、日本一美味しいうなぎ。

下の写真は、作者の食べた中うなぎ(3キレ)で1,680円。




 (鰻のはし家:℡059-228-4925)



-2日目-

レンタカーで津市から伊勢方面へ移動します。

伊勢神宮は正式には125社の神社がありますので、内宮と外宮へ行く前に、

何ヶ所か離れ宮を巡ってみましょう。 

 
   
 中でも、少し伊勢市から離れますが、瀧原宮はオススメ!

ゼロ磁場のライン上にあるため、神秘的な雰囲気に包まれていて、

伊勢神宮125社の中でも、屈指のパワースポットです。




 (つきよみ食堂:℡0596-23-5154)

離れ宮巡りでお腹がすいたら、伊勢うどん

伊勢うどんは、もちもちでフワフワの独特の麺が特徴。

写真は、伊勢市の月読宮の近くの名店、つきよみ食堂の手打ちうどん。



 
離れ宮巡りの2日目は、翌日の伊勢神宮(内宮・外宮)の参拝にそなえ、

早めに宿に泊まります。

伊勢へお参りする前に身体のケガレを温泉でみそぐのも良いでしょう。

二見浦のリゾートイン二見で、夫婦岩を見ながら一泊。



-3日目-


 

朝早く起きたら、二見浦のパワースポット、夫婦岩へ。


リゾートイン二見からは徒歩5分で、夫婦岩まで行けます。




Simplog 

さぁ、いよいよ、伊勢神宮の参拝です。

まずは、外宮へ。

ここには衣食住の神さまが居るので、

不自由なく食べれている事や、日々を暮らせている事を感謝します。



 

外宮の敷地内にも、何名もの神さまが居らっしゃいます。

上の写真は土の神さまです。


 

そして、外宮の中のトップの神さまを、御正宮で参拝します。

1,000円の参拝料を払えば、より奥の方へと案内してもらえますよ。 




  
 
外宮の入り口には、遷宮の歴史を学べる、せんぐう館があります。


20年に1度、全ての社殿を建て替える伊勢ならではの歴史が学べます。



 

外宮から車で15分の内宮の前には、

グルメスポットおはらい町とおかげ横丁が広がっていますので、

伊勢でしかたべられない、美味しいモノをたらふく食べましょう。 



 
 
 

食べ歩いているうちに、おはらい町の出口が伊勢内宮に繋がってます。

鳥居をくぐり、宇治橋を渡り、伊勢内宮に行きます。



 

神社の入り口には、ひしゃく付きの御手洗い場がよくありますが、

伊勢内宮では、天然の川の流れで、手を洗います。




 

内宮にも、沢山の神さまがいらっしゃいます。

太陽の神、川の神、雨の神、風の神、山の神など、

人間に恵みを与えてくれる「自然」をモチーフとしている神さまたち。




 

自然に生かされている日本人。それぞれの恵みへ、感謝しましょう。 


 

太陽神アマテラスオホミカミが、御正宮に祀られています。

太陽だけあって、長くて急な階段が御正宮まで続いています。



 

この白いのれんが、こちら側に揺れると、縁起が良いとされています。

このように、一日をかけて、伊勢外宮、おかげ横丁、伊勢内宮を巡れば、

ゆったりと、ゆとりを持った参拝が可能です。



-4日目-

一番の目的である、伊勢外宮と伊勢内宮の参拝が前日で終わっているので、

最終日は、伊勢周辺のパワースポットや、観光地などを巡りましょう。


 

 

朝熊山は、伊勢神宮よりも古くから拝まれている聖地で、

「伊勢に参らば朝熊をかけよ。朝熊かけねば片参り。」

と言われているほど、伊勢神宮とセットで巡礼した方が良いパワスポ。



   
 
 

伊勢を一望できる朝熊山の山頂からの景色は絶景です。

足湯につかりながら、この絶景を楽しめる展望台も訪れてみては?



 

朝熊山から反対方向へ進むと、海産物が有名な志摩・鳥羽方面に出ます。

ここで、伊勢ならではの海産物を食べましょう。

伊勢エビを食べるなら、鳥羽のお食事処丸栄がオススメ。

活きの良い伊勢エビを、新鮮に頂けます。 




(御食事処丸栄℡0599-25-3155)

また、三重県には、太陽が隠れた神話で有名な、天の岩戸もあります。

神秘的な神話の世界を、体感してみましょう。
 


◆さとうみつろうと行こう!伊勢神宮ツアー◆
2014年5月31日(土)~6月1日(日)
詳細は⇒コチラから



■もっと詳しく伊勢の旅を知りたい人は

以上、3泊4日のモデルコースを例示しましたが、

時間がとれない人は、4日目を削って、2泊3日にしてみて下さい。 

逆に3泊どころか、4泊でも5泊でも可能な人もいるでしょう。

伊勢にはまだまだ、沢山のパワースポットや、グルメスポットがありますので、

以下の過去記事を参考に、
あなたの伊勢の旅をアレンジしてみて下さい。

作者が旅した伊勢の風景を、おもしろおかしく読む事が出来ます

気になるタイトルだけを読む事もできますが、順番に全て読んでも1時間程度です。


00.プロローグ~伊勢の旅へ呼ばれたオトコ~
01.伊勢神宮へは空港から高速フェリーを使えば電車より時間短縮!
02.高速フェリーを使うもう一つの理由【お彼岸と伊勢神宮】
03.津市にはうなぎの名店がゴロゴロある!中でもはし家は絶品
04.日本三大観音もある津市の観光スポット情報
05.伊勢観光にテーマ曲??
06.天照太神の弟月の神さまツキヨミノミコトに会える月読宮
07.一度は行きたい伊勢うどんの名店つきよみ食堂
08.伊勢には日本一きれいな高速PAがある!?
09.伊勢125社でも屈指の神秘的パワースポット瀧原宮
10.ゼロ磁場の影響でネジレて生えた瀧原宮の大木
11.神社の参拝コースから外れると赤外線で通報!?
12.神さまの視線
13.伊勢神宮参拝に最適なホテル、二見リゾートインの潜入レポ
14.夫婦円満祈願に二見浦のパワースポット夫婦岩
15.ココだけ読めば全てわかる『伊勢外宮の参拝方法マスター』
16.式年遷宮が学べる記念館『せんぐう館』へ
17.伊勢神宮での服装と正式参拝の方法
18.世界初公開!神さまが教える願いが叶いやすい時間帯
19.おはらい町とおかげ横丁のグルメスポットを完全制覇!
20.御利益アップ?誰も知らない伊勢神宮内宮の参拝方法①
21.金運もアップ?誰も知らない伊勢神宮内宮の参拝方法②
22.恋愛もイケル?誰も知らない伊勢神宮内宮の参拝方法③
23.世界初!読者と作者のドッキリ企画?!
24.伊勢でも食べたい奇跡の免疫アップデザート豆乳グルグルヨーグルト!
25.絶品!早起きしたら赤福本店のスイーツ朝定食を是非!
26.伊勢志摩スカイラインは聖なるパワスポ朝熊山への通り道
27.伊勢神宮の鬼門を守る朝熊山金剛​證寺と明星堂
28.隠されたパワースポット朝熊山経塚群とは?
29.伊勢で一番「高い」エネルギー八大竜王!
30.伊勢の独特な先祖供養「奥の院」
31.絶景を見ながら足湯に入れる展望台!
32.伊勢で伊勢エビを食べるなら、絶対ココ!!
33.どこで食べても、伊勢エビ???
34.女性必見!おっぱいの神さま、浦神社
35.真の伊勢神宮と言われる「伊雑宮(いざわのみや)」
36.三重県にあった!神話「天の岩戸」の舞台!
37.実写版!現代によみがえる天の岩戸劇
38.誰も知らない日本で一番当たる伊勢の宝くじ売り場
39.本場で食べる格安絶品松坂牛なら一升びん
40.神社には「参る」と「詣でる」がある??
41.超限定スイーツ赤福の朔日餅(ついたちもち)は世界で一番美味しいスイーツ
42.待ち受けにすれば運気倍増!伊勢を守るかわいい龍の画像「松尾観音寺」
43.多気町の丹生大師には2,000年も座り続ける聖人が?
44.ぶんぐい峠よりも強烈!神秘のゼロ磁場「丹生水銀鉱跡」
45.神話の世界から飛び立つトキ
46.平成おかげ参りから日々の日常へ


もし、このページが参考になったと思う方は、あなたの周りにもシェアして下さいね。このブログは、リンクフリー、いいねボタン押し放題の、『笑えるスピリチュアル』です。



↓えぇ。ご存じ、シェア用記事です

笑えるスピリチュアルでは、恒例の、シェア用記事です。

あなたの周りに、全力で広めましょう。

きっと、伊勢への旅の参考になるはずです。

リンクフリー、イイネフリー、ボタン押すのフリー、お中元フリーの、

笑えるスピリチュアルです。

ほんと、ここまで疲れた。


この記事は、お願いだからバンバン、シェアよろしく~。全てに繋がります。

人気ブログランキングへ (⇒携帯はココ) ★ ★ (⇒携帯はココ )★




虹初めてお越しの方はブログの目次(⇒ココ) 虹



 

AD

コメント(25)