センター試験の初日が終了!

センター初日のダイジェストを投稿しております。

去年のセンター試験のおもしろい所を集めた記事はこちら

今年のセンター国語についてはこちらの記事です。

今年のセンター英語についてはこちらの記事です。

 

地理Bでムーミン登場
今回、一番話題になったのはコレ。地理Bで、ムーミンが登場しました。
 
 
ムーミンがフィンランドの作品だと知っていれば簡単に解ける問題です。
 
「そんなの常識だろーー!」
という意見と、
 
「そんなの知らんがなーーー!」
という意見がぶつかっています。
 
このブログでは、地理の問題の解説を書いたことは、あまりないんですがちょっとだけ。
 
北欧3国は全然違う国
まず、ノルウェー、スウェーデン、フィンランドの位置関係を知らない受験生は、勉強不足。
位置関係を知らないと、門前払いです。
西からノルウェー、スウェーデン、フィンランドが正解なんですが、地理学で言うと、全く違う性質を持っています。
地図をご覧ください。
 
僕の手持ちの地図帳のスキャンなので、やや分かり辛いと思いますが、
 
ノルウェーは山ばっかり
スウェーデンは山ばっかりだけど、少し平野がある
フィンランドは平野ばっかり
 
なのです。
 
地理の勉強は、地図帳と資料集を手元に置け
脱線しますが、センター地理だろうが、東大地理だろうが、授業を真面目に聞く生徒ほど、点数を取れません。
地理の勉強は、地図帳や資料集を読み込む事が大きなポイントです。
手元に地図帳を置かずに、地理の勉強をしていたら、偽物です
歴史の勉強だって、地図がなきゃマトモに出来ないんですから、地理なら当然。
 
地図帳はどれでも良いですが、東大の地理の対策ならば、ジオゴロ地理の研究がオススメです。
センター地理は、知識より連想
それを踏まえて、さっきのムーミンの問題を見てみましょう。
 
この問題は、ムーミンがフィンランドのアニメだという知識がなくても解けます。
地図帳をよく見て、フィンランドが平野の国だと知っているかの方がよほど大切なのです。
 
地理の勉強は、よく覚える量が限りないと言われます。
しかし、実は覚えている量より、問題文から推理する力が大切です。
私の言葉を使えば「連想力」。
問題文に書かれている情報から、いかに知識を広げて連想出来るかの方が大切なのです。
 
ムーミンの画像には、木が書かれています。
ここから、ムーミンが平野の国、つまりフィンランドだと連想出来るかがポイントです。
 
その際、他に知識も同時に利用できると良いでしょう。
ムーミンでない方の図には、船の絵が描かれていますから、最も海を重視する国、つまり海に面している国を選ぶとか、「バイキング」からイギリス海軍(海賊)をイメージ出来るかとか。
この辺りまで知識があれば、盤石でしょう。
 
フィンランド語なんて知らないだろ
言語に関しても、知らないのが当然。
だから、イラストで判断するしかありません。
 
結局、この問題は「トナカイ」に気付けるかどうかでしょう。
 
ノルウェー語もフィンランド語も、知っているはずありませんから、イラストしかヒントがない。
そして、Aに書かれているイラストは、何なのかよく分かりませんから、Bのトナカイしかヒントがないわけです。
 
では、トナカイから何を連想するかと言うと、もちろん「サンタクロース」。
 
ということで、サンタクロースはフィンランドだという知識があれば解けるという問題でした。
 
それを知らなくても、英語(イギリス語)に近いのはどちらか?
と考えても、辿り着けるかもしれませんね。
Aの方が、何となく英語に近い感じがする。だから、イギリスに近いノルウェーが該当すると考えても良いでしょう。
 
また、フィンランドの東の隣はロシアです。
ロシア語に近そうな方を選んでも答えられるかもしれません。
 
日本史では「くまもん」
長くなったので、日本史だけ触れておきましょう。
日本史では、ゆるキャラが多数登場しました。
 
 
くまもん、ふっかちゃん、ひこにゃん、出世大名家康くん。
国語の評論文が有名ですが、実は社会科でもサブカルチャーが登場することもあるんですね。
 
ただ、日本史って、問題文を読まなくても、設問だけで解けてしまう問題がほとんどです。
だから、読まずに解いた受験生も多いかもしれませんねぇ。
 
ということで、社会科は以上。
現代社会や政治経済も読めば面白いのかもしれませんが、睡眠時間がなくなるので終わります。
それでは、明日は理系科目に。
 
『ビジネスで差がつく論理アタマのつくり方』(ダイヤモンド社)
絶賛発売中!
デビュー作が発売後10日で重版決定!
 
image
 
【告知】
<書籍>
 

『笑う数学』(KADOKAWA)Amazon予約ページ

 

日本お笑い数学協会の小ネタ集 販売ページ

 
<動画>
・数学の解説動画@チャンネルくらら
 
・【受験日本史】テーマ1時間マスター動画
 
・【受験世界史】テーマ1時間マスター動画
 
・世界の憲法@チャンネルくらら
 
・楽しく学ぼう!シリア現代史@チャンネルくらら
 
<平井基之のHP>
 
お仕事の依頼、活動内容、塾生募集ページなど
 
<歴史に学ぶ人生講座>
AD

こんな記事を見つけたので、コメント。

受験生の医学部・海外志向が急増する理由とは

 

学校や塾の本音

僕が現役の頃(15年前!?)も人気はあったけど、今はそれと比較にならないくらいになりました。

当時は東大理Ⅰには入れれば医学部もイケるっぽい雰囲気がありましたが、もっと難しいと言って良いでしょう。

 

理系のトップクラスは軒並み医学部志望になって、学校や塾は悲鳴。

世間的には、まだまだ国公立医学部より東大の方がブランド力がありますし、国公立医学部は定員が少なすぎる。

 

優秀な理系の生徒が「医学部に行きたい」と言い出したら、

表向き「頑張れよ!!」

心の中「東大の実績逃した。。。」

 

また、私立医学部を併願された日にゃ、大変。

私立医学部の対策は、メチャクチャ面倒。問題傾向から、試験日程から、面接対策だの、小論文対策だの、やる事がいっぱい。

ハイリスク・ローリターンなのです。

 

それが、今度は海外の大学に行きたいなんて言われた日にゃ、どうやったら対策したもんか。

大規模経営していると、こういうトップクラスに優秀な生徒を抱えきれなくなるでしょうね。

 

不景気が原因

「うちは、家庭の事情で国公立しかダメなんです。」と何度聞いたことか。

結局、大学は学問を修めるためというより、遊びにいって就職するための通過点。

安定した生活のための投資ならば、少ない方が良いのは当然でしょう。

 

あまり言われないですが、詰まるところ不景気なのが原因だと思いますね。

将来が見えないから、安定した職業に就こう、生活に困らない仕事をしようということで、医者や公務員の人気が高まる。

バブル期なんて「公務員になるなんてバカ」って言われたそうで。

今では信じられません。

僕だって、物心ついた時からデフレでしたし。物価って本当に上がるの!?

 

日本への信用がなくなれば、海外に出ていく人が増えていくのも当然。

トップ層の若者に見放されてて、困ったものだ。

 

世界大学ランキングの影響も、結構あるでしょうが、そんなに気にすることですかねぇ。

以前、『世界大学ランキングで東大の順位が下がったからと言って、何か問題でも??』という記事を書きましたが、

東大のランキングなんて、上がらないようにルールが決められてるんですよね。

いつもルールを作る側が有利。

作る側に入れないのが根本問題で、東大の評価が低いことは枝葉です。

 

私の結論としては、日本のために学び、働く、優秀な若者がどれだけ育てられるかが勝負!と言うことに尽きます。

そのために、東大を文系で受けなおしたりしていますので。

 

さてさて、今日のセンター試験はどうなることか・・・。

 

『ビジネスで差がつく論理アタマのつくり方』(ダイヤモンド社)
絶賛発売中!
発売後10日足らずで重版決定!
 
image
 
【告知】
<書籍>
 

『笑う数学』(KADOKAWA)Amazon予約ページ

 

日本お笑い数学協会の小ネタ集 販売ページ

 
<動画>
・数学の解説動画@チャンネルくらら
 
・【受験日本史】テーマ1時間マスター動画
 
・【受験世界史】テーマ1時間マスター動画
 
・世界の憲法@チャンネルくらら
 
・楽しく学ぼう!シリア現代史@チャンネルくらら
 
<平井基之のHP>
お仕事の依頼、活動内容、塾生募集ページなど。
 
<歴史に学ぶ人生講座>
AD

拙著『ビジネスで差がつく論理アタマのつくり方』(ダイヤモンド社)絶賛発売中

Amazonの予約ページはこちら!

 

出生率に注目しよう!

今日は、最後から二回目(になる予定の)天皇誕生日

新年度予算が出たりもしましたが、受験生向けには、出生率のニュースも大切です。

 

出生数、2年連続の100万人割れ 自然減は過去最多

 

高齢化、少子化と騒がれていますが、その分析のポイントになるのが出生数。

 

ここ最近、新しく生まれる赤ちゃんは、大体年間100万人。ここ2年は100万人を下回って、話題になってました。

逆に、死者数は上回っていて、人口は差し引きマイナス40万人だそうです。

これは、かなりの減少ですね。

どんどん子供が少なくなって、高齢者が増えていきます。

 

また、もう一つ知っておくと得する数値として、「合計特殊出生率」があります。

これは、一人の女性が生涯に産む子供の数の平均のようなもので、2.07がポイントです。

2.07を超えると人口が増加に転じ、2.07を下回ると人口が減少します。

 

そりゃ、女性一人(つまり、夫婦2人)から、子供が2人以上生まれなきゃ、減少に転じますね。

その他、諸々の理由を含めると、2より少し大きい2.07が、増減の分岐点なのでしょう。

 

それが、今の日本はなんと、たったの1・44。

一人の女性に対して1.44人しか子供を産まないわけですから、人口が減るのも当たり前でしょう。

 

単に「高齢化だ」とか、「少子化」だとか言うだけじゃなく、こういう数字を少し知っているだけで、知性を感じる会話が出来ます。

うちも、赤ちゃんのお世話をする毎日ですが、赤ちゃんってよいものですよ。

色々と大変なことはありますが、心が豊かになります。

 

ということで、思い付きでニュースを拾ってみました。

今後も、気付いた時に、たまにやってみようと思います。。。

 

【告知】

・数学の解説動画@チャンネルくらら
 
・世界の憲法@チャンネルくらら
 
・楽しく学ぼう!シリア現代史@チャンネルくらら

・チェ・ゲバラの半生の解説
 
・アメリカ・イスラエルのユネスコ脱退の真相とは!?

後編はこちら

 
・日本お笑い数学協会の小ネタ集が発売中!
 

◆平井基之の公式HP◆

私の活動が全てまとまっています。お仕事の依頼などもこちらのページからどうぞ。
 
◆平井の東大合格塾 生徒募集ページ◆

日本一東大入試対策を徹底して行う塾です。こちらのページから、詳細をご覧ください。

 

◆歴史に学ぶ人生講座◆

日本一面白くてタメになる歴史の偉人講座を出張で行います!
AD

すみません。

今日もあまり時間がないので、ニュース引用を。


首相、消費税10%増税は「予定通り」

 安倍晋三首相は5日、読売テレビの番組に出演し、2019年10月に予定している消費税率10%への引き上げについて「予定通り行っていく考えだ」と明言した。10%への引き上げをめぐっては当初、平成27年10月の予定だったが、2度にわたって延期した。

 一方、景気については「デフレマインドを払拭するには至っていない。デフレから脱却すれば税収が安定的に増えていく」と述べ、デフレ脱却が最優先であると重ねて主張した。

 企業が利益をため込む内部留保についても「積み上がっているのは事実だ」と述べ、従業員の賃上げに充てて消費を刺激し、経済の好循環につなげたいとした。「経済界に私から強く働き掛けたい」とも述べた。

 憲法改正に関しては「まずは与党で案を考えなければならない。同時に野党の皆さまも含めて、できるだけ多数派を形成していく努力は重ねていかなければならない」と述べた。国会で発議する改正案について、与党案を作成した上で、民進党の改憲派などを含む幅広い合意を目指す考えを示したものだ。

 「みんなで納得して前に進んでいかないと、国民投票で過半数を得るのは難しい」とも語った。



総理!

申し訳ないですが、語義矛盾です。


2019年10月に予定している消費税率10%への引き上げについて「予定通り行っていく考えだ」と明言した。


「デフレマインドを払拭するには至っていない。デフレから脱却すれば税収が安定的に増えていく」と述べ、デフレ脱却が最優先であると重ねて主張した。



消費税は上げるけど、デフレも脱却する?

もう一度失敗してるじゃないですか?

今度は、消費増税凍結、いや減税くらいして、デフレ脱却を目指すべきでは?


デフレ脱却して、支持率を回復して、やりたいならもう一度改憲に触れて見たら良いではないですか?


いや、その力は既に残されてないのか、、、

安倍内閣の改造人事について話題になっています。

内定が全て発表されたということで、早速顔ぶれを見てみたんですが、感想。

安倍さん(党内に)ずいぶん気を遣ったかな〜

 

毎回、新内閣の発表の後には、入閣した人の名前と派閥をチェックするんですが(恒例行事)

細田派(安部派)の大臣や役員、かなり減ってます。

これこそ、身を切る政治!?大丈夫?


代わりに、大躍進したのが岸田派。倍以上もポストをもらってるんですが、なぜ?

谷垣派、石原派は一つももらえず、岸田派が吸収した形。

ちなみに、麻生派は外務大臣のポストをゲットしてます。頑張れ河野太郎さん。

 

党内で、ポストをもらえない不満が溜まって、安倍さんが嫌われてるなんて推測は出来ますが、一応ネットニュースでも「党内の不満を解消」なんて書いてありますね。

はたまた、安倍さんの求心力が弱まっているという証拠!?

個人的には、小野寺防衛大臣に頑張ってもらいたいところです。

 

さて、これで国内の敵に対して防御出来るのか、

対米、対中、対北、対露関係をどうするのか

うーん、これ以上はもっと詳しい方にお任せします。


今日は、あまり時間がないのでこれくらいで。

※いつもは17時にアップしていますが、こういうのは早い方が良いと思うので、12:00に

 

《ブログランキングのクリックをお願いします》

←このアイコンのクリックをお願いします!!

 

東大生ブログランキング ←このアイコンのクリックした後、もう一度クリックお願いします!

 

◆平井基之の公式HP◆

活動内容、告知、考えていることなどがまとまっています。こちらのページからご覧ください。

 

◆平井基之へのアクセス◆
HPのお問い合わせページからどうぞお願いします。こちらのページです。

 

◆平井の東大合格塾 生徒募集ページ◆

日本一東大入試対策を徹底して行う塾です。こちらのページから、詳細をご覧ください。

 

◆告知、メディア出演など◆

現在発売中のもの、配信中の動画などはこちらのページに一括して載せてあります。

 

◆ブログシリーズ一覧◆
このブログの主なシリーズ一覧がこちらのページにまとめてあります。
 
◆お受けしている仕事の内容◆
受験生の指導、セミナー講師、お笑い数学イベントの開催、本やコラムの執筆など。
詳しくはこちらのページからどうぞ。
 
◆日本お笑い数学協会◆
数学をもっと面白く魅力的に伝え続ける、我々の活動内容はこちらのページから。
 
◆歴史に学ぶ人生講座◆
日本一、面白くてタメになる歴史の偉人講座を出張で行います!お問い合わせは㈱キャリアコンサルティング スピーカーズバンクから