広島カープ

優勝おめでとう!

 
我が家の、にわかカープ女子(生後53日)も喜んでました!!
 
{5F85E3C1-BEE9-48F8-A68C-ADFF90E39DD0}
 
{476C5B0A-0F78-4749-B0F9-F59075A5E8B3}
 
{9F0CCA15-4046-4BC0-A63C-A81CAE49B73B}
 
{82D2CFBD-B8FD-42FA-AEFA-744F2CE3AA7F}

 

衣装を送ってくれた、自称広島の綾瀬はるかさん、ありがとう!

 

【告知】

・世界の憲法@チャンネルくらら

・東大数学攻略法@チャンネルくらら
 
・憲政の常道を1時間でマスターする授業動画
 
・日本お笑い数学協会の小ネタ集が発売中!
 

◆平井基之の公式HP◆

私の活動内容、告知、東大合格塾の生徒募集ページ、お受けしているお仕事の内容などがまとまっています。こちらのページからご覧ください。
 

◆平井の東大合格塾 生徒募集ページ◆

日本一東大入試対策を徹底して行う塾です。こちらのページから、詳細をご覧ください。

 

◆歴史に学ぶ人生講座◆

日本一面白くてタメになる歴史の偉人講座を出張で行います!
AD
怒涛の8月を迎えてまして、ブログが毎日更新出来ないことが何度かありました。すみません。
が、お陰様で元気にやっています。
 
たくさんのお仕事を頂いておりまして、楽しく充実した毎日を過ごしているのですが、昨日からちょっとだけお休みモードに入っています。
というのも、昨日は我が子生誕、一か月の日。
仕事の調整も出来ましたので、弾丸で福岡まで来ております。
 
 
先月、我が子の誕生に際して記事を書きましたが、大変反響が大きく、たくさんの方にお読みいただいたようで、感謝しております。
 
 
 
 
 
また、私のHPで更新している、私の嫁のブログ「嫁のつぶやき(o^◡^o)」でも子供の情報を発信していますが、
嫁ブログでは愛称で「さきちゃん」と呼んでいる我が子。
本名は「幸呼(さきこ)」と言います。(本名を発表するのは初めて!?)
 
その名の通り、生まれる前から、生まれた後も、周りに幸せを呼んでくれる子です。
 

もうあれから一か月。
どれだけ大きくなったろうと思ってましたが、まだまだ小さく、顔は僕の手のひらと同じくらい。
 
とりあえず流行りのオムツアートをしてみました。
{8AD51BB3-3F36-4971-8B5D-127D78375017}
(1ヶ月、と読めますか?)
 
9月中旬には、東京で家族三人の生活が始まるのですが、今回の福岡出張の目的は、その予習。
噂に聞く、「夜中のギャン泣き」、「仮眠だけの毎日」に耐えて子育てする嫁と、共有するためです。
 
昨夜、嫁の実家に到着したのですが、早速その洗礼を受け、昨日は1~2時間おきに起こされた後、4時から4~5時間寝させてくれませんでした。
 
嫁と二人で会話しながら気を紛らわせることが出来ますから、まだ良いのでしょうけど、
これが一人だけで、誰にもわかってもらえず、毎日連続したら、さぞかし辛いのだろうと思います。
 
 
僕の良いところでもあり悪い所ところでもあるのですが、何でも楽しみながら行います。
子育ても、嫌いではなく、大変な中でも遊び要素を見つけて遊ぶ。
 
どこの赤ちゃんも同じだと思いますが、大変な子育ての中でも、コロコロと表情を変えますし、カワイイ姿をいつも見せてくれます。
 
ということで、授乳や抱っこをしている間に、「さきちゃんスタンプ」を作ってみました。
 
 
image
 
 

image
 
 
 
image
 
 
 
image
 
 
 
image
 
 
 

image
 
 

image
 
 
 
 
image
 
 
最後にオマケ。
幸呼が、西村ヒロチョと同じポーズをしてたので。
 
こんなの作ってるヒマがあるなら、仕事しろって感じですが。。。
 
 

【告知】

・9月9日10:30~12:30
お笑い数学教室~笑えて役立つ数学ネタ詰め合わせ~
 
・世界の憲法@チャンネルくらら

・東大数学攻略法@チャンネルくらら
 
・日本お笑い数学協会の小ネタ集が発売中!
 

◆平井基之の公式HP◆

私の活動内容、告知、東大合格塾の生徒募集ページ、お受けしているお仕事の内容などがまとまっています。こちらのページからご覧ください。
 

◆平井の東大合格塾 生徒募集ページ◆

日本一東大入試対策を徹底して行う塾です。こちらのページから、詳細をご覧ください。

 

◆歴史に学ぶ人生講座◆

日本一面白くてタメになる歴史の偉人講座を出張で行います!
AD

それほど真新しいわけでもない出産記録なんですが、好評でたくさんアクセス頂いたようです。ありがたいことです。

今日はひとまず最終回。出産後編です。
※僕が、出産を通して初めて知った事や驚いたことなどをまとめています。人それぞれらしいので、気軽に読んで下さい。

 

{51B3523D-8EAA-4E5A-94FC-7C1AD79B5E10}


出産直後

・出産直後、赤ちゃんは軽く拭かれてお母さんと対面。その後、すぐに足にマジックペンで名前を書かれる(親の苗字)。だから今もうちの子の足には「ヒライ」と書いてある。

そして体重を測ったり、身長を測ったりして、保育器に入れる。体温が下がるのを防止するため。

 

{A6AB628B-0D1A-4BC6-B26E-4001558B91B8}
(サービスショットです)


・2時間くらい保育器に入れられたまま放置。しかも半裸。(オムツだけ)

お母さんは別室で、切開の縫合、へその緒の切断などなど産後の処理(他人は部屋に入れないので、詳しくは知らない。)

一番の仕事は体力回復。

夫や家族はロビーかなんかで、二時間くらい放置される。でも、ガラス越しに生まれた直後の赤ちゃんを見てるだけで、別に全く飽きない。その後の嵐も知らずに・・・。

 

{24325740-471D-4825-91C4-D568E45499E0}


・でも、うちの子は昼の12:09に産まれたので、現実的に昼食を採ろうという話に。

 

・産後2時間くらい経つと、やっとお母さんと赤ちゃんが対面。初乳を与える。

お母さんは出産後すぐに母乳が出始めると思われるが、勘違い。出ないから、出るまで色々と奮闘する(後に書きます)
赤ちゃんも、生まれた直後は吸えない。口元に当てても上手く吸えないから、何度か練習させる。

 

・その後、次の日の朝までは、赤ちゃんとお母さんは別室で過ごす。父親としては、折角生まれたのに、一緒にいられないのは悲しい。けど、母親の方がもっと悲しいだろうと思う。

いや、もしかしたら、疲労感があり過ぎて、一緒にいない方が良いかも・・・。

 

{0D5C8301-30EF-4358-9F79-AF9F4CD7C407}


出産翌日以降のお母さん

・基本、寝たきり。切開した部分が痛くて、まともに動けない。寝てるか、頑張って座るか。

・出産直後は、血圧が上がる。(血液量が減ったから?)それに加え、極度の疲労感でほとんど何も出来ない。食欲もわかない。
 
・赤ちゃんが来たら来たで、母乳を与えなければならない。これが次の試練。
まず母乳が出ない。
対処方法は二つで、オッパイマッサージか、赤ちゃんに吸ってもらうか。
オッパイマッサージは、良くわからないが、要するに色々揉んでもらうらしい。
 
・赤ちゃんに吸ってもらうと、母乳を出さないといけないと体が反応するらしい。それでも数日間はほとんど出ないのだが、吸うことに意味がある。赤ちゃんにとっては吸う練習になる。吸ってるうちに癒されて寝てくれる。ほんのちょっとだけしか母乳は出なくても、それを吸う事で免疫力を保持するなど。
 
・お母さんは、出ない母乳を吸われて、激痛に耐える日々が続く。3日目くらいから開通する。(開通しない人も多数。)
開通すると、オッパイが張る感じになる。吸ってもらわないと痛い。でも吸われても痛い。どっちにしろ痛い。出産は痛いことばっかり。

・母乳は白いと思ってる人がいるが、母乳は白くない。初乳(初めに出る母乳)は黄色い。そのうち無色透明になる。
 
・産後も陣痛に苦しむ。昨日も書いたが、陣痛には3種類ある。産後に苦しむのは後陣痛。
これは、開いた子宮が収縮している時に生じるもの。生理痛と腰痛を合わせたような感じらしい。人によっては、本陣痛より痛いとのこと。
やはり、出産は痛い。
 
・出産中は男性は本当に無力でしかないが、出産後はまあまあ役に立つ。
そもそも母親はほとんど動けないから、必要なものを買いに行く(飲み物、消耗品など)、赤ちゃんの寝かしつけ、オムツ替えのサポート、掃除などなど、代わりに出来る。(だけど、別に必ずしも父親である必要はない。)
 
・父親としては、母親の精神的なフォローが一番だろうと思う。
実家の家族、病院の看護師さん、助産師さんなど、基本的に気を遣う相手ばかりだから、唯一気を遣わずに色々喋れるのが父親。
女性は喋ることでストレス発散するが、幸いなことに(赤ちゃんの)話題で事欠かない。
赤ちゃんの対応を一緒にしているという安心感を与えてあげると良いと思う。
「一人で子育てをしていない」と思ってもらいましょう。
 

出産翌日以降の赤ちゃん

・赤ちゃんは赤い。特に泣く時は、顔を真っ赤にする。

 

{7EA2FF89-A468-484C-B1FB-F0C9C1C5C121}


でも、出産直後は青い。紫みたいな色をしている。
{DD3329EF-BB09-4A96-9FE8-43B8F2C15A36}


・そして、赤ちゃんは黄色い。生まれた直後は黄疸(おうだん)が出来る。

 

{BF4DD693-8B7E-4A28-9D4B-40A573FBBA41}

胎児の時はへその緒を通して血液で酸素をもらっていたが、産後は自分で呼吸するようになるため、血液中の赤血球(酸素を運ぶ)の量を減らす。

すると日に日に黄色くなる。(かと言って、危険なわけではない)


・赤ちゃんも、生まれた直後から人。生まれた時には本当に「オギャー」という声で泣く。

次に確認出来たのは、産後30分後くらいのアクビ。そして翌日、私たちの病室に来て、しゃっくりをする(これが、メチャクチャ可愛くて、動画を撮った)


・翌々日には、オナラもしていた。4発くらい連発する。(これは、動画を撮ってない)

クシャミや咳は、気付いたらしてたので、いつからしてたか不明。それくらい頻繁。(泣くので、よく喉をつまらせるんだろう)

ちなみに、胎児の時にもしゃっくりは、よくしていた。定期的に胎動を感じるのですぐわかる。

 

・赤ちゃんの行動パターンは2択。泣くか寝るか。

つまり、ほとんど目が開かない(笑)。

たまに、泣き終わって寝るまでの間に、少しだけ機嫌よく起きてる時間があるが、その時だけ白目と黒目が見られる。

どう考えても、泣いている時より、機嫌よく起きてる時の方が可愛い。

でも、泣いてても可愛い。

 

・上に書いた通り、母乳が吸えない日が数日続く。だから、始めの一週間くらいは体重が減る。赤ちゃんはドンドン大きくなるイメージがあるが、実はそうではない。

 

・授乳は母親しか出来ない。しかし、それ以外は父親でも出来ることがある。

産後の極度の疲労感→切開の痛み+後陣痛の痛み→赤ちゃん対応で眠れない日々

とかなり壮絶な日々なので、男性が赤ちゃんの世話をしてあげると、かなり楽だと思います。

 

出産後の日々
・とにかく睡眠不足との勝負。

赤ちゃんが泣いたら、いつでも起きて寝かしつけなきゃいけない。

しかも、赤ちゃんは昼間は良く寝ていて、夜中はよく起きちゃう。そのため両親は赤ちゃんに合わせて、夜に寝れない日々が続く。
私も、正直なところ、この生活を強いられて、元気が出ずグッタリしている。

 

・赤ちゃんは、基本なぜ泣いてるか不明。色々やってると当たって泣き止む(下手な鉄砲作戦)

オムツ替え、母乳は基本。暑くて汗をかいても泣く。

泣いてるときは全身を動かして泣くが、そのせいで服がグチャグチャになって、さらに泣くこともある。

胎児の時は頭が下で、足が上の状態だが、生まれてからはそうはいかない。ということで、胎児の時と違う姿勢になったから泣く事もあるらしい。(回避不能)

オナラをすると泣き止むこともある。

さみしいとか、甘えたいから泣くこともある。

他には、電気を消したら、急に暗くなってしまって泣いたこともある。

自分でクシャミをして、それにビックリして泣いたこともある(回避不能)

泣く理由を常に探して、見つけては泣く。

 
・赤ちゃんが寝てるとき(平時)はリラックスして寝ていられるが、泣き出した瞬間から戦闘モード(有事)に入る。
まず、即座にオムツを脱がせて中の確認。オムツがキレイなままだったら、そのまま穿かせて服をキレイに整える。(そうしないと泣く)

・次は抱っこ作戦開始。
どんな抱き方がヒットするか分からないから、短時間に色々やってみる。横にしたり縦にしたり、背中を叩いてみたり、スクワットしてみたり、くすぐってみたり。
ちなみに、「たかいたかい」は禁止。首が座ってから。
この時、オナラをしてくれたらラッキー。大抵、オナラが出た瞬間に寝るので。

・抱っこしても泣き止まない時は、切り札の授乳。
少なくとも授乳中は泣き止むし、授乳すると体温が上がって眠くなる(大人と同じ)
ちなみに、授乳の準備中に(つまり母親が服をめくりあげてる途中に)、突然泣き止む(戦闘終了の合図)と、かなり悲しい空気になる。(せっかくめくったのに・・・)
夫として、妻にかける言葉もない。

・母親は赤ちゃんの泣き声に敏感だが、父親は鈍感。夜泣きしても、父親は起きないけど、母親は必ず起きてしまう

という話を聞いていたが、これ本当。何度か夜中に熟睡させてもらった。(ゴメン)

 

・男性が育児に関わろうと思ったら、主戦力(授乳)になれないまでも、後方支援はかなり出来ることが判明。

物資の援助(オムツを買う、飲み物を買うなど)

副戦力(オムツ替え、抱っこ、寝かしつけなど)

支援(授乳中に赤ちゃんの頭を支える、オムツ替えの時に足を抱えておくなど)

など、かなり役に立てる。

 
・お母さん一人で全てやろうとすると、かなり大変なことだと思う。

お父さんは仕事に疲れて帰ってくるだろうが、家に帰ってきた時に一言「大変だったね」と声をかけてあげるだけでも違うでしょう。

世の中の全てのお母さんを尊敬します。

 

{9BE5B395-5D74-4849-9946-7FF866D95C17}
山梨の実家から送られてきた桃とツーショット


3回に分けてお読み下さり、ありがとうございました!
これからも、たまに育児の記事を書きます。


《ブログランキングのクリックをお願いします》

←このアイコンのクリックをお願いします!!

 

東大生ブログランキング ←このアイコンのクリックした後、もう一度クリックお願いします!

 

◆平井基之の公式HP◆

活動内容、告知、考えていることなどがまとまっています。こちらのページからご覧ください。

 

◆平井基之へのアクセス◆
HPのお問い合わせページからどうぞお願いします。こちらのページです。

 

◆平井の東大合格塾 生徒募集ページ◆

日本一東大入試対策を徹底して行う塾です。こちらのページから、詳細をご覧ください。

 

◆告知、メディア出演など◆

現在発売中のもの、配信中の動画などはこちらのページに一括して載せてあります。

 

◆ブログシリーズ一覧◆
このブログの主なシリーズ一覧がこちらのページにまとめてあります。
 
◆お受けしている仕事の内容◆
受験生の指導、セミナー講師、お笑い数学イベントの開催、本やコラムの執筆など。
詳しくはこちらのページからどうぞ。
 
◆日本お笑い数学協会◆
数学をもっと面白く魅力的に伝え続ける、我々の活動内容はこちらのページから。
 
◆歴史に学ぶ人生講座◆
日本一、面白くてタメになる歴史の偉人講座を出張で行います!お問い合わせは㈱キャリアコンサルティング スピーカーズバンクから


AD