混乱させようとして書かれている!?

最近、東大模試のことばっかりでしたが、今日はもう少し裾野を広げて、場合の数・確率の話をします。

 

8月4日の記事で、場合の数・確率の単元で登場する、バラバラの概念を整理して書き始めましたが、今日は続きです。

私の中では、前回の記事と、今回の記事でセット。長いから分けただけで、続きの内容です。

 

「並べるのはP、選ぶのはC」は間違い

よく、並べるのはP、選ぶのはCを使って計算する

と言われますが、これ、間違いなのご存知でしょうか?

 

確かに、これで解ける問題はたくさんあるのですが、解けない問題も存在します。

すなわち、並べるのにCを使う問題が存在するのです。

 

では、どういう時にPを使い、どういう時にCを使うのか。

やはり、使い方を整理して覚えておかなければならないわけです。

 

また前回と同様、私のHPに整理して書きましたので、どうぞご覧くださいませ。

 

↓リンクはこちら↓

場合の数・確率を体系的に学ぼう② 「並べるのはP、選ぶのはC」は間違い

 

【告知】

・8月26日14:20~15:50
未来の先生展(先生向け)未来の先生展公式HP
 
・8月27日12:30~14:00
未来の先生展(小学生向け)未来の先生展公式HP
※日本お笑い数学協会への申し込みは不要です。未来の先生展に参加者としてお越しください。
 
・9月9日10:30~12:30
お笑い数学教室~笑えて役立つ数学ネタ詰め合わせ~
 
・世界の憲法@チャンネルくらら
 
・日本お笑い数学協会の小ネタ集が発売中!
 

◆平井基之の公式HP◆

私の活動内容、告知、東大合格塾の生徒募集ページ、お受けしているお仕事の内容などがまとまっています。こちらのページからご覧ください。
 

◆平井の東大合格塾 生徒募集ページ◆

日本一東大入試対策を徹底して行う塾です。こちらのページから、詳細をご覧ください。

 

◆歴史に学ぶ人生講座◆

日本一面白くてタメになる歴史の偉人講座を出張で行います!
AD

明日の東大模試の対策はいかがですか?

明日は河合塾主催の東大模試ですね。

東大受験生にとっては、ついに節目の勝負がやってきます。

東大入試の形式の問題は、慣れていないと中々点数が伸びません。

今から明日の対策・・・というと、流石に対策が取り切れませんが、東大入試の過去問分析に関しては、こちらのシリーズで書きました。もしよかったら、軽くご覧になってから受験して下さい。

中学生でも出来る東大過去問研究シリーズ

 

さらにさらに、お得な告知があります。

拙ブログでは、明日と明後日に行われる東大模試の数学の解説ブログを受験の翌日からアップする予定ですので、是非お楽しみにどうぞ。

 

東大に合格したければ、場合の数・確率をマスターしよう

さて、東大入試で必ず出ると言われている、場合の数・確率の問題ですが、皆さん得意ですか?

私の所感だと、得意・好きと答える生徒もいますが、多くが苦手で嫌いな単元だと答えます。

この原因として、教科書が体系的に書かれていないという事があります。

場合の数・確率の問題って、様々なパターンが出題されるんですけど、別解が多く存在する上に、パターン分けの見分けが付きにくい。

 

だから、問題集を解き終わっても、イマイチ頭が整理された気がしない。どういうパターンの時に、どのパターンを使えば良いか、分からないままになりがちです。

 

例えば、P(順列)とC(組み合わせ)の使い分け。
よく、並べるのがPで、選ぶのがCと説明されますが、並べるのにCを使って計算することがあるのは、ご存知でしょうか?

 

重複順列と重複組み合わせの違いは?
区別をするとか、区別をしないとか、どういう違いがあるの?
条件付き確率ってどういう何?

 

などなど、疑問が多く残る単元でもあります。
しかし、この辺りの疑問を解決すれば、大きな得点源にもなるはず。
という事で、何回かに分けて、場合の数・確率についてのポイントを書いていこうと思います。

このシリーズは、HPに書いていきますので、どうぞリンクから飛んでご覧くださいませ。

場合の数・確率を体系的に学ぼう①基礎概念の習得

 

《ブログランキングのクリックをお願いします》

←このアイコンのクリックをお願いします!!

 

東大生ブログランキング ←このアイコンのクリックした後、もう一度クリックお願いします!

 

◆平井基之の公式HP◆

活動内容、告知、考えていることなどがまとまっています。こちらのページからご覧ください。

 

◆平井基之へのアクセス◆
HPのお問い合わせページからどうぞお願いします。こちらのページです。

 

◆平井の東大合格塾 生徒募集ページ◆

日本一東大入試対策を徹底して行う塾です。こちらのページから、詳細をご覧ください。

 

◆告知、メディア出演など◆

現在発売中のもの、配信中の動画などはこちらのページに一括して載せてあります。

 

◆ブログシリーズ一覧◆
このブログの主なシリーズ一覧がこちらのページにまとめてあります。
 
◆お受けしている仕事の内容◆
受験生の指導、セミナー講師、お笑い数学イベントの開催、本やコラムの執筆など。
詳しくはこちらのページからどうぞ。
 
◆日本お笑い数学協会◆
数学をもっと面白く魅力的に伝え続ける、我々の活動内容はこちらのページから。
 
◆歴史に学ぶ人生講座◆
日本一、面白くてタメになる歴史の偉人講座を出張で行います!お問い合わせは㈱キャリアコンサルティング スピーカーズバンクから

 

 

 

AD

7月8日

★東大地理★
東大入試は、どの科目もほとんど記述問題です。
選択肢の問題はほとんどありません。
文系受験者なら、英語、地理、世界史に一部出ますが、それだけ。他は全て記述問題です。
配点で言うと、全科目の満点が440点なのに対し、選択肢の問題は100点未満しか出ないのではないでしょうか?
 
また、記述問題は採点に時間がかかりますから、東大入試の科目の順番は採点に時間がかかる順番になってます。
(国語→数学→理科社会→英語)
 
中でも、文系受験者のかなり多くが選択する地理は、記述量も多いし、時間もかかる。そのわりに、多科目に比べて時間がかけられないのがネック。
 
ということで、我が東大塾では、最小限の時間で最大限の得点を取れるように、地理の対策にもかなり力を入れてます。
 
日本一、過去問研究を徹底する
東大地理(に限らず、どの科目でも)は、過去問の焼き直しが多いのは、周知の事実。
ならば、過去問研究を徹底しようではないかと、日々コツコツと進めています。
但し、恐らく日本全国でも、かなり珍しい方法で行っていると思います。
 
普通であれば過去問を解いて、先生の解説を聞くのが一般的でしょう。
しかし、うちではそういう事はしません。
全員が先生になってもらいます。
 
具体的には、過去問の数問に対し、2時間かけて全員で議論し、教え合うスタイル。
生徒に問題を解いてきてもらうのは当然なんですが、一方的に解説を聞く時間はありません
全員が解説者となって、周りの人に解説するからです。
その上で、全員が納得する満点解答の作り方を導きだしています。
(ちなみに、僕も生徒に混ざって、あ~だこ~だ議論しています。)
 
解説を聞くより、遥かにレベルが上のことをする
解説するために授業に出席しますから、準備もかなり必要。
解説を聞くのに必要な準備のレベルと、解説をするのに必要な準備のレベルは、当然全く違います。
だから、解説を聞いてやっと納得する人の、遥か上のレベルで過去問研究を行える、というカラクリです。
数回やっただけでも、東大の求めているレベルがわかりますし、点数を落としてるところも、取れてるところも明確。
必要な知識がどの程度なのかはもちろん、記述の仕方のノウハウも、かなり洗練されてきています。
 
これは、一人では絶対に出来ません。
それなりの高い学力と広い知識を持った人が、少なくとも数人集まって初めて出来ることです。
僕も、この前東大に合格してから地理の復習はしていますし、地理で75%の得点を取って東大に合格した優秀なスタッフもいます。
生徒が持ち寄った答案をその場で採点、添削もして、記述の仕方も個別指導。
と、これだけ深くやっていると、見えてくるものも違います。
そのノウハウをブログで書くか分かりませんが、夏あたりにオープン講座を実施するかも!?
文系受験者がよく困る、数学と地理に強い、我が東大塾です。
 
《ブログランキングのクリックをお願いします》

←このアイコンのクリックをお願いします!!

 

東大生ブログランキング ←このアイコンのクリックした後、もう一度クリックお願いします!

 

◆平井基之の公式HP◆

活動内容、告知、考えていることなどがまとまっています。こちらのページからご覧ください。

 

◆平井基之へのアクセス◆
HPのお問い合わせページからどうぞお願いします。こちらのページです。

 

◆平井の東大合格塾 生徒募集ページ◆

日本一東大入試対策を徹底して行う塾です。こちらのページから、詳細をご覧ください。

 

◆告知、メディア出演など◆

現在発売中のもの、配信中の動画などはこちらのページに一括して載せてあります。

 

◆ブログシリーズ一覧◆
このブログの主なシリーズ一覧がこちらのページにまとめてあります。
 
◆お受けしている仕事の内容◆
受験生の指導、セミナー講師、お笑い数学イベントの開催、本やコラムの執筆など。
詳しくはこちらのページからどうぞ。
 
◆日本お笑い数学協会◆
数学をもっと面白く魅力的に伝え続ける、我々の活動内容はこちらのページから。
 
◆歴史に学ぶ人生講座◆
日本一、面白くてタメになる歴史の偉人講座を出張で行います!お問い合わせは㈱キャリアコンサルティング スピーカーズバンクから
 
AD