新著が5月18日に出ます!!

『理数アタマで読み解く日本史』

 

予約ページのリンクはここをクリック!

 

チャンネルくららで宣伝番組が放映!

5月18日に発売される 『理数アタマで読み解く日本史』(ハート出版) ですが、

チャンネルくらら様で宣伝番組が放映されています!

 

さて、どんな内容かというと・・・?

☆選挙クエスチョン☆

ある地区から4人の議員を選出する。 有権者は10万人で、投票率が50%だったとき、当選確実になる得票数はいくらか?

 

数学的には、小学生の算数でも解けるこの問題。

学校のカリキュラム的には、高1の数学Ⅰの不等式の範囲で登場します。

では、何票でしょうか!?

 

今、真面目に問題の解き方を考えてしまった方。

実は、とても恐ろしい思想誘導が起こっていたことに気が付きましたか!?

この問題を解けば解くほど、日本から民主主義が失われてしまうという構図があるのです。

 

なぜ、そんなことになるの!?

問題の答えと解説は!?

 

と思う方は、本を買うか、動画をご覧くださいませー。

Amazonの本の購入ページはこちら

 

<書籍の紹介>

『ビジネスで差がつく論理アタマのつくり方』(ダイヤモンド社)Amazon購入ページ

 

『笑う数学』(KADOKAWA)Amazon販売ページ

 

日本お笑い数学協会の小ネタ集 販売ページ

 

『理数アタマで読み解く日本史』(ハート出版) 2018年5月18日発売予定!

予約ページはこちら

 

<動画>

・動画番組『チャンネルくらら』様にて、レギュラー出演中!

Youtubeで「チャンネルくらら 平井基之」で検索お願いします。

対象:政治経済、歴史などの教養に興味がある方など

 

・動画番組『お笑い数学教室』にてレギュラー講師として出演中!

Youtubeで「お笑い数学教室 平井基之」で検索をお願いします。

対象:お笑いが好きな方、中学生の方、中学生以上のお子様がいらっしゃる方。

 

<平井基之のHP>

公式HPのリンク

お仕事の依頼、活動内容、塾生募集ページなど

 

新著が5月18日に出ます!!

『理数アタマで読み解く日本史』

 

昨日Amazonのページが出来ました!

予約ページのリンクはここをクリック!

 

憲法をベン図で説明してみた

先日の、「憲法記念日」を受けて、巷では憲法論議が盛んなようですね。

しかし、世間で行われているのって憲法論議に見えて「憲法典論議」。つまり、憲法典ばかりに注目して、全体像が見えていないのです。

 

と聞いてピンと来ない人のために、数学のベン図を使って説明してみましょう!

 

ベン図とは、下のような図のこと。 早いと中学受験の算数から登場します。

 

憲法を語るときには、憲法と憲法典の2種類を考えなければなりません。

「憲法」とは、その国の歴史文化伝統そのもののこと。 対して、「憲法典」とは憲法のうち、国家体制などを文字にして条文にしたものです。 (法学部に進学すると、実質的憲法と形式的憲法という言葉で習うようです。)

 

現在の日本国憲法は、第1条、第2条……と条文がありますから、もちろん2つのうち、憲法典にあたります。

しかし、憲法典は憲法のほんの一部にしかすぎません。

憲法(歴史文化伝統)があって、初めて憲法典(条文)が考えられるからです。

 

憲法典は、条文などの文字にしたものですから、当然ながら人間の手によって作られます。

では、何を参考にして作るかというと、その国の歴史文化伝統です。

日本でいえば、日本の歴史文化伝統を踏まえて、日本の憲法典を作るということになります。

 

ということで、先ほどもお見せしたこの図

のように、外枠の四角(歴史文化伝統)に収まった、丸(憲法典)のような図になるんですね。

 

ここで話が終わりなら良いのですが、残念ながら終わりません。

現在、日本で使われている日本国憲法(つまり憲法典)をベン図で描こうとすると、まったく異なる図になってしまうのです。

 

では、

・どのような図で描けば良い?

・憲法って改正した方が良いの?

・他の国の憲法ってどんな感じなの?(アメリカ憲法、イギリス憲法)

・憲法論議をする上で、注意しなければならないポイントは?

などなど、憲法に関する疑問は、 5月18日に発売される『理数アタマで読み解く日本史』で、たっぷり解説しています。

 

小学生でもわかるベン図で解説!

どうぞお楽しみになさってくださいませ。

Amazonの予約ページはここをクリック!

 

<書籍の紹介>

『ビジネスで差がつく論理アタマのつくり方』(ダイヤモンド社)Amazon購入ページ

 

『笑う数学』(KADOKAWA)Amazon販売ページ

 

日本お笑い数学協会の小ネタ集 販売ページ

 

『理数アタマで読み解く日本史』(ハート出版) 2018年5月18日発売予定!

予約ページはこちら

 

<動画>

・動画番組『チャンネルくらら』様にて、レギュラー出演中!

Youtubeで「チャンネルくらら 平井基之」で検索お願いします。

対象:政治経済、歴史などの教養に興味がある方など

 

・動画番組『お笑い数学教室』にてレギュラー講師として出演中!

Youtubeで「お笑い数学教室 平井基之」で検索をお願いします。

対象:お笑いが好きな方、中学生の方、中学生以上のお子様がいらっしゃる方。

 

<平井基之のHP>

公式HPのリンク

お仕事の依頼、活動内容、塾生募集ページなど

 

新著が5月18日に出ます!!

『理数アタマで読み解く日本史』

 

昨日Amazonのページが出来ました!

予約ページのリンクはここをクリック!

 

 

2012年東大国語 第一問(現代文)の(1)の解説

国語の読解については、たまに扱っているテーマですが、今回は東大の現代文の解説に着手してみようと思います。

 

現代文の教え方は先生によってマチマチ。

数学の授業は全国どこにいっても、ある程度は同じような授業が受けられますが、国語はピンキリと聞きます。

特に、記述問題の書き方は、良い先生に当たらないと、何も習得せず終わることも多々。

先生選びに、特に気を付けて下さい。

 

トップ層の生徒の東大対策法

さて、このブログをご覧下さっている方であれば、幣塾でゼミ授業を行っていることをご存知でしょう。

そして、ゼミ授業では各社の解答比較を行っています。

有名進学校や、各教育機関のトップ講師も行っているという噂は聞きますが、これが本当に大事。特に国語と社会では、必ず行った方が良いと思います。

 

そして、やれば分かりますが、各社バラバラです。

確かに共通点はあります。パッと見ると同じ解答のようにも見えます。 しかし、三大予備校が、ピタリ一致しているわけではなくバラバラ。

ということで私は、東大入試の模範解答は(採点者を除いて)誰にも分からないと解釈しています。

そこで幣塾では「正解は誰にも分からないけど、正解に近づくことはできる」ということで、塾生一同で知恵を絞っています。

と前置きが長くなりましたが、現時点の分析結果のご紹介です。

 

続きは、HPのこちらのリンクでご覧いただけます。

 

<書籍の紹介>

『ビジネスで差がつく論理アタマのつくり方』(ダイヤモンド社)Amazon購入ページ

 

『笑う数学』(KADOKAWA)Amazon販売ページ

 

日本お笑い数学協会の小ネタ集 販売ページ

 

『理数アタマで読み解く日本史』(ハート出版) 2018年5月18日発売予定!

予約ページはこちら

 

<動画>

・動画番組『チャンネルくらら』様にて、レギュラー出演中!

Youtubeで「チャンネルくらら 平井基之」で検索お願いします。

対象:政治経済、歴史などの教養に興味がある方など

 

・動画番組『お笑い数学教室』にてレギュラー講師として出演中!

Youtubeで「お笑い数学教室 平井基之」で検索をお願いします。

対象:お笑いが好きな方、中学生の方、中学生以上のお子様がいらっしゃる方。

 

<平井基之のHP>

公式HPのリンク

お仕事の依頼、活動内容、塾生募集ページなど

 

新著のデザインとタイトルを発表!!

 

さあさあ、ついに書影が出来ましたよ!

そして、本のタイトルも決定!

『理数アタマで読み解く日本史』

 

書影、カッコイイ!

倉山先生、ちょっと怖い(笑)

ついに、僕の顔写真も本に載っちゃいますか。半年前には考えられない話でしたが。

 

簡単な数字や、ちょっと考え方を変えると、これまでと違った歴史の見方が出来ます、という本です。

5月18日発売!!

お楽しみに!!

 

 

<書籍の紹介>

『ビジネスで差がつく論理アタマのつくり方』(ダイヤモンド社)Amazon購入ページ

 

『笑う数学』(KADOKAWA)Amazon販売ページ

 

日本お笑い数学協会の小ネタ集 販売ページ

 

『理数アタマで読み解く日本史』(ハート出版) 2018年5月18日発売予定!

 

<動画>

・動画番組『チャンネルくらら』様にて、レギュラー出演中!

Youtubeで「チャンネルくらら 平井基之」で検索お願いします。

対象:政治経済、歴史などの教養に興味がある方など

 

・動画番組『お笑い数学教室』にてレギュラー講師として出演中!

Youtubeで「お笑い数学教室 平井基之」で検索をお願いします。

対象:お笑いが好きな方、中学生の方、中学生以上のお子様がいらっしゃる方。

 

<平井基之のHP>

公式HPのリンク

お仕事の依頼、活動内容、塾生募集ページなど

 
数学で、いきなり解き始めるのはアウト

久しぶりに、受験の内容を。

うちの塾の看板でもある、「東大文系受験者のためだけの数学講座」ですが、ちょっとだけ内容を公開しましょう。

 

こんなことをやっています。

 

 

文系受験者にとって、数学は悩みの種。

難しい年では20~30点ほど、ここ3年の簡単な年でも40点ほどが当落ラインになることが多いそう。 

他科目が6割以上の得点を目指すのが普通なのに対して、数学は点数の取り辛い科目の証拠です。

逆に、数学でぶっちぎれると、合格がグッと近づくとも言える。

 

だからこそ、数学のノウハウを頭に叩き込むのが良いのですが、ここでポイントを一つ。

 

「問題演習と解法の暗記だけでは、絶対に到達できない領域がある。

そしてそれは、意外にも近くにある。」

 

どの問題集を解くか、どの先生の解説を聞くかばかりが気になっているうちは、弱者の戦い方しかできません。

入試問題の問題文を見るだけで、これくらいは情報を読み取れなければ、上から目線で東大数学を見ることはできない。

 

1文字も書かずに勝利を確信出来る方法を伝授しているのが、幣塾です。

 

<書籍の紹介>

『ビジネスで差がつく論理アタマのつくり方』(ダイヤモンド社)Amazon購入ページ

 

『笑う数学』(KADOKAWA)Amazon販売ページ

 

日本お笑い数学協会の小ネタ集 販売ページ

 

『理数アタマで読み解く日本史』(ハート出版) 2018年5月18日発売予定!

 

<動画>

・動画番組『チャンネルくらら』様にて、レギュラー出演中!

Youtubeで「チャンネルくらら 平井基之」で検索お願いします。

対象:政治経済、歴史などの教養に興味がある方など

 

・動画番組『お笑い数学教室』にてレギュラー講師として出演中!

Youtubeで「お笑い数学教室 平井基之」で検索をお願いします。

対象:お笑いが好きな方、中学生の方、中学生以上のお子様がいらっしゃる方。

 

<平井基之のHP>

公式HPのリンク

お仕事の依頼、活動内容、塾生募集ページなど