地球の乗り物

テーマ:
身近な乗り物の話。

僕たちが普段利用する乗り物は、タイヤや車輪で地面を走ったり、軌道を走ったり。
プロペラやジェットで空を飛んだり、水面を移動したりする。

その動力の上物形状や運航場所は様々。
だけど中身は大して変わらない。
モーターやエンジンが大きいか小さいか。
回転するエネルギーを推進力に換えている。

これらが地球を代表するほとんどの乗り物の心臓部。
エネルギー源は、ガソリンや電気あるいはガス。

もしこれらのエネルギーをほとんど必要とせず、
全く違う発想のエンジンを発見したら、社会的に大混乱が起こるだろう。
世の中は激変し、常識は一変する。

さて一体何が起こるか?

くもり

UFOと宇宙科学博物館 コスモアイル羽咋

AD

地球製の動力源

テーマ:

身近な動力の話。

誰も意識してないけど、身の回りにはモーターだらけ。

モーターなど回転体は、エアコン・換気扇・扇風機だけではない。
自動車には何十個と利用されているし、
家電製品にはほとんどモーターが使われている。


もちろん携帯もね。

とんでもない数のモーターが生産され、日常で使われている。
その電力消費量たるや、生みだした電力の大半を消費している。

しかし、モーターが発明されてもう200年近く。
その形状はほとんど変わっていない。

これもある日全く違う形になるかもしれない。


蓄音器を発明したエジソンも、まさか100年ちょっ とで、

回転させずに音楽が再生出来るとは思ってなかったかも?


晴れ



UFOと宇宙科学博物館 コスモアイル羽咋

AD