テレビの存在

テーマ:
テレビの存在

僕が日テレに入社した昭和30年代初頭、
テレビはモチロン白黒だった。

テレビは、街頭で観るのがまだ一般的で、
街頭テレビではアメリカの悪役役レスラーを、
力道山が倒すという、痛快なプロレスが人気だった。
テレビが家にあるお宅には人が集まった。

その後、カラー放送が始まり、テレビ業界も大きく変わった。
カラーテレビ発売当初の価格は、自動車が買えるほどだった。

そして、40年後にはアナログからデジタル化へ。
この春、アナログ変換放送が終了すると、
アナログテレビは完全に姿を消すことになる。

テレビはこの半世紀ちょっとで、
方式も形態も価格も、見る場所もライフスタイルも変えてきた。

みなさんは、今、テレビに何を求めるだろうか?


雲の上はいつも晴れ、あなたは幸人!

※情景模型制作プロの作品 昭和の風景
✩僕は入社前、日本テレビは力道山の会社だと思っていた。
✩テレビが一家の中心に存在した時代もあった。

◆メルマガ『Encounter.遭遇』
ブログやフェイスブックじゃ書けない記事満載!!詳細はコチラ
http://theory.ne.jp/yaoi_junichi

◆UFOと宇宙科学博物館 コスモアイル羽咋
名誉館長
http://www.hakui.ne.jp/ufo/

◆矢追純一公式ホームページ
宇宙塾主宰
http://spacian.net/

◆新WEB「エンカウンター」要チェック!
https://www.encounter-web.com/
AD

日本は喫煙大国だった

テーマ:

これ正真正銘日本国内の話し。


最近の若い人には信じがたい時代があった。


しかもつい十数年前までのこと。


今考えると、恐ろしいことにこの国、いつでもどこでも喫煙OKだった。東南アジアのようにどこでも灰皿。


しかもつい最近まで。


ホーム・線路・道路・車内・社内どこでもタバコの煙と吸い殻だらけだった。


今じゃ考えられないけど、飛行機内も会議中も喫煙可能だった。


国際線など長時間フライトの時などたまったものじゃなかった。


電車で禁煙席と喫煙席の分煙車両になったのもそう昔ではない。


よくここまでキレイニなったものだと思う。


知らないと、ええ!!??となるが、ホントの話し。


このコメントを読んだあなたは幸せになれる準備が出来た!



僕たち知らないことだらけ 矢追純一オフィシャルブログ

晴れ



UFOと宇宙科学博物館 コスモアイル羽咋

AD

いつかUFOみたいに

テーマ:
火を噴いて上昇するロケット映像見るたび、あ~あ・・ロケット花火だよね~と思う。

未だ正確に解明出来ていない重力と戦い、轟音と共に登っていく様は、迫力満点だけどこれが僕ら地球を代表する最先端科学技術。

いつかは静かに、火も噴かずに、環境にも悪影響しないロケットが出来るだろう。

UFOが環境に良いか悪いかは分からない。

$僕たち知らないことだらけ 矢追純一オフィシャルブログ

くもり



UFOと宇宙科学博物館 コスモアイル羽咋
AD

激変する社会  Changing world

テーマ:

手軽に写真撮影やスピードの早い乗り物は、わずか100年ちょっと前の人々からすれば、驚くべき進化技術だろう。



携帯やネットに至っては、宇宙人か?と言うぐらいの信じがたいアイテムと思う。

今、これらの技術が出発点なら、たかだか50年先でも、どんな技術が発達するのか誰が予測できるだろ?


みんなはどう予測する?

By viewing from a people of 100 years ago, taking picture and fast transportation are the great revolution of technology.


They can never believe the mobile phone and internet.


They just look like a the technology of alien.


If these technologies are just begun, who knows what will happen in 50 years later.


晴れ

激変した社会  Changed world

テーマ:

僕たちはカメラを持つことで、ラーメンや街の景色、UFO やウメの写真を撮ることができる。


また、移動手段は、電車・飛行機を使って時短が可能になった。そして、進化した携帯やネットの瞬間コミュニケーションなどと合わせて、自在に時空間を切り取ったり、買ったりすることが出来るようになった。

まだまだ危うい技術もあるが、2世代前の人からみたら世の中激変したのは間違いない。


We can take pictures of ramen, view of town, UFO or plum with a camera. And now, it's possible for us to transport quickly taking a train or an airplane.
Then, we can cut the time and space using the combination of advanced mobile phone and internet communication.

Some technologies are still uncertain, but it is sure that world has dramatically changed when viewed from a people of two generations ago.


晴れ