wikiにみる左翼の狂態

テーマ:

wikipediaのDoronpaの項目でいろいろと書かれている旨をブログ読者の方から連絡頂きました。
該当項目をみますと「中立的な観点」の注意が貼られており、編集合戦のようなことが行われていたようです。ノートにその経緯が書かれているのですが、ずいぶんとリベラルを名乗る方は私の言動がお気に召さないようであることが分かります。

誤解のないように一点だけ注意しておくなら、同項目の「その他活動や言動」には
>まるで朝鮮人・中国人が本質的に非倫理的な文化を持っていると主張するかのような発言を行った。
と書かれていますが、
私は「主張するかのような発言を行った」のではなく「主張している」のです。
朝鮮人や支那人の過去から現在に至る残虐極まりない行動をみれば、彼らが人の命に何らとして価値観を持っていないのは明白であり、これを非倫理的と呼ばずしてなんというのでしょうか?
支那における現在進行形のチベット住民大虐殺、東トルキスタンで核実験を強行しあるいは漢民族入植によって民族浄化を行い、一般都市部でも企業の横暴は目に余り、立ち退きに従わなければ企業に雇われた暴徒が住民たちを襲い官憲は見て見ぬふり…。あげていけばきりがないほどに彼らの非倫理的言動は日常茶飯事のこととなっています。また朝鮮でも済州島4・3事件や光州事件などの例をだすまでもなく、戦後においても国家による住民虐殺の歴史をたどってきており、現在では残虐な殺人事件や強姦事件などの発生率は日本よりはるかに高い数字を出し、これもまた非倫理的社会の一端を表しているといえるでしょう。

さらに、支那人や朝鮮人は対象が日本であれば、よりいっそう残虐な事件を起こします。支那や朝鮮からの留学生受け入れを行い、身元引受人をしていた日本の老夫婦の家にその留学生たちが押し込み二人を殺害し金品を強奪したり、数万円の現金を奪うために子供を含めた一家四人を殺害し港に沈めた支那人もいました。支那人・朝鮮人の日本での残虐な事件の数々を個々の例としてあげればきりがなく、さらに日本における外国人犯罪の6割が支那人と朝鮮人によって占められているという事実も考える必要があります。
ようするに、
まともな知性と感覚を持っていれば支那人・朝鮮人がいかに非倫理的存在であるか理解できるはずなのですが、左翼思想で頭がおかしくなっている輩には「支那人や朝鮮人は天使のような存在」に映っているのかもしれません。

先のノートでは馬鹿の一つ覚えのように私の言動をもって「レイシスト」(人種差別主義者)呼ばわりしていましたが、そういう自分は自らの考えと合わないものを許さず、他者の言動に誹謗中傷を浴びせ圧殺しようとするファシスト(全体主義者)と呼ばれる存在だと気が付いていないのだから何をかいわんやです。堂々と論戦を持って臨むのなら受けて立ちますが、こうしたリベラルを名乗るファシストは大抵の場合、思い込みや妄想・願望で発言することが多く、歴史的経緯も理解しなければ現在進行形の人倫に反する支那朝鮮の言動すら知らないか、あえて目をつぶるかのどちらかです。
朝鮮の非倫理的文化の起こりについて、私は中世朝鮮社会(高麗から李朝)における地域的身分制度(属群属県制度、郷・部曲制度など)や個別身分制度(職業的身分制度、白丁を含む八般私賤など)に起因するものと考えています。リベラルを自称するファシストはこのような歴史的経緯に基づいて朝鮮半島で非倫理的文化が根付いていく過程などまったく勉強しておらず、
支那・朝鮮の真実を明らかにすることを「レイシスト」と狂ったように叫んで、口を閉ざすことを強要するのです。こうしたリベラルを自称するファシストの言動は非民主的であると同時に、支那・朝鮮の危険性をあえて無視することで、日本国民が支那人や朝鮮人の犯罪に巻き込まれることを是認する犯罪ほう助の行為であると断じます。
世界には人類一般と価値観を異にし、日本で犯罪を行うことを英雄行為と思っている輩が存在しています。どんなに理想を唱えようとこれが現実なのです。
日本にとって支那人・朝鮮人の存在や言動は人間存在への重大な挑戦であると言わざるを得ないのです。

この支那人・朝鮮人による邪悪な反日プロパガンダが世界にまき散らされようとしている現在、私たちはこれに対抗していく方法を早急に考えていかなければなりません。そして、その答えとなるべく6月24日(日)代々木八幡区民会館において No! Korea ~韓国への反論がここからはじまる~ が開催されます。これまでになかった連続講演では、多彩な講師陣が反日プロパガンダ・在日問題・外国人参政権問題・従軍慰安婦問題を初心者にも分かりやすく解説します。
特に従軍慰安婦問題では『慰安婦と戦場の性』(新潮社)の著者であり、同問題研究の第一人者としても知られる秦郁彦先生を講師にお迎えすることができました。入場無料、150席ほどを一般開放する予定です。皆さまの積極的なご参加を心よりお待ちしております。詳しくはこちら の在特会公式サイトにて確認ください。


<在特会福岡講演のお知らせ>


在日特権を許さない市民の会 福岡講演
~これでも在日特権を許しますか?~

主催:在日特権を許さない市民の会 福岡支部


日時:平成19年6月3日(日)

    開場13:00 開始13:30 終了予定17:00


入場料:無料

定員:50名(非会員の方も参加できます)

場所:
エルガーラホール7F 第一会議室 (福岡市中央区天神1-4-2)
地下鉄空港線天神駅より徒歩5分、地下鉄七隈線天神南駅より徒歩1分
西鉄福岡(天神)駅より徒歩2分、天神バスセンターより徒歩3分
詳しくは → http://www.elgalahall.co.jp/

内容:
第一部 桜井誠講演  『在日無年金訴訟から始まった在特会の活動』 
第二部 佐谷正幸講演 『朝鮮人強制連行の嘘と炭鉱労働の実態』
第三部 出演者によるフリートーク

     (司会は新井知真、会場からの質問も受付けます)

佐谷正幸プロフィール 
昭和7年、福岡県飯塚市生まれ。
九大工学部採鉱学科卒業後、三菱鉱業にて石炭採掘業務に従事。
日本会議福岡、新しい歴史教科書を作る会などに参加。

著書『炭鉱の真実と栄光』など


詳しい参加方法などは

在特会公式サイト(http://www.zaitokukai.com/ )をご覧ください。



福岡講演ポスター



<今週のお勧め書籍>

山野 車輪
韓国のなかの日本 マンガ:韓国・新発見ツアー/日韓国境突入:編


秦 郁彦
慰安婦と戦場の性



人気ランキングバナー

↑↑↑
このブログを支持される方はこちらをクリックしてください。

AD

亜細亜の夢

テーマ:

私は夢をみる。
支那朝鮮なき亜細亜の夢をみる。
そこでは亜細亜は輝いて存在している。
無論、支那朝鮮なき亜細亜でも争いはある。
だが、いかなる国同士の争いも知性と亜細亜的寛容さで解決されていく。

印度は亜細亜発展の中核を担い、台湾や東南諸国は日本から印度へ続く弧月回廊の中継国家として栄えている。
各地の港に立ち寄る船乗りたちは日々の疲れを一杯の麦酒とその地の美味にて癒し、再び船で次の目的地を目指す。
支那なき亜細亜地域は過度の軍事的緊張を抱える必要がなく、軍備への負担を経済に回しかつての日本のように社会発展や基盤整備に国費を振り向けることができた。
多くの国が支那朝鮮なき世界で輝いて存在している。

日本はどうだろうか?
日本は亜細亜における覇者ではない。
日本は亜細亜を脱したのではない。
ただ、亜細亜の先を進んだだけである。
欧米によって蹂躙されてきた亜細亜の未来を切り開き、後ろから日本を見つめる亜細亜の国々に進むべき道を指し示すことが日本に課せられた責務だった。


日本は亜細亜の道標である。


しかし、世界を暗雲が覆いつくす。
知性の欠片も亜細亜的寛容さも持たぬ支那朝鮮が漆黒の闇となって存在する世界が戻ってくる。
夢から覚めた現実は、支那朝鮮によってかき回され傷ついた亜細亜がそこにあるだけだ。
底なしの欲望に満ちた支那は、経済的軍事的に亜細亜の支配者となることを夢みて各地で紛争の種を撒き散らし、自分たちに逆らうものは次々虐殺している。支那の行く手を阻む亜細亜の砦たる日本を叩くため、世界各地で虚偽歪曲捏造の日本の悪事を仕立て上げ、日本を貶めている。
支那二千年属国として寄生虫のように卑しく生きてきた朝鮮は、嫉妬や劣等感で反日を狂ったように叫び醜態をさらし続けている。

支那朝鮮の影を引きずる亜細亜は傷つき、互いに疑心暗鬼になり、争いは絶え間なく続き、人々はただ悲しみの涙を浮かべるだけではないか。
日本は支那朝鮮の有様に右往左往し、彼らの誹謗中傷、悪行三昧をただ黙ってみているだけである。

この悪夢のような現実、暗闇を照らし出してくれる光が差し込むことを願いながら、私たちはただ座り込んでいる。
だが、どんなに待ってもそれは与えられない。
暗闇を恐れず立ち上がり、現実と戦う決意を持った者の心にのみ光は差し込むのだから。


<お知らせ>

前々回の記事にある『マンガ嫌日流』(金城模著、晋遊舎)へのカウンタープロパガンダとして反日マンガの世界 (晋遊舎、900円)が3月23日に発売
されます。同書では各執筆陣が各国の反日マンガを取り上げて紹介し、その内容について考察する形になります。桜井が担当しましたのが、この『マンガ嫌日流』への検証・反論です。狂気の反日にトチ狂った愚かな韓国人の主張には辟易するものですが、この反論を通じて読者の皆さまに韓国人の異常性を再認識して頂ければと思う次第です。国外のみならず国内でも平然と陳列される反日マンガの存在は、今の病んだ日本の悲しい姿を現しているのかもしれません。インターネットブックサービス、お近くの書店などで見かけられた際にはぜひご購読下さい。


人気ランキングバナー

↑↑↑
このブログを支持される方はこちらをクリックしてください。

AD

『嫌日流』(金城摸著)を読む前に…

テーマ:

中央日報の記事 によると『嫌日流』金城摸(キム・ソンモ)著が日本でも発売されるようです。
この本に関しては去年の暮れあたりに「2006年の春にも出版か?」という記事が躍っていましたが、結局半年遅れの今年の八月末に韓国で出版されています。元々(漫画本を含めて)本を読む習慣が殆どない韓国ではあまり話題になっていないようです。

また、その出版が遅れた間にいわゆる『偽者嫌日流』が出版されています。佯病説(ヤン・ビョンソル)という頭のおかしい韓国人による日本誹謗中傷一色の妄想虚言本が『嫌日流』の同名タイトルで先に出版されるという、いかにも韓国らしい間抜けな騒動でした。本物にしても『嫌日流』というタイトルから分かるとおり全くオリジナリティの欠片もなく、
『嫌韓流』をあれだけ罵倒しながらその『嫌韓流』の知名度のおこぼれに預かろうというのだから言語的寄生虫の謗りを受けても当然と言えるでしょう。

日本では10月末に出版されるそうですが、東亜細亜問題研究会 の小池氏が韓国から直接同書を取り寄せ原文を読了しています。先日、小池氏とお会いした際に少しだけ見せて頂きました。劇画タッチの漫画となっており、韓国人の顔とは思えない美化誇張された主人公の男がネットで自分に寄せられた誹謗中傷をきっかけに日本人達を次々論破して行き、韓国の正当性を主張するという内容です。漫画では当然のように日本の男は醜く描かれているのですが、何故か日本女性「ノリコ」は綺麗に描かれている辺りを見ると、
韓国男の哀れなまでの日本女性への憧れを垣間見ることが出来て非常に興味深いものです。
内容的な事を小池氏に伺ったところ、北朝鮮のミサイルによって軍国主義を目指す日本の姿を糾弾したり、竹島・靖国といったいつものステレオタイプの反日だそうです。同書の最後では「韓流に嫉妬する日本」について少し触れているとの事でした。韓流についてはこれまでも多くの人が指摘していますように全くの捏造と言ってよいものであり、自分たちで作った虚構をいつの間にか本当だと思い込む精神疾患パラノイアの症状が多くの韓国人に蔓延している様子がこの辺りから伺えます。
本全体については「日本側からの反論がない」「説教くさい」もので「面白くない」というのが小池氏の感想です。

最初に述べましたように、この本は現在韓国ではあまり話題になっていません。ざっと見た感じでも一般の韓国漫画としてみれば吹き出しの中の文字数が多く、文字アレルギーに近い愚かな一般韓国人にとっては苦痛な漫画ではないかと思うのです。韓国の放送広告公社の調べでは、
韓国人の月間平均読書量は0.8冊と1冊にも満たない数字です。呉善花女史の『「反日」を捨てる韓国』 の中で「国民一人あたりの年間平均読書量が世界一低い」韓国の実態についても言及されていますように、とにかく韓国人は本を読まないのです。だからこそでしょうか、この『嫌日流』だけでなく韓国で出版される様々な反日・嫌日本の類は、明確なソースによる裏づけや論理的な構成によって反論されるのではなく、常に感情論や思い込みだけで韓国人の正当性を訴える薄っぺらな内容のものが多くなっています。

韓国では日本人が書いた韓国批判本というのが殆どありません。日本人は元々の自虐体質なのか自分達を批判する本を異常なくらい好んで購読しますが、韓国人は自分達を批判するものは断じて許さないという愚癖がありますので、ただでさえ本を読まないのに批判本などより一層遠ざけるきらいがあります。
書籍販売のビジネスとして成り立たない韓国の現状は理解しますが、
その意義を考えれば『嫌日流』を日本で販売することよりも『嫌韓流』を韓国で販売することを心から望むものです。


人気ランキングバナー

↑↑↑
このブログを支持される方はこちらをクリックしてください。

AD

韓国人による「君が代」侮辱のススメ

テーマ:

皆さんにとって「君が代」とはなんでしょうか?
もちろん様々な意見がありますが、多くの日本人にとって君が代は国歌であり国の象徴です。もちろん日の丸も同じでしょう。

私は韓国の事を決して好きではありませんが、韓国の愛国歌を替え歌にするなど侮辱したり、太極旗を燃やそうとは絶対に思いません。これまで韓国では反日愚民デモで日の丸が焼かれ小泉人形が焼かれるなど愚かな反日が繰り広げられてきました。しかし、それを目の当たりにしてきた日本人は韓国に嫌悪感を持つことはあっても、誰も太極旗を燃やすような人はいませんでした。
どんなに嫌いな国であってもその国を象徴し、その国の人間が敬意を込める対象を侮辱する事は、法に触れる触れない以前に日本人には出来ないのです。

もちろんこうした日本人だけでなく、恐らく世界中の多くの人たちが持っているであろう「他国への敬意」という概念が韓国人に存在しない事は今更言うまでもありませんし、愚民にそのようなものを求めても無意味だと言う事も理解しております。しかし、それでも韓国を代表する新聞メディアの特派員が、君が代を侮辱する事を奨めたり、「君が代」を国歌として定めた日本政府に問題があるという記事を書いている事に、深い憤りを感じるものであります。日本への最低限の敬意を持つことも許されない愚民社会であるにしてもこうした記事を配信する事は、
反日の前に思考停止した知性無き獣である韓国人をさらに反日に駆り立て、またより一層の君が代・日の丸への侮辱行為が進むのではないでしょうか?結果としてみれば、さらにそれが日本での嫌韓感情を広げていき、最終的に取り返しのつかないところまで進むかも知れません。

無論、今回の記事元にもある自国を誹謗中傷する事に快感を覚える変態極左教師たちの排除はもちろん、狂った教えを受けた子供たちに「決して日本は間違った事ばかりしてきた訳ではない」正しい歴史を教えて矯正する事は、日本人自身の責任で早急に行わなければならないものです。

最後に朝鮮日報2006年5月31日付けの記事を紹介します。
この記事を見て皆さんは何を感じるでしょうか?


【記者手帳】日本の新世代と「君が代」

元高校教諭の藤田勝久被告が30日、日本の裁判所から20万円の罰金刑を言い渡された。2004年に在職していた都立高校の卒業式で騒動を起こし、式の進行を2分間妨害したという理由だった。この程度の容疑で懲役八カ月を求刑した検察より理性的だったとはいえ、罪を認めたのは裁判所も同様だった。

藤田被告のより大きな罪は、日本の国歌を拒むように訴えたことだった。教師は父兄たちに向かい、国歌が流れる際に起立しないように呼びかけた。これを制止する教職員といざこざが起こる過程で2分遅れたのだ。もちろん、暴力もなかった。

卒業生らは藤田被告が退出した直後に入場した。藤田被告の騒動を知らなかった。国歌が流れた。卒業生の90%が着席したままだった。教職員が「起立しろ」と怒鳴りつけたが効果はなかった。生徒たちの完勝だった。5カ月前、東京都教育委員は国歌が流れる際、生徒たちに起立を義務づけた。生徒たちに惨敗した教育委員会が藤田被告への腹いせを行ったのだ。

もちろん、国民が国歌を拒否するのはおかしい。しかし、天皇の永遠の統治を願う日本の国歌『君が代』は愛国を歌う韓国の愛国歌とは異なる。靖国神社と同様「天皇のための死」を象徴する軍国主義の残滓(ざんし)が残っている。そもそも「君が代」を国歌に定めた日本政府に問題があるというわけだ。

29日、日本の新聞で「君が代」の歌詞を“死にゆく…”従軍慰安婦の女性たちの恨みを歌う歌詞に変えて歌う日本の学生の抵抗が紹介された。

歌詞を読んでみると、日本の若い学生たちの真剣さに驚いた。現在もこのような教師がおり、このような学生たちが日本の社会ですくすくと育っているということを読者の皆様に伝えたい。


----------------------------------------------------

● 出版物のお知らせ ●

反日妄言撃退マニュアル (桜井誠著、晋遊舎、2005年12月、定価800円)

マンガ嫌韓流2 (山野車輪著、晋遊舎、2006年2月、定価1,000円)

マンガ嫌韓流公式ガイドブック (晋遊舎、2006年2月、定価600円)


● リンク ●

本サイト(ネットラジオ放送中)
Doronpa's Page  ~不思議の国の韓国~

韓国生討論(掲示板)

東亜細亜問題研究会公式サイト


● ブログランキング ●

人気ランキングバナー

↑↑↑
このブログを支持される方はこちらをクリックしてください。

盧武鉉大統領 韓日関係に対する特別談話 全文

テーマ:

読者の皆様には日頃よりDoronpaの独り言をご覧頂き有難うございます。当ブログでは皆様より寄せられた投稿文を随時掲載しております。

本日のブログは東亜細亜問題研究会幹事を務めます小池修氏より投稿を頂戴しました。

4月25日(月)の朝に行われた盧武鉉反日発狂演説の翻訳文です。

論評抜きで下線部より掲載致します。



----------------------------------------------------


尊敬する国民のみなさん、独島は我々の地です。ただ我々の地であるのではなく40年の痛恨の歴史がはっきりと刻まれている歴史の地なのです。独島は日本の韓半島侵奪過程で一番最初に併呑された我々の地です。日本が露日戦争中に戦争遂行を目的に編入し占領した地です。


露日戦争は帝国主義日本が韓国に対する支配権を確保するために起こした韓半島侵略戦争です。日本は露日戦争を契機として我々の地に軍隊を上陸させ韓半島を占領しました。軍隊を動員して王宮を包囲し、皇室と政府を脅迫して韓日議定書を強制的に締結し、土地と韓国民を思うままに徴発し、軍事施設を思うままに設置しました。我々の国土の一部で一方的に軍政を実施し、後には財政権と外交権までも剥奪し、我々の主権を蹂躙しました。


日本はこの渦中に独島を自国領土に編入し、望楼と電線を架設して戦争に利用したのです。そして韓半島に対する軍事的占領状態を継続しながら国権を剥脱し、植民地支配権を確保しました。


いま日本が独島に対する権利を主張することは帝国主義侵略戦争による占領地の権利、ひいては過去の植民地領土権を主張することです。これは韓国の完全な開放と独立を否定する行為です。さらにまた過去日本が犯した侵略戦争と虐殺、四十年間に及んだ収奪と拷問・投獄、強制徴用、甚だしきに至っては慰安婦まで動員したその犯罪の歴史に対する正当性を主張する行為です。我々は決してこれを受け入れることができません。


我々国民にとって独島は完全な主権回復の象徴です。靖国神社参拝、歴史教科書問題とともに過去の歴史に対する日本の認識、そして未来の韓日関係と東アジアの平和に対する日本の意志を見極める試金石です。日本が誤った歴史を美化し、それに基づいた権利を主張する限り、韓日間の友好関係は決して正しく築くことができません。日本がこれらの問題に執着する限り、我々は韓日関係の未来と東アジアの平和に対する日本のどのような修辞も信じることができないでしょう。どのような経済的利害関係も、そして文化的な交流もこの壁を溶かすことはできないでしょう。


韓日間では未だ排他的経済水域の境界が画定できていません。これは日本が独島を自分の領土だと主張し、そのために独島基点にまで固執しているからです。東海海底地名問題は排他的経済水域の問題と連関しています。排他的水域の境界が合意されていないなか、日本が我々の水域を不当に先占しているので、これを正そうするのは我々の当然の権利です。


従って日本が東海海底地名問題に対する不当な主張を放棄しない限り、排他的経済水域に関する問題ももはや先送りすることのできない問題となり、結局独島問題もこれ以上静かな対応で管理できない問題となりました。


独島を紛争地域化しようとする日本の意図を憂慮する見解がなくはありませんが、私たちにとって独島は単純に小さい島に対する領有権の問題ではなく、日本との関係において誤った歴史の清算と完全な主権確立を象徴する問題なのです。公開的に堂々と対処していかなければならないことです。


尊敬する国民のみなさん、今後政府は独島問題に対する対応方針を全面再検討します。独島問題を日本の歴史教科書歪曲、靖国神社参拝問題とともに韓日両国の過去史清算と歴史認識、自主独立の歴史と主権守護の次元で正面から取り扱っていきます。


物理的な挑発に対しては強力に断固として対応しいきます。世界の輿論と日本国民に日本政府の不当な処置を絶え間なく告発していきます。日本政府が誤りを正す時まで全国家的力量と外交的資源を全て動員して持続的に努力していきます。


その他にも必要なあらゆることを実行します。いかなる費用と犠牲が伴うとしても決して放棄したり妥協したりすることのできない問題だからです。


私は我々の歴史を冒涜し韓国民の自尊を阻害する日本政府の一連の行為が日本国民の普遍的な認識に基づいているわけではないという期待を持っています。韓日間の友好関係、ひいては東アジアの平和を危うくする行為が決して正しいことでも、日本にとって得になることでもないという事実を日本国民達もよく知っているからです。我々が感情的対応を自制し冷静に対応しなければならない理由もここにあります。


日本国民と指導者達に丁重に頼みます。我々はこれ以上新たな謝罪を要求はしません。既に累次行った謝罪と符合する行動を要求するだけです。誤った歴史を美化したり正当化したりする行為を韓国の主権と国民的自尊心を侮辱する行為を中止してくれということです。韓国に対する特別な待遇を要求するのではなく、国際社会の普遍的な価値と基準に合う行動を要求するのです。歴史の真実と人類社会の良心の前に率直で謙虚になることを望むのです。


日本が隣の国に対して、ひいては国際社会においてこの基準で行動するとき、ようやく日本は経済の大きさ見合った成熟した国、さらに国際社会で主導的な役割をすることのできる国家として立つようになるのです。


国民の皆さん、我々は植民支配のつらい歴史にも拘わらず日本と善隣友好の歴史を新しく綴るため不断に努力してきました。両国は民主主義と市場経済という共同の指向のなかで互恵と平等、平和と繁栄という目標に向かって前進して来、大きな関係発展を成し遂げました。


今や両国は共同の指向と目標を恒久的に持続するためにより一層努力しなければなりません。両国関係を飛び越えて東北アジアの平和と繁栄、さらには世界の平和と繁栄にともに貢献しなければなりません。そのためには過去史の正しい認識と清算、主権の相互尊重という信頼が重要です。


日本は帝国主義侵略の暗い過去を果敢に払いのけて立ち直らなければなりません。21世紀の東北アジアの平和と繁栄、さらに世界の平和に向かう日本の決断を期待します。ありがとうございました。



翻訳は小池が担当いたしました。ご自由に引用下さい。訳者の至らなかった点については読者諸賢のご批判、ご叱正をお願いする次第であります。なお翻訳するに当たって連合ニュース青瓦台公式サイト の談話文原稿を参考にしました。原稿と実際の談話が異なる部分は後者を採っています。


----------------------------------------------------


● 出版物のお知らせ ●

反日妄言撃退マニュアル (桜井誠著、晋遊舎、2005年12月、定価800円)

マンガ嫌韓流2 (山野車輪著、晋遊舎、2006年2月、定価1,000円)

マンガ嫌韓流公式ガイドブック (晋遊舎、2006年2月、定価600円)


● リンク ●

本サイト Doronpa's Page  ~不思議の国の韓国~

韓国生討論(掲示板)

東亜細亜問題研究会公式サイト (仮移転中)


● ブログランキング ●

人気ランキングバナー

↑↑↑
このブログを支持される方はこちらをクリックしてください。