人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

公式生放送 (ふわっち)

https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01


公式生放送 (ツイキャス)
http://twitcasting.tv/doronpa01

桜井誠 twitter
https://twitter.com/Doronpa01 
 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 

本文

 

行動する保守運動では韓国人を呼んでの反日デモ、キャンドルデモへのカウンター及び8月15日の反天連による反日反靖国不敬デモへの抗議活動を実施します。キャンドルデモでは毎年、韓国人をわざわざ本国から呼び寄せて、プレ8月15日とばかりに「ヤスクニの闇を糾弾しよう」「ヤスクニいらない!」と絶叫するデモ行進を行う彼らに対しての抗議活動です。今では行動する保守ばかりではなく、右翼・民族派の皆さんも全面的な抗議活動を行うようになり、毎年神田神保町交差点は反日売国の徒 vs 愛国派の市民の激烈な戦いが繰り広げられるようになりました。今年の行動する保守は現場責任者に新しく手を挙げてくれた山戸俊宏氏を迎えてカウンターを実施します。少しずつ新陳代謝を行いながら、行動する保守運動は新しい人材を迎えていきます。是非皆さま8月12日(土)のカウンター活動にご参加下さい。

 

また、8月15日(火)はこちらも例年通りなっていますが、反天連主催の反日反靖国不敬デモが靖国神社前で行われます。天皇陛下の骸骨人形を掲げて、「天皇制(天皇という存在は「制度」という言葉が生まれるはるか以前から存在ており制度ではありませんが、制度であるから潰して良いとする共産主義者の屑どもが作った造語です)を潰せ」「靖国神社を破壊しろ」と堂々と靖国神社の目の前で行われる反日反靖国不敬デモに対して、行動する保守運動は断固戦いを挑んでています。出来るなら、この日に騒ぎを起こしたくない気持ちは皆さんと同じですが、だからといって誰も抗議の声を上げなければ彼らの主張を認めたことになります。これまでの何もしないことを美徳とする似非保守から生まれ変わった行動する保守運動は、靖国神社前を騒がせることになっても彼らが反日を叫び続ける限り、我々もまた日本を守ろうと声を上げ続けます。8月15日(火)の抗議活動に一人でも多くの国を愛する国民が参加されることを期待します。

 

なお、今回の8月15日の行動する保守運動主催のカウンター行動は二隊に分けて行います。一隊は堀切笹美氏を現場責任者として、毎年2000人ほどの方が集まるようになった九段下交差点に置きます。そしてもう一隊は道添隆寛氏を現場責任者として、最初から韓国YMCA前に置いて抗議の声を上げます。反天連のやりたい放題のデモを許容していけません。是非共に声を上げましょう!

 

 

反靖国・反天皇・極左キャンドルデモへのカウンター
 

日本国、英霊を罵るヘイトスピーチを絶対許さない!

毎年8月15日を目前に反日極左集団が首都東京で大規模な反日キャンドルデモを繰り返しています。このデモは韓国などから多くの反日活動家達を呼び、靖国神社の破壊 、「天皇制いらない」と主張しています。反日デモ粉砕! 入管法違反の外国人の政治活動の禁止、外国人の即時逮捕を求めて極左キャンドルデモにカウンターを行います。

【集合日時】
平成29年8月12日(土)

18時00分集合

18時30分開始

【集合場所】
神保町交差点
地下鉄神保町駅A5番出口付近集合
http://map.enjoytokyo.jp/spot/?id=l_00006397

【主催】
行動する保守運動

【現場責任者】
山戸俊宏
   
【注意事項】
集合時間、集合場所は変更する場合があります。

ご注意下さい。

※ 当日は、動画撮影が入りますので各自対応お願いします
※ 日章旗・旭日旗・Z旗・手作りプラカード・拡声器の持ち込み大歓迎
※ 現場責任者に従い秩序ある行動をお願いいたします
※ 許可のない取材はお断りしております。

 

 

8・15 反天連撃退戦 反日勢力から日本を守り抜こう!

 

今年も反天連や極左暴力集団が、日本を侮辱し靖国神社の目の前を通るデモ行進を行おうとしております。今の日本があるのは、先人たちが命がけで戦ってくれたおかげです。それを侮辱し靖国解体を叫ぶ反日連中に抗議の声をあげるため、反天連のデモ出発地点前を陣取り抗議行動を行います。

【集合日時】
平成29年8月15日(火)

14時00分 集合 
14時30分 開始


【集合場所】
韓国YMCA前
東京都千代田区猿楽町2丁目5−5

http://urx2.nu/ETiQ

【最寄り駅】
神保町駅東口・水道橋駅A5出口から
徒歩約5分

【主催】
行動する保守運動

【現場責任者】
道添隆寛

【注意事項】
開始時間・場所に変更がある場合があります。

ご注意下さい。

 

※ 現場責任者の指示に必ず従ってください
※ 公式・非公式を問わず撮影が入るため各自対応ください
※ 国旗・旭日旗・Z旗の持ち込み大歓迎
※ 抗議の内容に沿ったプラカード持ち込み大歓迎
※ しばき隊、関係者の立ち入りを禁止します

 

 

8・15 反日勢力包囲殲滅・ 反日勢力から日本を守り抜こう!

 

反日勢力包囲殲滅!
反日勢力から日本を守り抜こう!
 

残念ながら、今年も反天連や反日極左暴力集団が、靖国神社の目の前で英霊を侮辱し、国旗にバツ印をつけながらデモ行進とは名ばかりの日本そのものを破壊しようとするテロリズムが今年も行われようとしております。
多くの方が慰霊の為に訪れる靖国神社前において、テロリズムが白昼行なわれる異常な光景を終止符を打ち、英霊たちの名誉を取り戻し、静かに慰霊を捧げる本来の靖国神社の姿に戻す為には、多くの人達の力が必要です。
日本そのものに狙いを定めた反日極左暴力集団のテロリズムに怒りを覚え、そして、英霊の名誉を守りたいと願う、すべての心ある日本国民に集結を呼びかけるとともに、日本を破壊しようとする極左暴力集団に直接怒りの声をぶつけます!

【集合日時】
平成29年8月15日(火)

14時30分 集合
15時00分 開始


【集合場所】
九段下交差点

http://urx2.nu/ETiT

【最寄り駅】
メトロ半蔵門線・東西線、都営新宿線

九段下駅 5番出口すぐ

【主催】
行動する保守運動

【現場責任者】
堀切笹美

【注意事項】

開始時間・場所に変更がある場合があります。

ご注意下さい。


※ 現場責任者の指示に必ず従ってください
※ 公式・非公式を問わず撮影が入るため各自対応ください
※ 国旗・旭日旗・Z旗の持ち込み大歓迎
※ 抗議の内容に沿ったプラカード持ち込み大歓迎
※ しばき隊、反対勢力の関係者の立ち入りを禁止します

 

 

追記

8月6日の『芸州安芸乃国(広島)講演会』、8月9日の『長崎講演会』ともに会場を公表していますが、参加希望の方は事前申し込みをお願いします。当日参加は出来ませんのでご留意願います。

 

 

 

人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<日本第一党からのお知らせ>

 

日本第一党では以下の勉強会、集会の参加希望者を募集しています。党員の皆様は党公式サイトから講演情報掲示板にお進み頂き、日時や場所などの詳細を確認下さい。また各講演会ごとで一般(非党員)の方も観覧希望の申し込みを頂けます。以下の告知は7月26日付です。

 

 

【残り36席】 日本第一党 四国四県合同講演会

日本第一党党首桜井誠が、ついに一連の講演会の旅で四国初上陸!阿波踊りの徳島、うどんの香川、道後温泉の愛媛、四万十川の高知の四県で成り立つ自然豊かなこの地でも例外なく反日左翼が様々な形で浸食しています。今こそ、自虐史観から脱却するべく四国は徳島の地で桜井誠が舌鋒鋭く切り込みます!日本一の演説を誇る桜井誠節を聞きに皆様ぜひお越し下さい!!

受付期間 平成29年7月24日(月)~平成29年8月16日(水)
※ 申し込み期限前であっても定員に達し次第受付は終了します。
※ 講演会終了後、党員限定で懇親会を開催します。こちらも奮ってご参加下さい。
※ 懇親会のみのご参加は受け付けておりませんので予めご了承下さい。

【日時】
平成29年9月2日(土)
13:00開場 13:30開演

【場所】
徳島市内

【予定】
13:00 受付開始

13:25 注意事項

13:30 開会の挨拶

     国歌斉唱

<講演会第一部>

13:35 基調講演 先崎玲
    『未定』

14:00 講演 桜井誠
    『未定』

15:00 休憩

<講演会第二部>

15:10 対談 桜井誠+先崎玲
    『未定』

15:40 質疑応答  

16:00 閉会挨拶

【座席数(残席)】
45席(36席)
※ 7月26日現在


【講演会参加費】
お一人様 1,500円
※ 懇親会の会場は別途ご連絡します。

【申し込み方法】
下記の確認事項について同意の上
住所、氏名、(党員の方は)党員番号

電話番号、懇親会の出欠を記載して

sikokukouen@japan-first.net

までご応募下さい。
登録は先着順とさせて頂きます。

★ご注意下さい★
数日経っても返信が届かない場合はメールの初期設定で迷惑メールに入ってしまっている可能性があります。
返信が届かない場合は一度設定をご確認頂き、chihou@japan-first.net までご連絡下さい。

【確認事項】
日本第一党に対する敵対勢力の関係者、元関係者、それらの支持者でないこと
会場責任者及びスタッフの指示・要請に従うこと(従えない場合は退去頂きます)
会場責任者及びスタッフから退去を命じられた場合は、異議を申し立てず、速やかに退去すること

【主催】
日本第一党

【会場責任者】
池内寿香

【生放送】
ふわっち・ツイキャスにて13:30より放送予定
https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01
http://twitcasting.tv/doronpa01/

【注意事項】
撮影が入りますので各自対応をお願いします。
主催者の許可のない録音・録画は固くお断りします。
その他、会場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします

 

 

【残り24席】 日本第一党 芸州安芸乃国講演会

 

核三原則と言う言葉が有ります。「作らない、持たない、持ち込ませない」実はもう1つ有ります。「語らせない」そう、戦後日本は左翼の言論弾圧により核武装を語ることさえ許されなかったのです。世界初の原子爆弾投下より72年目となりましたこの広島の地で、桜井誠に存分に吠えて貰います!そして戦後左翼から現代左翼まで、桜井誠が斬って斬って斬りまくる!!来場必須!乞うご期待下さい。


※ 観覧希望者受付
平成29年7月30日(日)まで (党員・一般とも)
 

【日時】
平成29年8月6日(日)
13:30開場 14:00開演

【会場】
広島市文化交流会館 3F 会議室 『十字星』

※ 事前申し込みをされていない方は入場出来ません

【予定】
13:30 受付開始

13:55 注意事項

14:00 開会の挨拶

      国歌斉唱

<講演会第一部>

14:05 講演 直江武
     『八月六日 広島の現状』

14:30  講演 廣谷和彦
     『後毘に伝えん』

15:00 講演 先崎玲
     『慰霊の式典』

15:30 休憩

<講演会第二部>

15:40 講演 桜井誠
     『反日左翼は何故支那・朝鮮の核に黙るのか?』

16:10 座談会 桜井誠+先崎玲+直江武+廣谷和彦
     『日本を守るために必要な心構え』

16:30 閉会挨拶

【座席数(残席)】
100席(24席)
※ 7月26日現在

【講演会参加費】
お一人様 1,000円

【申し込み方法】
下記の確認事項について同意の上住所、氏名、党員番号、電話番号を記載し

hiroshimakouen@japan-first.net

までご応募下さい。
先着順にて受付します。

【確認事項】
日本第一党に対する敵対勢力の関係者、元関係者、それらの支持者でないこと
会場責任者及びスタッフの指示・要請に従うこと(従えない場合は退去頂きます)
会場責任者及びスタッフから退去を命じられた場合は、異議を申し立てず、速やかに退去すること

【主催】
日本第一党 広島県本部

【会場責任者】
直江武 (日本第一党 広島県本部長)

【生放送】
ふわっち・ツイキャスにて14:00より放送予定
https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01
http://twitcasting.tv/doronpa01/

【注意事項】
撮影が入りますので各自対応をお願いします。
主催者の許可のない録音・録画は固くお断りします。
その他、会場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします。

 

 

【残り20席】 日本第一党 8月9日 長崎講演会

 

世界唯一の被爆国だからこそ 核武装 を急げ!

日本第一党党首桜井誠が広島に続いて長崎で反日左翼をぶった斬り!なぜ彼らは支那・朝鮮の核に抗議の声を上げないのか?日本を守るために我々は何をなすべきか?を問いかける講演会です。長崎及び近隣県在住の皆様には是非とも本講演会に足をお運び頂けますようお願いします。

※ 観覧希望者受付
平成29年8月2日(水)まで (党員・一般とも)

【日時】
平成29年8月9日(水)
13:30開場 14:00開演

【場所】

東横INN 長崎駅前 会議室

※ 事前申し込みをされていない方は入場出来ません


【予定】
13:30 受付開始

13:55 注意事項

14:00 開会の挨拶

     国歌斉唱

<講演会第一部>

14:05 講演 先崎玲
     『覚悟を持って』

14:35 講演 桜井誠
    『極東アジアの核事情とお花畑日本』

15:20 休憩

<講演会第二部>

15:30 対談 桜井誠+先崎玲
    『核兵器は何故日本に必要なのか?』

16:00 質疑応答  

16:30 閉会挨拶

【座席数(残席)】
40席(20席)
※ 7月26日現在

【講演会参加費】
お一人様 1,000円

【申し込み方法】
下記の確認事項について同意の上
住所、氏名、党員番号、電話番号、懇親会の出欠を記載し、

nagasakikouen@japan-first.net

までご応募下さい。
登録は先着順とさせて頂きます。

【確認事項】
日本第一党に対する敵対勢力の関係者、元関係者、それらの支持者でないこと
会場責任者及びスタッフの指示・要請に従うこと(従えない場合は退去頂きます)
会場責任者及びスタッフから退去を命じられた場合は、異議を申し立てず、速やかに退去すること

【主催】
日本第一党

【会場責任者】
先崎玲

【生放送】
ふわっち・ツイキャスにて14:00より放送予定
https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01
http://twitcasting.tv/doronpa01/

【注意事項】
撮影が入りますので各自対応をお願いします。
主催者の許可のない録音・録画は固くお断りします。
その他、会場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<新刊のお知らせ>

 

『 日本第一党宣言 』 (桜井誠著、1296円、青林堂)

平成29年5月20日より発売です!

 

 

Amazon書籍ランキング

政党部門 1位

日本の政治部門 1位

 

日本第一主義、ジャパンファーストの神髄が詰まった一冊です。日本で一番早くジャパンファーストの旗を掲げて戦った桜井誠の都知事選後の心境の変化も書き綴っています。日本に蔓延る○○ファーストの先駆けとなったジャパンファーストは、どうして生まれたのか?なぜ日本第一主義、ジャパンファーストを掲げて戦ったのか?など様々疑問に答える一冊に仕上がりました。

 

日本を取り巻く各論、豊洲問題、外国人生活保護問題、外国人による健康保険のタダ乗り状態問題など、ジャパンファーストの見地からバッサリ斬りこむ大胆な主張。この一冊で「日本の問題点の解決法」「日本第一党は何故出来たのか」など多くのことが分かります。

 

全国の書店、Amazonなどのブックサイトで発売中です。まだご購読されていないブログ読者の皆さまは是非、この機会にお買い求め頂ければと思います。平成29年5月20日から発売の『 日本第一党宣言 』を宜しくお願いします。


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<日本第一党 入党のご案内>

 

日本第一党(略称、日本一)では党員を募集しています。

是非、日本一の公式サイトにお進み頂き、綱領・政策を吟味下さい。日本第一党がどのような政党なのかを十分理解されたうえで、入党を希望される方は規約をご覧下さい。規約には日本一への入党に際しての決まり事が記載されています。また入党条件は日本国民であることが求められています。

 

すべての諸要件に同意された場合は入党案内へお進み下さい。入党申込書をプリントアウト、必要事項を自筆で記載、返信用と党員番号送付用封筒に82円切手を二枚添えて、日本第一党事務局まで送付下さい。折り返し、事務局より振込用紙が届きますので、指示に従って党費を入金ください。党費の振込確認が出来れば、貴方は日本第一党党員です。

 

日本一の党員をお待ちしています!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<行動する保守運動からのお願い>

行動する保守運動では口座を開設し広く寄付を呼びかけています。寄せられた寄付は活動費用の他、今後予定している選挙への支援などに使わせて頂きます。皆様からの温かいご支援で成り立つ行動する保守運動の活動です。よろしくお願いします。

ゆうちょ銀行からのお振込み
記号 10010
番号 40796851
コウドウスルホシュウンドウ

ゆうちょ銀行以外からのお振込み
店名 〇〇八(読み ゼロゼロハチ)
店番 008
普通預金
口座番号 4079685
コウドウスルホシュウンドウ


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<署名のお願い>
 

日韓通貨スワップ再開に断固反対!

 

平成28年8月27日(土)、担当閣僚らによる日韓財務会議が韓国ソウルで開かれました。韓国側から「再開の要請があれば通貨スワップについて検討する」と発言していた麻生太郎財務大臣でしたが、結局韓国側からの要請があったものと推測される中で、日韓通貨スワップ再開に向けた協議が決まりました。


日韓通貨スワップは韓国だけを利する協定であり、これまで日本は無償で韓国経済の裏付けをしてきたようなものでした。しかし、そのことについて韓国から一言のお礼どころか、反日妄動を繰り返し、挙句通貨スワップも必要がないと斬り捨てるに至ったのです。この韓国側の動きは、支那側との密接な関係が進んだことによるもので、事実、日韓通貨スワップが切れると今度は支那との間に通貨スワップを取り交わすコウモリ外交を韓国は行ったのでした。

 

しかしその後、韓国は、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を在韓米軍に配備するなど、支那側と衝突を繰り返すようになり、通貨スワップについても、韓国は支那に頼るわけにはいかなくなったのです。そのため、日本に対し再度、通貨スワップを求める事大主義(より強いものに付く主義)の恥知らずな外交を展開しているのです。

 

まだ通貨スワップ再開が決まったわけではありませんが、韓国の愚かなまでの事大主義に振り回され、いつものように韓国のいいなりになり、韓国だけを利する、日本に何の利益ももたらさない、日韓通貨スワップ再開に断固反対します!

 

※ 平成28年9月12日、署名第一弾を財務省に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第二弾を財務省に提出済

 

 

慰安婦問題の日韓合意に絶対反対します!

平成27年12月28日に電撃的に結ばれた慰安婦問題に関する日韓合意について、行動する保守運動は絶対反対を表明します。この決定はお金の問題ではなく、先人の名誉を傷つけ泥を塗る行為であり、それを保守本流を自認する自民党のトップが行ったことに対して抗議します。

多くの人にとって凡そ十億円「ぽっち」のお金で片が付くのなら安いものと思っているかも知れませんが、まずもって韓国が約束を守ることはなく、さらに先述のように先人を強姦魔だ、殺人鬼だと罵るに等しい合意は断じて認めることが出来ません。

賛同頂ける方は是非上記サイトからご署名をお願いします。皆さまの怒りを携え、内閣府に署名を提出したいと思います。

※ 平成28年2月12日、署名第一弾を内閣府に提出済
※ 平成28年9月12日、署名第二弾を内閣府に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第三弾を内閣府に提出済

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<お知らせ>

保守系裁判支援団体 すみれの会

http://ameblo.jp/saibanshiensumirenokai/entry-12158861617.html

 

この度、保守系裁判を支援する保守系裁判支援団体すみれの会を設立致しました。皆様もご存じの通り、保守活動に於きましては裁判に至るケースが多々ございますがそれに依って生じる裁判費用の負担が大きいのが現状です。

 

その為、本会は保守活動の裁判に掛かる費用を支援する為に支援団体を設立するとともに支援口座を開設し、広く皆様にご支援を呼びかけ保守活動をどんどん支援していきたいと考えております。どうか皆様のご支援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

保守系裁判支援団体 すみれの会

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

 

日本第一党


行動する保守運動 

在日特権を許さない市民の会

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報

大鑑巨砲主義

正義の味方

AD

行動する保守運動の未来

 
人気ブログランキングへ  

公式チャンネル
http://ch.nicovideo.jp/zaitoku

桜井誠 twitter

https://twitter.com/Doronpa01  

東京新聞の自称佐藤圭なる記者(本名かどうかは分かりません)が先日14日に川崎で行われた「反日を許すな!川崎デモ」について「川崎中1殺害事件をだしに差別扇動」と仮にも新聞記者を名乗る人物がデモの内容を精査せずに差別を連呼していました。


これは自称佐藤記者だけではなく他のメディアもそうですが、行動する保守運動を敵視する勢力はその主張が何であれすべて「差別」に抑え込み、私たちの主張を社会の片隅に追いやろうと血眼になっています。


しかしすでにメディアの役割は終わったといえるものであり、ネットを最大限に活用した行動する保守運動は共感を広げ大嫌韓時代を作り上げることに成功しました。「韓国を批判することは差別ではない」を合言葉にこれまで主張したくても主張できなかった日本側の言い分を堂々と訴えることができるようになったのです。


国民世論の66%が韓国に信頼をおいていない(内閣府、平成26年末調査結果)現状において韓国を擁護するメディアこそが少数派であり、韓国を批判し糾弾する行動する保守運動こそが多数派に切り替わったのです。


社会の激変、世論の地殻変動に気付かない或いは気付かない振りをしているメディアは自分たちこそがオピニオンリーダーであるとの自負心を持っていました。だからこそネットを利用した世論の地殻変動など認めることができず、行動する保守運動を少しでも押さえ込もうとあの手この手の妨害を仕掛けています。


確かにまだまだ道半ばであり今後も行動する保守運動の目指す道は果てしなく遠く、また既存メディアはもとより運動の障害となる団体なども必ず出てくると思います。そうした状況において一つ事を成そうというのですから、誤解や偏見を招くことは当然だと私は考えるのです。


我が国の将来にとって何が一番大切なのかをひとりひとりが真剣に考え、そしてひとりひとりが心強くあって誤解や偏見を吹き飛ばし歴史を変えるだけの情熱を持ってほしいと心から願います。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<行動する保守運動 生放送>

Straight Talk #21 ~ こちらハートフルな放送局 ~
平成27年3月19日(木) 19:30から
http://live.nicovideo.jp/gate/lv213669519



Straight Talk #22 ~ こちらハートフルな放送局 ~
平成27年3月24日(火) 19:00 ~ 20:00
http://live.nicovideo.jp/gate/lv214286062


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<書籍案内>


~ 御礼!十万部突破 ~

桜井誠が書き下ろした渾身の一作  『大嫌韓時代  』 (青林堂、定価1296円) 全国の書店で絶賛発売中!

※ 『大嫌韓時代  』 の書名をクリックすると書籍販売サイトに移動します

桜井自身八冊目の書下ろしとなる今作では「在特会」をメインに構成した内容になります。李明博から朴槿惠に至る日韓関係の様々な問題を主軸に在特会が何故誕生し、何を成してきたのか? 或いは行動する保守運動の原点について初めて詳細に語っています。


大嫌韓時代  

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

在日特権を許さない市民の会

行動する保守運動のカレンダー全国版

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報

大鑑巨砲主義

正義の味方

AD