人気ブログランキングへ  

公式チャンネル
http://ch.nicovideo.jp/zaitoku

桜井誠 twitter

https://twitter.com/Doronpa01  

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。このブログの他、在特会公式チャンネルのブロマガ、またチャンネル放送二件(Makoトーク、きまぐれ オレンジ☆ラジオ)、在特会公式アカウント放送一件(Straight Talk)を放送しています。


公式チャンネルのブロマガはブログよりちょっとだけ踏み込んだ内容になっています。三日に一回の割合で更新中。ブログと共に愛読頂ければ幸いです。ブロマガは公式チャンネルにご入会なされるかチケット購入でご覧頂けますので是非この機会に公式チャンネルへのご入会をお勧めします。


在特会公式チャンネル ブロマガ

http://ch.nicovideo.jp/zaitoku/blomaga


また公式チャンネルでは有料放送として「Makoトーク」や「きまぐれ オレンジ☆ラジオ」を放送中です。公式アカウントでは無料放送として「Straight Talk」をお届けしています。Straight Talkは皆さまからの質問や疑問に応える双方向性の番組を目指しています。日頃疑問に思っていることなどお気軽にお尋ね下さい。MCを務める桜井が懇切丁寧に解説いたします。皆さまからのお便りが番組を作ります。ご一緒に番組を作っていきましょう!


Straight Talkへの質問や疑問などはこちらへ

doronpa01@gmail.com


在特会ではこうした楽しい番組の他、講演会や集会、デモ行進などをチャンネル内で放送していく予定です。今後の予定として「黒ヤギさんの食べちゃうぞ」(在特会八木会長によるフリートーク)、八木康洋のヘイトスピーチ講座などを流していきます。


皆さまのご支持ご協力を何卒よろしくお願いします。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<書籍案内>

~ 御礼!十万部突破 ~

桜井誠が書き下ろした渾身の一作  『大嫌韓時代  』 (青林堂、定価1296円) 全国の書店で絶賛発売中!

※ 『大嫌韓時代  』 の書名をクリックすると書籍販売サイトに移動します

桜井自身八冊目の書下ろしとなる今作では「在特会」をメインに構成した内容になります。李明博から朴槿惠に至る日韓関係の様々な問題を主軸に在特会が何故誕生し、何を成してきたのか? 或いは行動する保守運動の原点について初めて詳細に語っています。


大嫌韓時代  

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

在日特権を許さない市民の会

行動する保守運動のカレンダー全国版

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報

大鑑巨砲主義

AD

 
人気ブログランキングへ  

公式チャンネル
http://ch.nicovideo.jp/zaitoku

桜井誠 twitter

https://twitter.com/Doronpa01  

12月26日を持ちまして在特会公式チャンネルは全番組無料放送を終了します。『Makoトーク』などの番組は有料放送に移行し(開始30分は無料放送)、無料放送枠は今後八木会長が担当していくことになります。お手数ですが何卒よろしくお願いします。


桜井が担当する有料放送枠では『Makoトーク』毎週一回の定期放送ほか不定期の放送枠を準備しています。今後話が進めば月一回の対談枠や出張枠などを考えていきたいと思います。その他、有料化に向けて準備も進んできておりますます目が離せません。


八木会長が担当する無料放送枠では『黒ヤギさんの三分評論(仮)』『黒山羊さんの食べちゃうぞ!』などを予定しています。『黒ヤギさんの三分評論(仮)』では八木会長の魅力たっぷりに毎日三分間の時事問題を斬る番組を目指しています。『黒山羊さんの食べちゃうぞ!』では同じく八木会長のフリートークを1時間聞いて頂く番組です。


また今後有料放送枠ではチケットを活用した中継などを企画しているほか、ザイ子ちゃん(在特会のオリジナルキャラクター)をモチーフにしたザイ子アニメも準備中です。無料有料それぞれに魅力を持った番組作りにしていきたいと考えていますので、是非多くの方に当チャンネルへの参加をお願いしたいと考えています。


本放送は皆さまと一緒に作る在特会の公式チャンネルです。一人でも多くの皆さまと一緒に番組作りを進めてもらえることを願っています。何卒よろしくお願いします。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<書籍案内>

~ 第八刷り 九万部突破!! ~

amazon及び楽天ブックスの全書籍ランキングでダブル首位獲得!



桜井誠が書き下ろした渾身の一作  『大嫌韓時代  』 (青林堂、定価1296円) 全国の書店で絶賛発売中!

※ 『大嫌韓時代  』 の書名をクリックすると書籍販売サイトに移動します

桜井自身八冊目の書下ろしとなる今作では「在特会」をメインに構成した内容になります。李明博から朴槿惠に至る日韓関係の様々な問題を主軸に在特会が何故誕生し、何を成してきたのか? 或いは行動する保守運動の原点について初めて詳細に語っています。

また同書において各地で地道に活動を続ける皆さまへのエールとして北海道から九州まで在特会の執行役員、各支部長たちの活動を取り上げ紹介しています。とくに在特会会員には是非とも購読頂きたい一冊に仕上がりました。


大嫌韓時代  

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

在日特権を許さない市民の会

行動する保守運動のカレンダー全国版

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報


AD

 
人気ブログランキングへ  

公式チャンネル
http://ch.nicovideo.jp/zaitoku

桜井誠 twitter

https://twitter.com/Doronpa01  

昨日から生放送が有料チャンネルの放送で始まりました!


在特会ではチャンネルをオープンにしてこれまでの政治系運動の動画を総点検する予定です。まだまだ試運転期間中のため会員の皆さまには不愉快な政治タグになっているかと思いますが何卒よろしくお願いします。


ということで昨日の第一発目は引き続き Makoトーク を持ってきています。この番組はMC担当の司会者がリスナーに意見をぶつける形をとり、リスナーからその答えが待っています。要するに生放送でなくてはならなくなっているリスナー参加型の番組構成です。


続いて きまぐれ☆オレンジラジオ は基本は Makoトーク と同じですが、映像を伴わないラジオ放送になっています。ラジオだからこそ話せる内容です。司会者もリスナーも肩を張らずに参加できる番組です。他にも一部屋内中継などを予定しており盛りだくさんの内容になっています。


無料放送枠では 黒ヤギさんの三分評論(仮) を予定しています。これは黒ヤギさんが毎日三分ずつ世の事象をぶった切る番組です(笑)これ以外にも無料枠としてデモや街宣なども予定しており、こちらも見逃せません。


このように有料・無料の域を超えて視聴者の皆さまにご満足頂けるよう見繕って参ります。ぜひ公式のチャンネルに登録なされてこの機会を見逃さないようお願いします。


また余談ですが空きになる公式アカウントは在特会から行動する保守運動が頂き、引き続き行動する保守運動として放送していきます。詳しくは今後の予定をみてからですが行動する保守運動のデモ行進や街宣、新しい番組の作成に入ります。


以上、よろしくお願いします。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

大嫌韓デモ告知バナー


※ 情報は今後更新(変更)されていきますので最新情報を常にチェックしてください


大嫌韓デモ in 大阪 ~ 日韓共催五輪断固反対 ~


★ 桜井誠単独主催 ★


行動する保守運動としても話題の多かった平成26年でしたが…

今年を締めくくる活動とくれば『大嫌韓デモ』これしかありません!

平成26年11月2日、東京で開催され300名の参加者を迎えた大嫌韓デモがいよいよ大阪上陸!

大阪における今年最後のデモ行進に是非ご参加下さい!!


※ 他の地方での同時開催も募集中 ※


【告知動画】

http://www.nicovideo.jp/watch/sm25090252

【日時】

平成26年12月21日(日)

※ 時間未定


【場所】

※大阪市内で検討中


【生中継】
ニコニコ生放送にて中継予定
中継先URL未定

【主催】

桜井誠 (『大嫌韓時代』著者 / 行動する保守運動創始者)


【協力】

関西保守活動有志一同


【現場責任者】

小宮山秀俊


【注意事項】

雨天決行(荒天でやむを得ない状況であれば中止する場合があります)

日章旗、拡声器、趣旨に沿ったプラカードなどの持ち込み大歓迎

デモ行進では横断幕やプラカードを持って頂く人が必要です

ご協力よろしくお願いします

ハーケンクロイツや酷い誤解を与える様なレベルの掲示物はご遠慮ください

当日は生中継、動画撮影が入りますのでマスクやサングラス等で各自対応お願いします

現場責任者の指示には必ず従ってください


【取材について】

取材を希望される個人・団体は問い合わせ先に許可申請をお送りください

当日の取材申し込みは固くお断りします


【問い合わせ先】

行動する保守運動メールアドレス

koudousuruhosyu@gmail.com



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<書籍案内>

~ 第八刷り 九万部突破!! ~

amazon及び楽天ブックスの全書籍ランキングでダブル首位獲得!



桜井誠が書き下ろした渾身の一作  『大嫌韓時代  』 (青林堂、定価1296円) 全国の書店で絶賛発売中!

※ 『大嫌韓時代  』 の書名をクリックすると書籍販売サイトに移動します

桜井自身八冊目の書下ろしとなる今作では「在特会」をメインに構成した内容になります。李明博から朴槿惠に至る日韓関係の様々な問題を主軸に在特会が何故誕生し、何を成してきたのか? 或いは行動する保守運動の原点について初めて詳細に語っています。

また同書において各地で地道に活動を続ける皆さまへのエールとして北海道から九州まで在特会の執行役員、各支部長たちの活動を取り上げ紹介しています。とくに在特会会員には是非とも購読頂きたい一冊に仕上がりました。


大嫌韓時代  

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

在日特権を許さない市民の会

行動する保守運動のカレンダー全国版

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報


AD

 
人気ブログランキングへ  

桜井誠 twitter

https://twitter.com/Doronpa01  


平成26年12月1日付けを持ちまして任期満了にともない在日特権を許さない市民の会会長職を退任するとともに同会を退会致しました。また同日付より八木康洋氏が第五期会長として在特会の指揮を執ることになりました。四期八年に及ぶ皆さまの献身的なご支援に心から感謝申し上げますとともに、八木新会長指揮の下で新たなステージに立つ在特会に変わらぬご支持を賜りますようお願い申し上げます。


すでに八木会長とは会務引継ぎの綿密な打ち合わせを行っており、今後の在特会の活動に支障が出ないよう努めております。八木会長の方針はすでに在特会の公式サイトで発表されているとおり「変化」を新体制のキーワードとして掲げており、これまでの活動の方向性を「変化」させることを明言しています。


具体的には行政交渉などを活動のメインに据えるほか、全国で在特会会員の意見を吸い上げる場、タウンミーティング形式の集会などを積極的に開催していきたいとのことでした。必然的に在特会主催による街頭での活動がこれまでよりは減っていくものと思いますが、すでに東京など大都市部では在特会以外の団体が頭角を現しており、こうした団体が主導して街頭活動が活発に行われています。八木会長は戦術の多様化による住み分け的な活動の変化を大都市部から地方部まで広げていくことを目指していく模様です。


在特会の主張を外に広げていく最大のツールである生放送や動画については基本的にはこれまでと同じになります。ただ、すでに一部伝えられていますとおり先月からニコニコ動画におけるチャンネル化(一部有料化)を会として進めており、その動きに合わせて一部変更点もあります。


政治系ユーザー放送リスナー数日本一を誇る『Makoトーク』などの番組は「在特会が提供する番組コンテンツ」となり、桜井は在特会の要請を受ける形で番組MCを務めさせて頂きます。今後チャンネル化された場合、Makoトークなどのコンテンツは固定日放送が基本となる予定です。そのほか新企画の番組もどんどん投入していくとのことでした。


韓国国会でもホットな話題となっている「在特会」をめぐり今後も様々な「変化」が訪れると思います。八木会長の目指す「変化」が実現し、これまで以上に社会に変革のきっかけを在特会が与えてくれることを心から願っています。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<書籍案内>

~ 第八刷り決定! 九万部間近!! ~

amazon及び楽天ブックスの全書籍ランキングでダブル首位獲得!



桜井誠が書き下ろした渾身の一作 『大嫌韓時代  』 (青林堂、定価1200円)が平成26年9月24日より全国の書店で絶賛発売中!

※ 『大嫌韓時代  』 の書名をクリックすると予約サイトに移動します

桜井自身八冊目の書下ろしとなる今作では「在特会」をメインに構成した内容になります。李明博から朴槿惠に至る日韓関係の様々な問題を主軸に在特会が何故誕生し、何を成してきたのか? 或いは行動する保守運動の原点について初めて詳細に語っています。

また同書において各地で地道に活動を続ける皆さまへのエールとして北海道から九州まで在特会の執行役員、各支部長たちの活動を取り上げ紹介しています。とくに在特会会員には是非とも購読頂きたい一冊に仕上がりました。


大嫌韓時代  


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

桜井誠 謹呈! お薦めサイト

在日特権を許さない市民の会

行動する保守運動のカレンダー全国版

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報


会長退任の挨拶


人気ブログランキングへ

在特会公式サイト新URL
http://www.zaitokukai.info/

桜井誠 twitter
https://twitter.com/Doronpa01

在特会会員の皆さまへ


日頃より当会の活動にご理解とご協力を賜り有難うございます。
さて先日行われました会長選挙の結果、第四期執行部において筆頭副会長を務めてきた八木康洋氏が当選し、平成26年12月1日より桜井に代わりまして第五期会長として在日特権を許さない市民の会(以下、在特会)の指揮を執ることになりました。


在特会創設以来、四期八年にわたって会長職を務めて参りましたが、今期を持ちまして退任させて頂くと共に在特会からも退会する運びとなりました。まずこの八年に及ぶ会員の皆さまからの温かいご支援ご声援に心からの感謝を申し上げます。


八木副会長とは会長職の引継ぎで綿密に打ち合わせを行っていますが、とくに一番最初に強くお願いしたのが「組織のトップに就任するのだから、何よりもまず『自分が辞めるときのこと』を考えておくよう」でした。この言葉の通り、八年前に在特会会長に就任した時から自分が辞めるときのことをずっと考えてきましたが、正直なところここまで長く会長職を続けることになるとは思いませんでした。


組織というのは(とくに政治活動をともなう組織は)ある程度の区切りでトップが代わるべきであり、その新陳代謝が組織の硬直化や停滞を防ぎ、社会に影響を与え続けることができるのだと思うのです。この自論に基づき会長就任時から次期会長候補を探し続けてきました。いうまでもなく白羽の矢が立ったのは八木康洋氏であり、だからこそ彼を非常時の際に会長代行を務める筆頭副会長に任命し、次期会長としての心構えを持たせることにしたのです。


そして八木副会長が十二分に在特会を率いていける経験を積んだと判断し、前回の第四期会長選挙の際から立候補するように促していましたが、今期ようやく出馬の受託を受けて会長交代が実現することになりました。もちろん自論に基づく理由だけでの会長交代ではありません。


戦後運動史上においてもっとも名前が知られ或いは世界にすら影響を与えるようになった市民団体、誰も成し得なかった対韓世論を激変させた運動成果、そして二年に一度の会長選挙が実施されるこの時期に(天の配剤としか思えない)『大嫌韓時代』のベストセラーや大阪市長との会談など大きな話題が立て続けに起きてよりいっそうの影響を社会に与えることになりました。


だからこそこの影響力を生かすべく、今後は在特会自身の内在的変化を促しつつ、本来の目標としていた社会変革に取り組むべきときに来ていると考えたのです。反日左派勢力が跳梁跋扈する中で在特会という存在を世に知らしめ、より多くの心ある人たちを集めることを目標とする大胆な行動はときとして大きな反発を招いてきました。その反発がまた耳目を引き付ける要素となっていることも事実なのですが。


とまれ、一市民団体にこれだけの耳目が集まり、国内外で取り沙汰される前例のない保守活動は確かに世の流れを変えたことは事実です。今後はその流れをスタンダードとし、在特会が究極的な目標と掲げる入管特例法の廃止に向けた本格的な行政交渉、政治への干渉が必要な時期にきていることも確かなのです。こうした状況を鑑みるに何よりも桜井自身が引っ張ってきたこれまでの在特会の方向性を変えていくためには、トップの交代が必要だと考えたのです。


八年前とは比べ物にならない巨大組織となった在特会を引き継ぐことは並大抵のことではありません。その並大抵のことではない決断をしてくれた八木副会長には心から感謝をしています。これまで共に運動を支えてきた仲間として八木副会長の人柄は誰よりも理解しています。前任者となる桜井よりも遥かに多くの知識を有し、一人での活動も厭わない誠実さと行動力を持たれた方です。変革を目指すためにより積極的に行政へのアプローチを行い、更なる社会への浸透を図る新しい在特会の指導者としてふさわしい人物です。会員の皆さまには引き続き八木新体制の在特会をご支持頂けますようお願い致します。


今回会長退任と合わせて退会しますことも、新体制下で桜井の名前が残ることのマイナス面を考慮してのことです。八木新会長には存分にやりたいことをやってもらうためにも、過去のしがらみを捨ててもらうことが一番と判断し、或いはこれまでの在特会とは違うことを内外に示す意味でも退会の選択を致しました。創設者として在特会に誰よりも愛着はありますが、一方で運動のためのツールとして創設した在特会やその会長職には一切未練はありません。新しく生まれ変わる在特会が次のステージに進み、よりいっそうの運動の拡大を心から期待します。


最後に桜井自身ですが、生放送などでもお伝えしてきました通り、在特会を含む数多くの団体・個人の集合的理念であった『行動する保守運動』を日本版ティーパーティーとして組織化し、政治の世界を目指す若者たちの支援を目指していきたいと考えています。在特会を創設したときの社会環境をマイナスからの出発とするなら、現在は良くも悪くも知名度と影響力を持ったことにより、少なくとも八年前よりはマシな状況でのスタートです。再び一からの組織作りではありますが、何よりもやりがいを感じる仕事になりそうです。


また今後は在特会などの依頼を受ける形で集会の講師なども務めてまいります。デモなどについても時間の許す限り個人として参加させて頂き、これまで通り各地の活動を盛り上げていく役割はきちんと果たしたいと考えています。今月いっぱいを持ちまして在特会を離れることになりますが、引き続き行動する保守運動に関わる皆さまのご指導ご鞭撻、ご支援ご協力を何卒よろしくお願い致します。




平成26年11月29日(土)
在日特権を許さない市民の会会長 桜井誠


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

平成26年11月30日(日)放送!



(。・д・)ノ★⌒☆ 【Makoトーク/グランドフィナーレ】 ☆⌒★ヾ(・д・。)


在特会会長として桜井誠が贈る最後のMakoトーク!
平成26年11月30日(日)18:00から一挙6時間放送決定!
全国各地からの生中継をつなぎながら怒涛のグランドフィナーレへ!!
全国のMakoトークファン必見の放送です♪


【放送日時】
平成26年11月30日(日) 18:00 ~


【放送URL】
http://live.nicovideo.jp/gate/lv201230147


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<書籍案内>

~ 第八刷り決定! 九万部間近!! ~

amazon及び楽天ブックスの全書籍ランキングでダブル首位獲得!



桜井誠が書き下ろした渾身の一作 『大嫌韓時代
』 (青林堂、定価1200円)が平成26年9月24日より全国の書店で絶賛発売中!

※ 『大嫌韓時代 』 の書名をクリックすると予約サイトに移動します

桜井自身八冊目の書下ろしとなる今作では「在特会」をメインに構成した内容になります。李明博から朴槿惠に至る日韓関係の様々な問題を主軸に在特会が何故誕生し、何を成してきたのか? 或いは行動する保守運動の原点について初めて詳細に語っています。

また同書において各地で地道に活動を続ける皆さまへのエールとして北海道から九州まで在特会の執行役員、各支部長たちの活動を取り上げ紹介しています。とくに在特会会員には是非とも購読頂きたい一冊に仕上がりました。


大嫌韓時代


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

在特会イベント最新情報

<イベント紹介>

11月30日(日)

(。・д・)ノ★⌒☆ 【Makoトーク/グランドフィナーレ】 ☆⌒★ヾ(・д・。)


12月06日(土)

反日韓国政府を許さないぞ!街宣 in 大阪 【大阪支部】


12月14日(日)


酒話会 in 滋賀 【滋賀支部】

忘年会 in 福岡 【福岡支部】


12月21日(日)

灯せ原発! 福島アクション 12・21 【福島支部】


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<在特会からのお知らせ>

在特会の活動は皆さまからの暖かいご支援で成り立っています。全国に拡大する在特会ではありますが、運営経費の増大だけではなく今後予想される司法関連費用など財務面で大きな困難を抱えています。活動にご理解いただける方で余力のある皆さまにおかれましては、是非在特会への暖かいご支援をお願いいたします。

ご寄付に関する詳細は >>
こちら << をクリックしてご覧ください。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<在特会からのお願い>

Doronpaの独り言在日特権を許さない市民の会は平成23年4月に登録会員1万人を突破しました。

11月30日 現在
登録会員 15252

強制連行や強制労働といった誤った歴史観についてその是正を求め、在日問題を私たちの世代で解決するために一人でも多くの方に在特会への入会をお願いしています。強制連行や強制労働といった誤った歴史観についてその是正を求め、在日問題を私たちの世代で解決するために一人でも多くの方に在特会への入会をお願いしています。

公式サイト(
http://www.zaitokukai.info/ )では、在日問題をわかりやすく解説したザイ子ちゃんシリーズや動画・音声コンテンツなど各種コンテンツをご用意しています。また、会員登録をされますと各種フォーラムや毎週一回配信されるメルマガ「在特会定期便」、会員のみ視聴できる動画・音声コンテンツなど会員特典のコンテンツもご利用いただけます。在日問題についてより深く知りたい考えたいと思われる方は、まずは公式サイトをご訪問ください。皆さまの積 極的なご参加を心よりお待 ち しております。