賠償おかわり! 果てしなく続く慰安婦問題

テーマ:

人気ランキングバナー
↑↑↑
このブログを支持される方はこちらをクリックしてください。

在特会公式サイト新URL
http://www.zaitokukai.info/

三権分立の概念を理解していない韓国の憲法裁判所が「(いわゆる)従軍慰安婦問題で日本政府に対して積極的な外交交渉を行わないことは違憲である」 という行政府の裁量権を踏みにじる訳のわからない判決を下しました。これを受けて韓国政府はさっそく相互請求権の放棄を謳った日韓基本条約を無視して、日本政府に対し(いわゆる)従軍慰安婦問題解決のための協議を行うよう求めることを決定したようです。

そもそも、日韓基本条約締結交渉で日本政府が提案した個別補償を蹴り飛ばしたのは当時の韓国政府であり、ついでに言えば北朝鮮分の補償についても条約第三条「朝鮮半島唯一の合法政府を韓国政府と認める」 に則って日本政府に請求し、有償無償合わせて約8億ドル(当時の韓国国家予算の3倍)の補償金をせしめたのは韓国政府自身です。この締結交渉の記録は数年前韓国でもようやく公開されており、韓国民に大きな衝撃を与えたことは言うまでもありません。

今回、韓国政府は日韓基本条約における請求権に「(いわゆる)従軍慰安婦」 は含まれていないという詭弁をもって日本に「誠意ある対応」 を求めています。愚かにもほどがありますが、こうした韓国側の無法行為を許してきた日本側の責任も問われるべきなのです。そもそも当時「慰安婦」 と呼ばれていた売春婦たちは存在しますが、千田夏光なる元毎日新聞記者が造語した「従軍慰安婦」 なる存在はなかったのです。

そして、この慰安婦問題が世に問われるきっかけとなった吉田清治著『私の戦争犯罪 朝鮮人強制連行』 については、秦郁彦氏(元日大教授) などが綿密に現地調査を行い吉田証言の虚構性を暴くことになりました。また私がいつも問うていることですが「仮に朝鮮人慰安婦が強制連行され無理やり性奴隷にされたというなら、どうして朝日新聞の慰安婦ねつ造キャンペーンが始まった平成3年以前に名乗り出る者が一人もいなかったのか?」 という問いに満足に答えることができた者は誰もいません。

さらにその強制連行されただの、無理やり性奴隷にされただのと主張する元売春婦の韓国婆の証言は、証言を聞くたびに内容が変わるカメレオン売春婦こと黄錦周、「1944年から3年間にわたって台湾で性奴隷にされた」と主張した時をかける売春婦こと李容洙、さらに最初に強制連行された慰安婦と名乗りでた金学順は「キーセン検番(売春宿)には親に売り飛ばされた」と主張しており、どれもこれもまともに取り扱える証言内容ではないのです。

現在、韓国は世界13位の経済大国だと自称していますが、その自称経済大国であるにも関わらず日本には年間5万人もの韓国人売春婦(体を売る男性も含まれる) が渡航しているだけではなく、米国に数千人規模で遠征売春婦を送り込み、売春が合法の豪州ではプロの現地売春婦たちが悲鳴をあげるほど韓国人留学生による売春が横行して社会問題になっています。現在でこのありさまの朝鮮民族の性モラルが、遥かに貧しかった当時どのようなものであったか言わずもがなでしょう。

しかし、ここで勘違いしてはいけないのは有りもしない「(いわゆる)従軍慰安婦神話」 を創ったのは韓国人ではなく、反日日本人の勢力だったということです。たしかに千田夏光や吉田清治のような詐話師連中が個別に創りあげたねつ造神話であっても、それを世界中に拡散するきっかけを作ったのは国内の反日日本人の勢力です。

これ以上、いわれなき罪悪感を我が国の子どもたちに引き継がせないためにも、私たちの世代でケリをつける断固たる行動が求められていると強く信じる次第です。在特会では排害社の金友代表の協力を得て、来る9月23日(金/祝) に朝鮮部落化しつつある上野において朝鮮学校無償化反対と合わせて朝鮮人慰安婦の即時追放を求めるデモ行進を以下の通り開催します。この問題に怒りを覚えるすべての皆さまの結集をお願いいたします。



朝鮮学校無償化断固反対ついでに現代朝鮮人慰安婦を日本から叩きだせ! 国民大行進

テロ国家北朝鮮の出先機関朝鮮学校への公金支出を認めないぞ!
ゆすりたかりの反日国家のねつ造神話「慰安婦強制連行」を粉砕するぞ!


菅直人前総理の最後っ屁「朝鮮学校無償化」 は憲法89条(公の支配に属しない教育事業への公金支出を禁止) に明確に違反するとともに、テロ国家北朝鮮を間接的に支援する利敵行為に他なりません。北朝鮮による数々の国家テロが未解決の状況を鑑み、行動する保守運動は朝鮮学校無償化に断固反対します。そして、韓国で唐突に湧きあがった(いわゆる)従軍慰安婦への賠償を我が国に求める妄言に対しても断固抗議します。現在、韓国側の推計で年間5万人もの現代朝鮮人慰安婦を日本に送り込んでおきながら、(いわゆる)従軍慰安婦がどうのなど厚顔無恥にもほどがある主張であり、ねつ造された従軍慰安婦神話の粉砕を求めてデモ行進を行います。

【日時】
平成23年9月23日(金/祝) 13:00集合 14:00出発

【集合場所】
御徒町公園
JR御徒町駅 南口から徒歩3分

地図 → http://p.tl/A0iI

【生中継】
ニコニコ生放送にて13:00より中継予定
中継先URL未定

【注意事項】
雨天決行
国旗・旭日旗・プラカード持参大歓迎
撮影が入るため、顔を写されたくない方はサングラスなどご持参ください
現場責任者の指示に従ってください

※ 主催者の負担を軽減するため各自極力プラカードを持参ください

【現場責任者】
桜井誠 (在特会会長)
金友隆幸 (排害社代表)

【主催】
在日特権を許さない市民の会 東京支部

【共催】
排害社/日本侵略を許さない国民の会
在特会 千葉支部/神奈川支部

【問い合わせ先】
在特会東京支部メールアドレス
zaitokutokyo@gmail.com



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

在特会定期放送 『 Saturday Night Special 』 のお知らせ

在特会 Saturday Night Special 第71回 ~ 丸ごと日本スペシャル ~

放送時間 19:00~20:00
http://live.nicovideo.jp/gate/lv63108774

在日特権を許さない市民の会のニコニコ生放送『 在特会 Saturday Night Special 』は、毎週土曜夜に全国各地の在特会関連ニュースや街頭活動の告知を中心にメインパーソナリティが進行する番組です。リアルタイムの双方向性を生かして、視聴者の皆さまからのご意見も募集していきます。土曜の夜は 『 在特会 Saturday Night Special 』 をお楽しみください。

<今回の見どころ>
フジテレビ問題、朝鮮学校無償化問題、原発問題などなど日本の現状に焦点を合わせて視聴者の皆さんと考えて行きたいと思います。時間があれば現代アニメ事情についても。1時間丸ごと日本スペシャルをお楽しみに!


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<ピックアップイベント その1>

原発問題を考える街頭演説会 & 極左主催 反原発デモへの抗議活動

原発停止、電力不足の結果(熱中症搬送者数4万1645人)責任を誰がとるのか?
無責任な反原発から抜け出し、我が国の将来的なエネルギー問題を考えよう!


極左暴力集団が呼びかける反原発運動は全国的な電力不足を招きました。その結果、史上最も暑い夏と言われた去年を上回るペースで熱中症の被害が拡大し続けています。無責任な反原発ではなく、我が国の将来的なエネルギー問題にどう取り組むべきかを訴える街頭演説会を実施します。また、街頭演説中に極左暴力集団主催による反原発デモが付近を通った場合、そのまま抗議活動に切り替えます。反原発運動の結果として多くの犠牲者が出たことについて、彼らに責任を取るように強く求めたいと思います。

<参考URL>
http://ameblo.jp/doronpa01/entry-11007393155.html

※ 以下、情報の時間と場所については急きょ変更の場合がありますのでご注意ください

【日時】
平成23年9月11日(日)
14:30集合

【場所】
新宿伊勢丹前
最寄駅/JR新宿駅

地図 → http://p.tl/Pwv6

【生中継】
ニコニコ生放送にて14:30より中継予定
http://live.nicovideo.jp/gate/lv62870129

【注意事項】
雨天決行
国旗・旭日旗・プラカード持参大歓迎
撮影が入るため、顔を写されたくない方はサングラスなどご持参ください
現場責任者の指示に従ってください

※ 主催者の負担を軽減するため各自極力プラカードを持参ください

【現場責任者】
桜井誠 (原発の火を消させない国民会議 代表)

【主催】
原発の火を消させない国民会議

【協賛】
在特会 東京支部/排害社/日本侵略を許さない国民の会

【問い合わせ先】
原発の火を消させない国民会議メール
genpatunohi@gmail.com


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<ピックアップイベント その2>

平成23年10月22日(土)、誇りある日本をつくる会主催講演会の講師として招かれることになりました。概要は以下のとおりですが、まだ第一報の段階ですので記載情報が変更される場合があります。福祉給付金問題、朝鮮大学校問題など過去在特会と極めて因縁深い小平市での講演会になります。日本で唯一、朝鮮総連や朝鮮学校と正面切って戦いを続けてきた在特会の最高責任者として、朝鮮学校のいったい何が問題なのか?拉致問題など北朝鮮による国家テロに日本はどう立ち向かえばいいのか? など、これまで表にしなかった話も一部交えて喫緊の朝鮮問題について語りたいと思っています。当日は皆さまお誘い合わせのうえ、ぜひ講演会にご参加ください。


誇りある日本をつくる会主催 小平講演会
『北朝鮮・朝鮮総連の実体とは何か!』(講師 桜井誠)


朝鮮学校無償化・反日偏向教育では拉致解決にはならない!
管前首相の「唐突」な朝鮮学校無償化は何を意味するのか?


【日時】
平成23年10月22日(土) 開場13:30 開始14:00

【場所】
小平市中央公民館 二階ホール
最寄駅 武蔵野線(新小平駅) または西部多摩湖線(青梅街道駅)

地図 → http://p.tl/V8z7

【講師】
桜井誠 (在日特権を許さない市民の会 会長)

【資料代】
1,000円

【生中継】
ニコニコ生放送にて14:00より中継予定
中継先URL未定

【注意】
当日は撮影が入りますので各自対応お願いします。
主催者の許可のない録音録画はお断りします。
会場では主催者、運営スタッフの指示に従うようお願い致します。

【主催】
誇りある日本をつくる会
http://blog.livedoor.jp/nipponaikoku/

【協賛】
在特会 東京支部/愛書連


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<反パチンコポスター & チラシ>

Doronpaの独り言-パチンコ反対ポスター02   Doronpaの独り言-パチンコ反対ポスター01

画像をクリックすると元のサイズでご覧いただけます

※ ポスターは転載自由ですが、内容の改編は固く禁じます


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

在特会イベント最新情報

<イベント紹介>

詳細は以下のタイトルをクリックしてご覧ください

9月10日(土)

在特会 Saturday Night Special 第71回 ~ 丸ごと日本スペシャル ~


9月11日(日)

人権侵害救済法案提出を許さないぞ! ポスティング & 街宣 in 大津 第7弾 【滋賀支部】

中国総領事館土地取得反対街宣及び署名活動 【愛知支部】

人権侵害救済法案断固阻止・偏向フジテレビ糾弾街宣 in 天神/4日目 【福岡支部】

原発問題を考える街頭演説会 & 極左主催 反原発デモへの抗議活動 【東京支部】

在日特権を許さない街頭宣伝活動 in 難波 【大阪支部】


9月17日(土)


青森支部設立記念街頭演説会 【青森支部】

青森支部設立集会 【青森支部】


9月23日(金/祝)

朝鮮学校無償化断固反対ついでに現代朝鮮人慰安婦を日本から叩きだせ! 国民大行進 【東京支部】


9月24日(土)

「君が代」反対集会前で街宣活動 【大阪支部】

人権侵害救済法案提出を許さないぞ! ポスティング & 街宣 in 大津 第8弾 【滋賀支部】


9月27日(火)

朝鮮学校との裁判闘争/公判と報告会のお知らせ 【京都支部】


10月22日(土)

小平講演会 『北朝鮮・朝鮮総連の実体とは何か!』 (講師 桜井誠) 【東京支部】


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<在特会からのお知らせ>

在特会は皆さまからの暖かいご支援で成り立っています。全国に拡大する在特会ではありますが、運営経費の増大だけではなく今後予想される司法関連費用など財務面で大きな困難を抱えています。活動にご理解いただける方で余力のある皆さまにおかれましては、是非在特会への暖かいご支援をお願いいたします。

少しでも在特会への支援の輪が広がるように、これまでゆうちょ銀行への振り込みのみでした寄付の取り扱いについて、クレジットカード決済を追加導入することになりました。VISAまたはMasterCardのロゴが付いているカードであれば、どなた様でも簡単に500円からの寄付をウェブ上の操作で行うことができます。ぜひご利用ください。ご寄付の振込先、クレジット決済などの詳細は下記URLよりご確認ください。

ご寄付に関する詳細は >>こちら << をクリックしてご覧ください。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<在特会からのお願い>

Doronpaの独り言在日特権を許さない市民の会は平成23年4月に登録会員1万人を突破しました。

9月10日 現在
登録会員 10409

強制連行や強制労働といった誤った歴史観についてその是正を求め、在日問題を私たちの世代で解決するために一人でも多くの方に在特会への入会をお願いしています。強制連行や強制労働といった誤った歴史観についてその是正を求め、在日問題を私たちの世代で解決するために一人でも多くの方に在特会への入会をお願いしています。


公式サイト(http://www.zaitokukai.info/ )では、在日問題をわかりやすく解説したザイ子ちゃんシリーズや動画・音声コンテンツなど各種コンテンツをご用意しています。また、会員登録をされますと各種フォーラムや毎週一回配信されるメルマガ「在特会定期便」、会員のみ視聴できる動画・音声コンテンツなど会員特典のコンテンツもご利用いただけます。在日問題についてより深く知りたい考えたいと思われる方は、まずは公式サイトをご訪問ください。皆さまの積 極的なご参加を心よりお待 ち しております。

AD

巷を騒がせるもの

テーマ:

中国の反日デモと韓国の日韓基本条約破棄問題

 

最近エスカレートする一方の中韓の反日妄動ですが、ここ最近の様子を見ると、これ以上の反日妄動が世界に与える中国の野蛮なイメージと、何より反日妄動が、かつての天安門事件のように、そのまま反政府運動へ繋がりかねない危うさから、北京政府の押さえ込みが始まっているようです。
暫くは、中国では反日妄動が続くでしょうが、共産党独裁のあの国家では政府が押さえ込みを決断した以上、下火になっていくのは明らかです

 

問題は韓国です

 

韓国の竹島問題・教科書問題から始まった狂気の反日が中国へ飛び火した(韓国新聞メディア曰く)形ですが、彼らの拠り所であったアジアの反日連帯、もっとはっきり言えば中国との連帯で日本への批判を強めようとしていた矢先に、いきなり中国が反日から降りてしまい、梯子を外された格好となったのです。

 

今回の反日に共通するのは、中韓共に「侮日」からくる反日妄動であるということです。彼らの根底には常に日本を見下す下地があり、いくら中華を誇って見ても現実世界では、どうしても日本に勝てない苛立ちや、自分たちの明らかに日本より劣った生活環境が彼らのプライドを傷つけ、それが反日となって行動面に現れるのです。
はっきり言って、この侮日という意識を変えない限り、中韓の反日は絶対になくなることは無いと言ってよいでしょう。過去の歴史は侮日の具現化のための口実でしかありません。

 

さて、韓国では確かに中国のような狂った反日デモは殆ど見られなくなりましたが、代わりに政治の世界が反日ヒートアップしてきたようです。日韓基本条約破棄を求め、与野党の国会議員27人が国会に議決書を提出したと報道されました。もちろん、人気取りのための政治パフォーマンスの一環ですが、韓国人の代表たる政治家でさえこの程度の民度です。

 

日韓基本条約破棄は結構ですが、仮にそれをやると、韓国は条約で受け取った経済協力金(当時のレートで8億ドル、現在レートで3~5兆円)の返還と、対韓請求権の復活で日本側から巨額の対韓請求が行われるわけですが、それを 本当に理解しているのか?非常に疑問なのです。
彼らに言わせれば、日帝の被害者への補償は100兆円にも及ぶとなるそうですが、これまでも散々述べてきたとおり、併合統治35年間において、日本は加害者どころか、朝鮮に税金をむしりとられた被害者なのです。
韓国人の請求が通るにしても、せいぜい未払い賃金の請求くらいで、その他の「日帝神話」に基づく請求はまず認められないでしょう。

 

こうして見てくると、韓国人はただ反日ムードだけで全てを決めようとしているとしか思えず、やはり過去を振り返るに冷静に公平に見る知性の欠片も無く、民度そのものがどこか遠い世界へ行ってしまったような獣の姿しか見えてきません。

 

獣韓国人が人間性を取り戻し、何時の日か立ち直ってくれることを願わずにはいられません。


ranking

↑↑↑

このブログを支持される方はこちらをクリックしてください。


 

-----------------お知らせ------------------



NAVERブログがCURURUというのに移行するとのことです。
登録など不便であれば、NAVERブログから他のブログへ独り言を移すつもりですが、取り合えず6月1日の移行は行う予定です。
移行しても取り合えず旧NAVERブログアドレスは自動的にCURURUアドレスになるそうです。
移行については、正直、私もよく分かっていないので、皆様にはご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、何卒宜しくお願いします。

 

第一回公開シンポジウム
ネット言論から始まる韓国問題 ~暴走する韓国の反日~

 

主催:日韓歴史問題研究会 (代表Doronpa)
日時:2005年7月30日(土曜日) 13:00~17:00
場所:都営新宿線船堀駅下車直ぐ タワーホール船堀 4F 研修室
入場料:500円 (パンフ代込み 高校生以下無料、当日学生証を持参下さい) 

 

シンポジウム告知サイトはこちら をクリックしてください。


上記シンポジウム開催に向けまして、趣旨に賛同頂ける方からの寄付金のお願いをしております

シンポジウム開催に関する費用は現在代表個人が全て賄っており、それにも限界があります。
今回のシンポジウムだけでなく、今後も継続してこういった活動を続けていくためにも、一定の資金の調達が必要であり、このシンポジウムの趣旨に賛同頂き、活動にご理解を賜ります方からのご協力をお願いします。
寄付金収入(寄付金額のみ公開します)・シンポジウム関連予算などにつきましては、告知サイトなどで全て公開してまいります。
ご寄付は、下記「日韓歴史問題研究会代表口座」へ直接ご入金下さい。
ご寄付に際して領収書が必要な方は、大変お手数ですが、ご入金後メールにて送金者名・ご寄付頂いた額・領収書の宛名(必要なければ上様となります)・送付先(氏名・郵便番号・住所)をお知らせ下さい。
日韓歴史問題研究会代表名で領収証を郵送いたします。

 

日韓歴史問題研究会 代表口座

 

りそな銀行 イーバンク支店  支店番号942 普通預金0114485
受取人名: イーバンクギンコウ(カ

 

送金に関しましてはくれぐれもお間違いのないようお願いいたします。

 

サイト開設から初めてのご寄付のお願いで大変心苦しく思っておりますが
もし皆様からの暖かいご協力を得られるならば誠に幸いと存じます。
何卒よろしくお願いします。

シンポジウムに関する全ての問い合わせはDoronpa までお願いします。

 

 

本サイトに戻られる方はこちら をクリックしてください。

AD