【活動報告】 5・31 大嫌韓デモ ver.4 in 愛知

テーマ:

 
人気ブログランキングへ 

公式チャンネル
http://ch.nicovideo.jp/zaitoku

桜井誠 twitter

https://twitter.com/Doronpa01 

平成27年5月31日(日)に開催されました『大嫌韓デモ ver,4 in 愛知』は無事終了しました。当時は会場の大通公園には100名に及ぶ皆さまに参集頂き、共に韓国に対する怒りの声を上げさせていただきました。デモにご参加頂きました皆さま、また生中継などで応援頂きました皆さまに主催者として心から御礼申し上げます。


これだけの大規模デモを名古屋で行うのは本当に久しぶりで、大変盛り上がったデモ行進になったことを報告致します。デモ中は30~40名程度の共産党・しばき隊が妨害に入り「桜井死ね」「殺せ殺せ」「こんな糞デモ止めてやる」のヘイトスピーチが沸き起こりましたが、鎧袖一触、最後まで胸を張ってデモ行進を行うことが出来ました。


ヘイトスピーチ反対を訴える連中が一番のヘイトスピーチを行っていた訳ですが、主催者の了承も得ずに勝手に取材していたはずの新聞メディアはいっさいこのことを取り上げていません。メディアが自分たちに都合の悪い事実は断固として表に出さない良い例だと言えます。生中継・動画の拡散を頂ければ幸いです。


デモ自体は妨害も何のそので無事終了しましたが、終了後に地下鉄で帰っていた参加者のひとりがしばき隊の男に襲われ、首筋にけがを負う事態となりました。この男は所轄署に連行され事情を聞かれましたが、被害者側も診断書付きで被害届を提出したため後日署に呼び出しを喰らい最終的には逮捕は免れないと思います。


何よりこの事態を引き起こしながら「被害者に謝罪したい」などとその場逃れの出まかせを警察に訴えていました。その後のツイッターなどを見れば反省の色などまったくないことが分かるものであり、ツイッターなども証拠としてしばき隊側の断固とした刑事的処分を求めていきたいと思います。


とまれ『大嫌韓デモ ver,4 in 愛知』の大成功の報を受けて次の『大嫌韓デモ ver.5』の計画も動き出したことを皆さまにお知らせ致します。最後になりましたが、改めまして今回のデモにご参加頂きました皆さま、そしてデモ運営に尽力いただきました長尾旭氏、生放送・動画でご声援を頂きました皆さまに心からの感謝を申し上げて本件デモの報告を締めくくりたいと思います。



【動画】

大嫌韓デモ ver.4 in 愛知 ①

http://www.nicovideo.jp/watch/sm26390020


5月31日 大嫌韓デモ ver.4 in 愛知 (Dナモ視点) 1-5

http://www.nicovideo.jp/watch/sm26391055



【生放送タイムシフト】
大嫌韓デモ ver.4 in 愛知

http://live.nicovideo.jp/watch/lv222480522



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<ピックアップイベント>

平成27年6月22日(月)開催『日韓断交を求める国民大集会 in 日比谷公会堂』まであと一か月となりました。当日は平日となりますが一人でも多くの皆さまのご参加をお待ちしております。6月22日は日韓基本条約締結五十周年にあたり、この節目の日に日韓断交を訴えていきたいと考えています。


韓国民の総意で選ばれた大統領による天皇陛下への侮辱発言、竹島への不法上陸、千年反日宣言、竹島軍事演習、ねつ造慰安婦問題、安倍総理訪米時の議会演説妨害そして軍艦島など日本の産業史跡の世界遺産への登録妨害と常に日本の足を引っ張ることしかしない反日愚民国家韓国。


韓国側の目に余る反日妄動、反日暴走にこれまで黙って状況を見ていた方たちも怒りを共有していることと思います。昨今「大嫌韓時代」が訪れ、ひとりひとりが声を大にして「韓国が嫌い」とはっきりと言えるようになりました。一昔前では考えられない社会状況の変化です。そしてこの変化を生み出したのは、大嫌韓時代の世論を構築したのは今このブロマガを見ている皆さんなのです。


母国を罵られれば誰でも怒りを表します。しかしこれまでの日本はその怒りを「差別」という言葉で覆い隠してきたのです。国家を成り立たせる健全なナショナリズムは「軍国主義」の名のもとに圧殺され、左派人士が跳梁跋扈する世の中であり日本社会は闇に閉ざされていました。


そして少しずつですが闇の中から光が差すようになりました。まだまだ淡く小さな光に過ぎませんが、確実に私たちの足元を照らし進むべき道を示しているのです。平成27年6月22日(月)はそんな闇の中に差す一条の光となるべく企画された集会です。堂々と胸を張って日韓断交の声を上げ最初の第一歩としましょう!


心ある皆さまの参加をお待ちしています。



日比谷集会チラシ

日韓断交を求める国民大集会 in 日比谷公会堂


日韓基本条約締結から五十年が過ぎました。しかしながら彼ら韓国人は条約を順守する意思は更々なく、未だに日本に対して謝罪と賠償の繰り返し無限謝罪を要求しています。この悪循環を断ち切るために行動する保守運動は日韓基本条約締結五十周年の節目の日、6月22日(月)に数々の歴史的集会が刻まれてきた日比谷公会堂で『日韓断交を求める国民大集会』を開催します。


【日時】

平成27年6月22日(月)

17:30開場 18:00開始 20:30終了予定


【場所】

日比谷公会堂


【参加費】

1,000円


【生放送】

ニコニコ生放送にて17:30より中継予定

中継先URL未定


【主催】

行動する保守運動


【会場責任者】

桜井誠


【プログラム】

<第一部 講演>


桜井誠 基調講演

『日韓反目の歴史二千年』


瀬戸弘幸 講演

『親韓から嫌韓への軌跡』


村田春樹 講演

『日本と中韓どっちがまともな国か?』


<第二部 鼎談>


桜井誠、瀬戸弘幸、村田春樹の三名による鼎談

テーマ 『日韓断交は実現するか?』


【注意】

会場責任者、運営の指示に従ってください。

進行を妨げる行為は固くお断りします。

プラカード、横断幕の類の持ち込みは禁止します。

旧しばき隊、旧男組などアンチ勢力の参加はお断ります。

会場内の録音録画は主催者の許可を得た者のみとします。

一般社会常識上、他者の迷惑となる行為は慎んでください。

上記の注意事項を守られない方は退場をお願いする場合があります。


【取材について】

取材を希望される個人または団体の方は以下メールアドレスまで許可申請をお送りください

なお取材されるに相応しくないと判断した場合はお断りする場合もあります

koudousuruhosyu@gmail.com



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<行動する保守運動 生放送>

Straight Talk #37 ~ こちらハートフルな放送局 ~

平成27年6月4日(木) 19:00から

http://live.nicovideo.jp/gate/lv222796456


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<書籍案内>


~ 御礼!十万部突破 ~

桜井誠が書き下ろした渾身の一作  『大嫌韓時代 』 (青林堂、定価1296円) 全国の書店で絶賛発売中!

※ 『大嫌韓時代 』 の書名をクリックすると書籍販売サイトに移動します

桜井自身八冊目の書下ろしとなる今作では「在特会」をメインに構成した内容になります。李明博から朴槿惠に至る日韓関係の様々な問題を主軸に在特会が何故誕生し、何を成してきたのか? 或いは行動する保守運動の原点について初めて詳細に語っています。


大嫌韓時代 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

在日特権を許さない市民の会

行動する保守運動のカレンダー全国版

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報

大鑑巨砲主義

正義の味方

AD

世はまさに大嫌韓時代!

テーマ:

 
人気ブログランキングへ  

公式チャンネル
http://ch.nicovideo.jp/zaitoku

桜井誠 twitter

https://twitter.com/Doronpa01  

「日本人は韓国が嫌いだと言いながら、どうして韓国のことをニュースや新聞から切り出すのですか?」「本当に嫌いなら放置するのが当たり前ではないですか?」韓国のサイトで当たり前のように指摘される文言です。


そしてこの当たり前の指摘に答えられないと「ほら、やっぱり日本人は韓国のことが気になって気になって仕方がないんだ」と続くワンパターンな指摘でもあるのです。この指摘には極めて簡潔にそして明快に答えることができます。


「日本はこれまで韓国のしつこい過去の問題に対する謝罪と賠償について黙ってきた」「しかし我慢の限界を超えたからこそ、韓国側のあらゆる対日妄言に反論し関係を断ち切ることを主張している」


世はまさに大嫌韓時代。これを一番実感しているのが実はとうの韓国人なのです。日本における輸出は減少の一途をたどり、韓流ブーム(があったかどうかはともかく)は流れ星の如くあっという間に消えていき…韓国人たちは発狂しながら振り向いてもらおうと今日も懸命に日本の気を引く反日に邁進しているという訳なのです。


行動様式が小学生と同じとしか言いようがありません。問題なのはその日本の気を引くために反日を楽しみ、日本を罵っていたはずの韓国人が反日に飲み込まれていき、今やただの罵詈雑言の嵐を我が国にぶつけるだけの『本当の反日妄動』に駆られていることでしょう。そして韓国人は決して反日を認めず「日本が○○だからいけない」「日本が○○しなければ」と主張します。結局のところ、日本に引きずられる形で自らの行動を規定していることを図らずも露呈しているのです。


日本はこの愚かな民族ときっぱりと縁を切るべきだと訴えて十年の年月が経ちました。当初こそ誰も相手にしない、相手にするものも「差別主義者」のレッテルを張って騒いでいましたが、十年経って世の中はどうなったでしょうか?今や日本社会のあちこちで「嫌韓」が語られるようになり、韓国の所業を腹に据えかねている人たちが次々声を上げ始めたのです。


この流れはさらに増幅し必ず大嫌韓時代は日韓断交にまでつながると信じます。韓国人から反日をなくすことはアイデンティティを喪失させることであり不可能です。であれば日韓両国は一日も早く断交し、日本は韓国(そして支那)の無い明るい未来を目指して進むべきなのです。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<行動する保守運動 生放送>

(。・д・)ノ★⌒☆ 【Makoトーク/悠然編】 ☆⌒★ヾ(・д・。)
平成27年4月30日(木) 19:00から
※ 月末無料放送祭り
http://live.nicovideo.jp/gate/lv217906540



きまぐれ オレンジ☆ラジオ 第十六話
~ ゴールデンウィーク何処に行くの? ~

平成27年5月2日(土) 19:00から
http://live.nicovideo.jp/gate/lv218066804


(。・д・)ノ★⌒☆ 【Makoトーク/薫風編】 ☆⌒★ヾ(・д・。)
平成27年5月3日(日) 19:00から
http://live.nicovideo.jp/gate/lv218067265


きまぐれ オレンジ☆ラジオ 第十七話 
~ 
有料祭り!公式チャンネルに入会しなきゃね♪ ~

平成27年5月4日(月) 19:00から
http://live.nicovideo.jp/gate/lv218067655


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<書籍案内>


~ 御礼!十万部突破 ~

桜井誠が書き下ろした渾身の一作  『大嫌韓時代  』 (青林堂、定価1296円) 全国の書店で絶賛発売中!

※ 『大嫌韓時代  』 の書名をクリックすると書籍販売サイトに移動します

桜井自身八冊目の書下ろしとなる今作では「在特会」をメインに構成した内容になります。李明博から朴槿惠に至る日韓関係の様々な問題を主軸に在特会が何故誕生し、何を成してきたのか? 或いは行動する保守運動の原点について初めて詳細に語っています。


大嫌韓時代  

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

在日特権を許さない市民の会

行動する保守運動のカレンダー全国版

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報

大鑑巨砲主義

正義の味方

AD


人気ブログランキングへ

在特会公式サイト新URL
http://www.zaitokukai.info/

桜井誠 twitter
https://twitter.com/Doronpa01

13日は拙著『大嫌韓時代』の出版記念講演会を福島支部主催のもと市内会場で開催させて頂きました。当日、台風19号の上陸が迫っていた中でしたが会場がほぼ満席になる盛況ぶりとなりました。今回は地元福島ということもあり、来賓として瀬戸弘幸氏にもご参加頂きました。講演会にご参加頂きました皆様に心よりお礼申し上げます。


講演会第一部では在日特権の一例として入管特例法問題、生活保護優遇問題を取り上げ解説させて頂きました。30分の限られた時間でしたので、ほんとうに問題の表層を撫でる程度の話でしたが、とくに生活保護問題で在日韓国・朝鮮人の突出した受給率の高さを示すデータがアノ河野太郎議員のブログから持ちだされたものだと告げると会場がどよめいていたのが印象に残ります。


講演会第二部では大嫌韓時代の扉を開けた行動する保守運動のこれまでの活動の紹介をさせて頂き、最後に質疑応答で締めくくり笑いあり驚きありの講演会は無事に終了しました。福島支部では講演会用に20冊の拙著『大嫌韓時代』を用意していましたが、参加者が集まりにくい福島という地理的要因や台風が近づいている天候条件などを考えて、参加者も少なく売れ残るだろうと踏んでいましたが…何と会場にて20冊完売となりましたことを付け加えさせて頂きます。


講演会にご参加、拙著ご購読の皆様に改めまして感謝致しますとともに今後とも鈴木りこ支部長率いる在特会福島支部の活動にご理解とご協力を賜りますことをお願い申し上げます。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<書籍案内>

~ 発売2週間で5万部突破 ~

在特会会長 桜井誠が書き下ろした渾身の一作 『大嫌韓時代 』 (青林堂、定価1200円)が平成26年9月24日より全国の書店で絶賛発売中!

※ 『大嫌韓時代 』 の書名をクリックすると予約サイトに移動します

桜井自身八冊目の書下ろしとなる今作では「在特会」をメインに構成した内容になります。李明博から朴槿惠に至る日韓関係の様々な問題を主軸に在特会が何故誕生し、何を成してきたのか? 或いは行動する保守運動の原点について初めて詳細に語っています。

また同書において各地で地道に活動を続ける皆さまへのエールとして北海道から九州まで在特会の執行役員、各支部長たちの活動を取り上げ紹介しています。とくに在特会会員には是非とも購読頂きたい一冊に仕上がりました。


大嫌韓時代


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

在特会イベント最新情報

<イベント紹介>

10月18日(土)

せと弘幸氏 来名!パチンコ換金反対街宣 in 大須 【愛知支部】

今こそ失われた領土を取り戻せ!竹島奪還街宣!【大阪&兵庫支部】


10月19日(日)

『大嫌韓時代』の次はいよいよ在日問題に目を向けよ! 街宣 in 韓領前 【大阪支部】


11月09日(日)

桜井誠 新刊出版記念講演会 in 福岡 【福岡支部】


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<在特会からのお知らせ>

在特会の活動は皆さまからの暖かいご支援で成り立っています。全国に拡大する在特会ではありますが、運営経費の増大だけではなく今後予想される司法関連費用など財務面で大きな困難を抱えています。活動にご理解いただける方で余力のある皆さまにおかれましては、是非在特会への暖かいご支援をお願いいたします。

ご寄付に関する詳細は >>
こちら << をクリックしてご覧ください。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<在特会からのお願い>

Doronpaの独り言在日特権を許さない市民の会は平成23年4月に登録会員1万人を突破しました。

10月18日 現在
登録会員 14848

強制連行や強制労働といった誤った歴史観についてその是正を求め、在日問題を私たちの世代で解決するために一人でも多くの方に在特会への入会をお願いしています。強制連行や強制労働といった誤った歴史観についてその是正を求め、在日問題を私たちの世代で解決するために一人でも多くの方に在特会への入会をお願いしています。

公式サイト(
http://www.zaitokukai.info/ )では、在日問題をわかりやすく解説したザイ子ちゃんシリーズや動画・音声コンテンツなど各種コンテンツをご用意しています。また、会員登録をされますと各種フォーラムや毎週一回配信されるメルマガ「在特会定期便」、会員のみ視聴できる動画・音声コンテンツなど会員特典のコンテンツもご利用いただけます。在日問題についてより深く知りたい考えたいと思われる方は、まずは公式サイトをご訪問ください。皆さまの積 極的なご参加を心よりお待 ち しております。

AD


人気ブログランキングへ

在特会公式サイト新URL
http://www.zaitokukai.info/

桜井誠 twitter
https://twitter.com/Doronpa01

二日目はホテルを出て道の駅から二手に分かれて被災地の視察を行いました。一方は語り部(役所で登録している被災地を案内するボランティア住民の方)を迎えての被災地視察、もう一方は帰還困難地区に指定されている浪江町などを抜けて富岡町に向かう視察です。


桜井は後者の方に参加し、車二台に分乗して一路富岡町を目指して進むことになりました。この帰還困難地区とは放射線値が国が定めた数値を超えているため、指定地区内の家に住むために戻ることはもちろん、家財などの整理のために立ち寄ることも許されておらず、指定地区内の幹線道路を通るために「車での通行のみ(停車禁止)」許可された地区です。車のみですので二輪車や自転車、歩行での通過は認められておらず、地区内の幹線道路には警察官が配備されるなど非常に厳しい規制地区となっています。


車で通った浪江町はまさにゴーストタウンという言葉がぴったり当てはまる様子でした。人っ子一人いない地区に普通の町と変わらぬ建物や看板が存在し、幹線道路から横に入る道路という道路にバリケードが張られて入れないようになっている一種異様な景色は強く印象に残りました。


ゴーストタウンを抜けた先にようやく富岡町が見えてきます。富岡町も帰還困難地区に指定されていた地域でしたが、放射線量が下がってきたため居住困難地区に指定変更されています。居住困難地区とは住むことは許されていませんが、日中家財の整理など一時的に立ち寄ることが認められた地区です。


富岡町に着くと津波で破壊されたJRの駅が目につきました。駅前の駐車場には花や缶ジュースなどが供えられた東日本大震災の犠牲者を悼む慰霊碑があり、こちらでも手を合わさせて頂きました。街中は地震や津波でほとんどの家が倒壊状態となっており、津波で流されてきたという二階建ての家の二階部分だけが切り取られたかのように駅前の道路をふさいでいる姿に驚きました。


メディアでは復興の様子だけが映されており、実際にこうして三年半経っても時が止まったかのような町の有様に愕然としましたが、先述のとおりようやく放射線量が下がり一時的な立ち寄りができるようになった富岡町など今後復興作業が本格的に始まるようです。


ゴーストタウンと化した浪江町をみてある種の絶望感を抱きましたが、一方で放射線量の減少によって復興のスタートラインについた富岡町をみて「これからの町」に一筋の希望をみた被災地の視察になりました。未だ終わらぬ東日本大震災の余波は困難な道のりですが、それでもこうして福島で明日を信じて歯を食いしばって復興再建に向けて頑張り続ける人たちがいるかぎり、必ず道は開けると確信できた二日間の福島被災地をめぐる視察は終了しました。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<書籍案内>

~ 発売2週間で5万部突破 ~

在特会会長 桜井誠が書き下ろした渾身の一作 『大嫌韓時代 』 (青林堂、定価1200円)が平成26年9月24日より全国の書店で絶賛発売中!

※ 『大嫌韓時代 』 の書名をクリックすると予約サイトに移動します

桜井自身八冊目の書下ろしとなる今作では「在特会」をメインに構成した内容になります。李明博から朴槿惠に至る日韓関係の様々な問題を主軸に在特会が何故誕生し、何を成してきたのか? 或いは行動する保守運動の原点について初めて詳細に語っています。

また同書において各地で地道に活動を続ける皆さまへのエールとして北海道から九州まで在特会の執行役員、各支部長たちの活動を取り上げ紹介しています。とくに在特会会員には是非とも購読頂きたい一冊に仕上がりました。


大嫌韓時代


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

在特会イベント最新情報

<イベント紹介>

10月18日(土)

せと弘幸氏 来名!パチンコ換金反対街宣 in 大須 【愛知支部】

今こそ失われた領土を取り戻せ!竹島奪還街宣!【大阪&兵庫支部】


10月19日(日)

『大嫌韓時代』の次はいよいよ在日問題に目を向けよ! 街宣 in 韓領前 【大阪支部】


11月09日(日)

桜井誠 新刊出版記念講演会 in 福岡 【福岡支部】


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<在特会からのお知らせ>

在特会の活動は皆さまからの暖かいご支援で成り立っています。全国に拡大する在特会ではありますが、運営経費の増大だけではなく今後予想される司法関連費用など財務面で大きな困難を抱えています。活動にご理解いただける方で余力のある皆さまにおかれましては、是非在特会への暖かいご支援をお願いいたします。

ご寄付に関する詳細は >>
こちら << をクリックしてご覧ください。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<在特会からのお願い>

Doronpaの独り言在日特権を許さない市民の会は平成23年4月に登録会員1万人を突破しました。

10月17日 現在
登録会員 14848

強制連行や強制労働といった誤った歴史観についてその是正を求め、在日問題を私たちの世代で解決するために一人でも多くの方に在特会への入会をお願いしています。強制連行や強制労働といった誤った歴史観についてその是正を求め、在日問題を私たちの世代で解決するために一人でも多くの方に在特会への入会をお願いしています。

公式サイト(
http://www.zaitokukai.info/ )では、在日問題をわかりやすく解説したザイ子ちゃんシリーズや動画・音声コンテンツなど各種コンテンツをご用意しています。また、会員登録をされますと各種フォーラムや毎週一回配信されるメルマガ「在特会定期便」、会員のみ視聴できる動画・音声コンテンツなど会員特典のコンテンツもご利用いただけます。在日問題についてより深く知りたい考えたいと思われる方は、まずは公式サイトをご訪問ください。皆さまの積 極的なご参加を心よりお待 ち しております。


人気ブログランキングへ

在特会公式サイト新URL
http://www.zaitokukai.info/

桜井誠 twitter
https://twitter.com/Doronpa01

平成26年10月13日(月/祝)に開催された拙著『大嫌韓時代』の出版記念講演会に先立ち、10月11日(土)から2日間にわたって福島県内の被災地を視察してきました。確かにメディアなどでは被災地復興の様子が頻繁に伝えられていますが、実際はどうなのだろうか?という素朴な疑問から今回の講演会前の被災地視察が企画されました。


視察には在特会福島支部をメインに各地から集まった12名が参加しました。初日は天皇陛下、皇后陛下そしてブータンのワンチュク国王陛下、王妃陛下が東日本大震災で亡くなられた方たちのためにご献花参拝あそばされた同県相馬港原釜尾浜地区に向かいました。


港に設置された慰霊碑にはいまだ新しい花が添えられており、参加者一同で手を合わせている間にも次々人が訪れ同じように参拝されていた姿を見て、いまだ東日本大震災は終わっていないことを実感した次第です。津波の被害を受けた海岸沿いの公園はいまだ無残な状況を晒していましたが、話を聞けば海岸沿いの復興も始まっており更に驚いたのが防波堤に大勢の釣り人が集まって、そこだけみれば普通の海岸沿いの景色になっていたことでした。


視察後、参加者全員で海岸近くのホテルに宿を取り夕食、朝食を頂きましたが、福島県産の魚介類からお米まで大変美味しく頂きました。福島初日の夜はたいへん盛り上がったことを書き添えておきます。是非皆様も福島産の食品を一度お試しいただければと思います。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<書籍案内>

~ 発売2週間で5万部突破 ~

在特会会長 桜井誠が書き下ろした渾身の一作 『大嫌韓時代 』 (青林堂、定価1200円)が平成26年9月24日より全国の書店で絶賛発売中!

※ 『大嫌韓時代 』 の書名をクリックすると予約サイトに移動します

桜井自身八冊目の書下ろしとなる今作では「在特会」をメインに構成した内容になります。李明博から朴槿惠に至る日韓関係の様々な問題を主軸に在特会が何故誕生し、何を成してきたのか? 或いは行動する保守運動の原点について初めて詳細に語っています。

また同書において各地で地道に活動を続ける皆さまへのエールとして北海道から九州まで在特会の執行役員、各支部長たちの活動を取り上げ紹介しています。とくに在特会会員には是非とも購読頂きたい一冊に仕上がりました。


大嫌韓時代


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

在特会イベント最新情報

<イベント紹介>

10月18日(土)

せと弘幸氏 来名!パチンコ換金反対街宣 in 大須 【愛知支部】

今こそ失われた領土を取り戻せ!竹島奪還街宣!【大阪&兵庫支部】


10月19日(日)

『大嫌韓時代』の次はいよいよ在日問題に目を向けよ! 街宣 in 韓領前 【大阪支部】


11月09日(日)

桜井誠 新刊出版記念講演会 in 福岡 【福岡支部】


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<在特会からのお知らせ>

在特会の活動は皆さまからの暖かいご支援で成り立っています。全国に拡大する在特会ではありますが、運営経費の増大だけではなく今後予想される司法関連費用など財務面で大きな困難を抱えています。活動にご理解いただける方で余力のある皆さまにおかれましては、是非在特会への暖かいご支援をお願いいたします。

ご寄付に関する詳細は >>
こちら << をクリックしてご覧ください。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<在特会からのお願い>

Doronpaの独り言在日特権を許さない市民の会は平成23年4月に登録会員1万人を突破しました。

10月16日 現在
登録会員 14848

強制連行や強制労働といった誤った歴史観についてその是正を求め、在日問題を私たちの世代で解決するために一人でも多くの方に在特会への入会をお願いしています。強制連行や強制労働といった誤った歴史観についてその是正を求め、在日問題を私たちの世代で解決するために一人でも多くの方に在特会への入会をお願いしています。

公式サイト(
http://www.zaitokukai.info/ )では、在日問題をわかりやすく解説したザイ子ちゃんシリーズや動画・音声コンテンツなど各種コンテンツをご用意しています。また、会員登録をされますと各種フォーラムや毎週一回配信されるメルマガ「在特会定期便」、会員のみ視聴できる動画・音声コンテンツなど会員特典のコンテンツもご利用いただけます。在日問題についてより深く知りたい考えたいと思われる方は、まずは公式サイトをご訪問ください。皆さまの積 極的なご参加を心よりお待 ち しております。