人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html


公式生放送 (ツイキャス)
http://twitcasting.tv/doronpa01

桜井誠 twitter
https://twitter.com/Doronpa01 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

本文

 

一昨日、あの毎日新聞から取材を受けました。ドナルド・トランプ米国大統領の誕生についての所感などを尋ねられ、約一時間ほどの取材を受けました。


トランプ大統領について他の保守派と言われる方たちは一様に万歳三唱のようでしたが、桜井個人の意見として万歳できるのは大統領選挙までであり、以降、第四十五代米国大統領に決まったトランプは、我が国にとって巨大な壁、交渉相手になる可能性があることを伝えました。軍事的、経済的に圧力をかけてくるであろうトランプ新政権に対し、我が国のこれまでの外交的対応、すなわち根回しや伝手を使った交渉というのは通用しないだろうということです。米国新政権のアメリカファーストに対抗するには、ジャパンファースト(日本第一主義)を堂々と訴える、これまでにない外交官、或いは政治家が必要です。


トランプ大統領誕生に喜んでいる暇はないということです。しかしながら、これまでの旧態然とした我が国の政治状況ではこれらの欧米の社会的変化には対応できないだろうことも予測し、混乱の幕開けになるのではないかと思われます。こうした社会情勢の中で日本第一党に対する風も微風ながら吹いているのも事実であり、今後の運動展開が注目されるところです。そのことを毎日新聞の記者には伝えました。


今回の取材ではそれだけではなく、トランプ大統領が誕生した背景についても語り、オバマ大統領による社会改革が中産階級から下層の人たちに負担を強いるものであり、大富豪であるはずのトランプ氏に本当の社会的変化を期待したのが、隠れトランプ、トランプ支持となってトランプ大統領誕生の起爆剤になったのだろうと考えます。ということは、今後トランプ大統領がとるべき方策は、国内重視の政策に舵を取り、経済的に米国内に雇用を生み出す企業を優遇するのは当然であり、モンロー主義とまではいかなくても、相当な内向きの政策をとるであろうことは容易に想像できます。


先述の通り、トランプ大統領誕生で我が国にこれから大変な圧力がかかるものと予想します。従順な米国の犬ならば問題ないでしょうが、米国の首枷から逃れ、日本を真の独立国家とするのであれば、米国に対し物を言う外交、政治への転換が何より必要です。政治的パラダイムの大変革が日本でも始まろうとしています。その時、これまでの自民党を中心とする戦後レジームを引きずる政党では対応できません。米国の巨大な壁に挑戦できるのは日本第一党のみです!

 

 

 
人気ブログランキングへ 

※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<活動のお知らせ>

 

桜井誠 北海道キャラバン公演 in 札幌


コレカラハジマル 「日本第一党」JAPAN FIRST PARTY


「日本第一党」の成立で、これまで消極的な投票に甘んじてきた有権者に、右側の選択肢(唯一の選択肢)を与える事になります。中道左派の自民党は確かにこれまで何十年にもわたって日本の中枢で地方・中央それぞれの政治舵取りを託されてきました。しかし、その舵も徐々に錆びつき、現在では右にも左にも舵を取れない状況、金属疲労ならぬ制度疲労を起こしているのではないでしょうか?


このことに多くの人が気が付きながら、だからといって他の野党に任せた結果、七年前の民主党(現民進党)の大参事に繋がった訳ですから、とてもではないが自民党に代わって政権を任せられるような政党は存在しないと考えてきたと思います。しかしながら、このまま自民党政権が続いても日本は緩やかな死を迎えるだけであり、決して現在の日本が改善することはありません。


だからこそ、我が党が存在するのであり、日本第一党は国民の声に寄り添う唯一の国民政党として産声を上げたのです。よちよち歩きの政党ですが、皆様のご支援ご協力で少しずつ成長する政党に育て上げたいと考えています。是非宜しくお願いします。


日本第一党 党首 桜井誠


―――――


【日 時】平成29年1月29日(日) 開場13:15 開演13:30~15:45


【場 所】かでる2.7 920会議室 (札幌市中央区北2条西7丁目)


【入場料】無料


―――――


第1部(13:30~14:50)


1.結党宣言の瞬間 (2016.8.15東京九段下) ・・・ VTR上映
2.コレカラハジマル「日本第一党」 ・・・ 党首 桜井誠


第2部(15:00-15:45)


1.入党のススメ~サムライはまだラストではない~ ・・・ 副党首 高橋阿矢花
2.トークディスカッション~Question&Answerタイム~ ・・・ 党首 桜井誠


※ 主催者の意向に著しく反する方は、ご退場いただく場合がございます。
※ 撮影および生中継が入ります。
※ 会場定員を超えた場合、ご入場頂けない場合があります。お早目のご来場をお勧めします。


【主催】日本第一党
〒150‐0011東京都渋谷区東2丁目1-4 須藤第二ビル3F
TEL03-6450-5818 FAX 03-6450-5819


【問合先】北海道本部設立準備協議会事務局 渡邊喜楽
090-1302-0103  j-boy-tk@ezweb.ne.jp

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<日本第一党 入党のご案内>

 

日本第一党(略称、日本一)では党員を募集しています。

是非、日本一の公式サイトにお進み頂き、綱領・政策を吟味下さい。日本第一党がどのような政党なのかを十分理解されたうえで、入党を希望される方は規約をご覧下さい。規約には日本一への入党に際しての決まり事が記載されています。また入党条件は日本国民であることが求められています。

 

すべての諸要件に同意された場合は入党案内へお進み下さい。入党申込書をプリントアウト、必要事項を自筆で記載、返信用と党員番号送付用封筒に82円切手を二枚添えて、日本第一党事務局まで送付下さい。折り返し、事務局より振込用紙が届きますので、指示に従って党費を入金ください。党費の振込確認が出来れば、貴方は日本第一党党員です。

 

日本一の党員をお待ちしています!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<行動する保守運動からのお願い>

行動する保守運動では口座を開設し広く寄付を呼びかけています。寄せられた寄付は活動費用の他、今後予定している選挙への支援などに使わせて頂きます。皆様からの温かいご支援で成り立つ行動する保守運動の活動です。よろしくお願いします。

ゆうちょ銀行からのお振込み
記号 10010
番号 40796851
コウドウスルホシュウンドウ

ゆうちょ銀行以外からのお振込み
店名 〇〇八(読み ゼロゼロハチ)
店番 008
普通預金
口座番号 4079685
コウドウスルホシュウンドウ


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<署名のお願い>
 

日韓通貨スワップ再開に断固反対!

 

平成28年8月27日(土)、担当閣僚らによる日韓財務会議が韓国ソウルで開かれました。韓国側から「再開の要請があれば通貨スワップについて検討する」と発言していた麻生太郎財務大臣でしたが、結局韓国側からの要請があったものと推測される中で、日韓通貨スワップ再開に向けた協議が決まりました。


日韓通貨スワップは韓国だけを利する協定であり、これまで日本は無償で韓国経済の裏付けをしてきたようなものでした。しかし、そのことについて韓国から一言のお礼どころか、反日妄動を繰り返し、挙句通貨スワップも必要がないと斬り捨てるに至ったのです。この韓国側の動きは、支那側との密接な関係が進んだことによるもので、事実、日韓通貨スワップが切れると今度は支那との間に通貨スワップを取り交わすコウモリ外交を韓国は行ったのでした。

 

しかしその後、韓国は、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を在韓米軍に配備するなど、支那側と衝突を繰り返すようになり、通貨スワップについても、韓国は支那に頼るわけにはいかなくなったのです。そのため、日本に対し再度、通貨スワップを求める事大主義(より強いものに付く主義)の恥知らずな外交を展開しているのです。

 

まだ通貨スワップ再開が決まったわけではありませんが、韓国の愚かなまでの事大主義に振り回され、いつものように韓国のいいなりになり、韓国だけを利する、日本に何の利益ももたらさない、日韓通貨スワップ再開に断固反対します!

 

※ 平成28年9月12日、署名第一弾を財務省に提出済

 

 

慰安婦問題の日韓合意に絶対反対します!

平成27年12月28日に電撃的に結ばれた慰安婦問題に関する日韓合意について、行動する保守運動は絶対反対を表明します。この決定はお金の問題ではなく、先人の名誉を傷つけ泥を塗る行為であり、それを保守本流を自認する自民党のトップが行ったことに対して抗議します。

多くの人にとって凡そ十億円「ぽっち」のお金で片が付くのなら安いものと思っているかも知れませんが、まずもって韓国が約束を守ることはなく、さらに先述のように先人を強姦魔だ、殺人鬼だと罵るに等しい合意は断じて認めることが出来ません。

賛同頂ける方は是非上記サイトからご署名をお願いします。皆さまの怒りを携え、内閣府に署名を提出したいと思います。

※ 平成28年2月12日、署名第一弾を内閣府に提出済
※ 平成28年9月12日、署名第二弾を内閣府に提出済

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<お知らせ>

保守系裁判支援団体 すみれの会

http://ameblo.jp/saibanshiensumirenokai/entry-12158861617.html

 

この度、保守系裁判を支援する保守系裁判支援団体すみれの会を設立致しました。皆様もご存じの通り、保守活動に於きましては裁判に至るケースが多々ございますがそれに依って生じる裁判費用の負担が大きいのが現状です。

 

その為、本会は保守活動の裁判に掛かる費用を支援する為に支援団体を設立するとともに支援口座を開設し、広く皆様にご支援を呼びかけ保守活動をどんどん支援していきたいと考えております。どうか皆様のご支援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

保守系裁判支援団体 すみれの会

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

 

日本第一党


行動する保守運動 

在日特権を許さない市民の会

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報

大鑑巨砲主義

正義の味方

AD

 
人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html


公式生放送 (ツイキャス)
http://twitcasting.tv/doronpa01

桜井誠 twitter
https://twitter.com/Doronpa01 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

本文

 

二月二十日の島根遠征、(仮称)竹島の日記念 日韓大討論! ~ 史上初!竹島帰属問題をめぐる大討論会 ~ 日本第一党党首 桜井誠 VS 獨島守護隊代表 キム・ジョング について、とん挫する可能性が出てきました。ある意味で予想通りの展開ですが…昨年、一昨年と韓国のテレビ局を通じて崔在翼ら韓国過激派組織に在籍する連中に対し、「来日したところで追い返される何時ものパフォーマンスであり、そんなことを続けても何の意味もない」「であれば、この辺で堂々と日韓で討論会でも何でもやらないか?」と呼びかけました。

 

韓国側のテレビ局の説明では「討論会を伝えたが崔在翼側から返答がない」とのことでしたので、拙ブログで「崔在翼らが逃げた」と書きました。このブログを韓国側のキムらも見ているとのことで(笑)、何故かキムが「崔在翼は『そんな話は聞いていない』と言っている」「客人に対して無礼だろう!謝罪しろ」「謝罪しなければ討論会には出ない」と喚いているそうです。はっきり言っておきますが、謝罪はしませんし今回の討論会から逃げたければ逃げればよろしいかと。

 

楽しみにされている皆様には申し訳ないのですが、このような不埒な言い分を認めて頭を下げることは出来ません。事実は事実であり、それを書き記した他者のブログにケチをつけるのであれば、当然こちらも反撃します。万一、これでこのまま彼らが逃げ出し、話が流れた場合は、瀬戸弘幸氏とコラボで竹島講演会を開催します。一応どちらに転んでもいいように組み立ててはいます。

 

無理筋で謝罪を求め、客人でもなく日本の迷惑でしかない韓国人が、「謝罪しなければ討論会に参加しないぞ?」と脅しをかけてくる。韓国では当たり前のことでも、ここは日本であり、竹島問題で日本側が過度に頭を下げたり、韓国側にへりくだることはありません。少なくとも日本第一党ではこのような韓国人に対して、戦いを挑んできたのです。討論会がどうなるのか、予断を許さない状況にありますが、各位何卒よろしくお願いします。

 

それにしても、拙ブログを韓国人が必死にみていたとは(笑)

 

 

 
人気ブログランキングへ 

※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<活動のお知らせ>

 

桜井誠 北海道キャラバン公演 in 札幌


コレカラハジマル 「日本第一党」JAPAN FIRST PARTY


「日本第一党」の成立で、これまで消極的な投票に甘んじてきた有権者に、右側の選択肢(唯一の選択肢)を与える事になります。中道左派の自民党は確かにこれまで何十年にもわたって日本の中枢で地方・中央それぞれの政治舵取りを託されてきました。しかし、その舵も徐々に錆びつき、現在では右にも左にも舵を取れない状況、金属疲労ならぬ制度疲労を起こしているのではないでしょうか?


このことに多くの人が気が付きながら、だからといって他の野党に任せた結果、七年前の民主党(現民進党)の大参事に繋がった訳ですから、とてもではないが自民党に代わって政権を任せられるような政党は存在しないと考えてきたと思います。しかしながら、このまま自民党政権が続いても日本は緩やかな死を迎えるだけであり、決して現在の日本が改善することはありません。


だからこそ、我が党が存在するのであり、日本第一党は国民の声に寄り添う唯一の国民政党として産声を上げたのです。よちよち歩きの政党ですが、皆様のご支援ご協力で少しずつ成長する政党に育て上げたいと考えています。是非宜しくお願いします。


日本第一党 党首 桜井誠


―――――


【日 時】平成29年1月29日(日) 開場13:15 開演13:30~15:45


【場 所】かでる2.7 920会議室 (札幌市中央区北2条西7丁目)


【入場料】無料


―――――


第1部(13:30~14:50)


1.結党宣言の瞬間 (2016.8.15東京九段下) ・・・ VTR上映
2.コレカラハジマル「日本第一党」 ・・・ 党首 桜井誠


第2部(15:00-15:45)


1.入党のススメ~サムライはまだラストではない~ ・・・ 副党首 高橋阿矢花
2.トークディスカッション~Question&Answerタイム~ ・・・ 党首 桜井誠


※ 主催者の意向に著しく反する方は、ご退場いただく場合がございます。
※ 撮影および生中継が入ります。
※ 会場定員を超えた場合、ご入場頂けない場合があります。お早目のご来場をお勧めします。


【主催】日本第一党
〒150‐0011東京都渋谷区東2丁目1-4 須藤第二ビル3F
TEL03-6450-5818 FAX 03-6450-5819


【問合先】北海道本部設立準備協議会事務局 渡邊喜楽
090-1302-0103  j-boy-tk@ezweb.ne.jp

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<日本第一党 入党のご案内>

 

日本第一党(略称、日本一)では党員を募集しています。

是非、日本一の公式サイトにお進み頂き、綱領・政策を吟味下さい。日本第一党がどのような政党なのかを十分理解されたうえで、入党を希望される方は規約をご覧下さい。規約には日本一への入党に際しての決まり事が記載されています。また入党条件は日本国民であることが求められています。

 

すべての諸要件に同意された場合は入党案内へお進み下さい。入党申込書をプリントアウト、必要事項を自筆で記載、返信用と党員番号送付用封筒に82円切手を二枚添えて、日本第一党事務局まで送付下さい。折り返し、事務局より振込用紙が届きますので、指示に従って党費を入金ください。党費の振込確認が出来れば、貴方は日本第一党党員です。

 

日本一の党員をお待ちしています!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<行動する保守運動からのお願い>

行動する保守運動では口座を開設し広く寄付を呼びかけています。寄せられた寄付は活動費用の他、今後予定している選挙への支援などに使わせて頂きます。皆様からの温かいご支援で成り立つ行動する保守運動の活動です。よろしくお願いします。

ゆうちょ銀行からのお振込み
記号 10010
番号 40796851
コウドウスルホシュウンドウ

ゆうちょ銀行以外からのお振込み
店名 〇〇八(読み ゼロゼロハチ)
店番 008
普通預金
口座番号 4079685
コウドウスルホシュウンドウ


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<署名のお願い>
 

日韓通貨スワップ再開に断固反対!

 

平成28年8月27日(土)、担当閣僚らによる日韓財務会議が韓国ソウルで開かれました。韓国側から「再開の要請があれば通貨スワップについて検討する」と発言していた麻生太郎財務大臣でしたが、結局韓国側からの要請があったものと推測される中で、日韓通貨スワップ再開に向けた協議が決まりました。


日韓通貨スワップは韓国だけを利する協定であり、これまで日本は無償で韓国経済の裏付けをしてきたようなものでした。しかし、そのことについて韓国から一言のお礼どころか、反日妄動を繰り返し、挙句通貨スワップも必要がないと斬り捨てるに至ったのです。この韓国側の動きは、支那側との密接な関係が進んだことによるもので、事実、日韓通貨スワップが切れると今度は支那との間に通貨スワップを取り交わすコウモリ外交を韓国は行ったのでした。

 

しかしその後、韓国は、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を在韓米軍に配備するなど、支那側と衝突を繰り返すようになり、通貨スワップについても、韓国は支那に頼るわけにはいかなくなったのです。そのため、日本に対し再度、通貨スワップを求める事大主義(より強いものに付く主義)の恥知らずな外交を展開しているのです。

 

まだ通貨スワップ再開が決まったわけではありませんが、韓国の愚かなまでの事大主義に振り回され、いつものように韓国のいいなりになり、韓国だけを利する、日本に何の利益ももたらさない、日韓通貨スワップ再開に断固反対します!

 

※ 平成28年9月12日、署名第一弾を財務省に提出済

 

 

慰安婦問題の日韓合意に絶対反対します!

平成27年12月28日に電撃的に結ばれた慰安婦問題に関する日韓合意について、行動する保守運動は絶対反対を表明します。この決定はお金の問題ではなく、先人の名誉を傷つけ泥を塗る行為であり、それを保守本流を自認する自民党のトップが行ったことに対して抗議します。

多くの人にとって凡そ十億円「ぽっち」のお金で片が付くのなら安いものと思っているかも知れませんが、まずもって韓国が約束を守ることはなく、さらに先述のように先人を強姦魔だ、殺人鬼だと罵るに等しい合意は断じて認めることが出来ません。

賛同頂ける方は是非上記サイトからご署名をお願いします。皆さまの怒りを携え、内閣府に署名を提出したいと思います。

※ 平成28年2月12日、署名第一弾を内閣府に提出済
※ 平成28年9月12日、署名第二弾を内閣府に提出済

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<お知らせ>

保守系裁判支援団体 すみれの会

http://ameblo.jp/saibanshiensumirenokai/entry-12158861617.html

 

この度、保守系裁判を支援する保守系裁判支援団体すみれの会を設立致しました。皆様もご存じの通り、保守活動に於きましては裁判に至るケースが多々ございますがそれに依って生じる裁判費用の負担が大きいのが現状です。

 

その為、本会は保守活動の裁判に掛かる費用を支援する為に支援団体を設立するとともに支援口座を開設し、広く皆様にご支援を呼びかけ保守活動をどんどん支援していきたいと考えております。どうか皆様のご支援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

保守系裁判支援団体 すみれの会

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

 

日本第一党


行動する保守運動 

在日特権を許さない市民の会

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報

大鑑巨砲主義

正義の味方

AD

 
人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html


公式生放送 (ツイキャス)
http://twitcasting.tv/doronpa01

桜井誠 twitter
https://twitter.com/Doronpa01 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

本文

 

平成十八年八月に書いたブログ記事を再掲します。十一年前に書いた文章ですが、現在の日本を取り巻く状況をそのまま書き記しているかのようです。日本人として支那・朝鮮問題に断固立ち向かうことを宣言した文章になったと自負しています。十一年前のこの記事を改めて読んでもらうため、一切言葉を変えずに再掲します。誤字脱字があった場合にはご容赦下さい。当時の思いを、多くの国民に共有してもらえればと思います。少々長くなる一篇ですが是非ご一読下さい。


-------------


巷にはアジアという言葉が溢れています。


「日本は靖国問題でアジアから孤立している!」
「アジアと友好を!」
「アジアの気持ちも考えろ!」


様々な場面で使われるアジアと言う言葉ですが、その多くは「支那・朝鮮・日本」という枠組みで捉えたアジアを指しています。靖国神社参拝について国家として文句を言ってくる非常識な国が支那・朝鮮以外にあるでしょうか? 或いは支那・朝鮮以外のアジア各国における対日意識は「日本に好感を持っている人」が過半数を超えていることが、各国の調査機関の世論調査や国際的な研究機関の調査によってはっきりしています。にも関わらず日本人の中には「日本はアジアに嫌われている」「日本はアジアから孤立したら生きていけない」と強迫観念じみた妄想に取り憑かれた人たちが存在しているのです。もちろん、朝日新聞を筆頭とする極左メディアやプロ市民団体などの極左活動家たちによる扇動があることは間違いありません。彼らにとって日本は常に悪でなければならず、日本は永久にアジア各国や世界に頭を下げて許しを請う事が絶対正義なのです。こうした極左の姿は、謝罪するたびに自慰的快感を覚える変態的行為であると言っても過言ではないでしょう。
これらの変態極左はともかく、一般の日本人の中でも漠然と「アジア」という言葉を連想して、やはり「支那・朝鮮・日本」という枠組みを思う人も少なくないのではないでしょうか? 日本人の考えるアジアとはアジア主義の具現化であり、そのアジア主義とは中華思想に根付く支那を中心とする世界観の残滓ではないかと思うのです。


かつて「日本・唐(支那)・天竺(インド)」という極めて狭い世界観の中で日本は生きてきました。後に「日本・支那・朝鮮」と観念的集合性から地理的集合性を重視した世界観に変化していきますが、やはり地球規模で見れば極小の世界観であることに変わりありません。これを仮に旧世界と名づけましょう。ごく当たり前に存在していた旧世界は、欧米列強の前に余りにも簡単に崩れ去りました。江戸末期の黒船来航以降、日本人はまざまざと欧米列強の力を見せ付けられ、自分達にとって全てと思っていた旧世界がいかに無力な存在であるのかを知ったのではないでしょうか。そしてここで初めて日本人は西洋という新たな世界を認識し、現在に至る地球規模の新世界観を受け入れたのではないかと思います。新世界観を日本人が持った時から旧世界は東洋という一地域へ格下げされ、それは皮肉にもアジアという概念を否が応でも日本人に植えつけることになりました。かつて世界の中心と思っていた中国をはじめアジア各国が次々と西洋勢力に侵略されていく姿は日本人にどれ程の衝撃を与えたでしょうか。「このまま日本がアジアの中に留まれば西洋勢力によって侵略され消えていく国々の一つになってしまう」という考えに至るのは当然と言えるでしょう。明治以降の日本はそれこそ死に物狂いで「脱亜入欧」を目指し、列強の一員となることを最大の目標としました。脱亜入欧とは言い方を変えれば、旧世界観に根ざすアジア主義を脱し新世界の中で生き残ることを目指した戦いであったと言えるでしょう。


日清日露の両大戦を経て日本は自他共に認める列強の一員としてその地位を獲得したかに見えましたが、大東亜戦争での敗戦によってアジア主義を脱し新世界を目指した精神・言動は「軍国主義」や「侵略」の名の下に全否定され葬り去られたのです。敗戦後、日本は物理的にも精神的にも足かせをはめられ、明治以降における日本の所作を全て否定する自虐教育を戦勝国に押し付けられました。日本は再び旧世界観に根付くアジア主義に戻ることを強要されたのです。支那を中心に成り立つ小さな世界の中に日本を閉じ込めておけば、二度と日本が列強となることも或いは列強を目指すこともないだろうとタカをくくった者達がいたのでしょう。しかし、焼け野原から立ち上がった多くの先達たちは経済力をもって、日本を世界屈指の先進国へと導いてくれたのです。江戸から明治にかけて恐ろしく巨大な西洋の壁を乗り越えようと、多くの日本人たちが物的にも精神的にもより高みを目指した時代がありました。現在の日本は物的に世界最高レベルの国家になったと確信を持って言えます。今を生きる私達にとってこれが当たり前の世界なのですが、ここに至るまでどれほど多くの人たちが血を流し苦しみぬいたかを考える事も大切です。そして確かに物的には世界屈指の国家となりえたかも知れませんが、精神的には敗戦後から続く旧世界観に根付くアジア主義から抜け出すことが出来ないでいるのが現状なのです。


アジア主義を脱することはアジアを蔑視することではありません。支那・朝鮮という圧政・人権蹂躙・独裁・無差別反日を繰り返す悪魔のような国家群をアジアの全てであるかのように錯覚し、このような国々と友好を結ぶことが日本にとって正しい事だと信じる狂信的アジア主義を日本から排除することを目指すものなのです。支那・朝鮮との関係を勇気を持って断ち切り、他の正常なアジア各国と手を取り合える世界を築きえた時、日本ははじめて「国際社会に名誉ある地位を占める」国家となりうるのではないかと思うのです。

 

 

 
人気ブログランキングへ 

※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<活動のお知らせ>

 

桜井誠 北海道キャラバン公演 in 札幌


コレカラハジマル 「日本第一党」JAPAN FIRST PARTY


「日本第一党」の成立で、これまで消極的な投票に甘んじてきた有権者に、右側の選択肢(唯一の選択肢)を与える事になります。中道左派の自民党は確かにこれまで何十年にもわたって日本の中枢で地方・中央それぞれの政治舵取りを託されてきました。しかし、その舵も徐々に錆びつき、現在では右にも左にも舵を取れない状況、金属疲労ならぬ制度疲労を起こしているのではないでしょうか?


このことに多くの人が気が付きながら、だからといって他の野党に任せた結果、七年前の民主党(現民進党)の大参事に繋がった訳ですから、とてもではないが自民党に代わって政権を任せられるような政党は存在しないと考えてきたと思います。しかしながら、このまま自民党政権が続いても日本は緩やかな死を迎えるだけであり、決して現在の日本が改善することはありません。


だからこそ、我が党が存在するのであり、日本第一党は国民の声に寄り添う唯一の国民政党として産声を上げたのです。よちよち歩きの政党ですが、皆様のご支援ご協力で少しずつ成長する政党に育て上げたいと考えています。是非宜しくお願いします。


日本第一党 党首 桜井誠


―――――


【日 時】平成29年1月29日(日) 開場13:15 開演13:30~15:45


【場 所】かでる2.7 920会議室 (札幌市中央区北2条西7丁目)


【入場料】無料


―――――


第1部(13:30~14:50)


1.結党宣言の瞬間 (2016.8.15東京九段下) ・・・ VTR上映
2.コレカラハジマル「日本第一党」 ・・・ 党首 桜井誠


第2部(15:00-15:45)


1.入党のススメ~サムライはまだラストではない~ ・・・ 副党首 高橋阿矢花
2.トークディスカッション~Question&Answerタイム~ ・・・ 党首 桜井誠


※ 主催者の意向に著しく反する方は、ご退場いただく場合がございます。
※ 撮影および生中継が入ります。
※ 会場定員を超えた場合、ご入場頂けない場合があります。お早目のご来場をお勧めします。


【主催】日本第一党
〒150‐0011東京都渋谷区東2丁目1-4 須藤第二ビル3F
TEL03-6450-5818 FAX 03-6450-5819


【問合先】北海道本部設立準備協議会事務局 渡邊喜楽
090-1302-0103  j-boy-tk@ezweb.ne.jp

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<日本第一党 入党のご案内>

 

日本第一党(略称、日本一)では党員を募集しています。

是非、日本一の公式サイトにお進み頂き、綱領・政策を吟味下さい。日本第一党がどのような政党なのかを十分理解されたうえで、入党を希望される方は規約をご覧下さい。規約には日本一への入党に際しての決まり事が記載されています。また入党条件は日本国民であることが求められています。

 

すべての諸要件に同意された場合は入党案内へお進み下さい。入党申込書をプリントアウト、必要事項を自筆で記載、返信用と党員番号送付用封筒に82円切手を二枚添えて、日本第一党事務局まで送付下さい。折り返し、事務局より振込用紙が届きますので、指示に従って党費を入金ください。党費の振込確認が出来れば、貴方は日本第一党党員です。

 

日本一の党員をお待ちしています!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<行動する保守運動からのお願い>

行動する保守運動では口座を開設し広く寄付を呼びかけています。寄せられた寄付は活動費用の他、今後予定している選挙への支援などに使わせて頂きます。皆様からの温かいご支援で成り立つ行動する保守運動の活動です。よろしくお願いします。

ゆうちょ銀行からのお振込み
記号 10010
番号 40796851
コウドウスルホシュウンドウ

ゆうちょ銀行以外からのお振込み
店名 〇〇八(読み ゼロゼロハチ)
店番 008
普通預金
口座番号 4079685
コウドウスルホシュウンドウ


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<署名のお願い>
 

日韓通貨スワップ再開に断固反対!

 

平成28年8月27日(土)、担当閣僚らによる日韓財務会議が韓国ソウルで開かれました。韓国側から「再開の要請があれば通貨スワップについて検討する」と発言していた麻生太郎財務大臣でしたが、結局韓国側からの要請があったものと推測される中で、日韓通貨スワップ再開に向けた協議が決まりました。


日韓通貨スワップは韓国だけを利する協定であり、これまで日本は無償で韓国経済の裏付けをしてきたようなものでした。しかし、そのことについて韓国から一言のお礼どころか、反日妄動を繰り返し、挙句通貨スワップも必要がないと斬り捨てるに至ったのです。この韓国側の動きは、支那側との密接な関係が進んだことによるもので、事実、日韓通貨スワップが切れると今度は支那との間に通貨スワップを取り交わすコウモリ外交を韓国は行ったのでした。

 

しかしその後、韓国は、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を在韓米軍に配備するなど、支那側と衝突を繰り返すようになり、通貨スワップについても、韓国は支那に頼るわけにはいかなくなったのです。そのため、日本に対し再度、通貨スワップを求める事大主義(より強いものに付く主義)の恥知らずな外交を展開しているのです。

 

まだ通貨スワップ再開が決まったわけではありませんが、韓国の愚かなまでの事大主義に振り回され、いつものように韓国のいいなりになり、韓国だけを利する、日本に何の利益ももたらさない、日韓通貨スワップ再開に断固反対します!

 

※ 平成28年9月12日、署名第一弾を財務省に提出済

 

 

慰安婦問題の日韓合意に絶対反対します!

平成27年12月28日に電撃的に結ばれた慰安婦問題に関する日韓合意について、行動する保守運動は絶対反対を表明します。この決定はお金の問題ではなく、先人の名誉を傷つけ泥を塗る行為であり、それを保守本流を自認する自民党のトップが行ったことに対して抗議します。

多くの人にとって凡そ十億円「ぽっち」のお金で片が付くのなら安いものと思っているかも知れませんが、まずもって韓国が約束を守ることはなく、さらに先述のように先人を強姦魔だ、殺人鬼だと罵るに等しい合意は断じて認めることが出来ません。

賛同頂ける方は是非上記サイトからご署名をお願いします。皆さまの怒りを携え、内閣府に署名を提出したいと思います。

※ 平成28年2月12日、署名第一弾を内閣府に提出済
※ 平成28年9月12日、署名第二弾を内閣府に提出済

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<お知らせ>

保守系裁判支援団体 すみれの会

http://ameblo.jp/saibanshiensumirenokai/entry-12158861617.html

 

この度、保守系裁判を支援する保守系裁判支援団体すみれの会を設立致しました。皆様もご存じの通り、保守活動に於きましては裁判に至るケースが多々ございますがそれに依って生じる裁判費用の負担が大きいのが現状です。

 

その為、本会は保守活動の裁判に掛かる費用を支援する為に支援団体を設立するとともに支援口座を開設し、広く皆様にご支援を呼びかけ保守活動をどんどん支援していきたいと考えております。どうか皆様のご支援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

保守系裁判支援団体 すみれの会

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

 

日本第一党


行動する保守運動 

在日特権を許さない市民の会

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報

大鑑巨砲主義

正義の味方

AD

発狂する韓国と黙り続ける日本

テーマ:

 
人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html


公式生放送 (ツイキャス)
http://twitcasting.tv/doronpa01

桜井誠 twitter
https://twitter.com/Doronpa01 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

本文

 

韓国京畿道の議員らが同国が不法占拠を続ける竹島に売春婦像を年内に設置するとして、募金活動を始めたニュースが我が国でも流れ騒動になっています。当初予定では17日以降、出来る限り早く帰任させるとしていた日本大使の処遇(韓国への再赴任)もまた流動的になっています。流石にこれは黙認できないとして、菅官房長官も日本政府として認めがたい行為について非難しています。また韓国側の京畿道知事も「獨島(竹島の韓国側呼称)は韓国領土ではあるが、売春婦像の設置は問題だと指摘するなど、混乱と余波が韓国でも広がり続けているようです。


では、この問題、慰安婦問題に対してどのように我が国は対処すべきなのでしょうか?まず押さえなければならない基本認識は、韓国側は慰安婦問題を外交カードとして手放すつもりはない、ということです。何より彼らはこの問題でこれまでも、何度も日本に対し謝罪や賠償を求め、実際に勝ち取ってきました。その時の約束は「二度と慰安婦問題を取り上げない」でしたが、政権が変わるたびにゴールポストが動く有様で守る意思が全くないということです。また、民間も「慰安婦問題で日本側に譲ることはあり得ない」状況です。韓国では慰安婦絶対神話とでもいうべき、虚構の歴史が教え込まれ、ただの売春婦のはずが、日本に虐げられた哀れな慰安婦ハルモニ(婆)になっているのです。


すなわち、政治の世界においても民間においても、慰安婦問題で交渉する余地はなく、日本と韓国という国家が存在する限り、百年でも二百年でも彼らはこの問題を主張し続けることは間違いがありません。これは韓国人の基本精神、「恨(ハン)の精神」にも繋がっており、この愚かな民族は自らの作り上げた虚構の歴史を(韓国人の間でのみ)事実化を図り、普遍化を目指しているのです。日本側はこうした韓国側の裏側の事情をよくよく理解し、慰安婦問題に関して韓国と交渉することの無意味さを知るべきです。彼らはその場限りで「二度と外交案件として扱わないから金をくれ」と日本をゆすり、そして政権が変わると「前政権の約束事だから我々は知らない」と嘯くのです。


日韓合意の破棄は日本側からすべきではない、との意見が散見されますが、この状況において日本側が合意の破棄を宣言しなければ、韓国はよりいっそう激しい反日行動をとるものと思われ、現実に連日報道される慰安婦問題のニュースではどんどんエスカレートする彼らの様子が見て取れます。すでに日韓合意自体の約束事は韓国側によって破られ、合意の破棄を行うのに日本側が躊躇する理由がありません。国際社会に対しては「韓国側の深刻な合意違反によって破棄せざるを得なくなった」で終わる話なのです。そして、日韓合意破棄と合わせて日韓断交を国民の総意として突きつけるべきなのです。


昭和47年(1972年)支那との国交を回復するにあたって日本は台湾と断交する決断を下しました。つまり、日本は過去において断交という外交カードを親日国「台湾」に対して使っているのです。もちろん、台湾側とも話し合い断交しても互いの政治的、経済的関係を損なわないように最大限の注意をはらったことは言うまでもありません。つまり、断交とは日常茶飯事とまでは言いませんが、国家としての意思を示す外交カードの一つであることは間違いないのです。であれば、現在の日韓関係を鑑みて日韓断交を政治的議題に挙げても良い時期に来ているのではないかと思うのです。

 

 

 
人気ブログランキングへ 

※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<活動のお知らせ>

 

桜井誠 北海道キャラバン公演 in 札幌


コレカラハジマル 「日本第一党」JAPAN FIRST PARTY


「日本第一党」の成立で、これまで消極的な投票に甘んじてきた有権者に、右側の選択肢(唯一の選択肢)を与える事になります。中道左派の自民党は確かにこれまで何十年にもわたって日本の中枢で地方・中央それぞれの政治舵取りを託されてきました。しかし、その舵も徐々に錆びつき、現在では右にも左にも舵を取れない状況、金属疲労ならぬ制度疲労を起こしているのではないでしょうか?


このことに多くの人が気が付きながら、だからといって他の野党に任せた結果、七年前の民主党(現民進党)の大参事に繋がった訳ですから、とてもではないが自民党に代わって政権を任せられるような政党は存在しないと考えてきたと思います。しかしながら、このまま自民党政権が続いても日本は緩やかな死を迎えるだけであり、決して現在の日本が改善することはありません。


だからこそ、我が党が存在するのであり、日本第一党は国民の声に寄り添う唯一の国民政党として産声を上げたのです。よちよち歩きの政党ですが、皆様のご支援ご協力で少しずつ成長する政党に育て上げたいと考えています。是非宜しくお願いします。


日本第一党 党首 桜井誠


―――――


【日 時】平成29年1月29日(日) 開場13:15 開演13:30~15:45


【場 所】かでる2.7 920会議室 (札幌市中央区北2条西7丁目)


【入場料】無料


―――――


第1部(13:30~14:50)


1.結党宣言の瞬間 (2016.8.15東京九段下) ・・・ VTR上映
2.コレカラハジマル「日本第一党」 ・・・ 党首 桜井誠


第2部(15:00-15:45)


1.入党のススメ~サムライはまだラストではない~ ・・・ 副党首 高橋阿矢花
2.トークディスカッション~Question&Answerタイム~ ・・・ 党首 桜井誠


※ 主催者の意向に著しく反する方は、ご退場いただく場合がございます。
※ 撮影および生中継が入ります。
※ 会場定員を超えた場合、ご入場頂けない場合があります。お早目のご来場をお勧めします。


【主催】日本第一党
〒150‐0011東京都渋谷区東2丁目1-4 須藤第二ビル3F
TEL03-6450-5818 FAX 03-6450-5819


【問合先】北海道本部設立準備協議会事務局 渡邊喜楽
090-1302-0103  j-boy-tk@ezweb.ne.jp

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<日本第一党 入党のご案内>

 

日本第一党(略称、日本一)では党員を募集しています。

是非、日本一の公式サイトにお進み頂き、綱領・政策を吟味下さい。日本第一党がどのような政党なのかを十分理解されたうえで、入党を希望される方は規約をご覧下さい。規約には日本一への入党に際しての決まり事が記載されています。また入党条件は日本国民であることが求められています。

 

すべての諸要件に同意された場合は入党案内へお進み下さい。入党申込書をプリントアウト、必要事項を自筆で記載、返信用と党員番号送付用封筒に82円切手を二枚添えて、日本第一党事務局まで送付下さい。折り返し、事務局より振込用紙が届きますので、指示に従って党費を入金ください。党費の振込確認が出来れば、貴方は日本第一党党員です。

 

日本一の党員をお待ちしています!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<行動する保守運動からのお願い>

行動する保守運動では口座を開設し広く寄付を呼びかけています。寄せられた寄付は活動費用の他、今後予定している選挙への支援などに使わせて頂きます。皆様からの温かいご支援で成り立つ行動する保守運動の活動です。よろしくお願いします。

ゆうちょ銀行からのお振込み
記号 10010
番号 40796851
コウドウスルホシュウンドウ

ゆうちょ銀行以外からのお振込み
店名 〇〇八(読み ゼロゼロハチ)
店番 008
普通預金
口座番号 4079685
コウドウスルホシュウンドウ


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<署名のお願い>
 

日韓通貨スワップ再開に断固反対!

 

平成28年8月27日(土)、担当閣僚らによる日韓財務会議が韓国ソウルで開かれました。韓国側から「再開の要請があれば通貨スワップについて検討する」と発言していた麻生太郎財務大臣でしたが、結局韓国側からの要請があったものと推測される中で、日韓通貨スワップ再開に向けた協議が決まりました。


日韓通貨スワップは韓国だけを利する協定であり、これまで日本は無償で韓国経済の裏付けをしてきたようなものでした。しかし、そのことについて韓国から一言のお礼どころか、反日妄動を繰り返し、挙句通貨スワップも必要がないと斬り捨てるに至ったのです。この韓国側の動きは、支那側との密接な関係が進んだことによるもので、事実、日韓通貨スワップが切れると今度は支那との間に通貨スワップを取り交わすコウモリ外交を韓国は行ったのでした。

 

しかしその後、韓国は、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を在韓米軍に配備するなど、支那側と衝突を繰り返すようになり、通貨スワップについても、韓国は支那に頼るわけにはいかなくなったのです。そのため、日本に対し再度、通貨スワップを求める事大主義(より強いものに付く主義)の恥知らずな外交を展開しているのです。

 

まだ通貨スワップ再開が決まったわけではありませんが、韓国の愚かなまでの事大主義に振り回され、いつものように韓国のいいなりになり、韓国だけを利する、日本に何の利益ももたらさない、日韓通貨スワップ再開に断固反対します!

 

※ 平成28年9月12日、署名第一弾を財務省に提出済

 

 

慰安婦問題の日韓合意に絶対反対します!

平成27年12月28日に電撃的に結ばれた慰安婦問題に関する日韓合意について、行動する保守運動は絶対反対を表明します。この決定はお金の問題ではなく、先人の名誉を傷つけ泥を塗る行為であり、それを保守本流を自認する自民党のトップが行ったことに対して抗議します。

多くの人にとって凡そ十億円「ぽっち」のお金で片が付くのなら安いものと思っているかも知れませんが、まずもって韓国が約束を守ることはなく、さらに先述のように先人を強姦魔だ、殺人鬼だと罵るに等しい合意は断じて認めることが出来ません。

賛同頂ける方は是非上記サイトからご署名をお願いします。皆さまの怒りを携え、内閣府に署名を提出したいと思います。

※ 平成28年2月12日、署名第一弾を内閣府に提出済
※ 平成28年9月12日、署名第二弾を内閣府に提出済

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<お知らせ>

保守系裁判支援団体 すみれの会

http://ameblo.jp/saibanshiensumirenokai/entry-12158861617.html

 

この度、保守系裁判を支援する保守系裁判支援団体すみれの会を設立致しました。皆様もご存じの通り、保守活動に於きましては裁判に至るケースが多々ございますがそれに依って生じる裁判費用の負担が大きいのが現状です。

 

その為、本会は保守活動の裁判に掛かる費用を支援する為に支援団体を設立するとともに支援口座を開設し、広く皆様にご支援を呼びかけ保守活動をどんどん支援していきたいと考えております。どうか皆様のご支援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

保守系裁判支援団体 すみれの会

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

 

日本第一党


行動する保守運動 

在日特権を許さない市民の会

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報

大鑑巨砲主義

正義の味方

 
人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html


公式生放送 (ツイキャス)
http://twitcasting.tv/doronpa01

桜井誠 twitter
https://twitter.com/Doronpa01 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

本文

 

佐賀県名護屋城博物館の展示品などに関する館側との話し合いが持たれ、ようやく沖縄・九州遠征すべての日程を終了致しました。長い遠征になりましたが、遠征を支えて頂いた皆様、ネットでご視聴頂き応援して頂いた皆様、すべての皆様に心からの感謝を申し上げます。


名護屋城博物館側との話し合いでは、学芸員の一人広瀬君が登場し、時に熱く暴走し、時に失笑を買い、仕舞には副館長に静止されるという実にぶっとんだ状況を見せてくれました。まずこの広瀬君について言及したいのですが、彼は(後ほど知ったのですが)元釜山女子大の日本語を担当する教授とのことでした。彼の言動を見ていると、とても日本人とは思えないものがあり、これは決して桜井と論戦した相手だからといって貶めているわけではなく、自分の上司たる館長、副館長がいる前で、肘をついて手の上に顎をのせたりするなど、おそらく釜山にいた時代の癖なのかも知れませんが、上司の前でそんなことをやれば日本ではどうなるか分かりそうなものです。


当初、広瀬君が登場した際には前任者の森田君(六年半前に同館を訪れた際に教育委員会の肩書をもって現れた逸材)が、6500年前のプラントオパールの出土について「半島から輸入した可能性」を指摘したことに、動画で見た多くの人から批判の声が寄せられ、それについて広瀬君から反省の弁が寄せられました。森田君よりはマシなのかな?と期待したところ、それ以上だったというオチが付く有様でした。


恐らく、桜井との論戦に備えて勉強をしたのでしょうが、どうしても辻褄が合わなくなるところがあり、例えば最後に質問した「関東大震災時の朝鮮人狩りとは何ですか?」という問いに、いろいろ答えてはいましたが、結局のところそれは広瀬君の認識であり、日本政府が「朝鮮人狩り」を組織的に行った証拠もなく、年表に書かれていたことが判明しました。常に朝鮮人の側に立とうというのは分かりますが、あまりにも偏った行為は他者に不信感を植え付けるだけで、個人による歴史の私物化と指摘されても致し方のないものです。


この佐賀県の辺鄙な場所に立つ、名護屋城博物館が何故韓国人らによる観光コースに指定されているのか、理由の一端が皆様にもご理解頂けたと思います。再来月には耐震補強工事などを経て、再開される名護屋城博物館に皆様も足をお運び頂き、ご自身の目で博物館が変わったのか?変わらなかったのか?を確認して頂ければと思います。


とまれ、こうして遠征の全日程を終えることが出来ました。それもこれも陰に日なたに支えてくれた多くの党員の皆様のお陰だと思います。誠に有難うございました。なお、次は今月29日の札幌講演会になります。一人でも多くの皆様に札幌講演会にご参加いただき、日本第一党の党勢拡大にご協力頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

 

 

平成29年1月18日(水)

日本第一党

党首 桜井誠

 

 

 
人気ブログランキングへ 

※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<活動のお知らせ>

 

桜井誠 北海道キャラバン公演 in 札幌


コレカラハジマル 「日本第一党」JAPAN FIRST PARTY


「日本第一党」の成立で、これまで消極的な投票に甘んじてきた有権者に、右側の選択肢(唯一の選択肢)を与える事になります。中道左派の自民党は確かにこれまで何十年にもわたって日本の中枢で地方・中央それぞれの政治舵取りを託されてきました。しかし、その舵も徐々に錆びつき、現在では右にも左にも舵を取れない状況、金属疲労ならぬ制度疲労を起こしているのではないでしょうか?


このことに多くの人が気が付きながら、だからといって他の野党に任せた結果、七年前の民主党(現民進党)の大参事に繋がった訳ですから、とてもではないが自民党に代わって政権を任せられるような政党は存在しないと考えてきたと思います。しかしながら、このまま自民党政権が続いても日本は緩やかな死を迎えるだけであり、決して現在の日本が改善することはありません。


だからこそ、我が党が存在するのであり、日本第一党は国民の声に寄り添う唯一の国民政党として産声を上げたのです。よちよち歩きの政党ですが、皆様のご支援ご協力で少しずつ成長する政党に育て上げたいと考えています。是非宜しくお願いします。


日本第一党 党首 桜井誠


―――――


【日 時】平成29年1月29日(日) 開場13:15 開演13:30~15:45


【場 所】かでる2.7 920会議室 (札幌市中央区北2条西7丁目)


【入場料】無料


―――――


第1部(13:30~14:50)


1.結党宣言の瞬間 (2016.8.15東京九段下) ・・・ VTR上映
2.コレカラハジマル「日本第一党」 ・・・ 党首 桜井誠


第2部(15:00-15:45)


1.入党のススメ~サムライはまだラストではない~ ・・・ 副党首 高橋阿矢花
2.トークディスカッション~Question&Answerタイム~ ・・・ 党首 桜井誠


※ 主催者の意向に著しく反する方は、ご退場いただく場合がございます。
※ 撮影および生中継が入ります。
※ 会場定員を超えた場合、ご入場頂けない場合があります。お早目のご来場をお勧めします。


【主催】日本第一党
〒150‐0011東京都渋谷区東2丁目1-4 須藤第二ビル3F
TEL03-6450-5818 FAX 03-6450-5819


【問合先】北海道本部設立準備協議会事務局 渡邊喜楽
090-1302-0103  j-boy-tk@ezweb.ne.jp

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<日本第一党 入党のご案内>

 

日本第一党(略称、日本一)では党員を募集しています。

是非、日本一の公式サイトにお進み頂き、綱領・政策を吟味下さい。日本第一党がどのような政党なのかを十分理解されたうえで、入党を希望される方は規約をご覧下さい。規約には日本一への入党に際しての決まり事が記載されています。また入党条件は日本国民であることが求められています。

 

すべての諸要件に同意された場合は入党案内へお進み下さい。入党申込書をプリントアウト、必要事項を自筆で記載、返信用と党員番号送付用封筒に82円切手を二枚添えて、日本第一党事務局まで送付下さい。折り返し、事務局より振込用紙が届きますので、指示に従って党費を入金ください。党費の振込確認が出来れば、貴方は日本第一党党員です。

 

日本一の党員をお待ちしています!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<行動する保守運動からのお願い>

行動する保守運動では口座を開設し広く寄付を呼びかけています。寄せられた寄付は活動費用の他、今後予定している選挙への支援などに使わせて頂きます。皆様からの温かいご支援で成り立つ行動する保守運動の活動です。よろしくお願いします。

ゆうちょ銀行からのお振込み
記号 10010
番号 40796851
コウドウスルホシュウンドウ

ゆうちょ銀行以外からのお振込み
店名 〇〇八(読み ゼロゼロハチ)
店番 008
普通預金
口座番号 4079685
コウドウスルホシュウンドウ


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<署名のお願い>
 

日韓通貨スワップ再開に断固反対!

 

平成28年8月27日(土)、担当閣僚らによる日韓財務会議が韓国ソウルで開かれました。韓国側から「再開の要請があれば通貨スワップについて検討する」と発言していた麻生太郎財務大臣でしたが、結局韓国側からの要請があったものと推測される中で、日韓通貨スワップ再開に向けた協議が決まりました。


日韓通貨スワップは韓国だけを利する協定であり、これまで日本は無償で韓国経済の裏付けをしてきたようなものでした。しかし、そのことについて韓国から一言のお礼どころか、反日妄動を繰り返し、挙句通貨スワップも必要がないと斬り捨てるに至ったのです。この韓国側の動きは、支那側との密接な関係が進んだことによるもので、事実、日韓通貨スワップが切れると今度は支那との間に通貨スワップを取り交わすコウモリ外交を韓国は行ったのでした。

 

しかしその後、韓国は、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を在韓米軍に配備するなど、支那側と衝突を繰り返すようになり、通貨スワップについても、韓国は支那に頼るわけにはいかなくなったのです。そのため、日本に対し再度、通貨スワップを求める事大主義(より強いものに付く主義)の恥知らずな外交を展開しているのです。

 

まだ通貨スワップ再開が決まったわけではありませんが、韓国の愚かなまでの事大主義に振り回され、いつものように韓国のいいなりになり、韓国だけを利する、日本に何の利益ももたらさない、日韓通貨スワップ再開に断固反対します!

 

※ 平成28年9月12日、署名第一弾を財務省に提出済

 

 

慰安婦問題の日韓合意に絶対反対します!

平成27年12月28日に電撃的に結ばれた慰安婦問題に関する日韓合意について、行動する保守運動は絶対反対を表明します。この決定はお金の問題ではなく、先人の名誉を傷つけ泥を塗る行為であり、それを保守本流を自認する自民党のトップが行ったことに対して抗議します。

多くの人にとって凡そ十億円「ぽっち」のお金で片が付くのなら安いものと思っているかも知れませんが、まずもって韓国が約束を守ることはなく、さらに先述のように先人を強姦魔だ、殺人鬼だと罵るに等しい合意は断じて認めることが出来ません。

賛同頂ける方は是非上記サイトからご署名をお願いします。皆さまの怒りを携え、内閣府に署名を提出したいと思います。

※ 平成28年2月12日、署名第一弾を内閣府に提出済
※ 平成28年9月12日、署名第二弾を内閣府に提出済

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<お知らせ>

保守系裁判支援団体 すみれの会

http://ameblo.jp/saibanshiensumirenokai/entry-12158861617.html

 

この度、保守系裁判を支援する保守系裁判支援団体すみれの会を設立致しました。皆様もご存じの通り、保守活動に於きましては裁判に至るケースが多々ございますがそれに依って生じる裁判費用の負担が大きいのが現状です。

 

その為、本会は保守活動の裁判に掛かる費用を支援する為に支援団体を設立するとともに支援口座を開設し、広く皆様にご支援を呼びかけ保守活動をどんどん支援していきたいと考えております。どうか皆様のご支援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

保守系裁判支援団体 すみれの会

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

 

日本第一党


行動する保守運動 

在日特権を許さない市民の会

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報

大鑑巨砲主義

正義の味方