エコ・ブログトップへ エコ・ブログ

ブログに関するお問い合わせは doronpa01@mail.goo.ne.jp までお願いします。


"Doronpaの独り言"はブログランキングに参加しています。

このブログを支持される方はこちらをクリックしてください。 → 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年10月24日(金) 00時00分01秒

橋下徹市長との会談の裏側 その2

テーマ:在日特権を許さない市民の会


人気ブログランキングへ

在特会公式サイト新URL
http://www.zaitokukai.info/

桜井誠 twitter
https://twitter.com/Doronpa01

20日の会談については今更ながらに釈明をする気はありませんが、ヘイトスピーチ云々と言い出した橋下市長に「ヘイトスピーチとは何か?」を尋ねて帰ってきた答えが「俺に聞くな」の第一声を受けて、この男が話をするつもりがないことがはっきりしたため喧嘩体制で臨んだことは事実です。政治家である市長が「言いたいことがあるなら政治家にいえ」「言いたいことがあるなら選挙に出ろ」と自らが政治家であることを否定し、さらに国民が政治に対して声を上げることを許さない反民主主義の思想を前面に打ち出したことには驚きましたが…。


ゴロツキメディアは案の定会談の様子を偏向しまくって報じており、途中橋下市長が席を蹴って逃走したため僅か5~6分で終わった会談内容をつぎはぎして桜井を一方的に悪役に仕立てているようです。そんなことは百も承知だからこそ全メディアの排除を要請したのですが、結局メディアに守ってもらうことを前提にした橋下市長の意向で叶わず、メディア時代の終焉を印象付けたかったのですが本当に残念でした。

しかしながら一方で偏向報道対策として可能な限りの動画撮影班、生放送中継班を用意して在特会側も投入しており、結果としてその映像がメディアよりも早く視聴者に出回り、橋下市長の異常性が嫌というほど知れ渡るにつれてメディアによる偏向報道の悪質ぶりも周知拡散していくことになりました。


もちろん会談内容について多くの方から批判の声を頂いていますし、会談後から拙ブログや在特会問い合わせに橋下信者から大量の誹謗中傷や殺害予告のコメントも寄せられています。反発をされる方も大変多いことは承知しておりますが、それでもこれまでの行政交渉のとおり相手が真摯に話に向き合うならこちらも同じく真摯に向き合って話し合い、相手が喧嘩腰で来るならこちらも喧嘩腰で臨むやり方を変えるつもりは毛頭ございません。


幸いにして会談翌日の記者会見で橋下市長は大阪維新の会総支部長(代表)及び維新の党共同代表の立場で「在日問題は僕が引き受ける」「今後は在日ではなく僕に言って来ればいい」と公言しました。桜井のやり方を批判される方の声は十二分に理解しましたので、この次は是非批判された方のやり方で在日問題について橋下代表に会談を申し込み建設的な話し合いを行ってください。ふつう政治家で誰彼かまわず会いますという人はいませんが、橋下代表が(在日問題に限って)誰彼かまわず会うと宣言した以上、この機会を逃すことなく「正しい会談」を実践し浅学非才な身の桜井にご教授賜りますようお願い致します。


最後になりますが会談終了後に拙著『大嫌韓時代』が大反響を呼びamazonで首位に返り咲いたのに続き、楽天ブックスにおいても全書籍ランキングで首位となってダブル首位の快挙を遂げることができました。我が国における書籍通販サイトの最大手とNO.2の両社ですべての書籍の頂点に立てたことを物書きの端くれとして心から誇りに思うと共に、ここまで支えて頂きました読者の皆様、出版社各位、全国の書店様に厚く御礼申し上げます。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<書籍案内>

~ 発売2週間で5万部突破 ~

amazon及び楽天ブックスの全書籍ランキングでダブル首位獲得!


在特会会長 桜井誠が書き下ろした渾身の一作 『
大嫌韓時代 』 (青林堂、定価1200円)が平成26年9月24日より全国の書店で絶賛発売中!

※ 『大嫌韓時代 』 の書名をクリックすると予約サイトに移動します

桜井自身八冊目の書下ろしとなる今作では「在特会」をメインに構成した内容になります。李明博から朴槿惠に至る日韓関係の様々な問題を主軸に在特会が何故誕生し、何を成してきたのか? 或いは行動する保守運動の原点について初めて詳細に語っています。

また同書において各地で地道に活動を続ける皆さまへのエールとして北海道から九州まで在特会の執行役員、各支部長たちの活動を取り上げ紹介しています。とくに在特会会員には是非とも購読頂きたい一冊に仕上がりました。


大嫌韓時代


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

在特会イベント最新情報

<イベント紹介>

10月25日(土)

Saturday Night Special 第123回 ~まいったな、在日と来日で朝鮮人がダブってしまった~


10月26日(日)

我が国を貶め続ける北海道新聞社、朝日新聞社を許さないぞ 【北海道支部】


11月02日(日)

大嫌韓デモ in 東京 【東京支部】


11月09日(日)

桜井誠 新刊出版記念講演会 in 福岡 【福岡支部】


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<在特会からのお知らせ>

在特会の活動は皆さまからの暖かいご支援で成り立っています。全国に拡大する在特会ではありますが、運営経費の増大だけではなく今後予想される司法関連費用など財務面で大きな困難を抱えています。活動にご理解いただける方で余力のある皆さまにおかれましては、是非在特会への暖かいご支援をお願いいたします。

ご寄付に関する詳細は >>こちら << をクリックしてご覧ください。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<在特会からのお願い>

Doronpaの独り言在日特権を許さない市民の会は平成23年4月に登録会員1万人を突破しました。

10月24日 現在
登録会員 14967

強制連行や強制労働といった誤った歴史観についてその是正を求め、在日問題を私たちの世代で解決するために一人でも多くの方に在特会への入会をお願いしています。強制連行や強制労働といった誤った歴史観についてその是正を求め、在日問題を私たちの世代で解決するために一人でも多くの方に在特会への入会をお願いしています。

公式サイト(http://www.zaitokukai.info/ )では、在日問題をわかりやすく解説したザイ子ちゃんシリーズや動画・音声コンテンツなど各種コンテンツをご用意しています。また、会員登録をされますと各種フォーラムや毎週一回配信されるメルマガ「在特会定期便」、会員のみ視聴できる動画・音声コンテンツなど会員特典のコンテンツもご利用いただけます。在日問題についてより深く知りたい考えたいと思われる方は、まずは公式サイトをご訪問ください。皆さまの積 極的なご参加を心よりお待 ち しております。

AD
2014年10月23日(木) 08時00分01秒

橋下徹市長との会談の裏側 その1

テーマ:在日特権を許さない市民の会


人気ブログランキングへ

在特会公式サイト新URL
http://www.zaitokukai.info/

桜井誠 twitter
https://twitter.com/Doronpa01

平成26年10月20日(月)大阪市役所にて橋下市長との会談に臨みました。この会談の実現は市長自身が7月の記者会見で京都朝鮮学校による児童公園不法占拠事件に触れる形で「ヘイトスピーチは許さない」「外で騒がずに役所に来い」「僕が直接相手をしてやる」などを呼びかけたことから始まったものでした。


その後、在日団体が大阪市役所に「ヘイトスピーチを行うと疑われる団体や組織、逮捕者を出している組織への公共の施設の貸し出しや公園使用の禁止」を求める要望を提出したため、在特会も「日本人へのヘイトスピーチを行っている団体や組織、逮捕者続出の民団や総連などの在日系組織への公共の施設の貸し出しや公園使用の禁止」を求める要望書を提出しました。


その際に先述の橋下市長の発言を受けて、今回のヘイトスピーチ問題で在特会会長が橋下市長と話し合う用意があることを伝えました。しかしながら、市長側はこの申し入れを無視したため9月上旬に再度同様の申し入れを行いました。そして9月18日にようやく市長側より話し合いのテーブルにつくことが交渉窓口となっていた市役所人権企画課を通じて連絡があったのです。


そして翌日19日に橋下市長は何の連絡もなく記者会見で「在特会側と会ってやる」などと発言したわけです。相手側に連絡なしに何事かを公表するやり方には憤りを覚えましたが、考えてみれば悲惨な家庭環境で親からの躾がなっておらず社会常識が欠如している可哀想な方なのだろうと考え、それ以上の追及はしませんでした。


19日の公表後に直ちに在特会側の窓口となっていた大阪支部に対し「9月27日に大阪に行くので、その日に会談を設定するように」調整を依頼しました。しかし大阪市役所からは「市長の都合がつかないので10月に会談日を変更して欲しい」との要望があり、それに従って10月20日に大阪市役所内で会談することが決まったのです。


最初から桜井が直接行くことを知っていながら、また自らの都合で会談の最短日程だった9月27日を蹴ったにも関わらず、その後の記者会見では「在特会の代表者が来ないと言っている」「逃げた」「僕に簡単に会えると思うな」など事実無根の虚言や自ら呼びかけておきながら「簡単に会えると思うな」など人を馬鹿にした発言を平気で撒き散らしていたのにはほとほと呆れ返りました。


その後、両者の窓口となっていた大阪支部と人権企画課で会談の条件整備について合意するたびに市長から横槍が入り、ことごとく変更になっていったのには窓口両者が大変苦労したと聞いています。会談翌日の記者会見で橋下市長は「在特会側の宣伝に利用されないように」荒れた会談を演出したように話していましたが、であれば当初の「マスメディア全排除」を主張した在特会側の要求を何故受け入れなかったのでしょうか?メディアを入れた時点でどのような結果になっても宣伝になってしまうのは子供でも分かります。


そもそも論ですが、相手側の宣伝にしたくないというのであれば何故会談をする必要があったのでしょうか?ゴロツキ偏向メディアは「在特会から会談を持ちかけた」と報じていますが、これが事実なら最初から市長側は拒否すればよかっただけのことなのです。事実は先述のとおり7月の記者会見で自分から呼び水となっており、これで会談しなければ「嘘つき」になることを恐れた橋下市長が引くに引けなくなって会談せざるを得ない状況に追い込まれただけの話なのです。


さらに会談日直前17日に人権企画課から在特会広報局に「メディアはすべて会談場に入れる」「たとえしばき隊であっても取材者として来るのであれば入れる」「会談を中止にするならどうぞ」と連絡がありました。今回の会談で一番気を使ったのが、先日東京地裁の中で暴行事件を起こすなど常識外れの犯罪を起こした犯罪暴力集団しばき隊対策でした。そのため在特会、大阪市役所、大阪府警で警備について話し合いを進めており、市役所内にいかにしてしばき隊を入れないようにするかで警備体制を決めていた矢先にこの連絡です。


橋下徹という男がどういう男かよくわかる話ですが、かといってこれで中止を宣言すれば当然市長側は「桜井が逃げた」と言いふらしまくるのは目に見えており、何より1か月近く大阪市役所との交渉を進めてきた大阪支部の天宮支部長らの努力を無にすることになります。橋下市長が完全に会談を放棄していることはこの時点ではっきりしていましたが、どういう結果になるにせよ今後の活動のためにも会談はやったほうが良いと考え、条件の変更を受け入れて20日を迎えたのです。


その2に続く



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<書籍案内>

~ 発売2週間で5万部突破 ~

amazon及び楽天ブックスの全書籍ランキングでダブル首位獲得!


在特会会長 桜井誠が書き下ろした渾身の一作 『
大嫌韓時代 』 (青林堂、定価1200円)が平成26年9月24日より全国の書店で絶賛発売中!

※ 『大嫌韓時代 』 の書名をクリックすると予約サイトに移動します

桜井自身八冊目の書下ろしとなる今作では「在特会」をメインに構成した内容になります。李明博から朴槿惠に至る日韓関係の様々な問題を主軸に在特会が何故誕生し、何を成してきたのか? 或いは行動する保守運動の原点について初めて詳細に語っています。

また同書において各地で地道に活動を続ける皆さまへのエールとして北海道から九州まで在特会の執行役員、各支部長たちの活動を取り上げ紹介しています。とくに在特会会員には是非とも購読頂きたい一冊に仕上がりました。


大嫌韓時代


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

在特会イベント最新情報

<イベント紹介>

10月18日(土)

Saturday Night Special 第123回 ~まいったな、在日と来日で朝鮮人がダブってしまった~


11月02日(日)

大嫌韓デモ in 東京 【東京支部】


11月09日(日)

桜井誠 新刊出版記念講演会 in 福岡 【福岡支部】


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<在特会からのお知らせ>

在特会の活動は皆さまからの暖かいご支援で成り立っています。全国に拡大する在特会ではありますが、運営経費の増大だけではなく今後予想される司法関連費用など財務面で大きな困難を抱えています。活動にご理解いただける方で余力のある皆さまにおかれましては、是非在特会への暖かいご支援をお願いいたします。

ご寄付に関する詳細は >>こちら << をクリックしてご覧ください。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<在特会からのお願い>

Doronpaの独り言在日特権を許さない市民の会は平成23年4月に登録会員1万人を突破しました。

10月23日 現在
登録会員 14967

強制連行や強制労働といった誤った歴史観についてその是正を求め、在日問題を私たちの世代で解決するために一人でも多くの方に在特会への入会をお願いしています。強制連行や強制労働といった誤った歴史観についてその是正を求め、在日問題を私たちの世代で解決するために一人でも多くの方に在特会への入会をお願いしています。

公式サイト(http://www.zaitokukai.info/ )では、在日問題をわかりやすく解説したザイ子ちゃんシリーズや動画・音声コンテンツなど各種コンテンツをご用意しています。また、会員登録をされますと各種フォーラムや毎週一回配信されるメルマガ「在特会定期便」、会員のみ視聴できる動画・音声コンテンツなど会員特典のコンテンツもご利用いただけます。在日問題についてより深く知りたい考えたいと思われる方は、まずは公式サイトをご訪問ください。皆さまの積 極的なご参加を心よりお待 ち しております。

AD
2014年10月18日(土) 00時00分01秒

~ 東日本大震災いまだ終わらず ~ 福島慰霊の旅そして講演会 三日目

テーマ:大嫌韓時代


人気ブログランキングへ

在特会公式サイト新URL
http://www.zaitokukai.info/

桜井誠 twitter
https://twitter.com/Doronpa01

13日は拙著『大嫌韓時代』の出版記念講演会を福島支部主催のもと市内会場で開催させて頂きました。当日、台風19号の上陸が迫っていた中でしたが会場がほぼ満席になる盛況ぶりとなりました。今回は地元福島ということもあり、来賓として瀬戸弘幸氏にもご参加頂きました。講演会にご参加頂きました皆様に心よりお礼申し上げます。


講演会第一部では在日特権の一例として入管特例法問題、生活保護優遇問題を取り上げ解説させて頂きました。30分の限られた時間でしたので、ほんとうに問題の表層を撫でる程度の話でしたが、とくに生活保護問題で在日韓国・朝鮮人の突出した受給率の高さを示すデータがアノ河野太郎議員のブログから持ちだされたものだと告げると会場がどよめいていたのが印象に残ります。


講演会第二部では大嫌韓時代の扉を開けた行動する保守運動のこれまでの活動の紹介をさせて頂き、最後に質疑応答で締めくくり笑いあり驚きありの講演会は無事に終了しました。福島支部では講演会用に20冊の拙著『大嫌韓時代』を用意していましたが、参加者が集まりにくい福島という地理的要因や台風が近づいている天候条件などを考えて、参加者も少なく売れ残るだろうと踏んでいましたが…何と会場にて20冊完売となりましたことを付け加えさせて頂きます。


講演会にご参加、拙著ご購読の皆様に改めまして感謝致しますとともに今後とも鈴木りこ支部長率いる在特会福島支部の活動にご理解とご協力を賜りますことをお願い申し上げます。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<書籍案内>

~ 発売2週間で5万部突破 ~

在特会会長 桜井誠が書き下ろした渾身の一作 『大嫌韓時代 』 (青林堂、定価1200円)が平成26年9月24日より全国の書店で絶賛発売中!

※ 『大嫌韓時代 』 の書名をクリックすると予約サイトに移動します

桜井自身八冊目の書下ろしとなる今作では「在特会」をメインに構成した内容になります。李明博から朴槿惠に至る日韓関係の様々な問題を主軸に在特会が何故誕生し、何を成してきたのか? 或いは行動する保守運動の原点について初めて詳細に語っています。

また同書において各地で地道に活動を続ける皆さまへのエールとして北海道から九州まで在特会の執行役員、各支部長たちの活動を取り上げ紹介しています。とくに在特会会員には是非とも購読頂きたい一冊に仕上がりました。


大嫌韓時代


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

在特会イベント最新情報

<イベント紹介>

10月18日(土)

せと弘幸氏 来名!パチンコ換金反対街宣 in 大須 【愛知支部】

今こそ失われた領土を取り戻せ!竹島奪還街宣!【大阪&兵庫支部】


10月19日(日)

『大嫌韓時代』の次はいよいよ在日問題に目を向けよ! 街宣 in 韓領前 【大阪支部】


11月09日(日)

桜井誠 新刊出版記念講演会 in 福岡 【福岡支部】


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<在特会からのお知らせ>

在特会の活動は皆さまからの暖かいご支援で成り立っています。全国に拡大する在特会ではありますが、運営経費の増大だけではなく今後予想される司法関連費用など財務面で大きな困難を抱えています。活動にご理解いただける方で余力のある皆さまにおかれましては、是非在特会への暖かいご支援をお願いいたします。

ご寄付に関する詳細は >>
こちら << をクリックしてご覧ください。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<在特会からのお願い>

Doronpaの独り言在日特権を許さない市民の会は平成23年4月に登録会員1万人を突破しました。

10月18日 現在
登録会員 14848

強制連行や強制労働といった誤った歴史観についてその是正を求め、在日問題を私たちの世代で解決するために一人でも多くの方に在特会への入会をお願いしています。強制連行や強制労働といった誤った歴史観についてその是正を求め、在日問題を私たちの世代で解決するために一人でも多くの方に在特会への入会をお願いしています。

公式サイト(
http://www.zaitokukai.info/ )では、在日問題をわかりやすく解説したザイ子ちゃんシリーズや動画・音声コンテンツなど各種コンテンツをご用意しています。また、会員登録をされますと各種フォーラムや毎週一回配信されるメルマガ「在特会定期便」、会員のみ視聴できる動画・音声コンテンツなど会員特典のコンテンツもご利用いただけます。在日問題についてより深く知りたい考えたいと思われる方は、まずは公式サイトをご訪問ください。皆さまの積 極的なご参加を心よりお待 ち しております。

AD
2014年10月17日(金) 00時00分01秒

~ 東日本大震災いまだ終わらず ~ 福島慰霊の旅そして講演会 二日目

テーマ:大嫌韓時代


人気ブログランキングへ

在特会公式サイト新URL
http://www.zaitokukai.info/

桜井誠 twitter
https://twitter.com/Doronpa01

二日目はホテルを出て道の駅から二手に分かれて被災地の視察を行いました。一方は語り部(役所で登録している被災地を案内するボランティア住民の方)を迎えての被災地視察、もう一方は帰還困難地区に指定されている浪江町などを抜けて富岡町に向かう視察です。


桜井は後者の方に参加し、車二台に分乗して一路富岡町を目指して進むことになりました。この帰還困難地区とは放射線値が国が定めた数値を超えているため、指定地区内の家に住むために戻ることはもちろん、家財などの整理のために立ち寄ることも許されておらず、指定地区内の幹線道路を通るために「車での通行のみ(停車禁止)」許可された地区です。車のみですので二輪車や自転車、歩行での通過は認められておらず、地区内の幹線道路には警察官が配備されるなど非常に厳しい規制地区となっています。


車で通った浪江町はまさにゴーストタウンという言葉がぴったり当てはまる様子でした。人っ子一人いない地区に普通の町と変わらぬ建物や看板が存在し、幹線道路から横に入る道路という道路にバリケードが張られて入れないようになっている一種異様な景色は強く印象に残りました。


ゴーストタウンを抜けた先にようやく富岡町が見えてきます。富岡町も帰還困難地区に指定されていた地域でしたが、放射線量が下がってきたため居住困難地区に指定変更されています。居住困難地区とは住むことは許されていませんが、日中家財の整理など一時的に立ち寄ることが認められた地区です。


富岡町に着くと津波で破壊されたJRの駅が目につきました。駅前の駐車場には花や缶ジュースなどが供えられた東日本大震災の犠牲者を悼む慰霊碑があり、こちらでも手を合わさせて頂きました。街中は地震や津波でほとんどの家が倒壊状態となっており、津波で流されてきたという二階建ての家の二階部分だけが切り取られたかのように駅前の道路をふさいでいる姿に驚きました。


メディアでは復興の様子だけが映されており、実際にこうして三年半経っても時が止まったかのような町の有様に愕然としましたが、先述のとおりようやく放射線量が下がり一時的な立ち寄りができるようになった富岡町など今後復興作業が本格的に始まるようです。


ゴーストタウンと化した浪江町をみてある種の絶望感を抱きましたが、一方で放射線量の減少によって復興のスタートラインについた富岡町をみて「これからの町」に一筋の希望をみた被災地の視察になりました。未だ終わらぬ東日本大震災の余波は困難な道のりですが、それでもこうして福島で明日を信じて歯を食いしばって復興再建に向けて頑張り続ける人たちがいるかぎり、必ず道は開けると確信できた二日間の福島被災地をめぐる視察は終了しました。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<書籍案内>

~ 発売2週間で5万部突破 ~

在特会会長 桜井誠が書き下ろした渾身の一作 『大嫌韓時代 』 (青林堂、定価1200円)が平成26年9月24日より全国の書店で絶賛発売中!

※ 『大嫌韓時代 』 の書名をクリックすると予約サイトに移動します

桜井自身八冊目の書下ろしとなる今作では「在特会」をメインに構成した内容になります。李明博から朴槿惠に至る日韓関係の様々な問題を主軸に在特会が何故誕生し、何を成してきたのか? 或いは行動する保守運動の原点について初めて詳細に語っています。

また同書において各地で地道に活動を続ける皆さまへのエールとして北海道から九州まで在特会の執行役員、各支部長たちの活動を取り上げ紹介しています。とくに在特会会員には是非とも購読頂きたい一冊に仕上がりました。


大嫌韓時代


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

在特会イベント最新情報

<イベント紹介>

10月18日(土)

せと弘幸氏 来名!パチンコ換金反対街宣 in 大須 【愛知支部】

今こそ失われた領土を取り戻せ!竹島奪還街宣!【大阪&兵庫支部】


10月19日(日)

『大嫌韓時代』の次はいよいよ在日問題に目を向けよ! 街宣 in 韓領前 【大阪支部】


11月09日(日)

桜井誠 新刊出版記念講演会 in 福岡 【福岡支部】


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<在特会からのお知らせ>

在特会の活動は皆さまからの暖かいご支援で成り立っています。全国に拡大する在特会ではありますが、運営経費の増大だけではなく今後予想される司法関連費用など財務面で大きな困難を抱えています。活動にご理解いただける方で余力のある皆さまにおかれましては、是非在特会への暖かいご支援をお願いいたします。

ご寄付に関する詳細は >>
こちら << をクリックしてご覧ください。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<在特会からのお願い>

Doronpaの独り言在日特権を許さない市民の会は平成23年4月に登録会員1万人を突破しました。

10月17日 現在
登録会員 14848

強制連行や強制労働といった誤った歴史観についてその是正を求め、在日問題を私たちの世代で解決するために一人でも多くの方に在特会への入会をお願いしています。強制連行や強制労働といった誤った歴史観についてその是正を求め、在日問題を私たちの世代で解決するために一人でも多くの方に在特会への入会をお願いしています。

公式サイト(
http://www.zaitokukai.info/ )では、在日問題をわかりやすく解説したザイ子ちゃんシリーズや動画・音声コンテンツなど各種コンテンツをご用意しています。また、会員登録をされますと各種フォーラムや毎週一回配信されるメルマガ「在特会定期便」、会員のみ視聴できる動画・音声コンテンツなど会員特典のコンテンツもご利用いただけます。在日問題についてより深く知りたい考えたいと思われる方は、まずは公式サイトをご訪問ください。皆さまの積 極的なご参加を心よりお待 ち しております。

2014年10月16日(木) 00時00分01秒

~ 東日本大震災いまだ終わらず ~ 福島慰霊の旅そして講演会 一日目

テーマ:大嫌韓時代


人気ブログランキングへ

在特会公式サイト新URL
http://www.zaitokukai.info/

桜井誠 twitter
https://twitter.com/Doronpa01

平成26年10月13日(月/祝)に開催された拙著『大嫌韓時代』の出版記念講演会に先立ち、10月11日(土)から2日間にわたって福島県内の被災地を視察してきました。確かにメディアなどでは被災地復興の様子が頻繁に伝えられていますが、実際はどうなのだろうか?という素朴な疑問から今回の講演会前の被災地視察が企画されました。


視察には在特会福島支部をメインに各地から集まった12名が参加しました。初日は天皇陛下、皇后陛下そしてブータンのワンチュク国王陛下、王妃陛下が東日本大震災で亡くなられた方たちのためにご献花参拝あそばされた同県相馬港原釜尾浜地区に向かいました。


港に設置された慰霊碑にはいまだ新しい花が添えられており、参加者一同で手を合わせている間にも次々人が訪れ同じように参拝されていた姿を見て、いまだ東日本大震災は終わっていないことを実感した次第です。津波の被害を受けた海岸沿いの公園はいまだ無残な状況を晒していましたが、話を聞けば海岸沿いの復興も始まっており更に驚いたのが防波堤に大勢の釣り人が集まって、そこだけみれば普通の海岸沿いの景色になっていたことでした。


視察後、参加者全員で海岸近くのホテルに宿を取り夕食、朝食を頂きましたが、福島県産の魚介類からお米まで大変美味しく頂きました。福島初日の夜はたいへん盛り上がったことを書き添えておきます。是非皆様も福島産の食品を一度お試しいただければと思います。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<書籍案内>

~ 発売2週間で5万部突破 ~

在特会会長 桜井誠が書き下ろした渾身の一作 『大嫌韓時代 』 (青林堂、定価1200円)が平成26年9月24日より全国の書店で絶賛発売中!

※ 『大嫌韓時代 』 の書名をクリックすると予約サイトに移動します

桜井自身八冊目の書下ろしとなる今作では「在特会」をメインに構成した内容になります。李明博から朴槿惠に至る日韓関係の様々な問題を主軸に在特会が何故誕生し、何を成してきたのか? 或いは行動する保守運動の原点について初めて詳細に語っています。

また同書において各地で地道に活動を続ける皆さまへのエールとして北海道から九州まで在特会の執行役員、各支部長たちの活動を取り上げ紹介しています。とくに在特会会員には是非とも購読頂きたい一冊に仕上がりました。


大嫌韓時代


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

在特会イベント最新情報

<イベント紹介>

10月18日(土)

せと弘幸氏 来名!パチンコ換金反対街宣 in 大須 【愛知支部】

今こそ失われた領土を取り戻せ!竹島奪還街宣!【大阪&兵庫支部】


10月19日(日)

『大嫌韓時代』の次はいよいよ在日問題に目を向けよ! 街宣 in 韓領前 【大阪支部】


11月09日(日)

桜井誠 新刊出版記念講演会 in 福岡 【福岡支部】


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<在特会からのお知らせ>

在特会の活動は皆さまからの暖かいご支援で成り立っています。全国に拡大する在特会ではありますが、運営経費の増大だけではなく今後予想される司法関連費用など財務面で大きな困難を抱えています。活動にご理解いただける方で余力のある皆さまにおかれましては、是非在特会への暖かいご支援をお願いいたします。

ご寄付に関する詳細は >>
こちら << をクリックしてご覧ください。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<在特会からのお願い>

Doronpaの独り言在日特権を許さない市民の会は平成23年4月に登録会員1万人を突破しました。

10月16日 現在
登録会員 14848

強制連行や強制労働といった誤った歴史観についてその是正を求め、在日問題を私たちの世代で解決するために一人でも多くの方に在特会への入会をお願いしています。強制連行や強制労働といった誤った歴史観についてその是正を求め、在日問題を私たちの世代で解決するために一人でも多くの方に在特会への入会をお願いしています。

公式サイト(
http://www.zaitokukai.info/ )では、在日問題をわかりやすく解説したザイ子ちゃんシリーズや動画・音声コンテンツなど各種コンテンツをご用意しています。また、会員登録をされますと各種フォーラムや毎週一回配信されるメルマガ「在特会定期便」、会員のみ視聴できる動画・音声コンテンツなど会員特典のコンテンツもご利用いただけます。在日問題についてより深く知りたい考えたいと思われる方は、まずは公式サイトをご訪問ください。皆さまの積 極的なご参加を心よりお待 ち しております。

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

あなたもエコ・ブログでブログをつくりませんか?