Doronpaの独り言

徒然に時事問題など取り上げています。
行動する保守運動の活動なども紹介しています!

ブログに関するお問い合わせは doronpa01@gmail.com までお願いします。


"Doronpaの独り言"はブログランキングに参加しています。

このブログを支持される方はこちらをクリックしてください。 → 


テーマ:

 
人気ブログランキングへ  

公式チャンネル
http://ch.nicovideo.jp/zaitoku

桜井誠 twitter

https://twitter.com/Doronpa01  

某誌の見出しから「首都直下巨大地震の確率急上昇! これは絶対に来る! 東京46% 横浜78% 埼玉51% いますぐ逃げたほうがいい」だそうです。この予測値は先月それまで発表されていた数字をさらに詳しく検証した結果として出たものだそうです。


はっきり言って日本全国どこも危険地帯であり、逃げるなら国家をすてなければならないというオチがつくわけですが、あそこも危険ここも危険といっていたら切がないのは承知のことと思います。


地震・雷・火事・オヤジというのは江戸時代からある言葉のようで、オヤジについてはオオヤマジ(大山風)が語源ではないかとの説もあるようです。今のところ大山風は未定ということで「親父」の意で捉えます。


とまれ江戸時代から庶民の怖いもの順位並べたのが、1位地震、2位雷、3位火事、4位親父となるわけです。やはり江戸の昔から地震は恐ろしいものとして考えられていたことが分かるかと思います。


そういう意味でも昔から怖いものナンバー1の地震をそれほど恐れる必要がない!といっても「やっぱりお前だって怖いだろう?」と問われるのがオチなので言わないでおきますが、それでも地震を極度に怖がるなら毎日1年365日、何時でも何処でも地震は起きているということも忘れるべきではないでしょう。


東京消防庁は地震対策として72時間を自力で過ごせるよう準備を呼びかけています。これは72時間あれば救援隊が駆けつけられるという意味です。お部屋の備蓄を見直し、水、食料、靴、トイレットペーパーなどなど備蓄の確認をしたいところです。


何にしても地震対策はしっかりとしておきたいものです。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<書籍案内>

~ 御礼!十万部突破 ~

桜井誠が書き下ろした渾身の一作  『大嫌韓時代  』 (青林堂、定価1296円) 全国の書店で絶賛発売中!

※ 『大嫌韓時代  』 の書名をクリックすると書籍販売サイトに移動します

桜井自身八冊目の書下ろしとなる今作では「在特会」をメインに構成した内容になります。李明博から朴槿惠に至る日韓関係の様々な問題を主軸に在特会が何故誕生し、何を成してきたのか? 或いは行動する保守運動の原点について初めて詳細に語っています。


大嫌韓時代  

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

在日特権を許さない市民の会

行動する保守運動のカレンダー全国版

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報

大鑑巨砲主義

AD
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:

 
人気ブログランキングへ  

公式チャンネル
http://ch.nicovideo.jp/zaitoku

桜井誠 twitter

https://twitter.com/Doronpa01  

現時点で移民を受け入れていない我が国ですが、着々と移民受け入れに向けて動き出しています。平成26年3月に内閣府の外郭団体から驚くべき提案がされました。移民を毎年20万人ずつ受け入れ、これを100年間つまり2000万人の移民を受け入れるというものでした。


このようなトチ狂った提案がされるのは1億人維持という、まさに強迫観念に迫られた日本人的価値観があるようですが、今後の人口動態の予測値を見た際にまず無理という命題を突きつけられたからに他なりません。


「1億人を維持するには移民しかない」「現時点で安い労働力を確保できる唯一の方法」「移民は労働移民を入れるから大丈夫」などとのたくっている御仁には是非とも先の北欧、欧州の例をみて物を言っていただきたい限りです。


とまれ1億人の壁を維持するのは並大抵のことではないということがこの人口動態の予測から分かります。問題なのは日本列島の街並みを維持するのに本当に「1億人」が必要なのか?という基本的な疑問にぶつかるのです。


さらにいえば、現在の社会システムを維持するのには1億人は必要といいますが、それは破綻している社会保障システムのことを指しているのか?あるいは就職難にあえぐ労働システムを指して言っているのでしょうか?何にしてもこのままの社会システムを維持するというのは極めて問題が大きそうです。


1億人という数にこだわらずに国家をみれば、日本列島で1億の壁を超えたのは昭和45年(1970年)に入ってからのことでした。このことから考えても1億人という数にこだわる必要はまったくなく、列島の器を予測される100年後に合わせて小さくしておけば良いのです。


ざっと駆け足でみてきた移民問題についてあなたはどう思われいますか?北欧、欧州の例を考え、今の日本において移民すなわち支那人がほとんどを占めると思いますが、この問題が問いかける国家百年の計は極めて重い命題だと感じるのです。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<書籍案内>

~ 御礼!十万部突破 ~

桜井誠が書き下ろした渾身の一作  『大嫌韓時代  』 (青林堂、定価1296円) 全国の書店で絶賛発売中!

※ 『大嫌韓時代  』 の書名をクリックすると書籍販売サイトに移動します

桜井自身八冊目の書下ろしとなる今作では「在特会」をメインに構成した内容になります。李明博から朴槿惠に至る日韓関係の様々な問題を主軸に在特会が何故誕生し、何を成してきたのか? 或いは行動する保守運動の原点について初めて詳細に語っています。


大嫌韓時代  

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

在日特権を許さない市民の会

行動する保守運動のカレンダー全国版

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報

大鑑巨砲主義

AD
いいね!した人  |  コメント(13)

テーマ:

 
人気ブログランキングへ  

公式チャンネル
http://ch.nicovideo.jp/zaitoku

桜井誠 twitter

https://twitter.com/Doronpa01  

北欧の移民者たちは第二世代、第三世代へと移り変わり、当初の「移民」の意味を忘れていきました。北欧の「移民」とは「労働移民」であり、働くことを前提としてスタートした制度だったのです。


しかしながら世代が交代することによって「労働移民」から「不労所得を目指す外国人」へと変貌していくことになります。第二世代、第三世代の移民たちは北欧政府に自分たちの権利を北欧在住の一般市民と同じにするように求めて政治運動を展開します。


結局、北欧政府はこれらの移民たちの要求を受け入れ、生活保護などの社会保障費を湯水の如く移民たちに使うことになりました。「高福祉高負担」とは実際のところ、ムスリムの移民者たちを支える制度に過ぎなかったのです。


スウェーデンのストックホルムで移民者の第二世代、第三世代の若者が暴れまわっている映像が2013年の夏場に放送されショックを受けた方も多かったのではないでしょうか?さらにデンマークは今EU内で最も移民規制が厳しい国に変わりました。


欧州に目を転じれば移民者たちとの衝突はこれまでも、イタリア、フランス、オランダ、ドイツなどで起こってきました。そして今回のテロを受けて一様にムスリム系の移民は危険だと判断して移民反対の巨大デモにつながっていくのです。


移民受け入れで成功した国はない。これは移民受け入れ反対派の人たちが叫ぶ言葉ですが、とくに我が国(単一民族国家)では外国人の受け入れは容易なことではなく、歴史も伝統も文化も違う彼ら移民者は騒乱の種にしかならないでしょう。


そして今、我が国はこの移民をめぐって岐路に立たされているのです。本当にこのまま移民を受け入れて良いのか?北欧や欧州の先例があるにも関わらず我が国は同じ過ちを繰り返そうとしているのです。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<書籍案内>

~ 御礼!十万部突破 ~


桜井誠が書き下ろした渾身の一作  『
大嫌韓時代  』 (青林堂、定価1296円) 全国の書店で絶賛発売中!

※ 『大嫌韓時代  』 の書名をクリックすると書籍販売サイトに移動します

桜井自身八冊目の書下ろしとなる今作では「在特会」をメインに構成した内容になります。李明博から朴槿惠に至る日韓関係の様々な問題を主軸に在特会が何故誕生し、何を成してきたのか? 或いは行動する保守運動の原点について初めて詳細に語っています。


大嫌韓時代  

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

在日特権を許さない市民の会

行動する保守運動のカレンダー全国版

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報

大鑑巨砲主義

AD
いいね!した人  |  コメント(10)

テーマ:

 
人気ブログランキングへ  

公式チャンネル
http://ch.nicovideo.jp/zaitoku

桜井誠 twitter

https://twitter.com/Doronpa01  

イスラム過激派による新聞社襲撃事件が残した影響は計り知れないものとなっています。それまで比較的移民に寛容(というより脅迫観念に囚われていた)欧州における反移民のボルテージがかつてないほど間で高まっているのです。


とくにドイツでは反移民を掲げて1万8千人ものデモが行われるなど我が国における移民受け入れ賛成派にとっては、それまでの「ヨーロッパを見習え」の掛け声はどこへやらとばかりに本件について口を閉ざす事態に陥っています。


移民受け入れを大きく3つのパターンに分けると…


1.積極的に移民受け入れを行う国(米国やオーストラリアなど)

2.必要に駆られて移民を受け入れる国(北欧、欧州など)

3.移民を受け入れていない国(日本など)


に分けられます。

このうちカテゴリー1については「積極的に移民受け入れを行う国」と書きましたが、書き方を変えるならネイティブ(インディアンなど)を虐殺して成り立ってきた国家であり、移民を拒否すると国是が成り立たないという命題を背負っているのです。


そのためカテゴリー3が見習うべきはカテゴリー2になるわけですが、この2が問題になっている北欧そして欧州になるわけです。北欧はいうまでもなくキリスト教国家です。そこに70年代以降、我が国より早く少子高齢化が叫ばれ始め移民の受け入れを積極的に行ってきました。当初こそ理想的な移民国家としてもてはやされ、我が国の左翼たちも「北欧を見習え」との合言葉で移民推進を謳ってきたのですが…。


移民(ムスリム)第一世代は北欧に入るや懸命に働きました。否、働かざるを得なかったのです。それが移民として北欧に入る条件だったのですから。ところがこれが第二世代、第三世代へと移り変わるにつれて、徐々に変貌していったのが移民者たちだったのです。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<書籍案内>

~ 御礼!十万部突破 ~


桜井誠が書き下ろした渾身の一作  『
大嫌韓時代  』 (青林堂、定価1296円) 全国の書店で絶賛発売中!

※ 『大嫌韓時代  』 の書名をクリックすると書籍販売サイトに移動します

桜井自身八冊目の書下ろしとなる今作では「在特会」をメインに構成した内容になります。李明博から朴槿惠に至る日韓関係の様々な問題を主軸に在特会が何故誕生し、何を成してきたのか? 或いは行動する保守運動の原点について初めて詳細に語っています。


大嫌韓時代  

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

在日特権を許さない市民の会

行動する保守運動のカレンダー全国版

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報

大鑑巨砲主義

いいね!した人  |  コメント(7)

テーマ:

 
人気ブログランキングへ  

公式チャンネル
http://ch.nicovideo.jp/zaitoku

桜井誠 twitter

https://twitter.com/Doronpa01  

長崎県対馬市厳原町の海上自衛隊下対馬警備所厳原分庁舎内で韓国人観光客の男性が平成26年12月30日に死亡しているのが発見され警察が捜査しています。年間20万人を超える観光客が訪れる対馬でも韓国人観光客が死亡するのはまずあり得ないのですが…。


問題になったのは海上自衛隊の基地の中で死亡していることなのです。これが酔いに任せて勢いよく自衛隊の基地に侵入したのか?はたまた何かの目的をもって自衛隊の基地に侵入したのかは今後の警察の捜査を待つべきでしょう。


この韓国人は過去日本に10年住んでおり日本語もペラペラに話せるほどだったといいます。それが海上自衛隊の基地で遺体となって発見されたら…。韓国紙の報道では遺体の頭頂部に4~5センチの傷があるほか、こめかみ付近にも傷があるのが確認できるそうで、遺族によると後頭部と両膝にも傷があるといいます。


さらに続けて「現地警察や在福岡韓国総領事館の関係者によると、男性の携帯電話が海の近くで見つかった点、遺体が下着姿で発見された点などから、男性が酒を飲んで海に落ちた後、暖かい場所を探して分庁舎内に入り、眠っている途中で死亡した可能性がある」と指摘しており、その可能性も捨てきれないようです。


確かにこの事件については意味不明な点が多く、現地警察に任せるほかないのですが一番の問題点は、簡単に海上自衛隊の基地に侵入できたという点です。こういう事件が起きないように改めて海上自衛隊の宿舎の点検と、不審者の立ち入りを制限することが求められています。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<書籍案内>

~ 御礼!十万部突破 ~

桜井誠が書き下ろした渾身の一作  『大嫌韓時代 』 (青林堂、定価1296円) 全国の書店で絶賛発売中!


※ 『大嫌韓時代  』 の書名をクリックすると書籍販売サイトに移動します

桜井自身八冊目の書下ろしとなる今作では「在特会」をメインに構成した内容になります。李明博から朴槿惠に至る日韓関係の様々な問題を主軸に在特会が何故誕生し、何を成してきたのか? 或いは行動する保守運動の原点について初めて詳細に語っています。


大嫌韓時代  

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

在日特権を許さない市民の会

行動する保守運動のカレンダー全国版

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報

大鑑巨砲主義

いいね!した人  |  コメント(5)

[PR]気になるキーワード