昨日心に残った二つの出来事 

テーマ:

 
人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html


公式生放送 (ツイキャス)
http://twitcasting.tv/doronpa01

桜井誠 twitter
https://twitter.com/Doronpa01 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

本文

 

タイトル通りですが、最初の一つめは自身の裁判です。『有田芳生ヘイトスピーチ裁判 第四回公判 & 裁判報告会』が開かれました。これまでヘイトスピーチなどと言われなき差別を受け続けてきた行動保守ですが、そのヘイトスピーチを撒き散らすご本人、被告有田芳生を相手に裁判を起こし、ようやく次回結審(?)というところまできました。なお、「とことん現場主義」を謳いながら、一度も公判に参加しなかった被告有田芳生でした。その部分は残念ですが、裁判自体は淡々と進行し、次回6月12日(月)15時で結審(?)まで来ました。

 

この裁判の恐らく最後となる口頭弁論で、桜井が意見陳述を行います。裁判所側から15分以内と指定されていますので、6月12日(月)の公判では15分間の桜井による最後の訴えを裁判所で行います。どう考えても公人である有田芳生が一私人である桜井誠に対し、ヘイトスピーチを向ける正当性はなく、その点について声を大にして陳述したいと考えています。是非皆さま、6月12日(月)15時から、おそらく抽選になると思われますが、ヘイトスピーチ裁判にご参加下さい。

 

また、二つ目に籠池喚問が挙げられます。森友学園をめぐる問題で、特に安倍総理から百万円の寄付があったのかなかったのかが問われた(下らない)証人喚問が昨日行われています。先述の裁判と重なったため、詳細についてはまだ分かりませんが、昨日裁判が終わり参加者の皆さんと軽く飲んだ帰りに、人だかりがありテレビカメラも回っていたため何事か?と覗いたところ、なんと森友学園の籠池理事長が外国人特派員協会で記者会見を開いているところでした。偶然とはいえ、こうした場面に遭遇するとは…。

 

とまれ、証人喚問での籠池理事長の証言は「安倍昭恵から百万円の入った封筒を『安倍晋三からです』と言って渡された」というものであり、証言のみ、証拠も無ければ、何もない状態とのことです。さらに喚問で「一番憎い政治家は?」と尋ねられて「大阪府知事」と答えたそうです。小学校の認可を与えながら、それを取り消した、「はしごを外された」として大阪府の中年愚連隊を憎い政治家としてあげたようです。

 

公平にみて、登場人物全員悪党としか言いようがなく、こんな審議をやるよりも、北鮮のミサイル危機など取り上げなければならない話題は幾らでもあります。しかし、現在政局は『アウトレイジ』中であり、どうにもならない状況にあります。せめて国民がこの状況を冷静にみて、一体この人たちは何をやっているのか?と疑問に思ってくれることを祈らずにはいられません。そして、登場人物全員に天罰が下ることを願います。

 

 

 

人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<南九州・講演の旅 お知らせ>

 

南九州講演会、三県三会場(熊本、鹿児島、宮崎)の観覧希望者について、党員先行で申し込み受付を行います。各会場とも党員先行の申し込み受け付けは今月いっぱい、31日までとなっています。4月1日からは一般に開放して観覧希望の申し込み受け付けを開始します。各位、ご了承の上、お申し込みください。なお、それぞれの定員は、熊本会場(70名)、鹿児島会場(70名)、宮崎会場(30名)となっています。下記案内の詳細、申し込みは党公式サイトをご覧ください。

 


【残り65席】 桜井誠 南九州・講演の旅 【熊本編】


初めて訪れる南九州(熊本・鹿児島・宮崎)に心躍らせる日本第一党党首桜井誠。最初の訪問地熊本です。被災にめげずに頑張る熊本へのメッセージを込めて講演します。
『 新・列島改造論 一極集中から多極分散型社会へ 』
日本の新しい形を桜井誠が熊本の皆さんに提案します。東京一極集中の危険性とこれからの日本に必要な「多極分散」という考え方を説きます。


※ 党員先行受付になります
  受付期間:平成29年3月15日(水)~ 平成29年3月31日(金)


※ 一般募集開始 平成29年4月1日(土)~ 平成29年4月26日(水)
※ 申し込み期限前であっても定員に達し次第受付は終了します。 
※ 講演会終了後、懇親会を開催します。こちらも奮ってご参加下さい。
※ 懇親会のみのご参加は受け付けておりませんので予めご了承下さい。


【日時】

平成29年5月3日(水、憲法記念日)

 

【予定】
開演の挨拶


国歌斉唱


<講演会第一部>


基調講演 先崎玲
  『 藤崎八幡宮秋季例大 』


講演 桜井誠
  『 新・列島改造論 一極集中から多極分散型社会へ 』


<講演会第二部>


対談 桜井誠+先崎玲
  『 地震大国日本 減災都市を目指して 』


質疑応答


閉会挨拶


【座席数(残席)】

70席(65席)

※ 3月24日現在

 

【講演会参加費】
おひとり様 千円


【主催】
日本第一党


【会場責任者】
先崎玲


【生放送】
ツイキャスにて放送予定
http://twitcasting.tv/doronpa01/


【注意事項】
撮影が入りますので各自対応をお願いします。
主催者の許可のない録音・録画は固くお断りします。
チマチョゴリなど日本に相応しくない服装はご遠慮ください。
その他、会場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします。


---------


【残り56席】 桜井誠 南九州・講演の旅 【鹿児島編】


熊本に続いて訪れる鹿児島。富士山の優美さと違い雄々しく震える桜島。鹿児島の土壌を作ってきた火山島に明治の御一新を成し遂げた男たちの夢を感じます。しかし、その鹿児島では近代日本を作り上げた保守層が消え去り、よりにもよって左翼人士を知事に担ぎ上げるなど目を覆わんばかりの惨状になっています。鹿児島に喝を入れるべく桜井誠渾身の講演です!


※ 党員先行受付になります
  受付期間:平成29年3月15日(水)~ 平成29年3月31日(金)


※ 一般募集開始 平成29年4月1日(土)~ 平成29年4月26日(水)
※ 申し込み期限前であっても定員に達し次第受付は終了します。 
※ 講演会終了後、懇親会を開催します。こちらも奮ってご参加下さい。
※ 懇親会のみのご参加は受け付けておりませんので予めご了承下さい。


【日時】

平成29年5月5日(木、子供の日)


【予定】
開演の挨拶


国歌斉唱


<講演会第一部>


基調講演 瀬戸弘幸
  『 演題未定 』


講演 桜井誠
  『 南洲公は何を目指したのか? 近代日本の歩み 』


<講演会第二部>

 

薩摩志士の会代表 福沢峰洋先生ご挨拶


座談会 (桜井・瀬戸・先崎・福沢)
  『 明治の御一新 人材が綺羅星の如く現れた日本 』


質疑応答


閉会挨拶


【座席数(残席)】
70席(56席)

※ 3月24日現在


【講演会参加費】
おひとり様 千円


【主催】
日本第一党


【会場責任者】
先崎玲


【生放送】
ツイキャスにて放送予定

http://twitcasting.tv/doronpa01/


【注意事項】
撮影が入りますので各自対応をお願いします。
主催者の許可のない録音・録画は固くお断りします。
チマチョゴリなど日本に相応しくない服装はご遠慮ください。
その他、会場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします。


---------


【残り24席】 桜井誠 南九州・講演の旅 【宮崎編】


いよいよ最後の講演地となる宮崎です。七年前の悪夢、口蹄疫問題でも関係が取り沙汰された「韓国」を取り上げます。慰安婦問題を解決すべく自称保守政党自民党、安倍晋三総理が韓国と取り交わした日韓合意。これですべての問題を解決したはず…だったのですが。未だに熱を持ったままの慰安婦問題をどう解決すべきなのかを講演で問いかけます。


※ 党員先行受付になります
  受付期間:平成29年3月15日(水)~ 平成29年3月31日(金)


※ 一般募集開始 平成29年4月1日(土)~ 平成29年4月26日(水)
※ 申し込み期限前であっても定員に達し次第受付は終了します。 
※ 講演会終了後、懇親会を開催します。こちらも奮ってご参加下さい。
※ 懇親会のみのご参加は受け付けておりませんので予めご了承下さい。


【日時】

平成29年5月7日(日)


【予定】
開演の挨拶


国歌斉唱


<講演会第一部>


基調講演 先崎玲
  『 各(核)も迷惑な隣国


講演 桜井誠
  『 父祖の名誉を貶めた日韓合意 燃え上がる慰安婦問題 』


<講演会第二部>


対談 桜井誠+先崎玲
  『 ハタ迷惑な隣国との綺麗な別れ方 』


質疑応答


閉会挨拶


【座席数(残席)】
30席(24席)

※ 3月24日現在


【講演会参加費】
おひとり様 千円


【主催】
日本第一党


【会場責任者】
先崎玲


【生放送】
ツイキャスにて放送予定
http://twitcasting.tv/doronpa01/


【注意事項】
撮影が入りますので各自対応をお願いします。
主催者の許可のない録音・録画は固くお断りします。
チマチョゴリなど日本に相応しくない服装はご遠慮ください。
その他、会場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<各地の講演会の状況>

 

3・26 日本第一党 大阪府本部・京都府本部 合同講演会
※ 観覧希望者の募集は終了しました


【日時】
平成29年3月26日(日)


【プログラム】
<講演会第一部>


開演の挨拶


基調講演 荒巻靖彦
『今までとこれからの活動のあり方と報告』 


講演 西村斉
『何故?批判があっても激しいと云はれる行動手法を取ったのか?その総括と今後について』 


質疑応答 


<講演会第二部>


講演 桜井誠
『貴方もすぐできる!! 街宣の心得十箇条』 


質疑応答 


【主催】
日本第一党


【会場責任者】
西村斉 (日本第一党京都府本部長) 


【生放送】
13:00からツイキャスにて放送予定
http://twitcasting.tv/doronpa01/

 

 

日本第一党 静岡講演会 開催のお知らせ【党員限定】

※ 観覧希望者の募集は終了しました

 

【日時】
平成29年4月9日(日)

 

【プログラム】

<講演会第一部>
基調講演 長尾旭
『 越すに越されぬ大井川

 

講演 桜井誠
『 日本第一党 未来に向けた戦いと地方戦略 【静岡編】 』

 

<講演会第二部>
対談 桜井誠+長尾旭
『 自民党政権で日本を守れるか? 』

 

質疑応答

 

【講演会参加費】
おひとり様 千円

 

【主催】
日本第一党

 

【生放送】
14:00からツイキャスにて放送予定
http://twitcasting.tv/doronpa01/

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<日本第一党 入党のご案内>

 

日本第一党(略称、日本一)では党員を募集しています。

是非、日本一の公式サイトにお進み頂き、綱領・政策を吟味下さい。日本第一党がどのような政党なのかを十分理解されたうえで、入党を希望される方は規約をご覧下さい。規約には日本一への入党に際しての決まり事が記載されています。また入党条件は日本国民であることが求められています。

 

すべての諸要件に同意された場合は入党案内へお進み下さい。入党申込書をプリントアウト、必要事項を自筆で記載、返信用と党員番号送付用封筒に82円切手を二枚添えて、日本第一党事務局まで送付下さい。折り返し、事務局より振込用紙が届きますので、指示に従って党費を入金ください。党費の振込確認が出来れば、貴方は日本第一党党員です。

 

日本一の党員をお待ちしています!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<行動する保守運動からのお願い>

行動する保守運動では口座を開設し広く寄付を呼びかけています。寄せられた寄付は活動費用の他、今後予定している選挙への支援などに使わせて頂きます。皆様からの温かいご支援で成り立つ行動する保守運動の活動です。よろしくお願いします。

ゆうちょ銀行からのお振込み
記号 10010
番号 40796851
コウドウスルホシュウンドウ

ゆうちょ銀行以外からのお振込み
店名 〇〇八(読み ゼロゼロハチ)
店番 008
普通預金
口座番号 4079685
コウドウスルホシュウンドウ


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<署名のお願い>
 

日韓通貨スワップ再開に断固反対!

 

平成28年8月27日(土)、担当閣僚らによる日韓財務会議が韓国ソウルで開かれました。韓国側から「再開の要請があれば通貨スワップについて検討する」と発言していた麻生太郎財務大臣でしたが、結局韓国側からの要請があったものと推測される中で、日韓通貨スワップ再開に向けた協議が決まりました。


日韓通貨スワップは韓国だけを利する協定であり、これまで日本は無償で韓国経済の裏付けをしてきたようなものでした。しかし、そのことについて韓国から一言のお礼どころか、反日妄動を繰り返し、挙句通貨スワップも必要がないと斬り捨てるに至ったのです。この韓国側の動きは、支那側との密接な関係が進んだことによるもので、事実、日韓通貨スワップが切れると今度は支那との間に通貨スワップを取り交わすコウモリ外交を韓国は行ったのでした。

 

しかしその後、韓国は、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を在韓米軍に配備するなど、支那側と衝突を繰り返すようになり、通貨スワップについても、韓国は支那に頼るわけにはいかなくなったのです。そのため、日本に対し再度、通貨スワップを求める事大主義(より強いものに付く主義)の恥知らずな外交を展開しているのです。

 

まだ通貨スワップ再開が決まったわけではありませんが、韓国の愚かなまでの事大主義に振り回され、いつものように韓国のいいなりになり、韓国だけを利する、日本に何の利益ももたらさない、日韓通貨スワップ再開に断固反対します!

 

※ 平成28年9月12日、署名第一弾を財務省に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第二弾を財務省に提出済

 

 

慰安婦問題の日韓合意に絶対反対します!

平成27年12月28日に電撃的に結ばれた慰安婦問題に関する日韓合意について、行動する保守運動は絶対反対を表明します。この決定はお金の問題ではなく、先人の名誉を傷つけ泥を塗る行為であり、それを保守本流を自認する自民党のトップが行ったことに対して抗議します。

多くの人にとって凡そ十億円「ぽっち」のお金で片が付くのなら安いものと思っているかも知れませんが、まずもって韓国が約束を守ることはなく、さらに先述のように先人を強姦魔だ、殺人鬼だと罵るに等しい合意は断じて認めることが出来ません。

賛同頂ける方は是非上記サイトからご署名をお願いします。皆さまの怒りを携え、内閣府に署名を提出したいと思います。

※ 平成28年2月12日、署名第一弾を内閣府に提出済
※ 平成28年9月12日、署名第二弾を内閣府に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第三弾を内閣府に提出済

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<お知らせ>

保守系裁判支援団体 すみれの会

http://ameblo.jp/saibanshiensumirenokai/entry-12158861617.html

 

この度、保守系裁判を支援する保守系裁判支援団体すみれの会を設立致しました。皆様もご存じの通り、保守活動に於きましては裁判に至るケースが多々ございますがそれに依って生じる裁判費用の負担が大きいのが現状です。

 

その為、本会は保守活動の裁判に掛かる費用を支援する為に支援団体を設立するとともに支援口座を開設し、広く皆様にご支援を呼びかけ保守活動をどんどん支援していきたいと考えております。どうか皆様のご支援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

保守系裁判支援団体 すみれの会

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

 

日本第一党


行動する保守運動 

在日特権を許さない市民の会

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報

大鑑巨砲主義

正義の味方

AD

 
人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html


公式生放送 (ツイキャス)
http://twitcasting.tv/doronpa01

桜井誠 twitter
https://twitter.com/Doronpa01 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

本文

 

韓国のコメも悪くないが、なぜ日本のコメはおいしいのか。東京や大阪ではどの食堂に入ってもご飯がおいしい。コンビニエンスストアの弁当のご飯でもほとんどの韓国の食堂よりおいしい。いくつか理由がある。その中でも最も大きいのが「つきたてのコメ」でご飯を炊く点だ。日本には即席精米店があちこちにある。そのコメで食事の時間に合わせて炊いたご飯を食べるのが当然おいしい。もう一つは「新米」だ。精米から7日後には酸化が始まり、15日経過すれば味と栄養が減る。水分含有量も16%の新米の時に味が最高だ。


日本は収穫したイネを乾燥して貯蔵、加工する過程を経て段階的な流通手続きを踏むが、韓国はほとんど米穀総合処理場で品質や品種の区別なく混ぜる。日本はイネの投入口を別にして混ざるのを防ぐ。保管する時も常温でなく期間別に玄米を低温貯蔵するなど品質管理を徹底する。日本穀物検定協会は販売業者の依頼を受け、生産の履歴と製造過程を含む証明書を発行する。このマークに対する消費者の信頼は相当なものだ。コメを購入する際、真っ先に「認証」マークを見て選択する。一方、韓国は消費者に渡る最終流通過程でもコメを混ぜたりする。品質が異なるコメを混ぜて一つの商品として偽って売るのだ。数年前の政府米を新米に混ぜたものが安く売られたりもする。品種を区別せずに政府が一括で買い入れる制度も問題だ。原産地を偽った「偽京畿米」も毎年発覚する。(韓国経済新聞社コラム「日本のコメ 韓国のコメ」から)


こんな率直な記事を書かれるとむず痒くなってきますが、韓国においても日本のコメが驚くべき美味しさであることを認めざるを得ないのです。長粒種(インディカ米)を常食する人たちからすると単粒種(ジャポニカ米)はべとつくお米として知られているようですが、一応韓国も単粒種を食するグループに入っているため、上記のように徹底的に味にこだわる日本のコメの美味しさを理解は出来るようです。偽物文化の韓国では絶対に真似できない日本のコメですが、近年コメを食べない人たちが増えているそうです。コメの代わりにパンを食すのだそうです。食の欧米化が進む中、主食(欧米には主食の概念はありませんが)さえも欧米にその座を取られようとしています。


日本のコメ作りは悠久の歴史の中で育まれてきた伝統です。各地域の豊年祭はコメの出来不出来に大きく左右される地域経済の安定と、毎年の豊作を願って行われます。また各大名の権勢を表す指標として、例えば徳川八百万石のように石高すなわちコメの収穫高で表したりもします。一見するとコメを主食と捉える日本のあり方は合理的でないように思われるかも知れませんが、明治初期の実験でコメが完全食であることが証明されているのです。飛脚にコメだけを与えて二週間走らせてもまったく問題が無かったのに、肉などを与えて飛脚に走らせると一週間でバテてしまい「コメを食べさせてくれ」となったそうです。また近代のお医者さんの間からもコメは完全食とのレポートも出されています。


欧米化された食事を摂るなというのは、現在の食文化の形成をみるにおいて難しいでしょう。しかし、コメをまったく採らないという選択は日本人の身体のバランスを崩すだけではなく、何千年にもわたって紡がれた日本の伝統や歴史を捨て去る行為に等しいのです。一週間に五日は米食、二日はパン食という形でそれぞれ住み分けて食するように努力したいものです。

 

 

 

人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<南九州・講演の旅 お知らせ>

 

南九州講演会、三県三会場(熊本、鹿児島、宮崎)の観覧希望者について、党員先行で申し込み受付を行います。各会場とも党員先行の申し込み受け付けは今月いっぱい、31日までとなっています。4月1日からは一般に開放して観覧希望の申し込み受け付けを開始します。各位、ご了承の上、お申し込みください。なお、それぞれの定員は、熊本会場(70名)、鹿児島会場(70名)、宮崎会場(30名)となっています。下記案内の詳細、申し込みは党公式サイトをご覧ください。

 


【残り65席】 桜井誠 南九州・講演の旅 【熊本編】


初めて訪れる南九州(熊本・鹿児島・宮崎)に心躍らせる日本第一党党首桜井誠。最初の訪問地熊本です。被災にめげずに頑張る熊本へのメッセージを込めて講演します。
『 新・列島改造論 一極集中から多極分散型社会へ 』
日本の新しい形を桜井誠が熊本の皆さんに提案します。東京一極集中の危険性とこれからの日本に必要な「多極分散」という考え方を説きます。


※ 党員先行受付になります
  受付期間:平成29年3月15日(水)~ 平成29年3月31日(金)


※ 一般募集開始 平成29年4月1日(土)~ 平成29年4月26日(水)
※ 申し込み期限前であっても定員に達し次第受付は終了します。 
※ 講演会終了後、懇親会を開催します。こちらも奮ってご参加下さい。
※ 懇親会のみのご参加は受け付けておりませんので予めご了承下さい。


【日時】

平成29年5月3日(水、憲法記念日)

 

【予定】
開演の挨拶


国歌斉唱


<講演会第一部>


基調講演 先崎玲
  『 藤崎八幡宮秋季例大 』


講演 桜井誠
  『 新・列島改造論 一極集中から多極分散型社会へ 』


<講演会第二部>


対談 桜井誠+先崎玲
  『 地震大国日本 減災都市を目指して 』


質疑応答


閉会挨拶


【座席数(残席)】

70席(65席)

※ 3月23日現在

 

【講演会参加費】
おひとり様 千円


【主催】
日本第一党


【会場責任者】
先崎玲


【生放送】
ツイキャスにて放送予定
http://twitcasting.tv/doronpa01/


【注意事項】
撮影が入りますので各自対応をお願いします。
主催者の許可のない録音・録画は固くお断りします。
チマチョゴリなど日本に相応しくない服装はご遠慮ください。
その他、会場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします。


---------


【残り56席】 桜井誠 南九州・講演の旅 【鹿児島編】


熊本に続いて訪れる鹿児島。富士山の優美さと違い雄々しく震える桜島。鹿児島の土壌を作ってきた火山島に明治の御一新を成し遂げた男たちの夢を感じます。しかし、その鹿児島では近代日本を作り上げた保守層が消え去り、よりにもよって左翼人士を知事に担ぎ上げるなど目を覆わんばかりの惨状になっています。鹿児島に喝を入れるべく桜井誠渾身の講演です!


※ 党員先行受付になります
  受付期間:平成29年3月15日(水)~ 平成29年3月31日(金)


※ 一般募集開始 平成29年4月1日(土)~ 平成29年4月26日(水)
※ 申し込み期限前であっても定員に達し次第受付は終了します。 
※ 講演会終了後、懇親会を開催します。こちらも奮ってご参加下さい。
※ 懇親会のみのご参加は受け付けておりませんので予めご了承下さい。


【日時】

平成29年5月5日(木、子供の日)


【予定】
開演の挨拶


国歌斉唱


<講演会第一部>


基調講演 瀬戸弘幸
  『 演題未定 』


講演 桜井誠
  『 南洲公は何を目指したのか? 近代日本の歩み 』


<講演会第二部>

 

薩摩志士の会代表 福沢峰洋先生ご挨拶


座談会 (桜井・瀬戸・先崎・福沢)
  『 明治の御一新 人材が綺羅星の如く現れた日本 』


質疑応答


閉会挨拶


【座席数(残席)】
70席(56席)

※ 3月23日現在


【講演会参加費】
おひとり様 千円


【主催】
日本第一党


【会場責任者】
先崎玲


【生放送】
ツイキャスにて放送予定

http://twitcasting.tv/doronpa01/


【注意事項】
撮影が入りますので各自対応をお願いします。
主催者の許可のない録音・録画は固くお断りします。
チマチョゴリなど日本に相応しくない服装はご遠慮ください。
その他、会場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします。


---------


【残り24席】 桜井誠 南九州・講演の旅 【宮崎編】


いよいよ最後の講演地となる宮崎です。七年前の悪夢、口蹄疫問題でも関係が取り沙汰された「韓国」を取り上げます。慰安婦問題を解決すべく自称保守政党自民党、安倍晋三総理が韓国と取り交わした日韓合意。これですべての問題を解決したはず…だったのですが。未だに熱を持ったままの慰安婦問題をどう解決すべきなのかを講演で問いかけます。


※ 党員先行受付になります
  受付期間:平成29年3月15日(水)~ 平成29年3月31日(金)


※ 一般募集開始 平成29年4月1日(土)~ 平成29年4月26日(水)
※ 申し込み期限前であっても定員に達し次第受付は終了します。 
※ 講演会終了後、懇親会を開催します。こちらも奮ってご参加下さい。
※ 懇親会のみのご参加は受け付けておりませんので予めご了承下さい。


【日時】

平成29年5月7日(日)


【予定】
開演の挨拶


国歌斉唱


<講演会第一部>


基調講演 先崎玲
  『 各(核)も迷惑な隣国


講演 桜井誠
  『 父祖の名誉を貶めた日韓合意 燃え上がる慰安婦問題 』


<講演会第二部>


対談 桜井誠+先崎玲
  『 ハタ迷惑な隣国との綺麗な別れ方 』


質疑応答


閉会挨拶


【座席数(残席)】
30席(24席)

※ 3月23日現在


【講演会参加費】
おひとり様 千円


【主催】
日本第一党


【会場責任者】
先崎玲


【生放送】
ツイキャスにて放送予定
http://twitcasting.tv/doronpa01/


【注意事項】
撮影が入りますので各自対応をお願いします。
主催者の許可のない録音・録画は固くお断りします。
チマチョゴリなど日本に相応しくない服装はご遠慮ください。
その他、会場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<各地の講演会の状況>

 

3・26 日本第一党 大阪府本部・京都府本部 合同講演会
※ 観覧希望者の募集は終了しました


【日時】
平成29年3月26日(日)


【プログラム】
<講演会第一部>


開演の挨拶


基調講演 荒巻靖彦
『今までとこれからの活動のあり方と報告』 


講演 西村斉
『何故?批判があっても激しいと云はれる行動手法を取ったのか?その総括と今後について』 


質疑応答 


<講演会第二部>


講演 桜井誠
『貴方もすぐできる!! 街宣の心得十箇条』 


質疑応答 


【主催】
日本第一党


【会場責任者】
西村斉 (日本第一党京都府本部長) 


【生放送】
13:00からツイキャスにて放送予定
http://twitcasting.tv/doronpa01/

 

 

日本第一党 静岡講演会 開催のお知らせ【党員限定】

※ 観覧希望者の募集は終了しました

 

【日時】
平成29年4月9日(日)

 

【プログラム】

<講演会第一部>
基調講演 長尾旭
『 越すに越されぬ大井川

 

講演 桜井誠
『 日本第一党 未来に向けた戦いと地方戦略 【静岡編】 』

 

<講演会第二部>
対談 桜井誠+長尾旭
『 自民党政権で日本を守れるか? 』

 

質疑応答

 

【講演会参加費】
おひとり様 千円

 

【主催】
日本第一党

 

【生放送】
14:00からツイキャスにて放送予定
http://twitcasting.tv/doronpa01/

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<日本第一党 入党のご案内>

 

日本第一党(略称、日本一)では党員を募集しています。

是非、日本一の公式サイトにお進み頂き、綱領・政策を吟味下さい。日本第一党がどのような政党なのかを十分理解されたうえで、入党を希望される方は規約をご覧下さい。規約には日本一への入党に際しての決まり事が記載されています。また入党条件は日本国民であることが求められています。

 

すべての諸要件に同意された場合は入党案内へお進み下さい。入党申込書をプリントアウト、必要事項を自筆で記載、返信用と党員番号送付用封筒に82円切手を二枚添えて、日本第一党事務局まで送付下さい。折り返し、事務局より振込用紙が届きますので、指示に従って党費を入金ください。党費の振込確認が出来れば、貴方は日本第一党党員です。

 

日本一の党員をお待ちしています!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<行動する保守運動からのお願い>

行動する保守運動では口座を開設し広く寄付を呼びかけています。寄せられた寄付は活動費用の他、今後予定している選挙への支援などに使わせて頂きます。皆様からの温かいご支援で成り立つ行動する保守運動の活動です。よろしくお願いします。

ゆうちょ銀行からのお振込み
記号 10010
番号 40796851
コウドウスルホシュウンドウ

ゆうちょ銀行以外からのお振込み
店名 〇〇八(読み ゼロゼロハチ)
店番 008
普通預金
口座番号 4079685
コウドウスルホシュウンドウ


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<署名のお願い>
 

日韓通貨スワップ再開に断固反対!

 

平成28年8月27日(土)、担当閣僚らによる日韓財務会議が韓国ソウルで開かれました。韓国側から「再開の要請があれば通貨スワップについて検討する」と発言していた麻生太郎財務大臣でしたが、結局韓国側からの要請があったものと推測される中で、日韓通貨スワップ再開に向けた協議が決まりました。


日韓通貨スワップは韓国だけを利する協定であり、これまで日本は無償で韓国経済の裏付けをしてきたようなものでした。しかし、そのことについて韓国から一言のお礼どころか、反日妄動を繰り返し、挙句通貨スワップも必要がないと斬り捨てるに至ったのです。この韓国側の動きは、支那側との密接な関係が進んだことによるもので、事実、日韓通貨スワップが切れると今度は支那との間に通貨スワップを取り交わすコウモリ外交を韓国は行ったのでした。

 

しかしその後、韓国は、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を在韓米軍に配備するなど、支那側と衝突を繰り返すようになり、通貨スワップについても、韓国は支那に頼るわけにはいかなくなったのです。そのため、日本に対し再度、通貨スワップを求める事大主義(より強いものに付く主義)の恥知らずな外交を展開しているのです。

 

まだ通貨スワップ再開が決まったわけではありませんが、韓国の愚かなまでの事大主義に振り回され、いつものように韓国のいいなりになり、韓国だけを利する、日本に何の利益ももたらさない、日韓通貨スワップ再開に断固反対します!

 

※ 平成28年9月12日、署名第一弾を財務省に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第二弾を財務省に提出済

 

 

慰安婦問題の日韓合意に絶対反対します!

平成27年12月28日に電撃的に結ばれた慰安婦問題に関する日韓合意について、行動する保守運動は絶対反対を表明します。この決定はお金の問題ではなく、先人の名誉を傷つけ泥を塗る行為であり、それを保守本流を自認する自民党のトップが行ったことに対して抗議します。

多くの人にとって凡そ十億円「ぽっち」のお金で片が付くのなら安いものと思っているかも知れませんが、まずもって韓国が約束を守ることはなく、さらに先述のように先人を強姦魔だ、殺人鬼だと罵るに等しい合意は断じて認めることが出来ません。

賛同頂ける方は是非上記サイトからご署名をお願いします。皆さまの怒りを携え、内閣府に署名を提出したいと思います。

※ 平成28年2月12日、署名第一弾を内閣府に提出済
※ 平成28年9月12日、署名第二弾を内閣府に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第三弾を内閣府に提出済

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<お知らせ>

保守系裁判支援団体 すみれの会

http://ameblo.jp/saibanshiensumirenokai/entry-12158861617.html

 

この度、保守系裁判を支援する保守系裁判支援団体すみれの会を設立致しました。皆様もご存じの通り、保守活動に於きましては裁判に至るケースが多々ございますがそれに依って生じる裁判費用の負担が大きいのが現状です。

 

その為、本会は保守活動の裁判に掛かる費用を支援する為に支援団体を設立するとともに支援口座を開設し、広く皆様にご支援を呼びかけ保守活動をどんどん支援していきたいと考えております。どうか皆様のご支援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

保守系裁判支援団体 すみれの会

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

 

日本第一党


行動する保守運動 

在日特権を許さない市民の会

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報

大鑑巨砲主義

正義の味方

AD

 
人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html


公式生放送 (ツイキャス)
http://twitcasting.tv/doronpa01

桜井誠 twitter
https://twitter.com/Doronpa01 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

本文

 

今や凍結の奇行子の異名をとる野間易通(50歳児)ですが、八か月ぶり四度目のツイッターアカウントの凍結を喰らいました。愚かにも程がある野間の愚行ですが、ツイッター社に寄せられた多数の批判、抗議の通報に同社が応えた形になりました。日頃から何でもかんでもヘイトスピーチ認定し、「ヘイトをヤメロ」と馬鹿の一つ覚えのように口から涎を垂らして喚き散らしていた彼ですが、その彼自身のヘイトスピーチ(今回は沖縄の女性を「汚物」呼ばわりしたことが原因と思われます)でツイアカ凍結という、笑い話にもならない馬鹿話で、産経新聞の記事にも乗りエンタメランキングで記事が一位に輝くなど、全国的に物笑いの種になっているのです。


この野間易通のツイアカ停止に対して、これまた精神(崩)壊の異名をとる盟友、香山リカが「野間易通さん@kdxn の凍結はまったくもって不当です。このような機械的基準での凍結を繰り返すとツイッター自身の信頼性が大きく損なわれます。即刻、解除を求めます」「万が一『日本人ヘイト』なんてありもしないもので凍結するのなら、ツイッターに未来はないですね」などとツイートし、更に火に油を注ぐ結果になっているのが何ともはや…。このヘイト界隈にはまともな人間がいないのか?と考えてしまう現状です。仮にまともな人間がいたとしても、この有様ではどうしようもないでしょうが。


事実関係だけみれば、結局のところ彼らは「在日韓国・朝鮮人批判」「韓国批判」「朝鮮批判」など朝鮮絡みの批判を「ヘイトスピーチ」と定義し、いかなる理由があっても朝鮮への批判は許されない、と喚いているに過ぎないのです。ですから、パヨクしばき隊残党一味らは、例えば支那人問題やそれ以外の在日外国人問題については興味を失ったかのようにだんまりを決め込むのです。そして、彼らパヨクの資金源の一つに、朝鮮人組織が入っており、沖縄でのパヨク活動に対して交通費相当を支給するなど、密接な関係にあることが判明しています。いうなればスポンサーである在日組織を守るため、パヨクらは活動をしているということなのです。


しかし、そのパヨクも今やしばき隊残党一味をみるまでもなく、徐々に社会的に追い詰められてきました。沖縄県で逮捕された自称組織暴力団、山建組組員、前科三犯の添田敦啓(44歳)被告をはじめ、しばき隊関係の前科者が次々逮捕されるなど逮捕者続出中となっています。追いつめられた彼らが暴発することも考えられますが、何よりも社会全体として、犯罪組織を許さないと声を上げることが大切です。一人でも多くの国民が彼らの犯罪に立ち向かい、声を上げられるよう今後もサポートを続けて行きたいと思います。

 

 

 

人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<長野講演会のお知らせ>

 

3・18 長野講演会 講演三本立て!


瀬戸弘幸 基調講演

『 地方から中央撃破へ 日本第一党の戦略と戦術 』  

 

桜井誠 講演
『 「破壊」と希望  長野県から始めよう日本再生! 』

 

長尾旭 講演

『 行動する保守から日本第一党へ ~ 地方の現場から ~ 』

 

長野講演会の観覧者募集受付は定員に達したため
3月6日をもちまして、受付を締め切らせて頂きました。
多数のご応募を頂き誠にありがとうございました。
心より感謝致します。

なお、当日の講演会の様子はツイキャスで生放送する予定です。

【生放送】
平成29年3月18日(土)13:30よりツイキャスで放送予定
http://twitcasting.tv/doronpa01


長野講演会実行委員会一同

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<日本一 大阪府本部・京都府本部 合同講演会>

 

日本第一党では大阪府本部及び京都府本部の合同講演会を三月下旬に実施します。荒巻靖彦大阪府本部長、西村斉京都府本部長による初めての日本一の企画講演会です。この講演会では久しぶりに二人に講師として席に立って頂く予定です。質疑応答の時間も設けていますので、関西在住の党員の皆様には是非両本部長にお気軽に質問をぶつけてみて下さい。

 

また第二部からは桜井誠 『貴方もすぐできる!! 街宣の心得十箇条』 と題して、街宣講座を行います。随分以前に秋葉原で街宣講座を行いましたが、それに続く二度目の街宣講座です。前回は場所柄アニメに絡めて街宣とはどう行うべきなのかを語りましたが、今回は…?街宣をやってみたいという関西在住の党員の皆様は是非ご来場下さい!絶対損はさせませんよ!

 

なお、この講演会は「党員のみ」参加申し込みを受け付けています。恐れ入りますが、党員以外の方は今回はご遠慮ください。(3月6日現在、残席数22席) 合同講演会の告知&申し込みは以下の日本第一党公式サイトからどうぞ!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

※ 日本第一党の正式な企画ですので各位ルールを守って手順に従って申し込み下さい。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<札幌集会のお知らせ>

 

3.19 日本第一党結党大会報告会&北海道本部設立記念公演 開催のお知らせ


※ 3月6日現在 残席数 6席 ※


平成29年2月26日に日本第一党結党大会終了。いよいよ北海道本部が公式に発足しました。結党大会報告会と道本部設立記念公演を、下記要領で開催致しますので、お知り合いなどをお誘い合わせの上、多数ご参加頂きます様、宜しくお願い申し上げます。※要申込

 


【日時】
平成29年3月19日(日)
13:00開場 13:20開始


【場所】
かでる2.7 550会議室
札幌市中央区北2西7


【参加資格】
どなたでも参加できます。
※ 要申込(先着42名)


【事前申込制(完全予約制)】
受付開始日時:2月27日12:00~
※ 定員(42名)になり次第受付終了します


①党員=氏名/党員番号/返信用メールアドレス/連絡用電話番号


②未党員=氏名/住 所 /返信用メールアドレス/連絡用電話番号


を明記して、下記↓受付専用アドレスまでお申込み下さい。


hokkaidojapanfirst@gmail.com


【入場料】
党員 無料
未党員 1000円


※ まだ党員登録をされて居ない方は、ぜひ入党手続きをお急ぎ下さい!(無料になります)


【主催】 
日本第一党 北海道本部


【問合先】
渡邊喜楽
090-1302-0103
j-boy-tk@ezweb.ne.jp

 


<プログラム>
※ 内容は予告無く変更の場合があります。       


=第一部= 13:20-14:20  


★国民儀礼


★桜井誠党首メッセージ、党公式テーマソング作者桜乱舞流メッセージ、他、上映(北海道本部オリジナル裏ビデオ:当日限定版)<10分くらい>


★結党大会報告&北海道本部設立宣言 ・・・・・副党首 高橋阿矢花


★北海道道本部&支部役員紹介 


  役員就任スピーチ ・・・・・ 道本部 本部長


  役員就任スピーチ ・・・・・ 道本部 幹事長


★応援スピーチ1・・・・・ 捏造日本軍「慰安婦」問題の解決をめざす北海道の会 代表 澤田健一様


 応援スピーチ2・・・・・ 日本のため行動する会 幹事長 坂元倫孝様


  <休憩>


=第二部= 14:30-15:40


★北海道本部今後の展開事務説明 <10分>


★北海道本部大会議(フリートークディスカッション)<40分>


★懇親交流タイム(後片付け含む)<20分>

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<日本第一党 入党のご案内>

 

日本第一党(略称、日本一)では党員を募集しています。

是非、日本一の公式サイトにお進み頂き、綱領・政策を吟味下さい。日本第一党がどのような政党なのかを十分理解されたうえで、入党を希望される方は規約をご覧下さい。規約には日本一への入党に際しての決まり事が記載されています。また入党条件は日本国民であることが求められています。

 

すべての諸要件に同意された場合は入党案内へお進み下さい。入党申込書をプリントアウト、必要事項を自筆で記載、返信用と党員番号送付用封筒に82円切手を二枚添えて、日本第一党事務局まで送付下さい。折り返し、事務局より振込用紙が届きますので、指示に従って党費を入金ください。党費の振込確認が出来れば、貴方は日本第一党党員です。

 

日本一の党員をお待ちしています!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<行動する保守運動からのお願い>

行動する保守運動では口座を開設し広く寄付を呼びかけています。寄せられた寄付は活動費用の他、今後予定している選挙への支援などに使わせて頂きます。皆様からの温かいご支援で成り立つ行動する保守運動の活動です。よろしくお願いします。

ゆうちょ銀行からのお振込み
記号 10010
番号 40796851
コウドウスルホシュウンドウ

ゆうちょ銀行以外からのお振込み
店名 〇〇八(読み ゼロゼロハチ)
店番 008
普通預金
口座番号 4079685
コウドウスルホシュウンドウ


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<署名のお願い>
 

日韓通貨スワップ再開に断固反対!

 

平成28年8月27日(土)、担当閣僚らによる日韓財務会議が韓国ソウルで開かれました。韓国側から「再開の要請があれば通貨スワップについて検討する」と発言していた麻生太郎財務大臣でしたが、結局韓国側からの要請があったものと推測される中で、日韓通貨スワップ再開に向けた協議が決まりました。


日韓通貨スワップは韓国だけを利する協定であり、これまで日本は無償で韓国経済の裏付けをしてきたようなものでした。しかし、そのことについて韓国から一言のお礼どころか、反日妄動を繰り返し、挙句通貨スワップも必要がないと斬り捨てるに至ったのです。この韓国側の動きは、支那側との密接な関係が進んだことによるもので、事実、日韓通貨スワップが切れると今度は支那との間に通貨スワップを取り交わすコウモリ外交を韓国は行ったのでした。

 

しかしその後、韓国は、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を在韓米軍に配備するなど、支那側と衝突を繰り返すようになり、通貨スワップについても、韓国は支那に頼るわけにはいかなくなったのです。そのため、日本に対し再度、通貨スワップを求める事大主義(より強いものに付く主義)の恥知らずな外交を展開しているのです。

 

まだ通貨スワップ再開が決まったわけではありませんが、韓国の愚かなまでの事大主義に振り回され、いつものように韓国のいいなりになり、韓国だけを利する、日本に何の利益ももたらさない、日韓通貨スワップ再開に断固反対します!

 

※ 平成28年9月12日、署名第一弾を財務省に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第二弾を財務省に提出済

 

 

慰安婦問題の日韓合意に絶対反対します!

平成27年12月28日に電撃的に結ばれた慰安婦問題に関する日韓合意について、行動する保守運動は絶対反対を表明します。この決定はお金の問題ではなく、先人の名誉を傷つけ泥を塗る行為であり、それを保守本流を自認する自民党のトップが行ったことに対して抗議します。

多くの人にとって凡そ十億円「ぽっち」のお金で片が付くのなら安いものと思っているかも知れませんが、まずもって韓国が約束を守ることはなく、さらに先述のように先人を強姦魔だ、殺人鬼だと罵るに等しい合意は断じて認めることが出来ません。

賛同頂ける方は是非上記サイトからご署名をお願いします。皆さまの怒りを携え、内閣府に署名を提出したいと思います。

※ 平成28年2月12日、署名第一弾を内閣府に提出済
※ 平成28年9月12日、署名第二弾を内閣府に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第三弾を内閣府に提出済

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<お知らせ>

保守系裁判支援団体 すみれの会

http://ameblo.jp/saibanshiensumirenokai/entry-12158861617.html

 

この度、保守系裁判を支援する保守系裁判支援団体すみれの会を設立致しました。皆様もご存じの通り、保守活動に於きましては裁判に至るケースが多々ございますがそれに依って生じる裁判費用の負担が大きいのが現状です。

 

その為、本会は保守活動の裁判に掛かる費用を支援する為に支援団体を設立するとともに支援口座を開設し、広く皆様にご支援を呼びかけ保守活動をどんどん支援していきたいと考えております。どうか皆様のご支援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

保守系裁判支援団体 すみれの会

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

 

日本第一党


行動する保守運動 

在日特権を許さない市民の会

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報

大鑑巨砲主義

正義の味方

AD

 
人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html


公式生放送 (ツイキャス)
http://twitcasting.tv/doronpa01

桜井誠 twitter
https://twitter.com/Doronpa01 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

本文

 

2月9日、日本政府は地方自治体と共同で我が国固有の領土竹島の正当な領有権を主張するポスターを作成し、日本全国に配布したことが分かりました。時事通信によると、内閣官房領土・主権対策企画調整室と島根県、同県隠岐の島町は「竹島は日本固有の領土」などと書かれたポスター5000枚を作成し、全国の地方自治体に配布したとのことです。この竹島ポスターには桜井もことのほか思い入れがあります。

一番最初の竹島ポスターが作られた直後、不逞鮮人らがまた島根県に押し寄せ抗議が行われるとのことで、有志一同に呼びかけカウンターを行うべく同県に鬼退治に出かけたのです。この時の抗議の様子は省きますが、平日であったため島根県庁(すぐ近くにある)を訪れて毎年毎年大暴れる鮮人対策について伺おうと担当部局に面会を求めたのです。その時、何の気なしに県庁一階のロビーを見渡すと…驚いたことに何と竹島ポスターが一枚も貼られていませんでした。

急きょ、担当部署に対して鮮人対策よりもまず、何故竹島ポスターが貼られていないのか説明を求めたのです。たかがポスターと言えども、そのポスターは今回の竹島ポスターと同じように「税金」で作られた公共物です。その公共物を作りながら、肝心の2月22日に貼り出さずに何の意味があるのか?そう、担当部局の方に詰め寄ると、その方は「島根県には外国人の方も来るので、その人たちに配慮を…」という驚くべき回答をしたのです。その後、島根県庁で「貼らないポスターなら税金を使って作るな」と至極当然の抗議を行いました。

更に翌年、竹島を不法占拠する不逞鮮人がまた来るというので、島根県をまたまた訪れ、ついでに県庁にも立ち寄ったところ、昨年伯耆の国に来た際に一枚もポスターが貼られておらず、閑散としていた県庁が・・・何ということでしょう(笑)壁一面に竹島ポスターがところせましと並べて貼られており、見事に竹島ポスターが県民の、そして取材に来ていた各社の目に、その取材を通じて全国の皆さんの目に映ったのです。

あれから何年経ったでしょうか、次の竹島ポスターが作られ、今度は全国に配布(初代竹島ポスターは欲しい人に発送していた)されたのです。少しずつですが、社会意識が変わり始めています。竹島は我が国固有の領土、韓国は不法占拠している。このことを改めて訴え、そして何としても我々の世代で竹島を取り戻す、決意を新たにするところです。全国の皆さん、2月22日是非島根県に訪れて下さい!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<講演会のお知らせ>

 

2・22 竹島の日記念 桜井誠+瀬戸弘幸 コラボ講演会
 

2月22日の島根県竹島の日を記念し、桜井誠(日本第一党党首)と瀬戸弘幸(日本第一党最高顧問)の二人によるコラボ講演会を現地島根県松江市で開催します。皆さまお誘い合わせの上、是非ご参加下さい。

【日時】
平成29年2月22日(水)
13:30 開場
14:00 開演

【場所】
ホテルサンラポーむらくも 八雲の間
島根県松江市殿町369

【予定】
14:00 講演会(第一部)開始

・開会のあいさつ

・瀬戸弘幸 基調講演

『竹島を韓国領土と主張した朝日、社会党、創価学会』

・桜井誠 講演

『日本国民が知っておくべき ~ 竹島の歴史 ~』

15:05 休憩

15:15 講演会(第二部)開始

・桜井誠+瀬戸弘幸 座談会

『竹島問題の行方』

・質疑応答

・閉会のあいさつ

16:30 閉会

【座席数(残席)】
55席(24席)
※ 参加申し込み締め切りは2月19日迄となっています

※ お早めにお申し込み下さい

【参加費】
おひとり様 千円

【申込方法】
下記の確認事項について同意のうえ
住所、氏名、党員番号(党員の場合)、連絡先を記載し

takeshima@japan-first.net

までご応募ください。
登録は先着順とさせていただきます。

確認事項
・日本第一党に対する敵対勢力の関係者、元関係者、それらの支持者でないこと
・会場責任者及びスタッフの指示・要請に従うこと(従えない場合は退去頂きます)
・会場責任者及びスタッフから退去を命じられた場合は、異議を申し立てず、速やかに退去すること


【主催】
日本第一党

【会場責任者】
桜井誠

【生放送】
14:00からツイキャスにて放送予定
http://twitcasting.tv/doronpa01/

【注意事項】
撮影が入りますので各自対応をお願いします。
主催者の許可のない録音・録画は固くお断りします。
チマチョゴリなど日本に相応しくない服装はご遠慮ください。
その他、会場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします。

 

 

 
人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<日本第一党 入党のご案内>

 

日本第一党(略称、日本一)では党員を募集しています。

是非、日本一の公式サイトにお進み頂き、綱領・政策を吟味下さい。日本第一党がどのような政党なのかを十分理解されたうえで、入党を希望される方は規約をご覧下さい。規約には日本一への入党に際しての決まり事が記載されています。また入党条件は日本国民であることが求められています。

 

すべての諸要件に同意された場合は入党案内へお進み下さい。入党申込書をプリントアウト、必要事項を自筆で記載、返信用と党員番号送付用封筒に82円切手を二枚添えて、日本第一党事務局まで送付下さい。折り返し、事務局より振込用紙が届きますので、指示に従って党費を入金ください。党費の振込確認が出来れば、貴方は日本第一党党員です。

 

日本一の党員をお待ちしています!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<行動する保守運動からのお願い>

行動する保守運動では口座を開設し広く寄付を呼びかけています。寄せられた寄付は活動費用の他、今後予定している選挙への支援などに使わせて頂きます。皆様からの温かいご支援で成り立つ行動する保守運動の活動です。よろしくお願いします。

ゆうちょ銀行からのお振込み
記号 10010
番号 40796851
コウドウスルホシュウンドウ

ゆうちょ銀行以外からのお振込み
店名 〇〇八(読み ゼロゼロハチ)
店番 008
普通預金
口座番号 4079685
コウドウスルホシュウンドウ


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<署名のお願い>
 

日韓通貨スワップ再開に断固反対!

 

平成28年8月27日(土)、担当閣僚らによる日韓財務会議が韓国ソウルで開かれました。韓国側から「再開の要請があれば通貨スワップについて検討する」と発言していた麻生太郎財務大臣でしたが、結局韓国側からの要請があったものと推測される中で、日韓通貨スワップ再開に向けた協議が決まりました。


日韓通貨スワップは韓国だけを利する協定であり、これまで日本は無償で韓国経済の裏付けをしてきたようなものでした。しかし、そのことについて韓国から一言のお礼どころか、反日妄動を繰り返し、挙句通貨スワップも必要がないと斬り捨てるに至ったのです。この韓国側の動きは、支那側との密接な関係が進んだことによるもので、事実、日韓通貨スワップが切れると今度は支那との間に通貨スワップを取り交わすコウモリ外交を韓国は行ったのでした。

 

しかしその後、韓国は、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を在韓米軍に配備するなど、支那側と衝突を繰り返すようになり、通貨スワップについても、韓国は支那に頼るわけにはいかなくなったのです。そのため、日本に対し再度、通貨スワップを求める事大主義(より強いものに付く主義)の恥知らずな外交を展開しているのです。

 

まだ通貨スワップ再開が決まったわけではありませんが、韓国の愚かなまでの事大主義に振り回され、いつものように韓国のいいなりになり、韓国だけを利する、日本に何の利益ももたらさない、日韓通貨スワップ再開に断固反対します!

 

※ 平成28年9月12日、署名第一弾を財務省に提出済

 

 

慰安婦問題の日韓合意に絶対反対します!

平成27年12月28日に電撃的に結ばれた慰安婦問題に関する日韓合意について、行動する保守運動は絶対反対を表明します。この決定はお金の問題ではなく、先人の名誉を傷つけ泥を塗る行為であり、それを保守本流を自認する自民党のトップが行ったことに対して抗議します。

多くの人にとって凡そ十億円「ぽっち」のお金で片が付くのなら安いものと思っているかも知れませんが、まずもって韓国が約束を守ることはなく、さらに先述のように先人を強姦魔だ、殺人鬼だと罵るに等しい合意は断じて認めることが出来ません。

賛同頂ける方は是非上記サイトからご署名をお願いします。皆さまの怒りを携え、内閣府に署名を提出したいと思います。

※ 平成28年2月12日、署名第一弾を内閣府に提出済
※ 平成28年9月12日、署名第二弾を内閣府に提出済

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<お知らせ>

保守系裁判支援団体 すみれの会

http://ameblo.jp/saibanshiensumirenokai/entry-12158861617.html

 

この度、保守系裁判を支援する保守系裁判支援団体すみれの会を設立致しました。皆様もご存じの通り、保守活動に於きましては裁判に至るケースが多々ございますがそれに依って生じる裁判費用の負担が大きいのが現状です。

 

その為、本会は保守活動の裁判に掛かる費用を支援する為に支援団体を設立するとともに支援口座を開設し、広く皆様にご支援を呼びかけ保守活動をどんどん支援していきたいと考えております。どうか皆様のご支援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

保守系裁判支援団体 すみれの会

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

 

日本第一党


行動する保守運動 

在日特権を許さない市民の会

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報

大鑑巨砲主義

正義の味方

急激に「嫌韓」が進む日本の国内世論!

テーマ:

 
人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html


公式生放送 (ツイキャス)
http://twitcasting.tv/doronpa01

桜井誠 twitter
https://twitter.com/Doronpa01 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

本文

 

我が国において急激な「嫌韓」が進んでいる実態が公表されています。事の発端は日韓合意の失敗です。日韓合意を最初から守る意思のない韓国が次々約束を破り、釜山にある日本総領事館前に売春婦像を建てたことから、日本政府が在韓日本大使を本土に引き揚げる決断を下しました。当初この長嶺大使の召還は、早い段階(一週間程度)での帰任が予定されていたようですが、その判断が出る直前に我が国固有の領土竹島に売春婦像を建てるとした、韓国の地方議会の議員たちが募金を始めたことから、早期帰任の方針が翻り、現時点(二月二日)においても大使の帰任が何時になるのか混沌としているのです。

そして、この韓国から大使を引き上げた我が国の政策について、80%を超える人たちが賛成を示していることが産経新聞とFNNの合同世論調査の結果として発表されたいのです。さらに「韓国を信頼できない」という人の数も77.9%と大多数に及んでいます。そして、80%を超える人たちが支持したという今回の政府措置について、支持政党別に見ても自民党の86.8%は当然ながら、 民進党支持者の79.0%、共産党支持者の69.8%もがそれぞれ「支持する」と回答しており、予想以上に全国民的規模で「嫌韓」が進んでいる実態が浮き彫りになりました。

ここで注目すべきは、常に政府に対し反抗することだけが生きがいの民進党や共産党の支持者までもが、その過半数が政府の大使召還を支持していることです。もちろん、メディアによるフィルターが掛かっていることは否定できませんが、それでもこの数字は注目すべき値になっています。確かにまだまだ日本社会において、韓国に触れるのはタブーの風潮があるのも事実ですが、全国民的に嫌韓が広がりをみせはじめたことで、タブーの壁が打ち破られようとしている実態が露わとなったのです。筆者が十年以上前に公共の電波上で史上初めて「韓国とは勇気を持って関係を断ち切るべき」と訴えてより、ようやくここまで来ることが出いました。

国民は馬鹿ではありません。多くの日本国民は何が正しくて何が間違っているのかの選択に際して、メディアから情報を与えられず、なあなあの選択肢、当たらず触らずの選択肢を選ぶほかなかったのです。しかし、ネット社会に変貌した現代において、メディア以外にも多くの情報ツールが存在する時代になり、そこから得られた情報で徐々に物事を判断をする力(メディアリテラシー)を得ていったのです。その結果が今回の世論調査にストレートに反映されたのではないでしょうか?

いつも言っていることですが、だからといって安倍総理が進めた日韓合意の過ちは覆るものではありません。彼が進めた日韓合意が失敗に終わったのは誰の目にも明らかであり、その日韓合意は我々の父祖の名誉を著しく貶めるトンデモ合意でしかありませんでした。過ちだらけの日韓合意を破棄し、我が国の父祖の名誉を回復した上で、日韓断交を行うべきだと改めて国民各層に訴えます。

 

 

 
人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<講演会のお知らせ>

 

※ 2月1日より7日まで党員先行募集開始

※ 詳しくは日本第一党公式サイト掲示板で確認を!

※ 一般の参加申し込み受け付けは2月8日から

 

2・22 竹島の日記念 桜井誠+瀬戸弘幸 コラボ講演会

2月22日の島根県竹島の日を記念し、桜井誠(日本第一党党首)と瀬戸弘幸(日本第一党最高顧問)の二人によるコラボ講演会を現地島根県松江市で開催します。皆さまお誘い合わせの上、是非ご参加下さい。

【日時】
平成29年2月22日(水)
13:30 開場

14:00 開始


【場所】
島根県松江市

55名会場

【生放送】
ツイキャスで放送予定
http://twitcasting.tv/doronpa01/

【主催】
日本第一党

【現場責任者】
桜井誠

【参加申し込み】
2月1日より7日まで党員先行募集開始!

詳しくは日本第一党公式サイト掲示板を確認下さい。

一般の受付は2月8日より開始します。

【注意事項】
当日は撮影が入るため各自で対応をお願いします
主催者の許可のない撮影・録画はお断りします
日本に相応しくない服装はお断りします
現場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします

【問い合わせ】
日本第一党問い合わせフォーム
http://japan-first.net/script/mailform/contact-info/


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<日本第一党 入党のご案内>

 

日本第一党(略称、日本一)では党員を募集しています。

是非、日本一の公式サイトにお進み頂き、綱領・政策を吟味下さい。日本第一党がどのような政党なのかを十分理解されたうえで、入党を希望される方は規約をご覧下さい。規約には日本一への入党に際しての決まり事が記載されています。また入党条件は日本国民であることが求められています。

 

すべての諸要件に同意された場合は入党案内へお進み下さい。入党申込書をプリントアウト、必要事項を自筆で記載、返信用と党員番号送付用封筒に82円切手を二枚添えて、日本第一党事務局まで送付下さい。折り返し、事務局より振込用紙が届きますので、指示に従って党費を入金ください。党費の振込確認が出来れば、貴方は日本第一党党員です。

 

日本一の党員をお待ちしています!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<行動する保守運動からのお願い>

行動する保守運動では口座を開設し広く寄付を呼びかけています。寄せられた寄付は活動費用の他、今後予定している選挙への支援などに使わせて頂きます。皆様からの温かいご支援で成り立つ行動する保守運動の活動です。よろしくお願いします。

ゆうちょ銀行からのお振込み
記号 10010
番号 40796851
コウドウスルホシュウンドウ

ゆうちょ銀行以外からのお振込み
店名 〇〇八(読み ゼロゼロハチ)
店番 008
普通預金
口座番号 4079685
コウドウスルホシュウンドウ


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<署名のお願い>
 

日韓通貨スワップ再開に断固反対!

 

平成28年8月27日(土)、担当閣僚らによる日韓財務会議が韓国ソウルで開かれました。韓国側から「再開の要請があれば通貨スワップについて検討する」と発言していた麻生太郎財務大臣でしたが、結局韓国側からの要請があったものと推測される中で、日韓通貨スワップ再開に向けた協議が決まりました。


日韓通貨スワップは韓国だけを利する協定であり、これまで日本は無償で韓国経済の裏付けをしてきたようなものでした。しかし、そのことについて韓国から一言のお礼どころか、反日妄動を繰り返し、挙句通貨スワップも必要がないと斬り捨てるに至ったのです。この韓国側の動きは、支那側との密接な関係が進んだことによるもので、事実、日韓通貨スワップが切れると今度は支那との間に通貨スワップを取り交わすコウモリ外交を韓国は行ったのでした。

 

しかしその後、韓国は、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を在韓米軍に配備するなど、支那側と衝突を繰り返すようになり、通貨スワップについても、韓国は支那に頼るわけにはいかなくなったのです。そのため、日本に対し再度、通貨スワップを求める事大主義(より強いものに付く主義)の恥知らずな外交を展開しているのです。

 

まだ通貨スワップ再開が決まったわけではありませんが、韓国の愚かなまでの事大主義に振り回され、いつものように韓国のいいなりになり、韓国だけを利する、日本に何の利益ももたらさない、日韓通貨スワップ再開に断固反対します!

 

※ 平成28年9月12日、署名第一弾を財務省に提出済

 

 

慰安婦問題の日韓合意に絶対反対します!

平成27年12月28日に電撃的に結ばれた慰安婦問題に関する日韓合意について、行動する保守運動は絶対反対を表明します。この決定はお金の問題ではなく、先人の名誉を傷つけ泥を塗る行為であり、それを保守本流を自認する自民党のトップが行ったことに対して抗議します。

多くの人にとって凡そ十億円「ぽっち」のお金で片が付くのなら安いものと思っているかも知れませんが、まずもって韓国が約束を守ることはなく、さらに先述のように先人を強姦魔だ、殺人鬼だと罵るに等しい合意は断じて認めることが出来ません。

賛同頂ける方は是非上記サイトからご署名をお願いします。皆さまの怒りを携え、内閣府に署名を提出したいと思います。

※ 平成28年2月12日、署名第一弾を内閣府に提出済
※ 平成28年9月12日、署名第二弾を内閣府に提出済

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<お知らせ>

保守系裁判支援団体 すみれの会

http://ameblo.jp/saibanshiensumirenokai/entry-12158861617.html

 

この度、保守系裁判を支援する保守系裁判支援団体すみれの会を設立致しました。皆様もご存じの通り、保守活動に於きましては裁判に至るケースが多々ございますがそれに依って生じる裁判費用の負担が大きいのが現状です。

 

その為、本会は保守活動の裁判に掛かる費用を支援する為に支援団体を設立するとともに支援口座を開設し、広く皆様にご支援を呼びかけ保守活動をどんどん支援していきたいと考えております。どうか皆様のご支援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

保守系裁判支援団体 すみれの会

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

 

日本第一党


行動する保守運動 

在日特権を許さない市民の会

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報

大鑑巨砲主義

正義の味方