人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

公式生放送 (ふわっち)

https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01


公式生放送 (ツイキャス)
http://twitcasting.tv/doronpa01

桜井誠 twitter
https://twitter.com/Doronpa01 
 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 

本文

 

ここで考えるべきは強制連行されたと主張する朝鮮人(当時は韓国という国家はありません)がどのような経緯で来日したか?ということです。合邦後から日本の敗戦まで(明治43年から昭和20年、1910年から1945年)半島から日本に渡った朝鮮人の数は269万5千人にのぼります。韓国ではこの数を元に、強制連行(昨日の記事で「強制連行」というモノが存在しないことを指摘しています)された朝鮮人の数を200万人、北朝鮮では何を基準にしているのかは分かりませんが800万人として、日本の蛮行を殊更言挙げしているのです。しかし現実は違っており、まず合邦後に日本に留学、結婚、働き口を探しになどで訪日した朝鮮人が202万8千人ほどいました。これを自由渡航者と呼びます。要するに日本に渡った殆どの朝鮮人が自由渡航者であり、韓国人が言うところの強制連行とは関係のない人間だったのです。しかし、それでも先述の来日理由に当てはまらない66万7千人の朝鮮人がいます。この人たちはどうなっているのでしょうか?

まず、そのことについて話す前に、民斡旋と官斡旋について説明したいと思います。日本本土で国民徴用令が実施された昭和14年(1939年)に朝鮮半島では民斡旋が始まります。民斡旋とは、民間業者が銘々勝手に本土での仕事を朝鮮半島で紹介することです。今で言うならアルバイトニュースのようなものでしょうか。例えば昭和15年(1940年)に北海道の三菱手稲鉱業所が募集した千人の鉱員に対して、朝鮮半島からは7000人もの応募者で溢れかえり、急きょ二次試験も実施することになったことが、朝鮮人の証言(崔基鎬『日韓併合』P38~P39)から分かっています。しかし、徐々に選挙区が悪化するにつれて民間業者でバラバラに求人をやっていたのでは効率が悪いとなり、当時の朝鮮半島の施策の最高機関であった朝鮮総督府を通じて一括して募集を行うことになったのです。昭和17年(1942年)から始まったこの募集制度を「官斡旋」と呼びます。しかしながら、官斡旋とはいえ当時の法律に基づくものですので、トラックに無理やり朝鮮人を詰め込んで日本に運んだ、というような韓国人の大好物のシーンですが、こういったものはすべて虚構です。そもそも、そんな手間暇のかかる事をしなくても、先の三菱手稲鉱業所の例でもわかるとおり、当時の炭坑や鉱業所は花形産業であり、高収入を得られる働き口で応募に事欠かないものだったのです。

さて、その民斡旋で来日した朝鮮人の数が14万7千人、官斡旋で来日した朝鮮人の数が30万人になるわけです。少なくとも彼らは自分の意志で日本にやってきたわけですから、強制連行とは関係のないことになります。そして、最後に戦時動員、徴用令に基づいて来日した朝鮮人が残りの数、22万人になるわけです。昨日も指摘しましたが、この22万人の中には自分の意思に反して日本に来た朝鮮人もいたかも知れません。しかし、当時すでに朝鮮半島は日本と合邦しており、日本領土内に住む人間に課せられた義務、それが徴用であり、強制連行と呼ぶのは無理があるのです。なお、この徴用された朝鮮人22万人について、昭和34年に朝日新聞が追跡調査の結果を報じています。追跡調査を行ったのは我が国外務省であり、今なおこの時の数字について変更はされていません。調査の結果、徴用された朝鮮人のうち、日本に残ったものは245人に過ぎなかったというものです。あれだけ韓国で大騒ぎしている強制連行、その言葉の定義すらあやふやですが、仮に強制連行を当てはめるなら、この245人のみであり更に245人も帰る機会は幾らでもあったのに、「自分の都合で日本に残った」と証言しているのですから、結局「強制連行」とは韓国人の脳内妄想でしかなかったことが明らかになっただけなのです。
 

 

 

人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<日本第一党からのお知らせ>

 

日本第一党では以下の勉強会、集会の参加希望者を募集しています。党員の皆様は党公式サイトから講演情報掲示板にお進み頂き、日時や場所などの詳細を確認下さい。また各講演会ごとで一般(非党員)の方も観覧希望の申し込みを頂けます。以下の告知は7月23日付です。

 

 

【残り29席】 日本第一党 芸州安芸乃国講演会

核三原則と言う言葉が有ります。「作らない、持たない、持ち込ませない」実はもう1つ有ります。「語らせない」そう、戦後日本は左翼の言論弾圧により核武装を語ることさえ許されなかったのです。世界初の原子爆弾投下より72年目となりましたこの広島の地で、桜井誠に存分に吠えて貰います!そして戦後左翼から現代左翼まで、桜井誠が斬って斬って斬りまくる!!来場必須!乞うご期待下さい。


※ 観覧希望者受付
平成29年7月30日(日)まで (党員・一般とも)
 

【日時】
平成29年8月6日(日)
13:30開場 14:00開演

【会場】
広島市内

【予定】
13:30 受付開始

13:55 注意事項

14:00 開会の挨拶

      国歌斉唱

<講演会第一部>

14:05 講演 直江武
     『八月六日 広島の現状』

14:30  講演 廣谷和彦
     『後毘に伝えん』

15:00 講演 先崎玲
     『慰霊の式典』

15:30 休憩

<講演会第二部>

15:40 講演 桜井誠
     『反日左翼は何故支那・朝鮮の核に黙るのか?』

16:10 座談会 桜井誠+先崎玲+直江武+廣谷和彦
     『日本を守るために必要な心構え』

16:30 閉会挨拶

【座席数(残席)】
100席(29席)
※ 7月23日現在

【講演会参加費】
お一人様 1,000円

【申し込み方法】
下記の確認事項について同意の上住所、氏名、党員番号、電話番号を記載し

hiroshimakouen@japan-first.net

までご応募下さい。
先着順にて受付します。

【確認事項】
日本第一党に対する敵対勢力の関係者、元関係者、それらの支持者でないこと
会場責任者及びスタッフの指示・要請に従うこと(従えない場合は退去頂きます)
会場責任者及びスタッフから退去を命じられた場合は、異議を申し立てず、速やかに退去すること

【主催】
日本第一党 広島県本部

【会場責任者】
直江武 (日本第一党 広島県本部長)

【生放送】
ふわっち・ツイキャスにて14:00より放送予定
https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01
http://twitcasting.tv/doronpa01/

【注意事項】
撮影が入りますので各自対応をお願いします。
主催者の許可のない録音・録画は固くお断りします。
その他、会場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします。

 

 

【残り20席】 日本第一党 8月9日 長崎講演会

 

世界唯一の被爆国だからこそ 核武装 を急げ!

日本第一党党首桜井誠が広島に続いて長崎で反日左翼をぶった斬り!なぜ彼らは支那・朝鮮の核に抗議の声を上げないのか?日本を守るために我々は何をなすべきか?を問いかける講演会です。長崎及び近隣県在住の皆様には是非とも本講演会に足をお運び頂けますようお願いします。

※ 観覧希望者受付
平成29年8月2日(水)まで (党員・一般とも)

【日時】
平成29年8月9日(水)
13:30開場 14:00開演

【場所】
長崎市内

【予定】
13:30 受付開始

13:55 注意事項

14:00 開会の挨拶

     国歌斉唱

<講演会第一部>

14:05 講演 先崎玲
     『覚悟を持って』

14:35 講演 桜井誠
    『極東アジアの核事情とお花畑日本』

15:20 休憩

<講演会第二部>

15:30 対談 桜井誠+先崎玲
    『核兵器は何故日本に必要なのか?』

16:00 質疑応答  

16:30 閉会挨拶

【座席数(残席)】
40席(20席)
※ 7月23日現在

【講演会参加費】
お一人様 1,000円

【申し込み方法】
下記の確認事項について同意の上
住所、氏名、党員番号、電話番号、懇親会の出欠を記載し、

nagasakikouen@japan-first.net

までご応募下さい。
登録は先着順とさせて頂きます。

【確認事項】
日本第一党に対する敵対勢力の関係者、元関係者、それらの支持者でないこと
会場責任者及びスタッフの指示・要請に従うこと(従えない場合は退去頂きます)
会場責任者及びスタッフから退去を命じられた場合は、異議を申し立てず、速やかに退去すること

【主催】
日本第一党

【会場責任者】
先崎玲

【生放送】
ふわっち・ツイキャスにて14:00より放送予定
https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01
http://twitcasting.tv/doronpa01/

【注意事項】
撮影が入りますので各自対応をお願いします。
主催者の許可のない録音・録画は固くお断りします。
その他、会場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<新刊のお知らせ>

 

『 日本第一党宣言 』 (桜井誠著、1296円、青林堂)

平成29年5月20日より発売です!

 

 

Amazon書籍ランキング

政党部門 1位

日本の政治部門 1位

 

日本第一主義、ジャパンファーストの神髄が詰まった一冊です。日本で一番早くジャパンファーストの旗を掲げて戦った桜井誠の都知事選後の心境の変化も書き綴っています。日本に蔓延る○○ファーストの先駆けとなったジャパンファーストは、どうして生まれたのか?なぜ日本第一主義、ジャパンファーストを掲げて戦ったのか?など様々疑問に答える一冊に仕上がりました。

 

日本を取り巻く各論、豊洲問題、外国人生活保護問題、外国人による健康保険のタダ乗り状態問題など、ジャパンファーストの見地からバッサリ斬りこむ大胆な主張。この一冊で「日本の問題点の解決法」「日本第一党は何故出来たのか」など多くのことが分かります。

 

全国の書店、Amazonなどのブックサイトで発売中です。まだご購読されていないブログ読者の皆さまは是非、この機会にお買い求め頂ければと思います。平成29年5月20日から発売の『 日本第一党宣言 』を宜しくお願いします。


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<日本第一党 入党のご案内>

 

日本第一党(略称、日本一)では党員を募集しています。

是非、日本一の公式サイトにお進み頂き、綱領・政策を吟味下さい。日本第一党がどのような政党なのかを十分理解されたうえで、入党を希望される方は規約をご覧下さい。規約には日本一への入党に際しての決まり事が記載されています。また入党条件は日本国民であることが求められています。

 

すべての諸要件に同意された場合は入党案内へお進み下さい。入党申込書をプリントアウト、必要事項を自筆で記載、返信用と党員番号送付用封筒に82円切手を二枚添えて、日本第一党事務局まで送付下さい。折り返し、事務局より振込用紙が届きますので、指示に従って党費を入金ください。党費の振込確認が出来れば、貴方は日本第一党党員です。

 

日本一の党員をお待ちしています!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<行動する保守運動からのお願い>

行動する保守運動では口座を開設し広く寄付を呼びかけています。寄せられた寄付は活動費用の他、今後予定している選挙への支援などに使わせて頂きます。皆様からの温かいご支援で成り立つ行動する保守運動の活動です。よろしくお願いします。

ゆうちょ銀行からのお振込み
記号 10010
番号 40796851
コウドウスルホシュウンドウ

ゆうちょ銀行以外からのお振込み
店名 〇〇八(読み ゼロゼロハチ)
店番 008
普通預金
口座番号 4079685
コウドウスルホシュウンドウ


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<署名のお願い>
 

日韓通貨スワップ再開に断固反対!

 

平成28年8月27日(土)、担当閣僚らによる日韓財務会議が韓国ソウルで開かれました。韓国側から「再開の要請があれば通貨スワップについて検討する」と発言していた麻生太郎財務大臣でしたが、結局韓国側からの要請があったものと推測される中で、日韓通貨スワップ再開に向けた協議が決まりました。


日韓通貨スワップは韓国だけを利する協定であり、これまで日本は無償で韓国経済の裏付けをしてきたようなものでした。しかし、そのことについて韓国から一言のお礼どころか、反日妄動を繰り返し、挙句通貨スワップも必要がないと斬り捨てるに至ったのです。この韓国側の動きは、支那側との密接な関係が進んだことによるもので、事実、日韓通貨スワップが切れると今度は支那との間に通貨スワップを取り交わすコウモリ外交を韓国は行ったのでした。

 

しかしその後、韓国は、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を在韓米軍に配備するなど、支那側と衝突を繰り返すようになり、通貨スワップについても、韓国は支那に頼るわけにはいかなくなったのです。そのため、日本に対し再度、通貨スワップを求める事大主義(より強いものに付く主義)の恥知らずな外交を展開しているのです。

 

まだ通貨スワップ再開が決まったわけではありませんが、韓国の愚かなまでの事大主義に振り回され、いつものように韓国のいいなりになり、韓国だけを利する、日本に何の利益ももたらさない、日韓通貨スワップ再開に断固反対します!

 

※ 平成28年9月12日、署名第一弾を財務省に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第二弾を財務省に提出済

 

 

慰安婦問題の日韓合意に絶対反対します!

平成27年12月28日に電撃的に結ばれた慰安婦問題に関する日韓合意について、行動する保守運動は絶対反対を表明します。この決定はお金の問題ではなく、先人の名誉を傷つけ泥を塗る行為であり、それを保守本流を自認する自民党のトップが行ったことに対して抗議します。

多くの人にとって凡そ十億円「ぽっち」のお金で片が付くのなら安いものと思っているかも知れませんが、まずもって韓国が約束を守ることはなく、さらに先述のように先人を強姦魔だ、殺人鬼だと罵るに等しい合意は断じて認めることが出来ません。

賛同頂ける方は是非上記サイトからご署名をお願いします。皆さまの怒りを携え、内閣府に署名を提出したいと思います。

※ 平成28年2月12日、署名第一弾を内閣府に提出済
※ 平成28年9月12日、署名第二弾を内閣府に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第三弾を内閣府に提出済

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<お知らせ>

保守系裁判支援団体 すみれの会

http://ameblo.jp/saibanshiensumirenokai/entry-12158861617.html

 

この度、保守系裁判を支援する保守系裁判支援団体すみれの会を設立致しました。皆様もご存じの通り、保守活動に於きましては裁判に至るケースが多々ございますがそれに依って生じる裁判費用の負担が大きいのが現状です。

 

その為、本会は保守活動の裁判に掛かる費用を支援する為に支援団体を設立するとともに支援口座を開設し、広く皆様にご支援を呼びかけ保守活動をどんどん支援していきたいと考えております。どうか皆様のご支援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

保守系裁判支援団体 すみれの会

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

 

日本第一党


行動する保守運動 

在日特権を許さない市民の会

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報

大鑑巨砲主義

正義の味方

AD

 
人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

公式生放送 (ふわっち)

https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01


公式生放送 (ツイキャス)
http://twitcasting.tv/doronpa01

桜井誠 twitter
https://twitter.com/Doronpa01 
 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 

本文

 

昨日の記事でも指摘しましたが、韓国で一般に言われている日帝(日本帝国主義)の下で行われた蛮行の一つに「強制連行」というものがあります。今日から二回に分けて、この強制連行という摩訶不思議なモノについて話を進めていこうと思います。そもそも、この強制励行とは一体何なのでしょうか?辞書的な意味で言えば、「本人の意志に違い、無理やり連れ去ること」となるのでしょうが、そうであるならこの強制連行と呼ばれるものはおかしなことになります。例えば、今現在においても韓国では(韓国だけではありませんが)徴兵義務が19歳~29歳までの男子に課せられていますが、これを「強制徴兵」などと呼ぶ人間はいません。国民に等しく課せられた義務は「強制」とは呼ばないからです。

李氏朝鮮は1897年に国号を「大韓帝国」と変えて1910年まで続きました。1910年(明治43年)に日本と合邦して大韓帝国は消滅したのです。合邦の経緯については何れの機会に譲るとして、ここで重要なのは大韓帝国は消滅し、法的には日本国の一部となったということです。合邦とは対等の関係で国と国が一つになることを指します。実際は対等ということはあり得ないのですが、それでも当時の大日本帝国は大韓帝国皇帝(李氏朝鮮国王)を最大限厚遇して、李王の称号を与えて当時の皇族に準じる扱いをしているのです。韓国人たちはこの時の大日本帝国の朝鮮合邦を「朝鮮人民の意思を無下にし、無理やり国を奪った」と喚き散らしますが、一方で朝鮮を日本に売り渡した乙巳の五賊として李完用(大韓帝国最後の総理)などを吊し上げにすることをしているのです。朝鮮人の側から日本と合邦して欲しいと頼んできてからこそ合邦したのであり、だから頼んできた李完用などを民族の裏切り者として糾弾しているのではないですか?

 

とまれ、このように合邦されて大韓帝国は消え、大日本帝国の一部となったわけですから、当然朝鮮半島地域にも欽定憲法(当時)の支配下に置かれ、その際の法律も半島であれどこであれ、大日本帝国の領土内であるなら一律に適用されることになります。そして支那事変など徐々に戦雲が広がる国内において、昭和14年(1939年)国民徴用令が発令されますが、この時に合邦されたという特殊な事情を考慮されて、朝鮮半島では徴用令が免除されていました。しかし、大東亜戦争の最終盤になると多くの日本人が徴兵で戦地に送られた為、人手不足が深刻化し、朝鮮半島でも昭和19年(1944年)9月から徴用令が実施されます。つまり、最初に指摘した通り、「本人の意思に違い、無理やり連れ去ること」を強制連行と定義するなら、この昭和19年9月からの徴用令適用が、その言に当てはまると思われるわけですが、国家が国民に等しく課した義務を「強制」と呼ばないのですから、徴用令を強制連行とは呼べないのです。「強制連行」とは一体何のでしょうか?

続く

 

 

 

人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<日本第一党からのお知らせ>

 

日本第一党では以下の勉強会、集会の参加希望者を募集しています。党員の皆様は党公式サイトから講演情報掲示板にお進み頂き、日時や場所などの詳細を確認下さい。また各講演会ごとで一般(非党員)の方も観覧希望の申し込みを頂けます。以下の告知は7月22日付です。

 

 

【残り31席】 日本第一党 芸州安芸乃国講演会

核三原則と言う言葉が有ります。「作らない、持たない、持ち込ませない」実はもう1つ有ります。「語らせない」そう、戦後日本は左翼の言論弾圧により核武装を語ることさえ許されなかったのです。世界初の原子爆弾投下より72年目となりましたこの広島の地で、桜井誠に存分に吠えて貰います!そして戦後左翼から現代左翼まで、桜井誠が斬って斬って斬りまくる!!来場必須!乞うご期待下さい。


※ 観覧希望者受付
平成29年7月30日(日)まで (党員・一般とも)
 

【日時】
平成29年8月6日(日)
13:30開場 14:00開演

【会場】
広島市内

【予定】
13:30 受付開始

13:55 注意事項

14:00 開会の挨拶

      国歌斉唱

<講演会第一部>

14:05 講演 直江武
     『八月六日 広島の現状』

14:30  講演 廣谷和彦
     『後毘に伝えん

15:00 講演 先崎玲
     『慰霊の式典』

15:30 休憩

<講演会第二部>

15:40 講演 桜井誠
     『反日左翼は何故支那・朝鮮の核に黙るのか?』

16:10 座談会 桜井誠+先崎玲+直江武+廣谷和彦
     『日本を守るために必要な心構え』

16:30 閉会挨拶

【座席数(残席)】
100席(31席)
※ 7月22日現在

【講演会参加費】
お一人様 1,000円

【申し込み方法】
下記の確認事項について同意の上住所、氏名、党員番号、電話番号を記載し

hiroshimakouen@japan-first.net

までご応募下さい。
先着順にて受付します。

【確認事項】
日本第一党に対する敵対勢力の関係者、元関係者、それらの支持者でないこと
会場責任者及びスタッフの指示・要請に従うこと(従えない場合は退去頂きます)
会場責任者及びスタッフから退去を命じられた場合は、異議を申し立てず、速やかに退去すること

【主催】
日本第一党 広島県本部

【会場責任者】
直江武 (日本第一党 広島県本部長)

【生放送】
ふわっち・ツイキャスにて14:00より放送予定
https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01
http://twitcasting.tv/doronpa01/

【注意事項】
撮影が入りますので各自対応をお願いします。
主催者の許可のない録音・録画は固くお断りします。
その他、会場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします。

 

 

【残り20席】 日本第一党 8月9日 長崎講演会

 

世界唯一の被爆国だからこそ 核武装 を急げ!

日本第一党党首桜井誠が広島に続いて長崎で反日左翼をぶった斬り!なぜ彼らは支那・朝鮮の核に抗議の声を上げないのか?日本を守るために我々は何をなすべきか?を問いかける講演会です。長崎及び近隣県在住の皆様には是非とも本講演会に足をお運び頂けますようお願いします。

※ 観覧希望者受付
平成29年8月2日(水)まで (党員・一般とも)

【日時】
平成29年8月9日(水)
13:30開場 14:00開演

【場所】
長崎市内

【予定】
13:30 受付開始

13:55 注意事項

14:00 開会の挨拶

     国歌斉唱

<講演会第一部>

14:05 講演 先崎玲
     『覚悟を持って』

14:35 講演 桜井誠
    『極東アジアの核事情とお花畑日本』

15:20 休憩

<講演会第二部>

15:30 対談 桜井誠+先崎玲
    『核兵器は何故日本に必要なのか?』

16:00 質疑応答  

16:30 閉会挨拶

【座席数(残席)】
40席(20席)
※ 7月22日現在

【講演会参加費】
お一人様 1,000円

【申し込み方法】
下記の確認事項について同意の上
住所、氏名、党員番号、電話番号、懇親会の出欠を記載し、

nagasakikouen@japan-first.net

までご応募下さい。
登録は先着順とさせて頂きます。

【確認事項】
日本第一党に対する敵対勢力の関係者、元関係者、それらの支持者でないこと
会場責任者及びスタッフの指示・要請に従うこと(従えない場合は退去頂きます)
会場責任者及びスタッフから退去を命じられた場合は、異議を申し立てず、速やかに退去すること

【主催】
日本第一党

【会場責任者】
先崎玲

【生放送】
ふわっち・ツイキャスにて14:00より放送予定
https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01
http://twitcasting.tv/doronpa01/

【注意事項】
撮影が入りますので各自対応をお願いします。
主催者の許可のない録音・録画は固くお断りします。
その他、会場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<新刊のお知らせ>

 

『 日本第一党宣言 』 (桜井誠著、1296円、青林堂)

平成29年5月20日より発売です!

 

 

Amazon書籍ランキング

政党部門 1位

日本の政治部門 1位

 

日本第一主義、ジャパンファーストの神髄が詰まった一冊です。日本で一番早くジャパンファーストの旗を掲げて戦った桜井誠の都知事選後の心境の変化も書き綴っています。日本に蔓延る○○ファーストの先駆けとなったジャパンファーストは、どうして生まれたのか?なぜ日本第一主義、ジャパンファーストを掲げて戦ったのか?など様々疑問に答える一冊に仕上がりました。

 

日本を取り巻く各論、豊洲問題、外国人生活保護問題、外国人による健康保険のタダ乗り状態問題など、ジャパンファーストの見地からバッサリ斬りこむ大胆な主張。この一冊で「日本の問題点の解決法」「日本第一党は何故出来たのか」など多くのことが分かります。

 

全国の書店、Amazonなどのブックサイトで発売中です。まだご購読されていないブログ読者の皆さまは是非、この機会にお買い求め頂ければと思います。平成29年5月20日から発売の『 日本第一党宣言 』を宜しくお願いします。


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<日本第一党 入党のご案内>

 

日本第一党(略称、日本一)では党員を募集しています。

是非、日本一の公式サイトにお進み頂き、綱領・政策を吟味下さい。日本第一党がどのような政党なのかを十分理解されたうえで、入党を希望される方は規約をご覧下さい。規約には日本一への入党に際しての決まり事が記載されています。また入党条件は日本国民であることが求められています。

 

すべての諸要件に同意された場合は入党案内へお進み下さい。入党申込書をプリントアウト、必要事項を自筆で記載、返信用と党員番号送付用封筒に82円切手を二枚添えて、日本第一党事務局まで送付下さい。折り返し、事務局より振込用紙が届きますので、指示に従って党費を入金ください。党費の振込確認が出来れば、貴方は日本第一党党員です。

 

日本一の党員をお待ちしています!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<行動する保守運動からのお願い>

行動する保守運動では口座を開設し広く寄付を呼びかけています。寄せられた寄付は活動費用の他、今後予定している選挙への支援などに使わせて頂きます。皆様からの温かいご支援で成り立つ行動する保守運動の活動です。よろしくお願いします。

ゆうちょ銀行からのお振込み
記号 10010
番号 40796851
コウドウスルホシュウンドウ

ゆうちょ銀行以外からのお振込み
店名 〇〇八(読み ゼロゼロハチ)
店番 008
普通預金
口座番号 4079685
コウドウスルホシュウンドウ


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<署名のお願い>
 

日韓通貨スワップ再開に断固反対!

 

平成28年8月27日(土)、担当閣僚らによる日韓財務会議が韓国ソウルで開かれました。韓国側から「再開の要請があれば通貨スワップについて検討する」と発言していた麻生太郎財務大臣でしたが、結局韓国側からの要請があったものと推測される中で、日韓通貨スワップ再開に向けた協議が決まりました。


日韓通貨スワップは韓国だけを利する協定であり、これまで日本は無償で韓国経済の裏付けをしてきたようなものでした。しかし、そのことについて韓国から一言のお礼どころか、反日妄動を繰り返し、挙句通貨スワップも必要がないと斬り捨てるに至ったのです。この韓国側の動きは、支那側との密接な関係が進んだことによるもので、事実、日韓通貨スワップが切れると今度は支那との間に通貨スワップを取り交わすコウモリ外交を韓国は行ったのでした。

 

しかしその後、韓国は、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を在韓米軍に配備するなど、支那側と衝突を繰り返すようになり、通貨スワップについても、韓国は支那に頼るわけにはいかなくなったのです。そのため、日本に対し再度、通貨スワップを求める事大主義(より強いものに付く主義)の恥知らずな外交を展開しているのです。

 

まだ通貨スワップ再開が決まったわけではありませんが、韓国の愚かなまでの事大主義に振り回され、いつものように韓国のいいなりになり、韓国だけを利する、日本に何の利益ももたらさない、日韓通貨スワップ再開に断固反対します!

 

※ 平成28年9月12日、署名第一弾を財務省に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第二弾を財務省に提出済

 

 

慰安婦問題の日韓合意に絶対反対します!

平成27年12月28日に電撃的に結ばれた慰安婦問題に関する日韓合意について、行動する保守運動は絶対反対を表明します。この決定はお金の問題ではなく、先人の名誉を傷つけ泥を塗る行為であり、それを保守本流を自認する自民党のトップが行ったことに対して抗議します。

多くの人にとって凡そ十億円「ぽっち」のお金で片が付くのなら安いものと思っているかも知れませんが、まずもって韓国が約束を守ることはなく、さらに先述のように先人を強姦魔だ、殺人鬼だと罵るに等しい合意は断じて認めることが出来ません。

賛同頂ける方は是非上記サイトからご署名をお願いします。皆さまの怒りを携え、内閣府に署名を提出したいと思います。

※ 平成28年2月12日、署名第一弾を内閣府に提出済
※ 平成28年9月12日、署名第二弾を内閣府に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第三弾を内閣府に提出済

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<お知らせ>

保守系裁判支援団体 すみれの会

http://ameblo.jp/saibanshiensumirenokai/entry-12158861617.html

 

この度、保守系裁判を支援する保守系裁判支援団体すみれの会を設立致しました。皆様もご存じの通り、保守活動に於きましては裁判に至るケースが多々ございますがそれに依って生じる裁判費用の負担が大きいのが現状です。

 

その為、本会は保守活動の裁判に掛かる費用を支援する為に支援団体を設立するとともに支援口座を開設し、広く皆様にご支援を呼びかけ保守活動をどんどん支援していきたいと考えております。どうか皆様のご支援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

保守系裁判支援団体 すみれの会

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

 

日本第一党


行動する保守運動 

在日特権を許さない市民の会

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報

大鑑巨砲主義

正義の味方

AD

木器の日本 金属器の朝鮮 食文化の裏側

テーマ:

 
人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html


公式生放送 (ツイキャス)
http://twitcasting.tv/doronpa01

桜井誠 twitter
https://twitter.com/Doronpa01 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

本文

 

朝鮮(李朝)において木器ではなく、金属器が重宝され、現在に至っても金属の器に金属の箸と匙を基本としています。日本と支那は木器(金属器が無いとは言いませんが、基本的に食事をする場合は木器を使います)、朝鮮は金属器、なぜこのような文化の違いが生まれたのでしょうか。朝鮮における金属器は民間ではなく、王朝文化由来によるものでした。


李王家ではスラサン(食事)において金属器を使うことが当然でした。あくまで個人的推測ですが、当初は銀などを使って毒物が入っていないかを確認していたのではないかと思います。それが、時代の変遷とともに金属器を用いることが一種のステータスになっていった、というものではないでしょうか。もちろん、料理の見栄えの問題や、季節の問題(李王家では5月頃を基準として陶磁器と金属器を使い分ける、日本で言えば衣替えのようなことをしていました)などもあったとは思いますが。


とまれ、こうした李王家の金属器使用が両班へ伝わったものと考えられるのです。庶民(被差別階層)は当然木器を使用していたのは言うまでもありません。そして、日本の半島への干渉が始まり、李氏朝鮮は崩壊し代わって朝鮮総督府が朝鮮を治める形になります。また、日本は半島で史上初めてとなる被差別階層の開放を行います。これによって、半島ではそれまで厳格な身分制度の下、中人(チュンイン、両班ではないものの手に職を付けた役立つ朝鮮人という位置づけ、良民)に独占されていた商業について、それまで携われなかった白丁などの被差別階層が次々商業を起こし、日本併合期における朝鮮半島は手工業、軽工業などが盛んになっていきました。そうして、徐々に金をためるようになった庶民が王家に憧れるのは当然の行動であり、木器は下賤の代物、金属器は王侯貴族の使うものとして認識が広がっていったのです。


これが朝鮮半島で金属器が使われる所以となっています。また、金属器が使用されることにより、食文化にも日本あるいは支那と明確な違いも生まれてきたのです。金属器に熱いスープなどを入れれば、当然器も熱くなり持つことは出来ません。だから、半島では器に口を付けない食べ方が文化として形成されていったのです。一方、我が国の木器や陶磁器は口につけても熱さがストレートに伝わらないため、器をもって口をつける食べ方、食文化が形成されていきました。どちらが良いということではなく、それぞれの文化が発達するのには、その文化を包む素地があったということです。


 

 

人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<南九州・講演の旅 お知らせ>

 

南九州講演会、三県三会場(熊本、鹿児島、宮崎)の観覧希望者の申し込み受付を行います。4月1日からは一般に開放して、すべての観覧希望の申し込み受け付けを行います。皆様、是非ご参加下さい!なお、それぞれの定員は、熊本会場(70名)、鹿児島会場(70名)、宮崎会場(30名)となっています。

 


【残り47席】 桜井誠 南九州・講演の旅 【熊本編】


初めて訪れる南九州(熊本・鹿児島・宮崎)に心躍らせる日本第一党党首桜井誠。最初の訪問地熊本です。被災にめげずに頑張る熊本へのメッセージを込めて講演します。
『 新・列島改造論 一極集中から多極分散型社会へ 』
日本の新しい形を桜井誠が熊本の皆さんに提案します。東京一極集中の危険性とこれからの日本に必要な「多極分散」という考え方を説きます。


※ 参加申し込み受付期間

  平成29年4月1日(土)~ 平成29年4月26日(水)
※ 申し込み期限前であっても定員に達し次第受付は終了します。 
※ 講演会終了後、懇親会を開催します。こちらも奮ってご参加下さい。
※ 懇親会のみのご参加は受け付けておりませんので予めご了承下さい。


【日時】

平成29年5月3日(水、憲法記念日)

 

【場所】

熊本県熊本市内

※ 折り返しご連絡します

 

【プログラム】
開演の挨拶


国歌斉唱


<講演会第一部>


基調講演 先崎玲
  『 藤崎八幡宮秋季例大 』


講演 桜井誠
  『 新・列島改造論 一極集中から多極分散型社会へ 』


<講演会第二部>


対談 桜井誠+先崎玲
  『 地震大国日本 減災都市を目指して 』


質疑応答


閉会挨拶


【座席数(残席)】

70席(47席)

※ 4月2日現在

 

【講演会参加費】
おひとり様 千円

 

【申込方法】 
下記の確認事項について同意の上
住所、氏名、党員番号(党籍のある方のみ)、電話番号、懇親会の出欠を記載し

kumamotokouen@japan-first.net

までご応募下さい。
登録は先着順とさせて頂きます。

【確認事項】
日本第一党に対する敵対勢力の関係者、元関係者、それらの支持者でないこと
会場責任者及びスタッフの指示・要請に従うこと(従えない場合は退去頂きます)
会場責任者及びスタッフから退去を命じられた場合は、異議を申し立てず、速やかに退去すること
 

【主催】
日本第一党


【会場責任者】
先崎玲


【生放送】
ツイキャスにて13:30より放送予定
http://twitcasting.tv/doronpa01/


【注意事項】
撮影が入りますので各自対応をお願いします。
主催者の許可のない録音・録画は固くお断りします。
チマチョゴリなど日本に相応しくない服装はご遠慮ください。
その他、会場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします。

 


---------


【残り46席】 桜井誠 南九州・講演の旅 【鹿児島編】


熊本に続いて訪れる鹿児島。富士山の優美さと違い雄々しく震える桜島。鹿児島の土壌を作ってきた火山島に明治の御一新を成し遂げた男たちの夢を感じます。しかし、その鹿児島では近代日本を作り上げた保守層が消え去り、よりにもよって左翼人士を知事に担ぎ上げるなど目を覆わんばかりの惨状になっています。鹿児島に喝を入れるべく桜井誠渾身の講演です!

 

※ 参加申し込み受付期間

  平成29年4月1日(土)~ 平成29年4月26日(水)

※ 申し込み期限前であっても定員に達し次第受付は終了します。 
※ 講演会終了後、懇親会を開催します。こちらも奮ってご参加下さい。
※ 懇親会のみのご参加は受け付けておりませんので予めご了承下さい。


【日時】

平成29年5月5日(木、子供の日)

 

【場所】

鹿児島県鹿児島市内

※ 折り返しご連絡します

 

【プログラム】
開演の挨拶


国歌斉唱


<講演会第一部>


基調講演 瀬戸弘幸
  『 自民党誕生の秘話と日本第一党の相違


講演 桜井誠
  『 南洲公は何を目指したのか? 近代日本の歩み 』


<講演会第二部>

 

薩摩志士の会代表 福沢峰洋先生ご挨拶


座談会 (桜井・瀬戸・先崎・福沢)
  『 明治の御一新 人材が綺羅星の如く現れた日本 』


質疑応答


閉会挨拶


【座席数(残席)】
70席(46席)

※ 4月2日現在


【講演会参加費】
おひとり様 千円

 

【申込方法】 
下記の確認事項について同意の上
住所、氏名、党員番号(党籍のある方のみ)、電話番号、懇親会の出欠を記載し

kagoshimakouen@japan-first.net

までご応募下さい。
登録は先着順とさせて頂きます。

【確認事項】
日本第一党に対する敵対勢力の関係者、元関係者、それらの支持者でないこと
会場責任者及びスタッフの指示・要請に従うこと(従えない場合は退去頂きます)
会場責任者及びスタッフから退去を命じられた場合は、異議を申し立てず、速やかに退去すること


【主催】
日本第一党


【会場責任者】
先崎玲


【生放送】
ツイキャスにて13:30より放送予定

http://twitcasting.tv/doronpa01/


【注意事項】
撮影が入りますので各自対応をお願いします。
主催者の許可のない録音・録画は固くお断りします。
チマチョゴリなど日本に相応しくない服装はご遠慮ください。
その他、会場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします。

 


---------


【残り18席】 桜井誠 南九州・講演の旅 【宮崎編】


いよいよ最後の講演地となる宮崎です。七年前の悪夢、口蹄疫問題でも関係が取り沙汰された「韓国」を取り上げます。慰安婦問題を解決すべく自称保守政党自民党、安倍晋三総理が韓国と取り交わした日韓合意。これですべての問題を解決したはず…だったのですが。未だに熱を持ったままの慰安婦問題をどう解決すべきなのかを講演で問いかけます。

 

※ 参加申し込み受付期間

  平成29年4月1日(土)~ 平成29年4月26日(水)
※ 申し込み期限前であっても定員に達し次第受付は終了します。 
※ 講演会終了後、懇親会を開催します。こちらも奮ってご参加下さい。
※ 懇親会のみのご参加は受け付けておりませんので予めご了承下さい。


【日時】

平成29年5月7日(日)

 

【場所】

宮崎県宮崎市内

※ 折り返しご連絡します
 

【プログラム】
開演の挨拶


国歌斉唱


<講演会第一部>


基調講演 先崎玲
  『 各(核)も迷惑な隣国


講演 桜井誠
  『 父祖の名誉を貶めた日韓合意 燃え上がる慰安婦問題 』


<講演会第二部>


対談 桜井誠+先崎玲
  『 ハタ迷惑な隣国との綺麗な別れ方 』


質疑応答


閉会挨拶


【座席数(残席)】
30席(18席)

※ 4月2日現在


【講演会参加費】
おひとり様 千円

 

【申込方法】 
下記の確認事項について同意の上
住所、氏名、党員番号、電話番号、懇親会の出欠を記載し

miyazakikouen@japan-first.net

までご応募下さい。
登録は先着順とさせて頂きます。

【確認事項】
日本第一党に対する敵対勢力の関係者、元関係者、それらの支持者でないこと
会場責任者及びスタッフの指示・要請に従うこと(従えない場合は退去頂きます)
会場責任者及びスタッフから退去を命じられた場合は、異議を申し立てず、速やかに退去すること


【主催】
日本第一党


【会場責任者】
先崎玲


【生放送】
ツイキャスにて13:30より放送予定
http://twitcasting.tv/doronpa01/


【注意事項】
撮影が入りますので各自対応をお願いします。
主催者の許可のない録音・録画は固くお断りします。
チマチョゴリなど日本に相応しくない服装はご遠慮ください。
その他、会場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<各地の講演会の状況>


日本第一党 静岡講演会 開催のお知らせ【党員限定】

※ 観覧希望者の募集は終了しました

 

【日時】
平成29年4月9日(日)

 

【プログラム】

<講演会第一部>
基調講演 長尾旭
『 越すに越されぬ大井川

 

講演 桜井誠
『 日本第一党 未来に向けた戦いと地方戦略 【静岡編】 』

 

<講演会第二部>
対談 桜井誠+長尾旭
『 自民党政権で日本を守れるか? 』

 

質疑応答

 

【講演会参加費】
おひとり様 千円

 

【主催】
日本第一党

 

【生放送】
14:00からツイキャスにて放送予定
http://twitcasting.tv/doronpa01/

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<日本第一党 入党のご案内>

 

日本第一党(略称、日本一)では党員を募集しています。

是非、日本一の公式サイトにお進み頂き、綱領・政策を吟味下さい。日本第一党がどのような政党なのかを十分理解されたうえで、入党を希望される方は規約をご覧下さい。規約には日本一への入党に際しての決まり事が記載されています。また入党条件は日本国民であることが求められています。

 

すべての諸要件に同意された場合は入党案内へお進み下さい。入党申込書をプリントアウト、必要事項を自筆で記載、返信用と党員番号送付用封筒に82円切手を二枚添えて、日本第一党事務局まで送付下さい。折り返し、事務局より振込用紙が届きますので、指示に従って党費を入金ください。党費の振込確認が出来れば、貴方は日本第一党党員です。

 

日本一の党員をお待ちしています!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<行動する保守運動からのお願い>

行動する保守運動では口座を開設し広く寄付を呼びかけています。寄せられた寄付は活動費用の他、今後予定している選挙への支援などに使わせて頂きます。皆様からの温かいご支援で成り立つ行動する保守運動の活動です。よろしくお願いします。

ゆうちょ銀行からのお振込み
記号 10010
番号 40796851
コウドウスルホシュウンドウ

ゆうちょ銀行以外からのお振込み
店名 〇〇八(読み ゼロゼロハチ)
店番 008
普通預金
口座番号 4079685
コウドウスルホシュウンドウ


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<署名のお願い>
 

日韓通貨スワップ再開に断固反対!

 

平成28年8月27日(土)、担当閣僚らによる日韓財務会議が韓国ソウルで開かれました。韓国側から「再開の要請があれば通貨スワップについて検討する」と発言していた麻生太郎財務大臣でしたが、結局韓国側からの要請があったものと推測される中で、日韓通貨スワップ再開に向けた協議が決まりました。


日韓通貨スワップは韓国だけを利する協定であり、これまで日本は無償で韓国経済の裏付けをしてきたようなものでした。しかし、そのことについて韓国から一言のお礼どころか、反日妄動を繰り返し、挙句通貨スワップも必要がないと斬り捨てるに至ったのです。この韓国側の動きは、支那側との密接な関係が進んだことによるもので、事実、日韓通貨スワップが切れると今度は支那との間に通貨スワップを取り交わすコウモリ外交を韓国は行ったのでした。

 

しかしその後、韓国は、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を在韓米軍に配備するなど、支那側と衝突を繰り返すようになり、通貨スワップについても、韓国は支那に頼るわけにはいかなくなったのです。そのため、日本に対し再度、通貨スワップを求める事大主義(より強いものに付く主義)の恥知らずな外交を展開しているのです。

 

まだ通貨スワップ再開が決まったわけではありませんが、韓国の愚かなまでの事大主義に振り回され、いつものように韓国のいいなりになり、韓国だけを利する、日本に何の利益ももたらさない、日韓通貨スワップ再開に断固反対します!

 

※ 平成28年9月12日、署名第一弾を財務省に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第二弾を財務省に提出済

 

 

慰安婦問題の日韓合意に絶対反対します!

平成27年12月28日に電撃的に結ばれた慰安婦問題に関する日韓合意について、行動する保守運動は絶対反対を表明します。この決定はお金の問題ではなく、先人の名誉を傷つけ泥を塗る行為であり、それを保守本流を自認する自民党のトップが行ったことに対して抗議します。

多くの人にとって凡そ十億円「ぽっち」のお金で片が付くのなら安いものと思っているかも知れませんが、まずもって韓国が約束を守ることはなく、さらに先述のように先人を強姦魔だ、殺人鬼だと罵るに等しい合意は断じて認めることが出来ません。

賛同頂ける方は是非上記サイトからご署名をお願いします。皆さまの怒りを携え、内閣府に署名を提出したいと思います。

※ 平成28年2月12日、署名第一弾を内閣府に提出済
※ 平成28年9月12日、署名第二弾を内閣府に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第三弾を内閣府に提出済

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<お知らせ>

保守系裁判支援団体 すみれの会

http://ameblo.jp/saibanshiensumirenokai/entry-12158861617.html

 

この度、保守系裁判を支援する保守系裁判支援団体すみれの会を設立致しました。皆様もご存じの通り、保守活動に於きましては裁判に至るケースが多々ございますがそれに依って生じる裁判費用の負担が大きいのが現状です。

 

その為、本会は保守活動の裁判に掛かる費用を支援する為に支援団体を設立するとともに支援口座を開設し、広く皆様にご支援を呼びかけ保守活動をどんどん支援していきたいと考えております。どうか皆様のご支援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

保守系裁判支援団体 すみれの会

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

 

日本第一党


行動する保守運動 

在日特権を許さない市民の会

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報

大鑑巨砲主義

正義の味方

AD

朝鮮女性の悲哀

テーマ:

 
人気ブログランキングへ 

公式チャンネル
http://ch.nicovideo.jp/zaitoku

桜井誠 twitter

https://twitter.com/Doronpa01 


<行動する保守運動からのお願い>

行動する保守運動では口座を開設し広く寄付を呼びかけています。寄せられた寄付は活動費用の他、今後予定している選挙への支援などに使わせて頂きます。皆様からの温かいご支援で成り立つ行動する保守運動の活動です。よろしくお願いします。



ゆうちょ銀行からのお振込み

記号 10010

番号 40796851

コウドウスルホシュウンドウ


ゆうちょ銀行以外からのお振込み

店名 〇〇八(読み ゼロゼロハチ)

店番 008

普通預金

口座番号 4079685

コウドウスルホシュウンドウ


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

拙ブログは毎週日曜日と水曜日の二回更新予定!
今後ともご支持ご支援を宜しくお願いします。

<本文>

歴史的に見て韓国(朝鮮)女性はモノとして扱われてきていることをこれまで示してきました。今日はそのモノとして扱われてきた韓国(朝鮮)女性の悲哀を考察してみたいと思います。

※ ここでは歴史的記述に沿って朝鮮女性と記述します

現在に続く朝鮮女性の地位が確立したのは李氏朝鮮(以下、李朝)にあると言われています。それまでの高麗では男尊女卑の傾向が強かったものの、李朝ほど極端ではなく女性も比較的自由に外に出て自由を謳歌していた時期もありました。


さて李朝において女性がモノ扱いされるようになったのは、高麗において仏教が国教として採用されていたのに対して李朝では儒教(朝鮮腐儒と呼ばれ本来の儒教とは異なる)を国教として採用していたからです。


李朝が儒教を国教として採用したのは国民階層の縛り付けにあったとされています。つまり君臣の序をわきまえるべしと教えたわけです。そしてその産物として女性蔑視が生まれてくるのです。「家から女性を出さない」などは女性を守るということから始まった制度であったと推察しますが、それが時を重ねていくごとに本来の意味を失い「女性は家から出してはいけないモノ」として扱われるようになっていきます。


女性蔑視の政策は李朝が安定する第九代燕山君の時代から一貫して行われていますが、とくに李朝末期においては完全にモノ扱いであったことが分かっています。例えばミュージカル「明星皇后」で知られる閔妃について、その名前が二転三転し学説入り乱れる状態になっていることが証左になるでしょう。


当時の王妃であった者の名前すら分からないというのが現状なのです。如何に朝鮮において女性が蔑視されていたかが分かることと思います。こうした男尊女卑の考え方がいまだに根強く残るのが韓国であり、ごく一部の「強い女性」をみて韓国を見失うことがないようしなければなりません。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<行動する保守運動 生放送>

Straight Talk #58 ~ こちらハートフルな放送局 ~
平成27年10月22日(木) 20:00から



ツイキャスでも生放送中!
※ 放送のお知らせはツイッターで ※

http://twitcasting.tv/doronpa01

行動保守のツイキャスをパソコンに通知!


日韓断交を求める国民大集会 第二部
ダウンロード販売開始 (DVDオブションもあります)
定価540円 (DVDオブション1080円)
申し込みは以下のサイトから!

https://www.dlmarket.jp/manufacture/index.php?consignors_id=14507


日韓断交を求める国民大集会 第一部 講演動画

桜井誠
http://www.nicovideo.jp/watch/sm26555197

瀬戸弘幸
http://www.nicovideo.jp/watch/sm26555401

村田春樹
http://www.nicovideo.jp/watch/sm26555495


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<書籍案内>

超嫌韓論

 『 超嫌韓論 』 (桜井誠+山口敏太郎)

青林堂 1,296円

平成27年7月21日(火)
発売!
書店又はamazonなど書籍販売サイトで絶賛発売中!
ご購読は こちら からどうぞ!

山口敏太郎氏と日本を、韓国を語る一冊です。
韓国問題から国内問題まで幅広い話題の対談です。
ちょっと可愛めの表紙とは裏腹に
中身はピリ辛?激辛?風味の
『 超嫌韓論 』
ぜひご購読下さい。


----------

~ 御礼!十万部突破 ~

桜井誠が書き下ろした渾身の一作  『大嫌韓時代 』 (青林堂、定価1296円) 全国の書店で絶賛発売中!

※ 『大嫌韓時代 』 の書名をクリックすると書籍販売サイトに移動します

桜井自身八冊目の書下ろしとなる今作では「在特会」をメインに構成した内容になります。李明博から朴槿惠に至る日韓関係の様々な問題を主軸に在特会が何故誕生し、何を成してきたのか? 或いは行動する保守運動の原点について初めて詳細に語っています。


大嫌韓時代 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

行動する保守運動 

在日特権を許さない市民の会

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報

大鑑巨砲主義

正義の味方

伊藤博文の憂鬱

テーマ:

 
人気ブログランキングへ 

公式チャンネル
http://ch.nicovideo.jp/zaitoku

桜井誠 twitter

https://twitter.com/Doronpa01 


<行動する保守運動からのお願い>

行動する保守運動では口座を開設し広く寄付を呼びかけています。寄せられた寄付は活動費用の他、今後予定している選挙への支援などに使わせて頂きます。皆様からの温かいご支援で成り立つ行動する保守運動の活動です。よろしくお願いします。



ゆうちょ銀行からのお振込み

記号 10010

番号 40796851

コウドウスルホシュウンドウ


ゆうちょ銀行以外からのお振込み

店名 〇〇八(読み ゼロゼロハチ)

店番 008

普通預金

口座番号 4079685

コウドウスルホシュウンドウ


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<本文>


伊藤博文といえば我が国の初代内閣総理大臣であり明治維新の元勲として有名です。しかし韓国において伊藤博文といえば悪逆非道の代名詞、朝鮮を植民地化した最悪の徒として記憶される人物です。伊藤公という人物は何を成そうとしたのでしょうか。


伊藤公が朝鮮を植民地化したという説は本当なのでしょうか?伊藤公は朝鮮についてその書簡の中で「徒に朝鮮を併合すれば後々の財政に困難をきたす」「朝鮮は外交において様々な悪意ある行為をするため、その外交権を召上げ保護国にするが良し」と述べているのです。


保護国とは外交権などを取り上げる代わりに自治などについてはその国に任せるというものです。結果的に見れば伊藤公の予測通り…というより当時少しでも先が見られる人であれば貧乏国家日本が朝鮮半島など抱え込めば巨額の投資が必要になり、そのうち首が回らなくなるのは自明ではあったと思いますが…進んでいき、昭和20年の大東亜戦争敗戦時における半島は本土(日本)からの借り入れ金で施政を行っていたのです。


具体的には本土からの投資(官業)額が現在のお金で少なく見積もって80兆円ほどになっており、これに民間の投資額を合わせれば天文学的数字が朝鮮半島に投下されたことになるのです。投資には水力発電(ダム建設)、学校・病院建設、警察署建設などのインフラ整備事業費や植林事業、上下水道工事など多岐にわたっています。


とまれ伊藤公はこうした半島への過大な負担を心配し、先述の手紙の通り外交権を持てば悪事しかなさない朝鮮(※)であるためにこれを取り上げるものの、保護国として留め置き併合などもっての外としたのでしょう。伊藤公の読みは当たり、その後の日本は常に朝鮮に足を掬われる形になりました。


※ ハーグ密使事件


そして明治42年(1909年)10月26日、ロシア蔵相ウラジーミル・ココツェフと朝鮮問題について非公式に話し合うため訪れたハルビン駅で伊藤公はテロリスト安重根によって暗殺されたのです。享年68歳でした。なお安重根なるテロリストは伊藤公を「孝明天皇(明治天皇のご父君)暗殺の君側の奸を討つ」として暗殺しており、巷で言われるような朝鮮のために伊藤公暗殺を企てたのではありませんでした。


最後に一つだけ言えるのは、伊藤公暗殺後に急速に日本国内で朝鮮併合論が高まっていきました。翌年併合が実現したことは伊藤公にとっても安重根にとっても痛恨の一時だったということです。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<行動する保守運動 生放送>

Straight Talk #51 ~ こちらハートフルな放送局 ~
平成27年8月27日(木) 20:00から
http://live.nicovideo.jp/gate/lv232395133


ツイキャスでも生放送中!
※ 放送のお知らせはツイッターで ※

http://twitcasting.tv/doronpa01


日韓断交を求める国民大集会 第二部
ダウンロード販売開始 (DVDオブションもあります)
定価540円 (DVDオブション1080円)
申し込みは以下のサイトから!

https://www.dlmarket.jp/manufacture/index.php?consignors_id=14507


日韓断交を求める国民大集会 第一部 講演動画

桜井誠
http://www.nicovideo.jp/watch/sm26555197

瀬戸弘幸
http://www.nicovideo.jp/watch/sm26555401

村田春樹
http://www.nicovideo.jp/watch/sm26555495


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<書籍案内>

超嫌韓論

 『 超嫌韓論 』 (桜井誠+山口敏太郎)

青林堂 1,296円

平成27年7月21日(火)
発売!
書店又はamazonなど書籍販売サイトで絶賛発売中!
ご購読は こちら からどうぞ!

山口敏太郎氏と日本を、韓国を語る一冊です。
韓国問題から国内問題まで幅広い話題の対談です。
ちょっと可愛めの表紙とは裏腹に
中身はピリ辛?激辛?風味の
『 超嫌韓論 』
ぜひご購読下さい。


----------

~ 御礼!十万部突破 ~

桜井誠が書き下ろした渾身の一作  『大嫌韓時代 』 (青林堂、定価1296円) 全国の書店で絶賛発売中!

※ 『大嫌韓時代 』 の書名をクリックすると書籍販売サイトに移動します

桜井自身八冊目の書下ろしとなる今作では「在特会」をメインに構成した内容になります。李明博から朴槿惠に至る日韓関係の様々な問題を主軸に在特会が何故誕生し、何を成してきたのか? 或いは行動する保守運動の原点について初めて詳細に語っています。


大嫌韓時代 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

行動する保守運動 

在日特権を許さない市民の会

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報

大鑑巨砲主義

正義の味方