ゆきがめのシネマ。試写と劇場に行こっ!!

観てきた映画、全部、語っちゃいます!ほとんど1日に1本は観ているかな。映画祭も大好きで色々な映画祭に参加してみてます。最近は、演劇も好きで、良く観に行っていますよ。お気軽にコメントしてください。
スミマセンが、ペタの受付を一時中断しています。ごめんなさい。


テーマ:

今日の1本目は、”シリアの花嫁”を観て来ました。岩波ホールという映画館に初めて行ったのですが、普通の公会堂のようで、ちょっとビックリ・・・あせる


映画は、現在は、イスラエル領になっているゴラン高原に住むシリア人達。娘がシリアにいる血縁の男性のところに嫁ぐことになった。とてもおめでたい事だし、嬉しいハズなのだが、皆、暗い顔を隠せない。イスラエルからシリアに嫁ぐということは、現在、イスラエル領のシリア人は無国籍となっていて、シリアに行けばシリア国民となる。シリア国民は、休戦状態にあるイスラエルには、入国出来ない。それゆえ、嫁いでしまったら、二度と両親、兄弟と会えなくなる。そんな状況の中で、準備は着々と進んでいく。

という映画です。ブーケ2


今も、ニュースで、時々、イスラエルと他の国との紛争を伝えてきますが、その紛争によって引き裂かれた人々は、どんなに苦しんでいるんでしょう。宗教的な戒律とか、決まりとか、色々、相容れないのだとは思いますが、ある程度、相手に譲ることって、しないんですかね。映画の中でも、そんな事って思うような事を許さなくて、その町全部からハブ(仲間はずれです。)にされるとか、くだらないことなのに、その人達には、大切なことなんでしょうね。彼らのそのこだわりは、日本人には、理解出来ないものだと思います。

だから、イスラエルにも、シリアにも、どちらにも非があるのだと思います。お互いが許しあわなければ、戦争は終わらないでしょうね。辛いです。そんな状態の国を、とても良く表現している映画です。爆弾


でも、あまり一般の人が楽しめる映画ではありません。映画好きで、世界情勢などに興味がある方は、ご覧になってください。娯楽としては、あまりお勧めできません。考えさせられちゃいます。メガネ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は、”ストレンジャーズ 戦慄の訪問者”の試写会に行ってきました。叫び


この映画は、実際にあった話を基に作られています。2005年2月11日に、クリスティ・マッケイとジェームズ・ホイトは、友人の結婚式を途中で切り上げ、ホイト家が持つ別荘に帰宅する。部屋でくつろいでいると、午前4時にも関わらず、玄関ドアをノックする音が・・・。ドアを開けると、”タマラはいますか?”と質問する女性の影が。”タマラという人は居ない。”と返事をして、くつろいでいたのだが、またもドアをノックする音が・・・。外には、さっきの女性、窓を覗くと、木陰にフェイスマスクをした男が・・・。


という話なのですが、もー、最初から最後まで、息を付かせぬ内容で、ずーっとハラハラドキドキの連続です。ハアハア、息をしてしまいそうなほど、ストレス受けまくりです。この映画、全米で大ヒットだったそうですが、その訳解ります。面白いです。グッド! 90分の上映時間、目いっぱいスリルを与えていて、凄く上手いんです。ダラダラ無駄に長くしないで、スパッと要点だけをまとめているので、その焦点に目が釘付けで、面白いんです。


ストレンジャーズ、宣伝の仕方によって、すごくヒットするんじゃないかなぁ。面白いですもん。一度観れば、皆、納得すると思うんですよ。特に、本当にあった事件を基にしているし、いつ自分がこういう事件に巻き込まれるか解らない恐怖が迫ってきます。不謹慎かも知れませんが、世田谷で一家殺人事件があったじゃないですか。あれも、こんな事件だったのかも知れないって思ってしまいそうなほどです。でも、反対に考えて、こういう映画をきっかけに、そういう重要な事件を風化させないというのもあるんじゃないかと思うんです。だって、犯人は、どこかで笑っているかも知れないんですもん。許せないですよ!! いつもいつも、マイナスに考えるんじゃなくて、辛いかもしれないけど、こういう映画を利用して、犯人捜しをするって、マスコミも取り上げるだろうし、もちろん映画の宣伝にもなるだろうし、みんなも、あ、そういえばって思い出すこともあるかもしれない、そう思いませんか?人間、結構、マスコミに流されるものなので、利用するのも手だと思いますよ。ブーケ1


こんなに考えさせられるほど、スリル満点のハラハラドキドキ、スリラー映画です。

私は、すごくお勧めです。短時間で、目いっぱい楽しめると思います。これ、カップルで行くと、出てくるとき、恐怖を一緒に体験するので仲良くなれるかも・・・。にひひ

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

もう、感想を書いた映画で、思い出したことを、ちょっと書いてみます。メモ


先日観た、”いけちゃんとぼく”ですが、バンパイア映画で思い出した萩尾望都さんのマンガで、”マリーン”というのがあって、ストーリーとしては、それと似ているなぁと思いました。年齢設定が違うけど、感覚としては同じなんじゃないかなぁと思います。もし、良かったら、読んでみてください。船


萩尾望都さんのマンガ、すごく好きなんです。SF作家のレイ・ブラッドベリの小説が早川文庫から出ていて、一時、萩尾さんが表紙の絵を書いていたりしました。レイの小説を萩尾さんが漫画化した物もあります。そこから始まって、萩尾さんにハマったんですが、”銀の三角”とか”スターレッド”などSFも良いし、舞台化された”半神”や”11人いる!””トーマの心臓”などもあるし、ドラマ化された”イグアナの娘”とか、映画化された”時空の旅人”などなど、色々なメディアになっています。萩尾さんのマンガは、絶対、映画化すると面白いと思うんだけど、あの雰囲気を出せる役者が居ないのかなぁ。期待しているんですけどね。


そういえば、”守護天使”やっとCMをTVでやるようになりましたね。この映画、本当に面白いですから、楽しみにしていてね。結構、サラリーマンの悲しさを竹山さんがうまく表現してくれてると思いますよ。がま口財布


もうすぐ”ラスト・ブラッド”という香港&日本映画が公開されるのですが、原作は、日本アニメで、劇場版”Blood The Last Vampire"です。これ、また、中国に持っていかれちゃって、とんでもない作品になっているようで、悲しいです。あんなに原作が良いのに、ドラゴンボールと同じ運命をたどるのかと思うと、辛い・・・。

TVで連載された”ブラッド+”(ラストバンパイアの設定を元に作成しなおした連続アニメ)は、結構、面白くて良く出来たアニメだと思うんですが、観た人いますか?やっぱ、I.Gのアニメは凄い。CD


重力ピエロの原作を、今、読んでいます。伊坂さんの小説、ちょっと私には読みにくくて、いつもより読む速度が遅くなっています。でも、この兄弟を、加瀬さんと岡田くんがやったら、ピッタリだろうなぁ。楽しみです。


そういえば、私の好きなマンガ”聖おにいさん”の3巻が発売になりました。今回、大天使のミカエルさんとかも来て、カラオケの最後に世紀末を呼ぶラッパを吹こうとしちゃったりして、大笑いです。天使

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。